カテゴリー「心と体」の12件の記事

2015/10/24

大腸のポリープ切除と痔

以前から貧血と痔があり、
肛門科の病院(個人病院)で、大腸の内視鏡検査を受けました。

大腸の内視鏡検査は3回目。
事前の食事制限は前受けたときは検査の前日だけだったような気がするのですが、3日前から制限を言われました。
自炊ならよいのだろうけど、コンビニ・スーパーや外食だと禁止のものが大抵含まれていて(特にネギ)困りました。野菜は駄目だという事なので野菜ジュースなら良いのかなと思って飲んだのですが、野菜ジュースはもっとよろしくなかったようでした。

前日の夜に下剤を飲んでそれから検査までは断食。下剤を飲んでから朝までに5回ぐらいも排便しました。

朝8時から水で薄めたニフレック(大腸の洗浄剤) 2リットルを2時間かけて飲みます。前受けたところでは病院で実施でしたが、今回受けたところは病院にそういうスペースがなく自宅でやらなければならないこと。前受けたときは検査の直前まで何度も便意が襲ったので、病院に行くまでに我慢できなくなるなんてことが起こらないか不安でした。(病院まで徒歩10分ぐらいですが)
前受けたときは飲んですぐに何度も便意が来て排便したのですが、今回はあまり来ず出も悪く、3回目の時点でからもう水しか出てこない状態。昨夜飲んだ下剤による排便でもう出てしまったと解釈して良いものなのか? 不安になりました。

検査時間が近づき、途中で便意が来るといけないのため 念のためトイレで無理に排便をして病院へ。
病院についたら「便の状況を確認するからトイレに行って排便して、流さずに看護婦を呼んでくれ」との事。
えっ! もう出ないよ。気張ったら出てほしくない少しの血と、一応便も出たのかな。看護婦に確認したら「うぅん、濁っているのでまだ駄目かな」って、ええっ。
「とりあえず検査着に着替えてください」との事で、その後検査を待つまでに、もう1回か出ないかやってきてくれとか。そう言われトイレに行くとプレッシャーがかかってかえって出なくなったいして。「自分はこういう事も出来ないのか」となんだか惨めな気分になりました。
結局「まぁいい」という事で検査に。

検査室(兼出術室?)に入り、注射をされて、検査開始。
肛門が少し痛く、まだ入っていないのかな? と思っていたら、「終わりました」との事。

検査しばらくベットで休み、着替えて診察室へ。
「6mmのポリープが1個あり、除去しました」との事。
前受けたときは「きれいですね」と言われたので、ポリープがあるとは思いもしていませんでした。
病理検査に出すので、2週間後ぐらいに結果を聞きに来てくれとの事。
ポリープを切除した場合は1~2週間食事・飲酒制限や運動制限があります。
除去しなかった場合は当日は制限があるものの、次の日からは特に制限なし。我慢していた食事や酒が飲める & その日は3連休の最初の日で次の日その次の日に出かけるつもりでいたのですが(次の次の日は米軍横須賀基地での空母公開に行くつもりでいた)、諦めざるを得ませんでした。3連休が家で過ごす休養の日になってしまいました。
その日の夜、おそらく麻酔が切れたからだと思うのですが肛門が強烈に痛くて痛くて、次の日も痛くて、3連休だったのはそう考えると幸いでした。

ポリープ除去後の食事制限は、除去した所の傷口の出血を防ぐためのようです。
何が大丈夫で何が駄目なのか...よくわからない。インターネットで調べてみると、制限期間もその時に食べたものの幅も結構あり、出血&手術は絶対避けたかった事もあってかえって悩む事になってしまいました。いつまでも制限するわけにはいかないので、どれぐらいから解禁していってよいのかなというのも。
検査後しばらく排便がなく不安になりました。その後出るようになりましたが、お酒を控えているのが影響するのか普段と排便のリズムが違うように感じています。(普段の方が悪くて、お酒が問題を引き起こしていたのかなと思わなくもなく)

