カテゴリー「交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北陸」の15件の記事

2015/03/18

北陸の旅 (11) えちぜん鉄道三国芦原線

田原町駅で福井鉄道からえちぜん鉄道三国芦原線に乗り換えて、三国港駅に向かいます。

・えちぜん鉄道の田原町駅
Dsc_0433 Dsc_0439

現在仮駅舎です。

古い2両編成のロングシートの車両が来るものと勝手に思い込んでいたのですが、
それほど古くない1両編成のセミクロスシート車両でした。MC6101形(=元愛知環状鉄道100系) でした。

ガラガラではありませんでしたが、1両で十分な乗客数。
ワンマン運転ですが、若い女性がアテンダントとして乗車しており無人駅から乗車した客の切符の販売はその方が行っていました。

福井鉄道との直通運転計画があるようで、日華化学前駅と八ツ島駅では低床ホーム新設の工事中でしたが、その間の大前西福井駅は工事中ではなく新設するにはそこそこ工事が必要そうな構造。
どういう計画なのだろう?

JR時刻表の路線図では短距離の路線に見えましたが、そこそこ距離があり福井駅から周年の三国港まで約22km、50分ぐらいかかります。
車窓が単調で、長く感じました。

終点の三国港駅に到着。

・三国港駅
Dsc_0446 Dsc_0448
Dsc_0449 Dsc_0450
Dsc_0451

周辺を散歩しようと思っていたのですが、強雨で諦めました。

1つ戻って三国駅で下車。

・三国駅
Dsc_0453 Dsc_0285

14時を過ぎていてどこかで昼食を食べようと思っていたのですが、パッと見飲食店はなし。(駅ビルの2階に1軒あったのですが昼は14時まででした)。
強雨だったので探すのも諦め。
本当はここからバスに乗り換えて東尋坊に行こうと思っていたのですが、これは強雨のため諦めました。時間面でもそれは正解だったかもしれません。
また別の天気の良い日に今度は三国港駅周辺の散歩や東尋坊に行きたいと思いました。

福井駅へ。

・JR北陸本線を跨ぐ所と検修施設
Dsc_0466 Dsc_0467

福井駅に到着。

・えちぜん鉄道福井駅
Dsc_0472 Dsc_0476

隣の高架は北陸新幹線の先行工事で、一時的にえちぜん鉄道が使用するとのニュースを何年も前に見た記憶があります。
その北陸新幹線先行工事の高架に駅がもう移っているものと思い込んでいましたが、まだでした。

・福井駅の北陸新幹線の先行工事の高架
Dsc_0478

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/16

北陸の旅 (10) 福井鉄道福武線

JRの武生駅から福井鉄道の越前武生駅に乗り換えます。
やや離れており、また屋根がある所だけを通って行く事はできませんでした。

・越前武生駅の駅舎
Dsc_0380 Dsc_0381

・越後武生駅の駅舎内
Dsc_0382 Dsc_0386

武生新駅だと思っていたのですが、いつの間にか越前武生駅に改称されていました。2010年に改称されたようです。

ここから終点の田原町駅まで行き、そこでえちぜん鉄道に乗り換えて三国港駅に行く予定です。
窓口で「福井鉄道・えちぜん鉄道 共通1日フリーきっぷ」(1200円) を購入。
昼間は20分間隔でまぁまぁ本数はあります。
次の列車は何ともラッキーな事に新型の低床式のF1000形でした。

