カテゴリー「音楽」の114件の記事

2018/02/15

ヨドバシカメラの袋

ヨドバシカメラで蛍光灯を買った時に入れられた袋...

Dsc_2934

これってヨドバシカメラで流れているあの歌の楽譜ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/12

ももクロくらぶxoxo バレンタイン DE NIGHT だぁ~Z! 2018

2月10日と11日、横浜アリーナでニッポン放送の番組「ももクロくらぶxoxo」のイベント「バレンタイン DE NIGHT だぁ~Z! 2018」がありました。

有安卒業後初の4人でのライブとなります。
チケットは有安卒業前に発売されており、2月10日の「裏」の方は当たっていました。

〇 2月10日: 裏

電車に乗って会場に向かいます。
時間が近づくにつれ憂鬱な気分になってきました。
入りたくない気分。
今日は後ろの方でひっそりと見たい気分でしたが、
こういう時に限ってセンター席の前の方のブロックが当たってしまいました。今までで一番前だったかも。

・横浜アリーナの入口
Dsc_2944

緑衣装の人も今までと比べるとだいぶ少ないですがそれなりにはいました。
私は普通の格好です。
緑のペンライトも振りませんでした。
席に着いて元緑推しはどう振舞ったらよいのかなと周りを見回したのですが、それっぽい落ち込んている感じの人は見つけられませんでした。

15:30の開演時間になり開始。

スクリーンに「新生ももクロ」だったかの文字が映り、
1曲目は「行くぜっ!怪盗少女」。
なぬ? 「れに かなこ しおり ささきあやか」だとー。
あーりんの事ささきと言っちゃ駄目だったんじゃないのか?。
コールする気にはなれず。
あーこれはきついイベントになるなぁ思いました。

その後、お笑い?タイム。
2人1組に分かれての即興コント? でいいのかな?
「古文書」は「こぶんしょ」と読むんだと思い込んでいたよ。「漆」は読めた。
途中ソロ曲を挟んだりして、
4人が布団に入ってのゲームコーナー、
ナイツの2人が登場してナイツの塙のボケにメンバーがツッコむコーナー。
ナイツの下ネタにももクロメンバーも笑っていました。もう意味が分かる年齢か。

結構面白かったです。
楽しい時間が過ぎていきました。

そういえば布団に入ってのゲームコーナーの中に山手線ゲームがありました。
渋谷 → 恵比寿 → 目黒 ときたので「おぉっ!」っと思ったのですが次に五反田って来ずに「あぁあ」となりました。
でも結構進みました。半分ぐらいの駅は言えていたような。
れにちゃんがポンポンと比較的マイナーな駅が出てきていたので、自分とれにちゃんでやったら全駅言えるかも? と思いました。

後半のライブパート。
楽しかったです。
4人でも違和感はあまり感じず、パワーダウンも感じませんでした。
4人でも大丈夫だなと。

今日で他界するつもりでいたのですが、
これからも応援しようという気になってしまいました。
やっぱり10周年の東京ドームに行こうかな?
あれ? おかしいなぁ?

なんだか、自分が初めてももクロを知ってYoutubeだったかでライブ映像を見た時のような感覚がしました。
その頃はまだ推しとか決めていませんでした。
何かマジックにかかってしまったのか、
自分はももクロの何が好きなのだろう? よくわからなくなりました。

全く行くつもりはなかったのですが、
今日の公演が良かったので、
その日の夜に翌日の「表」のライブビューイングのチケットを映画館のHPで購入しました。

〇 2月11日: 表

この日は川崎の映画館でライブビューイングで見ました。

最初はライブパート、前日の裏より長めでした。

その後小林克也さんゲストによる「ラジオ曲紹介講座」。
早速ごぼうさんが「曲紹介が大事なのではない」と説教されていました。
ビートルズの「Help」やももクロ曲が題材。
克也さんが「曲は生き物で別の日にかけたら意味が異なる」旨話されていて、なるほどなと思いました。
ももクロ曲も日々進化してきているし、5人→4人 になっての変化もありますからね。
有安の「心の旋律」なんかは卒業する前と後で意味が変わってしまった。

お着換えタイムでは、去年の特番のオールナイトニッポンで行なった各人個別コーナーの模様が流されました。(有安部分はなし)
れにちゃん所では卒業するんでしょってネタ降られて話していましたが、
有安は本当にあんな感じで卒業しちゃったなぁと...
しみじみしてきて笑えないネタでした。

ラジオドラマでは、ももクロ結成に関する内容。
川崎で...って出てきて川崎で見ていたのでびっくりしました。調べてみたら2008年5月17日に川崎アゼリア(川崎駅前にある地下街)でやったのが最初の公演だったんですね。
最初からあの4人でやっているような構成で、どうなのかなと思いました。
有安だけでなく過去にももクロメンバーだった人は現役も含めて12人いたようで、
その経緯があっての今のももクロがあるんだろうに。
最初からあの4人だったら今のももクロはないはず。(と思いたい)
結成時に各人に貰った手紙の文字がT・B・S・E で、ここで他局の名前を出してよいのか?  と思いました。(BEST と並び替えるそうです)

そういえば10はローマ字ではJyu (或いはJyuu)なのでは? Ⅹはローマ数字。

後半は、小林克也さんによる曲紹介で番組に寄せられたリクエストを5位→1位の順で披露するというもの。
2位の「Z伝説」はただいま準備中との事で披露しませんでした。

「オレンジノート」の最初は「そう来たか!」って感じ。元は2人1組でマイクを向かい合わせにし、余る1人(れにちゃん)はマイクを観客に向けていました。4人になったので2人1組で余りがなくなりますが、観客に向けてのマイクを無くすのは良くないという事になったのかれにちゃんは観客に向けたままで他の3人は自分のマイクで歌うスタイルになっていました。
他の部分も振りが変わったようで、自分の覚えていたペンライトの振りと合わないなぁと思っていたのですがそういう事でしたか。

歌に合わせて推し毎にペンライトを上げるところは、上げるタイミングがなくてやっぱり寂しい。
箱推しの人はどうしてたんだろう?

