カテゴリー「交通 - 鉄道 - 廃線」の89件の記事

2024/02/10

日産YY祭り (3) 新興線跡

行きのバスから見えた貨物線の廃線跡、気になったので帰りは新子安駅まで歩いて帰りました。
東海道本線の貨物支線である新興線があったようです。

・日産自動車横浜工場のゲストハウスでの歴史展示と現在の工場前
Dsc_0399_20240209233101 Dsc_0440_20240210003601

西側の新子安駅に近い方へ。

・布袋橋と併行する新興線の廃線跡
Dsc_0445_20240210004401 Dsc_0446_20240210004401 
Dsc_0451_20240210004401

橋の部分だけ如何にもな感じで残っていましたが、橋の部分は撤去が難しいのかな?

・その先の廃線跡
Dsc_0453_20240210004901 Dsc_0455_20240210004901 
Dsc_0460_20240210004901

セブンイレブンの脇を先に進んでいたようですがこの先には入れませんでした。

・恵比須橋から見た廃線跡
Dsc_0462_20240210005201 Dsc_0463_20240210005201

・入江駅跡
Dsc_0470_20240210005401

現在京浜急行バス新子安営業所になっているところが新興線と分岐していた入江駅だったところで、左にカーブしているところが新興線跡と思われます。

・京急新子安駅前
Dsc_0477_20240210010701 Dsc_0482_20240210010701
Dsc_0483_20240210201701

(完)

| | | コメント (0)

2024/02/02

妙見と姫路 (9) 手柄山交流ステーション

手柄山交流ステーションへ。
廃線になった姫路モノレールの手柄山駅だった所にあります。

・手柄山交流ステーションの入口
Dsc_0989_20240130224401 Dsc_0987_20240130003801

入場します。

・モノレール正面
Dsc_0993_20240130230901

どーんと。
手柄山交流ステーションの半分は有料の姫路市立水族館の新館、半分は無料のモノレール展示室になっています。
水族館も行きたいところですがこのあと姫路城に行きたいこともあり時間の関係でお預け。
この下から正面の位置は微妙に水族館なエリアな感じでしたが入れさえていただけました。

2階がモノレール展示室なので上がります。

・車両の外観
Dsc_0998_20240130235201 Dsc_0996_20240130235201

2両ある内1両は車内に入れました。

・車内
Dsc_0999_20240131000501 Dsc_0004_20240131000501 
Dsc_0006_20240131000501

御座候って大判焼きの店、姫路が本社だったんですね。
お食事と喫茶...。調べたら喫茶は過去のものかもですが姫路にラーメンや餃子を売っている店はあるようです。

車内では当時の姫路モノレールの映像も放映されていました。

・時刻表と広告
Dsc_0018_20240131001201 Dsc_0026_20240131001201

須磨浦ロープウェイ&カーレーターはそのうち廃止になりそうな気もして乗ってみたいです。

・反対側の車両の外観
Dsc_0027_20240131001801 Dsc_0028_20240131001801

・土木遺産のプレート
Dsc_0019_20240131001801

機械(車両)ではなく土木なんですね。

・モノレールの駅関連
Dsc_0022_20240131002501 Dsc_0038_20240131002501

・モノレールの車両関連の展示
Dsc_0031_20240131002501 Dsc_0035_20240131002501

・姫路大博覧会の模型
Dsc_0010_20240131003801

・姫路市営バスの展示
Dsc_0013_20240131003401 Dsc_0014_20240131003401 
Dsc_0017 Dsc_0016_20240131003401

かつて運行されていた姫路市営バスの展示もありました。
2010年に廃止されて民間の神姫バスに移管されました。

一旦奥から外に出ました。

・モノレールの台車
Dsc_0046_20240131004201

・奥の外から見た建物
Dsc_0044_20240131004401

再び中に入りエレベーターで屋上へ。
ビルの屋上かと思いきや、公園の上の方と同じ高さのところで公園(手柄山中央公園)に出られました。

・屋上から見えた姫路城
Dsc_0052_20240131004701

・屋上から見えた案内図と公園
Dsc_0056_20240131005201 Dsc_0051_20240131005201

城みたいな建物がありますが現在は中は特に使用されていない模様でした。
公園内にはかつては遊園地やプールがあったようですが閉鎖されてしまったようで寂しい雰囲気を感じました。
水族館温室植物館平和資料館等は現存で、平和資料館の看板が目立ってもました。