待合室の椅子にこんな座布団が敷かれていました。
Dsc_0388

発車時間近くにならないと改札内に入れなかったので外から撮影。

・外から撮影した駅構内
Dsc_0391 Dsc_0393

改札が開いたので中に入ります。

・200形
Dsc_0398

1960年代製造の古い車両なのに(少なくとも外観は)綺麗に整備されていてオーラを感じました。
今も朝夕に使用されているようです。

・610形
Dsc_0400

元名古屋市営地下鉄名城線用の1200形との事。
こちらも朝夕に使用されているようです。

・F1000形
Dsc_0395 Dsc_0399

・F1000形の車内
Dsc_0404 Dsc_0403

3連接の低床式で綺麗な車両でした。

発車します。
次の駅は北府駅で、早速対向列車とすれ違い。
また、工場が併設されており少しだけ車両も見ました。

・北府駅ですれ違った800形(元名鉄)と、工場に停まっていた200形
Dsc_0407 Dsc_0408

・神明駅ですれ違った770形(元名鉄)
Dsc_0411

福井鉄道は綺麗に整備された駅が多く、福井鉄道のやる気を感じました。
また、結構客が乗ってきました。無人駅(ほとんどがそう)では一番前の車両しかドアが開かないため、前の車両に集中して後ろの車両までくる客は少ないです。
単行の車両と2連接の車両とこの3連接の車両があり、輸送力に倍の差があります。単行車両が来た時はだいぶ混みそうでした。

赤十字前駅と木田四ツ辻駅の間からは軌道区間で道路の真ん中を走ります。

・軌道区間に入る所
Dsc_0415 Dsc_0416
Dsc_0417

市役所前駅でいったん折り返して福井駅前駅へ。
市役所前駅の田原町駅方面のホームに停車した後、少し進んで運転手が前の運転席から後ろの運転席に移動して折り返して、越前武生・福井駅前方面のホームに一旦で停車した後、福井駅前駅へ。

・市役所前駅
Dsc_0419

・福井駅前駅
Dsc_0421 Dsc_0422

ここでまた運転手が移動して折り返して、市役所前駅にもう一度停車して、田原町駅へ。
結構時間的ロスが大きいです。

終点の田原町駅に到着。

・田原町駅
Dsc_0428 Dsc_0429
Dsc_0431 Dsc_0430
Dsc_0438

本や雑誌で風情のある古い駅舎・ホームの写真を見ており、今もそうであるものと思い込んで楽しみにしていたですが、取り壊されていて仮の駅舎で「えっ!」となりました。

越前武生駅から田原町駅まで約21kmで1時間5分、結構時間がかかりました。表定速度約20km/h。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/15

北陸の旅 (7) 北陸鉄道石川線&JR 西金沢駅

北陸鉄道石川線の帰りは新西金沢駅でJRの西金沢駅に乗り換えて、金沢駅に向かいました。

・北陸鉄道石川線の新西金沢駅
Dsc_0329 Dsc_0330
Dsc_0332 Dsc_0334

半分ぐらい(もっとかな?)降りましたが、無人駅でした。
ちなみに、ワンマン運転で一番前のドアからしか降りられないのでぞろぞろと前に進んで降りていく感じでした。
小さな駅舎があります。

JRの西金沢駅はすぐ近くで、割と新しめの橋上駅舎でした。
ICカード未対応で、自動券売機が1台しかなく長めの列ができていたので、また本数が多いわけではないので乗り遅れるとそれなりに待つことになるので焦りました。(間に合いました。)

・JRの西金沢駅
Dsc_0335 Dsc_0336

すぐ横の高架橋は、北陸新幹線の白山総合車両所への線路です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

北陸の旅 (6) 北陸鉄道石川線 鶴来駅

北陸鉄道石川線の終点・鶴来駅に到着。

・鶴来駅に到着した乗ってきた電車 (元京王井の頭線3000系)
Dsc_0272

・鶴来駅の改札口
Dsc_0273

・鶴来駅の駅舎
Dsc_0276

・鶴来駅のバス乗り場
Dsc_0317 Dsc_0318

・駅前からの真正面の風景
Dsc_0274

この道路と後ろの山の感じの雰囲気がよく感じました。

鶴来駅の手前(野町寄り)に車両基地が見えたので行ってみました。

・除雪用のスノープロウが付けられた機関車ED20形と車庫
Dsc_0281 Dsc_0282

さらに野町寄りに線路を跨ぐ歩道橋があったので行ってみました。

・歩道橋からの風景
Dsc_0285 Dsc_0286

残念ながら線路の上部分はアクリル板みたいなものが設置されていて撮影できませんでしたが、上がる所から撮影したのが上の写真。
後ろの雪が積もった山が綺麗で、今回の旅行でのベストショットなのではないかと思っています。