2週間後の土曜日に病理検査を聞きに病院へ。結果は良性でした。ほっ。
ほっておくと癌化する場合があるとの事なので、結果的にはポリープが見つかって除去したのは良かったのでしょうね。

痔の方は入院して手術した方が良いと言われていたので、手術ができる別の肛門科専門病院(その医者の出身病院)の紹介状を書いてもらいました。
以前別の病院で紹介状を書いてもらった時は2000円ぐらいしたような記憶がしたのですが、750円(250点) でした。出身病院だから安いなんてことはないと思うのですが。
その病院は土曜日の午後もやっていて「まだ間にありますよ」との事なので、行きました。

痔の手術をすることになる(予定の)病院へ。
肛門科専門病院なので、あの人もそうなのかな、あの女の人も? とぼんやり思いながら結構待って診察。
やはり入院して手術をした方が良いとの事で、7~10日の入院が必要との事。手術自体は入院2日目に行うようで、その後の回復状況により入院期間が前後するようでした。

その後、別の場所・係により入院の説明(決れる人は入院日の予約も) がありました。
自分は仕事上相談なしで長期休暇を決められる立場ではないので説明だけ聞きました。
入院日の予約は後日電話で可能でした。何か月か先まで予約で埋まっているわけでなく近日でなければ割と希望通り予約が取れるようだったので安心。但し、12月中後半はもう予約で埋まっているとの事。私はそんな時期にやりたくありませんが、埋まっているとなるとその時期にやるとう選択肢がなくなるのでそれはそれでよかったか。

費用はベット代や食事費なども込みで約12万円(3割負担の場合)。思っていたよりも安かった。
しかし、部屋をアップグレーとした場合は追加料金が必要で個室の場合1泊27000円。10日でその値段ではなく1日でその値段。1泊27000円ってそこそこ高級なホテルの値段のような、そんな値段のホテルに泊まったことはないです。寝ていて喚いたりするようなので個室の方がよいのだけどその値段は...。

その後会計をして終了。
この病院ではずいぶん待ちました。診察を待つのはしょうがないかなと思うのですが、その後の入院の説明を受けるまでの待ち時間が診察待ちより長かった(ような気がします ~心理的な要素でそう感じただけかもしれませんが)。説明を受けるブースでは空席期間が長く、それまでの病院内での手続き作業に時間がかかっていたようでした。
病院に入ってから終わるまで約3時間かかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/12

紹介状を受け取りに行っただけなのに再診料って必要なの?

某医院にて、

前回診察(検査含む)を行った時に、他の病院の紹介状を書いていただくことになりました。
その病院に行く日までに紹介状を書いておくので取りに来てくれとの事でした。

今日その紹介状を取りに行ったのですが、
紹介状の料金の他に、再診料(70点)も請求されました。
今日は診察は受けていません。
そういうものなんですかね、何だか納得がいかないです。

前回の診察時に紹介状を受け取っていれば、再診料を1回分余計に払う必要はなかったはず。
「患者さん(特に他の患者さん)を待たせるのを防ぐため」と好意的に受け取っていたのですが、
再診料を1回分余計に稼ぐためだったんですかね。
何だか裏切られたような気分です。
再診料を請求するのが制度的にOKだとしても、そういう対応を取った(そういう説明もなかった)医師の姿勢に腹立たしく感じました。

思い出してみると、前回医療費を払って帰る時にその医師に「紹介状は~」と聞いたら、少し口ごもってから「用意しておくので~」と言ったような気がします。そういう作戦だったんですかね。
紹介状を貰うまで20分ぐらいまでかかったのもちょっと気になったのですが。もしかして用意していなかったとか?

