カテゴリー「交通 - バス」の240件の記事

2020/06/14

丹後 (12) 与謝野駅と加悦SL広場まで

与謝野駅に10:26に到着、ここで与謝野駅でバスに乗り換えます。
自分と同じように加悦SL広場に行く人が多いようで、乗客の半分以上はここで降りました。

・与謝野駅での乗ってきた列車
Dsc_7890 Dsc_7895

・与謝野駅ホームの駅名標
Dsc_7897 Dsc_7898

与謝野駅は以前は丹後山田駅で、国鉄から北近畿タンゴ鉄道に変わるときに野田川駅に改称し、京都丹後鉄道に移管されるときに与謝野駅に改称されたようです。

かつては加悦鉄道との乗換駅でした。
加悦鉄道は丹後ちりめんの貨物輸送を主目的に1926年に開業しましたが1985年に廃止されました。
廃線跡はサイクリングロードになっており、与謝野駅の南側にもありました。

・与謝野駅南側の廃線跡のサイクリングロード
Dsc_7903 Dsc_7904

駅舎内に「丹後山田駅資料室」がありました。資料室の名前は前の駅名のままです。
バスの発車まで30分ぐらいあったので見学しました。30分ぐらいあった事にある意味感謝。

・丹後山田駅資料室
Dsc_7918

・丹後山田駅資料室の展示
Dsc_7908 Dsc_7912
Dsc_6675_20200614195001 Dsc_6670_20200614194301
Dsc_7914 Dsc_7915

・与謝野駅の駅舎とバス停
Dsc_7921 Dsc_7906

バス停は旧駅名が括弧書きされていました。

・やってきたバス
Dsc_7922

結構な満員状態でした。
途中バスの営業所やショッピングセンターに寄るため横にそれますが、その時に加悦鉄道廃線跡のサイクリングロードを跨ぎました。

・廃線跡のサイクリングロード
Dsc_6680_20200614195801

最寄りのバス停SL広場西に到着。
駅からまぁまぁ距離がありましたが自治体の政策で運賃は200円でした。
バス停から加悦SL広場まで離れていて10分ぐらいかかったんだったかな。
加悦SL広場の真ん前にもコミュニティバスのバス停があるのですがこの日は運休日でした。

・加悦SL広場に向かう道から
Dsc_7924

| | コメント (0)

2020/06/12

丹後 (5) 成相寺

傘松公園からバス成相寺へ。
成相寺の拝観料込みの料金となっています。船とケーブルカー/リフトのセット券を持っていると300円超の割引があります。

・傘松公園のバス停
Dsc_7685

後ろの車庫に何台か停まっていました。
通常の時刻表通りの運行だと1台で賄えますが、多客時は続行運転とかあるのかな?
狭い道をだいぶ上って7分ぐらいで成相寺の山門を通り過ぎて階段の前に到着。(山門前で降りることも可能です)

・成相寺の案内図
Dsc_7706

・成相寺に到着したバスと階段前
Dsc_7708 Dsc_7709

傘松公園は一般車両では行けないようですが、成相寺は一般車両でも行けるようです。

・撞かずの鐘
Dsc_7711

鐘を燻す時に乳児を落としてしまい、その鐘を撞くと鳴き声がするので撞かなくなったという悲しい伝説があるそうです。

・一願一言地蔵と観音堂
Dsc_7713 Dsc_7716

何を願ったのか忘れてしまった (苦笑)

・本堂
Dsc_7715 Dsc_7718

・鉄湯船と慈母
Dsc_7720 Dsc_7719

・十王堂と熊野権現社
Dsc_7723 Dsc_7724

さらにだいぶ上がるとパノラマ展望台に行けるようでしたがパス。車や観光バスでも上がれるような記載がありました。

・五重塔
Dsc_7729

五重塔の近くにある弁天山展望台には上がってみました。

・弁天山展望台近くから見た五重塔
Dsc_7734 Dsc_7752

五重塔と同じぐらいの高さがあります。

・弁天山展望台からの風景
Dsc_7748 Dsc_7738
Dsc_7747 Dsc_7746

傘松公園からの風景も良かったですが、この弁天山展望台からの風景はもっと良かったです。
来て良かった感。
傘松公園で折り返してしまうのはもったいないと思いました。
予定より早く来ていなかったら時間的にここまで来れなかったかもしれません。