・車両基地の脇から
Dsc_0289

・鶴来駅の駅舎の反対側から
Dsc_0291 Dsc_0293

石川線は2009年に鶴来~加賀一の宮間が廃止されています。

・線路の終端
Dsc_0299 Dsc_0300

駅南側の踏切の手前で途切れていました。

次の列車に乗るつもりでしたが、間に合わず、発車していってしまいました。

・鶴来駅を発車していく列車
Dsc_0304

乗ってきた電車は駅舎前のホームに到着したのですが、
折り返して発車して行った同じ電車は向かいのホームに移動していてそこから発車して行って、あれ? と思う。
一旦鶴来駅より先の線路に引き上げて、そこから折り返して向かいのホームに移動する運用になっているようでした。
鶴来駅に到着していた電車が実際にそのように移動していました。
但し、全てがそうではなく、その次に自分が帰りに乗った電車は駅舎前のホームで直接折り返しでした。

・鶴来駅より先の引き上げ線での折り返し
Dsc_0305 Dsc_0309
Dsc_0311 Dsc_0313

・駅の脇から撮影した鶴来駅のホーム
Dsc_0320

次の列車を待ちます。
なんだか、夕方の上り方面なのに意外と人が集まってきました。近くにスキー場があるようでスケボーを持った人もいました。

・鶴来駅で折り返して乗車した電車とその車内 (旧東急7000系)
Dsc_0326 Dsc_0327

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸の旅 (5) 北陸鉄道石川線 野町駅

金沢駅から北陸鉄道石川線に乗るために、始発駅の野町駅へ。
前から乗ってみたいと思っていました。

金沢駅からどのバスに乗ればよいのか分かりにくかったです。JRと接続する西金沢駅があるので、金沢駅から石川線に乗るために野町駅までバスで行く人は物好きしかいないのでしょうが。
バス停をいろいろ眺めて、野町駅の近くの野町バス停を通る次のバスは8番乗り場からの額住宅駅行のようだったのでそれに乗りました。
金沢はバスが主流なのか、香林坊とか片町とかで結構乗り降りがありました。
野町バス停に着きましたが鉄道の駅がある雰囲気がなく、降りる時に運転手に聞いて昔からの住宅街? の方に進んで行ったら野町駅がありました。
かつては市内(香林坊等)に向かう路面電車との接続駅だったようです。

・野町駅の駅舎
Dsc_0247 Dsc_0249

金沢はわりと都会な方だと思いますが、ローカルな雰囲気の駅で驚き。人気も少ない。

・駅構内
Dsc_0258 Dsc_0250

15時半頃でしたが、窓口で「土日祝限定1日フリーエコきっぷ 石川線用」(500円) を買いました。片道470円なので結構お得。

・土日祝限定1日フリーエコきっぷ 石川線用
Dsc_0289

鉄道の時刻に合わせて駅前に乗り入れてくる路線もあるようです。

・駅前のバス停
Dsc_0263

・2番線
Dsc_0256 Dsc_0264

今は使われていないようで、現在の改札口を入るとどう考えても2番線ホームには行けません。

電車が到着したのでホームへ。

・野町駅のホーム
Dsc_0266 Dsc_0268
Dsc_0267

元京王井の頭線の3000系(=北陸鉄道8000系) でした。
発車します。

・沿線風景と車内
Dsc_0270 Dsc_0271

山の方に入っていくものかと思っていたのですが、終点までずっと平野が続いていました。

野町発車時点では電車はがらがらで、JRとの接続駅である新西金沢駅でそれなりは乗ってきました。(それでも空いてましたが)
どんどん客が降りて終点の鶴来駅に着く頃には数人(もしかすると自分1人)になるのかと思ってましたが、終点まで乗り通す客が結構いました。

途中、野々市工大前という駅がありました。
工大は金沢工業大学を指します。
車内から辺りを見回しましたが、大学らしきものは見つけられず。
うちの高校(三重県内)の理系クラスから何人か行ったはず。その当時は、名古屋の大学に行けないレベルの人が福井工業大学とのどちらかに行くような感じでした。それでもいけないレベルの人は九州の大学に。
自分は首都圏の大学に行きたかったのですが、「何で行くの?」と変人扱いされたのを思い出しました。
浪人したものの結局首都圏の大学には行けませんでしたが...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/08

