カテゴリー「地域 - 東海 - 静岡県」の80件の記事

2024/01/08

沼津港 (3) びゅうお

沼津港深海水族館から沼津港水門展望施設びゅうおの南側の市場口へ。

行く途中で狩野川と沼津魚市場INOを覗いてみました。

・狩野川
Dsc_0430_20240107221201 Dsc_0429_20240107221201

・沼津魚市場INO
Dsc_0431_20240107221501

2階から卸売場が見学できるようになっていました。
休日の16時過ぎだったのでもうやってません。

・沼津魚市場INOのデッキから見たびゅうお
Dsc_0433_20240107221901

それではびゅうおに向かいます。

・びゅうお市場側閉鎖中
Dsc_0437_20240107222101

がーん😨
エレベーター故障によりこちら側(市場側)は閉鎖中との事。
沼津港深海水族館からまぁまぁ距離があったのに。
向こう側は直線距離では近いですが、実際に行くには大回りで結構距離があります。
行きました。

・向かう途中
Dsc_0439_20240107222901 Dsc_0440_20240107222901

20分弱かけて北側の港口公園側に到着。

・びゅうおの港口公園側
Dsc_0444_20240107224801 Dsc_0445_20240107224801

エレベーターで上がります。
入場料100円です。

・南北を結ぶ通路部分
Dsc_0448_20240107225701

・南北を結ぶ通路から見た山側
Dsc_0449_20240107230501

・南側の展望室からの風景
Dsc_0451_20240107232001 Dsc_0453_20240107232001 
Dsc_0456_20240107232001 Dsc_0460_20240107232001

・南側の展望室内
Dsc_0459_20240107232301

・南側の展望室から見た富士山
Dsc_0462_20240107232801

・南側の展望室から見た水門
Dsc_0465_20240107235201 Dsc_0466_20240107232801

津波対策用の水門です。
これはどういった仕組みになっているのか? この壁がそのまま単純に下りていくなら大した高さにはならなそうに思いました。

・南北を結ぶ通路から見た南側と再び北側
Dsc_0470_20240107234401 Dsc_0468_20240107234401

埠頭の先にも卸売市場。沼津港の卸売市場たくさんありましたがどう使い分けされているのでしょうね?

・北側展望室から見た千本松原と富士山
Dsc_0475_20240107235901

これは良い風景。
遊覧船に乗ったときは雲が立っていた富士山もきれいに見えました。

それでは沼津駅に戻って帰ります。

・沼津ラクーンよしもと劇場
Dsc_0486_20240108000601

沼津にも吉本の劇場があるのか...

・沼津駅
Dsc_0487_20240108001901 Dsc_0488_20240108001901 
Dsc_0493_20240108001901

数少ないJR東日本直通列車のグリーン車に乗って帰りました。
券売機で見つけられずみどりの窓口で購入しました。別途東海区間のグリーン席料はいらず通しで800円でした。

(完)

| | | コメント (0)

2024/01/07

沼津港 (2) 沼津港深海水族館

本日のメインイベント、沼津港深海水族館へ。
ここに行くのが目的でした。

・沼津港深海水族館の入口
Dsc_0328_20240107164601 Dsc_0330_20240107164601

入ります。

1階はまずは「浅い海・深い海」「ヘンテコ生き物」「深い海」のコーナー。
「浅い海・深い海」では浅い海と深い海の魚が比較展示されていました。
どれが浅い海の魚でどれが深い海の魚でどれがどのコーナーだったか分からなくなったので雑多で載せます。
混んでいてずるずると進んでいく状態でした。

Dsc_0336_20240107165601 Dsc_0342_20240107165601 
Dsc_0348_20240107165601 Dsc_0349_20240107165601
Dsc_0357_20240107171501 Dsc_0358_20240107172701
Dsc_0362_20240107171501 Dsc_0368_20240107172701

