カテゴリー「音楽」の100件の記事

2017/05/24

ももクロジャパンツアー青春 島根公演

ももいろクローバーZのジャパンツアー青春、全都道府県を2年ぐらいかけて周るツアーで、その都道府県在住の会員が優先されるというものです。
人口が少ないからか5月20日の島根公演が当たったので行きました。

出雲大社に行った後、一畑電車で松江しんじ湖温泉駅に行き、コインロッカーにカメラを預けて会場の島根県民会館に歩いていきました。松江城の近くでした。

・松江城と島根県民会館
Dsc_2172 Dsc_2175

席は2階席の3列目の端。
約1500人の小さいホールで2階席なのに今まで見たももクロの公演でメインステージの前面側では一番近かったような気がします。
開演前はその県に関係する曲を流すという事で、竹内まりやさんの曲等が流れていました。

全公演同じセットリストのようなので、以下ネタバレ注意。

続きを読む "ももクロジャパンツアー青春 島根公演"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/16

ももクロ春の一大事2017 in 富士見市 (2) DAY2

ももクロ春の一大事2017 in 富士見市」2日目の4月9日、
朝目が覚めると雨が降っていて「がーん」って感じでした。

ももいろクローバー駅は昨日行ったし、グッズ等買う用事も今日はないので、前日より30分遅い時間に出ました。家を出る頃には雨は止んでいました。
この日は鶴瀬駅からららぽーと富士見まで一般路線バス、そこから歩くこととしました。

鶴瀬駅からのバス、時刻表では8分間隔で運転されているのですが、渋滞しているとの事で全然バスが来ません。
やっとバスが来て乗車、まっすぐ行くのかと思いきや渋滞しているので迂回するとか、だからららぽーと富士見まで停まるバス停がないのか。
迂回路は順調に進んでいたのですが、ららぽーとの手前の交差点から駐車場待ちの車で渋滞していて全然進まず、時刻表上は所要時間6分のようなのですが30分かかってららぽーと富士見に到着しました。
その後空いてるトイレを探して済ませて、あ有安さんのサインありましたよ、

・HMVららぽーと富士見店のサイン
Dsc_1989

会場の認証会場に着いたのが開演の30分前でした。
てまきパーク(中学校の校庭)、待機場所(高校の校庭) を通らなければならないのですが、雨の影響でどろどろになっていました。
この日は通常のスタンディング席で、整理番号順に入場するのですが、ちょうど自分の番号が呼ばれている所でした。
席は「いブロック」、前の方かと思いきや一番後ろのブロックで昨日のZブロックと大して変わりませんでした。昨日より左右方向がステージの真ん中寄りだった分だけは良いです。やっぱりステージが見えないが、フロートの時はばっちり見えそうな位置でした。

この日は定刻の17時通り開演。
この日も富士見市長と前市長の開会宣言がありました。(1日目にいた東松島市長はいませんでした)
こういうのって1日目だけでなく2日目もやるんですね。
映像とovertune を経て始まり、1日目と違うメニューでした。(同じ曲もありますが順序が違う)
お着換えタイムは1日目と同じでしたが、小学生の合唱は1日目とメンバーが違ったように見えました。

途中あーりんがどこかに行ったと思ったら、ステージ後ろから車(ハスラー)を緊張した面持ちで運転して出てきました。運転免許を取得したとの事。
近々「極上空間」の収録もあるとか、免許取って早々メンバー乗せて運転って大丈夫かなぁと思いました。
他にもあーりんからの発表があるとの事で、8月にあーりんが両国国技館で土俵入りするとの事。土俵は女性禁制だったと思うので土俵っぽいものでも作るのかなぁ?
そして、その土俵入りの少し前にソロデビューするとのこと。今までも配信でのソロ曲はありましたが、CDでは初ですね。

さらに進み、メンバーがステージで何やら打ち合わせ。
その時に例の曲が流れ始めました。松崎しげるさんがやってきました。昨日いろいろ発表しちゃったからもう来ないのかなと思っていました。発表内容は「今年の夏のバカ騒ぎの会場、一味違うスタジアムが味の素スタジアムだった」との事。まぁ気づいていましたが。
「スポーツの融合?」、それはしなくていいです。いつだったかの日産スタジアムの時のようにサッカー選手が出てきてサッカーとか止めてほしいぞ。

で、さっきの打ち合わせは、この後フロートを使った演出の予定だったが、地面がぬかるんでいるので使えなくなったとの事。
「えーっ」。
この日はセンターステージがリフトアップする曲が少しだけありその時だけメンバーが見えました。

本編が終了し、アンコールへ。
最後の曲は今日も「あの空に向かって」でした。
その後バンドメンバーが集結。
ドラムの村石雅行さんが上京して最初に住んだ所が富士見市だったようです。
バンドメンバーがはけてももクロだけになって最後の挨拶。
その中で来年の春の一大事の日程が発表されました。しかし、開催地は未定で全国の自治体の皆さんの誘致を募集中とか。

1日目の挨拶だったかもしれないけど、女性アイドルグループで同一メンバーでこれだけ長く続いているのは初だと。
モノノフ(客)に対して「一緒に歳を取っていこう」みたいな感じの事もいっていました。ずっと若いままというわけにはいかないし今のようには踊れなくなるかもしれないけど、それは客も同じ。
国立の時は「続いていたらいいなぁ」みたいな感じだったけど、今回は「続けていく覚悟を決めた」って感じがしました。なんか本当に、結婚や出産を経て40歳とかいやそれ以上になっても本当にこの5人でももいろクローバーZを続けていそうな気がしました。

2日とも天候は良くなかったけど、ライブ中は(ほぼ)雨が降らなかったのは幸いでした。
今回は、国立の時以来の、良いライブに感じました。

後ろのブロックなどだったので昨日に引き続き最初の規制退場。
帰りはららぽーと富士見まで歩いて、次の日は仕事なのでこの日はおとなしく待って鶴瀬駅のバスに乗って帰りました。
東上線はやっぱりがらがらでした。
足元を見たら、靴が泥だらけでした。周りを見たら同じところ行っと思われる人はみんなそうでした。
甲子園の土じゃないけど、富士見市から土を持ち帰ってしまった。(洗い流してしまいましたが)

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/14

ももクロ春の一大事2017 in 富士見市 (1) DAY1

4月8日と9日の2日間、埼玉県富士見市の富士見市第2運動公園で「ももクロ春の一大事2017 in 富士見市」が開催されました。
メンバーの有安杏果さんが一時期富士見市に住んでいたとの事がきっかけで富士見市PR大使になり、富士見市市制施行45周年記念事業としてこの地で開催されることになりました。

