カテゴリー「お出かけ - 寺・神社・教会」の243件の記事

2020/08/24

鎌倉2020 (5) 鶴岡八幡宮 一の鳥居

せっかくなので鎌倉駅よりも海側にある鶴岡八幡宮の一の鳥居も行ってみました。

途中で成田エクスプレスとすれ違い。

・成田エクスプレス
Dsc_8585

この区間は成田エクスプレスは定期列車としては走っていないので、臨時列車或いは臨時列車に向けたの回送だったのかな? 今年はあんまり需要はなさそうですが。

・琵琶橋
Dsc_8586_20200824232101

・一の鳥居
Dsc_8591 Dsc_8593
Dsc_8594

意外と遠かった。
この日は暑くて汗がだらーっと。マスク着けてはつらかったです。
一の鳥居、初めてのつもりでしたが、近くに乗った事のある路線のバス停があったのでバスの車内から見たことあったのかもしれません😅。

鳥居の下に行って良いものなのか?
横断歩道はなかったし迷いましたが結局行きませんでした。

近くに「日米海底通信の史跡」もありました。

・日米海底通信の史跡
Dsc_8592_20200824232601

| | コメント (0)

鎌倉2020 (4) 浄光明寺

鶴岡八幡宮から比較的近い、まだ行ったことがなかった「浄光明寺」へ。

・浄光明寺の入口
Dsc_8575 Dsc_8574

・入ったところにあった像
Dsc_8576

・客殿等
Dsc_8578

・不動堂と鐘楼
Dsc_8579_20200824223901 Dsc_8580_20200824223901

誰もいません。(自動車が止まってたので建物の中にいそうではありましたが)

奥の方になりやらありそうだったので行ってみると、

・上に上がる階段
Dsc_8582_20200824223901

閉鎖されていましたが安全によるものなのかな? 横に別の上がれる階段がありました。

・階段を上がった所
Dsc_8583

柵があって中に入れませんでした。
窓口みたいなものがあったので休日だったら入れるのかな?

この記事を書くために調べていたら特定曜日のみ開門でした。
木土休日のみ開門。但し8月と雨天は中止。
この日は8月の金曜日でした。
この先には一般公開されている収蔵庫もあるようです。
後日リベンジですかね。
 → 参考: 鎌倉市のかまくら観光

| | コメント (0)

2020/08/20

鎌倉2020 (3) 鎌倉国宝館

1つ前の雪洞の記事、こういう雪洞もありました。

Dsc_8519

さてさて、
境内にある鎌倉国宝館に初めて入りました。鎌倉市立の博物館です。
前回鶴岡八幡宮に来たときは休館中だったので、鎌倉に来た理由としてここに入ってみたかったというのもありました。
館内は撮影禁止です。

・鎌倉国宝館
Dsc_8550

入口でサーモグラフィーによる体温検査がありました。この方法での検温は初めだったのかな。出てくる前に家で体温計で測った時よりも1度ぐらい高かったです。?

最初に常設展示「鎌倉の仏像」があります。
博物館や鎌倉の寺所蔵の仏像がずらりと並んでいます。
服着ている仏像(鶴岡八幡宮所蔵の木造弁財天坐像)があり、こういうタイプの仏像は初めて見ました。

後半に企画展コーナーがあり「鎌倉の工芸」展が開催されていました。

終始ずっと話しているおばさん軍団がおり、このご時世やっぱり気にはなりました。

国宝館という名前ですが、国宝は展示されていなかったような気がします。(所蔵はしているようです)

| | コメント (0)

2020/08/18

鎌倉2020 (2) 鶴岡八幡宮 雪洞と鎌倉文華館鶴岡ミュージアム

行った日は夏越祭の開催中で雪洞(ぼんぼり)が並べられていました。

・参道の雪洞
Dsc_8515 Dsc_8513_20200817230501

自分の実家の方では「あんどん」と呼ばれていて長方形でした。地元の小学生が絵を描きますが、今は大人も描いたりしているようです。
地元の方々が描いているのかなと思っていましたが、芸能人と同姓同名? あれこれもって感じで芸能人や著名人も出しているようです。

・雪洞
Dsc_8517_20200817231601 Dsc_8520
Dsc_8522 Dsc_8523
Dsc_8546 Dsc_8549
Dsc_8557 Dsc_8560