・駿河湾大水槽
Dsc_0370_20240107172001 Dsc_0374_20240107172001

結構狭いです。
海での深海魚の捕獲の様子の動画も放映されていました。
バックヤードに魚を映していましたが、どこにそんなスペースがあるのかな? と思いました。
2階の方が広かったのでその広かった部分の下にあるのかなと思いましたが、別の施設のようでした。

2階へ。
シーラカンスの説明があると放送が流れていたのでそれに行ってしまったのか、入口の混雑はなんだったんだろう? ってぐらいの空き具合に。

・シーラカンスミュージアム
Dsc_0379_20240107173901

・シーラカンスの剥製と魚拓
Dsc_8301_20240107173901 Dsc_0385_20240107173901

・特別展示コーナー
Dsc_0388_20240107174301 Dsc_0391_20240107174301

・シーラカンスのブロック
Dsc_0393_20240107175701

・冷凍シーラカンス
Dsc_0427_20240107175701 
Dsc_0395_20240107175701 Dsc_0400_20240107175701

・シーラカンスの剥製
Dsc_0401_20240107175701

・シーラカンスの内臓の模型
Dsc_0404_20240107175701

シーラカンスいろいろです。
冷凍シーラカンスの顔は迫力がありました。

・深海の世界
Dsc_0408_20240107180201 Dsc_0413_20240107180201
Dsc_0410_20240107180201 Dsc_0414_20240107180201

深海の蟹、海老、ダイオウゾウリムシ。

・リュウグウノツカイ、メガマウス
Dsc_0422_20240107181701 Dsc_0426_20240107181701

思っていたよりも小さかったです。
公立ではなく私企業による運営です。

| | | コメント (0)

沼津港 (1) 遊覧船

9月24日、沼津港に行きました。

まずは沼津駅へ。

・沼津駅
Dsc_0266_20240106010401 Dsc_0267_20240106010401 
Dsc_0268_20240106010401 Dsc_0269_20240106010401

アニメのキャラクターなのかな? それでいっぱいでした。
バスに乗って沼津港へ。

・遊覧船
Dsc_0271_20240106230901

乗るつもりではなかったのですがせっかくなので乗りました。
千鳥観光汽船による約30分の運航です。
出航します。

・出航
Dsc_0274_20240106233001 Dsc_0275_20240106233001 
Dsc_0276_20240106233001 Dsc_0277_20240106233001 
Dsc_0278_20240106233001 Dsc_0281_20240106233001

水門(びゅうお)を抜けて外へ。
びゅうおはこのあと行きました。

・遊覧船から見た南側
Dsc_0283_20240107000101 Dsc_0285_20240107000101 
Dsc_0293_20240107000101 Dsc_0300_20240107000101

これがあのあたりというのは行ったことのない地域でもあり分かりませんでした。😥

・遊覧船から見た北側
Dsc_0289_20240107001701 Dsc_0313_20240107001701
Dsc_0314_20240107001701

富士山が見えました。
雲がかかっていて微妙な感じでした。見えないよりは良し。
沼津から富士市の方にかけて千本松原があり、近くまで行くのかと思いきやそうでもなかったです。

沼津港に戻ってきました。

・入航
Dsc_0317_20240107002301 Dsc_0323_20240107002301
Dsc_0325_20240107002301 Dsc_0326_20240107002301

下船します。
昼は、さんざん迷って沼津みなと新鮮館にある武田丸という店で「びっくり丼」(1500円)。カニ汁付きです。
ごはんの量が多くてびっくり。
味は... 微妙な感じ🤔...
元々は回転寿司だったようでした

・武田丸「びっくり丼」
Dsc_8289_20240107003201

| | | コメント (0)

2023/12/03

三島 (7) 三島田町駅

バス停に戻って時刻表を見たら当分バスがなく、調べてみたら伊豆箱根鉄道の三島田町駅がまぁまぁ近かったので、伊豆箱根鉄道に久しぶりに乗りたいなという思いも起こってきたので三嶋大社の参道を通って駅に向かいました。