本編が終わり、
アンコールで2曲歌い、
終了でした。
終了後ライブビューイング用の特典映像もありました。
あーりんはヨコアリくんをそんな叩いちゃいかんよ(笑)。閉めるところは閉めないと。

自分としては生で見た「裏」の方が良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/28

有安さんに関するその後

先日噂の渋谷のHMV&BOOKS SHIBUYAに寄ってきました。

Dsc_2905 Dsc_2905_2
Dsc_2904 Dsc_2907

本物なのかどうかはわかりません。
身長160cmの私で緑の枠の上のところまでしか届かないぐらいでした。
身長148cmらしい彼女は、背伸びしたら何とか届くのかな。
ちなみに黒のペンは置いてなかったです。
汚い字で「ももか ありがとー」とだけ書いてきました。
これでやっときっちりと「ありがとう」と言えた気分。

サインもありました。
Dsc_2909 Dsc_2903

---
有安の後輩のブログを見ていたのですが、
有安の背中を見ていたんだなぁと思って嬉しくなりました。

・ばってん少女隊 上田理子さん
https://ameblo.jp/but-show/entry-12346598349.html

・私立恵比寿中学 真山りかさん
https://lineblog.me/ebichu/archives/13170880.html

・私立恵比寿中学 安本彩花さん
https://lineblog.me/ebichu/archives/13170850.html

・欅坂 高瀬愛奈さん
http://www.keyakizaka46.com/s/k46o/diary/detail/13612

欅坂は後輩ってわけではないけど、
特に上田さんの「プロっていうものを間近で魅せてくれる先輩」って所が気にかかりました。
見せてくれるだけではなく魅せてくれるなんだね。

---
私は、心配していたショック感というのもあまりなく、寧ろすがすがし感を感じたりして。
気分はもう通常に戻っている感じ (かな?)

有安はももクロ辞めて良かったんじゃないかなって気がしてきています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/25

ももいろクローバーZ 2018 OPENING ~新しい青空へ~

1月21日に開催されたももいろクローバーZ「2018 OPENING ~新しい青空へ~」、
有安杏果さんがももいろクローバーZとして最後に出演するライブでありやす。

〇 開催まで
幕張メッセ7~9で開催される公演、チケット当落は1月18日の13時発表で残念ながら外れました。

しかしながら幕張メッセイベントホールでライブビューイングを行うとの事で1月20(前日)の12時からチケットぴあ(セブンイレブンのマルチコピー機やネット)で先着順で発売。
何とでも当てたい!と思い、12時の10分ぐらい前から他に客が来ないことを祈って申し訳なく恥ずかしく思いマルチコピー機を占領して1つ前の画面まで進めて待機し、12時1秒ぐらい押したら買えました。名前を入力する所で手が震えて五十音順に並んでいる中のどこにムがあるのか一瞬探せませんでした。
こういう体験は初めてでした。
ライブビューイングではありますが、卒業を見届けることができる事になって大変嬉しかったです。今年のおみくじの「末吉」はここで使ってしまったか。末吉より大きいような気がするが大吉ではないです。

という事で1月21日の当日。

〇 当日
・会場の幕張メッセと会場案内図
Dsc_2875 Dsc_2876

グッズの「5色のタオル」が記念に欲しいなと思っていたのですが、自分が行った時間は売り切れでした。
後日通販で販売するようなので通販で買おうかな?

本編は17時からですが、ライブビューイングでは16時から挨拶がありました。
その模様はここにあります。
https://twitter.com/momowgp/status/954972296434786304
入金流れ分の本会場へのアップグレードあるとの事で、当たったら嬉しいなと思いましたが外れました。

・ライブビューイング会場のロビーに飾られていた有名人からの花の一部
Dsc_2891 Dsc_2881
Dsc_2886 Dsc_2888

宛名が有安杏果様だったり、ももいろクローバーZ様だったり、5人のももいろクローバーZへだったり、ばらばらでした。

予定通り17時に開演。
最初はovertune。ここで「ももか」って叫ぶのは今日が最後か?

続いて最初の歌は「Z伝説」でした。
私がももいろクローバーZを知るきっかけになった曲です、「なんだこれは?」って。撮影場所が横浜のコットンハーバーです。
歌詞に名前が入っているので4人では歌いづらいしこれが最後でしょうか。或いはグリーンの所は「あっ」に変えるのか? ブールの所は1箇所だけどグリーンは何箇所もあるからな。
「新Z伝説」でも作るんですかね。

映像見ていると、やっぱり本会場で見たかったなぁと思いました。

何曲か経ってから気付いたのですが、この衣装はもしかして「2014年の紅白歌合戦で着るはずだった衣装」かな?
有安本人はインフルエンザにかかり出られませんでした。その後紅白に選べれることはなく。
やっぱり違うかなと思ったのですがやっぱりそうだかな。上半身は違うような気もしたが下半身は確かにあれだったような。
米さんのTwitterによるとその時の衣装だそうです。
 → https://twitter.com/YONESAN12
有安のリクエストだったようで、最後に着る機会があって良かったです。
あの衣装は、その年のももいろクリスマスの時に「衣装にメッセージを書こう」(というか塗りつぶそう)の企画があり、自分も塗りつぶしました。
その時の写真です。
Dsc_0075

4人では歌いずらいそうな曲を中心に続きました。
なぜだか前半の最後「words of the mind」が、最も「あぁこれはもうみられないんだな」と思いました。

その衣装替えがあり後半へ。
「モノクロデッサン」が後半の最後でした。
このあとアンコールでのクライマックスと思っていましたが、
何だか卒業セレモニーが始まりました。
「えぇっ」っと、早いよ。まだ1時間半しかたっていない。(公演予定2時間ってなってたけど)
まだあれもやっていこれもやっていないし。

有安から各メンバーへのメッセージ、
各メンバーから有安へのメッセージ の順だったかな。
ライブビューイング会場では話し声が特に夏菜子の話し声が聞きづらく、最初の方よく聞き取れずに「薬教えあって?」って聞こえて、?どこか体が悪いのかな? 教え合ってじゃなくて医者に診て処方してもらった方がと心配になりましたが「口内炎の薬」の話だったようです。
夏菜子は「10周年は一緒に迎えたかった」と。

そして、サプライズで...という事で、
残る4人と観客により有安への「ありがとうのプレゼント」の合唱か!と思いましたが、
有安に捧げる新曲「新しい青空」でした。
歌詞はよく聞き取れなかった。少しだけ「ありがとうのプレゼント」を挟みました。

