カテゴリー「交通 - 鉄道 - JR東日本」の380件の記事

2019/04/21

ももクロ春の一大事2019 in 黒部 (1) DAY1 開演まで

4月20日と21日の2日間、富山県黒部市の宮野運動公園で「ももクロ春の一大事2019 in 黒部 素顔のチカラつなげるオモイ」が開催されました。
その内4月20日のDAY1のみ日帰りで行きました。

行きは東京駅10:32発のはくたか32号の自由席で。
JR西日本の車両(W7系)でした。
W7系初乗車。ちなみにH5系はまだ乗ったことがない(はず)。

・W7系
W7系

駅到着前等に流れる車内チャイムが東日本の車両と異なり、東海道・山陽新幹線の西日本の車両で流れる「いい日旅立ち」とも違う。何となく聴き覚えがあるけど何だろうなと思い後で調べた所、谷村新司+仲間由紀恵のCD化もされている「北陸ロマン」という事でした。

・車内で朝食兼昼食
百千のおにぎり

品川駅の百千で買ったおにぎり。
左は富山県のおにぎり、右は静岡県のおにぎり。
富山県のはとろろ昆布。
正直そんなに食べたい感じの具ではなかったのですが、これからと富山に行くので...。

長野や新潟・富山の山の方には雪が積もっているのが見えて綺麗でした。

・車内から見た山々
長野を出た先 上越妙高付近
糸魚川付近 黒部川

順に、長野を出た先、上越妙高付近、糸魚川付近、黒部川です。
糸魚川には結構大きな工場が並んでいました。

自由席は、大宮~軽井沢間は混雑していて立客もいましたが、長野より先は空いていました。
モノノフっぽい人は少なく、黒部宇奈月温泉駅に到着。
改札に向かうとモノノフの人が結構いて混雑していたので、指定席に乗っていた方が多かったのでしょうか?

・黒部宇奈月温泉駅
黒部宇奈月温泉駅 黒部宇奈月温泉駅

・富山地方鉄道の新黒部駅
富山地方鉄道の新黒部駅

新幹線(黒部宇奈月温泉駅)からの乗換駅ですが、駅名が違います。
歩道橋等では繋がっておらず、信号を渡る必要があります。こういうケースは珍しそうです。

・新黒部駅前に置かれている黒部峡谷鉄道の機関車と客車
黒部峡谷鉄道:ED形 黒部峡谷鉄道:ハ形

電気機関車ED形と、客車ハ形です。ハ形は関西電力職員専用の客車。

それでは会場に向けて歩いてスタート。
シャトルバス(往復1000円)もありましたが、会場まで1.4kmなので歩きでも問題なさそう。
道先案内が多数設置されていました。

・道先案内
道先案内 道先案内 道先案内 道先案内

富山地方鉄道の踏切を渡ります。
ラッキー?なことに踏切が鳴ったので少し場所を移動して撮影。
隣の駅まで近いようで撮影後踏切にもどっていたらまた踏切が鳴りだしたので戻って撮影。

・富山地方鉄道
富山地方鉄道 富山地方鉄道

会場に向かうのを再開。

・道先案内
道先案内 道先案内 道先案内

・道の途中から見た立山連峰
道の途中から見た立山連峰

・道先案内
道先案内 道先案内 道先案内 道先案内
道先案内 道先案内道先案内

途中長い坂があり疲れました。汗かきました。
しんどそうに見えたのか、途中戻ってくるSTAR UOZUと書かれたTシャツを着た人に「がんばってください。あともう少しですから。」と励まされました (笑)。

で、これで終わりかと思ったら認証会場までまた坂があり。
別の坂に沿って入場待機列ができているし。
糸魚川かまぼこメンチも売っているウォー太郎PARKはどこ? と調べたら別の坂を登った先でした。

・ウォー太郎PARKからの黒部宇奈月温泉駅方面
ウォー太郎PARKからの黒部宇奈月温泉駅方面

これはすごく良い景色です。日本海も見えます。

・黒部峡谷鉄道の蓄電池機関車BB形
黒部峡谷鉄道:BB形

・蒸気機関車D51の車輪
D51の車輪

・新幹線 祝ぐて 萌え立つ 黒部川
新幹線 祝ぐて 萌え立つ 黒部川

・糸魚川かまぼこメンチ
糸魚川かまぼこメンチ 糸魚川かまぼこメンチ

ソースをかけたい衝動が。

・ステージ
ステージ

後ろに日本海や能登半島も見えて気持ち良い感じのステージ。
しかし今日のステージはここではありません。
という事で、今日のステージの場所へ。

| | コメント (0)

