カテゴリー「お出かけ - 博物館・美術館」の589件の記事

2020/06/22

丹後 (20) 加悦鉄道資料館

加悦SL広場から帰りのバスに乗り、いったん加悦庁舎前で下車します。
与謝野町の加悦庁舎前に加悦鉄道資料館があります。

バスは加悦SL広場の帰りの人でにぎわっており、半分ぐらいの人は加悦庁舎前で下車するのかと思っていましたが、降りたのは数人だけでした。

・加悦鉄道資料館
Dsc_8184_20200621193001 Dsc_8135

中に入る前にまだ昼食を食べていなかったので昼食を... と思いましたが、食べる店がぱっと見見当たらずある雰囲気もなく。スーパーがあったのでそこでたこ焼きと竹屋のシュークリームを買って、加悦駅跡の案内板近くのベンチに座って食べました。

・たこ焼きとシュークリーム
Dsc_6727 Dsc_6725_20200621194301

こんなところに竹屋のシュークリームを見かけてびっくりしました。自分の実家の方(四日市)にあるメーカーです。

・加悦鉄道跡のサイクリングロード
Dsc_8136_20200621195401 Dsc_8137

・加悦駅跡の案内板
Dsc_8140_20200621195401 Dsc_8141

1番目は丹後山田方面です。

それでは入場します。
建物は加悦駅の駅舎だったものですが、位置を少しずらしたそうです。

・入口
Dsc_8145

・窓口や改札口があった部分
Dsc_8146 Dsc_8149_20200621222701
Dsc_8147

・駅長室
Dsc_8152 Dsc_8153_20200621230101

・もう1つの部屋
Dsc_8156_20200621231501 
Dsc_8154 Dsc_8155_20200621231501
Dsc_8159 Dsc_8164
Dsc_8167_20200621231501 Dsc_8169
Dsc_8177 Dsc_8166_20200621231501

いろいろ展示されていて見ごたえがありました。

帰りのバスまでまだ時間があったので辺りを歩いてみました。

・加悦鉄道跡のサイクリングロード (大江山鉱山駅方面)
Dsc_8178_20200621232401

・転車台跡
Dsc_8182_20200621232401 Dsc_8183

加悦駅だった所は主に加悦庁舎になっているようですが、転車台があった部分はこうやって円形広場として残しているそうです。
地元自治体(当時は加悦町)としては、加悦鉄道の痕跡をいろいろ残そうとしているように思いました。

帰りのバスを待ちます。
降りた時よりも多い人数が待っていました。
降りたバスと乗ったバスの間にバスはないはずなので、加悦SL広場からここまで歩いてきたのかな?
行きのバスで見かけがここまで来たバスでは見かけなかった杖をついたおばあさんもいました。

| | コメント (0)

2020/06/21

丹後 (18) 加悦SL広場 貨車 等

続いて貨車。

・車掌車 ヨ2047
Dsc_8054_20200620195301 Dsc_8048_20200620195301

国鉄から借用したもので加悦鉄道で使っていたわけではないようです。

・有蓋車 ワブ3
Dsc_8076

加悦鉄道で使用されていた車両。
車掌が乗るスペース? も併設されていたようです。

・無蓋車 ト404
Dsc_8034

遠州鉄道で使用されていた車両です。

・?
Dsc_8091 Dsc_8094

それ以外の園内について、

・台車
Dsc_7993

・車輪
Dsc_7976 Dsc_8005

・レール
Dsc_7991_20200620234701

「ここにしか咲かない花」みたいな感じで花が1本。

・踏切
Dsc_7994

・車庫
Dsc_8007

他と比べると新しい建物でした。
見られなかった車両はこの中に眠っていたのかな?

