カテゴリー「交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東急」の57件の記事

2017/04/16

妙蓮寺

続いて東急東横線の駅名にもなっている妙蓮寺へ。

寺の敷地内を東急東横線を通る計画があり、それならばという事で敷地内を通る代わりに駅を設置させたとの事です。
駅の東口の前に山門があり、山門の前に西口に向かう踏切があります。

山門の少し前に「故xxxx儀葬儀式場」の立て看板が掲げられていて、入りにくい雰囲気でした。
HPを見ると、併設する葬儀場がメインな作りでした。
葬儀はもう終わっていたようなので入りました。

・山門
Dsc_3779

・鐘楼
Dsc_3780

・本堂
Dsc_3786

・寺側から見た東横線
Dsc_3782 Dsc_3783
Dsc_3788 Dsc_3787

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大倉山記念館

3月20日、大倉山記念館に行きました。

最寄り駅は東急東横線の大倉山駅。
大倉山駅の西側にある線路沿いの坂道を上げっていくとあります。

・大倉山駅西側の案内モニュメントと、坂道から見た大倉山駅
Dsc_3712 Dsc_3717

・大倉山公園の入口と、案内図
Dsc_3721 Dsc_3722

大倉山記念館は大倉山公園の中にあります。
入口からも坂を上がって大倉山記念館前に到着。

・大倉山記念館の正面から見た外観と入口
Dsc_3726 Dsc_3753

思っていたよりも立派な建物でした。
1932年に大倉精神文化研究所の本館として建設された建物で、現在は横浜市が所有して貸ホールや貸展示室として使用されています。

中に入ります。入った所は2階扱いでした。

・2階から3階に上がる階段
Dsc_3732 Dsc_3737

・2階エントランスのベンチ
Dsc_3739

・2階のロビー
Dsc_3734

・天井
Dsc_3742 Dsc_3743

ふと天井を見上げてみたら、動物の置物みたいなものが並べられていました。
天井もこだわるなぁ。

・1階から2階に上がる階段
Dsc_3751

・1階の留魂礎碑
Dsc_3748

・1階の大倉精神文化研究所の部屋の入口
Dsc_3750

大倉精神文化研究所は現存していて、今もこの建物内で研究が行われているようです。

予想以上の素晴らしい建物で感激しました。
ホールや集会所は一般が入れるような催しはやっておらず、ギャラリーは何も開催されていませんでした。ホールからは情熱大陸の歌をピアノで演奏している音が聞こえていました。
これらの中を一般公開するイベントがあったら行って見たいなと思いました。

・横から見た外観
Dsc_3757

大倉山公園内も歩いてみました。

・公園から見た北東側と南西側の風景
Dsc_3761 Dsc_3766

日産スタジアムが見えました。結構近い。日産スタジアムでライブがあるとここまで音が聞こえたりするのかな?

・梅園と、東横神社
Dsc_3764 Dsc_3765

まぁまぁ広いよく整備された神社が見えたので行ってみましたが、ドアが閉まって入れませんでした。一般の人の参拝はできないとの事。
「東横神社」という名前で、東急が所有しているようです。
管理人が常駐しているようでその建物があり、掃除用具を持って出てくるのが見えました。
どういうときに参拝に来るんだろう。
何でこんな所にあるのだろうと思って調べた所、大倉山公園自体を昔は東急が鉄道利用促進のため所有していたようです。

坂を下りて大倉山駅へ。
大倉山駅の前の通りから東側に新幹線が見えました。

・大倉山駅の前の通りから見た新幹線
Dsc_3773

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/03

東急東横線の渋谷~代官山の旧線跡 (2016年11月)

11月20日、東急東横線の渋谷~代官山の旧線跡を見てきました。
もう日が暮れていました。

・ヒカリエから見た東急東横線の旧渋谷駅
Dsc_2717

・南口東側付近の歩道橋から見た旧駅の銀座線ホーム方向
Dsc_2732

・旧渋谷駅の玉川通りを跨ぐ部分
Dsc_2736 Dsc_2733

旧駅の施設がここだけ残っていました。
道路の上で線路の上に首都高も走っているので撤去が難しいのでしょうか。或いは旧駅の所に湘南新宿ライン・埼京線ホームが移転する予定なのでその時に再利用するのかな?