・公園内
Dsc_0057_20240131010301 Dsc_0061_20240131010301

あまり人がいなかったですが、花壇とか綺麗に手入れされている感を感じました。

| | | コメント (0)

2024/01/30

妙見と姫路 (8) 姫路モノレール跡

おはようございます。

東横イン姫路駅新幹線北口からおや! というものが見えました。

・東横インから見えた姫路モノレール跡
Dsc_0923_20240126235201

もう撤去されたのかと思っていましたがまだ残ってたんですね。

・東横インから見た手柄山交流ステーション方面
Dsc_0924_20240126235601

姫路モノレールは1966年に開業し1974年に休止(その後廃止)された姫路市営のモノレールです。
姫路駅~手柄山駅の1.6kmを結ぶ路線で、手柄山交流ステーションはそのモノレールの終点だった手柄山駅跡を利用した展示施設でこのあと行く予定です。

東横インの無料昼食..というか料金に含まれれている朝食を食べながら調べていたら姫路モノレールの跡は今でも結構残っているようで、最寄り駅(手柄駅)まで電車に乗って行こうと思っていましたがここから手柄山交流ステーションまで歩いていくことにしました。
東横インの朝食、昔と比べるとだいぶ豪華になりましたね。昔はほぼおにぎりしかなかったような。

・東横インの朝食
Dsc_8533

・東横インから見た山陽姫路駅
Dsc_8535

チェックアウトして出発です。

・山陽電鉄と交差する所の東側
Dsc_0927_20240129235201 Dsc_0935_20240129235201

・山陽電鉄と交差する所の西側
Dsc_0936_20240129235201 Dsc_0938_20240129235201 
Dsc_0941_20240129235201

ラーメン兵庫軒が気になりました。(閉店している模様)
下に建物があるので撤去できないというのもあるのかな?

・さらに先
Dsc_0942_20240129235401

・大将軍駅跡
Dsc_0944_20240130000101 Dsc_0954_20240130000201

駅の上にアパートがあった駅。
取り壊されていました。
この日は祭の日だったようで神輿が前を通り過ぎていきました。

・山陽新幹線の北側
Dsc_0956_20240130000901 Dsc_0958_20240130000901 
Dsc_0962_20240130000901

橋桁が残っているところがあり、山陽新幹線と交わる少し前で一旦途切れていました。

・大将軍橋跡
Dsc_0967_20240130002001

このあたりの山陽本線は2004年に高架化されたようで、その前は山陽本線を跨ぐ道路の大将軍橋があったそうです。(モノレール跡ではないです)

・山陽本線の南側
Dsc_0968_20240130003201 Dsc_0970_20240130003201 
Dsc_0971_20240130003201 Dsc_0978_20240130003201

ここにも橋桁。
この先はモノレール跡はなかったです。

・手柄山駅跡(手柄山交流ステーション)
Dsc_0982_20240130003801 Dsc_0987_20240130003801

手柄山駅は建物の中で半円の白くなっているところがモノレールが駅に入るところだった所です。

| | | コメント (0)

2024/01/21

妙見と姫路 (5) 帰りの妙見の森リフト・ケーブルカー

妙見の森リフト・ケーブルカーで下ります。

・妙見の森リフトの妙見山駅
Dsc_0837_20240121183301

前の方に乗った人がリフトに乗っている最中寝てしまったようで、下の駅で係員に「お客さん起きてください起きてください!」と声をかけられて慌てて降りてよからぬ方向歩き出して危なかったです。

ケーブルカーの乗り場へ降りていくと..

・鹿
Dsc_0848_20240121183901

びっくりです。

ケーブルカー、すぐに乗れるのかと思いきや結構並んでいて何台か待たないと乗れない状態。
買った「のせでん妙見の森フリーきっぷ」で阪急全線も乗れるので乗りまくろうと思っていたのですが、もう17時近い時間で日暮れ後になってしまうので諦めて、フリーきっぷ特典で100円が無料になる山上駅内にある足湯に入ってゆっくりしました。

・足湯
Dsc_8504_20240121185201

半袖で来ていましたがもう寒くなってきている季節だったし、思っていた以上に気持ち良かったです。

・足湯から見た風景
Dsc_0849_20240121185201

・足湯から見たケーブル山上駅
Dsc_0851_20240121185201 Dsc_0853_20240121185201

これは駅が良く見れる良いスポットじゃないですか!