人生は不要不急、うぅん..😅

境内にある「鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム」では特別展「雪洞 ぼんぼり BONBORI 1938-2017」が開催されていました。
以前は神奈川県立近代美術館鎌倉館でした。その当時を含めて初めて入りましたが、結構小さかったです。

・鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム
Dsc_8562_20200817235101 Dsc_8564
Dsc_8565 Dsc_8566

戦前も含め過去の雪洞が展示されていました。夏越祭が終わった後、前面分だけ切り取って保存されているんですかね?
中は撮影禁止でした。

| | コメント (0)

2020/08/16

鎌倉2020 (1) 鶴岡八幡宮 本編

8月7日、久しぶりに出かけました。
出勤や近所への買い物や食事を覗くとコロナで非常事態宣言が出て以降初めて。
行き先は鎌倉、鎌倉自体も久しぶりでした。

まずは最初に食事。鎌倉も含む湘南と言えば「生しらす」って感じなので、駅近くに見つけたこまち茶屋という店で「生しらすと釜揚げしらす御膳」(1550円)。ドリンク付きです。しらすがちょっと寂しかったかな...。

・生しらすと釜揚げしらす御膳
Dsc_7416

まずは鶴岡八幡宮に行きます。
鎌倉駅から少し進んだところにある鳥居のところから。この鳥居は二の鳥居で、一の鳥居がもっと海側にあります。

・二の鳥居
Dsc_8486 Dsc_8490
Dsc_8493

二の鳥居をくぐり、道路に囲まれた段葛を通って向かいます。

・段葛
Dsc_8494 Dsc_8498_20200816003701

境内前の三の鳥居に到着。

・三の鳥居
Dsc_8504_20200816004501

・太鼓橋前
Dsc_8508 Dsc_8511_20200816004501

太鼓橋は現在は渡れません。横の普通の橋を渡る必要があります。

・太鼓橋の先
Dsc_8515

夏越祭の開催中で雪洞(ぼんぼり)が並べられていました。これについては次の記事で。

・舞殿
Dsc_8524

・酒の奉納
Dsc_8525_20200816004901

・大祓自祓所
Dsc_8527

これをくぐって左に周り、もう1度くぐって右に周り、もう1度ぐぐって左に周り、さらにくぐって人形型の紙に体を撫でて息を吹き掛けて納めるとの事です。紙に汗を付けちゃったけど大丈夫だったのかな?
通年は年2日間だけなのかな? はっきりわかりませんでしたが、コロナの影響なのかしばらく常設するようでした。

・大石段
Dsc_8529

左側の縄が張ってるところが大銀杏があった所です。

階段を上がって本宮に向かいます。

・本宮
Dsc_8534_20200816184601 Dsc_8542

・本宮近くから見た参道方面
Dsc_8539_20200816184601 Dsc_8540

左側に丸山稲荷社がありました。

・丸山稲荷社
Dsc_8536 Dsc_8537_20200816185001

右側には明治天皇御野立所の入口がありました。中には入れません。上がった先に明治天皇の碑があるそうです。

・明治天皇御野立所の入口
Dsc_8543_20200816185001

右側から降りて進んでいくと白旗神社がありました。

・白旗神社と前の道
Dsc_8547 Dsc_8548

・源平池と旗上弁天社
Dsc_8570_20200816200501 Dsc_8571

・旗上弁天社の裏側にある政子石
Dsc_8569_20200816200501

・江戸砂糖店
Dsc_8572_20200816230101

・太鼓橋 横から見るか
Dsc_8573_20200816230101

| | コメント (0)

2020/06/28

丹後 +大阪 (23) 水間寺

途中別記事「水間鉄道 有安杏果ヘッドマーク」を挟みます。

この途中で水間鉄道の水間観音駅から歩いて水間寺(水間観音)へ。

・水間寺に向かう道
Dsc_8298_20200627202901 Dsc_8300

・水間寺の入口
Dsc_8301 Dsc_8303

駅の前にあるのかと思っていましたが、やや離れており10分ぐらいかかりました。

・案内図
Dsc_8307

昼食がまだだったので辺りを探していたらシャッター街っぽい所がありました。
年末年始等にはここに店が出店するのでしょうか?
ちなみに昼食は一会という店でナポリタンを食べました。

