カテゴリー「書籍・雑誌」の16件の記事

2016/07/06

ココロノセンリツ vol.0 (1) 序章

7月3日(日)、横浜アリーナでももいろクローバーZの有安杏果さんの初ソロコンサート「ココロノセンリツ vol.0」がありました。

ファンクラブ先行予約で外れてしまい、最近は大箱なら必ず当たっていた事もあってショックでした。
しかし、一般発売で奇跡のように当たって無事約1万人の観客の1人として行くことができました。(他の人も、ファンクラブ先行は結構外れて、一般発売では結構当たっていたみたいです)

◎ ココロノセンリツ♪本
その1週間ぐらい前、本屋にコンサートパンフレット?「ココロノセンリツ♪」が売っているのを見つけました。そういえば今回は事前に書店で売られるのだった。
ページ数は多いものの、2500円で「高いなぁ」と思いながら買ってきました。
帰って本を開けたら、本の半分以上が手書きの日記を印刷したもので、自分が書く字みたいな読みにくい字で長々と書かれていて、これを読むのは面倒なと思ってしまって、写真の部分を中心にパラパラとめくっただけでこの日は読むのを止めてしまいました。

で、木曜日だったになって「やっぱ読んでおいた方が良いのかな」と思ってまで寝るにはまだ早い時間に本を開いて日記を読み始めて、何だか引き込まれてしまってなかなか止めることができずちょっと遅い時間になってしまってヤバいなと思って、日記の中ほどで読みのを止めて寝ました。プロ(社会人)は次の日の業務に影響がないようにしないとね。(なんてこの文書を書いた日に全然眠れなくて支障をきたしてしまった大バカ者です。)

土曜日。この本を買った本屋では1冊だけ残っていました。
その日の夕方、残り全部を読みました。
ソロコンサートって結構前(1年以上前)から決まっていたんだなと思ったのと、そんな前から準備してたんだと思ったのと、こんなに手間暇かけて準備するもの&していたものだったのかと、びっくりしました。
昔X Japanだったか「ずっとレコーディング中」で何でそんなに時間がかかるのだろうか? 本当にレコーディングしているのだろうか? 思っていたのですが、強ち嘘ではなかったのか。

今回は自作曲を何曲か用意することとなり、元Superflyの多保孝一さんに長々と教わったり、一度作った曲を何度も手直ししたり。他の人に作ってもらう曲に自分でもイメージを伝えて発注したり。
作ってもらったりアレンジしてもらった曲を駄目だし?して何度も直してもらったりしていたようですが、こういう場合の契約はどうなっているのだろう。相手の落ち度というわけではないと思うし、無料で直してくれるものなのかな?。
なんだか有安さん個人のメールアドレスに直接音声データとか直接送られてきて、直接要望したりしているみたいで、そこそこ経験して認められて独り立ちした社会人みたいだなと思ってしまいました。こういうメールにはCCにkwkmマネージャーとか入っているのだろうかとどうでもよいことも気になってしまいました。

本の最後に「7月3日のソロコンが終わるまで開けないでね!!」と書かれた手紙が入っている封筒が付いてしまいました。
何だか開けてみたい衝動に書かれてしまいましたが、我慢しました。

◎ 当日
7月3日の当日、先週は仕事が忙しくて寝不足気で、会場が同じ横浜市内で17:30開演と遅い時間だったので、昼まで寝ていました。
ライブのMCで有安さんが朝起きて「あ」って声が出て安心した旨話していましたが、似たような心境でした。「あ」とは言っていませんが。

起きて2ちゃんねる見たら、もう売り切れてしまったグッズが結構あったり、朝5時ぐらいからもう列ができていたようで、驚きました。

ちょっと早いかなと思って15時半頃に付く地下鉄に乗りました。
地下鉄でTwitter をチェックしたら「15時半までに並んでいる人でグッズ販売はいったん打ち切る」との事。緑のグッズがなく全然欲しいと思うものがなくてどうでもよいと思っていたのですが、あぁもう少し早く出ていればと。買うつもりでいた会場限定CDの方は売ってるのかな?

