カテゴリー「交通 - 鉄道 - JR貨物」の27件の記事

2017/09/21

北九州 (1) 西鉄イン黒崎

9月2日に宗像フェスの1日目に行きましたが、その夜は西鉄イン黒崎に宿泊しました。
COM CITYの中にあります。フロントは1階ですが客室は9~12階です。
9階に大浴場があります(温泉ではない)。宗像フェスから戻ってきた後、大浴場に行ってすっきりしました。
ちなみに1階には黒崎バスターミナルや筑豊電鉄の黒崎駅前駅もあります。

・客室から見た北側の夜景と朝の風景
Dsc_2535 Dsc_2536

夜見たときはどうなっているのかよく分かりませんでした。

・客室から見た北西側と北東側の風景
Dsc_7911 Dsc_7912

北西側には線路が見えました。三菱ケミカルの専用線のようです。
北東側の遠くに若戸大橋が見えました。

・朝食
Dsc_2538

朝食(無料朝食)は1階のフロント横です。
明太子がドバっと置いてありました。
他にもカレー、パン等いろいろありました。

・COM CITY
Dsc_7916

・JRの黒崎駅の駅舎
Dsc_7915

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/30

是政橋

西武多摩川線の是政駅に着いた後、これからどうしようか?
このまま引き返すのは味気ない。「確か多摩川に近くて橋を渡った先が南多摩駅だっけ? 遠いのかな? とりあえず多摩川まで行ってみよう。」
と思い、多摩川の方へ。

ほんの少し西に行っただけで多摩川を跨ぐ橋(是政橋)が見えました。

・是政駅からほんの少し西に行ったところで見えた橋
Dsc_2041

吊り橋が見えます。
とりあえず橋のところまで行ってみることに。

・是政橋の北側から見た橋と、北側の交差点から見た西側
Dsc_2047 Dsc_2044

向こう側に主塔がなく、橋の真ん中に主塔があるわけでもないので、あれは飾りなのかな?

橋の向こう側までえっというほど遠くはなさそうで、徒歩やマラソンで橋を渡っていく人がちょこちょこいて、「東京都と神奈川県の県境を徒歩で橋を渡って超えるのも悪くないな」と思って渡る事にしました。
いや、橋の向こうも東京都だった。

・下流側の北側の河川敷
Dsc_2052

これを見て、20年近く前だったかNHKの土曜の夜だったかにやっていた番組で女の子が「休日に多摩川の河川敷を自転車で上流に向かう」というのを思い出しました。

・上流側の南武線と武蔵野(貨物)線を走る列車
Dsc_2055 Dsc_2059

夕暮れ時に橋を渡る列車、なんだか絵になるなと思いました。
写真はクリックすると大きくなります。

・下流側の水が流れている所の真ん中ぐらい
Dsc_2060

「このあたりから神奈川県に入ったかな」って、向こう側も東京都だった。
橋を渡り切った時も「神奈川県に突入!」、いや東京都だって。
そういえば多摩川西側の東京都と神奈川県の境ってどこだっけ? 調べてみたら南武線では矢野口駅と稲田堤駅の間、特に地形の変化はなかったかと思います。

南武線の南多摩駅は橋を渡った先の割と近くでした。

・南多摩駅
Dsc_2063 Dsc_2068

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/04

京都鉄道博物館 (4) 本館1階

いよいよメインの本館です。まずは1階。

・230形蒸気機関車
Dsc_0909 Dsc_0912

本格的に量産された初の国産蒸気機関車との事。

・1800形蒸気機関車
Dsc_0898

1881年に製造された英国キットソン製。

・500系新幹線 (521形)
Dsc_0917 Dsc_0922

現在も山陽新幹線区間の「こだま」で使用中。昔は「のぞみ」で東海道新幹線にも乗り入れていて何回か乗りました。
2番目の写真の上の方、100系新幹線の模したと思われる窓が、こちらを覗いている人影も見えました。粋なデザインに「おおっつ」と思いました。

・100系新幹線 (122形)
Dsc_0874

・583系電車 (クハ581)
Dsc_0907 Dsc_0883

急行「きたぐに」が廃止になる少し前に切符を買ったのですが、大雪で運休となり乗れませんでした。その時は初めての寝台状態の513系の予定だったので、寝台の状態では結局乗らずに終わりました。