家に帰ってから検索してみた所、こういうケースの場合は再診料は請求できないのが正しいっぽい。
参考: http://okwave.jp/qa/q6916551.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/08

新年早々風邪を引いた

この所「新年最初の勤務日の1週間の間に風邪を引く」が2~3年に1度起こっています。
今年もなってしまいました。
 - 今年は風邪に結びつきそうな事が1件ありましたが。(寒い所に長時間いた)

年末年始は毎日実家に帰っていますが、実家にいる間は引きません。
また、最初の勤務日の朝からいきなり引くのではなく、その次の日とかその週の週末辺りに引きます。

なんでかなぁ... と思って。

そう思いながら何気なくmixiニュースを見ていたらこんな記事を見つけました。
ニュースの元サイトにも記事がありました。
体がダルい…お正月疲れ解消の5つのコツ!」
 → http://allabout.co.jp/gm/gc/299296/

・食べ過ぎは、風邪をひきやすい!
 → 食べ過ぎではないと思うが、普段と食生活が違う(食べるもの、夕食の時間等)。
   飲み過ぎは当てはまるけど、普段もそうだからなぁ。

・寝正月は、疲労感を増大!
 → 寝正月は当たっている。普段は滅多にしない昼寝をしてしまう。
   普段の休日だと家から1歩も出ないなんて事はまずないが、実家に帰った時は1歩も
   出ない日があるし、出ても車とか。

・休み明けはこころも辛い!
 → まぁこれは、言いにくい事ですがその通りです。

解消方法として次のように載っていました。
(1) 胃腸の休息日をとろう!
(2) 汗ばむくらいに歩いてみよう!
(3) 温泉や岩盤浴ですっきり!
(4) 出勤イメージトレーニングを!
(5) 初出勤の日は、会議は入れない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/20

2回目の大腸の内視鏡検査

大腸の内視鏡検査を受けました。
2回目です。
前回は違う病院で検査を行ったのですが、検査手順はほぼ同じでした。

結果は前回と同じ。
特に問題なしだが痔がひどい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/10

初めての胃カメラ

鉄分不足(鉄道不足ではなく血液中の鉄分不足です)という事が判明し、胃に問題があるかもしれないとの事で胃カメラの検査を行いました。
初めての胃カメラです。

MCVが少なく、これが少ないのは男性では珍しいとの事。

前日は食事は20:00以降は禁止、但しお茶・水などは可、
当日はお茶・水も禁止で、薬は飲んでも良いとの事でした。

当日の朝、指定された時間の少し前に医院に着きましたが、医院は閉まっていました。但し中には誰か人がいる模様。
時間を過ぎても閉まったままで、「まだかな?」と思って扉のガラスの所から中を覗いていたら、職員が通勤して来て、扉を開けてくれました。中にはまだ白衣を着ていない医師が...。

その後、部屋に通され、
① 液を飲む
② 喉に麻酔が入ったゼリー状の液を入れた状態で5分間我慢
③ ベットで横になる
④ 腕に鎮静剤の注射
⑤ 口にマウスピースを噛まされる。
⑥ 胃カメラの入れる
⑦ 胃カメラで検査 (結構長かった)
⑧ 胃カメラを出して終了
⑨ 鎮静剤が効いているのでベットでしばらく寝る (眠れませんでしたが)

鼻から入れるタイプかと思っていたのですが、口から入れるタイプでした。

何時に終わったのか分かりませんが、一般診察前に検査という事のようです。
その後、一般診察者と同様に診察して結果を聞いて終わり。

胃カメラを入れるときに、ゲボゲボして大変でした。
医師によると、だいぶ凄かったと事。
もうやりたくない気分です。

結果は......、
特に問題なしとの事。

問題なしは良かったのですが鉄分不足の原因は分からずじまいで、喜んでいいのやら悲しんでいいのやら...。
別の日に大腸の内視鏡検査を行うことになっています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/03/01