着いたら事前認証等も16時まで一時停止との事で、タイミングが悪し。時間を持て余してしまいました。暑いので日産スタジアムが見えた公園の日陰で涼んでしました。

16時過ぎに横浜アリーナに戻ります。まだ事前認証していない人は会場入口で直接認証して入場という手続きでした。
結構丁寧な荷物検査と、手で持つタイプの金属探知の検査がありました。ももクロ関係での金属探知によるチェックは初めてでした。AKBのあの事件があった直後でも結構ざるなチェックでした。
事前認証していた人は中々入れなかったようでしたが、事前認証していなかった私はすんなりと中に入れてしまいました。

・横浜アリーナの入口
Dsc_1331

グッズ販売は建物の中でとの事で、せっかくなのでタオルだけ買ってみようかなと思ってグッズ売り場に行ってみました。
列に並んでタオルを注文したら、近くの棚には在庫がないようでちょっと待ってくださいとの事。他から探して持ってきてくれるようでしたがどこにも在庫がなくなったようで「売り切れです」との事。グッズ売り場から出てくるときにそのタオルを持っている人がいたのでタッチの差だったと思われ残念!
白のTシャツとその他一部のもの以外は全部売り切れていました。
CDは買えました。

◎ 開演前の手紙
席はステージの正面近い位置のアリーナ席(普通の会場ではスタンド席に相当)の比較的前の列。ステージもサブステージも見渡せて私としてはベストポジションでした。一般販売だったのでもっと端か後ろの席だと思っていました。自分は背が低いので全然見えない可能性があるセンター席(普通の会場のアリーナ席)よりもこっちの席の方が良いです。

2ちゃんねる情報によると個々の席に封筒に入った手紙が置かれているとの事だったので、まだ開演まで時間がありましたが席に向かいました。
自分の席だけ封筒が置かれていなかったどうしようかと、学校の教材で自分のだけ部品が1つ足りないとかそういうのが今まで結構あったので心配でしたが、無事置いてありました。

座って封筒を開けて中に入っていた手紙を読んでみると...
12歳の時に卒業文集で書いた20歳の自分宛の手紙でした。
 「今12歳の私の夢は将来横浜アリーナのような広い会場で大勢の人の前でVOCAL&DANCEのライブを
  することだよ ♡
  ~ (中略:昨年EXILEのバックダンサーで武道館や横浜アリーナで踊った) ~
  今度はバックダンサーではなくステージの真ん中で立ちたい ☆」
えぇっ。
1年遅れてしまったけど今日の事じゃ...。
 「つらいことがいっぱいあってもめげずにやってるかな。」
ともあり、
そして、
 「12歳の私に必ず返事を下さい。」
の事。あぁ、コンサート本の後ろに付いていた手紙はそういう事か。憎い演出だ。

そういえば自分の子供の頃は将来何になりたいと思っていたのかな。
こういうのを小学生の時に書いたり発表したことがありましたが、本音は書けませんでした。
一時期テレビの仕事(カメラマンとか)をしてみたいと思っていた時期もあったんだっけな。
みんな「公務員」とか言っていたので、全くなりたいとは思っていなかったのにみんなに合わせて「公務員」と言ってました。
自動車学校に行っていたときに、講師に「車を選ぶ基準は?」とみんなが答えるのがあって、自分は「値段かな!」と思ったのですが、みんな「性能」とか「デザイン」とか答えていて、そんな突拍子な事を言うのは変に思われるかなと思って思っていなかった「性能」と答えてしまったのを思い出しました。なんでまだそんな些細なことを覚えているのだか。
そういう事を言わないように意識をしているのですが、やっぱり言ってしまう事もあり、なんだか変に頑固者になってしまった所もあったりしてね。
12歳で..12歳だからなのかもしれないがこんな明言できるのは凄いな。
この手紙を読みながらそんなことを考えました。

自分の2つ隣のまだ来ていない席に封筒が置かれていないのが気になって気になって。
もしやその隣に座っている人が盗んでしまったのではないかと疑ってしまったりして、
チラ見して視線が合ってしまったりして、
実はその人も気になっていたのか。椅子の下に落ちていたようでその隣に座っている人がそれを見つけて席に置いていました。
安堵。
疑ってすみません。

◎ 開演
5分遅れて17:35分に開演。
開演前に客席から緑色のペンライトが徐々に点灯し始めました。
なんだ、結局は緑なのか。
グッズで緑のTシャツは売らず白と紺のTシャツを売ってはいましたが、緑Tシャツの人の方が多い。
やっぱ緑ですね。
本人は緑はあまり好きな色ではないらしく不遇かもしれないけど緑であることを忘れてはいかん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/25

本の山積みディスプレイ

上大岡の京急百貨店のショーウィンドウに、入居している八重洲ブックセンターのディスプレイがされています。

2013082511440000

本をぐるぐる回転させて山積みさせています。
そのうち崩れるのではないかと思っているのですが、全然崩れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/25

