カテゴリー「お出かけ - 寺・神社・教会」の259件の記事

2021/01/10

鹿嶋神社(横浜市)で初詣

遅ればせながらあけましておめでとうございます。

年末年始は実家に帰れませんでした。
今年の初詣はやや大きい神社に行こうかと思っていましたが、コロナ対策の意味もあるのでやめて、1月9日にローカルな神社に行きました。
行ったところは横浜市港南区にある鹿嶋神社です。
鳥居の横は「鹿嶋神社」になっていますが、HPや地図や近くのバス停は「鹿島神社」になっています。

・入口の鳥居
Dsc_0865 Dsc_0866_20210110190601

・鳥居の横の池
Dsc_0871

階段を上がります。

・本殿とその付近
Dsc_0874_20210110190901 Dsc_0879

・本殿横の地蔵?
Dsc_0877

コロナ対策で行事が中止になったり鈴緒が取り外されていたりしました。

・コロナ対策
Dsc_0870 Dsc_0875

上からは建物の隙間から京急も見えます。
ちなみに神社より高い所にも住宅が立っていたりします。

・上から見た風景
Dsc_0882

「おんな坂 帰り道」の矢印があったのでそこから帰りました。

| | | コメント (0)

2020/12/22

藤沢宿 (8) 白旗神社

最後にここも旧東海道から逸れますが白旗神社へ。

写真では明るく見えますが、実際にはもうだいぶ暗くなっていました。

・大鳥居
Dsc_9961 Dsc_9963_20201221234401

・源義経公鎮霊碑
Dsc_9964

・社殿
Dsc_9965

・社務所等
Dsc_9972 Dsc_9969

この頃は七五三のシーズンでそれらしき飾り付けがありました。

さあ帰ります。
この日は暑いぐらいでしたが、その後急激に寒くなった感があります。

・藤沢本町駅
Dsc_9975

(完)

| | | コメント (0)

2020/12/21

藤沢宿 (7) 永勝寺

続いて旧東海道から少し逸れた所にある永勝寺へ。

この寺では江戸時代の飯盛女の墓があります。
農村等から親の借金の代償として藤沢宿に連れて来られて遊女としても働いたそうです。

・山門
Dsc_9950

・本堂と太子堂
Dsc_9954 Dsc_9955

・鐘楼
Dsc_9952

| | | コメント (0)

2020/12/20

藤沢宿 (6) 荘厳寺

続いて荘厳寺へ。

・荘厳寺
Dsc_9947

| | | コメント (0)

藤沢宿 (5) 常光寺

続いて常光寺へ。

・山門と本堂
Dsc_9938 Dsc_9939

動物の石像がいくつかありました。

・動物の石像
Dsc_9941 Dsc_9943_20201220005401
Dsc_9940

| | | コメント (0)

藤沢宿 (4) 妙善寺

旧東海道沿いに道標が立っていた妙善寺に行ってみました。

・妙善寺への道標
Dsc_9926

・山門
Dsc_9928

・本堂
Dsc_9930 Dsc_9934

敷地内に神社もありました。

・正宗稲荷大明神
Dsc_9932_20201219235701 Dsc_9933

| | | コメント (0)

2020/12/17

藤沢宿 (2) 清浄光寺(遊行寺)

時宗総本山の清浄光寺(遊行寺)に入ります。

・惣門とその先のいろは坂
Dsc_9855_20201215000101 Dsc_9858

いろは坂ですが日光ではありません。
いろは坂の両側に別の寺があります。

・左側の真浄院
Dsc_9913 Dsc_9914_20201215002201
Dsc_9915

・右側の真徳寺
Dsc_9861_20201215002801 Dsc_9863_20201215002801

赤門があります。
モダンな感じの真浄院の入口とは違います。

・いろは坂を上がった先の入口(山門跡)
Dsc_9865 Dsc_9916_20201215003701

「寺ヨガ」なんていう行事もあるようです。

入った先には大きないちょうがありました。

・大銀杏
Dsc_9868 Dsc_9870

・境内案内図
Dsc_9911_20201217234301

・本堂
Dsc_9866 Dsc_9879

まぁまぁ大きいです。
この日は「歳末別時念仏会」の期間中で、中では僧侶が集まって何かやっていました。

・手水舎と俣野大権現
Dsc_9875_20201217224101 Dsc_9876

・一遍上人像と地蔵堂
Dsc_9878 Dsc_9883_20201217224101

一遍上人は時宗の宗祖です。

・鐘楼
Dsc_9886

奥もあるようなので奥の方へ

・万葉園
Dsc_9887_20201217225801

・横から見た本堂と渡り廊下
Dsc_9888 Dsc_9889_20201217230601

・宇賀神社
Dsc_9892_20201217231301 Dsc_9894_20201217231301

スズメバチの巣があるとの事で進入禁止になっていました。

元に戻り、西側には業務や信徒向けみたいな感じのエリアがあります。(入れます)