・旧駅の南側から見た旧駅と、代官山方面
Dsc_2739 Dsc_2738

南側の旧線後にビルを建設中でした。

旧線近くを代官山駅まで歩いてみました。

・旧線沿い
Dsc_2743

ひっそりしていて怖い雰囲気。

・並木橋付近の道路を跨いでいた部分と、その先のカーブが始まる部分
Dsc_2745 Dsc_2746

ここだけ高架橋を支えていた柱が残っていました。
残っているのはここだけでした。

・代官山に向かってカーブする部分
Dsc_2747

・JRの山手線等を跨いでいた部分
Dsc_2749 Dsc_2754

・JR線を跨いでいた所の部分
Dsc_2758

コインパーキングに転用されていました。

・さらにその先
Dsc_2760 Dsc_2761
Dsc_2764

新線トンネルから出てくるところの手前(踏切があった所)まで「LOG ROAD DAIKANYAMA」という商業施設に転用されていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/19

西武・電車フェスタ2016 (1) 会場直通臨時列車

6月5日、西武鉄道の武蔵丘車両検修所で開催された「西武・電車フェスタ2016 in 武蔵丘車両検修所」に行きました。
西武のこの場所でのイベントに行くのはいつ以来だろう。10年振りぐらいかもしれません。

行きは、横浜から8:27発の会場直通の臨時で行きました。会場着は10:17です。

・横浜駅での臨時列車の発車案内
Dsc_9099

「特急 飯能」の表示。放送で武蔵丘車両検修所行であることは言っていました。

・やってきた臨時列車
Dsc_9102

こちらも「特急 飯能」の表示。
ヘッドマーク等もなくちょっとがっかり。

臨時列車に乗車します。

飯能駅で車内のドア上の液晶表示器が「臨時 武蔵丘」に変わりました。

武蔵丘車両検修所の手前で隣にきゃりーぱみゅぱみゅの「SEIBU KPP TRAIN」が停まっているのが見えました。これはうれしいです。

・SEIBU KPP TRAIN
Dsc_1272 Dsc_1269
Dsc_9103

ピンクベースの塗装。
インパクトがありました。

・ドア上の液晶表示器
Dsc_9105

・臨時列車の車両
Dsc_9106

正面の幕は「臨時」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/01

東急 電車とバスの博物館 (5) 図書コーナー

イベント館の中に図書コーナー(ライブラリー) があります。

Dsc_076図書コーナー7

これは酷い!
誰がこんなことをしたのか悲しくなりました。

車両や駅舎なら塗り直し等で修復する事も可能でしょうが、書籍はそういうわけにはゆきません。一生このままでしょう。
誰かからの寄贈の本も並べてあったような記憶がありますが、寄贈したものがこのようにされたら寄贈したほうはたまったものではない。

図書コーナーは日曜日・祝日のみの営業で、鉄道研究会に入っていそうな雰囲気の高校生らしき人が2人受付にいました。(鉄道ファンを読んでたし)
本館には東急のOBっぽい従業員が何人かいましたが、イベント館はこの受付の高校生のみ。もしかするとかつては平日も営業で無人で、その時にやられてしまったのか?

図書コーナー、子供の頃に親(父)に買ってもらって何度も読んでいた記憶がある本がいくつかあり懐かしく感じました。実家のどこかに(というかあそこに)今もあると思います。
読みだすと1日過ごせそうでした。1日では足りないかな。

電車とバスの博物館、楽しめました。
リニューアルは、期待してよいのかどうかわからない。

(完)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/09/30

東急 電車とバスの博物館 (4) イベント館

続いてイベント館へ。
本館から道路を挟んだ向かい側にあります。

・イベント館の入口
Dsc_4817

・モハ510形
Dsc_4819 Dsc_4822
Dsc_4823 Dsc_4831
Dsc_4833

運転席の座席が自転車のサドルでした。

・YS-11
Dsc_4834 Dsc_4835
Dsc_4836

東亜国内航空時代の塗装のY-11の前頭部で、シミュレータとして使用されています。
東亜国内航空 → 日本エアシステム 時代は東急の子会社でした。その後日本航空と合併しましたが、今は東急は日本航空の株を持っていないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東急 電車とバスの博物館 (3) 1階