「トーマスクック ヨーロッパ鉄道時刻表」の日本語版

「トーマスクック ヨーロッパ鉄道時刻表」の日本語解説版 2012冬・春 を買って来ました。
後ろに日本の時刻表も載っていて興味があったので。

本家の方は月間と年2回発行の2種類があり、ヨーロッパ以外の時刻表(BEYOND EUROPE)は月間の方に6地域に分かれているうちの1地域の時刻表がローテーションを組んで載せられるようです。購入した日本語版では6地域全てが一度に載っていました。
掲載されている6地域は下記の通りです。
・アフリカ + 中東
・インド
・東南アジア + オーストラリア ※ニュージーランドも載っている
・中国
・日本
・北米

韓国、台湾、中南米は載っていません。北朝鮮は中国からの国際列車のみ載っていました。
韓国のKTX、台湾の新幹線ぐらいは載せてもよさそうに思いましたが、「中国」「日本」のどちらの地域に組み込んでも文句が出そうなので省略したんですかね。

日本のページに載っている時刻表は、JRの新幹線・特急・急行の大半の路線。私鉄はJRに乗り入れている列車以外は乗っていません。例えば、日光・鬼怒川に行く特急は、東武の線内で完結する「けごん」「きぬ」は乗っていませんが、JRから乗り入れる「日光」「きぬがわ」は載っています。
列車名は記載なし。
停車駅は主要駅のみ掲載。例えば、東海道新幹線に静岡は載っていません。
新幹線では省略されている列車あり。「こだま」は省略、「のぞみ」「ひかり」は一部省略。ページのサイズに合わせて他の列車と発車時間が近い列車を省略したといった所か。
時刻表は西側を起点として載せられており、東海道・山陽新幹線は上り(博多発)が先に載っています。
外国人向けという事で、ジュパンレールパスで載れない列車や区間が明記されています。

以下、載っている区間をまとめました。
・九州新幹線
・東海道・山陽新幹線
・上越・長野新幹線
・東北・山形・秋田新幹線 ※東京-新庄/盛岡 と 東京-秋田/青森 に分けられて掲載
・宮崎 - 鹿児島
・博多 - 宮崎 (-宮崎空港)
・博多 - 佐世保・長崎
・高松 - 徳島 (-阿波池田)
・岡山/高松 - 高知 - 中村
・岡山/高松 - 松山 - 宇和島
・鳥取/岡山 - 出雲市 - 山口 (-新山口)
・京都/岡山 - 倉吉 ※智頭急行経由
・京都 - 関西空港
・京都/大阪 - 城崎
・大阪/名古屋 - 富山 ※北陸線経由、七尾線内は記載なし
・越後湯沢/新潟 - 金沢
・大阪 - 新宮
・名古屋 - 新宮 (-紀伊勝浦)
・名古屋 - 富山 ※高山線経由、大阪-岐阜は記載なし
・名古屋 - 長野  ※大阪-名古屋は記載なし
・静岡 - 甲府
・東京(新宿) - 松本 ※新宿より手前と大糸線内は記載なし
・(新宿-) 東京 - 成田空港 ※横浜系統は記載なし
・東京 - 伊豆急下田/修善寺
・東京 - 安房鴨川
・東京(上野) - 万座・鹿沢口/前橋
・東京(新宿) - 日光(/鬼怒川) ※日光、きぬがわ
・東京(上野) - 仙台 ※常磐線経由
・新潟 - 函館 ※新青森-函館の特急もここに含む
・函館/室蘭 - 札幌
・札幌 - 釧路
・札幌 - 稚内/網走
・新千歳空港 - 札幌 - 旭川
・夜行 ※1つのテーブルのみで表現。はまなす、きたぐにも載っている。

日本の時刻表にはないまとめ方をされている所があります。「新潟 - (秋田) - (青森) - 函館」を1つのテーブルにまとめるとか、考えた事のない発想でした。
日本全国の夜行列車を1つのテーブルでまとめるなんて何て強引と思ったが、本数が減ってしまってそんなに違和感を感じなかった所が悲しい。
成田空港行以外の千葉方面の特急は、なぜ安房鴨川行(外房線)だけ載せたのだろう。他よりも本数が多いから?。
静岡 - 山梨の特急「ふじがわ」が載っているが、東海道新幹線に静岡が載っていないというオチ? もありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/15

川崎市岡本太郎美術館 (4) 小学二年生の付録「太陽の塔」

川崎市岡本太郎美術館に売っていた「小学二年生」1970年7月号の付録の復刻版「組み立て図解 光る太陽のとう (くみたてオーストラリアかん付き)」を買いました。
700円だったかな?

