カテゴリー「博物館・美術館」の449件の記事

2018/05/20

川越 (11) 川越まつり会館

続いて「川越まつり会館」へ。

川越市立の施設で、川越氷川祭(川越まつり)の山車等が展示されています。
川越氷川祭は毎年10月に開催される祭りで、各町が所有している山車を曳き回すそうです。

・会所の展示
Dsc_1506

各町が会所というものを設けるそうです。

メインの展示室で20分毎に川越氷川祭の映像がスクリーンに6分間映し出されます。
その後係員による展示されている山車を含めた生解説がありました。
映像はいまいちよく理解できなかったのですが、その後の生解説は分かりやすく川越氷川祭りの魅力を感じました。
映像と生解説のため、普通に展示物が見られる時間が少ないのは難点ではあります。

・山車
Dsc_1519 Dsc_1518
Dsc_1511 Dsc_1509

29台ある山車の中から2台が入れ替わりで展示されているそうです。
行った日は西小仙波町・素戔嗚尊と末広町・髙砂でした。

3段になっており、1番上に人形があります。
上下に2段式でスライドするようになっていて、人形が一番下の段に収まるようになっているそうです。
結構立派な山車です。

・作りかけの山車
Dsc_1502 Dsc_1503

発注者が途中で亡くなり、未完成のままになったそうです。

山車を1台製作するのに約1億3000万円するそうです。
電車1両より少し高いぐらいかな。
1台作るのに具体的な数字は忘れたけど少なくとも1年はかかるようで、
まぁそんなものだろうなと思いました。

・2階の展示コーナー
Dsc_1521

結構良かったです。
前の通りは観光客で賑わっていましたが、ここに入る人はあまりいない様子です。
もったいないなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/30

横浜美術館 (2) コレクション展と谷保玲奈展

横浜美術館では「コレクション展」と「谷保玲奈展 -共鳴」も開催されていました。

・コレクション展
Dsc_1349 Dsc_1350
Dsc_1352 Dsc_1358
Dsc_1359 Dsc_1367

作品のクレジットを見ると、自分で自分の作品を寄贈している作品がたくさんありました。
こういうのもありなんですね。こういう所に寄贈したら自分で保存するよりも大切に保存してくれるだろうし、ありがたいことかもしれない。

・谷保玲奈展
Dsc_1370 Dsc_1371

ダイナミックでした。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜美術館 (1) ヌード展

4月15日、横浜美術館で開催されている「ヌード NUDE -英国テート・コレクションより」展を見に行きました。

・横浜美術館前
Dsc_1339

英国テートの所蔵作品により国際巡回している展示会との事。
エロティシズムとかそういうわけではありませんでした。
とはいえ18禁な作品はあります。
年齢制限はなく、両親と一緒に小学生ぐらいの女の子が来ているのを見かけましたが、男のいちもつを見てどう思うのだろう? と思いました。お父さんのものを見慣れてるので何ともなかったりするのかな?

ロダンの「接吻」のみ撮影可能でした。

・ロダンの「接吻」
Dsc_1347 Dsc_1345
Dsc_1348

3枚目の写真、おっぱいを吸っているのかと思っていたが顔の向きからそうではないか。

人体表現、
エロとかそういうものではない、
なにか感じるものがありました。
予想以上に良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/21

横浜開港資料館「銭湯と横浜展」

3月4日、まだ時間があったので横浜開港資料館で開催されている「銭湯と横浜 -"ゆ"をめぐる人びと-」展も見てきました。

Dsc_0789 Dsc_0787

横浜の銭湯や、かつての温泉街綱島温泉の展示等。
最初は混浴だったのか。
綱島温泉には東急直営のものもあったんですね。
横浜では銭湯が約70軒にまで減ったとありましたが逆にまだ70軒もあるのかと思いました。

子供の頃、
鈴鹿市の白子に住んでいた祖母の家には風呂がなく、
年始や盆に親戚が祖母の家に集まったときは、
主にいとこ同士で銭湯に行きました。
「風呂に行ったあと海を見て帰ろう」と従兄が言って、それは風呂に行った意味がないやんと伯母が言う。
そんな事を思い出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/18

放送ライブラリー「フジテレビ セットデザインのヒミツ展2」

3月4日、放送ライブラリーで開催されている「フジテレビ セットデザインのヒミツ展2 ~月9ドラマ30年の軌跡~」を見に行きました。

・入口
Dsc_0727

最初の作品が「アナウンサーぷっつん物語」で、月9ドラマってそんな昔からあったわけではなかったんだな思いました。
いや、自分が年を取った事に気づいていないだけか。30年前(1987年)ですし。

・台本
Dsc_0728 Dsc_0729
Dsc_0730

「教師びんびん物語」は生徒役で観月ありささんが出ていたりするんですよね。
「できちゃった結婚」の台本は印象的でした。自分の名前の所に「広末涼子」とか書いていたのでしょうか?