・奇怪な話の底なし池
Dsc_7757

・山門
Dsc_7758 Dsc_7766
Dsc_7765

帰りは山門前のバス停から乗りました。

・山門前のバス停
Dsc_7767

| | コメント (0)

2020/05/17

北海道2020 (12) 北海道開拓の村 入場

最終日の3日目は北海道開拓の村とその近くにある北海道博物館に行きました。

まずは北海道開拓の村へ。
札幌駅から函館本線下り方面の森林公園駅へ、そこからバスで行きました。

・札幌駅
Dsc_7074

JR北海道の札幌辺りの車内の自動放送は、朝は「おはようございます」って入るんですね。

森林公園駅に到着、反対側を特急ライラックが通過していきました。

・森林公園駅を通過していく特急ライラック
Dsc_7077 Dsc_7078

開拓の村へのバスは駅の南側です。
改札は北側のみで高架下を通って北口に出ます。

・森林公園駅の南側
Dsc_7079

・森林公園駅の南側のバス乗り場
Dsc_7080 Dsc_7081

昨日降ったものと思われる雪が沢山積もっていました。
JRバス(ジェイ・アール北海道バス)であることに意外に感じました。JRバスによる都市や都市近郊の一般路線は全国的にはあまりないと思います。

バスに乗車し、開拓の村に到着。

・開拓の村に到着後のジェイ・アール北海道バス
Dsc_7083

・入口の旧札幌停車場
Dsc_7082 Dsc_7335

入口に建っていること建物は旧札幌停車場で1908年(明治41年)~1952年(昭和27年)に使われてた駅舎を再現したものとの事です。(移設ではありません)
この中に入場券売り場等があります。
北海道博物館との共通入場券が売っていたのでそれを買いました。

・旧札幌停車場の室内
Dsc_7087 Dsc_7333

・園内側から見た旧札幌停車場
Dsc_7094

・園内に入ったところと案内図
Dsc_7088 Dsc_7092

夏は馬車鉄道、冬は馬そりが園内を走っているようですが、コロナウィルスの関係で運休していました。

| | コメント (0)

2020/03/10

江ノ電バスの横浜駅乗り入れ最終日

12月15日、この日は江ノ電バスの横浜駅乗り入れの最終日でした。
人手不足が理由との事。
横浜駅から上大岡駅を経由しての大船駅行と栗木行のバスがありましたが、この後は上大岡駅より北東は走らなくなります。
相鉄バスを引き継いで運行していた横浜駅での夜行高速バスも既に運行から撤退済みです。(残っていた横浜駅には来ない大阪線も3月31日で江ノ電バスとしては運行が終了します。)

・横浜駅バス停での告知
Dsc_5499

・横浜駅での江ノ電バス
Dsc_5753  
Dsc_5759 Dsc_5760

上大岡駅まで乗車しました。
初めて乗りました。

・上大岡駅バス停での告知
Dsc_5504_20200310235201

・上大岡駅での横浜行バス
Dsc_5767 Dsc_5765

同じ経路を通しで走る路線はなくなりますが、他の路線もあり、廃止による大きな影響はそんなにはなさそうに思われました

| | コメント (0)

2019/12/07

九州2019 (13) 熊本空港から帰宅

帰りは熊本空港から飛行機で羽田に帰ります。

熊本駅からバスで熊本空港へ。
約1時間かかります。
新幹線に乗って博多駅で乗り換えて福岡空港に行くのと大きくは変わらなさそうです。

途中、桜町バスターミナルに寄るとの案内放送。
新しくそういうバスターミナルができたのかな? と思ったら元の熊本交通センターを建て替えてできたバスターミナルでした。
桜町って言われてもよそ者にはどこかわからないぞ? と思いました。

・桜町バスターミナル
Dsc_4585 Dsc_3696

熊本空港に到着。

出発まで時間があったので展望デッキに行ってみました。

・展望デッキのネオンと展望デッキからの風景
Dsc_3699 
Dsc_3704 Dsc_3701

・ターミナルビル内にあったYS-11のシミュレーター
Dsc_3698

定刻より遅れて出航。

・出航してすぐの機内から見た熊本
Dsc_4588

その後雲に覆われて地上は見えなくなりました。

・到着少し前の機内から見た幕張メッセ辺りと東京ゲートブリッジ
Dsc_4592 Dsc_4594

出発が定刻より遅れたこともあり、羽田空港に着いたのは22時頃でした。

2日目の予定(博多 -(ゆふいんの森)→ 大分 → 宮崎 → 国分)が台風の影響で全区間乗れず、
3日目の吉松→人吉もタクシー代行になり乗れませんでした。
リベンジしたいところです。