「オーストラリア館付き」というのも購入の決め手となりました。
なぜなら、我が実家がある四日市市の霞ケ浦緑地に移設されて現存するから。
 → 四日市市のオーストラリア記念館

昨日、この付録を作ってその日のうちにブログの記事にしようと思っていたのですが、作るのに2時間ぐらいかかってしまってそのまま寝てしまいました。
15分ぐらいで出来るかと思っていたのですが。いつものように見積もり時間の大幅オーバーです(苦笑)。

説明を読んでも今一歩よく分からないし(向きはどっちなんだとか)、指し込み口に上手く入らなかったりしてそうしているうちに紙がふにゃふにゃになってますます入りにくくなったり。
「こんなの小学二年生が作れるのか?」と思いました。自分の手先が不器用なだけかもしれませんが。

糊がなく、なぜかあったプラモデル用の接着剤では上手く付かず、セロハンテープは何処に仕舞ったのか忘れてしまったので、ガムテープを細かく切って貼り合わせたりしました。
(で........... 今、目の入るところに糊があります。なぜ糊がないとその時思ってしまったんだか..)

・パッケージ
P9140005

・説明書
P9150028 P9150031

・太陽の塔
オリジナルでは黄金の顔部分はプラスチック製で、黄金の顔の鼻部分から出ているアンテナは金属製だったそうです。復刻版ではコストの関係で紙製に変えたとの事。
P9150021 P9150034

・オーストラリア館
恐竜の形をモチーフにしているという事を知りませんでした。
説明では恐竜の口の部分から左半分の屋根にかけてビニールを被せることになっているのですが、ビニールが見つからず。初めから付いていなかったのか、或いは材料の一部である事に気付かずにどこかに捨ててしまったのか。
P9150022

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/04

「秘密」リメーク

東野圭吾さんの小説で1999年に広末さん小林繁さん他の出演で映画化された「秘密」がドラマ化されるそうです。

同じ東野圭吾さん作の「白夜行」は、「秘密」よりだいぶ後にドラマ化され、その後映画化が発表されています(2011年1月公開予定)。
「秘密」はいつリメークされるのかなとずっと思っていたのですが、やっとリメークされるようです。

映画「秘密」はTBS系列でしたが、テレビドラマではテレビ朝日系との事。2010年10月から金曜の23:15からの枠で放送されます。
リメークされるとしたら映画と同じTBS系だと思っていたので、テレビ朝日系でリメークされるのは意外でした。

藻奈美役は志田未来さん、平介役は佐々木蔵之介さんが演じます。
(ちなみに、映画では藻奈美役が広末涼子さん、平介役が小林繁さんでした。)

ドラマ版ではどう描かれるのか。
楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/20

草刈民代さんのヌード写真集の新聞全面広告

今朝(4月20日)、新聞(朝日新聞東京本社発行)をぺらぺらとめくりながら読んでいたところ、あるページで目が点になりました。
紙面全面にヌード写真が載っていた。
何事かと思ってよく見たら、元バレリーナの草刈民代さんのヌード写真集の全面広告でした。

この感覚は2度目です。

1度目の時の事が蘇りました。

1度目は自分が大学生の頃。
宮沢りえさんの写真集「サンタフェ」の全面広告でした。
あの時も今日と同じように新聞をぺらぺらめくっていた時に、この広告が目に入って目が点になりました。
宮沢りえさんがヌードになるとは思ってもいなかったり、事前にそんな噂もなかったのであの広告は衝撃的でした。

今調べてみたのですが、宮沢りえさんの「サンタフェ」は19年前の1991年でした。
あれ、そんなに前だっけなぁ...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/16

「出発進行!『のりもの』本めぐりへ」展 (国際子ども図書館)

12月13日、まだ少し時間があったので、上野公園内に看板が出ていた「出発進行!『のりもの』本めぐりへ」展を見に「国際子ども図書館」に行きました。

「国際子ども図書館」に行くのは初めてです。京成電鉄の博物館動物園駅跡の少し先にありました。
年季の入った建物です。
1906年に建設された帝国図書館の建物を再利用しているとの事。
Pc130057 Pc130062