・西側方向にある木
Dsc_9871

・中雀門
Dsc_9896_20201217232001 Dsc_9900

・黒門
Dsc_9898_20201217232001

・御番方や信徒会館
Dsc_9907

・放生池
Dsc_9903 Dsc_9904

境内には宝物館もあります。
有料(大人500円)です。
特別展「伝承の品々」が開催されていました。
室町時代ぐらいの展示物もあり結構良かったです。

・宝物館
Dsc_9895 Dsc_9909

| | | コメント (0)

2020/12/14

藤沢宿 (1) 清浄光寺(遊行寺) まで

11月23日、藤沢市にある清浄光寺(遊行寺)に行きました。
時宗の総本山との事。前日に別の記事を書くために調べていたら出てきて、総本山級の寺が藤沢にあることを知りませんでした。
清浄光寺辺りは、東海道の藤沢宿があった所です。

まずは藤沢駅で下車。

・藤沢駅の改札口と湘南ライナーの券売機
Dsc_9827 Dsc_0611

湘南ライナーは来年春に廃止となり特急「湘南」となります。
値上げにもなりますし乗車率とかどうなるんでしょうね?

・藤沢駅北口駅前
Dsc_9828_20201213190001 Dsc_9830

ゴリラはパチンコ屋の上に乗っかっていました。

・藤沢駅北口駅前の地下道の壁
Dsc_9831

清浄光寺(遊行寺)に向かって遊行寺通りを歩きます。
沿道にある電気設備? には絵が書いてありました。

・沿道の電気設備?
Dsc_9832 Dsc_9833
Dsc_9836_20201213191601 Dsc_9841

・広重の藤沢宿の絵
Dsc_9835

・江の島弁財天道標
Dsc_9838 Dsc_9847_20201213201701

江の島への道標で市内に12か所あるそうです。

・藤沢宿の案内図
Dsc_9848_20201213201701

・高札場跡付近
Dsc_9849_20201213201701

高札場跡は実際には左の道の向かい側にあったようです。
後ろに見える橋が遊行寺橋で旧東海道はこの橋を渡ります。旧東海道は虚と側から見て90度左に向きが変わりますが、単に1回90度曲がって終わりではなく、左に90度曲がってこの橋を渡って右に90度曲がってさらに左に90度曲がるルートだったそうです。

角を曲がって橋を渡ると清浄光寺(遊行寺)が見えてきました。

・清浄光寺前の通り
Dsc_9850

清浄光寺に入る前にその入口近くにある藤沢市のふじさわ宿交流館へ。

・ふじさわ宿交流館
Dsc_9851_20201213235601  
Dsc_9853 Dsc_9854_20201213235601

・清浄光寺の入口の横にあった建物のシャッター
Dsc_9857_20201213235601

| | | コメント (0)

2020/11/27

鎌倉2020-2 (8) 大巧寺

鎌倉駅東口の近くにある大巧寺へ。

・大巧寺
Dsc_9698 Dsc_9699
Dsc_9701 Dsc_9700_20201127234101

安産や子宝を祈願する寺だそうです。
自分には全く関係がありませんが...。
そういう雰囲気のカップルの方々が来ていました。

| | | コメント (0)

鎌倉2020-2 (7) 鎌倉歴史文化交流館

鎌倉歴史文化交流館へ。

・鎌倉歴史文化交流館
Dsc_9639

・本館から見た外
Dsc_9650 Dsc_9659

??? 何だこの外の風景は...? となりました。

2017年に開館した市営の博物館ですが、建物を含めて以前は個人宅(旺文社の創業家)だったそうです。
個人宅を手放した経緯をなんとなく想像してしまいましたが、本当のところは分かりません。
どうでもよい事ですが、旺文社模試はだいぶ前の2000年に廃止されていたんですね...。