横浜新都市交通(シーサイドライン)に乗って... 病院へ

横浜新都市交通(シーサイドライン)に乗って出かけました。
平日という事もあってか一番前の席(通称ヲタ席)に座ろうとする客がおらず、余裕で一番前の席に座る事ができました。
ゆりかもめや日暮里舎人ライナーのように運転席には座れないので(運転席区間の手前に柵がある)、普通の電車の一番前と座る事ができる位置は同じです。

201003010849000 201003010851000

下の写真は駅前と駅のホームから撮影した車両。携帯のカメラで撮影したのですが、いつも使っているデジカメよりもボタンを押してから実際に撮影されるまでの時間が長く、上手くタイミングが合わせられませんでした。残念。
201003011130000 201003011136000

行った先は、先週と同じ大学病院です。
参考: 薬疹を診てもらいに大学病院に行った (2010/2/2作成)

先週診てもらった時に行った血液検査の結果(主にアレルギー検査)をもらいました。
・IgEとかいうアレルギー反応を示すらしい成分が基準より高い
・スギのアレルギー反応がある (クラス3、測定値12.1UA/ML)
・測定対象のその他の物質(卵白・ソバ・ダニ等)のアレルギー反応はなし
など...

毎年花粉症の時期になると鼻とか咳が出ていたのですが、「花粉症」だったんですね。
部屋が汚いし万年床なのでダニの影響が気になっていたのですが、アレルギー反応はありませんでした。これならこのまま部屋を掃除しなくても大丈夫..... ってそういうわけではないですね。

薬疹の原因となった薬を突き止める検査(パッチテストというらしい)については、下記理由から医者の意見としては自分の場合検査はしなくても良いのではないかとの事。
・重症ではなく症状も引いている。
・検査したからといって突き止められるとは限らない。また、検査で反応が出た薬は駄目・反応が出た薬と同じ成分を使っている薬は問題が出る可能性があるという事は分かるが、それ以上の薬については分からない。
・候補となる薬を肌に貼り付けて意図的にアレルギー反応を起こさせて検査をするので体には良くない。
・3日間来院する必要がある。
また、
・医者(や薬剤師)に薬疹の可能性があった薬のリストを掲示すれば、その薬及び同じ成分を使っている薬は処方しないように配慮される(はず)
との事。
検査はやらない事にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/23

喘息の一歩手前

咳を診てもらいに病院に行きました。
行った病院は、「薬疹が出た」の記事に記載した「1・2週間前に診てもらった内科とは別の内科」です。

息を吸ったり吐いたりして何かを測定する機械で検査をしました。この検査がなかなか難しく、何度がやり直しをしてしまいました。

その結果、喘息の一歩手前で気管支が狭くなっているとの事。

フルタイドという吸引する薬が処方されました。
プラスチックの入れ物で出来ており、残り使用回数を示すカウンタが付いています。
カバーを開いてレバーを押し、吸入口から息を吸い込むという使い方をします。
カバーを開くと1回分の薬剤が移動し、レバーを押すと薬剤の封が破られるみたいな感じの仕組みになっているのかなと推測しました。
1回分使って見ました。「薬が吸入されると、わずかな甘味や粉の感覚を口の中に感じます」と書いてあり看護士や薬剤師からもその説明を受けたのですが、なんだかそんな感覚があまりしませんでした。上手く吸えていないのか、こんなものなのか?
吸った後は口に残った薬を洗い流すために必ずうがいをする必要があるとの事。食事をするのも効果的と言われました。
フルタイドの残り回数が0になる少し前くらいにまた病院に行く事になっています。

今日の診断で、ここ1ヶ月以上、特に2週間前から続いていた「胸の痞え」が取れたような気がします。
このまま特に問題がなく、薬疹等も発生せずに症状が回復していくと良いな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/02/22