(完)

| | コメント (0)

2019/11/14

九州2019 (1) 有安巡り

9月21日~23日、台風が接近している中、九州に行きました。
9月21日は「宗像フェス 1日目」、こちらは雨が降ることもなく開催されました。2日目は中止になりました。

9月21日は福岡に宿泊、22日は「福岡 -(ゆふいんの森)→ 大分 -(にちりん)→ 宮崎 -(きりしま)→ 国分」と移動して宿泊する予定でした。
21日の寝る前に確認した段階では明日は全区間平常運転される予定になっていたので安心して寝床につきました。

22日の朝起きて確認したら、大分までは行けるものの、それより先は運休との事。
えー... ショックです。
どうしましょう。
九州新幹線や、鹿児島中央~国分の普通列車は運転するようなのなので、そのルートで宿泊先の国分まで行けそうです。
大分までは運転され、大分~小倉の特急も運休ではないのでそちらをぐるっと回って国分に向かおうかとも考えたですが、リスクを考えると止めておいた無難かなと。福岡でどこか観光して午後早めに国分に移動するのが良いのかなと。

そんななわけで、まずは福岡で予定していなかった有安杏果さん聖地巡りに。

・ピンクのポスト (エンジェルポスト)
Dsc_3280_20191113003201

博多駅博多口のKITTE博多前にあります。郵便局関連ビルの前にあるポストなんですね。

・連接バスで天神に移動
Dsc_3283_20191114205401 Dsc_4430
Dsc_4438

最後の写真は天神での博多方面のバスです。
同区間を走る他の路線バスよりも停車バス停が限られています。博多駅から天神まで100円でした。博多駅の乗り場はバスターミナルではなく路上です。

・サックスおじさん
Dsc_3287_20191114210001 Dsc_3288
Dsc_3289_20191114210001

天神の福岡市役所ふれあい広場にありました。

・TSUTAYA 天神ショッパーズ福岡
なかったです。
3階CD/DVD売り場にあったようですが、3階に売り場はなく2階のみでレンタルしかやってなさそうでした。
道重さゆみさんのサインはありました。
Dsc_4439

・タワーレコード 福岡パルコ店
なかったです。
HKT48を卒業した指原莉乃さんへのメッセージコーナーはありました。
Dsc_4440

この後福岡市博物館に行き、
博多駅に戻ってきました。

・HMV&BOOKS HAKATA
ありました。
KITTE博多の中にあります。あぁだからあのピンクのポストだったのね。
Dsc_4464

| | コメント (0)

2019/10/26

ちばらき (7) 鹿島神宮から帰りのバス

帰りは鹿島神宮バス停から東京行の高速バスに乗って帰りました。

・鹿島神宮バス停
Dsc_2782 Dsc_2780

以前来たときはそれなりの規模のバスターミナルでしたが、単なるバス停になっていました。
しかも高速バス以外はここには来ない(停まらない)ようで、バスの減退を感じました。

乗車します。

・高速バスからの車窓
Dsc_4188 Dsc_4190

鹿島セントラルホテルと水郷潮来(大きな駐車場がある)からの乗客がほとんどで、鹿島の街中からの乗車は少なかったです。
東京駅に到着。

・東京駅に到着した高速バス
Dsc_4191

(完)

| | コメント (0)