個人宅の頃は素敵な庭でもあったのかな?
ちなみに外のこの部分は立ち入り禁止で入れませんでした。

本館は常設展です。
最初の部屋では、鎌倉の歴史に関する映像がありなるほどなとなりました。

・常設展の展示
Dsc_9643_20201126231601 Dsc_9651
Dsc_9654_20201126231601 Dsc_9656

1つ目の写真の三角のマークは鎌倉幕府を治めた北条家のマークだそうです。

・和風建築
Dsc_9658

個人宅建設時に作られたもののようです。

・近現代の鎌倉の展示
Dsc_9660

別館では企画展「掘り出された鎌倉の名品 -Master piece Collection 2020-」が開催されていました。

・掘り出された鎌倉の名品展
Dsc_9676 Dsc_9679
Dsc_9681 Dsc_9682

その他、「VR永福寺」の体験コーナーがあり体験しました。

屋外にはやぐらが。

・やぐら
Dsc_9688 Dsc_9690

なんだこれは...

やぐらの上の所にも行けます。
元々の階段は危険なのか通れなくなっており、横に緩やかな階段が設置されています。

・上に上がる階段から見た本館とやぐら
Dsc_9663 Dsc_9664

・上の部分
Dsc_9672 Dsc_9669

この場所にはかつて合槌稲荷社があったそうです。
博物館開館前に葛原岡神社に移設されたそうです。
以前葛原岡神社に行った事があります。 → 鎌倉2016-2 (3) 葛原岡神社

・葛原岡神社内の合槌稲荷社
Dsc_6803

これがかつてここにあったものですね。

この上の部分からは相模湾が見えました。逗子アリーナも見えています。

・上の部分からの相模湾
Dsc_9668_20201126235801

野外も見ものです。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お出かけ - 動物園・水族館 お出かけ - 博物館・美術館 お出かけ - 城 お出かけ - 寺・神社・教会 お出かけ - 植物園・植物 アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング グルメ・クッキング - そば・うどん・パスタ グルメ・クッキング - ハンバーガー グルメ・クッキング - ラーメン グルメ・クッキング - 丼 グルメ・クッキング - 駅弁・弁当 ゲーム スポーツ ニュース パソコン・インターネット ファッション・アクセサリ 交通 - バス 交通 - 自動車 交通 - 航空機 交通 - 船 交通 - 街道 交通 - 鉄道 交通 - 鉄道 - JRその他 交通 - 鉄道 - JR九州 交通 - 鉄道 - JR北海道 交通 - 鉄道 - JR四国 交通 - 鉄道 - JR東日本 交通 - 鉄道 - JR東海 交通 - 鉄道 - JR西日本 交通 - 鉄道 - JR貨物 交通 - 鉄道 - その他 交通 - 鉄道 - イベント 交通 - 鉄道 - ケーブルカー 交通 - 鉄道 - モノレール 交通 - 鉄道 - ロープウェイ 交通 - 鉄道 - 廃線 交通 - 鉄道 - 海外 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 中国 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 九州・沖縄 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北海道 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北陸 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 四国 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東北 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東海 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 甲信越 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 近畿 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - その他 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京急 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京成 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京王 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 小田急 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東京メトロ 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東急 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東武 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 相鉄 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 西武 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 都営 住まい・インテリア 地域 - 中国 地域 - 九州・沖縄 地域 - 全国 地域 - 北海道 地域 - 北陸 地域 - 四国 地域 - 東北 地域 - 東海 地域 - 海外 地域 - 甲信越 地域 - 近畿 地域 - 関東 - その他 地域 - 関東 - 千葉県 地域 - 関東 - 埼玉県 地域 - 関東 - 東京都 地域 - 関東 - 栃木県 地域 - 関東 - 神奈川県 - その他 地域 - 関東 - 神奈川県 - 川崎市 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横浜市 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横須賀市 地域 - 関東 - 神奈川県 - 鎌倉市と江ノ島 地域 - 関東 - 群馬県 地域 - 関東 - 茨城県 学問・資格 心と体 心と体 - 痔 携帯・デジカメ 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 経済・政治・国際 自衛隊・軍隊 芸能・アイドル 芸能・アイドル - ももいろクローバーZ 芸能・アイドル - 広末 芸能・アイドル - 有安 音楽 ~の旅(2006) ~の旅(2007) ~の旅(2008)