続いて1階。

・電車とバスの博物館の駅名票
Dsc_4775

・デハ200形
Dsc_4779 Dsc_4786
Dsc_4789 Dsc_4788
Dsc_4791 Dsc_4790
Dsc_4798 Dsc_4794

かつて路面電車として運転されていた東急玉川線(渋谷~二子玉川園)の車両です。
路面電車なのに流線型で先端的だったのではないかと思います。
角ばった車両よりもこういう感じの車両の方は好きです。
連接車で、知らなかったのですが連接部分は車軸1個(左右に車輪2個) でした。1個でも大丈夫だったのか。

・玉川線関連の展示
Dsc_4801 Dsc_4802

・1995年に初のデマントバスとして運行された東急コーチのバス (三菱B623B)
Dsc_4803 Dsc_4795

・昔の路線バス (日野RB10)
Dsc_4816 Dsc_4812
Dsc_4809 Dsc_4811

床等が切り取られて車輪やエンジンが見えるようになっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/29

東急 電車とバスの博物館 (2) 2階

続けて2階。

・デハ3450形と台車等
Dsc_4768 Dsc_4769
Dsc_4770 Dsc_4773

変則的な建物で2階と言って中2階のような形で、2階の展示物はこれのみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/28

東急 電車とバスの博物館 (1) 3階

9月13日、宮崎台にある東急の「電車とバスの博物館」に行きました。

9月27日にリニューアルのため一旦休館になりました。
2003年の宮崎台への移転後まもない頃(確か) に1回行っています。
それより前の高津駅近くにあった頃にも1回行っています。

・宮崎台駅の改札口向かいの連絡通路の入口
Dsc_4729

やや長い連絡通路で博物館とつながっています。
博物館の入口近くに踏切があり、博物館の上を走っている田園都市線の急行・準急列車の通過に合わせてなるようです。

・入口前の踏切
Dsc_4731

券売機で入館券(大人100円)の切符を購入し、入口に置かれた自動改札機に入れて入場します。ICカード対応のものではありませんでした。

まずは3階。

・東横線地上時代の渋谷駅の模型
Dsc_4735 Dsc_4733

「東急 鉄道フェスティバル2012 in SHIBUYA」や、東横線渋谷駅地下化後に旧渋谷駅で開催された「TOYOKO LINE SHIBUYA Station Park」 で展示されていたものと同じものでした。

・昔の定期券発行機
Dsc_4736

・高津駅旧駅舎の再現モデル
Dsc_4744 Dsc_4739
Dsc_4740 Dsc_4742

・デハ1形車両の復元と、開業当時の目黒駅の模型
Dsc_4749 Dsc_4751

・歴史関連の展示品
Dsc_4748 Dsc_4746

現東急電鉄の最初の路線は東横線ではなく、目黒蒲田電鉄の目蒲線(現在の目黒線 + 多摩川線) でした。
歴史関連の展示は勉強にもなり良かったです。

・ジオラマシミュレータ
Dsc_4757 Dsc_4761
Dsc_4763 Dsc_4766

最後の宮崎台のところは現実の風景と違いすぎるように思いましたが、
渋谷駅では地下駅を再現しており芸が細かい。

・パノラマシアター
Dsc_4767

ショー時間以外は模型車両自体も動かしていなくて残念な感じでした。
東横線が乗りいれているみなとみらい線のみなとみらい駅も再現していました。実際には海の下にあるわけではなくカーブのあるホームではありませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/08

こどもの国線 & 東急長津田工場

その後、横浜指定地下鉄の快速に乗車してあざみ野へ。東急田園都市線に乗り換えて長津田へ。
そこから、東急&横浜高速鉄道の「こどもの国線」に久しぶりに乗りました。

・長津田駅のこどもの国線のりばへの入口
Dsc_3211

乗り場は東急田園都市線の改札外にあります。
こどもの国線用の改札口もなく、乗車券を持っていなくても乗車ができてしまいます。
こどもの国の他の駅には自動改札口があるので、これで間に合うのでしょう。