2019/10/22

ちばらき (1) 香取神宮

8月31日、ちばらきと言われている地域(千葉県と茨城県の利根川沿い)に行きました。
以前ブラタモリで視て行ってみたいなと思っていました。

まずは東京駅から関鉄グリーンバスの高速バス「あそう号」で香取神宮まで。1時間10分で着いてしまいます。鉄道で行くより早いです。

・あそう号
Dsc_4127 Dsc_4129

京葉道路経由でした。

香取神宮に到着。
千葉県香取市にあります。

・参道入口
Dsc_2507 Dsc_2508

ちょとした商店街があります。

・大鳥居とその先
Dsc_2511 Dsc_2514

緑に囲まれた道、気持ちが良いです。

・案内図
Dsc_2515

先に香取護國神社の方に行ってみることにしました。

・香取護國神社
Dsc_2516 Dsc_2518
Dsc_2519

この先に要石があります。
清掃作業をされていたので写真は撮らず。

元の道に戻って進みます。
参道にはみ出た木もありました。

・参道にはみ出た木
Dsc_2522

・総門前の鳥居
Dsc_2525

・神池と勅使門
Dsc_2526 Dsc_2528

神池は鳥居手前の左側に、勅使門は右側にありました。
勅使門は中が工事中で入れませんでした。

・総門
Dsc_2527

・市神社天降神社・馬場殿神社と、手水舎
Dsc_2575_20191022005101 Dsc_2530

・楼門
Dsc_2531

・拝殿
Dsc_2538_20191021235701

拝殿の奥に本殿があります。
拝殿・本殿の周りをぐるっと周れるようなので周ってみました。

・拝殿・本殿を横や後から見た所
Dsc_2550 Dsc_2553

正面から見るよりも横や後ろから見た方が凄く感じました。
立派な建物です。
ぐるっと周ってみたのは正解でした。

・神錨殿と練習艦かとりの錨
Dsc_2546_20191022002501 Dsc_2542

・三本杉
Dsc_2547 Dsc_2548

・匝瑳神社と鹿島新宮
Dsc_2549 Dsc_2557

さらに奥に行けるようなので行っていました。

・奥への道と見晴らしのよい休憩所
Dsc_2560 Dsc_2558

あの休憩所の上に上がってみようとも思ったのですが、誰も客がいないし買わずに上がるのもあれかなと思い行きませんでした。
後から気づいていたのですがこの左右に進んだ先にも何かあったようです。
戻ります。

・神楽殿
Dsc_2571

・御神木
Dsc_2566

奥院も行ってみました。
奥院とは言っても本殿の奥ではなく、入口側の外れた場所にあります。
本殿とは別に奥院にも御朱印があるようで、プレハブだったかの受付窓口がありました。

・奥院
Dsc_2578_20191022005101 Dsc_2580

商店街に戻ります。
12:15頃。次の佐原方面のバス(佐原循環バス)は13:45までなかったよなぁともう一度確認しに行ったら、千葉交通の路線バスで13:06発のがあったのでこれにすることに。
この後食事するには良いぐらいの時間なので、山菜そばと、別の1個売りしていた店でみたらし団子を食べました。
山菜そば、おくらない方が良かったな(嫌いなのです)。
みたらし団子食べるのだいぶ久しぶり、美味しかったです。

・山菜そばとみたらし団子
Dsc_4144 Dsc_4145

千葉交通のバス停、佐原方面の方にはバス停のポールが立っていなくてドキドキしましたが、きちんと停まってくれました。

| | コメント (0)

2019/09/29

宗像フェス2019

9月21日、宗像フェスの1日目に行きました。
会場は福岡県福津市の恋の浦。
宗像市のグローバルアリーナで開催された2017年にも行ってます。

当日の朝、羽田空港から9:10発のスターフライヤーで福岡空港へ。
台風が心配されていましたが1日目は雨も降らず天気が持ちました。

・羽田空港から福岡空港へに移動
Dsc_4378 Dsc_4385
Dsc_4387 Dsc_4389

羽田空港を飛びだってすぐに雲の上、その後福岡空港近くまでずっと雲の上でした。

11時過ぎに福岡空港に到着後、一旦宿泊先のホテルに行って荷物を預け、会場最寄りの福津駅に12:25頃到着。
福間駅のバス乗り場はまぁまぁの列。何だかバスがあまり来る雰囲気がなく、来ても小型のバスだったり。
45分ぐらい待ってやっと乗れました。バスに並び始めた頃に見た記憶のある車両、5~6台(内2台以外は小型バス)で回していたようです。
行きのバスでは最前確保でした。

・バスからの風景
Dsc_4395

途中、池(海?)沿いの狭い道を通ります。
開場手前では10キロの制限速度の標識がありました。
そんなわけで13:40頃に到着。
開場前に10台ぐらい西鉄の一般路線車が待機して憤りました。
待機している内2台ぐらい動かしてくれただけでもだいぶ早く到達できていたように思います。
往復1500円もとっている人この運用は氣志團万博なんかと比べても駄目駄目だと思いました。

・宗像フェスの入口
Dsc_4397

13:55からのゴールデンボンバーの前にゆっくりと会場内で食事をしようと思っていたんですけどね、
そんな時間はなくなりました。(13:00頃に会場に着けるかなと思っていました)
でもこの後の公演を考えるといま食べないと氣志團前の16時前までに食べられないことになるし、ゴールデンボンバーを見るのを干して食べるか悩みましたが、結局食べずに。
食事の我慢は良いですがトイレが心配になって、ゴールデンボンバー時にトイレに抜けだしたりしました。