4月8日、まずは東武東上線のももいろクローバーZ駅へ。
ももいろクローバーZ駅に「ももクロ号」が停まってました。

・ももクロ号
Dsc_1968 Dsc_1969

ももいろクローバーZ駅の改札を出ると「← ももクロ」の貼り紙。

・← ももクロ
Dsc_1970

・ももいろクローバーZ駅の東口と西口
Dsc_1971 Dsc_1979

ふじみの駅でした。

ぼったくり価格の直通のシャトルバス(往復1800円)は避け、一般路線バスでららぽーと富士見まで行き(片道180円)、そこから徒歩で会場へ。
ららぽーと富士見行のバス、混雑しているかと思っていましたが大半の人が座れるぐらいでそれほど混雑していませんでした。という事は普段はがらがらなのかな?
ららぽーと富士見から会場までは徒歩で15~20分ぐらい、そんなに遠くは感じず十分歩ける距離でした。
ららぽーと富士見から先は田んぼが広がっている所が多かったです。山手線の駅(池袋)からそれほど離れていないと思いますが(25kmぐらい)、結構田んぼがあるものなんですね。横浜方面は同じ距離でも山はあっても田んぼはなかったような気がします。
会場近くは桜が満開で綺麗でした。

・東中学校前の桜
Dsc_1984 Dsc_1985

この日は開催日少し前に売り出された「注釈付きスタンディング席」、見えにくいかもしれませんという限定席です。(値段は安くありません)
Zブロックという、ブロック名は素晴らしい席でした。
開演は17時で、14:30又は15:30から整理番号順に入場する方法(ブロックや整理番号は当日分かる)でしたが、注釈付きスタンディング席では意味長さそうなので遅く行きました。
というか、そんな早く入っても途中でトイレに行きたくなりそうなので意味がありません。私の場合、大に行きたくなる可能性も高いです。
そんなわけで、開演15分ぐらい前にブロックに入りましたがもう満杯状態で「えっ!ここに入るの?」って感じでした。もっと後に来た人はもう入れないといった感じ。開演後柵が後ろに広げられて若干広くなりました。
ステージは全然見えませんが、スクリーン方向は他の人の頭を除くと遮られるものはなく、いやその頭が大きな問題ではあるのですが、隣のブロックとはそれほど変わらなさそうに見えました。

10分遅れで開演。
最初に富士見市長、富士見前市長、災害時における相互支援協定を結んでいる東松島市の市長が出てきて開会の挨拶。
市が関連する事業はこういうのがあるんですね。
富士見市長と富士見前市長が同じ苗字で親子なのか? しかし見た目では現市長の方が年上に見えて、親の方が後継者なのか??? と?な状態だったのですが、親子ではなく親戚だそうです。
豪快な開会宣言の後、オープニングムービングとovertuneを経て始まりました。

最初の曲は「word of the mind」、富士見市出身の有安さんメインの曲で、満面の笑みで登場したようなのですが、悲しい事に全く記憶にございません。

その後立て続けに9曲、最近の曲は一部の曲(ゴリラパンチとか)を除いてコールがないですね。ステージが見えずスクリーンすら全体が見えない状況ではやや寂しく感じました。

お着換えタイムは、東松島市の獅子舞、そして地元小学生による合唱でした。
こういう大勢(約2万人)の前で合唱って、将来あの時歌ったって想い出になるのかなと、こういう想い出は自分にはないなとか思いながら見ていました。
川嶋あいさんの「明日へ扉」を思い、まだ歌うの? と正直思ったのですが、次はももクロの「青春賦」、途中でももクロも登場して「青春賦」を一部一緒に歌いました。
「青春賦」は、好きな曲でもあります。
着替えてきた衣装がウエディングドレス風の衣装で、良く思いました。女優だとドラマや映画で結婚前にウエディングドレスを着る場合もあるな(広末さんもあったな)、なんて思いました。

何曲か続いて、いろいろ発表がありました。
・10/21に武道館で、FC会員限定で「学生祭り」と「over 40祭り」開催
私は「over 40祭」の方は参加資格があります。
この発表の前に、「10代」(わー!)、「20代」(わー!) なんて煽りがあったのですが、40代が一番多かったような気がします。自分が40代なのでそう錯覚しただけかもしれません。
「学生祭」は空席が結構できそうな予感がしましたが、「over 40祭り」は激戦になる可能性もあるように思いました。
「学生祭」は、大学生になるのは年齢は関係ないので今からでも... なんて言っていましたが、4月を過ぎたので今から入学するのは無理ですね。

・10/22に武道館で、FC会員限定で誰でも入れる「ももクロワンダーランド」開催。

・12/13にさいたまスーパーアリーナで、12/20に大阪城ホールで、「ももいろクリスマス」開催。
さいたまスーパーアリーナは非常に嬉しいのですが、開催日は水曜日、嬉しくないなぁ。週末ヒロインじゃなかったのか?

先の方まであっさりと発表してしまい、通例では明日は松崎しげるさんが来て何か発表するはずだが、何か他に発表することがあるのか? 期待よりは不安を感じました。

本編最後は、あーりんメインの「LinkLink」でした。System.Linq 名前空間を見るとなぜだか「LinkLink」を思い出したりするのですが、まぁそれはどうでもよいですが、
途中でぽつぽつとごく少量ですが雨が降りました。あーりんが雨女だから...?
で、「LinkLink」が終わってステージからはけた後、雨はぴたりと止みました。

そしてアンコール、なかなか出てこなかったです。
近くに応援団のような声を張り上げてアンコールしている人がいて、その人が「アンコール」、他の人が続けて「アンコール」というリズムになっていました。

アンコールでは、「ツヨクツヨク」もありました。今までとは違うアレンジでした。

今までは曲の途中でバンドメンバーの紹介があったのですが、今回はももクロ曲をバックに最初からメンバー紹介がありました。
ギターの人、有名人っぽい風貌でどこかで見たことがあるような気がするなと思っていたのですが、元JUDY AND MARY のTakuya さんとの事。(最初に紹介されたのはもっと前だったかな)。
続けてその曲をももクロが歌うのかなと思ったのですが、それはやらず、
最後の曲は何と「あの空に向かって」でした。
特別な曲なので、この曲をやるとは思ってもいませんでした。
今までとは違うアレンジで、今までの特に国立競技場での「あの空に向かって」とは、違った意味での「あの空に向かって」のように感じました。
てっぺんを目指すぞーって感じではなく、続けていくぞーみたいな感じでね。
最後のメンバーの挨拶でも、そんな感じなことを言っていました。(DAY2だったかも)
かなこが何か途中で泣くはずじゃなかったのに泣いていましたが、他のメンバーと離れて「べっぴんさん」に出て思う所もあったのかなと思いました。

そんなわけでDAY1は終了。約3時間の公演でした。
終わるとともに雨が降り出して、富士急ハイランドでの「ハスラーももクロスペシャルライブ」を思い出しました。(同じように終わる頃に雨が降り始めました。)

一番後ろのブロックだったので、最初の規制退場でした。
埼玉新聞の号外が発行されるので徒歩の人は小学校前で貰ってくれとの事。
小学校前で配っているところを探したのですが、配っておらず残念な気持ちで帰りました。(印刷が間に合わなかったようで、もっと後に帰った人は貰えたそうです)

行きと同じようにららぽーと富士見まで歩いて、帰りはそこから鶴瀬駅まで路線バスで戻ろうと思っていたのですが、バス乗り場に長い列ができていてバスがくる気配もなかったので、歩いて鶴瀬駅まで行きました。
途中上り坂もあって、結構疲れました。3時間立ちっぱなしだったライブ時よりも疲労感を感じました。
途中、夜桜が綺麗なところがありました。