北陸の旅 (4) 金沢駅

富山駅から「しらさぎ」に乗り、金沢駅に14:44に到着。

ホームから降りたコンコースには、新幹線との乗り換え口が出来そうな場所がありました。

・新幹線との乗り換え口が出来る場所
Dsc_0228

・コンコース内の発車案内
Dsc_0230

・改札前
Dsc_0237

金沢駅には14年ぐらい前ののと鉄道の穴水~輪島間の廃止前に来て以来。
その当時も金沢駅は高架化されていましたが、当時の印象とだいぶ異なりました。

・新幹線の改札口になる場所の前
Dsc_0241 Dsc_0239

駅の東西の自由通路の所は一部工事中でしたが、もうほとんど開業準備はできている模様でした。

この後別の場所に行き(次の記事で記載)、その後夜に金沢駅に戻ってきました。
越後湯沢行の「はくたか」の最終列車(18:23発)の出発の少し前でした。

・越後湯沢行の「はくたか」
Dsc_0338 Dsc_0340
Dsc_0350

結構空いてました。

・向こうの方のホームに止まっていた金沢止まりの「はくたか」
Dsc_0353

・七尾線の電車
Dsc_0354

駅を出ます。

東口には「鼓門」があります。
14年ぐらい前に来た時はなかったような気がします。

・鼓門
Dsc_0356

・北陸鉄道浅野川線の乗り場
Dsc_0357 Dsc_0358

金沢駅東口のまぁまぁ広い地下通路の中に乗り場があります。
店がないので地下街ではありません。
14年ぐらい前に来た時点で既に地下駅になっていましたが、地下通路はなく、駅の部分だけが地下になっていたような記憶がします。

今回は、時間等の関係もあり浅野川線には乗りませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/07

北陸の旅 (2) 富山駅

富山駅に到着。
ここでいったん下車しました。
約8年振りの富山です。

・乗ってきた特急「はくたか」
Dsc_0169

富山駅のJR線ホームで撮影した車両。
※ 富山駅から金沢に向かう時に撮った写真も含みます。

・413系
Dsc_0171

・高山線の特急「ひだ」と普通列車
Dsc_0179 Dsc_0213

・特急「しらさぎ」
Dsc_0181 Dsc_0180

・特急「はくたか」(越後湯沢方面)
Dsc_0220 Dsc_0221

北陸新幹線開業後は、富山駅へは越後湯沢・新潟方面の特急だけではなく、大阪・名古屋方面の特急もなくなります。(金沢での新幹線との乗り換えとなる)
高山線の特急は残ります。
北陸線自体もJRから切り離されてあいの風富山鉄道による運行となります。
在来線は高山線のみJRで残ります。

・富山駅の駅名票
Dsc_0215

・JR線のホーム
Dsc_0173 Dsc_0217

すぐ横に見える高架は北陸新幹線のホームではなく、在来線の高架化用の施設のようでした。
現在のホームや駅舎は仮で、仮の改札口まで結構距離がありました。

・仮の跨線橋
Dsc_0183

・北陸DCおもてなしボード
Dsc_0185 Dsc_0184

・路面電車の乗り場工事現場と、改札口への通路
Dsc_0186 Dsc_0187

新幹線のホームの下に路面電車が乗り入れるようです。
先ほども言いましたが、仮改札口まで遠かった。

・JRの富山駅の仮駅舎
Dsc_0192

・建設中のJRの富山駅の新駅舎
Dsc_0198

・富山地鉄の路面電車
Dsc_0194 
Dsc_0201 Dsc_0210

・富山地鉄の鉄道線の乗り場(駅ビル)
Dsc_0199 Dsc_0203

富山地鉄の鉄道線の乗り場は、新幹線開業後は近くなりそうでしたが、現在のJRのホーム・仮改札からだいぶ離れていました。乗り換えに15分ぐらいは余裕が必要そうでした。

