カテゴリー「映画・テレビ」の135件の記事

2019/12/07

映画「最高の人生の見つけ方」

10月14日、私の出演作でもある映画「最高の人生の見つけ方」を観に行きました。

Dscpdc_0001

がんによる余命宣告され、同室になった吉永小百合さん演じる普通の主婦・幸恵と、天海祐希さん演じるホテルチェーン社長のマ子が、12歳の少女が残した?おくすり手帳に書かれた「死ぬまでにやりたいことリスト」を実現していくという物語です。

続きを読む "映画「最高の人生の見つけ方」"

| | コメント (0)

2019/10/29

放送ライブラリー「テレビとCMで見る平成ヒステリー展」

続いて隣のビルにある放送ライブラリーで開催されていた「テレビとCMで見る平成ヒステリー展」へ。

・テレビとCMで見る平成ヒステリー展
Dsc_4243

平成の各年ごとにパネルがあり、その年の代表番組やヒットCDが展示されていました。

その他にTVガイドが表紙向きでずら~っと置かれていました。
見覚えのある(たぶん家にある)広末さんや広末さんも含むドラマ出演者による表紙もありました。
TVガイドは昔(だいぶ前)は小型サイズでしたね。(ザ・テレビジョン今と同じサイズ)

懐かしかったです。
一方で最近の年代の番組はパネルを見ても知らなかったり。
自分のテレビに対する感覚が2000年代1桁で止まっている事に気づきました。

| | コメント (0)

2019/05/10

夕張と札幌 (4) 夕張本町キネマ街道

石炭博物館から歩いて夕張医療センター前バス停へ。
次のバスまで40分ぐらいありました。40分待っても夕張から乗る列車は同じです。
どこか休憩する店でもないかと思いましたがなく、1つ先のホテルシューパロ前バス停当たりの方が賑わっていたのでとりあえずそこまで歩きました。
「夕張本町キネマ街道」の表示が見えました。
行きのバスでも見えていたのですが、店舗や民家に映画の看板が貼られています。

・夕張本町キネマ街道
夕張本町キネマ街道 夕張本町キネマ街道

・看板コレクション
史上最大の作戦 クレオパトラ
狼よさらば ローマの休日
太陽がいっぱい シェーン
猿の惑星 マイフェアレディー
荒野の七人

網走番外地 悲しき口笛
日本佚客伝 喜びも悲しみも幾歳月
男はつらいよ 男はつらいよ
カルメン故郷に帰る黒部の太陽

まだ時間がありましたがバス停で待ちました。
バス停で待っていたら、石炭博物館に行ったと思われる人たちがちょぼちょぼとこのバス停までやってきました。考えることは同じなのでしょうか?

| | コメント (0)

2018/03/18

放送ライブラリー「フジテレビ セットデザインのヒミツ展2」

3月4日、放送ライブラリーで開催されている「フジテレビ セットデザインのヒミツ展2 ~月9ドラマ30年の軌跡~」を見に行きました。

・入口
Dsc_0727

最初の作品が「アナウンサーぷっつん物語」で、月9ドラマってそんな昔からあったわけではなかったんだな思いました。
いや、自分が年を取った事に気づいていないだけか。30年前(1987年)ですし。

・台本
Dsc_0728 Dsc_0729
Dsc_0730

「教師びんびん物語」は生徒役で観月ありささんが出ていたりするんですよね。
「できちゃった結婚」の台本は印象的でした。自分の名前の所に「広末涼子」とか書いていたのでしょうか?

「ビーチボーイズ」も月9だったのに台本がないなぁと残念がっていたら別の特設コーナーにありました。

・ビーチボーイズ
Dsc_0734 Dsc_0735

民宿ダイヤモンドヘッドのデザイン画もありました。
1997年との事でもう20年も前になるのか。
「ビーチボーイズ」の音楽は以前ももクロのバックバンドの常連メンバーだった武部聡志さんなんですよね。

・HERO
Dsc_0737 Dsc_0733

・撮影スタジオ配置図
Dsc_0741

へぇ。広い1つのスタジオを分割していろいろな各シーン用のセットを組み立てるんだ。
1つのスタジオに1つだけセットがあるのかと思っていました。

・「西遊記」の衣装、「貴族探偵」のセット
Dsc_0738 Dsc_0740

・「コードブルー」のセット、「民衆の敵」のセット
Dsc_0744 Dsc_0745

最近の月9ドラマがどういう作品を放送しているのか全然知らないことに気づく。
きっちり観たのは10年前(2007年)の「プロポーズ大作戦」まで遡ってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/30

