カテゴリー「アニメ・コミック」の8件の記事

2016/08/21

生田緑地 (3) 藤子・F・不二雄ミュージアム

川崎市藤子・F・不二雄ミュージアムへ。

入場は発売枚数制限ありの完全予約制になっており、ミュージアムではチケットが買えません。ローソンで事前に購入する必要があります。
入館時間の指定があり、10時、12時、14時、16時から選択可能です。指定した時刻の30分後までに入場する必要があります。
この日は土曜日でだいぶ前から予約していないと入れるわけないかと思っていたのですが、前日に見たら遅い時間の指定はまだチケットが余っており、当日の午前中にローソンで16時からのチケットを購入しました。

・藤子・F・不二雄ミュージアムの外観
Dsc_0309 Dsc_0330

場所は向ヶ丘遊園モノレールの向ヶ丘遊園正門駅があった辺りになるのかな?
隣の敷地の柵の隙間から向ヶ丘遊園の大階段跡も見えました。

・向ヶ丘遊園の大階段跡
Dsc_0333

16時からの入場券でしたが、バスの関係で15時半頃に着いてしまいました。
入場口前に16時からの入場者の待機列ができていました。
16時まで待たなければいけないのかと思っていましたが、15時45分から入場が開始されました。
数十人ずつ入り、係の人の説明を受け、その後無料の音声ガイドの貸出を受けます。
大人用、子供用と、各種外国語用が用意されています。
入場料大人1000円で音声ガイド付きは、この手の施設としてはかなり安いように思いました。他は音声ガイドだけでも500円ぐらいします。
館内での写真撮影は禁止でした。

最初は常設展示。
藤子・F・不二雄が描いた漫画の原画やアニメの映像、漫画の作り方の展示等。
藤子・F・不二雄氏の仕事机を再現した所もありました。頭上に巨大な本棚があって鉄道模型なんかも置かれていました。

2階には企画展示室もあり、開館5周年企画として「ドラえもん名作原画展 ミュージアムセレクション」が開催されていました。
「ドラえもん」は、小学館の「小学x年生」の全ての学年用にそれぞれその年に合わせた作品が連載されていたようです。(今調べたら小学3年生以後は今は存在しないんですね)
音声ガイドは企画展も対応しており、音声ガイドを聴きながら漫画を1つずつ読んでいたら結構時間が過ぎていました。入場時に沢山いた客も少なくなっていました。

藤子・F・不二雄氏の日常生活のコーナーもあります。
藤子・F・不二雄氏って娘が3人いたのか...。

「Fシアター」ではオリジナル短編作品が見られます。1人1回限りで音声ガイド引き換え時に同時に渡される硬券を見せる必要がります。
上映されていたのはキテレツ大百科&ドラえもん「コロ助のはじめてのおつかい」です。
そんなに面白くなかったかな?
上映後、ドラえもんの道具が使われました。天気の良い日限定だそうです。

3階はレストランと屋上になっています。屋上には藤子・F・不二雄作品のオブジェが展示されていました。

・屋上の藤子・F・不二雄作品のオブジェ
Dsc_0314 Dsc_0315
Dsc_0328 Dsc_0325
Dsc_0320 Dsc_0322
Dsc_0324

「のび太の恐竜」、小学校低学年の頃だと思いますが、母と妹で映画館に見に行きました。
なぜか最後の方で泣いてしまって、テレビで放映されたときも泣いてしまって、母に怪しまれたのを思い出しました。

3階の「藤子屋」で売っていたどら焼きを買いました。

・どら焼き
Dsc_1465

210円です。広島県のもみじ饅頭なんかも作っている業者の製造でした。

藤子・F・不二雄ミュージアム、結局2時間半ぐらいいました。
思いのほか良かったです。
ドラえもん世代(っていつの世代になるのか? 自分は1972年産まれ) は楽しめるかも。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/26

高架化完成後の稲城長沼駅

帰りに高架化が完成した稲城長沼に寄ってきました。

・上りホーム立川寄りから見たホームと立川方面
Dsc_9348 Dsc_9349

・ホームの壁
Dsc_9350

丸い穴が空いています。

・改札口
Dsc_9364

自動改札機は3台のみでした。

・東側からみた駅舎と西側から見た駅舎
Dsc_9352 Dsc_9359

ホームの丸い穴はこういうデザインのためのようでした。
以前は駅の入口は東側だけでした。

・東口から見た南方面と、西側の仮設バス乗り場
Dsc_9357 Dsc_9358

建物が密集しごみごみしていた駅前が再開発によるものだと思いますが店等もなくがら~んとしていて、なんだか逆に田舎っぽくなったような気がしました。

・高架下にあったガンダムとシャア
高架下にあったガンダムとシャア

何でこんなものがここに。
高架下のいなぎ発信基地ペアテラス前で、
これをデザインした大河原邦男さんが稲城市出身・在住という事で設置されたようです。
南武線の高架の高さに合わせたサイズで、お台場ガンダムと比べるとだいぶ小さいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/05/17