足湯を出て少しは空いてきたかなと思いましたがそうでもなく、満員の客を乗せえてピストン運転が続いていました。

・ケーブルカー山上駅
Dsc_0854_20240121190401

・黒川駅
Dsc_0857_20240121190401 Dsc_0862_20240121190401 
Dsc_0863_20240121190401

最後に来て乗れて、来てよかったです。

| | | コメント (0)

妙見と姫路 (3) 妙見の森リフト

妙見の森リフトに乗車します。

・ふれあい広場駅
Dsc_0769_20240120235201

・リフト
Dsc_8483

結構長いです。
今まで乗ったリフトの中で一番長いのではないかと思います。
椅子に番号が振ってありましたが149までありました。約12分だったようです。

山上の妙見山駅に到着。

・妙見山駅
Dsc_0770_20240121154001 Dsc_0777_20240121154001

・妙見山駅近くの展望台からの風景
Dsc_0772_20240121154601 Dsc_0775_20240121154601

見えるのは西宮辺りなのかな? 薄っすら淡路島が見えているような気もしました。

・能勢妙見山の案内図と鳥居跡
Dsc_0778_20240121155201 Dsc_0781_20240121155201

能勢妙見山は日蓮宗の寺の名前の事です。
戦前は今のリフトのところもケーブルカーで、能勢妙見山の鳥居があったとの事。
戦争中に不要不急路線としてケーブルカーが撤去された後この鳥居も撤去されたそうです。

駅から能勢妙見山までまぁまぁ距離があります。
高い崖の上にあるじゃり道を歩きます。

・能勢妙見山への道
Dsc_0784_20240121160401

| | | コメント (0)

2024/01/20

妙見と姫路 (2) 妙見の森ケーブルと妙見の森

妙見口駅から妙見の森ケーブルの山麓側の黒川駅まで歩きます。

・黒川駅までの道
Dsc_0712_20240119003001 Dsc_0713_20240119003001 
Dsc_0714_20240120185001 Dsc_0717_20240120185001

花折街道の石碑が何か所かに建っていました。
坂道だし結構遠い。
国道に出て左に曲がると大阪府と兵庫県の県境でした。妙見口は大阪府でしたが妙見の森ケーブルは兵庫県だったんですね。
この記事を書くにあたって調べたら国道477号線、我が出身地の三重県の四日市から続いているんですね。

・国道477号線の大阪府と兵庫県の県境
Dsc_8465

少し進んで国道から右に折れると妙見の森ケーブルの黒川駅が見えてきました。駐車場に止める車が並んでいました。

・黒川駅
Dsc_0718_20240120190901 
Dsc_0722_20240120190901 Dsc_0726_20240120190901

・駅舎内
Dsc_0729_20240120191301

・入線してきたケーブルカー
Dsc_0732_20240120192901 Dsc_0735_20240120192901

乗車します。

・車内
Dsc_0737_20240120202001 Dsc_0736_20240120202001

・車窓
Dsc_0741_20240120202001 Dsc_0743_20240120202001

山上側のケーブル山上駅に到着です。

・ケーブル山上駅に到着したケーブルカー
Dsc_0746_20240120202701

・ケーブル山上駅の駅舎内と駅舎
Dsc_0749_20240120202701 Dsc_0751_20240120202701

駅舎内には足湯もありました。

帰りについてですが妙見の森ケーブルの動画を作りました。

このあと妙見の森リフトに乗り換えますが、リフトの駅まで結構離れているかつ急坂で「いろは坂」がありました。先日日光のいろは坂に行ったばかり。
戦前はリフトの部分もケーブルカー(乗り換えは必要)で、現在のケーブル山上駅のすぐ近くに駅(中間駅)があったようです。

・いろは坂
Dsc_0753_20240120221801

いろは坂を上がって妙見の森リフトの駅へ。

・妙見の森リフトのふれあい広場駅
Dsc_0757_20240120224801

・近くから見た風景
Dsc_0756_20240120224901 Dsc_0839_20240120224901

右の写真は帰りに撮影したものです。

乗り換えのところに妙見の森があるのでリフトに乗る前に見学しました。
廃止前は能勢電鉄のホームページに妙見の森について載っていましたが消えてしまったようで、かつ案内図を撮影したなかったのでなんだっけなとなっています。