薬疹を診てもらいに大学病院に行った

薬疹を診てもらいに某市立大学の付属病院に行きました。

大人になってからは、大学病院に来るのは初めてです。

「本日の予約患者数」なる張り紙が貼ってあって、その数が2000人を超えていました。
受付、診察、検査、会計 みんな結構時間がかかりました。
会計は、カルテを返すだけの窓口に、並べてある椅子の最後尾を超えるような長い列が出来ていて驚きました。
会計の精算はATMみたいな機械(クレジットカードが使える機械もある)で払う方式でした。

診察は、まず研修生みたいな人がいる区画に通され、その人に詳しい症状を聞かれました。パソコンで説明した症状を打ち込んでいました。一眼レフのデジカメで肌の写真も撮られました。
その後、しばらく待った後、隣の区間に通されました。
隣の区間には教授と助手らしき人が2人おり、カルテはパソコンで助手が入力していました。
教授が助手に説明している時間も若干あったりしてなんだか3分の1ぐらいは教材として使われているような気がしなくもなかったのですが、大学病院なのでそんなものでしょうか。
血液検査で採取した血液を研究で使用することの同意書も取られました。

診察結果は、なんだか自分自身が半分は理解できていないように感じます。メモしてくればよかったのかな。
(1) 重大な症状と言うわけではない模様。(既に症状は以前より引いてきている)
(2) 薬疹の他に、慢性蕁麻疹が出ている。(肌をかくとその部分が膨らんでくる現象が以前から発生しているのですが、その事も関係している模様)
(3) 薬疹とは別に咳は放置せずに直した方が良い。薬疹が出る事を覚悟して薬を使う事も1つの手で、出たら「それは駄目」という事がはっきり分かるのでそれはそれで良いかもしれない。 内科医と相談して... 伝々 (ちょっと自信なし)
(4) 採尿・採血を行ってから帰る。来週また診てもらう。
(5) アレルギーを抑える飲み薬と、塗り薬を処方。

原因となった薬を突き止める検査をするとかそういう話は出てこなかったのですが、しなくて良かったのかな? 「簡単に分かるわけではない」みたいなことは言ってきたけど。
来週また診てもらうことになったので、その時聞いてみればよいのかな。

(3)はどうやって内科医に説明すれば良いんだか。内科医はそれで納得してくれるものなのか? という疑問があったり。なんだか上手く説明する自信がなかったりします。

会計は、自己負担分(3割負担)だけでも9000円でした。
こんなにするとは思わなかった。
内訳を見ると、検査料が26620円になっています。
たぶん、採血が高いんだと思います。
今回5本分も採血されました。こんなに採血されたのは初めてです。こんなに採られたら貧血で倒れたりしないだろうかと思いました。倒れませんでしたが。

今月は、大学病院も含めて5つも病院に行っています。全て初診からです。
薬代も含めると、なんだかこの1ヶ月だけで過去5年分ぐらいの医療費を使ってしまったような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/20

薬疹が出た

1月の初めに風邪を引いて以来、ずっと鼻づまりと咳(むせるような感じ)が続いています。

2週間前に内科で診てもらったら、喉のチェックと聴診器を胸に当てたぐらいの簡単な検査で「風邪ですね。薬出しておきます。」との判断。半信半疑の診断結果に念を押してみたのですが、診断は変わらず。
処方されたいくつかの薬を飲んでいました。

改善の兆しがなく、強い咳が出たり、咳の影響と思われる頭痛が発生したので1週間前に同じ病院で診てもらったのですが、同じ様な調子の診断で薬が強化されました。
別の病院の耳鼻科でも診てもらったのですが、鼻の炎症との事で、内科で処方された薬リストを参照に別の薬も処方されました。

ここからが薬疹の話です。

今週の水曜の夜、腕を見たら手に赤い斑点が出ていて、ちょっと気になる。

木曜日、薬を飲んだ後入浴中に、両手・両足に多量の赤い斑点が出ているのに気付く。特に足が多い。痒いとかそういった事はない。インターネットで調べたりしたら、「薬疹」という症状に似ている。薬のアレルギー反応でこのような現象が発生する事があるとの事。薬を飲むのを止める。薬を飲むのを止まれば出なくなるような感じだったし、土曜日に1・2週間前に診てもらった内科とは別の内科に診てもらおうと思っていたので、その時に言えば十分かなと。