2019/02/03

東急東横線の渋谷~代官山の旧線跡 (2019年1月)

・渋谷ヒカリエから見た東京メトロ銀座線の建設中のホーム
Dsc_7369

・地上から見た東京メトロ銀座線の建設中のホーム
Dsc_7377 Dsc_7375

工事が進みだいぶ姿が見えてきていました。

・建設中の渋谷スクランブルスクエア東棟
Dsc_7376

ヒカリエとJR渋谷駅の間に建設中の高層ビルです。
あのてっぺんに屋外のエスカレーターができるんですよね。
考えるだけで怖くなってきました。

・ヒカリエ前からみた渋谷ストリーム
Dsc_7378

東急東横線の旧ホームの橋の方に出来たビルで開業済みです。
そっちの方に行ってみました。

・旧ホームの壁を模したもの
Dsc_7379 Dsc_7381

おおっつ!懐かしく感じました。

・渋谷ストリームの2階
Dsc_7382 Dsc_7384

線路が引かれていました。
東横線の線路があった所と同じ位置なのかな?

・渋谷川とShibuya Rever案内図
Dsc_7385 Dsc_7386

この先は地上へ。
線路跡は遊歩道として整備されていました。
せっかくなので代官山まで歩いてみることにしました。
前回歩いたのは2016年11月。

・線路跡の遊歩道
Dsc_7388 Dsc_7393

広い道路の所はそのまま渡れないので近くの交差点まで迂回。

渋谷ブリッジ
Dsc_7395 Dsc_7400
Dsc_7401 Dsc_7402
Dsc_7403 Dsc_7407

代官山に向けてカーブする所は渋谷ブリッジというビルになっていました。
最後の写真はビルに貼られていた山手線を跨いでいた旧線の絵。

・東急東横線が山手線が高架で跨いでいた所
Dsc_7406
Dsc_7413 Dsc_7409
Dsc_7418

旧線時代にこの歩道橋の所から撮影した記憶もあります。

TENOHA代官山
Dsc_7417 Dsc_7419
Dsc_7421

ここは前回来たとき(2016年11月)もありました。
それ以外の所はその当時と変わっていました。

という事で代官山駅に到着。

・代官山アドレス前のモニュメント
Dsc_7426

参考:
2013年3月 (地下化前)
2013年3月 (地下化後)
2013年10月
2016年11月

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/09

さいたま車両センターまつり (2) 車庫内

車庫がある方へ。

・車庫の外観
Dsc_7026 Dsc_7028

・車庫内
Dsc_7035 Dsc_7036

・車庫内の車両
Dsc_7041 Dsc_7038

・屋根上のクーラー
Dsc_7050

・車輪
Dsc_7053

・パンタグラフとパンタグラフのすり板の整備場?
Dsc_7056 Dsc_7079

右側の写真、スキーの板置き場のように見えました。

・ドア
Dsc_7057
Dsc_7059 Dsc_7060

リニアモーター方式です。

・ブレーキ板
Dsc_7063

・現在のライトと昔のライト
Dsc_7066 Dsc_7067

・エレトラック
Dsc_7076

・撮影用の運転席
Dsc_7075

車庫の外へ。

・車両移動機
Dsc_7034

乗車体験を実施していました。

・鉄道模型
Dsc_7027
Dsc_7023 Dsc_7024

・線路脇のすすき
Dsc_7086

という事で帰ります。
他の一般公開と比べると車種も1種類しかなく乏しいものではありましたが、楽しかったです。

・南浦和駅への帰り道
Dsc_7090

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さいたま車両センターまつり (1) 車両展示

11月17日、さいたま車両センターで開催された「さいたま車両センターまつり」に行きました。

さいたま車両センターは旧浦和電車区です。