青梅 (1) 青梅駅

7月2日、青梅に行きました。

青梅駅で下車。
青海駅周辺では昭和レトロを打ち出しており、青梅駅もそうでした。

・駅名票
Dsc_6630

・待合室
Dsc_6749 Dsc_6750

・改札口とホームを結ぶ地下道
Dsc_6632 Dsc_6631

両側に映画の広告が貼られていました。
ホーム側は左も「鉄道員」右も「鉄道員」でした。(同名の別の映画です)
右側の高倉健さん主演の方の看板は、映画の撮影場所でもあった北海道の幾寅駅近くの「みなみ富良野情報プラザ」にあった看板を思い出しました。そこの看板と少し違います。
 参考: → 北海道旅行記(3) 幾寅駅(映画「鉄道員」ロケ地) (2006/4/11作成)

・駅舎
Dsc_6746

工事中でした。

この後青梅鉄道公園に行きました。

・青梅鉄道公園に行く道から見た青梅駅構内
Dsc_6741

12両編成対応の工事中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/08

「僕の生きる道」と「アンフェア」 (清水ヶ丘公園と大原隧道)

常照寺の上から住宅地に繋がっているので、山を下りずにそちらの方へ。

・高い所を走っている首都高速狩場線
Dsc_3226

近くに清水ヶ丘公園があり、見晴らし台とあったのでせっかくなので行ってみました。
清水ヶ丘公園はだいぶ前に来たことがあります。

・見晴らし台から見た千葉県(房総半島)と、上大岡方面
Dsc_3229 Dsc_3230

先ほどの常照寺の上よりも千葉県がよく見えました。東京湾を走る船も見えます。
右側の写真の真ん中より少し右側の高層ビルが3つぐらい立っているところが上大岡です。

・見晴らし台の木
Dsc_3232 Dsc_3234

思い出しました!
SMAPの草彅さん主演のテレビドラマ「僕の生きる道」でよく出てきた木です。
そうだそうだ。
以前清水ヶ丘公園に来たのは、この木を見るためでした。
もっと大きな丘の上にあった印象でしたが、少し高くなっているだけです。

清水ヶ丘公園の北側の下と南太田を結ぶトンネル(大原隧道)があるのですが、ここはテレビドラマ「アンフェア」のオープニング(主題歌が流れてくるところ)で出てくる場所です。
そこを通って帰りました。

・大原隧道の説明と北側の入口
Dsc_3237 Dsc_3238

・大原隧道内
Dsc_3239 Dsc_3241

・大原隧道の南側の入口
Dsc_3245

反対側の明かりが見えますしそんなには長くないです。
夜通ると怖いだろうなと思いました。

<おまけ>
・南太田ドンドン商店街
Dsc_3260

今はもうだいぶ廃れていますが、自分が横浜に来た20年ぐらい前は普通しか止まらない駅近くなのに結構賑わっていて「首都圏は違うなぁ」と驚いたものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/14

六本木ヒルズ (4) テレ朝バラエティ食堂

サマパスの特典を何も使わないのもあれなので、テレビ朝日の社員食堂で開催されている「テレ朝バラエティ食堂」へ。

・外から見たテレビ朝日本社の社員食堂がある部分
Dsc_3480

入口の見た目ではそれほどの混雑には見なかったのですが、中で結構並んでいて食事にありつけるまで結構時間がかかりました。

テレビ朝日の番組と連動した商品が並んでいました。
「さつま姫Qしゃぶサラダ」が美味しそうだったのですが、8月8日~16日限定だったので、コストパフォーマンスが高そうなキムタクが試食した「肉ギョーザ丼」(700円) を頼みました。
同じ事を思った人が多いのか「肉ギョーザ丼」が一番売れている様子 & 親子丼のように卵で綴じて煮る料理だったので出てくるまで少し時間がかかりました。

サマパス特典で、ドリンクを購入すると「ゴーちゃん。アラカルト」(ポテトフライなどから1品(一般購入者は2品) + ディップ1品 が無料で付いてくる。
という事で、生ビール(600円)とポテトフライ&豚みそのディップを頼みました。