〇 ゴールデンボンバー
初めて見ました。
途中メンバーの1人が早食いでとんこつラーメンを食べるという事で、食べきれずにとんこつラーメンを自分自身にぶちまけ、洗うためにシャンプー、ドラムの人は電磁波クラブな衣装。
ゴールデンボンバーってこんなグループだったの?!😱
「女々しくて」もありました。

〇 有安杏果
始まる前にバンドの方が出てきて音調整をしているときに、どこかから有安さんらしき人の発声練習が聴こえてテンションが上がりました。
そんな感じで始まり。
衣装(シンプルなノースリーブ)の関係もあると思うのですが華奢だなと思いました。

セットリストは以下の通り。
予想とだいぶ違っていました。

① Drive Drive
② TRAVEL FANTASISTA
③ ヒカリの声
④ Another story
⑤ ナツオモイ
⑥ 遠吠え
⑦ Runnaway

Another StoryはPop Step Zeppでやらなかったしサクライブも行けなかったので久しぶり。
裸はいつになったら聴けるのだろうか?

ちょっとした煽りはありましたが、MCは少なめで、特に九州がどうのこうのという話もなかったように記憶しています。
ゴールデンボンバーやその後の氣志團と比べると明らかに空いてました。
それは仕方ないとして、有安ファン以外の人を取り込めたかどうかというとどうなのかな?
内向きになっているような気がするのです。
例えば、Drive Driveでは客がタオルを振る所があるのですが、始まる前に「振るところがあるので手持ちの対応で振ってください」と言えば有安ファン以外の人も振ってくれるかも、と思いました。2年前は言っていたような気がするのですが。
他の出演者はフェス慣れというのもあるのでしょうがそういうのが上手いです。やがて慣れていくのだろうか?

2年前のような虫の鳴き声との共演はなく、波の音が聞こえるわけでもなく、前回のような神秘的なものはありませんでしたが、良かったです。

〇 この日1回目の食事
Dsc_4399

15:50頃にこの日初めての食事。
次の氣志團さんは見たいなと思っていたので、そんなに時間がかからないものを。
これで計1100円です。
2017年は宗像市の漁業組合の出展がありましたが、そういう所の出展はありませんでした。

〇 氣志團
最近氣志團万博に行っていないので、久しぶりの氣志團でした。
最初の方はそんなに盛り上がっていなかったように思うのですが、寸劇? もあり途中からは盛り上がっていました。
One Night Carnival のU.S.A版? ギターやベースの人も楽器を持たずに踊っていました。
ギターやベースの人もそういうのをするのは偉いなと思うし、色物なイメージはあっても演奏もきっちりできるし、良いと思います。

〇 KREVA
KREVAいいのに。
ラップの人です。
KICK THE CAN CREW のメンバー...。EXILEの元メンバーだと勘違いしていましたがごめんなさい。
高飛車なMCも、それをキャラだと考えれば問題ない。そう思いました。
全体を盛り上げるが主眼ですが、自分のファンも大事にする、と感じました。

〇 この日2回目の食事
Dsc_4403

〇 C&K
ももいろクローバーZの「クローバーとダイヤモンド」を作った人達です。
12年目の新人のようですが、新人という事もありどういうグループなのか存じ上げていませんでした。
今日見て度肝を抜かれました。
ダンサーも出てきて盛り上げ曲。
真似をしてくれとの事で手を上げるとかなら分かるし実際そういうものあるのですが、肩を回すエクササイズとか...😲 思わずやってしまいました。
そうかと思えばしっとりしたバラード曲も。
盛り上げるのは上手いし、
ベストパフォーマンスとか順位付けするのはどうかと思うのですが、付けるとしたらC&Kがベストパフォーマンスですかね。

〇 この日3回目の食事
Dsc_4404

日が暮れていました。
1回目、2回目と同じ場所で撮らなければいけない義務感がありここで。

〇 きゃりーぱみゅぱみゅ
この日最後の出演者です。
明日の公演は台風の影響で中止となったため、今年の宗像フェスの最後の出演者という事にもなってしまいました。
振りを真似している人結構いました。結構知られているのかな。