・途中で見かけた風邪をひいて動けない人形
Dsc_0101_20231203232801

・道標?
Dsc_0102_20231203232801

・郵便局
Dsc_0103_20231203232801

三島田町駅に到着。おとなしくバスを待った方が早かったですね。

・三島田町駅
Dsc_0104_20231203234101 Dsc_0107_20231203234101

店があり特急踊り子も止まりますが無人駅でした。自動改札機があります。
地下道で反対側のホームに渡る形式でした。

・やってきた列車
Dsc_0110_20231203234401

単区間でしたが伊豆箱根鉄道にも久しぶりに乗車できて良かったです。奥の方にも乗ってみたいです。

帰りは在来線の普通列車です。

・三島駅のJR線ホームから見た伊豆箱根鉄道のラッピング車
Dsc_0111_20231203234801

熱海駅からはグリーン車。
ご当地のものは何も食べていなかったので、三島駅で買った三島コロッケパン等。

・三島コロッケパンと車窓
Dsc_7915_20231203234801 Dsc_7917

(完)

| | | コメント (0)

三島 (6) 三嶋大社

三島スカイウォークの見学が諸事情😅により早く終わってしまったためまだ時間があったので、三島からのバスの途中にあって気になっていた三嶋大社に寄ってみました。
何人か降りました。

・三嶋大社の入口(大鳥居)
Dsc_0068_20231203195801

・たたり石と若山牧水の歌碑
Dsc_0071_20231203214601 Dsc_0072_20231203214601

・入った所から左右の池と真ん中
Dsc_0075_20231203221001 Dsc_0073_20231203221001 
Dsc_0074_20231203221001

左の神社が気になりますがひとまず進みます。

・総門とその先
Dsc_0076_20231203221801 Dsc_0077_20231203221801

・神門
Dsc_0079_20231203221801

・舞殿
Dsc_0082_20231203222401 Dsc_0087_20231203222401

この日はここで何か行事があったのかな? 入口近くでもテントの片付け作業のようなものが行われていました。
別の芸能殿というところでも舞台に撤収作業後って感じの機材が置かれていて多数の人が前で滞在していました。(なので写真なし)

・舞殿旧大鬼
Dsc_0084_20231203223101

・金木犀
Dsc_0083_20231203223101

・御本殿
Dsc_0088_20231203223101

・神馬舎
Dsc_0093_20231203225001

結構広いです。
宝物殿もありましたがもう終了していました。

最後に気になっていた所へ。

・厳島神社
Dsc_0097_20231203225901 Dsc_0098_20231203225901

多量の鳩が...😨 でしたが橋を渡りました。

・厳島神社
Dsc_0099_20231203230101

| | | コメント (0)

三島 (5) 三島スカイウォーク

富士山を望む長い吊り橋がある話題の三島スカイウォークへ。

・三島スカイウォーク前
Dsc_0055_20231203182001

結構広い駐車場があり、店舗群もあって観光施設って感じです。

・入場口前
Dsc_0057_20231203185901 Dsc_0058_20231203185901

・スカイウォークの橋部分の切り取り
Dsc_0059_20231203185901

これを見て各人が渡れそうかどうか判断してくださいって事なのかな?
落ちる事はなさそうなものの微妙な感じですが、高所恐怖症だけどチャレンジしてみました。
1100円です。

渡る手前で橋を確認。

・渡る手前
Dsc_0060_20231203190301 Dsc_0063_20231203190301

これは長いし高い 😰
老若男女みんな怖がる様子はなくするすると渡っていってます。
意を決して渡り始めましたが、これはこれは...

・橋からの風景
Dsc_0065_20231203190601

渡れたとしても渡り切ったら終わりではなく、また渡って戻ってこなくてはならない。
そんなことも考えるとやめておいた方が良いのかと思い、10mぐらい行ったところで引き返してしまいました。

渡る手前から少し上がった所に展望台があったので行ってみました。

・展望台から見た橋
Dsc_0067_20231203191901 Dsc_0066_20231203191901

駿河湾が見えて良い風景です。

橋自体を撮影していなかったので、また少しだけ渡って写真を撮って戻ってきました。
入場料1100円の内50円分も渡っていないぐらいなのかな。

・橋
Dsc_7900

三島駅方面に戻ります。
この時間になると三島スカイウォークに行ってその後箱根に行って泊まる行程の人も多いのか、箱根行のバスも結構並んでいました。

| | | コメント (0)