・鶴瀬駅に向かう道の夜桜
Dsc_1987

ちょうど元町・中華街行き(東京メトロ内急行、東急線内特急) が来たので、それに乗って横浜まで帰りました。
西武ドームである時はライブ終了後は電車が非常に混雑するのですが、ガラガラで、みんなどこに行っちゃったんだろうと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/08

第8回京急鉄道フェア スーパーベルズライブ

12月27日~30日の間、京急百貨店の催事場で「第8回京急鉄道フェア」が開催されました。

鉄道模型、物販、ステージイベントがメインです。
12月29日に、スーパーベルズのライブがあり見てきました。

・スーパーベルズライブ
Dsc_1802 Dsc_1803
Dsc_1806

久し振りにスーパーベルズのステージを見ました。土屋保線DJはいませんでした。以前はいなかったような気がする女性のメンバーがいました。

1曲目は「MOTER MAN (秋葉原〜南浦和)」でした。懐かしい。調べてみたら1999年の発売です。17年前です。
曲に合わせた客の手拍子が発作して盛り上がっていました。今までスーパーベルズのステージで手拍子があった記憶がありません。

「MOTOR MAN 京浜急行VVVF」もありました。今は無きドレミファインバーターと思いましたがまだ少し残っているようです。快特は今は金沢八景も停車しますが停車していませんでした。

「新函館あんさあ」という歌では、「もうはるばるじゃない」「上野発の夜行列車はもうない」とか「函館の女」と「津軽海峡冬景色」ですね。

その他「新幹線体操」、「MOTOR MAN 品川上野グランプリ」等がありました。
約30分のステージ、短かったですが楽しかったです。

今年「MOTOR MAN 2017」というアルバムが発売されたようで、終わった後にそれとその1つ前の「MOTAO MAN  時刻表」を買いスーパーベルズ野月さんにサインしていただきました。キングレコードから発売中です。

・MOTOR MAN 2007
Dsc_1813

・鉄道模型コーナー
Dsc_1809 Dsc_1810

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/29

ももいろクリスマス2016 1日目

12月23日と24日に幕張メッセで開催された「ももいろクリスマス2016 ~真冬のサンサンサマータイム~」の1日目の、本会場(4~6ホール)の隣のてまきパーク(7・8ホール)で開催されたライブビューイングに行きました。
本公演は当たらなかったのでライブビューイングです。ここ最近は外れたことがなかったので外れるとは思っていませんでした。

・幕張メッセの正面
Dsc_1789

イルミネーションが施されていました(幕張メッセ自体のイベントです)。

ライブビューイングはここが入口ではなく、建物の裏側(南側)でした。17時開演で16時過ぎに行ったら整理番号100番台毎に待機スペースがありおおよその番号順に入場させていました。そういうのは関係なしにさっさと入れるのかと思っていました。
ライブビューイング会場のてまきパークはグッズ販売等と併設されており、というかそっちがメインの場所で、グッズ販売等を周っていたりしたら開演時間近くになりました。

ライブビューイングのスクリーン、小っちゃいし1つのみ。映画館のスクリーンの方がずっと大きいです。 大きさはまだ良いとしても、設置場所が低い。スクリーンの前にミニステージが設置されており、スクリーンの下端の位置 =  ステージの位置。
「え? これなの!」と落胆しました。
オールスタンディングで、これじゃぁ前の方や背が高い人ではないとまともに見えません。

チケットにひらがなが書かれており、前:「て」「ま」、中:「き」「ぱ」、後:「あ」「く」がありそれぞれのエリアが仕切られていました。自分は「ぱ」でした。「ぱ」のエリアは既に一杯の状態で、「あ」「く」は当日券エリアなのかがらがらでした。「ぱ」よりも「あ」「く」の方が明らかにスクリーンが見やすそうで羨ましかったです。エリア外で立っている人もいてそこも見えそうでしたが、始まったら追い出されて所定のエリアに移動させられそうな気がしたので満杯の「ぱ」のエリアに入りました。(追い出されていませんでした)

17時を少し回って開演、ももいろクリスマスのいつものBGMにより演出でスタートし、1曲目は「DECORATION」でした。
始まる前はまぁまぁスクリーンが見えていたのですが、前の人が動いたりしてスクリーンが前の人等の頭で8割ぐらい隠れてしまう事もあって何をやっているのか良くわからずストレスが溜まりました。
本会場のステージ・客席の構成が最後までよくわかりませんでした。
MCは少なく、どんどん曲が進みました。

1回目のお着換えタイムで客の動きがあり自分も動いてだいぶ見やすくなりました。

「サンタさん」では恒例の高城れにさんによりマジックがありました。
今年は、スーパージョッキーの熱湯風呂の生着替えの時に出て着るような人を覆う幕が2つ出てきて、その間を瞬間移動するというものでした。最初に玉井さんが行い成功。幕の下に下に下がるエレベーターが付いているのかな?
続いて高城さんが実施。高城さんが瞬間移動したのかと思いきや、高木ブーさんが椅子に座ってウクレレを抱えながら寝ていました。「たかぎ」違いです。
高木ブーさんか、生で見たかったな。ドリフターズの中では高木ブーさんが一番好きです。
その後、高木ブーさんソロ(ももクロはフラダンス)で1曲、ももクロの曲を一緒に2曲やりました。曲が多すぎのような気もしましたが良かったです。高木ブーさん歌上手いな「ミュージシャン」って感じがしました。高木さんもう83歳なんですね、元気そうでした。

その後も進みます。
「ココ☆ナツ」は、てまきパークはスタンディングでしたがココナツサークルは密集していてそんなスペースはなく起こりませんでした。
トロッコに乗って会場を周る曲があり、もしかして隣のてまきパークまでやって来るのではないかと期待しましたが、来ませんでした。
本編は「JUMP!!!!!」で終了。「JUMP!!!!!」は百田さんが歌が上手くなったな、「べっぴんさん」撮影の合間に練習したりしているのだろうか? と思いました。
いつもはお着換えタイムが大抵2回ありますが、今回は1回のみでした。

アンコールは4曲、最後の曲は「今宵、ライブの下で」でした。
今年2月に発売されたアルバムの曲は2曲のみで昔の曲が多かったです。
個人的には「桃色空」(堂本剛さんが作った曲)が見たかったな。昔の曲ですが「黒い週末」も見たかった。
約3時間の公演でした。
3時間密集した中での立ちっぱなしのライブビューイングは、きつかったです。座ることもできてスクリーンが見やすい映画館の方が良かったのかなぁ。

終了後、隣のてまきパークにメンバーは来るのか?
何だか来る雰囲気がなく落胆の空気感が漂っている中で帰りかけていたら、やって来ました。
少し挨拶などして「Z!」等して終わりでした。