・給油機
Dsc_8065

・転車台
Dsc_8008_20200621000401 Dsc_8053

転車台はおとぎ列車(という言い方で正しいのかな?)の経路の一部になっています。

入場券売り場がある建物にも展示物があります。

・1階のレールの展示
Dsc_8098_20200621004101

・2階の展示
Dsc_8119 
Dsc_8106_20200621004101 Dsc_8109
Dsc_8111 Dsc_8112_20200621004101

・かつてのこの場所(大江山鉱山駅)を描いた絵画
Dsc_8120_20200621004501

・2階への階段から見た入場券売り場
Dsc_8121

なんだかよい雰囲気。

加悦SL広場についてはここまで。
展示されていた車両たちは閉演後はどうなるんでしょうね。結構痛んでそうな車両もありましたし前途多難のように思いました。
閉演前にここに来れてよかったです。

最後に全域的な写真を。記録的には良いのに個々の車両の写真ばかり撮っていてこういう写真はほぼ撮っていなかったです。

・加悦SL広場の全域的な写真
Dsc_8122 Dsc_8074_20200621005901
Dsc_8123

| | コメント (0)

2020/06/20

丹後 (17) 加悦SL広場 客車

続いて客車です。

・2号機関車 + ハ4995客車
Dsc_8095

・ハ4995
Dsc_7957 Dsc_7973_20200620184501

1893年に鉄道庁新橋工場で製造された元鉄道省の車両。
一旦台車を取り外して倉庫として使われていたものを復元したそうです。
黒部峡谷鉄道のオープン型客車のように席ごとにドアがあります。

・ハブ3
Dsc_7959 
Dsc_7962 Dsc_7963_20200620185701

1889年にドイツで製造された荷物室付きの客車。
九州鉄道、伊賀鉄道等を経て加悦鉄道に来たそうです。
大阪万博のエキスポランドでも展示されていたそうです。

・ハ10形
Dsc_8030 Dsc_8041
Dsc_8044_20200620193501 Dsc_8046

1925年に製造された二等と三等と合造客車。
塗装が両側で違っていました。
下の写真の左側が二等室、右側が三等室です。シートの色が違うのと二等のみ背もたれ部分もシートが付いている事以外は違いがないような。

加悦SL広場のHPやWikipediaではこれ以外にハ21とフハ2が載っているのですが、撮ってきた写真に見つかりません。
写真を撮り忘れたのかと思ったけど見た記憶を思い出せず、見落としたのか或いは何らかの理由で車庫にしまわれていたのか? Wikipediaに載っている写真の所には別の車両が展示されていました。

| | コメント (0)

丹後 (16) 加悦SL広場 気動車

続いて気動車。
オレンジの塗装は良い感じに思いました。

・加悦鉄道キハ101
Dsc_8066_20200620013201 Dsc_8071

1936年に製造された加悦鉄道では数少ない自社発注の車両です。
短いです。
元々はガソリン車だったそうです。

・加悦鉄道キハユニ51 (元芸備鉄道)
Dsc_8011_20200620013701  
Dsc_8028 Dsc_8029
Dsc_8025 Dsc_8020
Dsc_8024 Dsc_8027

こちらはフルサイズ、荷物・郵便との合造車です。
1936年に芸備鉄道(現芸備線)用に製造された車両。その後国鉄に買収され船木鉄道を経て加悦鉄道に来ました。

キハ101、キハユニ51共に前後にデッキが付いているのが特徴的だと思います。このデッキはどう使っていたのか、荷物でも運んでいたのかな?