三島 (4) 旧東海道

山中城の見学終了。
まだ少し時間があります。
そう言えば近くに三島スカイウォークが、高所恐怖症なのですが...
山中城跡前の旧東海道(箱根旧街道)を通ると近くに行けるのでひとまず行ってみましょう。

・山中城跡前の案内碑と道
Dsc_0009_20231202235601 Dsc_0010_20231202235801

・石畳の道
Dsc_0046_20231203180401 Dsc_0049_20231203180401

この石畳、見栄えは良いですが結構歩きにくい。
石は水平ではなく石によって傾きが違うので、
👞 👞 
/  \
みたいな感じになり足ががくがくして長く歩くのは大変そうでした。

・箱根旧街道の標識
Dsc_0051_20231203181101

・ドラゴンキャッスル
Dsc_0053_20231203181101

途中で別の城が見えました。

現国道を渡ってさらに進みます。

・石畳
Dsc_0054_20231203181101

途中現国道を橋で跨ぐ区間もあったりして三島スカイウォーク前に到着です。

・三島スカイウォーク前
Dsc_0055_20231203182001

| | | コメント (0)

三島 (3) 山中城 南側エリア

・山中城跡前の箱根旧街道の案内碑
Dsc_0009_20231202235601

三島と箱根の間ぐらいって事になります。

続いて山中城跡の旧東海道の南側(東側)のエリアへ。

・南側エリアの入口
Dsc_0010_20231202235801

左側の階段を上がると南側のエリアです。
真っすぐの方は旧東海道。

・御馬場曲輪方面
Dsc_0011_20231203000501 

・東側から見た出丸御馬場堀
Dsc_0015_20231203000501

・すりばち曲輪
Dsc_0023_20231203003501 Dsc_0029_20231203000701 
Dsc_0028_20231203000701

底に吸い込まれそうな穴がありました。
ここに吸い込まれでしまったそのまま下に沈んでいってしまうのだろうか? 😰

・岱崎出丸跡
Dsc_0030_20231203001301

・一ノ堀
Dsc_0033_20231203001601 Dsc_0034_20231203001601 
Dsc_0035_20231203001601

下の方に畝堀がずらりと並んでいます。見事な風景。
あの下のところに行ってみたいと思いましたが行けませんでした。
2番目の写真、天気が良ければ真正面に富士山が見えたはずです。

・西側から見た出丸御馬場堀
Dsc_0039_20231203002201

・御馬場曲輪とそこから見た風景
Dsc_0043_20231203002201 Dsc_0044_20231203002201

山中城については以上です。
予想以上に良かったです。
おススメします。

| | | コメント (0)

2023/12/02

三島 (2) 山中城 北側エリア

それでは山中城跡を旧東海道の北側(西側)のエリアから見ていきたいと思います。
こちら側がメインな感じです。

北側エリアとか南側エリアとかは自分が勝手に付けたもの。案内図には書いてなかったし実際どういう言い方で区分けしているのだろう? (特に区分けはない?)

・山中城跡の案内図
Dsc_0884_20231202183401

三島方面のバス停は現在はこの案内図の位置ではなく案内所売店前にありました。
今気づきましたが平成五年四月吉日とあり、前世紀に設置されたものでした。

・三ノ丸堀と振り返った入口
Dsc_0888_20231202184501 Dsc_0889_20231202184901

・田尻の池
Dsc_0892_20231202184501

・西ノ丸に向かう道とそこから見た風景
Dsc_0896_20231202185201 Dsc_0898_20231202185201

・西ノ丸に渡るところから見た畝堀
Dsc_0901_20231202190401

畝堀というものをたぶん初めて見ました。おぉっこれが!って思いました。

・西ノ丸
Dsc_0903_20231202190401

西ノ丸の先の少し上がった物見台へ。

・物見台から見た向かいの西櫓や障子堀
Dsc_0911_20231202190401 Dsc_0914_20231202190401

・物見台から見た西ノ丸
Dsc_0915_20231202190401

戻って西櫓の方へ。

・南側から見た西ノ丸と西櫓の間の障子堀
Dsc_0920_20231202190701

畝堀や障子堀は1箇所だけにあるのかなと思っていましたが、あちこちにありました。
草が茂っていてのどかな感じがしましたが、保護のため今はそうしているようで、元々は関東ローム層のどろどろの土で落ちたらもう簡単には上がれないような状態だったそうです。