・肉ギョーザ丼 + 生ビール + ゴーちゃん。アラカルト
Dsc_0638

ポテトフライが少量 & 「いつ揚げたんだよ」って感じの冷めたふにゃふにゃ状態のもので、買うまで並んだ事もあって結構がっかりしました。
ディップの「豚みそ」は美味しいかったですが、固い & ポテトがふにゃふにゃ だったので、ポテトをディップに付けて食べるのは無理です。
「肉ギョーザ丼」は、付いてきた餃子のタレをどっぷりかけてしまったのが失敗だったかな。これは自己責任ですが。

社員食堂を開放して「本来の社員の食事はどうるのだろう?」と思ったのですが、社員食堂開放は土休日と盆のみでした。

社員食堂の隣の屋上では、巨大なドラえもんのアドバルーンが置かれています。

・屋上のドラえもんのアドバルーン
Dsc_3485 Dsc_3488

・屋上から見た東京タワー
Dsc_3487

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/10

ニコニコ超会議2015

4月26日、ニコニコ超会議2015に行ってみた。

ニコニコ超会議に行くのは初めてです。
この日は特に用事はなく、面白そうなので行ってみました。
会場は幕張メッセ

海浜幕張駅から人がぞろぞろ。
幕張メッセ前の歩道橋を降りた所に人がたくさん並んでいてその列が流れておらず、「当日券を買うのにこんなに並んでいるのか。どれぐらい待つのだろう。」と思いきや別の列でした。
前売り券を買っている人が多いのか当日券は並ばずに変えました。
並んでいたのはコスプレに着替えるために並んでいる人だった模様。

入場口へ。
幕張メッセの西側の駐車場の所にやたら広い並び場所があり、ずらーっと並んでいて、必要以上に並び場所が長いこともあって入場するまで1kmぐらい歩いたような気がします。
11時半頃に到着して40分ぐらい並んで入場できました。

・入場口
Dsc_0416

・建物に入った所の飾り
Dsc_1664

幕張メッセの全館使用で、今まで自分が幕張メッセに行った中では一番の人出のように感じました。

・鳥取県出展の鬼太郎
Dsc_1665

・ニコニコ動画のコメントが印刷されてくるシステム
Dsc_1669

・超遭遇スポット
Dsc_1671

国立科学博物館の協力のようです。

・超演奏してみた
12時から「エビ中が在日米陸軍軍楽隊ロックバンドとコラボ」とあったので行ってみました。
入場したのが12時過ぎていてもうやっていましたが、エビ中(私立恵比寿中学)だけでやっていてあれ? と思って見ていましたが、途中で米軍バンドが出てきました。
米軍バンドの演奏で「ハイタテキ」等2曲を披露。
結構良かったです。ももクロよりレベルが上のように感じでしまいました。

あちこちにステージがあり、音がぼわーとなっていました。
歌っているときはよいですが、トークの時は他からの音が混じって聞き取りにくい。

・ニコニコ町会議
Dsc_1675

メリーゴーランドのように周ります。
動力は人力で、押す人と車に乗る人の列がありました。

・超運動場
Dsc_1677

テレビゲームでの試合です。

・超プロレスリングと超!ギネス記録チャレンジ
Dsc_1688 Dsc_1693

「超!ギネス記録チャレンジ」では、1分間に何回踏み台昇降ができるかというチャレンジをやっていました。

で、超プロレスリングの方から「場外乱闘」との事でこっちにやってきて、何回踏み台昇降ができるかにチャレンジ!
Dsc_1697 Dsc_0418

踏み台昇降は、途中でばてていました。
何ていうか「お笑い」です。
本気で戦うのではなく、客を楽しませる事が主眼って感じ。
プロレスってあんまり好きじゃなかったけど、これを見て少し面白さを感じでしまいました。

・向谷実Produce!超鉄道
Dsc_1684 Dsc_1700

「阪急電鉄」のステージイベントを観覧。
元運転手なのかな? ブレーキの掛け方の話とかしていて、関西人の特色なのか話の端々にお笑い要素があり面白かった。
後半「アンケクイズ」というのがあり、二択から正解と思いうものをニコニコ動画の視聴者は投票し、見学客はあっていると思う方の指を上げる。
皆どう考えて正解が明らかなクイズで、真面目に正解を挙げる人が案外多くて「ノリが分かっていない」とかなんとか。
楽しいステージイベントでした。
Dsc_1701