最後に有安が、
「10周年は5人で迎えられると思ってました。でも4人のこれからのためにこうするしかなかった。」
と。無念さを感じさせる発言。
えっつ? どういう事?
残るメンバー4人も「えっ?」って感じの表情。
「アイドル生活8年間を」と、本人からはあまり口にしないような気がする「アイドル」という言葉も使いました。

アイドル色を排してソロ音楽活動を行なった結果、
ももいろクローバーZとしての活動に身が入らなくなってしまったのか?、
本人はそのつもりではなくても周りからはそう思われていたのか、
元からですがバラエティ等ではほとんど喋らず他の4人と比べると異質のメンバーです。
今年5月にももクロ10周年を迎えるにあたって、
「自分はももクロメンバーとしてふさわしくないから身を引く」という事なのか?、
或いは誰か(あの人)に「中途半端な気持ちなら辞めてくれ」と言われたのか?

最後に「卒業することに後悔はありません」と明言し、
本人も涙って感じではなくくむしろすがすがしい笑顔で、
そんなに持てないだろうというぐらいの量の花を持たされて、
結構あっさりと去っていきました。

アンコールで「ももかコール」をしたかったなぁとか、
「ありがとうのプレゼント」をみんなで大合唱したかったなぁとか、
なんだか「ありがとう」とお礼をはっきり言えなかったのが心残りです。
「お疲れ様です」とは言いたくなかったが、「ありがとう」は言いたかった。

4人が残り、しばらくして松崎しげるさんが登場。
「10周年記念で東京ドーム公演が決定」の発表でした。
これはここで発表する事ではないだろうと。
まぁでも、本当はモモクリで発表する予定だったのだろうし、今日を逃すと発表する機会がないのも確か。
有安が辞めていなかったら「えぇっやったぁ絶対行く」と何としてでも行ったと思いますが、
開催日が水曜日だったこともあり「いかなくていいかな」と思いました。行ったら空しく感じる気しかしませんでした。

最後に4人で「あの空へ向かって」でした。
あらかじめ最後は4人での「あの空へ向かって」だろうと予想し、それが相応しいと思っていました。
しかし、自分は有安が見守る中の4人の「あの空へ向かって」を予想していたのですが、
なんだか有安が追い出された中の「あの空へ向かって」に感じてしまいました。
あぁこれは残る4人の事を思うとペンライトを緑にしてはいけないなと思い、
適当に他の色に変えて、そしたら持ってたペンライトの2本の内1本がちょうど電池切れになりました。あぁこのペンライトも今日で終わりなのかなぁと。心なくペンライトを振りました。
有安が卒業した後の4人も応援していこうと思っていたしできると思っていたのですが、何だかそういう気分になれませんでした。

最後に映像が流れて終了です。
その映像が、有安がなるべく写っていない過去の映像を切り取って編集したと思わるものでした。何だこういうことするかなぁと。
4人でのアンコールはなかったです。アンコールがなくて助かりました。

何だか有安への罰ゲームのようにも感じもしましたが、これが社会というものか。
有安はその罰ゲームを受け入れなければいけないものとして受け入れて、それがあの笑顔だったのかな。強いな。
そういえば自分も退社するあの人に冷たくあしらったかなと反省しました。

だいたいタイトルが「2018 OPENING ~新しい青空へ~」ですし、
有安卒業コンサートいうよりは、
4人での始動に向けてのコンサート。
まぁでも運営から見たら辞めていく人なんて知った事じゃないし、
今後残りの4人でやっていかなければならないし、有安が抜けた分は特に音楽面では大きくそれを埋めていかないといけないだろうし。
そういうものかな。

終わった後、ももクロから有安がいなくなったという寂しさが襲ってくるのではないかと不安だったのですが、
そういう思いはほとんどなく、モヤモヤ感だけが残りました。
もしかして寂しさを感じさせないための作戦だったのかな?

予め予告があったのでが、
FCの推し設定がライブ終了後に箱推しに変更されました。
それだけでなく、公式HPの写真からも有安が居なくなり、元から4人で活動しているかのような図柄に。
(事務所では対応できない画像とか、過去のものは残っています)
せめて1/21 23:59.999999 までは残してくれても良いのになと思いました。
一刻も4人体制に気持ちを切り替えてというのは分からなくないのですが。

有安本人のブログは、
ライブ終了後に最後の更新があるのかと思っていたのですが、
ライブ開始5分後に最後の更新がアップされれていました。あらかじめ書いていてマネージャーか誰かにアップしてもらったものと思われます。
事務所に交渉したのか有安誕生日の3/15までは残って、その後消えるようです。

ありがとうございます。
> TwitterやInstagramとかをやってみたいなーと思ってます!
とあるので、その時はよろしくお願いします。

とりあえず当選している「バレンタインイベ裏」は行きたいと思います。ペンライトの電池も交換します。
時が解決するのか、他界してしまうのかわかりません。
「バレンタインイベ裏」で自分がどう感じるか次第だと思います。

時間も時間なので以上です。
またなんか書くかもしれません。
※ 意見には個人差があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/20

ももいろクローバーZ「BLAST!」衣装展 +α

ワーレコード新宿店で開催されているももいろクローバーZ「BLAST!」衣装展に行ってきました。

7階のエレベーター前にありました。

・BLAST! 衣装
Dsc_2866

マネキンの高さがメンバーの身長に合わせて違っているんですね。

・周りの展示
Dsc_2868 Dsc_2869
Dsc_2863

8階にもなんかあると書いてあったので行ってみました。

・8階での展示
Dsc_2870 Dsc_2872

6人時代のサインが飾ってありました。
あるのを知らなかったのでびっくりしました。

せっかくなので、買うつもりのなかった「夏のバカ騒ぎ2017」のBlu-rayを買って帰りました。

---
21日の卒業ライブは外れてしましました。
急遽隣のイベントホールでライブビューイングがあるようで1/20 12時からチケットぴあで先着順で発売。なんとか当てたいところ。今年のおみくじは「末吉」だったのでここで小さな幸せを当てたいところです。 - 小さな幸せではないか...
なお、外れてもAbema TVで生中継されることが決まっているのでそこは諦めます。