・西櫓と説明版
Dsc_0932_20231202192201 Dsc_0926_20231202192201

当時は西櫓と西ノ丸は橋でつながっていたとの事。

・西櫓から見た西ノ丸と障子堀
Dsc_0928_20231202193801 Dsc_0929_20231202193801

・西櫓から見た駿河湾
Dsc_0931_20231202193801

富士市とか静岡市の辺りになるのかな? それなりに離れてそうですが見えるものなんですね。

戻ります。

・帯曲輪の畝堀
Dsc_0933_20231202195701 Dsc_0934_20231202194601

・史跡の石碑
Dsc_0936_20231202194601

・北側から見た西ノ丸と西櫓の間の障子堀
Dsc_0946_20231202200301

・付近から見た風景
Dsc_0941_20231202200701 Dsc_0943_20231202200701

富士山はどれ? どうやら雲に隠れて見えてないようです。😰

先に進みます。今までと違った山林区間になって不安になりました。

・山林区間
Dsc_0949_20231202201901

少し外れて
・二ノ丸と元西櫓の間
Dsc_0953_20231202202101

山林区間に戻って北ノ丸に向かいます。

・北ノ丸
Dsc_0961_20231202203001 Dsc_0962_20231202203001

お立ち台のようになっているところがあったので行ってみた。

・北ノ丸の北
Dsc_0963_20231202203001

木が生い茂ってよく見えないですが結構高い崖の上にあるようでした。
気に囲まれた静かなところに見えますが、結構大きな車が通る音が響いています。ここからは見えないですが近くに国道1号線が走っています。

・北ノ丸と本丸を結ぶ本丸北橋
Dsc_0966_20231202203501

本丸北橋を渡ります。

・本丸北橋の先の高台
Dsc_0970_20231202204001

もう疲れてきたし特に何もなさそうなので上がるのは止めておこうなと思いましたが、地図を確認したらあれっという事で上りました。気づいてよかったです。

・天守台と天守台から見た本丸
Dsc_0971_20231202204001 Dsc_0974_20231202204001

・本丸と本丸から見た下の方
Dsc_0978_20231202204901 Dsc_0979_20231202204901

・兵糧庫
Dsc_0982_20231202205101

現在は休憩所になっています。

・本丸と二ノ丸を結ぶ本丸西橋から見た畝堀
Dsc_0984_20231202205501

・二ノ丸
Dsc_0986_20231202205501

傾いてます。

・二ノ丸の高台から見た元西櫓
Dsc_0987_20231202205901

それにしてもよく整備されています。
ここぞという城跡がうかがえ所の高台に上がれるようになっていたりもします。
こんなに整備されているのに暑い日だったからかもしれませんが来ている人が少ないのが残念です。おすすめします。

・二ノ丸と元西櫓を結ぶ二ノ丸橋から見た畝堀
Dsc_0993_20231202223801

・元西櫓と元西櫓から見た西ノ丸方面
Dsc_0996_20231202224501 Dsc_0994_20231202224501

下ります。

・箱井戸
Dsc_0999_20231202225101

入口のところに戻ってきました。右の道は旧東海道です。

・入口
Dsc_0008_20231202225101

| | | コメント (0)

2023/11/30

三島 (1) 行き

8月26日、三島の山中城等に行きました。

横浜駅から特急踊り子3号に三島まで乗車。E257系の運行になってからは初乗車でした。

・特急踊り子
Dsc_7844_20231130000701

・朝食
Dsc_7847_20231130000701

湘南と言えばしらすではありますが...