・富山地鉄の鉄道線のホーム
Dsc_0205

RAILWAYSの看板の方にフォーカスが当たっていて失敗。

この後駅そばでうどんを食べて、金沢へ。
降りてから短時間で金沢に向かうつもりでしたが、14:03発の特急「しらさぎ」に乗車。
1時間15分ぐらい滞在してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/24

映画「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」

TOHOシネマズ上大岡で映画RAILWAYSシリーズの第2作「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」を観て来ました。
映画を観るのは久しぶりで、前回見たのはRAIWAYSの第1作だったと思います。

TOHOシネマズ上大岡はトイレは幾度となく利用させていただいているのですが、映画を観たのは初めてでした。
この映画、公開開始されてからそんなに日は経っていないような気がするのですが、既に1日1回の上映になっていました。あの「けいおん」ですら1日3回だったかの上映。たくさんスクリーンがある映画館でも上映期間は結構短いものなんですかね。
席は結構埋まっており、熟年夫婦連れらしき人が殆どでした。自分が一番若いぐらいでした。

今回は富山県の富山地鉄が舞台になっています。
前作との話の繋がりは一切ありません。前回と同様、鉄道は話のメインではありません。
三浦友和さん演じる主人公は富山地鉄のベテラン運転手で、もうすぐ定年退職を迎えるという設定です。そんな時期に恐らく長い間専業主婦であった妻が看護士として復帰し、夫婦仲が悪化して別居、離婚しようと言い出して。そんな感じの話です。

結構良い映画でぐっと来るシーンもありました。自分的には前作よりもだいぶ良かったです。

最後の勤務日は、沿道に妊娠中の娘夫妻や.... が主人公が運転する列車を見に来ていました。定年退職する日にああやって迎えられるなんで幸せだなと思いました。

定年後は自分のやりたい事をするみたいな感じの展開だったのですが、
えっ??????? これなの?

鉄道シーンでは、元西武鉄道レッドアローの車両(16010形)が印象的でした。
以前富山に行ったときに、この車両に偶然乗りました。特急にしか使用されていないので乗れないと思っていたのですが、たまたま普通列車にこの車両が来て喜んだ。西武鉄道時代にこの車両に乗った事がなく、特に思い出があるわけではありませんが。子供の頃本で何度も眺めて乗りたいなと思っていた車両ではありました。
→ 参考: 弥彦・黒部峡谷・神岡鉄道旅行記 (6) 富山地方鉄道 (2006/11/30作成)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/03

弥彦・黒部峡谷・神岡鉄道旅行記 (10) 黒部川電気記念館

宇奈月駅に到着。
富山地方鉄道に乗り換えて富山に戻る予定であるが、次の電車までやや時間があったので、宇奈月駅前にある黒部川電気記念館を見学する。
関西電力が運営している記念館で、入場無料。
建物は3階建てだが、公開されているのは1階のみ。
Pb240186

黒部ダムに関する展示がしてある。黒部ダムの模型がでんと構える。その他黒部ダムの今や歴史を伝える映像等。

その中で、「日電歩道」の紹介が驚いた。日電というのは「日本電気」の略ではなく、当時黒部ダムの開発を行った「日本電力」の略との事。
ダム建設の資材を運搬する為、崖に沿った狭い道(崖側に柵などはなく、時折板をかけただけの部分があったりもする)を、人が大きな荷物を肩に担ぎ、普通の道を歩くのと同じような速度で歩いている昭和初期の映像が写る。
...命懸けの仕事だ...。自分にはとても真似できない。崖から落ちる等して亡くなった人は大勢いるのだろうな。

日電歩道とは別だが、黒部峡谷鉄道が運休する冬季、同区間を歩いて荷物を運ぶ「逓送さん」がいるという。そのための「冬季歩道」(主にトンネル)が用意されている。結構な距離があり、こちらも命懸けだ。頭が下がる思いだ。