・加悦鉄道キハ08系 (元国鉄キハ08系)
Dsc_8083 Dsc_8088

客車オハ62形を気動車に改造した元国鉄キハ08系です。
人気があるのか床下などじっくり見て観察している人もちらほらいました。

キハ08はホームに接しており、ホームに面した建物には「ファーストフード」の文字が。営業はもうしていません。昔は食事用にキハ08の車両の中も入れたのかな?
どんなメニューが販売されていたのか? 焼きそばとかあったのかな? もう13時でお腹が空いていたので営業していたらなぁと思いました。

・ホームに面した建物
Dsc_8090

・加悦鉄道キハ10系 (元国鉄キハ10系)
Dsc_8093

加悦鉄道廃線当時は主力車だったようです。

| | コメント (0)

丹後 (15) 加悦SL広場 ディーゼル機関車と除雪車

続いてディーゼル機関車。

・加悦鉄道DC351 (元南部鉄道)
Dsc_8012 Dsc_8013_20200620004201
Dsc_8031

元南部鉄道の車両だそうです。
正面から見ると良い感じだと思いました。

・加悦鉄道DB201 
Dsc_8086

・神奈川臨海鉄道DB202
Dsc_8081

・日本専売公社KD-4
Dsc_8052

・TMC100
Dsc_8092_20200620005601

除雪を兼ねた保線用車両だったようです。

・国鉄キ100形
Dsc_8038 Dsc_8058
Dsc_8061

中にも入れました。
除雪車で動力は持たないようです。(ディーゼル機関車ではない)
動力を持たないからか、車内は無骨のスカスカな感じでした。

| | コメント (0)

丹後 (14) 加悦SL広場 蒸気機関車

まずは蒸気機関車。

・加悦鉄道1261号と2号
Dsc_8002

・加悦鉄道1261号 (元簸上鉄道・国鉄1260形)
Dsc_7971 Dsc_7974

1923年に製造された簸上鉄道(現木次線)の車両で、その後国鉄に買収されて1260形になり、さらに加悦鉄道に来たそうです。

・加悦鉄道2号 (元国鉄120形)
Dsc_7968 Dsc_7969

1873年(明治6年)に製造されたイギリスのロバート・スチーブンソン製の蒸気機関車。
国鉄 → 簸上鉄道 → 加悦鉄道 と渡り歩いたそうです。
重要文化財に指定されています。

・加悦鉄道4号 (元河東鉄道1形)
Dsc_8072_20200619233501 Dsc_8060

1922年に製造された元河東鉄道(現: 長野電鉄)の車両で、その後加悦鉄道に来たそうです。

・東洋レーヨン103号と国鉄C58形・C57形とアンパンマン
Dsc_7978

・東洋レーヨン103号 (元長門鉄道)
Dsc_8004 Dsc_7998
Dsc_7999 Dsc_7996

かわいい感じの蒸気機関車。
1913年に長門鉄道用に製造され、その後東洋レーヨン滋賀工場で使用され、引退後は宝塚ファミリーランドで展示されていたそうです。

・国鉄C58形
Dsc_7982 Dsc_7992

・国鉄C57形
Dsc_7981

C58形、C57形共に加悦町が国鉄から展示用として借用したものとの事。もう返さなくて良いのかな? 今さら返されても困りそうですが。

・蒸気機関車の練習用器具
Dsc_7988

後ろから石炭をすくって窯に入れる練習用器具です。

| | コメント (0)

2020/06/19

丹後 (13) 加悦SL広場 入場

・加悦SL広場の入口近く
Dsc_7926_20200618234301

この上が加悦SL広場です。
「明治・大正・昭和の汽笛」、確かに平成の車両はなかったです。
という事で到着しました。

・加悦SL広場の入口
Dsc_7928 Dsc_7933

同じバスで来た人達により入場券を買うのに並んでいたので、先に駐車場等外から見えるところを見学しました。
この頃はまだソーシャルディスタンスのいう意識はなかったです。

・大江山鉱山駅跡の案内板
Dsc_7927

貨物駅だったようです。

・駐車場の入口
Dsc_7940_20200618235101

銀河鉄道999的なものです。

・京都市電 狭軌1型
Dsc_7934 Dsc_7936_20200618235501

駐車場の片隅に置かれていました。
元は宝塚ファミリーランドで展示されていた車両のようです。

・南海 1201形
Dsc_7942

・加悦鉄道 サハ3100形 (元東急3000系)
Dsc_7946 

元は電車ですが電化されていない加悦鉄道では客車として使用されたようです。
数年前までレストラン列車として使用されていたようです。
加悦SL広場にはこれ以外にも飲食店があったようでその跡がありましたが全て閉店してしまったようです。その後昼食に困ることになりました。おにぎりとか予め買ってきたものを食べている人もいましたがそれが正解だったように思います。隣に道の駅がありレストランと書いてありましたが、かつて営業していたっぽい形跡はありましたが営業していませんでした。