・シャッター街
Dsc_8308_20200627203901

・客殿
Dsc_8306

・献馬とほていさん
Dsc_8365 Dsc_8321

・三重塔と本堂
Dsc_8315_20200627234701

・三重塔
Dsc_8318

・本堂
Dsc_8319 Dsc_8326

水間寺名物いか玉子焼が気になりました。

・経堂と鐘楼
Dsc_8324_20200628000601 Dsc_8328_20200628000601

・水子地蔵尊と三所権現
Dsc_8330 Dsc_8334

・降臨の瀧
Dsc_8336 Dsc_8337_20200628001401

最初この手前にある別の支流のコンクリートが降臨の瀧かと思いました。そう勘違いする人もいるのか矢印が書いてありました。

・愛染堂
Dsc_8310_20200628002301

ここは自分には関係ないかな? (笑)

・観音院と護摩堂
Dsc_8311_20200628002301 Dsc_8338

なんかいろいろあります。

川を跨ぐ橋(通天橋)を渡って奥の水間公園方面へ。
こっちの方まで行く人は少なそうでした。

・通天橋から見た風景
Dsc_8339_20200628002701 Dsc_8341

桜が咲いているところも少しありました。

・行基堂
Dsc_8342

・鏡池と弁天堂
Dsc_8343_20200628003301 Dsc_8345

・薬師堂
Dsc_8347

まぁまぁ上がります。

・上の方から見た三重塔
Dsc_8348

・立里荒神
Dsc_8350

・愛染橋
Dsc_8351 Dsc_8355_20200628004201

自分には関係ないけど渡りました。

・鐘楼
Dsc_8357

ついでなのでやや離れた所にある南之院にも行ってみました。

・南之院
Dsc_8358

・戻る途中
Dsc_8360_20200628004701

いろいろあって予想よりも滞在時間が倍ぐらいになりました。

| | コメント (0)

2020/06/13

丹後 (8) 智恩寺

最後に天橋立の駅側にある智恩寺を参拝しました。
日本三文殊のひとつだそうです。

・山門
Dsc_7835

・多宝塔
Dsc_7837

室町時代に建設されたそうです。

・文殊堂
Dsc_7838 
Dsc_7841 Dsc_7842

・鐘楼門と鐘楼
Dsc_7843_20200613200601

・宝筐塔
Dsc_7844_20200613202401

・無相堂と地蔵
Dsc_7847 Dsc_7848

| | コメント (0)

2020/06/12

丹後 (5) 成相寺

傘松公園からバス成相寺へ。
成相寺の拝観料込みの料金となっています。船とケーブルカー/リフトのセット券を持っていると300円超の割引があります。

・傘松公園のバス停
Dsc_7685

後ろの車庫に何台か停まっていました。
通常の時刻表通りの運行だと1台で賄えますが、多客時は続行運転とかあるのかな?
狭い道をだいぶ上って7分ぐらいで成相寺の山門を通り過ぎて階段の前に到着。(山門前で降りることも可能です)

・成相寺の案内図
Dsc_7706

・成相寺に到着したバスと階段前
Dsc_7708 Dsc_7709

傘松公園は一般車両では行けないようですが、成相寺は一般車両でも行けるようです。

・撞かずの鐘
Dsc_7711

鐘を燻す時に乳児を落としてしまい、その鐘を撞くと鳴き声がするので撞かなくなったという悲しい伝説があるそうです。

・一願一言地蔵と観音堂
Dsc_7713 Dsc_7716

何を願ったのか忘れてしまった (苦笑)

・本堂
Dsc_7715 Dsc_7718

・鉄湯船と慈母
Dsc_7720 Dsc_7719

・十王堂と熊野権現社
Dsc_7723 Dsc_7724

さらにだいぶ上がるとパノラマ展望台に行けるようでしたがパス。車や観光バスでも上がれるような記載がありました。

・五重塔
Dsc_7729

五重塔の近くにある弁天山展望台には上がってみました。

・弁天山展望台近くから見た五重塔
Dsc_7734 Dsc_7752

五重塔と同じぐらいの高さがあります。

・弁天山展望台からの風景
Dsc_7748 Dsc_7738
Dsc_7747 Dsc_7746

傘松公園からの風景も良かったですが、この弁天山展望台からの風景はもっと良かったです。
来て良かった感。
傘松公園で折り返してしまうのはもったいないと思いました。
予定より早く来ていなかったら時間的にここまで来れなかったかもしれません。