その他に「西武×京急」のステージイベントも観覧。
クイズコーナーメインで、客が1人選ばれて、「これは西武と京急のどちらか」というのを、黄色と赤の旗のどちらかを上げて答えるというもの。
「阪急電鉄」のイベントと比べると面白さに欠ける。
両方とも鉄道会社の広報の方の他に、向谷実さん、スーパーベルズの野月さん、ホリプロマネージャーの南田さん、フリーアナウンサーの鈴木順さんの出演でした。
Dsc_1713 Dsc_1719

・超階段
Dsc_1705

JALの飛行機から降りるタラップを使った階段。
羽田空港の第2ターミナルができる前はたまにあり、時間がかかるので「げっ」という気分になりましたが、できてからは経験なし。
降りた所のゲートの所でアメリカ横断ウルトラクイズの機内ペーパーテスト後の到着地のようにたまにブザーが鳴ったら面白いなと思いました。

・ニコニコ超年表
Dsc_1709

自分は2100年1月1日に死亡する予定です。

・痛Gふぇすた出張編 in ニコニコ超会議
Dsc_1729 Dsc_1754
Dsc_1751 Dsc_1753

・日本うんこ学会
Dsc_1730

まじめな展示のようでした。

・段ボール製
Dsc_1732

バスはドアが開きます。

・映画「パトレイパー 首都決戦」
Dsc_1736 Dsc_1737

映画に出てくる巨大警察ロボットがデッキダウンするというので撮影。
Dsc_1741 Dsc_1742
Dsc_1744 Dsc_1746

本物っぽいナンバープレートが付いていたので公道を走れるのかも。

まぁ、そんな感じです。
自分にはよく理解できないものも少なくありませんでしたが、楽しいイベントでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/23

岳南電車 (3) 比奈駅

比奈駅で下車。
この駅は、映画「幕が上がる」でさおりと中西さんが打ち解けるシーン(だったかな?) で使われた駅です。

・比奈駅に到着した電車と吉原に向かって走り去っていく電車
Dsc_1145 Dsc_1147

・ホーム
Dsc_1164 Dsc_1148

・駅名票
Dsc_1149

・駅舎から見たホーム
Dsc_1153

・やってきた「幕が上がる号」
Dsc_1156 Dsc_1157

・駅舎と駅舎内
Dsc_1160 Dsc_1163

映画でみた印象では「昔からの田舎の駅」って感じでしたが、
貨物側線跡が並んでいて「かつて貨物輸送で栄えた駅」って感じでした。
かつて放送されていた「拝啓!鉄道人」という番組でホリプロ南田マネージャーが「突放! 突放! 突放! 突放!」と叫んでいたのはこの駅だったかな?

・さおりと中西さんが座っていたベンチ
Dsc_0309

ベンチに座ってみました。

・ベンチから見た風景
Dsc_1169

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/22

岳南電車 (1) 吉原駅と幕が上がる号

3月21日、14年振りに岳南電車に乗りました。
幕が上がる号」に乗るのが第1の目的。
ももいろクローバーZ主演の映画「幕が上がる」がこの沿線で撮影され、また映画でも岳南電車が出てきたことから運行されることになった模様です。

以前は岳南鉄道による運行で貨物輸送が収益の柱のような感じでしたが、貨物輸送は2012年3月に廃止、その後2013年4月に設立された子会社の岳南電車による運行となりました。

三島までは特急「踊り子」で行こうと思っていましたが、乗り遅れてしまい、戸塚から岳南電車の乗換駅である吉原駅まで鈍行で。約2時間、案外近い。

吉原駅到着後、岳南電車のホームを見たら「幕が上がる号」が停車していました。

・東海道線ホームから見た「幕が上がる号」
Dsc_1087

・東海道線ホームから見た岳南鉄道乗り場とその連絡橋
Dsc_1088 Dsc_1084

静岡寄りに、JRの本駅舎とは別に連絡通路が設けられています。
連絡通路を降りると、自動改札機が1台だけ設置されており、その先に岳南電車の窓口や改札口がありました。東海道線のJR東海の職員の配置はなし。
自動改札口を通れない切符を持った人はどうするのかと思いましたが、そのあたり岳南電車の職員が対処している模様でした。