・南海1201形と加悦鉄道サハ3100形の裏側
Dsc_7952

・加悦鉄道キハ10形 (元国鉄キハ10形)
Dsc_7931 Dsc_7953

入場します。

・加悦鉄道沿線案内
Dsc_6689

・入場券
Dsc_7198

硬券でした。

| | コメント (0)

2020/05/31

北海道2020 (19) 北海道博物館

道立の北海道博物館へ。

開拓の村から徒歩10分ぐらいと思われましたが、坂がある中雪が積もっているし念をもってバスで移動しました。2分ぐらいで210円。

・北海道博物館前
Dsc_7339 Dsc_7341

1階は北海道の歴史に関する展示でした。

・マンモスとナウマンゾウ
Dsc_7343 Dsc_7346

・土器
Dsc_7350 Dsc_7353

北海道では弥生時代はなかったそうです。

・蝦夷地時代の船の模型等
Dsc_7356 Dsc_7358

元々北海道ではアイヌ民族の方が暮らしていたようですが、本土から移り住む人もでてきて、やがてアイヌ民族の人は本土の人(松前藩等)から支配されて移住地域や文化的なもの等迫害されるようになっていったそうです。
日本でもこういう歴史はあったんですね。
何だか考えさせられました。

明治時代になると蝦夷地は北海道の名前となり、開拓使により本土から移り住む人で開発されていきました。
アイヌの人たちはさらに迫害されたようです。

・アイヌ民族の家と衣装
Dsc_7367 Dsc_7370

ここまででもうだいぶ1時間強かかってしまっていました。
帰りの飛行機の時間があるので足を速めます。

2階は近代の北海道の文化に関する展示です。

・昔の北海道の鳥瞰図のレプリカ
Dsc_7397

これの本物が前日に行った北海道立近代美術館の「北海道151年のヴンダーカンマー展」で展示されていました。(そちらでは撮影禁止)

・ニシン漁の用具
Dsc_7374 Dsc_7376

・スキー靴
Dsc_7384

・炭鉱で使われたバッテリーカー
Dsc_7378

・大正時代の客車の模型と、「はまなす」のヘッドマーク
Dsc_7389 Dsc_7390

「はまなす」のヘッドマーク、今回北海道に来た3日間の間に、北海道鉄道技術館、北海道立近代美術館の「北海道151年のヴンダーカンマー展」、ここと、3回も見ました。結構たくさん残っているのでしょうか?

・定山渓鉄道の銘板やマーク
Dsc_7394 Dsc_7404

・北海道のみやげ物
Dsc_7391

・ヰセキトラクターとトヨタパプリカ
Dsc_7399 Dsc_7401

・キューピーちゃんと鉄人28号
Dsc_7407

・札幌オリンピック関係
Dsc_7408

・動物の剥製
Dsc_7414 Dsc_7415

入口の展示を見て「別に来なくてもよかったかな」(北海道でなくてもありそうな展示で)と思ったのですが、特に北海道の歴史の展示が良かったです。勉強になりました。

・百年記念塔
Dsc_7418

| | コメント (0)