有安さんの脱退、
最初は 「後ろ向きの引退」 だと思っていたのですが、
最近は 「前向きの卒業」 なんだと思っています。
 ※ 卒業なんていう良い響きに変えたまやかしの言葉は使いたくないのですが、本人がそういうので敢えて卒業とします。

先日の「JUNK 山里亮太の不毛な議論」で(まだRadikoタイムフリーで聴けます)
> 自分が成長させるために今回決めたので、今回この卒業を
と話されていました。

また最近のブログで、
2017/10/21 : わたしにはこれから先いいことばかりじゃなくて辛いこととか嫌なこととかもたくさんあると思うけど
2018/1/3 : 2018年もいろいろな事があると思うけどいつでもどんなときも有安杏果らしさを常に忘れず頑張っていくね!!
2018/1/7 : 今年はこのだるまさんみたいに転んでも転んでも何回でも起き上がって頑張ろーと思ってますっ٩( ü )و

ももクロだけでなく事務所も辞めてしまいます。
温もりのももクロや周りがサポートして豪華なバンドや会場を用意してくれる環境を排し、
辛いであろう道を敢えて選んだのかなと思っています。
「自分は本当に音楽が好きなのだろうか」という自問もあるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/16

有安杏果さんがももいろクローバーZを脱退

1月15日の昼食、大戸屋で期間限定の「たっぷり野菜と和出汁の酒粕鍋定食」を頼み、スマホでmixiニュースを見ながら食べていました。
ページを最新に更新したところ、有安杏果ももいろクローバーZ脱退の記事が。
「えぇぇっつ」と。
過疎り気味のmixiでこのニュースへのつぶやきが気付いて開いた時点でもかなりありました。(最終的には1500件超)

1月21日のライブで脱退し、事務所からも契約解除になるとの事。
「1月21日に何かあるんだっけ? 最近あまり追ってないしな」 と、
いずれにしろ申し込んでいないので行けません。
10月のソロコンの次の日のover40祭が最後に生で見るライブになってしまったのかなと、ももクリは行かなかったし、もう生で見ることができないことに悔いを感じました。

ももクロメンバーが40歳やさらに歳をとってもあの5人で、途中結婚や産休等による休業期間があるにしても続いていくんだろうなと、何となく思っていました。

このニュースを見たのが昼食をほぼ食べ終えた頃で良かったなと思いました。
平静を装って会計をすまし、
午後からの仕事は意外にも普通にできました。

10月のソロコンサート、「ココロノセンリツは今日が最後」旨話しておりました。
さらに最後の挨拶が何だか引退でもするかのような感じで気になっていたことを思い起こしました。
その後1週間経ってもそういう発表がなかったので安心していました。
たぶんあの時には脱退する事が決まっていた(或いは決めていた)んでしょうね。
あのソロコンに対する力の入れようとわがままぶりはこういう事だったのかと、今になって納得しました。あの時のわがままぶりに私は反発していましたが、結果的にはあれで良かったんだと思います。
 → 参考: ココロノセンリツ vol.1.5 (2017/10/29作成)

そのあと知ったのですが、1月21日のライブの観客はこれから募集するようで(*この記事をアップ頃には応募は終了しています) 少し安堵しました。
さらに後の帰宅途中に知ったのですが会場は幕張メッセ7~9との事で、これなら当たるかな。まぁ当たらなかったとしても仕方ないと現実として受け止めます。

帰宅後19時からのふんどしはもう終わっていたので(後から見ました)、
21時からのAbemaPrimeを見ました。5人全員で出演。

有安が抜けた後も私はももクロを応援していけるかなぁと。
正直自信がないです。なってみないとわからない。
ももクロを応援することを失いたくないなぁという思いもあり.ます。というか、誰かを応援するという事を失いたくない気持ち。これからはまた鉄道ファンに専念しようかなと。
昔広末涼子さんへの興味を失ってしまった後の空白期間みたいな。(あ、広末さんごめんなさい)
今からまた別の人を応援するのも何だかやりたくない気持ちもあり。
嫁さんでももらうか(笑い)
  - 嫁さんではなくて奥さんですね。(嫁は息子の妻)

AbemaPrimeで、しおりんだったかれにちゃんだったか「この4人になる事は現実として受け止めないといけないし、応援してほしい」旨。
音楽面では有安の役割は大きかったと思いますし、残された4人は正直不安でしょうね。越えなければいけないハードルは高いと思います。(そういう意味では辞める有安は気楽なものです)
この言葉を聞いてこれからも応援してあげないといけないなと思ったし、応援できるようなグループになって欲しい。

AbemaPrimeで最後有安が申し訳ありませんだったかそんな感じで深々とお辞儀し、それに倣って真剣な表情(特に夏菜子)で他のメンバーも。
なんだか不祥事を起こした会社の謝罪会見のようなお辞儀でした。

辞めた後の有安は何も決まっていないようで決まっていない日々を過ごしたいとの事。

ココロノセンリツvol1.5で新曲はなかったでしょ。
本当は作るつもりでいたがどうしても作れなかったのかなぁと。もしかしてそういう事により普通の生活を送ってみたい..と思ったのかな。
実際の所大学も行ったりブログなんかを見ても案外普通の生活を送っていていろいろ経験していて、私の方がずっと普通の経験をしていないように思います。

何も決まっていない日々は、有安にそれができるのかなぁと。
定年を過ぎた人ならともかく、それは逆に大変な事なのではないかと。
毎週月~金の決まった時間に働き、土日は休んですっきりというのが案外楽なのではないかな。
規則正しい生活って何も決まっていないと逆にできないように思うし、「ももかいつまで寝てるのよ、いい加減に起きなさい!」ってももかママの声が浮かびました。

これからどうやって過ごしていくのか?
いつしかどこかで例えば路上でギターを弾きながら歌っている姿を思い浮かべました。
♪スタートラインに立って...
ってね。
これからが有安さんのリ・スタートラインなんでしょうか。