「ビーチボーイズ」も月9だったのに台本がないなぁと残念がっていたら別の特設コーナーにありました。

・ビーチボーイズ
Dsc_0734 Dsc_0735

民宿ダイヤモンドヘッドのデザイン画もありました。
1997年との事でもう20年も前になるのか。
「ビーチボーイズ」の音楽は以前ももクロのバックバンドの常連メンバーだった武部聡志さんなんですよね。

・HERO
Dsc_0737 Dsc_0733

・撮影スタジオ配置図
Dsc_0741

へぇ。広い1つのスタジオを分割していろいろな各シーン用のセットを組み立てるんだ。
1つのスタジオに1つだけセットがあるのかと思っていました。

・「西遊記」の衣装、「貴族探偵」のセット
Dsc_0738 Dsc_0740

・「コードブルー」のセット、「民衆の敵」のセット
Dsc_0744 Dsc_0745

最近の月9ドラマがどういう作品を放送しているのか全然知らないことに気づく。
きっちり観たのは10年前(2007年)の「プロポーズ大作戦」まで遡ってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/06

(横浜の)金沢 (2) 金沢文庫「運慶」展

トンネルを抜けるとそこは金沢文庫だった。

・金沢文庫
Dsc_0544

金沢文庫と言っても現在は県立の博物館です。
鎌倉時代に現代で言う図書館があったようです。1階にそれに関する展示があります。

特別展「運慶 -鎌倉幕府と霊験伝説-」が開催されています。(3月11日まで)

去年東京国立博物館で開催された運慶展と比べると、小物のものが多かったです。会場の関係で大物は無理そうでした。
逆にこいいう小物のものもあるんだなと思いました。
運慶自身の作品はほとんどなく、弟子とか関連する人の作品が主でした。
でもまぁ良かったです。

テレビの取材が来ていました。
もしかすると映ってしまったかもしれない。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/13

国立科学博物館 (2) その他

日本館1階の企画展示室では「南方熊楠 -100年早かった智の人-」展が開催されていました。
南方熊楠は1867年に生まれた植物の研究者だったそうです。
研究というよりは情報収集・分析に富んでいたようです。
イギリスに留学していたときは図書館の書物を多量に書き写していたとか。根気がありますね。

・南方熊楠展の入口
Dsc_0345

・南方熊楠展の展示物
Dsc_0349 Dsc_0354
Dsc_0356 Dsc_0359

・GoogleならぬKumagle
Dsc_0360

日本館地下1階の多目的室では「地衣類 -藻類と共生した菌類たち-」も開催されていました。

・地衣類展
Dsc_0361
Dsc_0362 Dsc_0364

常設展も少し見てきました。
シアター36〇を見た後、この前ほぼ素通りした地下3階へ。

・青色LED(発光ダイオード)
Dsc_0365 Dsc_0367

日本の科学系のノーベル賞受賞者のコーナーがありました。
結構受賞されている方がいらっしゃったのですね。

・月の石
Dsc_0375 Dsc_0374

小さいです。
小学生ぐらいの頃(30年以上前)ナガシマスパーランドで春に夏はプールの更衣室になる所で開催された宇宙博でもっと大きな月の石を見て触った記憶もあるのですが、勘違いしているのかなあ...。隕石だったのか?

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/11

国立科学博物館 (1) 古代アンデス文明展

12月23日、国立科学博物館で開催されている「古代アンデス文明展」に行きました。

・古代アンデス文明展
Dsc_0291

一部を除き撮影可でしたがWeb等への掲載は許可が必要との事でした。

アンデス文明は南米のペルーあたりの高原での16世紀まで続いた文明です。
「文字を持たなかった」との事であまり記録が残っていないとの事。
文字は日本でさえ5世紀ぐらいからあったようで進化の違いを感じます。
マチュピチュの遺跡なんかも15世紀のもののようです。

主に土器が展示されていました。
動物や人間を模ったものが多かったです。
18禁な握っている土器が1点ありました。(特に囲いなどはなく他の土器と同様に普通に置かれました)

金製品の製造も盛んだったようですが、スペイン統治後に溶かされて奪われてしまいあまり残っていないそうです。

変形させた頭蓋骨やミイラの展示もあり、その部分は撮影禁止でした。

良かったです。
待ち時間なしで中も他の企画展と比べると空いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/29

いすゞプラザ (4) 屋外

・屋外車両展示
Dsc_0221 Dsc_0224
Dsc_0226 Dsc_0228

イルミネーションが施されていました。

隣にあった休憩所っぽい建物、レストランでした。
メニューが出ていましたが良さげな感じだったので昼はここで食べれば良かったかなぁと思いました。
上はホテルになっているようです。
無料休憩所ではなかったので、次の最終の送迎バス(17:05発)まで時間を持て余してしまいました。もう1回展示室に戻るのも引けるので、ロビーで待ちました。

閉館の10分前、16:50になるのいすゞトラックのCMの歌が流れてきました。
こういうのが流れてくると「おぉっ」って感じになります。
これです。いすゞのHPで公開されていました。
http://www.isuzu.co.jp/movie/museum/song/mp3/cm_music.mp3