・リフトが見える展望台/北極星入口駅への登り口
Dsc_0758_20240120225501

・北極星入口駅
Dsc_0760_20240120230201 Dsc_0764_20240120230201

銀河鉄道999を彷彿させるもの。

・リフトが見える展望台からの風景
Dsc_0765_20240120230501

・山上のブランコ
Dsc_0843_20240120230701

帰りに撮影したもの。

・シグナル森林鉄道の廃線跡
Dsc_0768_20240120231601 Dsc_0766_20240120231601
Dsc_0838_20240120231601

2021年に廃止されたようです。乗ってみたかったな。

行ってないですがその他にバーベキュー場や散策路もありました。

この妙見の森も、妙見の森ケーブルカー/リフトと同時に廃園になるようです。
やがては森に還ってしまうのでしょうか?

| | | コメント (0)

2023/12/23

鬼怒川・日光 (9) 明智平

明智平に到着。

上り専用の第二いろは坂にあります。
中禅寺湖の方からはいったん下まで降りないと来れません。2019年までは明智平~中禅寺湖間は中禅寺湖の方からも行けたそうです。

・明智平
Dsc_8182_20231223175201

・明智平から見た北側
Dsc_0982_20231223175701

大きな谷がありその先に再び山がある地形でした。

明智平から明智平ロープウェイがあります。

・明智平ロープウェイ
Dsc_0985_20231223180001

ロープウェイに乗る前にケーブルカーの駅跡へ。

・日光鋼索鉄道の明智平駅跡
Dsc_0987_20231223180601 Dsc_0988_20231223180601 
Dsc_0991_20231223180601 Dsc_0990_20231223180601

馬返~明智平を運行していた日光鋼索線、晩年は東武鉄道の直営でした。
日光駅から日光軌道線で馬返駅まで行き、そこからこのケーブルカーに乗り換えて明智平駅へ、そこからバスに乗り換えて中禅寺湖に向かうルートが形成されいたようです。
明智平の前は第二いろは坂なのですが、第二いろは坂は後から開通したもの。
接続する日光軌道線が1968年廃止され、日光駅からバスで直接中禅寺湖に向かうのがメインな感じになり1970年に廃止されたそうです。
日光軌道線と共に乗ってみたかったですね。

ロープウェイに乗車します。

・明智平駅の貴重な案内板
Dsc_0993_20231223182801

・ロープウェイから見た第一いろは坂
Dsc_0997_20231223182901

下り専用の方、くねくねしているのが見えました。

上の展望台駅に到着です。

・展望台駅でのロープウェイ
Dsc_0999_20231223183501

ゴンドラに「SPACIA X」とありました。

階段で上がって展望台へ。
うぉーっつ!

・展望台から見えた中禅寺湖と華厳の滝
Dsc_0027_20231223190101 Dsc_0010_20231223190101 
Dsc_0029_20231223190101 Dsc_0041_20231223190101

上に中禅寺湖、下に華厳の滝となかなかの風景。
そうか、華厳の滝は中禅寺湖の水が流れているんですね。
写真の上手い人が撮ったら天候によっては素晴らしい写真が撮れそうです。
予想外の絶景で、これは来てよかったです。

・男体山
Dsc_0037_20231223190401

・展望台
Dsc_0013_20231223190501

店とかそういうのはありません。
登山道がありましたが通行禁止になっていました。

反対側も見てみます。

・明智平とさらに下、筑波山方面
Dsc_0015_20231223191301 Dsc_0019_20231223191301

ロープウェイで下ります。

・帰りのロープウェイと明智平駅に到着した所
Dsc_0049_20231223191601 Dsc_0051_20231223191601

明智平から中禅寺湖温泉バスターミナルにバスで向かいます。
時刻表はあるけど渋滞していたしこれはいつ来るのかな? って感じでした。

中禅寺湖温泉バスターミナルは第一いろは坂との交差点を右に曲がった先にありますが(華厳の滝もそっち)、右に曲がる方はだいぶ渋滞しており、いったん左に曲がって鳥居をくぐった先を右に曲がってさらに右に曲がってぐるっと迂回してバスターミナルに到着しました。

・中禅寺湖温泉バスターミナル
Dsc_0054_20231223195301

この左側にトイレや待合室等もあります。いい感じの位置からの写真を撮ってなかった。

昼食はつるやという店で「ゆばうどん」(900円)を食べました。
美味しい! うどんは普通のうどんで別にゆば付きでした。

・つるや「ゆばうどん」
Dsc_8200_20231223193501

| | | コメント (0)