せっかくなので昼食を食べながら上げようと思っていた「たっぷり野菜と和出汁の酒粕鍋定食」の写真を上げます。
Dsc_2853

※ これを読んで不快な思いをされる方もいそうですがこのままアップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/29

over.40祭り

10月21日も日本武道館、ももいろクローバーZの40歳以上のファンクラブ会員限定ライブ「over.40祭り」に行きました。

Dsc_2678

前日撮っていなかった玉ねぎの写真も撮影。

・玉ねぎ
Dsc_2680

中に入ると、わらべの「もしも明日が」とかCCBの「ロマンティックが止まらない」とか懐かしい曲が流れていました。
19時半からの開演だったのですが、開演の10分ぐらい前にはみんな席に着いていました。

開演に先立って年配の女性の形のアナウンスによる注意事項等の放送。
うる覚えですが「年齢を考慮して、多めの休憩時間を設けたり...」(客席:えーって雰囲気)、「... いたしません!」(客席:良かった!)。
アナウンスはタレントの人なのかなと思っていたのですが、ファンクラブ会員最高年齢の83歳の方でした。
前3列ぐらいは60歳以上に割り当てられていたようで、最前列の真ん中にその83歳の方が座っていました。
自分の席はステージ真正面のスタンド2階南J列。
60歳以上以外はバラバラなのかなと客席を見渡して思っていたのですが、おおよそは年齢順に前から割り当てられていたようです。
2階J列は後ろの方だったので自分(45歳)より年上の方が多い事になってしまいます。

1曲目は「ピンキージョーンズ」。
40歳以上を考慮して、ハードな曲が続きました。
一番緩やかな曲は「夢の浮世に咲いてみな」かな。

途中おおたわ史絵さんによる40代以上向けの医療講座(ライブの体調管理や加齢臭等)と、
ゲッタマンによる体操がありました。
れにちゃんがおおたわ史絵さんの年齢を聞いて「それは後で」と言われていました。over.40ではない(30代)と思っていたのですが、後で調べたらover.40どころかover.50でした。見えないは。ゲッタマンもover.40でした。

疲れたでしょうとの事で、ハープの演奏による休憩コーナーもありました。れにちゃんが寝転んでいました。

アンコールは働け!との事で「労働賛歌」で終了。

ハードな曲大歓迎でしたが、本当にハードな曲ばかりでやっぱり疲れました。たくさん汗をかきました。
1時間半の短い公演でしたが、これぐらいでちょうど良かった。
楽しい公演でした。

しかし今の40代は元気だなぁと、昔の40代を知らない&自分も40代なのに思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココロノセンリツ vol.1.5

10月20日、日本武道館で開催された有安杏果ソロコンサート「ココロノセンリツ vol.1.5」に行きました。

Dsc_2674

武道館の前を通った事はあるのですが中に入るのは1999年に行った広末涼子さんのコンサート以来です。
終わった後あそこ(昭和館の前)で待ち合わせてニフティの会議室の皆様とオフ会に行ったのを懐かしく思い出しました。

・ももクロメンバーの百田夏菜子さんからの花
Dsc_2675

この花は百田さんからのメッセージなのかな? ももクロ緑であることも忘れないでねと。
百田さんの優しさを感じました。
百田さん以外のメンバーからの花はありませんでしたが、全メンバーが見に来ていたようです。

今回もフォトウォールの企画(各人が撮影した写真を貼る企画)があり、用意してきたので貼りに行きました。
今回のテーマは「ヒカリの声」という事で、3つ候補があり悩みましたがこの写真にしました。

・フォトウォールで貼り付けた写真
Dsc_2000

国分寺市のひかりプラザに展示されている新幹線の試作車961形です。自分が産まれた日の前日に高速度記録286km/hを記録しました。
ヒカリの意味が違うしちょっとふざけてますね。同じような写真は他に2つ見つけました。
過去のvol.0~1.3で実施したフォトウォールの写真も展示されていました。

入場します。
注釈付き指定席(通称「ちゅうちゃん」)で、スタンド2階東のS列。ステージから10度ぐらいで天井にぶら下がっている日章旗の下端と同じぐらいの高さの席でした。ステージを見下ろす形となります。
全体を見渡せるしスクリーンはほぼ横ですが近くてばっちり見えるし思っていたより良い席でした。アリーナの後ろの方とか背が低い人には見えない席よりいいです。
ステージの後ろにも席がありました。その人達向けなのかアリーナの後ろにステージ向きのスクリーンがありました。

開演の5分ぐらい前にかかった曲(本人やももクロの曲ではない)で客の手拍子が始まり、そのまま開演でした。
オープニング映像では赤黄桃紫緑の音符が出てきて集まったようなのですが全く記憶にありません。
バンドの他にオーケストラの人もいました。
最初の曲は「小さな勇気」でした。
事前にブログでペンライト自粛要請があったからかペンライトはポチポチとのみ点いていてプラネタリウムみたいで逆に綺麗でした。
2曲終わった後のMCでペンライト自粛要請があり、ペンライトは1つも点いていない状態になりました。

途中、自分の曲以外に宇多田ヒカルさんの「First Love」と、EXILEZOOの「Choo Choo TRAIN」のカバーもありました。(ももクロ曲はなかったです)
私としては「Choo Choo TRAIN」はZOOです。「銀河鉄道999」はゴダイゴ。
有安さんがEXPG(EXILE関連のダンススクール)に所属していて子供の頃にキッズダンサーとして武道館でEXILEのバックダンサーで踊ったことがあるとの事で、途中から現在のEXPGのキッズダンサーが出てきました。
会場の外にこの武道館で出演した時の衣装が展示されていました。えーというぐらい小さかったです。私ならその3倍の太さが必要そう。その時の衣装の一部が今回の衣装に一部取り付けられているとの事でした。

ももカメラのコーナー、客がタオルを上にあげてステージから撮影するというもの。
ほぼ白タオルが上がっていました。

煽りのコーナー、私は2階&ちゅうちゃん席だったのですが、「2階!」「ちゅうちゃん!」の両方でわーっとやらなければならなく忙しい。「3階!」 (武道館に3階はない)、2階の人が???と思いつつわーってやっていました。

最初はそうでもなかったのですが時が進むにつれ引き込まれていき、まだ終わってほしくない感が。
しかし「ヒカリの声」で本編終了。
なんかやっていない曲が1曲あるような。