終わった後、会場で販売していた山田うどんの「パンチ」(もつ煮込み) を食べました。

・山田うどん「パンチ」
Dsc_1790

初めて食べましたが、美味しかったなぁ。こんなに美味しとは思っていませんでした。
自分の普段の行動範囲には山田うどんの店が全然なくて、一度も入った事がありません。

・会場で展示されていたハスラー (水森亜土さん描画)
Dsc_1792

・会場に展示されていたハスラー (真冬のサンサンサマータイムラッピング)
Dsc_1795 Dsc_1794

2日目は、出勤日で行きませんでした。
2日目が結構良かったようで、特に最後に歌った「一粒の笑顔で」が感動的だったとか。どんなのだったのだろう? 嫉妬しました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016/12/04

ココロノセンリツ vol.0.5

11月26日、大分県別府市のビーコンプラザで開催されたももいろクローバーZ有安杏果のソロコンサート「ココロノセンリツ ~Feel a heartbeat~ vol.0.5」に行きました。
7月のvol.0に続く有安2回目のソロコンサートです。
vol.0も行きました。 → 参考: ココロノセンリツ vol.0 (1) 序章ココロノセンリツ vol.0 (2) 本編

行きは新幹線 + 在来線特急(ソニック) で行きました。
大分駅近くのビジネスホテルを予約したので一旦大分まで行ってホテルにチェックインしてカメラを置いて別府に戻りました。
別府駅からビーコンプラザへはバスで行きました。

Dsc_1725 Dsc_1727

会場は体育館のような長方形でした。
花道やステージはなし、ステージには幕が下りていました。
自分の席はスタンドの最後尾に近い席でしたがステージを含めて会場を見渡せました。

開演の少し前にアリーナ席の方では歓声が、幕の向こうにスタンバイしているのが見えたのでしょうか。
18時に開演、1曲目は横浜アリーナでのvol.0と同じように幕が下りて「Feel a heartbeet」で始まりました。

1曲目: feel a heartbeat (オリジナル)
2曲目: Catch Up  (オリジナル)
3曲目: Another story (オリジナル)

次は、過去を振り返るコーナーとの事で、

4曲目: 小さきもの (林明日香さん)
5曲目: Peace loving people (絢香さん)
6曲目: 星間飛行 (ランカ・リーさん)

vol.0と同様に自身がPVに出ている「小さきもの」を歌いました。
vol.0と比べてもかなり良かったかと思います。vol.0はスクリーンに映りだされたPVの方に目が行っていて歌の方はよく覚えていなかったりするのでそう思ったのかもしれません。こういう歌い上げる歌は上手いですね。

「星間飛行」はスクリーンの左半分にPower Age時代に石丸電気で歌っている姿が、右半分に現在歌っている姿が映し出されていました。Power Age時代の映像は1番で終わったけどそれより後は素材がないのかな?

7曲目: words of the mind (m.o.v.e)
8曲目: コノウタ (ももいろクローバーZ)
9曲目: 白い風 (ももいろクローバーZ)
10曲目: ペダル (オリジナル)
11曲目:裸 (オリジナル)
12曲目:未来へススメ (ももいろクローバーZ)

「未来へススメ」ではスタンドを含めて客席の通路を回るとか。
自分の席のすぐ後ろが通路だったのでここに来るのかと思いましたが、来ませんでした。さすがに一番後ろの通路までは来ないか。

ここからはアンプラグドコーナーという事で、座ってくださいとの事。どこまで座ってくださいだったかは忘れました。

13曲目: To be with you (Mr. Big)
14曲目: Your Song (エルトンジョン)

「To be with you」では vol.0と同様に4小節ぐらい客も歌ってくれとの事。スクリーンが小さくて字がよく見えませんでした。

15曲目: 心の旋律 (オリジナル)

オリジナルよりもアコースティックなアレンジでの披露でした。
かなり良かったです。
終わった後拍手が長く続いていました。

16曲目: 小さな勇気 (オリジナル)

今回初披露する有安が作詞作曲した新曲です。編曲は河野伸さん、ドラマの音楽とかよく作っている方ですね(世界を中心に愛をさけぶとか白夜行とか)。
MCで「今までは自分の事ばかり曲を作ってきたな」と思って、これからは人のために作っていきたいとの事でこの曲を作ったそうです。有安さんにそんな事できるのかなぁと、何だか押しつけがましい歌になってしまわないかと気になりました。歌は今まで通りのスタンスでいいような気がします。歌以外の事は他の人の事をもっと考えた方が良いと思います。

17曲目: 愛されたくて (オリジナル)
18曲目: 教育 (ももクロソロ曲)
19曲目: ゴリラパンチ (ももいろクローバーZ)

20曲目(本編ラスト): Drive Drive (オリジナル)

「Drive Drive」はタオル回し曲で、あぁグッズのタオル買わなかった。フェースタオルしか持っていないし。タオルの端が手のデザインになっていて隣の人とタオルを手を握っているかのようになるようになっているそうな。
スタンド席から見るとグッズの白いタオルがアリーナ席でぐるぐる綺麗に一斉に回っていて圧巻でした。
あぁタオル買えばよかったと後悔しました。

この後アンコール、通常は「アンコール」コールがかかりますが「ももか」コールがかかっていました。

21曲目: 黒い週末 (ももいろクローバーZ)

舞台の枠で囲まれていたところからドラムセットと共にグッズのTシャツに着替えた有安さんが上がってきました。
ドラム演奏しながらの歌で、バンドメンバーのドラムの村石さんはドラムから離れて横に出てきてタンバリン?を叩いていました。vol.0では村石さんとのツインドラムだったような気がします。

この後... だったと思いますが、客と記念写真を撮るとの事でもう一度タオルを拡げてくれと。
あぁタオル持っていない。
寂しそうにしていたのが見えたのか、隣の人が「小さな勇気」をもって声をかけてくれてタオルの片方を持たせてくれました。嬉しかったです。ありがとうございます。
その時の写真が有安のブログに載っていましたが、解像度が低くて全然わかりませんでした。

22曲目: ハムスター (オリジナル)
23曲目(ラスト): ありがとうのプレゼント (ももクロソロ曲)

「ありがとうのプレゼント」は、最後に少しだけバンド演奏なし・マイクなしの地声での部分がありました。
結構聞こえました。8月の代々木体育館でのフォーク村でのマイクなしの時よりも聞こえました。
ちょっと感動的でした。

最後のMCで「歌でみんなの柱になりたい」旨話していました。
今も柱になっていると思いますけどね。

有安が舞台から退場した後、スクリーンで「ココロノセンリツ vol.1」開催の発表がありました。
いつまでもvol.1に昇格せず、次は vol.0.75、その次はvol0.875 かと思っていましたがいよいよvol.1に昇格するんですね。
来年の6~7月に東名阪で行うそうです。東名阪自動車道で行うのではありませんよ、東京・名古屋・大阪の3ヶ所で行うそうです。
という事で終了。

vol.0の焼き直し感はありましたが、良かったです。
vol.0よりも歌が上手くなっていたように思いました。バックバンドの演奏も良かったです。
MCとかよく練られているなと思いました。言い方によってはあざとい。
別府まで来た甲斐がありました。
vol.1も東京公演が木曜日(7月20日)というのがネックですが是非行きたいです。