京浜東北線の全車両が所属します。
配置車両はE233系1000番台の水色塗装のみです。

さいたま車両センターのイベントに行くのは浦和電車区時代も含めて初めてです。
最寄り駅の南浦和駅から歩きました。
結構距離がありました。

・南浦和駅とさいたま車両センターに行く途中
Dsc_6960 Dsc_6962

・さいたま車両センターの入口
Dsc_6965 Dsc_6968

・安全第一
Dsc_6966

・入口近くに置かれていた分岐器と踏台置場
Dsc_6972 Dsc_6973

・受付と会場全体図
Dsc_6974 Dsc_6975

・保線コーナーのレールとユンボ
Dsc_6980 Dsc_7009

・車両展示コーナーの反対側
Dsc_6976

いよいよ前側へ。

・車両展示コーナーの横からの前側
Dsc_6982 Dsc_7004

夫々にヘッドマークが付けられていました。

・ありがとう103(系)、さようなら205(系)
Dsc_6990 Dsc_6996

・ありがとう209系、こんにちはJR
Dsc_6998 Dsc_7002

・SERIES E233-1000
Dsc_7007 Dsc_7008

別の形式のさよならヘッドマークが付いていました。
何でもありな感じですが、そういうのはこだわらないのかな。
配置車両が1形式しかないので、こうでもしないと華がないですからね。

・奥から見た車両展示コーナー
Dsc_7013 Dsc_7010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/15

東海道線川崎駅ホーム拡幅工事による運休

11月3日に東海道線の川崎駅のホーム拡幅工事がありました。
この関係で、東海道線快速・普通列車の東京~横浜間での運休等が発生しました。

様子を見に戸塚まで行って横浜まで乗ってきました。

・告知ポスター
Dsc_6596

・戸塚駅での行先案内
Dsc_6588 Dsc_6590

入口やホームの時刻表は通常通りのままで、上からこの日の時刻表が貼り付けられたりはされていませんでした。

・東海道線の横浜行
Dsc_6592

・横須賀線の品川行
Dsc_6595

横須賀線の品川行は普段は最終しかないので、臨時で運転されたものと思われました。

横浜駅に移動。

・横浜駅の行先案内
Dsc_6597

上り方面の行先案内だけ撮影していて下り方面を撮影しておらず。
あぁ~。

・特急踊り子 東京行
Dsc_6604 Dsc_6608

特急は横須賀線経由で東京まで運転と告知されていました。
横須賀線ホームではなく東海道線上りホームに入線してきました。
横浜駅を出たすぐ先で横須賀線に転線するのかと思いきや、そのまま真っすぐ進んでいきました。
あれ?
どうやら鶴見から貨物線に入り武蔵小杉の手前で横須賀線に入って運転された模様。
鶴見の貨物線折り返しなのか、東京方面から回送でやってきた下り普通列車も見かけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/13

旧吉田茂邸

国府津車両センターに行ったあと、まだ早い時間だったのでどこか寄れるところはないかなと調べ、大磯の旧吉田茂邸に行くことにしました。

大磯駅で降りでバスに乗り、城山公園前で下車。
大磯と言えば「ドキッ! 丸ごと水着! 女だらけの水泳大会」でしょうか。

・大磯駅
Dsc_6507

・旧吉田茂邸の入口と案内所前
Dsc_6508 Dsc_6511

・兜門
Dsc_6509

・庭園と旧吉田邸の外観
Dsc_6575 Dsc_6576

静寂な雰囲気に見えますが、すぐ隣に西湘バイパスが通っていて結構大きな走行音が聞こえます。

旧吉田邸は2009年に焼失しています。
但し、左側の温室だけは焼失を逃れたそうです。
それ以外は2017年に再建したもので「新築物件」って感じでした。
焼失する前はどんな感じだったんでしょうね。