アンコールの掛け声「ももか」コールでした。vol.1.0の時も「ももか」コールでした。

アンコール開始。
ドラムも披露した「教育」の後、逆再生メドレー。
なんだか本編よりも逆再生メロデーの方がよく感じました。最後の「小さな勇気」の途中までは演奏なしマイクなし地声でのアカペラでした。
最後は「Another Story」、あそうだ、やっていない曲はこれでした。

アンコールも終わり拍手の中有安さんは退場。
拍手が鳴り止まずそのままダブルアンコールでした。予定調和なダブルアンコールでしたけどね。
ダブルアンコールでは有安ギターだけによる「Feel a heratbeat」で客も歌ってくれとの事で合唱でした。
そういえばこの他にも何曲が客が歌ってくれ部分があったな。
私もスクルーンの歌詞をガン見しながら(すみません)歌いました。
まぁ歌うのも楽しい。右隣の席の人の歌が上手かったです。

今度は本当に終了でした。
エンディング映像が流れて最後に「総合プロデュース: 有安杏果」って出ました。
3時間強の公演でした。

事前のブログでのペンライト自粛要請や度重なる客への要求で正直げんなりしていたのですが、終わって後はそんなのどうでもよくなりました。
良かったです。
参加できてよかった。

「ココロノセンリツは今日で終わりです」と言っていたのが気になりました。何だか芸能界を引退するでもあるかのような言い方でした。
死ぬまで「ココロノセンリツ」を続けて毎年1ずつ上がってvol.80ぐらいまでいくのではなかったのかよ。寂しいです。
ココロノセンリツvol.0からずっと最後に次の公演の発表がされて、何だか追われている感を感じていたので、次の公演の予定発表がなかったのは良かったと思います。充電期間は必要です。
でも何年か後で良いので、じっくりと曲でも作ってまたソロコンサートをやってほしい。一方で自分の曲にこだわらなくても良いようにも思う。
次やるときは「ココロノセンリツ vol.2」として、タイトルを変えずにやってもらいたいです。

---
翌日は同じ武道館でももクロ本体の40歳以上限定ライブ「over.40祭り」がありました。

席に着いたら隣の人に「緑推しの人ですか」と言われ、「はい」と答えたら前日のココロノセンリツでアリーナに向かって放たれていた銀テープを渡されました。
5ちゃんねるで
「銀テープをたくさん掴んだので、明日隣の席の人にを渡す」旨の書き込みに、
「受け取ります」旨と書き込んだのですが、
本当に渡されるとは思ってもいなかったでびっくりしました。
別の人からかもしれないけど、こういう事ってあるもんなのですね。
ありがとうございます。

・銀テープ
Dsc_2681
Dsc_2684 Dsc_2686

---
ココロノセンリツ vol.1.5の1週間後、大分別府ビーコンプラザで開催されたココロノセンリツ vol.0.5の11週間後、仕事で大分に出張に行く機会がありました。
大分市でホテルが空いていなかったとの事で、別府駅前のホテルで宿泊することに。
私の問題ですが、余韻に浸る暇もない出張になってしまいました。
ビーコンプラザ(の展望台)はバスの中からちらっと見えました。

・別府駅
Dsc_2704

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/19

氣志團万博2017

氣志團万博、今年も9月16日に開催された1日目に行きました。

台風が近づいていてよろしくない天候。
横浜から9:30発のアクアラインのバスに乗って袖ケ浦バスターミナルへ。横浜時点で小雨でした。アクアラインの渋滞で20分遅れでした。
そこから乗り替えて袖ケ浦駅 → 会場 へ。
会場には11:45頃到着。雨は止んでいました。
袖ケ浦駅でのバス乗車と、入場券からリストバンドへの引き換えに去年よりも時間がかかりました。
着いた頃には会場は既にもう人一杯で、去年より出足が早かったのかな? 今年は主役の氣志團が10:30からだったのでその関係もあるのかもしれません。氣志團は見られませんでした。

・袖ケ浦駅での横断幕
Dsc_2590

・会場内の塔
Dsc_2596

・観覧車と房総族のぼんぼり
Dsc_2599 Dsc_2598

・会場から見た東京湾
Dsc_2591 Dsc_2593

薄っすらですが東京スカイツリーも見えました。

〇 東京スカパラダイスオーケストラ

■ 食事
10-FEETは前見たこともありパスして昼食タイム。
トイレが異様に並んでいました。
地元出展の「タベルネ ベッシュ」という店で生ビールと「はまぐりの串焼き」、どこ産かわかりませんが美味しかったです。
本当は別の店でピーナツ入りとかいう焼きそばも食べようかと思っていたのですが、急に販売口が替わったり何だかよくわからない状態になったので止めました。
「やきとり貴田」の焼き鳥がその場で焼いていて煙が漂っていたこともあって美味しそうだったのですが、夕方にしようかな。

・はまぐりの串焼き
Dsc_2597

〇 ももいろクローバーZ
いつになく早い13:50からの出演でした。比較的前の方で見ました。
最初になぜか「We are the world」斉唱。
overtuneを経て、「BLAST!」「サラバ、愛しき悲しみたちよ」「SECLET LOVE STORY」「ココ☆ナツ」「行くぜ!怪盗少女」「コノウタ」で終わりでした。

overtuneの途中でメンバーが盛り上がっているかーとか喋るのはどうなのかな? と思いました。この曲は儀式とかそういうものできっちりとやりたいところ。
サラバ、愛しき悲しみたちよ」での布袋さんとの共演はなし、「SECLET LOVE STORY」での氣志團との共演はなし。
「ココ☆ナツ」は自分が見ていたところの後ろの方でココナツサークルができていました。
「行くぜ!怪盗少女」では謎の網くぐり。
「コノウタ」でもう終わりでした。
「コノウタ」ではセンターステージに出てきて結構近かったです。

なんだかもの足りない感を感じてしまいました。
あと1曲、ツヨクツヨクとかやってタオルを回したかったです。或いは「走れ」とか去年良かった「桃色空」とか。

■ 食事2
はまぐりの串焼きしか食べていなかったので、再び飲食店エリアへ。
星屑兄弟舎という店で「竹岡式ラーメン」を食べました。千葉といったらこのラーメン、(たぶん)食べた事なかったもので。
値段を見たら1000円で悩みましたが並んで食べました。