・489系電車 (クハ489)
Dsc_0906

・151系電車(クハ151)のモックアップ
Dsc_0860

・101系電車(クモハ101)のモックアップ
Dsc_0845

・キハ80系気動車 (キハ81)
Dsc_0878 Dsc_0880

特に横から見た先頭部分と、客席部分との接続部分が美しいなと思いました。

・EF52形電気機関車
Dsc_0903

・EF66形電気機関車
Dsc_0844 Dsc_0862
Dsc_0864

このEF66形とDD51形は床下見学できるようになっています。通り抜けができます。

・DD51形ディーゼル機関車
Dsc_0856 Dsc_0847
Dsc_0848

・912形ディーゼル機関車のカットモデル
Dsc_0858

東海道・山陽新幹線で入替や救援で使用されたディーゼル機関車です。

・ワム3500形貨車
Dsc_0881

・ヨ5000形車掌車
Dsc_0877

車両以外の展示もあります。

・「つばめ」のヘッドマーク
Dsc_0900 Dsc_0894
Dsc_0893

・「富士」のヘッドマーク
Dsc_0899

HUZIです。恥? 訓令式の表記だそうです。

・ヘッドマークいろいろ
Dsc_0918 Dsc_0919

・日本国有鉄道大阪鉄道管理局の銘板
Dsc_0895

・昔の大阪駅の模型
Dsc_0889

上り方面の次の駅が新大阪ではなく東淀川でした。

・余部橋梁で使用されていた橋桁の一部
Dsc_0925

・昔使われていたポイント切替機 かな?
Dsc_0930

・信号いろいろ
Dsc_0931

本館1階の一部は吹き抜けになっており2階・3階からも見下ろせます。

・2階3階から見下ろした500系新幹線等
Dsc_0982 Dsc_0981

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/24

那珂川清流鉄道保存会 (4) 貨車

続いて貨車。

・車運車 ク5000形
Dsc_9884 Dsc_9895
Dsc_9880

昔行われていた自動車工場で製造された新車の輸送で使われていた貨車です。
自動車が1台載っていました。

・タンク車
Dsc_9862 Dsc_9882
Dsc_9899

・ホッパ車
Dsc_9889 Dsc_9922
Dsc_9872

・コンテナ車
Dsc_9876 Dsc_9891

・有蓋車
Dsc_9890

・無蓋車
Dsc_9883 Dsc_9874
Dsc_9927

・木材運輸車
Dsc_9978

・車掌車
Dsc_9879 Dsc_9900
Dsc_9928 Dsc_9963

・事業用車
Dsc_9912 Dsc_9947
Dsc_9934 Dsc_9941
Dsc_9950 Dsc_0002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/11

鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア2016 (4) 車両展示広場

車両展示広場です。

・電気機関車3両の集合写真
Dsc_8715 Dsc_8720

・EF65形1000番台
Dsc_8704 Dsc_8719

・EF65形2000番台
Dsc_8708 Dsc_8726

JR貨物の所属です。

・EF81形
Dsc_8711 Dsc_8731

・D51形
Dsc_8730 Dsc_8733

展示されていた498号機は「SLみなかみ」等で使用されているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア2016 (3) JR貨物エリア