・バス停から見た館内
Dsc_0229

17:05の最終バスの乗客は4人ぐらいでした。
館内はそれなりに客がいたので自家用車で来る人が殆どという事になるのかな?
帰りは西口到着でした。(向かう客がいなくなる時間帯以外は到着も東口)

・回送していく無料送迎バス
Dsc_0232

結構良かったです。
他の自動車製造会社のこういう施設もあれば行ってみたいなと思いました。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いすゞプラザ (3) 2階

2階へ。
2階はトラックの製造工程の展示と、いすゞの歴史に関する展示がありました。

・車両をデザインするコーナー
Dsc_0173

「写真の撮ろう」と表示されたので撮りました。
車種と各所の色を選ぶものです。
窓の色を選べと出てきて、窓に色塗るの? と戸惑いました。(黒だったかな?を選びました)

・製造工程の展示
Dsc_0172 Dsc_0175
Dsc_0176 Dsc_0179

実際の製造工程の映像による説明があり、勉強になりました。
試作品は手作業です。製品版はエンジンは手作業部分が多いようでしたが、車体はロボット等により製造がほぼ自動化されていました。
30年ぐらい前になるのか本田技研の鈴鹿工場を見学したことがありますが、その頃はどうだったのかなぁと、思い出せませんでした。

・トラック構造の展示
Dsc_0185 Dsc_0219

気付いたら結構時間が過ぎており、閉館時間に近づいていました。やや早足で。
後半は歴史に関する展示です。

・スミダM型バス (1929年製造)
Dsc_0187 Dsc_0188
Dsc_0192 Dsc_0193

日本で最初の国産バスとの事。
知りませんでしたがこれが見られただけでも来た甲斐があったかも。

・TX-80トラック (1948年製造)
Dsc_0189

・エルフ (1963年製造)
Dsc_0190

・ベレル (1961年製造)
Dsc_0197

・シボレーLUV (1972年製造)
Dsc_0198

・ジェミニ (1974年製造)
Dsc_0199

・117クーペ
Dsc_0218

・未来の宅配便の車 FD-SI
Dsc_0217

そういえばいすゞって普通の自動車って作ってたんだっけ? と思いました。
昔は作っていましたが、今は日本向けには作っていないようです。

・エンジン
Dsc_0208

・いすゞが過去製造した車両の模型
Dsc_0210 Dsc_0212
Dsc_0213

本館はこれで終了。
隣に休憩所っぽい別の建物があったのでそちらに向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | グルメ・クッキング - そば・うどん・パスタ | グルメ・クッキング - ハンバーガー | グルメ・クッキング - ラーメン | グルメ・クッキング - 丼 | グルメ・クッキング - 駅弁・弁当 | ゲーム | スポーツ | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | 交通 - バス | 交通 - 自動車 | 交通 - 航空機 | 交通 - 船 | 交通 - 街道 | 交通 - 鉄道 | 交通 - 鉄道 - JRその他 | 交通 - 鉄道 - JR九州 | 交通 - 鉄道 - JR北海道 | 交通 - 鉄道 - JR四国 | 交通 - 鉄道 - JR東日本 | 交通 - 鉄道 - JR東海 | 交通 - 鉄道 - JR西日本 | 交通 - 鉄道 - JR貨物 | 交通 - 鉄道 - その他 | 交通 - 鉄道 - イベント | 交通 - 鉄道 - ケーブルカー | 交通 - 鉄道 - モノレール | 交通 - 鉄道 - ロープウェイ | 交通 - 鉄道 - 廃線 | 交通 - 鉄道 - 海外 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 中国 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 九州・沖縄 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北海道 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北陸 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 四国 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東北 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東海 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 甲信越 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 近畿 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - その他 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京急 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京成 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京王 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 小田急 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東京メトロ | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東急 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東武 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 相鉄 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 西武 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 都営 | 住まい・インテリア | 動物園・水族館 | 博物館・美術館 | 地域 - 中国 | 地域 - 九州・沖縄 | 地域 - 全国 | 地域 - 北海道 | 地域 - 北陸 | 地域 - 四国 | 地域 - 東北 | 地域 - 東海 | 地域 - 海外 | 地域 - 甲信越 | 地域 - 近畿 | 地域 - 関東 - その他 | 地域 - 関東 - 千葉県 | 地域 - 関東 - 埼玉県 | 地域 - 関東 - 東京都 | 地域 - 関東 - 栃木県 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - その他 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - 川崎市 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横浜市 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横須賀市 | 地域 - 関東 - 群馬県 | 地域 - 関東 - 茨城県 | 学問・資格 | 寺・神社・教会 | 心と体 | 心と体 - 痔 | 携帯・デジカメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 経済・政治・国際 | 自衛隊・軍隊 | 芸能・アイドル | 芸能・アイドル - ももいろクローバーZ | 芸能・アイドル - 広末 | 音楽 | ~の旅(2006) | ~の旅(2007) | ~の旅(2008)