・竹岡式ラーメン
Dsc_2601

ずらっと並んでいたので仕方ないのかもしれませんが、麺がばりかたみたいな感じで... ってばりかたで食べたことありませんが... ちょっと残念でした。
スープやチャーシューは美味しかったですけどね。
後で調べたら千葉県の店ではなかったみたいです。

SiMは前見たこともありパス。
小雨が降ってきました。
天気予報では18時までは降らないはずだったのですが。

〇 LiSA
後ろの方で頭にタオルを載せて雨をふさいで見ていました。

〇 マキシマム ザ ホルモン
途中で雨に耐え切れなくなりカッパを着ました。カッパを切るのって高校1年生以来のような気がします。
盛り上げ方とかベテランって感じがしました。
ダイスケはんさんがあーりん推しとかで四星級の人に法被を持ってきてもらってきていました。もしかしてあーりんが出てくるのかと思いましたが出てきませんでした。

〇 Dragon Ash
自分の趣向には合わないかなと思いました。

〇 RIP SLYME
「楽園ベイビー」とかやっていました。

■ 食事3
雨が本降りになってきて厳しい状態に。天気予報では降水量1mmだったはずだったのですが。
食べようと思っていた「やきとり貴田」の焼き鳥は止めておこうかとも思ったのですが、生ビールと共に木の下で食べました。
タレと塩があり血圧の事も考えてタレの方を頼みましたが、これが結構すばらしく美味しかったです。
写真は撮る余裕はありませんでした。
木の下でも何でもない所でラーメンを食べている人も結構いて、明らかにラーメンの汁に雨が入っています。

〇 私立恵比寿中学
最初が「サドンデス」という曲で、順に1人ずつ敗れていって最後に1人が残るという。毎回残る人が違うのかな? それに氣志團メンバー(ギターやベースの人も含む)が出てきて一緒に手と足を動かすダンスをやっていました。あのダンスはキツイな。
ももクロの時よりも盛り上がっていました。
トイレに行きたくなって最後の方退散してしまったのですが、「アンコール」の声が聞こえていました。それは無理だろうと。
私立恵比寿中学としてのぁぃぁぃを生で見るのはこの日が最後かな。

〇 布袋寅泰
この日のラストでした。
一度見てみたかった人でした。(あ、2013年の桃神祭で見たか。)
「お互い楽しみましょう」みたいなことを言っていて良かった。
バックバンドも含めて良い音がしていました。
やっぱりベテランは違うなぁと思いました。
ソロデビューした時は歌は下手だったけど今は上手いし。
Poisonやさらば青春の光もやっていました。
気志團の翔さんとの共演もありました。
残念ながらももクロとの共演はなかったです。

〇 クロージングパフォーマンス (気志團)
SMAP×SMAPをもじった「EXPO×EXPO」という事で、SMAPのリズムでOne Night Carnivalを歌ったり。
面白かったです。
ギターやベースの人までこういう事をやるのはいいなと思います。

■ 帰り
という事で無事雨の中終了。
さっさと袖ケ浦駅のバス乗り場に向かいました。数年前と比べると結構スムーズに乗れました。

袖ケ浦駅から袖ケ浦バスターミナルへの最終は21:40と来るときにアナウンスされていました。
袖ケ浦駅に着いたのがちょうど21:40ぐらいで間に合わないかと思ったのですが、まだバスがいました。21:45発車でした。
袖ケ浦バスターミナルから21:53発の横浜行のアクアラインのバスで帰宅。
鉄道(総武線等)で行くのと渋滞していなければ着くのが1時間違ってくるので間に合って良かった。

雨はきつかったですが、
案外雨だも大丈夫かなとある意味自信が付いたかも。
翌日熱を出して寝込むなんてことを心配していましたが、全然大丈夫でした。

でも、晴れの方がいいです。

・帰りのバスから見た本牧ふ頭の夜景
Dsc_2608

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/08

2017宗像フェス (2) 本編

ライブ会場はVIP席、A1~2ブロック、B1~B3ブロック、フリーゾーンに分かれており、自分はB1ブロックでした。
VIP、ブロック席、フリーゾーンで料金が違います。
Aブロック以外は終始スカスカでした。

〇 SHISYAMO
少し前まで知りませんでした。20代前半のガールズバンドです。
最初の方はMCを含めて何だかなぁと思いましたが、
バラード曲以後の後半は良かったと思います。

〇 宗像たかべん祭り
SHISYAMOが終わった後、まだ昼食を食べていなかったので隣の「宗像たかべん祭り」の会場で昼食。
現金では購入できず、1000円(100円券が10枚)の食券を買う必要があります。500円券や100円券はなく、1枚でも使ったら払い戻し不可との事。
えげつない商法だなぁと思いました。
100円で売っているのはヤクルトぐらいしかなかったので、余らすケースも少なくなさそう。
使われなかった分は誰の利益になるのだろう?
1000円券を2枚(2000円分)購入し、生ビール(600円)と博多もつ焼きそば(700円)を買いました。博多もつ焼きそばは結構美味しかったです。
残り700円はどうしよう。もう1杯生ビール(600円)を買ったら残りが100円になってつまみが買えないし、1000円券をもう1枚買うと余ってしまいそうなので悩みました。

・博多もつ焼きそば
Dsc_2514

会場自体あまり混んでおらず。
「博多もつ焼きそば」の店は並んでいましたが、全然客がおらず売れてなさそうな店も少なくありませんでした。早くも値引き販売をしている店がありました。
「宗像たかべん祭り」自体は無料でしたが、ライブに来た人以外の客(地元客)はほとんどいなかったように見えました。

〇 HY
昼食を食べている間に始まっていました。
食べ終わった後ライブ会場に行って、フリーゾーンで見ていました。もう半分ぐらい経っていたと思います。
沖縄出身のグループです。何だか他のグループと勘違いしていました。
結構良かったです。最初から見るべきだったなと思いました。
全員ボーカル兼用のようで、ドラムの人の歌が上手いように感じました。

〇 にしおかすみこ
ライブ会場で次の人を待っていたら宗像たかべん祭りの会場から「にしおか~すみこだよ!」という声が聞こえてきたので行ってみました。
まぁ別に面白くなかったですが (ゴメンナサイ)
他に平野ノラさんという方も出演。バブルネタをやっていましたが調べた所38歳、にしおかすみこは42歳で、バブルはにしおかすみこよりもさらに前の世代だよなぁと。
写真を撮っても良いとの事なので撮りました。