帰りは翌日、飛行機で定刻では19:10発の羽田行のJALで帰りました。
機長からの挨拶で、お帰りのビジネスマンの皆さん等に「ココロノセンリツをお楽しみされた皆さん」とありました。
また、「小さな勇気」がどうのこうのと。「小さな勇気」は昨日発表された新曲です。
※ 「私たちも小さな勇気を持って皆様の柱となるよう~」だったようです。
どこからネタを仕入れてくるのか、JALにそういう部署でもあるんですかね。驚きました。

ココロノセンリツ以外の大分は別の記事で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/10

Great Takahashi October

10月9日、幕張メッセイベントホールでももいろクロバーZ ファンクラブ(AE)イベント「Great Takahashi October」が開催されました。
3回公演で、その内2部(16時からの回)に当たって行きました。

事前に各回ごとに候補曲118曲の中から披露してほしい曲のリクエスト投票があり、そこでの上位10曲を10位から1位に向かって順番に披露していくというものでした。

20位~11位までは開演前に会場で曲が流れていました。
会場に入った頃は14位が流れていました。
2ちゃんねる等で20~15位の曲もわかりました。1回目の順位も。
12位の「あの空へ向かって」、11位の「Z伝説」でどよめきが起こっていました。「Z伝説」は見たかったな。「あの空へ向かって」はこのイベントでやるような曲ではないような。
11位の「Z伝説」の途中から音量が上がっていき、「Z伝説」に続けて「overtune」が始まりました。

その後れにちゃんが「ベレー帽をかぶっていない人がいるのでやらない」等。パッと見ほとんどの人99%ぐらいが被っていたし、学校や職場じゃあるまいし強要させる権利がどこにあるのかと、あまり良い気分はしませんでした。

10位: キミとセカイ
9位: ピンキージョーンズ
8位: 最強パレパレード

最強パレパレードの後に自己紹介だったかな。
最強パレパレードの中の百田さんの「はい!」が違うとそんなにかわいい明るい感じの「はい」ではなかったと玉井さんらに指摘されて、「はい!」だけやり直していました。
そうなんだっけなぁと家に帰ってYoutube で見たら確かに違ってました。
http://youtu.be/jiSQGbR9Jn4 (3分55秒あたり)
最強パレパレードは結構昔からのカバー曲です。生では初めて見たかも。

7位: CONTRADICTION
6位: オレンジノート
5位: BIONIC CHERRY

この後のMCで投票が少なかった3票以下の曲を発表。
シングル曲でもある「夢の浮世に咲いてみな」が3票と少なく、私もあんまり聞きたいとは思わないな。
0票が1曲あり「HAPPY Re:BIRTHDAY」、あれこの曲って人気がなかったのだな、この曲はまぁまぁ好きだけど。

4位: word of the mind
3位: 全力少女
2位: We are UFI !!!

4位のword of the mind もカバー曲(move)、好きだけどこんなに上だとは思いませんでした。
2位のWe are UFI !!! は、初めて生で見たどころか、もう存在すら忘れていました。
掛け声とかペンライトの振り方とか全然分からなかったのですが、コールで言う名前が本人の名前ではなくアニメでの役名で、他の人は結構できていて凄いなと思いました。
overtuneや怪盗少女の名前順位すら怪しい私には無理だなと思いました。

1位: DECORATION

最近出たシングル「ザ・ゴールデン・ヒストリー」のカップリング曲なのですが、まだ1度も披露したことがなく、PVを見て「あれはライブ等ではどう踊るんだろう?」と思った人が多かったのか、
私もこれに投票しました。
ダントツで300票ぐらいとか言っていましたが、10000人ぐらい入る会場なのにその割に票が少ないなと思いました。

PVでは5人別々のシーンが殆どでそれぞれの別の振付になっています(振付師も違う)。その人が映っていない所では振付自体がなさそうに見えました。
さてどうするかという事で、それぞれの振付を組み合わせて1つにしたそうです。れにちゃんシーンの振付の腕を組むだけの所もきちんとありました。
PVでは5人が囲むように真ん中に集まってきてタオルを上に投げるシーンがあります。ライブではあそこで客もタオルを上に投げるのかなと思っていたのですが、全然そんな雰囲気ではなくタオルを投げるシーンがあったことすら忘れていました。家に帰ってきて思い出した。

そんな感じで終了。
約1時間15分の公演、10曲で5000円とファンクラブイベントなのにずいぶんお高いイベントでしたが、楽しいイベントでした。

全3回の20位以上の順位がももクロの公式HPで公開されています。
http://www.momoclo.net/pub/pc/information/?id=3272

どの回も同じような曲が並んでいます。
ライブで盛り上がる定番曲の「Chai Maxx」とか「黒い週末」とか「ニッポン万歳」とか、あまりやらないけど密かに人気がありそうに思っていた「GOUNN」が20位以内入っていなくて意外でした。
MCでも言っていたけど、普段あまり見られない曲に票が集まったのか。
20位以降の順位も知りたいところです。

AKBが「リクエストアワー セットリストベスト100」というイベントを毎年やっていますが、今度もう少し大きい会場(ライブビューイングもあり)で、100位まで無理なので30位ぐらいまででやってくれたら面白いのになと思いました。

・デコレーションのPV (shortバージョン)

※ フルバージョンは「ザ・ゴールデン・ヒストリー」の初回限定Bにブルーレイディスクで付いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/20

氣志團万博2016

9月17日と18日の2日間、袖ケ浦海浜公園で毎年恒例の「氣志團万博」が開催されました。
9月18日の2日目に4年連続で行きました。

1週間前だったか台風がくる予報がありましたが、速度が遅くなりきませんでした。
雨の予報もありましたが、傘やカッパが入らない程度の小雨が何回かあったぐらいで済みました。ずっと曇り空でしたけどね。

今年は横浜駅から10:00発の木更津行アクアライン高速バスに乗って、袖ケ浦バスターミナルへ。

・アクアラインのバス車内から見た会場
Dsc_1601

紫に光っているところがたぶん会場です。ステージの照明だと思われます。天候が良かったら分からなかったかもしれません。

木更津行のバス、途中金田バスターミナルに停まるようになりましたが、金田バスターミナル~袖ケ浦バスターミナルの間も1区間3.9kmしかなく側道もあるのに高速道路に乗ってびっくりしました。

袖ケ浦バスターミナルから袖ケ浦駅南口にバスで移動。
会場へのバスは北口からなので、駅の自動通路を通って向かいます。

・袖ケ浦駅の自由通路
Dsc_1602

袖ケ浦駅北口から会場までバスで。
順調にバスに乗り継ぐことができ、11:45頃に入場できました。
着いたときはMOSSAI STAGEで私立恵比寿中学が最後の曲を歌っている所でした。

今年はメインの大きいYASSAI STAGEと、サブの小さいMOSSAI STAGEの離れた所にある2ステージ体制でした。
1つのステージが終わると、その5分後にもう1のステージで始まるスケジュールになっていました。
ステージ間の移動は、5分では難しいが10分あれば十分な感じでした。

前年まではスケジュールが徐々に遅れていく傾向があったのですが、今年は全然遅れないどころか早く終わったり早く始まる場合もありました。離れていたところの2ステージ制の効果もあるのでしょうか?