・長津田駅のこどもの国線のホーム
Dsc_3214 Dsc_3218
Dsc_3216

駅番号の頭文字の「KD」は、KoDomonokuniから取ったKDでしょうか。KiDsから取ったKDではないですよね、たぶん。
車両はY000系の2両編成のワンマン列車。

途中駅の恩田駅に到着する前に車両工場が見えたので降りてみました。

・恩田駅のホームから見た東急長津田工場
Dsc_3220

線路の両側に工場があり、北側は東急直営の長津田工場、南側は子会社の東急テクノシステムの長津田工場のようです。

・東急テクノシステム長津田工場
Dsc_3224 Dsc_3229

元日比谷線直通用の1000系が外に置かれていました。
ここで改造して地方私鉄に売却されるのでしょうか?

・東急長津田工場
Dsc_3230 Dsc_3231

恩田駅に戻ります。

・恩田駅の駅舎
Dsc_3222

無人駅でした。

再び乗車して、終点のこどもの国駅へ。

・こどもの国駅のホームの端から見た長津田方面
Dsc_3236

・こどもの国駅に停車中のY000系
Dsc_3238 Dsc_3241

・こどもの国駅の駅舎
Dsc_3240

こどもの国駅も無人でした。

・こどもの国駅からこどもの国に行く道と、こどもの国の入場門
Dsc_3242 Dsc_3244

この後、こどもの国の入場門近くのバス停から小田急バスで鶴川駅へ。
途中TBS緑山スタジオの横を通ります。
「風雲たけし城」はここにゲームのセットを作って撮影されたのかな。
子供の頃は、大人になったら「風雲たけし城」に出たいとか思っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | グルメ・クッキング - そば・うどん・パスタ | グルメ・クッキング - ハンバーガー | グルメ・クッキング - ラーメン | グルメ・クッキング - 丼 | グルメ・クッキング - 駅弁・弁当 | ゲーム | スポーツ | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | 交通 - バス | 交通 - 自動車 | 交通 - 航空機 | 交通 - 船 | 交通 - 街道 | 交通 - 鉄道 | 交通 - 鉄道 - JRその他 | 交通 - 鉄道 - JR九州 | 交通 - 鉄道 - JR北海道 | 交通 - 鉄道 - JR四国 | 交通 - 鉄道 - JR東日本 | 交通 - 鉄道 - JR東海 | 交通 - 鉄道 - JR西日本 | 交通 - 鉄道 - JR貨物 | 交通 - 鉄道 - その他 | 交通 - 鉄道 - イベント | 交通 - 鉄道 - ケーブルカー | 交通 - 鉄道 - モノレール | 交通 - 鉄道 - ロープウェイ | 交通 - 鉄道 - 廃線 | 交通 - 鉄道 - 海外 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 中国 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 九州・沖縄 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北海道 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北陸 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 四国 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東北 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東海 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 甲信越 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 近畿 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - その他 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京急 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京成 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京王 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 小田急 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東京メトロ | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東急 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東武 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 相鉄 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 西武 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 都営 | 住まい・インテリア | 動物園・水族館 | 博物館・美術館 | 地域 - 中国 | 地域 - 九州・沖縄 | 地域 - 全国 | 地域 - 北海道 | 地域 - 北陸 | 地域 - 四国 | 地域 - 東北 | 地域 - 東海 | 地域 - 海外 | 地域 - 甲信越 | 地域 - 近畿 | 地域 - 関東 - その他 | 地域 - 関東 - 千葉県 | 地域 - 関東 - 埼玉県 | 地域 - 関東 - 東京都 | 地域 - 関東 - 栃木県 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - その他 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - 川崎市 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横浜市 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横須賀市 | 地域 - 関東 - 群馬県 | 地域 - 関東 - 茨城県 | 学問・資格 | 寺・神社・教会 | 心と体 | 心と体 - 痔 | 携帯・デジカメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 経済・政治・国際 | 自衛隊・軍隊 | 芸能・アイドル | 芸能・アイドル - ももいろクローバーZ | 芸能・アイドル - 広末 | 音楽 | ~の旅(2006) | ~の旅(2007) | ~の旅(2008)