<「出発進行!『のりもの』本めぐりへ」展>
3Fの「本のミュージアム」という場所で開催されていました。
「鉄道」「自動車」「飛行機」「船」等の主に子供向けの図鑑や絵本が展示されていました。「昔の交通博物館のパンフレット」等本でないものも若干あり。
また、古い本ばかりでなく最近の本もありました。
ケースの中で表紙又は特定ページが開かれた状態手展示されているので、手にとって自由に本の中身を見る事はできません。但し、一部の本は1Fの常設の部屋で自由に手を取って読めるとの事。読める本はその旨の印が付いています。

良かったです。
手に取って中身まで読めると長々と読んでしまってキリがなくなってしまいそうなので、「表紙又は特定ページのみ」というのはそれはそれで良いのかもしれません。
子供の頃実家にあった記憶がある絵本が1冊ありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/04

【図説】日本の鉄道 東海道ライン 全線・全駅・全配線

昨日、講談社から発売されている川島令三氏著「【図説】日本の鉄道 東海道ライン 全線・全駅・全配線」シリーズの第2巻「横浜駅-熱海エリア」を買った。

平積みされていた山の中から上から3番目ぐらいを取ってレジに持って行ったのですが、代金を払おうとした時にそれが第2巻ではなく第7巻である事に気づきました。
「あれ? 取る山を間違えたのかな。今日は疲れているのかな?」と思いもう一度確認しにいくと、平積みの一番上は第2巻だったがその下は全て7巻。誰かが第2巻を立読みした後、間違えて第7巻の山に戻したのではないかと思われました。
あぁこういう事もあるのかと。
平積みされている本を買う場合は、取った本が正しい事を確認しないと駄目ですね。その前に、「平積みされている本の一番上以外を取るな!」と怒られそうですが。

この「【図説】日本の鉄道 東海道ライン 全線・全駅・全配線」は、鉄道の配線図と駅の解説が載っています。
駅の解説はWikipedia等他でも見られるけど、配線図は他に知る手段がほとんどないので貴重です。

この本、間違いがあちこちに散見されます。1ページに1箇所ぐらいあるのではないかと思うほど。
配線図とその解説文に矛盾があったり。同じ囲みの解説文の中にも矛盾があったり。写真と説明があっていなかったり。
とにかく「文章的におかしな所」が目立つ。
折角の貴重な資料なのに、なんだか残念です。
書いた本人はともかく、講談社の担当者は校正をしないのだろうか...。事実と異なる記述は見抜けないかもしれないが、「文章的におかしな所」は見抜けてもおかしくないと思うのです。まして、担当者は文章のプロなのだろうし。

講談社の「【図説】日本の鉄道 東海道ライン 全線・全駅・全配線」のページに誤記を見つけました。
 ・第2巻のタイトル
  (誤) 大阪エリア~神戸駅
  (正) 横浜駅~熱海エリア
担当者の校正に期待しちゃ駄目なのかもしれないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/20

水の迷宮 ※ネタバレ注意

石持浅見氏の小説「水の迷宮」(文庫本)を読んだ。

読み終わって正直「しょぼ~ん」な気分になってしまったが。
文庫本の解説文は作品に対する皮肉なのだろうか? 「甘いと指摘する人には~」って書いてあったけど。

以下、ネタバレ注意!










(パソコン通信の時代だと「この後は見ないでおこう」なんて判断が出来るけど、今のパソコン環境ではこんな矢印書いてもあまり意味は無いかな..。自分のブログだと文字が小さいので↓を延々と書かないと表示された時点でその先が見えてしまう。「1発言毎に開いていちいち確認する」という閲覧方法がイマドキではないような気もする。)










てっきりあの外部者が犯人だと思っていた。
そんな奇麗事で済ましちゃ駄目なんじゃないかと思ったが。事件に対して「みんなが納得して団結する」という状況がむしろ異常なのではないかと思った。
まぁそれはともかく...。

「羽田国際環境水族館」が舞台で、水族館の前に巨大タンカーを係留してそこを水族館にしてしまおうという話である。
「羽田」との事なので、昔の羽田東急ホテル辺りか、もっと蒲田寄り場所を想像してしまった。あの辺りなら海沿いではなく多摩川沿いか...。
あの辺りにタンカーを係留するのは現実的には難しそうだなぁ。
タンカーを係留するにはそれなりの港湾整備が必要だろうし、海があれば置いておけるという単純なものではなかろう。
水族館を高層化する方が現実的のような気がした。