・会場内にある塔
Dsc_1603

前日よく眠れなかったため、オロナミンCコーナーの無料試飲コーナーに行って飲んで元気づけようと思いましたが、今年はオロナミンCコーナーがなくなっていました。
しょうがないのでその替わりに生ビールを飲み、焼きそば等を買って食べました。

大きい方のステージでの東京スカパラダイスオーケストラは食事をしていたのでパス。さかなくんさんがゲストで演奏したそうです。
小さい方のステージの次は森山直太朗さんで、ぜひ見たかったので待機していました。

○ 森山直太朗
氣志團万博は初回からオープニングアクトやゲストで出演しているが、単独でのきちんとステージは初めてとの事。
「夏の終わり」から始まり4曲だったかな? 氣志團の曲もあり途中で氣志團の綾小路翔さんが出てきて一緒に歌っていました。
森山直太朗さんも氣志團も今年がデビュー15周年との事。氣志團の方がだいぶ前かと思っていました。変形学ラン不良とか私(44歳)と同じ世代かそれより上のような気がするので氣志團メンバーは自分より年上だと思っていたのですが、調べたら年下(綾小路翔さん40歳)でした。
最後に「さくら (独唱)」がありました。残念ながら独唱部分はありませんでしたがピアノ1本での歌でした。この歌生で聴きたいと思っていた事もあり良かったです。
森山直太朗さんの歌では今回はやりませんでしたがもう1つ「生きてることが辛いなら」が聞きたいです。

○ TUBE
フェス初出演との事。
もう夏は終わりで今日が今年最後の仕事との事でした。
私も知っているTUBEの夏の定番曲が続きました。
前田さんをはじめみんなノッてセンターステージまで来たりしていました。

○ THE COLLECTOR
トイレに行ったあと後ろの端の方で見ていました。
小さい方のステージでしたが客が少なかったです。
最近の活動は全然わからないのですが、結構昔からやってますよね。
歌や演奏は上手かったです。

○ 10-FEET
昨年も出演。昨年の様子からサークルに巻き込まれたくないので後ろの方で見ていました。
昨年は「他の人のファンもいるので控えよう」と10-FEETのファンが反発しないように遠回しに言っているように感じたMCだったが、
今年は「他の人のファンもやろう」というMCでした。
途中綾小路さんが出てきて、お前らぴょんぴょん跳ねてろ! と命令されて歌の前と終わってからは跳ねていましたが、歌っている最中は跳ねていませんでした。

○ 中島美嘉
小さい方のステージでみっちりと客が入っていました。後ろの方の、本人どころかスクリーンでさえ他の人の頭で半分ぐらいしか見えない所で見ざるを得ませんでした、
最初は「雪の華」、その後バラードを中心に。
相変わらず音程が不安定でしたが、ヘタウマって感じで引き込まれるものはあります。
途中で綾小路さんが登場、中島さんも特攻服に着替えてきたりして。
メインステージでの次の人を見るために、途中で退散。

○ ももいろクローバーZ
毎年同じセットリストって感じだったのですが、今年はそうは感じませんでした。そうはいっても半分は同じ曲でした。
1曲目は「勝手に君に」。
2曲目は知らない曲ででもどこかで聞いた事がある曲で何だろうと思っていたのですが、氣志團の曲「愛羅武勇」だったようです。去年も歌っていたようで。
3曲目は「ザ・ゴールデン・ヒストリー」、新曲です。桃神祭で聞いたときは特に良い印象はなかったのですが、何度か聞くうちに良くできた曲だなと思って好きになりました。
4曲目は「行くぜ怪盗少女」。途中全員で大縄跳びをするというパフォーマンスあり。本番が一番回数が跳べたとか。最後のくす玉が出てきて割りましたが、中から出てきた垂れ幕が裏向きという。手でひっくり返していました。
5曲目は「ツヨクツヨク」、メンバーがセンターステージに移動してきて、客が前に動き出して。汗まみれの汚いタオルを振り回しました。
6曲目は「桃色空」、堂本剛君が作った割と新しい曲です。ももかなこがセンターステージに残って何だかよい雰囲気でした。玉井さん歌上手くなったなと思いました。
そんなわけで終了。
毎年やっている「SECRET LOVE STORY」をやらなかったので、最後の氣志團の時に出てくるのかなと期待。

○ クレージーケンバンド
これも一度見てみたかったグループでした。とはいっても「タイガー&ドラゴン」ぐらいしか知らないのですが。
狭い方のステージで客が満杯でした。
1曲名で「タイガー&ドラゴン」をやってくれました。
バンドメンバーの動きとかも洗練されていてベテランだなと思いました。
「欧陽菲菲」という曲が合って、コーラスの女の人が欧陽菲菲かと一瞬思いました。年齢を考えると明らかに違うのですが。
「せぷてんばー」という曲で、横須賀線の最終に乗って鎌倉で降りて鎌倉の海で来たって、夜中に海で佇んで朝までいる姿を想像すると怖い。横須賀線の最終が車両基地でって鎌倉総合車両センター(大船にある)かな?

○ VAMPS
トイレに行ったり、海沿いに腰かえてビールを飲んでつまみを食べてTwitterでつぶやいていたら、中島美嘉さんの歌声が聞こえて来ました。その歌声でステージがある方に人がぞろぞろ移動し始めて、自分もその一人だったのですが、恐るべし中島美嘉。

この頃には日も暮れてきていました。

・撮っとこ岬
Dsc_1608

・昼間と夜の東京湾
Dsc_1606 Dsc_1611

・夜の会場
Dsc_1610

○ 矢沢永吉
あのE.Yazawa を生で見る機会ができるとは思いませんでした。
凄いとは思うのですが、自分の趣向には合わないのかなと思いました。

○ 氣志團
メインステージのラストでした。
「ONE NIGHT CARNIVAL」ではサンバの人が出てきてももクロメンバーなのかと思ってこういう仕事を引き受けてしまったのかとガックリな気分になってしまいました。(違いました)
「SECRET LOVE STORY」ではももクロメンバーが出てきました。セーラー服みたいな長袖衣装でまだ暑いだろうと思ったのと何でサンタクロースの帽子? あぁ、「SECRET LOVE STORY」はクリスマスの歌でしたね。
後、クレージーケンバンドと東京スカパラダイスオーケストラの一部のメンバーが参加した曲と、ワンピースの曲? もありました。

最後に花火。
去年まではももクロメンバー等も出てきていたのですが、今年は気志團だけでした。ちょっと残念。

・花火
Dsc_1612

20:35頃終了。
この後サブステージでDJダイノジがありましたが、見に行かずにトイレにも行かずさっさとバス乗り場に向かいました。
出口近くで見ていたこともあってか、結構スムーズにバス乗り場に行けてしまってつぶやく時間もありませんでした。
道路がやや渋滞していて21:20頃に袖ケ浦駅に到着。
その後21:28頃初の袖ケ浦バスターミナル行のバスに乗れて21:35頃到着。
21:38発のアクアラインの横浜行のバスに乗れました。
昨年・一昨年は袖ケ浦バスターミナルから横浜行の最終バス(22:00頃)が出る頃にはまだ会場からのバスに乗れておらず、自宅最寄り駅まで行く終電の間に合わず桜木町駅からタクシーで帰り自宅に着いたのが1時ぐらいでした。
今年は余裕で23時頃には自宅に着いていました。あまりにも順調に帰れて拍子抜けしたぐらい。