金曜日、赤い斑点はまだ出ていた。

という事で土曜日、別の内科に行きました。
医者に赤い斑点を見せたらちょっと驚いた表情をされ、「皮膚科に診てもらったのか」「診てもらっていないのならすぐに診てもらったほうが良い (土曜日は午前中しか診察しない病院が多いので早くしないと診てもらう時間がなくなるのも理由)」との事で、近くの皮膚科がある病院をいくつか紹介されました。
咳よりも優先度が高いような感じで、また咳の薬を処方するとしても何が駄目なのか分からないので処方しようがないというのもあるようでした。、処方されていた薬は基本的な薬であるとの事。

紹介された皮膚科の1つに行き、赤い斑点を見せたり、飲んだ薬のリストを見せたりする。
出やすい薬と出にくい薬があるようで これかな? あれかな? と考えてはいましたが、「どの薬でも発生しうる」そうで、「どの薬に問題があったのかは検査をしないと分からない」との事。
「うちの病院では検査ができないので大学病院の紹介状を作成するがどうするか?」と聞かれました。検査にはお金も結構かかるらしいです。
平日ならすぐにでも検査してもらう事が可能でそうしてもらうのが最適との事ですが、土曜日なので月曜日まで待つ必要があるとの事。

という事で、月曜日に大学病院に行ってこようと思います。
月曜日は少なくとも午前中は会社を休む事になるので、関係者の方々よろしくお願いします。(ってここで書いてもしょうがないが)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/04/21

大腸の内視鏡検査

今日「大腸の内視鏡検査」を受けました。
健康診断で要精密検査の判定となり、この検査をする事になりました。

自分が受けた病院はこんな感じでした。
---
検査前
① 3日前から繊維質のもの等消化が悪く大腸に付着しやすいものの食事禁止
② 前日は20時以降食事禁止  (水等は可)
③ 前日寝る前に下剤を飲む
④ 当日午前、2時間かけて何とかという下剤を1.8リットル飲む
    自宅でやっても良いし病院に来てやっても良い。
    排便に固形物がなくなったらOK。

検査
① 点滴を行う
② 鎮静剤を点滴に混ぜる
③ 実際の検査

検査後
① 鎮静剤が収まる1時間後ぐらいまで待機し、帰宅。
    検査時に空気を入れるのでおならが沢山出る。

但し、事前に同意している場合は、検査時に見つかった大腸のポリープの切断を行う。
ポリープを切断した場合は1日入院。
---

Webページで調べた所、病院によって違いがあるようでした。
自分が受けた所は食事制限が緩いようで、病院によっては前日は特別食を食べる等厳しい所もある。
検査時に点滴や鎮静剤を使わない所や、ポリープを切断した場合でも当日帰宅できる所がある。

内視鏡検査の他、強力な下剤を飲むのも、点滴も、鎮静剤も、どれもはじめての経験で不安です。
もちろん、検査の結果も不安です。
Webページで調べていたら、もしやの病気である可能性もあるようで、不安が増大してしまった。
いろいろ事前に調べるのも、考え物かもしれません。知らない方が気が楽かも。

検査前の④は病院で行いました。病院に向かっている最中に「もしや」の事態が発生する事を恐れたためです。自宅近くの病院ではありません。
ちなみに、自分が受けた日は、自宅で飲んできた人の方が多かったようです。

Webページをいくつか見た感じでは、④が苦しかったと言う人が多かった。1.8リットル飲みきるのが大変で、そのとき何度も発生する排便も。検査そのものよりも苦痛であったとなど。
そんなWebページを見て不安に感じていたのですが、自分の場合結構楽勝でした。
普通に1.8リットル飲めました。別にまずくはなかったり。
排便も、日常生活でお腹を壊した時の方がよっぽど苦痛でした。便も直ぐに水みたいな感じになった。...これは逆に言うと、元々お腹が弱いと言う事になるのかな?