JR貨物のエリアです。
最近はJR東日本のエリアよりもJR貨物のエリアの方が充実しているような気がします。

・JR貨物大宮車両所の表札
Dsc_8629

・DE11形2000番台
Dsc_8631

・EF65形2000番台
Dsc_8640 Dsc_8643

・HOゲージ
Dsc_8651 Dsc_8652
Dsc_8654

EF65形の模型がたくさん並んでいました。

・HD300形
Dsc_8661 Dsc_8667

ハイブリッド方式の機関車です。

・EH500形
Dsc_8658 Dsc_8664

・EH200形
Dsc_8671 Dsc_8675

EH500形もEH200形も所属基地の札の横に「がまだせ!熊本」と書かれた札が刺さっていました。
「がまだせ」は「がんばれ」という意味の熊本弁のようです。

・EF64形1000番台
Dsc_8690 Dsc_8679
Dsc_8689 Dsc_8702

片方は「がばだせ!熊本」、もう片方は「あけぼの」のヘッドマークが取り付けられていました。
車体移動実演で使用されていました。

・何らかの運搬用の車
Dsc_8693

・エンジン
Dsc_8697 Dsc_8696

・工場内から見た車両展示広場方面
Dsc_8699

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/04/04

鉄道博物館2016 (12) 貨車

続いて貨車。

・レサ10000系
Dsc_7430 Dsc_7434
Dsc_7432 Dsc_7433

1966年から製造された鮮魚用の貨車で、展示されているのは車掌室付きのレムフ10000です。
車掌室の貨物室がある側にドアが付いており、鮮魚の状態を確認するために貨物室と繋がっているのかなと思いましたが、繋がっていませんでした。トイレのようです。

・コキ5000形
Dsc_7424 Dsc_7428

1971年から製造されたコンテナ用の貨車。
国鉄コンテナも載せられていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/24

鉄道博物館2016 (6) 電気機関車

続いて電気機関車。

・ED40形
Dsc_7356 Dsc_7360
Dsc_7354 Dsc_7357

1919年から製造された信越本線横川~軽井沢間用のアプト式の直流電気機関車です。
運転席は片側しかありません。
いかにも後付けって感じでラックレールを掴む機構が復元されていました。下から見ることもできます。

本物のラックレールがヒストリーゾーン2階の「鉄道歴史年表」で展示されていました。

・ラックレール
Dsc_7616

・ED17形
Dsc_7368 Dsc_7361

1923年にイギリスで製造されて輸入され、後にED17形として改造された直流電気機関車です。

・EF55形
Dsc_7402 Dsc_7249
Dsc_7614

1936年に製造された直流電気機関車です。
片方が流線型、もう片方は切妻になっています。切妻の方にも運転席がありました。
何だかかっこよい。好みです。オーラを感じました。
空気抵抗を減らすという目的で流線型にしたが時速100km/h程度ではあまり意味がないとの事で3両製造されただけで終わったようです。
2015年4月から展示されています。

・EF58形
Dsc_7371

1946年から製造された直流電気機関車です。

・ED75形
Dsc_7395 Dsc_7416

1963年から製造された交流電気機関車です。

・EF66形
Dsc_7413 Dsc_7421

1968年から製造された直流電気機関車です。

ディーゼル機関車は、以前はDD15形が展示されていましたが今はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/29

隅田川駅貨物フェスティバル2013

10月27日、4年振りにJR貨物の隅田川駅で開催された「隅田川駅貨物フェスティバル2013」に行きました。

本当は行かないでおこうかなと思っていたのですが、前日開催予定で行こうと思っていた他の鉄道イベントが台風の影響で中止になり、鉄分不足を感じて行きました。
このイベントも、台風の影響で展示予定であった機関車2形式(EF64、EH500)の展示が取り止めになりました。
会場で配っていた会場案内図では取り止めになった機関車の展示場所は書かれていませんでした。刷り直したという事になるのかな?

この日は休日だったものの、トラックがちょくちょく構内に出入りし、コンテナの貨車への載せ降ろしを頻繁に行っていました。
いつもこんなこんなものなのか、或いは台風による出荷や荷役の遅れを補完するために普段の休日よりも動いていたのか。どうなんだろう?

・イベント会場の入場門
Pa270015

・貨物ホーム
Pa270028

この貨物ホームで地元出展による飲食物を販売していましたが、到着した13時過ぎでは「みそ田楽」しか残っておらず。食いはぐれてしまいました。

・貨物ホームに面した線路に置かれていた貨車
Pa270029 Pa270033
Pa270039 Pa270038

・HD300形
Pa270043 Pa270052

2010年から製造が開始された入れ替え用のハイブリッド機関車です。
このカクカクしたデザインが好きになれないです。

・京葉臨海鉄道の出展
Pa270059

自社のコンテナでの出展でした。
ちなみに、これ以外の貨物鉄道会社からの出展はありませんでした。
JR貨物の東北支社・関東支社・東海支社からの出展はありました。東海支社の所では貨物鉄道博物館(三岐鉄道関連)の記念切符も売っていました。