氣志團万博、楽しかったです。
今年は帰りの時間の事もありもう止めておこうかなとも思っていたのですが、行ってよかったです。
来年は晴れてほしいな。
前年までは客の半分いやそれ以上がモノノフ(騎士)って感じでしたが、今年は他のファンの人が多かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/20

桃神祭2016 2日目

8月13日と14日の2日間、日産スタジアムで「桃神祭 2016 ~鬼ヶ島~」が開催されました。
1日目は実家に帰っていたので行かず、14日の2日目だけ行きました。

1日目は2ちゃんねる等では酷評が多く、特に音響が悪くてよく聞こえなかったという人が多かったようで、なんだか憂鬱な気分で会場に向かいました。
1日目は高木ブーさんが出演したらしくそれはそれで見たかったかも。

Dsc_1533

入口で認証、出てきたチケットはアリーナCでした。
日産スタジアムでは初のアリーナでした。アリーナは前からM, C, Z だったはず。真ん中らへんという事は背の低い自分は全然見えない可能性高く、スタンドの方が良かったなと思う。
自分の席へ、
外周の花道の近くの席だったのは幸いでした。
まだ席に着いている客は少なく、この状態ではステージも見えてなかなか良い風景。
ステージのモニタでこの前の有安ソロコンココロノセンリツの映像を流していました。
あまり見ている人がいなくて、落ち着いて見られる会場の雰囲気でもありませんでした。
音は普通に聞こえたので、音響は大丈夫かな?
周りを見渡すと荷物を鞄ごとビニール袋で丸ごとくるまっている人が結構いて、ここは濡れる席なのだろうか? 鞄を丸ごとくるめる大きさのビニール袋は持っていなかったので、スマホだけビニール袋にくるまって鞄に入れました。
その後トイレに行って混んでいて、開演直前戻ってきて、ほどなく開演。
今年も祭りがテーマという事で、いくつかの祭りの団体の人もステージで盛り上げました。

始まってみんなが立つと、ステージは全然見えませんでした。反対側にあるサブステージも見えません。ステージ横にモニターがあるのですが、低い位置に設置されていてモニターさえ人の頭の間から見るような形で、あぁやっぱりスタンドの方が良かったな。
そのかわり、何回かあった外周の花道に来たときだけはよく見えました。

音響は、良くはなかったけど思っていたほど悪くはありませんでした。どういうわけだか曲によって差があり悪い曲もありました。

放水する曲が何曲かありました。放水回数はそんなに多くない。去年や一昨年はばんばん放水していた印象が。
少し水がかかりましたが、荷物をビニール袋でくるまなければならないほどではありませんでした。場所にもよるようです。
メンバーが花道で放水銃で放水する時間もあり、客の放水リクエストが凄かったです。放水銃では私のところまでは届かなかった。

曲は、1つ前に発売されたアルバム「AMARANTHUS」「白金の夜明け」収録曲が多かったです。
9月に発売される新曲「Hanabi」と「ザ・ゴールデン・ヒストリー」の披露もありましたが、特に印象には残りませんでした。

アンコール後、「ザ・ゴールデン・ヒストリー」をうたった後で松崎しげるさん出てきて、次の「ももいろクリスマス」の日程と会場の発表ありました。
真夏のクリスマス? といった下りで最初スパリゾートハワイアンズかと思いましたが、幕張メッセでした。12月23日と24日の2日間開催。
たぶんあそこは平面だし、ステージが見えない予感が。
幕張メッセは予想もしていませんでした。

アンコールの最後から2曲目は「行くぜ! 怪盗少女」で途中でバンドメンバーの紹介があり、最後の方で歌に合わせてステージの後ろで花火が上がりました。綺麗でした。
これが最後と思いきや、もう1曲「キミノアト」で終わりでした。

2ちゃんねる等での1日目の酷評を読んで憂鬱でしたが、2日目は良かったのではないかと思います。
この前の GIRL'S FACTORY や フォーク村 の方がもっと良かったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/10

坂崎幸之助の第2回ももいろフォーク村デラックス

8月3日水曜日、国立代々木競技場第一体育館で開催された「坂崎幸之助の第2回ももいろフォーク村デラックス」に行きました。

こちらは19時開演、仕事を定時に終われば間に合うので前々からチケットを買っていました。
入場口はこの日も北門、やや出遅れてしまい、18:50頃に席に着きました。
席はアリーナC3ブロックでした。
スタンド2階席は誰もおらず、アリーナでもちらちら空席があったりして寂しい感じ。
なぜか自分の前の列は端の方に2~3人座っている以外は誰も座っていませんでした。
2日前の「GIRL'S FACTORY」と比べてもおっさん率が高い。

席に着い頃には前座?でがくや姫(坂崎さんと木根尚登さん)が歌っていました。
19時少し前にももクロが登場し、19時に本編スタート。

1曲目はかぐや姫の「青春」、2曲目はほぼ坂崎さんと木根さんだけでももクロの「泣いてもいいんだよ」。

○ 和田アキ子さん × ももクロ
最初のゲストは和田アキ子さん。
ここからはドラムやベースやエレキギターを含むバンド演奏ありでした。フォーク村なのに全体の7割ぐらいでバンド演奏がありました。
最初の曲は「古い日記」でしたが、歌い始める前から和田さんの「あの頃は~ "はぁ!"」の煽りが。なんだかみんな立ちたそうな雰囲気でしたが、みんな終始おとなしく着席して聴いておりました。
有安さんとのコラボもありました。和田アキ子さんが有安ソロ曲を聴いたそうでその話もありました。

○ 宇崎竜童さん × ももクロ
浜の女(横浜出身の女)の高城れにさんとの「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」等ありました。セリフの所で高城さん曰く「竜ちゃん」って宇崎さん内心起こっているのだはないかと思いましたが、テレビで見たら笑っていたので安心。
「買物ブギ」という曲では客が「おっさんおっさんおっさんおっさん」と言うそうで、そういえばこの日はおっさん率が高かったです。

○ コアラモード. × ももクロ
ももクロと「七色シンフォニー」。

○ コアラモード. × 新山詩織さん × ももクロ
コアラモードあんにゅさん + 新山さん + 玉井さんのギター3人娘で、新山詩織さんの「恋の中」と、「デイドリームビリーバー」セブンイレブンのCM曲ですね。

○ コアラモード. × 新山詩織さん × TOMOMIさん × ももクロ
SCANDALベースのTOMOMIさんがスペシャルゲストとして登場。
コアラモードあんにゅさん + 新山さん + TOMOMIさん + 玉井さんで「タイムマシンにお願い」、良かったです。