そんなわけでライブパートは終了。
最後の項目として、この日出演したミュージシャンの曲に合わせた花火があります。

〇 音楽花火
Dsc_4407 Dsc_4415
Dsc_4419 Dsc_4422

有安さんの曲は「TRAVEL FANTASISTA」でした。
有安さんもどこかでこの花火を見ているのかなぁ~ と思っていましたが、どうも日帰りでこの時間にはもう会場にはいなかったようで、えぇと... 正直がっくりでした。

このあともっとすごい花火もあったのですが、スマホの電池が5%以下になり写真が撮れなくなってしまいました。😢

そんなわけで20:30頃に終了。

終了後のバスはスムーズではなかったですがものすごく待たされたわけではなく、しかし福間駅からの列車がしばらくなくだいぶ待ったりして、結局22:30頃博多駅に着きました。

| | コメント (0)

2019/08/31

小樽と札幌 (3) 小樽駅

7月14日、この日は小樽を観光します。

列車に乗る前に宿泊先の余市の海岸。

・余市の海岸
Dsc_1017 Dsc_1015

日本海ですが穏やかな感じでした。

余市駅から8:55発の小樽行に乗車。
2両編成で後ろの車両は昨日乗りたかったキハ40でした。

・余市駅でのキハ40
Dsc_1020

小樽駅に9:21に到着。
3駅なのですぐかと思っていましたが意外と距離がありました。
海沿いを走るのかと思っていましたが山沿いでした。

・小樽駅でのキハ40
Dsc_1028

・4番線
Dsc_1600 Dsc_1021
Dsc_1024 Dsc_1026

1つ目の写真は翌日撮影した写真です。
裕次郎ホームと言われているそうです。
余市寄りには石原裕次郎さんのパネルが設置されていました。
パネルによると、身長182cm、体重75kgだそうです。この情報いる?

・4番線ホームの窓から見た駅舎内
Dsc_1025

・駅舎の改札前
Dsc_1030

・駅舎
Dsc_1033

小樽駅、なかなかいい感じでした。

・駅前の北海道中央バス小樽ターミナル
Dsc_1036

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お出かけ - 動物園・水族館 お出かけ - 博物館・美術館 お出かけ - 城 お出かけ - 寺・神社・教会 お出かけ - 植物園・植物 アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング グルメ・クッキング - そば・うどん・パスタ グルメ・クッキング - ハンバーガー グルメ・クッキング - ラーメン グルメ・クッキング - 丼 グルメ・クッキング - 駅弁・弁当 ゲーム スポーツ ニュース パソコン・インターネット ファッション・アクセサリ 交通 - バス 交通 - 自動車 交通 - 航空機 交通 - 船 交通 - 街道 交通 - 鉄道 交通 - 鉄道 - JRその他 交通 - 鉄道 - JR九州 交通 - 鉄道 - JR北海道 交通 - 鉄道 - JR四国 交通 - 鉄道 - JR東日本 交通 - 鉄道 - JR東海 交通 - 鉄道 - JR西日本 交通 - 鉄道 - JR貨物 交通 - 鉄道 - その他 交通 - 鉄道 - イベント 交通 - 鉄道 - ケーブルカー 交通 - 鉄道 - モノレール 交通 - 鉄道 - ロープウェイ 交通 - 鉄道 - 廃線 交通 - 鉄道 - 海外 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 中国 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 九州・沖縄 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北海道 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北陸 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 四国 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東北 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東海 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 甲信越 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 近畿 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - その他 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京急 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京成 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京王 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 小田急 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東京メトロ 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東急 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東武 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 相鉄 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 西武 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 都営 住まい・インテリア 地域 - 中国 地域 - 九州・沖縄 地域 - 全国 地域 - 北海道 地域 - 北陸 地域 - 四国 地域 - 東北 地域 - 東海 地域 - 海外 地域 - 甲信越 地域 - 近畿 地域 - 関東 - その他 地域 - 関東 - 千葉県 地域 - 関東 - 埼玉県 地域 - 関東 - 東京都 地域 - 関東 - 栃木県 地域 - 関東 - 神奈川県 - その他 地域 - 関東 - 神奈川県 - 川崎市 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横浜市 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横須賀市 地域 - 関東 - 群馬県 地域 - 関東 - 茨城県 学問・資格 心と体 心と体 - 痔 携帯・デジカメ 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 経済・政治・国際 自衛隊・軍隊 芸能・アイドル 芸能・アイドル - ももいろクローバーZ 芸能・アイドル - 広末 芸能・アイドル - 有安 音楽 ~の旅(2006) ~の旅(2007) ~の旅(2008)