・奇怪な話の底なし池
Dsc_7757

・山門
Dsc_7758 Dsc_7766
Dsc_7765

帰りは山門前のバス停から乗りました。

・山門前のバス停
Dsc_7767

| | コメント (0)

2020/04/25

東村山 (6) その他の寺神社

・諏訪神社
Dsc_6657

・熊野神社
Dsc_6678 Dsc_6680

・梅岩寺
Dsc_6682 Dsc_6686
Dsc_6688 Dsc_6691

・白山神社
Dsc_6694 Dsc_6696

右の写真は牛頭天王像。
牛というよりは... 何か見覚えのある顔🤣

・旧鎌倉古道
Dsc_6698

ここにも鎌倉街道があるんですね。
鎌倉街道というと別の横浜から鎌倉に向かう道を思い浮かびます。

| | コメント (0)

2020/04/24

東村山 (5) 徳蔵寺

徳蔵寺へ。

・徳蔵寺
Dsc_6660 Dsc_6662
Dsc_6673 Dsc_6672

境内に板碑保存館があります。
有料(大人200円)です。

・板碑保存館の外観
Dsc_6675

入口は裏側(境内側)です。

・板碑保存館の2階
Dsc_6666

板碑がずらーっと並んで展示されていました。

・板碑保存館の1階
Dsc_6669 Dsc_6670
Dsc_6668

1階は板碑以外のものがいろいろ展示されていました。
3番目の写真は東村山停車場の碑です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お出かけ - 動物園・水族館 お出かけ - 博物館・美術館 お出かけ - 城 お出かけ - 寺・神社・教会 お出かけ - 植物園・植物 アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング グルメ・クッキング - そば・うどん・パスタ グルメ・クッキング - ハンバーガー グルメ・クッキング - ラーメン グルメ・クッキング - 丼 グルメ・クッキング - 駅弁・弁当 ゲーム スポーツ ニュース パソコン・インターネット ファッション・アクセサリ 交通 - バス 交通 - 自動車 交通 - 航空機 交通 - 船 交通 - 街道 交通 - 鉄道 交通 - 鉄道 - JRその他 交通 - 鉄道 - JR九州 交通 - 鉄道 - JR北海道 交通 - 鉄道 - JR四国 交通 - 鉄道 - JR東日本 交通 - 鉄道 - JR東海 交通 - 鉄道 - JR西日本 交通 - 鉄道 - JR貨物 交通 - 鉄道 - その他 交通 - 鉄道 - イベント 交通 - 鉄道 - ケーブルカー 交通 - 鉄道 - モノレール 交通 - 鉄道 - ロープウェイ 交通 - 鉄道 - 廃線 交通 - 鉄道 - 海外 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 中国 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 九州・沖縄 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北海道 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北陸 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 四国 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東北 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東海 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 甲信越 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 近畿 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - その他 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京急 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京成 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京王 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 小田急 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東京メトロ 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東急 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東武 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 相鉄 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 西武 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 都営 住まい・インテリア 地域 - 中国 地域 - 九州・沖縄 地域 - 全国 地域 - 北海道 地域 - 北陸 地域 - 四国 地域 - 東北 地域 - 東海 地域 - 海外 地域 - 甲信越 地域 - 近畿 地域 - 関東 - その他 地域 - 関東 - 千葉県 地域 - 関東 - 埼玉県 地域 - 関東 - 東京都 地域 - 関東 - 栃木県 地域 - 関東 - 神奈川県 - その他 地域 - 関東 - 神奈川県 - 川崎市 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横浜市 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横須賀市 地域 - 関東 - 神奈川県 - 鎌倉市と江ノ島 地域 - 関東 - 群馬県 地域 - 関東 - 茨城県 学問・資格 心と体 心と体 - 痔 携帯・デジカメ 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 経済・政治・国際 自衛隊・軍隊 芸能・アイドル 芸能・アイドル - ももいろクローバーZ 芸能・アイドル - 広末 芸能・アイドル - 有安 音楽 ~の旅(2006) ~の旅(2007) ~の旅(2008)