○ 加藤いづみさん × miwaさん × ももクロ
加藤いづみさんと百田さんと途中からmiwaさんも加わりPRINCESS PRINCESSの「世界でいちばん暑い夏」、懐かしい。

○ miwaさん × ももクロ
「いつか君が」はバンド演奏ありで普段のももクロだいぶと変わらない感じで、みんな座っていましたがペンライトの振る方が普段と同じで薄めのコールもかかかっていました。

miwaさんの途中の長くなりそうなトークの時にずっと行きたかったトイレに行きました。
そしたら、miwaさんと有安でmiwaさんの「つよくなりたい」。あぁタイミングを誤った。トイレから出てきたらmiwaさんが熱唱していて、miwaさんこんなに歌上手かったんだと思いました。

そして、miwaさんと玉井さんで橘いずみさんの「失格」。以前百田さんと有安さんは歌ったことがあります。
玉井さんはこの歌えるのかな?と思ったのですが、これが素晴らしく良くて、玉井さんってあんな歌い方も歌えたんだなぁと、終わった後長い拍手が続きました。
自分としてはこの日一番のやんややんやでした。
玉井さんのミュージシャンとしての可能性を感じました。

○ 西川貴教さん × ももクロ
百田さんと「HIGH PRESSURE」を歌いました。

○ TM NEvolution (小室哲哉さん × 木根尚登さん × 西川貴教さん)
TM NETWORK と T.M.Revolutionが合体して「TM NEvolution」として「Get Wild」。

○ TM れにlution (小室哲哉さん × 木根尚登さん × ももクロ高城さん)
西川さんはいないので「TM れにWORK」が正しいのではないかと思うのですが。
「Self Control」を歌いました。高城さんは歌う前にとても緊張していましたが、特にスローテンポの部分について上手く歌えていたのではないかと思います。

○ 小室哲哉さん × マークパンサーさん × ももクロ
ここからはglobe曲。
佐々木さんと「DEPARTURES」、有安さんと「Feel Like dance」を歌いました。

その後いきなりTRFのDJ KOOさんが出てきて「EZ DO DANCE」をほんの少し「EZ DO DANCE」のフレーズまでいかずにかけて、一瞬で去っていきました。

○ 津田英佑さん × ももクロ
百田さんと津田さんでアナ雪の「とびら開けて」を歌いました。
百田さんの8/9のブログに婚姻届の写真が載っていましたが、お相手は津田さんでしょうか?
津田さんの「おかしな事言っていい 僕と結婚してくれ」のプロポーズに、「もっとおかしな事言っていい もちろん」と答えていましたから。

○ ももクロ
まずはGo!Go!GUITAR GIRLZのコーナーで、ドラムが出てきて他の人はギター、有安さんはドラムを叩きました。歌は「好きさ 好きさ 好きさ」。
有安さんの8/3のGIRL'S FACTORYに関するブログによるとピエール中野さんにドラムスティックをいただいたそうで、「近々使う時が」とありましたが、2日後で本当に近々でした。

「ここからは立っていいぞ」との事。
まずはももクロ「走れ」、普段のライブと変わらない。暗転もありました。

○ 篠原ともえさん × ももクロ
続けてALFEEの「ROCKDOM」、小室哲哉さんも出てきてコーラス席の隣でコーラスしていました。最後の方で篠原ともえさんが乱入。
最後に篠原ともえさんの「くるくるミラクル」。ちょうど歌い終わった頃に22時になり、スピーカーからの音が切れました。これが放送された最後の曲。
終了後篠原さんがマイクを持って何か話しているけど聞こえない。
22時以降は音が出せない規制があるようです。

○ 放送終了後
他の多くの出演者も出てきて、マイクなしのアカペラと生ピアノで「上を向いて歩こう」「あの素晴らしい愛をもう一度」を、レギュラーメンバーだけで「七色のスターダスト」を歌いました。
聞こえづらくはあったけど、案外聞こえるものです。
最後の2小節ぐらいは「ここからはみんなで」との事で、会場が観客も含めて一体感のある大合奏になりました。
なんだか感動的で、この瞬間に立ち会えたのはうれしかったです。

最後、百田さんだけが少し先に退出し、その後「私たち今会えるアイドル 週末ヒロインももいろクローバーZ」の掛け声などをやって終わりでした。
百田さんが先に退出したのは自宅の浜松に帰るのに間に合わないからなのかな? と思ったのですが、時刻表を見たら浜松まで行く新幹線の最終が出た後で間に合わず、先に退出といっても2~3分の違いでしかないのですが何だったのだろう。

という事で閉演。
至福な気分で帰ることができました。
良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | グルメ・クッキング - そば・うどん・パスタ | グルメ・クッキング - ハンバーガー | グルメ・クッキング - ラーメン | グルメ・クッキング - 丼 | グルメ・クッキング - 駅弁・弁当 | ゲーム | スポーツ | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | 交通 - バス | 交通 - 自動車 | 交通 - 航空機 | 交通 - 船 | 交通 - 街道 | 交通 - 鉄道 | 交通 - 鉄道 - JRその他 | 交通 - 鉄道 - JR九州 | 交通 - 鉄道 - JR北海道 | 交通 - 鉄道 - JR四国 | 交通 - 鉄道 - JR東日本 | 交通 - 鉄道 - JR東海 | 交通 - 鉄道 - JR西日本 | 交通 - 鉄道 - JR貨物 | 交通 - 鉄道 - その他 | 交通 - 鉄道 - イベント | 交通 - 鉄道 - ケーブルカー | 交通 - 鉄道 - モノレール | 交通 - 鉄道 - ロープウェイ | 交通 - 鉄道 - 廃線 | 交通 - 鉄道 - 海外 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 中国 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 九州・沖縄 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北海道 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北陸 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 四国 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東北 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東海 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 甲信越 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 近畿 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - その他 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京急 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京成 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京王 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 小田急 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東京メトロ | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東急 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東武 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 相鉄 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 西武 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 都営 | 住まい・インテリア | 動物園・水族館 | 博物館・美術館 | 地域 - 中国 | 地域 - 九州・沖縄 | 地域 - 全国 | 地域 - 北海道 | 地域 - 北陸 | 地域 - 四国 | 地域 - 東北 | 地域 - 東海 | 地域 - 海外 | 地域 - 甲信越 | 地域 - 近畿 | 地域 - 関東 - その他 | 地域 - 関東 - 千葉県 | 地域 - 関東 - 埼玉県 | 地域 - 関東 - 東京都 | 地域 - 関東 - 栃木県 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - その他 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - 川崎市 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横浜市 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横須賀市 | 地域 - 関東 - 群馬県 | 地域 - 関東 - 茨城県 | 学問・資格 | 寺・神社・教会 | 心と体 | 心と体 - 痔 | 携帯・デジカメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 経済・政治・国際 | 自衛隊・軍隊 | 芸能・アイドル | 芸能・アイドル - ももいろクローバーZ | 芸能・アイドル - 広末 | 音楽 | ~の旅(2006) | ~の旅(2007) | ~の旅(2008)