なばなの里 (1) 野外の花

5月5日、両親と三重県桑名市長島町のなばなの里に行きました。
今年はウインターイルミネーションがゴールデンウィークまで(5/10まで)延長開催でした。

16時頃着きましたが、イルミネーションの点灯は19時からで日没時間に合わせているようです。
それまで園内の花を見ました。

・入口近く
Dsc_1888

・池とその周り
Dsc_1925 
Dsc_1897 Dsc_1899

・花ひろば
Dsc_1904 Dsc_1917
Dsc_1922

4月下旬までチューリップ祭りを行っていたようなのですが、終了していました。
チューリップを抜いた後が跡が残っている場所があったりして(葉の部分だけが残ってた)、人によってそういう風にされてしまったチューリップが可哀想に思いました。

展望台の前部分。
Dsc_1905

展望台に上がってみている人が沢山いたので行ってみることに。
Dsc_1911 Dsc_1913

なんと、花で作ったアンパンマンの絵で見事でした。
ナガシマスパーランドの隣に名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パークがあるので、その関係でしょうか。(運営会社がなばなの里と関係がある)

・鏡池
Dsc_1987

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/31

東京タワー (2) 藤子・F・不二雄展

続いて東京タワーで開催されている生誕80周年記念「藤子・F・不二雄展」へ。

フットタウンの屋上と4階が会場で、屋上が入口でした。

屋上にはドラえもんの人形がたくさん置かれていました。
55体置かれているようです。圧巻です。

P8170121 P8170123
P8170114 P8170117
P8170128 P8170126

続いて中の階段を降りて4階へ。
4階からは入ることはできない構造になっているのに、なぜかここでも入場券のチェックがありました。

P8170131 P8170132

ここからは撮影禁止。
そしてなぜか待ちが発生。
この先に「SFシアター」 (SF = すごくふしぎ)があり、そのための待ちでした。
その手前に、藤子・F・不二雄氏が愛用していた品の展示コーナーがあるのですが、その場所で列を作って並んでいるので、そのコーナーの展示物はあまり見られませんでした。よくない方法だと思いました。

「SFシアター」は真ん中に机が置いてあり、机が開いてそこからCGのドラえもんが出てくるんだったかな... 違ったかな?  ちょっと忘れた。

そのあと、原画コーナーがありこれがこの展覧会の主でした。
藤子・F・不二雄氏が描いた作品の原画がずらりと並んでいます。
1987年のコンビ解消までまでは藤子・F・不二雄氏と藤子不二雄Ⓐの2人でコンビを組んで「藤子不二雄」として作品を発表していましたが、実際には初期の頃を除いてそれぞれが別々の作品を作っていたそうです。藤子・F・不二雄氏は「ドラえもん」「パーマン」、藤子不二雄Ⓐ氏は「忍者ハットリくん」「怪物くん」といった感じで。
藤子・F・不二雄氏はまだ生きているものと思っていたのですが、1996年に亡くなられたそうです。知りませんでした。

原画コーナーの最後には、少年時代に藤子不二雄Ⓐと共同で手作りで(鉛筆書きで)制作した漫画雑誌「少太陽」が展示されていました。架空の広告もあったり。

最後にキャラクターとの撮影コーナーや、有名人からの色紙が展示されているコーナーがありました。

・ドラえもんの形をした入れ物に入ったガチャガチャ
P8170134

ドラえもんの人形は「藤子・F・不二雄展」の会場内以外にも置かれています。
会場内を含めて東京タワー全体で80体置かれているそうです。

・会場外のドラえもん各種
P8170102 P8170030
P8170135 P8170109

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/01

さがみはらフェスタ2012 (2) 松本零士さんスペシャルトークショー

<松本零士さんスペシャルトークショー>
ちょうどよい時間にステージイベントで「松本零士さんスペシャルトークショー」があったので見てきました。
約40分のステージでした。