・好きなスタンプを押そう!
Pa270060

コンテナに差し込む荷札を作るイベントでした。

・フォークリフト
Pa270055 Pa270061

・会場内から見えたコンテナ等
Pa270047 Pa270040
Pa270067 Pa270017
Pa270022

会場内からは以上で終わりです。

・隅田川駅の東側の柵の隙間から見えた機関車等
Pa270009 Pa270011

・南千住駅近くにある隅田川駅の正門 (たぶん)
Pa270076

・隅田川駅西側の跨線橋から見た隅田川駅と東京メトロ日比谷線の南千住駅
Pa270080 Pa270082

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/09

飯田橋駅と飯田町駅跡

JRの飯田橋駅です。

・東口を北側から撮影した写真
P4290014 P4290018
P4290020

この写真の下の方に写っている橋が「飯田橋」のようです。(橋にそう書いてあった)

・飯田橋から撮影した神田川
P4290021

・東口を南側から撮影した写真
P4290023

かつてJR貨物の飯田町駅(貨物駅)が存在し、この飯田橋駅から線路が延びていました。
そこまで行ってみました。

・飯田町駅への線路跡
P4290024 P4290027

線路跡は一部は保線施設に転用されているようでしたが、すぐに途切れていました。

・飯田町駅跡
P4290028 P4290032

アイガーデンエア」としてオフィスビルや商業施設・ホテル・マンションが建っています。
「ここが飯田町駅であった」という形跡は何にも見つけられず。
自分が見つけられなかっただけかもしれませんが、残念でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | グルメ・クッキング - そば・うどん・パスタ | グルメ・クッキング - ハンバーガー | グルメ・クッキング - ラーメン | グルメ・クッキング - 丼 | グルメ・クッキング - 駅弁・弁当 | ゲーム | スポーツ | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | 交通 - バス | 交通 - 自動車 | 交通 - 航空機 | 交通 - 船 | 交通 - 街道 | 交通 - 鉄道 | 交通 - 鉄道 - JRその他 | 交通 - 鉄道 - JR九州 | 交通 - 鉄道 - JR北海道 | 交通 - 鉄道 - JR四国 | 交通 - 鉄道 - JR東日本 | 交通 - 鉄道 - JR東海 | 交通 - 鉄道 - JR西日本 | 交通 - 鉄道 - JR貨物 | 交通 - 鉄道 - その他 | 交通 - 鉄道 - イベント | 交通 - 鉄道 - ケーブルカー | 交通 - 鉄道 - モノレール | 交通 - 鉄道 - ロープウェイ | 交通 - 鉄道 - 廃線 | 交通 - 鉄道 - 海外 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 中国 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 九州・沖縄 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北海道 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北陸 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 四国 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東北 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東海 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 甲信越 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 近畿 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - その他 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京急 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京成 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京王 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 小田急 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東京メトロ | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東急 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東武 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 相鉄 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 西武 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 都営 | 住まい・インテリア | 動物園・水族館 | 博物館・美術館 | 地域 - 中国 | 地域 - 九州・沖縄 | 地域 - 全国 | 地域 - 北海道 | 地域 - 北陸 | 地域 - 四国 | 地域 - 東北 | 地域 - 東海 | 地域 - 海外 | 地域 - 甲信越 | 地域 - 近畿 | 地域 - 関東 - その他 | 地域 - 関東 - 千葉県 | 地域 - 関東 - 埼玉県 | 地域 - 関東 - 東京都 | 地域 - 関東 - 栃木県 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - その他 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - 川崎市 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横浜市 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横須賀市 | 地域 - 関東 - 群馬県 | 地域 - 関東 - 茨城県 | 学問・資格 | 寺・神社・教会 | 心と体 | 心と体 - 痔 | 携帯・デジカメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 経済・政治・国際 | 自衛隊・軍隊 | 芸能・アイドル | 芸能・アイドル - ももいろクローバーZ | 芸能・アイドル - 広末 | 音楽 | ~の旅(2006) | ~の旅(2007) | ~の旅(2008)