・楓の間
Dsc_6519

麻生元総理からの寄贈品も展示されていました。
この記事を書くために調べていて知ったのですが麻生太郎氏は吉田茂氏の孫なんですね。

・浴室
Dsc_6526

・書斎
Dsc_6528 Dsc_6530
Dsc_6531 Dsc_6535

2階にあり富士山が見えました。
官邸直通の黒電話が置かれていたそうです。

・再建されなかった部分
Dsc_6538

・食堂
Dsc_6539 Dsc_6540

・寝室と居間
Dsc_6555 Dsc_6545

その他吉田茂氏の生い立ちや功績に関する展示も。
偉大な人だったんだなと思いました。

外へ。

・七賢堂
Dsc_6563

元々は伊藤博文氏の自邸にあったもので、その後移設されたそうです。

・吉田茂像
Dsc_6572

・海岸方面
Dsc_6571

帰りは二宮駅までバスに乗って帰りました。

・二宮駅 (南口と北口)
Dsc_6580 Dsc_6585

・二宮駅から見た小田原方面
Dsc_6586

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/11

国府津車両センターファミリーフェア (4) その他

・検修庫
Dsc_6384

・安全第一と国府津車両センターの建物
Dsc_6443 Dsc_6444

・国府津駅行の便乗タクシー乗り場
Dsc_6445

・軌陸車
Dsc_6446

洗浄体験電車がありました。
整理券の配布や乗車列はなく、誰でも乗れる状態だったので乗りました。
私鉄では何度か体験しましたが、JRでは初めてかな。

一旦国府津駅方面に引き上げて...
Dsc_6451

洗浄機通過
Dsc_6452 Dsc_6453

鶴太郎さんの方が目立つ写真になってしまいましたが、
水量を弱めているのかこれだけの水量でも十分なのか、他社の洗浄体験のようにどわっと水は来ませんでした。
JR東日本の最近車両はドアがぴっちり閉まっておらず隙間ができているのですが、それでも車内に水は入ってきていませんでした。

もう一度国府津駅方面に引き上げて...
Dsc_6460

戻って終わりでした。

・洗浄機
Dsc_6461 Dsc_6462

今はもう国府津にはいない湘南色の電車を模した囲い? がありました。

技能研修所での展示へ

・技能研修所
Dsc_6447 Dsc_6463

・列車用トイレの洗浄装置
Dsc_6465 Dsc_6466

「シューっ どひゃー」ってやつです。
載せられる水の量に限りがあるのでたくさん水が使えませんですからね。
こんなふうになっているのか、初めて見ました。

・ドアの上
Dsc_6477

リニアモーター方式です。

・連結器と電気連結器
Dsc_6468 Dsc_6470

・車輪
Dsc_6475 Dsc_6473
Dsc_6474 Dsc_6476

3番目の穴が空いた所にモーターと繋がるんですよね。

・パンタグラフ
Dsc_6485 Dsc_6488

・富士山
Dsc_6482 Dsc_6490

会場からきれいな富士山が見えました。
これは素晴らしい。
すがすがしい気持ちになります。

食事等の販売は崎陽軒が売りに来ているだけでした。
社員食堂の公開はありません。
休憩用215系の車内で久しぶりにシウマイ弁当

・シウマイ弁当
Dsc_0699 Dsc_0700

あまりすごい展示物はありませんでしたが、来場者はあまり多くなくまったりとした雰囲気で良かったです。

御殿場線は昼間は1時間に1本ぐらいしかありません。
ゆっくり昼食を食べ過ぎてしまったから、気がついたら次の列車までもうあまり時間がなく急いで下曽我駅に向かいました。
ICカードが使えないので乗る前に切符も買わなければなりません。

なんとか間に合いました。

・御殿場線の国府津駅に着く直前
Dsc_6505

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/10

国府津車両センターファミリーフェア (3) 事業用車

事業用車の展示もありました。
あまり並ばずにバラストレギュレーターとマルタイの操縦席に入れました。

・バラストレギュレーター
Dsc_6439 Dsc_6419
Dsc_6431 Dsc_6432

道床を整えるための車両で、鋏みたいなものが付いている方が前です。

・バラストレギュレーターの操縦席
Dsc_6437 Dsc_6435
Dsc_6434

車内に「さるに餌を与えないで下さい」とありました。

・マルタイ
Dsc_6440 Dsc_6420
Dsc_6428 Dsc_6430

ラーメンではありません。
マルチプルタイダンパーの略です。
レールのゆがみを矯正するための車両です。
レールを持ち上げて道床を突き固めます。

・マルタイの操縦席
Dsc_6426 Dsc_6425
Dsc_6427

どちらもスイッチがたくさんあってややこしそう。

この手の車両の操縦席にたぶん初めて入りました。
貴重な体験ができました。

・軌道自転車
Dsc_6388

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/09

国府津車両センターファミリーフェア (2) 車両展示

車両展示コーナーへ。

・205系500番台と215系の並び
Dsc_6405 Dsc_6497

・205系500番台
Dsc_6417 Dsc_6499

205系500番台は相模線で使用されている車両です。
大月行って運転されたことあるのかな?