Pb240137 Pb240141

松本零士さんは、北九州に住んでいた高校生の頃からプロの漫画家だったとの事。知らなかったので驚きました。

うろ覚えですが、
・銀河鉄道999の機関車は、松本さんが上京する時に乗ってきた列車の機関車がモチーフ。その後すぐにディーゼル機関車 → 電気機関車 に替わった。
・銀河鉄道999のメーテルは、後で曽祖母の写真が出てきてそれにそっくりだった。
・今まで描いてきたものは写真ではなく実際に自分の眼で見たものをモチーフにしている。世界のいろんなところに行った。唯一の例外は宇宙から見た地球。ぜひ宇宙に行きたい。
・キャラクターはどの国の人からも不快を与えないように考慮して描いている。

司会の人は銀河鉄道999か宇宙戦艦ヤマトの話題に持って行きたかったようですが、その話にはなかなか行かずといった感じでした。

最後に松本零士さんからのプレゼントが3名に当たるとの事で、昔テレビ東京系で土曜9時から放送されていた「テレビあっとランダム」での関口宏さんと観客とのじゃんけん大会と同じ方法で当選者を決めていました。
松本さんがじゃんけんするのかと思いきや、はやぶさのコスプレをした女の人が出てきてその人とじゃんけん。なんでこの人とじゃんけん? と思いました。

<JAXA関連展示>
Pb240146 Pb240151
  

この後、相模原駅の駅ビル4階にある「相模原市民ギャラリー」で「さがみはら × 松本零士の世界展」が開催されているとの事で、帰りに寄ってきました。
「キャラクターはどの国の人からも不快を与えないように考慮している」と言っていたが、不快に感じる国がありそうな女性の裸の絵があったり。
そんな事を思いながら奥の方に入っていき、ふと横を見たら人だかりができていてその中に松本零士さんがいて非常に驚きました。
「さがみはらフェスタ2012」で松本零士さんのグッズ3000円以上を買った人の中から抽選で当たるサイン会だったようです。サインをしている間にその横に並んで一緒に写真を撮ってもらったりしていました。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/24

お台場ガンダム

「2009夏休みフェア」の後、大井町駅からバスに乗ってお台場に移動し、「ガンダム」を見てきました。

ちょっと離れた所の後ろから。
羽田空港に着陸する飛行機が一緒に入っているショットを狙ってみましたが、なかなか上手くタイミングが合わせられず。
タイミングが合い過ぎるとそれはそれであまりよろしくない絵になってしまいますが。
P8220147

近くから。
P8220152 P8220175
P8220207

アップ。
P8220160 P8220174

現物を見ると壮大です。
「機動戦士ガンダム」、年代的にはタイムリーなのですが自分的にはあまり詳しくないです。
それでも、「おおっ!」と思いました。

本放送が始まったのは自分が小学生の頃、土曜日の夕方だったと思います。東京の放送局ではなく名古屋テレビ製作なんですよね。
映画も公開されたりして、同級生の間では人気だったような記憶があります。(他には「キン肉マン」が人気でした。)
自分は作った事がありませんがガンプラも流行っていたような気がします。

定時になるとパフォーマンスが行われるようです。
P8220182 P8220185
P8220189 P8220190
いったん目が消灯 → 再び点灯 → 顔を左に向ける → 胸・足の辺りから水蒸気 → 顔を上に向ける → 元に戻る
こんな感じだったと記憶しています。

この人はもの凄い人出でした。
「台場駅前」というバス停で降りたのですが、そこから会場までずら~っとガンダムに向かう人の流れが。
待たされる事なくずるずると人が流れていたので、相当の人数になるのではないかと思います。
ガンダムの股の下を潜る事が出来るのですが、この日は混雑が酷く「股の下での撮影禁止」、ちょっと残念でした。

このガンダムは8月31日までの公開です。
公開終了後はどうするんでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/07/14

鉄子の旅 (第3旅) 土合・筒石

6月末からファミリー劇場で「鉄子の旅」がアニメ化されて放送されている。

地上波やBS局が作成したアニメの再放送ではなく、CS局が新規に作成したアニメ作品。
車両や風景がリアルに描かれており、電車のモーター音等も乗車している形式に応じてリアルに再現されている。
お金もかかるだろうしよく作れたなぁと感心する。
アニメの最後に出てくるスタッフロールでは、作画担当で韓国人らしき人の名前がずらりと出てきた。
あぁなるほど、そういう事か。
描いてもらう絵の内容を韓国人に伝えるのは結構大変だと思うのだが、どうしているのだろうなぁ~。