・車窓
Dsc_7848_20231130001401 Dsc_0866_20231130001401 
Dsc_0868_20231130001401

修善寺行に乗って伊豆箱根鉄道線まで行かずに三島駅で降りてしまうのもあれな気もしたが、三島駅で下車です。

・三島駅
Dsc_0875_20231130002101 Mov_7853-frame-at-0m27s 
Dsc_0873_20231130002101

東海バスの「三島1日券 みしまるきっぷ」(1100円)を購入し、山中城方面の元箱根行に乗車しました。

・三島駅での東海バス
Dsc_7855

・バス車内から見えた富士山
Dsc_7857_20231130003001

バスは立客も多数いる盛況ぶりでしたが途中の三島スカイツリーでほとんどの人が降りてしまってそれ以後は10人ぐらいしか乗っていない状態に。山中城跡バス停で下りたのは自分1人だけでした。山中城に行く人も多いのかなと思っていたので「あれ?😰」となりました。

・山中城跡バス停付近
Dsc_0883_20231130003601

山中城売店で昼食です。
「天ざるそば」(750円)にしました。

・山中城売店「天ざるそば」
Dsc_7859_20231130004201

とうもろこしメインなかき揚げはどうなのかな?(合わないような気も) と思いました。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お出かけ - 動物園・水族館 お出かけ - 博物館・美術館 お出かけ - 城 お出かけ - 寺・神社・教会 お出かけ - 植物園・植物 アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング グルメ・クッキング - そば・うどん・パスタ グルメ・クッキング - ハンバーガー グルメ・クッキング - ラーメン グルメ・クッキング - 丼 グルメ・クッキング - 駅弁・弁当 ゲーム スポーツ ニュース パソコン・インターネット ファッション・アクセサリ 交通 - バス 交通 - 自動車 交通 - 航空機 交通 - 船 交通 - 街道・道 交通 - 鉄道 交通 - 鉄道 - JRその他 交通 - 鉄道 - JR九州 交通 - 鉄道 - JR北海道 交通 - 鉄道 - JR四国 交通 - 鉄道 - JR東日本 交通 - 鉄道 - JR東海 交通 - 鉄道 - JR西日本 交通 - 鉄道 - JR貨物 交通 - 鉄道 - その他 交通 - 鉄道 - イベント 交通 - 鉄道 - ケーブルカー 交通 - 鉄道 - モノレール 交通 - 鉄道 - ロープウェイ 交通 - 鉄道 - 廃線 交通 - 鉄道 - 海外 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 中国 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 九州・沖縄 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北海道 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北陸 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 四国 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東北 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東海 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 甲信越 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 近畿 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - その他 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京急 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京成 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京王 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 小田急 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東京メトロ 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東急 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東武 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 横浜市営 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 相鉄 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 西武 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 都営 住まい・インテリア 地域 - 中国 地域 - 九州・沖縄 地域 - 全国 地域 - 北海道 地域 - 北陸 地域 - 四国 地域 - 東北 地域 - 東海 地域 - 東海 - 静岡県 地域 - 海外 地域 - 甲信越 地域 - 近畿 地域 - 関東 - その他 地域 - 関東 - 千葉県 地域 - 関東 - 埼玉県 地域 - 関東 - 東京都 地域 - 関東 - 栃木県 地域 - 関東 - 神奈川県 - その他 地域 - 関東 - 神奈川県 - 川崎市 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横浜市 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横須賀・三浦・葉山 地域 - 関東 - 神奈川県 - 鎌倉・逗子・藤沢 地域 - 関東 - 群馬県 地域 - 関東 - 茨城県 学問・資格 心と体 心と体 - 痔 携帯・デジカメ 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 経済・政治・国際 自衛隊・軍隊 芸能・アイドル 芸能・アイドル - ももいろクローバーZ 芸能・アイドル - 広末 芸能・アイドル - 有安 音楽 ~の旅(2006) ~の旅(2007) ~の旅(2008)