指定された時間に検査室にいくと、検査が終わった人が車椅子に載せてどこかに運ばれていきます。
あの人も...この人も。若い女の子まで。
その光景を見てびびった!
「ポリープ切断になる人が多いのか!!!」 と急に不安になりました。
しばらくして、切断した人も切断しなかった人も、点滴が切れるまで別の病室で休むため運ばれているだけだと分かった。

検査着に着替えて、点滴が打たれ、その後自分の検査が回ってきました。
ベットに横向きとなり、点滴に鎮静剤が投入され、肛門から内視鏡を挿入。
先生によっては痛いとの事でしたが、やってもらった先生が上手かったのか全然痛くありませんでした。入った事が分からないぐらい。
検査中に、モニタで自分の大腸の中を見る事ができました。
鎮静剤を打つので眠くなると聞いていたのですが、検査中も検査後も眠くなりませんでした。それはそれでなんだか問題のような気もするんですが、例えば大手術をする場合に。

一番の苦痛は、検査後の大腸にガスがたまった状態でした。
これがなんとも気色悪かったです。

検査結果は特に問題なし。ポリープの切断もなく日帰りでした。
ひとまず安心です。

ただ、痔がひどいようで...。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | グルメ・クッキング - そば・うどん・パスタ | グルメ・クッキング - ハンバーガー | グルメ・クッキング - ラーメン | グルメ・クッキング - 丼 | グルメ・クッキング - 駅弁・弁当 | ゲーム | スポーツ | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | 交通 - バス | 交通 - 自動車 | 交通 - 航空機 | 交通 - 船 | 交通 - 街道 | 交通 - 鉄道 | 交通 - 鉄道 - JRその他 | 交通 - 鉄道 - JR九州 | 交通 - 鉄道 - JR北海道 | 交通 - 鉄道 - JR四国 | 交通 - 鉄道 - JR東日本 | 交通 - 鉄道 - JR東海 | 交通 - 鉄道 - JR西日本 | 交通 - 鉄道 - JR貨物 | 交通 - 鉄道 - その他 | 交通 - 鉄道 - イベント | 交通 - 鉄道 - ケーブルカー | 交通 - 鉄道 - モノレール | 交通 - 鉄道 - ロープウェイ | 交通 - 鉄道 - 廃線 | 交通 - 鉄道 - 海外 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 中国 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 九州・沖縄 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北海道 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北陸 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 四国 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東北 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東海 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 甲信越 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 近畿 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - その他 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京急 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京成 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京王 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 小田急 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東京メトロ | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東急 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東武 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 相鉄 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 西武 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 都営 | 住まい・インテリア | 動物園・水族館 | 博物館・美術館 | 地域 - 中国 | 地域 - 九州・沖縄 | 地域 - 全国 | 地域 - 北海道 | 地域 - 北陸 | 地域 - 四国 | 地域 - 東北 | 地域 - 東海 | 地域 - 海外 | 地域 - 甲信越 | 地域 - 近畿 | 地域 - 関東 - その他 | 地域 - 関東 - 千葉県 | 地域 - 関東 - 埼玉県 | 地域 - 関東 - 東京都 | 地域 - 関東 - 栃木県 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - その他 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - 川崎市 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横浜市 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横須賀市 | 地域 - 関東 - 群馬県 | 地域 - 関東 - 茨城県 | 学問・資格 | 寺・神社・教会 | 心と体 | 心と体 - 痔 | 携帯・デジカメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 経済・政治・国際 | 自衛隊・軍隊 | 芸能・アイドル | 芸能・アイドル - ももいろクローバーZ | 芸能・アイドル - 広末 | 音楽 | ~の旅(2006) | ~の旅(2007) | ~の旅(2008)