・岳南電車の乗り換え口と改札口
Dsc_1090 Dsc_1187

窓口で「幕が上がる公開記念切符」(土休日のみ使用可の1日フリー切符で410円) を購入

・幕が上がる公開記念切符
Dsc_0311 Dsc_1211

3月31日までの限定1万枚の発売で5004番だったので、期間までに完売することはなさそうでした。(1番から順番に振られているとは限らないので絶対そうだとは言えないですが)
ちまみに、通常のフリー切符も同じ値段で売られています。終点まで片道360円なので結構お得です。

・岳南電車のホーム側から見た改札口
Dsc_1093

・岳南電車のホームと停車中の「幕が上がる号」
Dsc_1095 Dsc_1098

「青春賦」MVの5:00ぐらいでホームの右側の線路に入線してきています。
ほぼ終日ホームの左側の線路を使用しているように見えたので、営業列車の合間に撮影用の電車を動かして撮影したのでしょうか。

・幕が上がる号の車内
Dsc_1099 Dsc_1100
Dsc_1101 Dsc_1119
Dsc_1120

映画の広告、広田オリザさん著の書籍の広告、「幕が上がる」の撮影風景の写真が飾られていました。

・車内のつり革
Dsc_0307

吉原側のドアと運転席の間のつり革は、5色のメンバー色のつり革が並んでいました。
ちょっと感激。
たいがいの並び順ですね(緑とピンクは逆の場合も多いですが)。

車内のつり革は全てメンバー色で、ドア間のつり革は片側に同じ色がずらり、岳南江尾側のドアと運転席の間のつり革はピンクで、数えてみたらピンクだけつり革が1つ少なかったです。

・終点の岳南江尾駅での「幕が上がる号」
Dsc_1109

・岳南江尾駅での「幕が上がる号」と8000形「かぐや富士」
Dsc_1118 Dsc_1117

モノノフらしき人は少なかったですが、半数以上は折り返し乗車でした。

・岳南富士岡駅での「幕が上がる号」
Dsc_1121

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お出かけ - 動物園・水族館 お出かけ - 博物館・美術館 お出かけ - 城 お出かけ - 寺・神社・教会 お出かけ - 植物園・植物 アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング グルメ・クッキング - そば・うどん・パスタ グルメ・クッキング - ハンバーガー グルメ・クッキング - ラーメン グルメ・クッキング - 丼 グルメ・クッキング - 駅弁・弁当 ゲーム スポーツ ニュース パソコン・インターネット ファッション・アクセサリ 交通 - バス 交通 - 自動車 交通 - 航空機 交通 - 船 交通 - 街道 交通 - 鉄道 交通 - 鉄道 - JRその他 交通 - 鉄道 - JR九州 交通 - 鉄道 - JR北海道 交通 - 鉄道 - JR四国 交通 - 鉄道 - JR東日本 交通 - 鉄道 - JR東海 交通 - 鉄道 - JR西日本 交通 - 鉄道 - JR貨物 交通 - 鉄道 - その他 交通 - 鉄道 - イベント 交通 - 鉄道 - ケーブルカー 交通 - 鉄道 - モノレール 交通 - 鉄道 - ロープウェイ 交通 - 鉄道 - 廃線 交通 - 鉄道 - 海外 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 中国 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 九州・沖縄 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北海道 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北陸 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 四国 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東北 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東海 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 甲信越 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 近畿 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - その他 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京急 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京成 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京王 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 小田急 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東京メトロ 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東急 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東武 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 相鉄 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 西武 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 都営 住まい・インテリア 地域 - 中国 地域 - 九州・沖縄 地域 - 全国 地域 - 北海道 地域 - 北陸 地域 - 四国 地域 - 東北 地域 - 東海 地域 - 海外 地域 - 甲信越 地域 - 近畿 地域 - 関東 - その他 地域 - 関東 - 千葉県 地域 - 関東 - 埼玉県 地域 - 関東 - 東京都 地域 - 関東 - 栃木県 地域 - 関東 - 神奈川県 - その他 地域 - 関東 - 神奈川県 - 川崎市 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横浜市 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横須賀市 地域 - 関東 - 群馬県 地域 - 関東 - 茨城県 学問・資格 心と体 心と体 - 痔 携帯・デジカメ 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 経済・政治・国際 自衛隊・軍隊 芸能・アイドル 芸能・アイドル - ももいろクローバーZ 芸能・アイドル - 広末 芸能・アイドル - 有安 音楽 ~の旅(2006) ~の旅(2007) ~の旅(2008)