タンカーの中を水族館にしたとして、台風等で船が揺れた時に中の魚はどうなるのだろうとかという疑問を感じた。
船が揺れれば、船の中の水槽も波打つわけですよね。増幅されてものすごく波が立ったりしそうな気がしたが。
魚たちは生き延びられるのだろうか...。
料理屋等の「生け簀」で泳いでいる魚は、捕獲された後漁船で運ばれたきたりするわけだろうから、そう考えると問題ないのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/24

一流の男、二流の男

本屋で次に読む文庫本を探していたところ、このタイトルが目に付いたので買ってみた。
里中李生氏作。三笠書房から発売。これ

読んでいてムッとしてしまった。
ムッとしてしまったのは、自分が二流の男である証拠なのか...。

最初にムッとしてしまったのは「マクドナルド」の件であった。
「空腹に耐えられず、一分でも早く満腹になりたい動物のような人間が駆け込む場所...」だって。
違うよ...。少なくとも私は。全ての場合がとは言わないが、「純粋にハンバーガーが食べたいからマクドナルドに行く」のだよ。
金がないから行くわけでもない。
里中氏がマクドナルドが嫌いなのは勝手だが、この人の偏見なのじゃないのかな。
マクドナルドの商売やシステムから学ぶ事もあると思うし、偏った一方の視点だけからしか物事を捉えないというのは良くない事なのではないかと、思った。

この人の家族、特に奥さんが気の毒に感じた。
愛人がいることを男の生き様のように公言しているし、妻の不満に対して行った一撃(説明して納得させたのではなく、怒鳴ったって分からせた) を自分の武勇伝として紹介。
仕事に関する内容でも同じ事が言えたのですが、「そりゃ本人は良いかもしれないけど、我慢を強いられる周りの人は大変だよなぁ~」なんて思いました。

文中に、「どんな人でも十パーセントの可能性があり、仕事で付き合うなら、その十パーセントのほうを見ないといけないのだ。」とある。
この本にも、十パーセント、いやそれ以上に共感出来る部分はありました。
そういう意味では、収穫になったかな...。

この里中李生氏、いったいどんな人なのだろうと彼のブログを覗いてみたら、意外とイケメンで驚いた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | グルメ・クッキング - そば・うどん・パスタ | グルメ・クッキング - ハンバーガー | グルメ・クッキング - ラーメン | グルメ・クッキング - 丼 | グルメ・クッキング - 駅弁・弁当 | ゲーム | スポーツ | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | 交通 - バス | 交通 - 自動車 | 交通 - 航空機 | 交通 - 船 | 交通 - 街道 | 交通 - 鉄道 | 交通 - 鉄道 - JRその他 | 交通 - 鉄道 - JR九州 | 交通 - 鉄道 - JR北海道 | 交通 - 鉄道 - JR四国 | 交通 - 鉄道 - JR東日本 | 交通 - 鉄道 - JR東海 | 交通 - 鉄道 - JR西日本 | 交通 - 鉄道 - JR貨物 | 交通 - 鉄道 - その他 | 交通 - 鉄道 - イベント | 交通 - 鉄道 - ケーブルカー | 交通 - 鉄道 - モノレール | 交通 - 鉄道 - ロープウェイ | 交通 - 鉄道 - 廃線 | 交通 - 鉄道 - 海外 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 中国 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 九州・沖縄 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北海道 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北陸 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 四国 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東北 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東海 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 甲信越 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 近畿 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - その他 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京急 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京成 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京王 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 小田急 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東京メトロ | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東急 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東武 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 相鉄 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 西武 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 都営 | 住まい・インテリア | 動物園・水族館 | 博物館・美術館 | 地域 - 中国 | 地域 - 九州・沖縄 | 地域 - 全国 | 地域 - 北海道 | 地域 - 北陸 | 地域 - 四国 | 地域 - 東北 | 地域 - 東海 | 地域 - 海外 | 地域 - 甲信越 | 地域 - 近畿 | 地域 - 関東 - その他 | 地域 - 関東 - 千葉県 | 地域 - 関東 - 埼玉県 | 地域 - 関東 - 東京都 | 地域 - 関東 - 栃木県 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - その他 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - 川崎市 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横浜市 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横須賀市 | 地域 - 関東 - 群馬県 | 地域 - 関東 - 茨城県 | 学問・資格 | 寺・神社・教会 | 心と体 | 心と体 - 痔 | 携帯・デジカメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 経済・政治・国際 | 自衛隊・軍隊 | 芸能・アイドル | 芸能・アイドル - ももいろクローバーZ | 芸能・アイドル - 広末 | 音楽 | ~の旅(2006) | ~の旅(2007) | ~の旅(2008)