2020/05/30

北海道2020 (18) 北海道開拓の村 山村群と昼食

最後に山村群。

・森林鉄道機関庫
Dsc_7310 Dsc_7321
Dsc_7313 Dsc_7320
Dsc_7312 Dsc_7318

なんと、森林鉄道で使用されていた機関車等も保存されていました。
機関車は大夕張営林署で使用されていたもののようです。
良いものが見られました。

・旧平造材部飯場
Dsc_7322

その他に炭焼小屋もあったようです。

昼食は開拓の村食堂で「ヤン衆定食」(820円)を食べました。

・ヤン衆定食
Dsc_6228

丼は鮭昆布めしです。

北海道開拓の村はこれで終わりです。
思っていたよりも広く充実していました。
良かったです。
時間の関係で急ぎ足や見ていないところも一部あり。帰りの飛行機をもっと遅い時間にすればよかったかな。或いは北海道博物館を取りやめるべきだったか。なんだか中途半端に残してしまった感があります。
雪のない季節はまた違った感じだったりするのかな?

| | コメント (0)

2020/05/28

北海道2020 (17) 北海道開拓の村 市街地群 その3

市街地群に戻ってきました。

・旧札幌拓殖倉庫
Dsc_7299

・旧広瀬写真館
Dsc_7229 Dsc_7305

・旧札幌農学校寄宿舎
Dsc_7308

目玉な雰囲気で中にいろいろありそうでしたが、入ると長くなってしまいそうなので時間の関係でパス。

・旧札幌師範学校武道場
Dsc_7323 
Dsc_7325 Dsc_7324

広い道場でした。

・旧近藤染舗
Dsc_7328

・旧来正旅館
Dsc_7098 Dsc_7331 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お出かけ - 動物園・水族館 お出かけ - 博物館・美術館 お出かけ - 城 お出かけ - 寺・神社・教会 お出かけ - 植物園・植物 アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング グルメ・クッキング - そば・うどん・パスタ グルメ・クッキング - ハンバーガー グルメ・クッキング - ラーメン グルメ・クッキング - 丼 グルメ・クッキング - 駅弁・弁当 ゲーム スポーツ ニュース パソコン・インターネット ファッション・アクセサリ 交通 - バス 交通 - 自動車 交通 - 航空機 交通 - 船 交通 - 街道 交通 - 鉄道 交通 - 鉄道 - JRその他 交通 - 鉄道 - JR九州 交通 - 鉄道 - JR北海道 交通 - 鉄道 - JR四国 交通 - 鉄道 - JR東日本 交通 - 鉄道 - JR東海 交通 - 鉄道 - JR西日本 交通 - 鉄道 - JR貨物 交通 - 鉄道 - その他 交通 - 鉄道 - イベント 交通 - 鉄道 - ケーブルカー 交通 - 鉄道 - モノレール 交通 - 鉄道 - ロープウェイ 交通 - 鉄道 - 廃線 交通 - 鉄道 - 海外 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 中国 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 九州・沖縄 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北海道 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北陸 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 四国 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東北 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東海 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 甲信越 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 近畿 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - その他 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京急 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京成 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京王 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 小田急 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東京メトロ 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東急 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東武 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 相鉄 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 西武 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 都営 住まい・インテリア 地域 - 中国 地域 - 九州・沖縄 地域 - 全国 地域 - 北海道 地域 - 北陸 地域 - 四国 地域 - 東北 地域 - 東海 地域 - 海外 地域 - 甲信越 地域 - 近畿 地域 - 関東 - その他 地域 - 関東 - 千葉県 地域 - 関東 - 埼玉県 地域 - 関東 - 東京都 地域 - 関東 - 栃木県 地域 - 関東 - 神奈川県 - その他 地域 - 関東 - 神奈川県 - 川崎市 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横浜市 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横須賀市 地域 - 関東 - 群馬県 地域 - 関東 - 茨城県 学問・資格 心と体 心と体 - 痔 携帯・デジカメ 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 経済・政治・国際 自衛隊・軍隊 芸能・アイドル 芸能・アイドル - ももいろクローバーZ 芸能・アイドル - 広末 芸能・アイドル - 有安 音楽 ~の旅(2006) ~の旅(2007) ~の旅(2008)