下の写真。黒部川電気記念館の前に置かれた電気機関車(EB5号型)。黒部峡谷鉄道で初期に活躍した機関車だという。
Pb240184

富山地方鉄道の宇奈月温泉から富山に戻る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/02

弥彦・黒部峡谷・神岡鉄道旅行記 (9) 欅平駅周辺

欅平駅の2階にある食堂で昼食を食べ、欅平駅周辺の散歩に向かう。

まずは、奥鐘橋の方向へ。
下の写真は、奥鐘橋から見た人喰岩。道路に岩が覆いかぶさっている。
Pb240138

奥鐘橋を渡ると、落石注意。「危険なので立ち止まるな」「この道路は治水の為に作ったもので、事故があっても富山県は責任を持たない」旨の看板が立っている。
なんか、本当に今にでも岩が落ちてきそうな雰囲気で怖い。
人喰岩の途中から、欅平駅の方面を振り返る。
Pb240144

あまり遠くまで行くと他の場所が見物できないし、落石が怖くなってきたのでトンネルの所で引き返し、逆方向の猿飛峡へ向かう。
が...
Pb240152

そういえば、案内書に河原に足湯があると書いてあった。行ってみる...。
Pb240149
湯がない!!!

欅平ビジターセンターに入る。
展示は地図ぐらいしかなく、DVDとスライドの上映のみ。展示が古くなったのか、館内にボードによる展示物を隠したような形跡あり。
誰も客がいず、かといって無人ではない(入口に係員がいる)ので何となく居づらい雰囲気。

見学する所がなくなった...。
欅平駅に戻る。
こんな掲示があった。帰りに確認したが、これと同じような内容の掲示は宇奈月駅にもあった。
Pb240153

予約した14:58発までずいぶん時間がある。
列車を替えてもらった。次の列車.. とはいっても関西電力専用列車等もあって次の列車まで間が空いている。
普通車が連結しない14:37発欅平、15:54宇奈月着。特別車の乗車(といってもボックス席)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | グルメ・クッキング - そば・うどん・パスタ | グルメ・クッキング - ハンバーガー | グルメ・クッキング - ラーメン | グルメ・クッキング - 丼 | グルメ・クッキング - 駅弁・弁当 | ゲーム | スポーツ | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | 交通 - バス | 交通 - 自動車 | 交通 - 航空機 | 交通 - 船 | 交通 - 街道 | 交通 - 鉄道 | 交通 - 鉄道 - JRその他 | 交通 - 鉄道 - JR九州 | 交通 - 鉄道 - JR北海道 | 交通 - 鉄道 - JR四国 | 交通 - 鉄道 - JR東日本 | 交通 - 鉄道 - JR東海 | 交通 - 鉄道 - JR西日本 | 交通 - 鉄道 - JR貨物 | 交通 - 鉄道 - その他 | 交通 - 鉄道 - イベント | 交通 - 鉄道 - ケーブルカー | 交通 - 鉄道 - モノレール | 交通 - 鉄道 - ロープウェイ | 交通 - 鉄道 - 廃線 | 交通 - 鉄道 - 海外 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 中国 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 九州・沖縄 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北海道 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北陸 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 四国 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東北 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東海 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 甲信越 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 近畿 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - その他 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京急 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京成 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京王 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 小田急 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東京メトロ | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東急 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東武 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 相鉄 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 西武 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 都営 | 住まい・インテリア | 動物園・水族館 | 博物館・美術館 | 地域 - 中国 | 地域 - 九州・沖縄 | 地域 - 全国 | 地域 - 北海道 | 地域 - 北陸 | 地域 - 四国 | 地域 - 東北 | 地域 - 東海 | 地域 - 海外 | 地域 - 甲信越 | 地域 - 近畿 | 地域 - 関東 - その他 | 地域 - 関東 - 千葉県 | 地域 - 関東 - 埼玉県 | 地域 - 関東 - 東京都 | 地域 - 関東 - 栃木県 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - その他 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - 川崎市 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横浜市 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横須賀市 | 地域 - 関東 - 群馬県 | 地域 - 関東 - 茨城県 | 学問・資格 | 寺・神社・教会 | 心と体 | 心と体 - 痔 | 携帯・デジカメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 経済・政治・国際 | 自衛隊・軍隊 | 芸能・アイドル | 芸能・アイドル - ももいろクローバーZ | 芸能・アイドル - 広末 | 音楽 | ~の旅(2006) | ~の旅(2007) | ~の旅(2008)