7/8からの週に放送された第3旅は「土合・湯檜曽…鉄子流デートコース」であった。
その中で紹介されたトンネル駅の「土合駅」(上越線)と「筒石駅」(北陸本線)は行った事あるぞ...。
行ったときの事を思い出してしまった。

「土合駅」は2002年8月に訪問。
トンネル内のホームから駅改札口まで階段を登り、駅から更に谷川岳ロープウェイ乗り場まで歩いた。
ホームから改札まではともかく、駅からロープウェイ乗り場まで歩き疲れた記憶がある。
下記はその時の写真。
Pic00002 Pic00007
Pic00011 Pic00016

「筒石駅」は2004年8月に訪問。
トンネル内のホームから駅改札口まで階段を登り、駅から海まで下った。海まで下ったのは良いけど、再び駅まで登るのが大変でした。
夕方で、日本海に沈みかけている夕日が綺麗でした。
Pic00014 Pic00020
Pic00029 Pic00037

おまけ。
北越急行・ほくほく線の美佐島駅。こちらもトンネル駅。2004年8月、筒石駅の次の日に訪問。こちらは地上からホームまであまり深くない。
Pic00043 Pic00046
Pic00048

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006/07/09

サザエさんの声優

久しぶりにアニメ「サザエさん」を見た。
ワカメ役の声優が替わっていた。
知らなかった...。替わったのは今年の4月からだったようだ...。
違和感を感じた。
以前のワカメちゃんとは異なる「別のキャラクター」のように感じた。変な例えですが、あの時代の子供ではなく、「現代っ子」って感じ。
そのうち慣れてくるのかな。

Wikipediaの「サザエさんの登場人物」によると、ちょこちょこ声優が替わっていたのですね。
カツオ役も1998年に替わっている。あれ...。自分が子供の頃に見ていたときと違う声優だったんだ...。

そういえば、「ドラえもん」も声優が大幅に入れ替わったのですよね。
声優が替わってから一度も「ドラえもん」を見ていない事に気づいた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | グルメ・クッキング - そば・うどん・パスタ | グルメ・クッキング - ハンバーガー | グルメ・クッキング - ラーメン | グルメ・クッキング - 丼 | グルメ・クッキング - 駅弁・弁当 | ゲーム | スポーツ | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | 交通 - バス | 交通 - 自動車 | 交通 - 航空機 | 交通 - 船 | 交通 - 街道 | 交通 - 鉄道 | 交通 - 鉄道 - JRその他 | 交通 - 鉄道 - JR九州 | 交通 - 鉄道 - JR北海道 | 交通 - 鉄道 - JR四国 | 交通 - 鉄道 - JR東日本 | 交通 - 鉄道 - JR東海 | 交通 - 鉄道 - JR西日本 | 交通 - 鉄道 - JR貨物 | 交通 - 鉄道 - その他 | 交通 - 鉄道 - イベント | 交通 - 鉄道 - ケーブルカー | 交通 - 鉄道 - モノレール | 交通 - 鉄道 - ロープウェイ | 交通 - 鉄道 - 廃線 | 交通 - 鉄道 - 海外 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 中国 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 九州・沖縄 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北海道 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北陸 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 四国 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東北 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東海 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 甲信越 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 近畿 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - その他 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京急 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京成 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京王 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 小田急 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東京メトロ | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東急 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東武 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 相鉄 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 西武 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 都営 | 住まい・インテリア | 動物園・水族館 | 博物館・美術館 | 地域 - 中国 | 地域 - 九州・沖縄 | 地域 - 全国 | 地域 - 北海道 | 地域 - 北陸 | 地域 - 四国 | 地域 - 東北 | 地域 - 東海 | 地域 - 海外 | 地域 - 甲信越 | 地域 - 近畿 | 地域 - 関東 - その他 | 地域 - 関東 - 千葉県 | 地域 - 関東 - 埼玉県 | 地域 - 関東 - 東京都 | 地域 - 関東 - 栃木県 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - その他 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - 川崎市 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横浜市 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横須賀市 | 地域 - 関東 - 群馬県 | 地域 - 関東 - 茨城県 | 学問・資格 | 寺・神社・教会 | 心と体 | 心と体 - 痔 | 携帯・デジカメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 経済・政治・国際 | 自衛隊・軍隊 | 芸能・アイドル | 芸能・アイドル - ももいろクローバーZ | 芸能・アイドル - 広末 | 音楽 | ~の旅(2006) | ~の旅(2007) | ~の旅(2008)