・215系
Dsc_6500 Dsc_6409
Dsc_6410 Dsc_6414

215系は休憩用車両として途中の号車(グリーン車は非公開)まで中に入れました。
かなり久しぶりに215系の車内に入りました。
かつては快速アクティーでも使用されていたんですけどね。
このまま有効活用されないまま廃車になる運命なのかな。

・E259系とE233系とE231系の並び
Dsc_6395

・E259系
Dsc_6401 Dsc_6496

マリンエクスプレス踊り子・千葉行はたぶん運転されたことないですよね。

・E233系とE231系
Dsc_6502 Dsc_6495

ちょくちょく幕を変えていたようです。

・空の検修線
Dsc_6391

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/08

国府津車両センターファミリーフェア (1) 入場

10月27日、国府津車両センターで開催された「国府津車両センター ファミリーフェア」に行きました。

国府津車両センターでのイベントに行くのは初めて。
JR東日本の車両センターですが、最寄り駅はJR東海の御殿場線の下曽我駅です。
ICカードが使えないので切符を買ってきました。

・国府津駅での御殿場線の列車
Dsc_6363

下曽我駅は国府津駅から1つ目。

・下曽我駅
Dsc_6366 Dsc_6365
Dsc_6368 Dsc_6370

駅前に富士急行のバス(富士急湘南バス)が停まっていました。

下曽我駅から会場まで徒歩約15分、まぁまぁ距離がありました。

・国府津車両センターの入口
Dsc_6379 Dsc_6382

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング グルメ・クッキング - そば・うどん・パスタ グルメ・クッキング - ハンバーガー グルメ・クッキング - ラーメン グルメ・クッキング - 丼 グルメ・クッキング - 駅弁・弁当 ゲーム スポーツ ニュース パソコン・インターネット ファッション・アクセサリ 交通 - バス 交通 - 自動車 交通 - 航空機 交通 - 船 交通 - 街道 交通 - 鉄道 交通 - 鉄道 - JRその他 交通 - 鉄道 - JR九州 交通 - 鉄道 - JR北海道 交通 - 鉄道 - JR四国 交通 - 鉄道 - JR東日本 交通 - 鉄道 - JR東海 交通 - 鉄道 - JR西日本 交通 - 鉄道 - JR貨物 交通 - 鉄道 - その他 交通 - 鉄道 - イベント 交通 - 鉄道 - ケーブルカー 交通 - 鉄道 - モノレール 交通 - 鉄道 - ロープウェイ 交通 - 鉄道 - 廃線 交通 - 鉄道 - 海外 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 中国 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 九州・沖縄 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北海道 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北陸 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 四国 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東北 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東海 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 甲信越 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 近畿 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - その他 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京急 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京成 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京王 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 小田急 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東京メトロ 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東急 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東武 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 相鉄 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 西武 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 都営 住まい・インテリア 動物園・水族館 博物館・美術館 地域 - 中国 地域 - 九州・沖縄 地域 - 全国 地域 - 北海道 地域 - 北陸 地域 - 四国 地域 - 東北 地域 - 東海 地域 - 海外 地域 - 甲信越 地域 - 近畿 地域 - 関東 - その他 地域 - 関東 - 千葉県 地域 - 関東 - 埼玉県 地域 - 関東 - 東京都 地域 - 関東 - 栃木県 地域 - 関東 - 神奈川県 - その他 地域 - 関東 - 神奈川県 - 川崎市 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横浜市 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横須賀市 地域 - 関東 - 群馬県 地域 - 関東 - 茨城県 学問・資格 寺・神社・教会 心と体 心と体 - 痔 携帯・デジカメ 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 経済・政治・国際 自衛隊・軍隊 芸能・アイドル 芸能・アイドル - ももいろクローバーZ 芸能・アイドル - 広末 芸能・アイドル - 有安 音楽 ~の旅(2006) ~の旅(2007) ~の旅(2008)