・平野ノラ & にしおかすみこ
Dsc_2516

〇 ファンキー加藤
にしおかすみこを見た後トイレに行ってライブ会場に戻ってきたら何だか早くも疲労感を感じてしまいました。
特に興味がないのでフリーゾーンで座って半分寝ながら見ていました。

トイレはライブ会場にはなく、宗像たかべん祭りの会場のさらに向こうの遠くまで歩いて行く必要があり途中階段もあって不便でした。ライブ会場にも用意してくれたらなぁと思いました。

〇 さユり
知らなかった人です。
まだまだ疲労感を感じていたのでフリーゾーンで座ってみていました。
独特の世界観って感じでした。

〇 有安杏果
いよいよです。
もうずっと座っていたい気分を抑えて本来のB1ブロックに向かいました。スカスカ状態で後ろの方であればステージが結構よく見えました。後ろの方ではペンライトとか持っている人が少なくて恥ずかしかったです。
バンドあり(4人)で、ドラムは村石さんではありませんでした。

「Another story」から始まり、「feel a heartbeat」ではエレキギター、
そして「ペダル」では有安さん1人によるアコースティックギターによる弾き語りでした。
弾き語りでは初披露だと思いますがこのために練習したのかな、少し怪しい演奏ではありましたが良かったです。

「裸」「TRAVEL FANTASISTA」「Drive Drive」と続き、最後の曲は「小さな勇気」でした。
最初のイントロ部分はピアノだけの演奏なのですが、日が暮れてきて虫の音と調和していて何だか幻想的でした。虫の音も楽器...みたいな。都会では虫の音は聞こえない。何だか感動しました。

本人の調子も良さそうだったし、結構良かったと思います。
ココロノセンリツ vol.1よりも楽しめた感がありました。

〇 あなごの串焼き
次まで時間があったので食券の残り700円を使うために宗像たかべん祭りの会場へ。
生ビールは超えるのでレモンサワー(400円)と宗像漁協が売っていたあなごの串焼き(300円)を食べました。
これでちょうど700円、食券を余らすことなく消費できました。
あなごの串焼き、美味しかったです。宗像であなごが採れるようです。

・あなごの串焼き
Dsc_2520

あたりはもう暗くなっており、ぼんぼりが点灯していました。昼間通ったときは木になにぶら下げてるんだろう? と思っていましたがそういう事でした。

・ぼんぼり
Dsc_2522

〇 和楽器バンド
最後は和楽器バンドです。一度見てみたかったグループです。
イメージカラーが紫のようで、あぁももクロのペンライトには紫があった。
基本はハードロックな感じで、首を振りながら尺八を吹いたりしていました。
千本桜」もやりました。
太鼓・ドラム対決のコーナーも。
やっぱりすごかったです。
もうすぐ初のシングル曲が発売されるとか。

〇 音楽花火打ち上げ
全てのライブが終わった後の20:30から、出演者の曲を使った花火がありました。
曲に合わせて花火が上がります。

・音楽花火
Dsc_2525 Dsc_2530

「出演者の曲を使った花火」なのに出演者ではないももクロの「Hanabi」がかかった件について。ももクロメンバーカラーに合わせた花火も上がりました。
30分ぐらいありました。
客はそんなには多くなかったし、30分も花火を上げて収支はどうなんだろうと余計な事を思いました。

21時に終了。
帰りのバスは赤間駅行はだいぶ並んでいたのに海老津駅は次のバスに乗れました。
22時には黒崎のホテルに着きました。

最初行かないつもりでしたが来てよかったと、
九州まで来た甲斐があったなぁと思いました。

翌日は少し先の別記事で...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | グルメ・クッキング - そば・うどん・パスタ | グルメ・クッキング - ハンバーガー | グルメ・クッキング - ラーメン | グルメ・クッキング - 丼 | グルメ・クッキング - 駅弁・弁当 | ゲーム | スポーツ | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | 交通 - バス | 交通 - 自動車 | 交通 - 航空機 | 交通 - 船 | 交通 - 街道 | 交通 - 鉄道 | 交通 - 鉄道 - JRその他 | 交通 - 鉄道 - JR九州 | 交通 - 鉄道 - JR北海道 | 交通 - 鉄道 - JR四国 | 交通 - 鉄道 - JR東日本 | 交通 - 鉄道 - JR東海 | 交通 - 鉄道 - JR西日本 | 交通 - 鉄道 - JR貨物 | 交通 - 鉄道 - その他 | 交通 - 鉄道 - イベント | 交通 - 鉄道 - ケーブルカー | 交通 - 鉄道 - モノレール | 交通 - 鉄道 - ロープウェイ | 交通 - 鉄道 - 廃線 | 交通 - 鉄道 - 海外 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 中国 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 九州・沖縄 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北海道 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北陸 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 四国 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東北 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東海 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 甲信越 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 近畿 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - その他 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京急 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京成 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京王 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 小田急 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東京メトロ | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東急 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東武 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 相鉄 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 西武 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 都営 | 住まい・インテリア | 動物園・水族館 | 博物館・美術館 | 地域 - 中国 | 地域 - 九州・沖縄 | 地域 - 全国 | 地域 - 北海道 | 地域 - 北陸 | 地域 - 四国 | 地域 - 東北 | 地域 - 東海 | 地域 - 海外 | 地域 - 甲信越 | 地域 - 近畿 | 地域 - 関東 - その他 | 地域 - 関東 - 千葉県 | 地域 - 関東 - 埼玉県 | 地域 - 関東 - 東京都 | 地域 - 関東 - 栃木県 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - その他 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - 川崎市 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横浜市 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横須賀市 | 地域 - 関東 - 群馬県 | 地域 - 関東 - 茨城県 | 学問・資格 | 寺・神社・教会 | 心と体 | 心と体 - 痔 | 携帯・デジカメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 経済・政治・国際 | 自衛隊・軍隊 | 芸能・アイドル | 芸能・アイドル - ももいろクローバーZ | 芸能・アイドル - 広末 | 音楽 | ~の旅(2006) | ~の旅(2007) | ~の旅(2008)