2023/12/06

横浜市電保存館 (2) その他の展示

車両展示コーナーにも細かなものがいろいろ。

・集電装置と分岐器
Dsc_0262_20231205224101 Dsc_0155_20231205224101

・車両の銘板、方向幕、架線の器具、トロリーコントローラ
Dsc_0234_20231205225801 Dsc_0240_20231205225801 
Dsc_0242_20231205225801 Dsc_0244

いろいろマニアックなものも展示。
宇都宮車両って鉄道車両からは撤退してしまったけど現在のスバルの事なのかな。
トロリーコントローラは電車でGO!旅情編で知りましたがいまいち使い方や仕組みがよく理解できず。

・ハマジオラマ
Dsc_0194_20231205233701 Dsc_0198_20231205233701 
Dsc_7965 Dsc_0358_20231205233701

7月19日にオープンしたばかり。定期的に市営交通を紹介するショーがあります。
ハマジオINN、某ホテルにそっくりなデザインですが...

・ハマジオラマの周辺
Dsc_0291_20231205234201 Dsc_0293_20231205234201

・横浜市の高速鉄道計画1971年
Dsc_0297_20231205235301

1号線は計画通りですが、それ以外は今と違いますね。
2号線、こんな計画あったのか知らなかったです。京急のバイパスの意味もあったようですが需要が見込めるのか微妙なルートだな。
4号線は今のグルーンラインと似ているようで違う感じ。

・歴史展示コーナー
Dsc_0308_20231205230201

博物館のような本格的な歴史展示。
あ、ここも博物館か。前はこんなまとまった展示ではなかったと思います。
これだけでも見る価値がありそうでした。

・歴史展示コーナーの展示
Dsc_0316_20231205231301 Dsc_0332_20231205231201 
Dsc_0320_20231205231201 Dsc_0335_20231205231201 
Dsc_0334_20231205231201 Dsc_0343_20231205231201

斉藤由貴さんは横浜市出身でしたね。

・吉村コレクション
Dsc_0347_20231205232101 Dsc_0350_20231205232101

吉村栄氏のコレクション。
大変申し訳ございません。まんがはじめて物語の吉村光夫氏のコレクションかと混同していました。🙇

・横浜市電・横浜市営地下鉄車両の模型
Dsc_0351_20231205232501

・Nゲージ
Dsc_0355_20231205232701

その他「横浜市電保存館開館50周年記念写真展」が開催されてました。

・横浜市電の停留場の看板
 Dsc_0181_20231205235901 Dsc_0180_20231205235901 Dsc_0186_20231205235901

| | | コメント (0)

2023/12/05

横浜市電保存館 (1) 車両展示

8月27日、横浜市電保存館に行きました。

割と最近も行った感覚でしたが、前回行ったのは11年前の2012年でした。
→ 参考: 横浜市電保存館  (2012/8/12作成)

・入口
Dsc_0120_20231204231901

・しでんほーる
Dsc_0114_20231204231901

前はなかったです。
閉まってました。

・市電の車輪とポール
Dsc_0374_20231204231901 Dsc_0121_20231204231901

入場します。

・入った所
Dsc_0124_20231204232701 Dsc_0126_20231204232701

入場料大人300円ですが、交通系IC又は1日乗車券で市営バスで来た人は200円でした。

・市電の並び
Dsc_0137_20231204233801 Dsc_0276_20231204233801

2012年と比べると、路面電車の色が変わってたりしてます。

・500型
Dsc_0151_20231205000201 Dsc_0147_20231205000101 
Dsc_0141_20231205000101 Dsc_0142_20231205000101 
Dsc_0146_20231205000101 Dsc_0143_20231205000101

電車運轉転系統圖は右書きと左書き混じってました。

・1000型
Dsc_0152_20231205001201 Dsc_0161_20231205001201 
Dsc_0162_20231205001201 Dsc_0163_20231205001201

・1100型
Dsc_0157_20231205001801 Dsc_0217_20231205002101
Dsc_0214_20231205001801 Dsc_0209_20231205001801
Dsc_0215_20231205001801

風鈴電車になっていました。

・1300型
Dsc_0366_20231205004401 Dsc_0229_20231205003901
Dsc_0220_20231205002601 Dsc_0226_20231205002601

・1500型
Dsc_0275_20231205004601 Dsc_0274_20231205004601 
Dsc_0272_20231205004601 Dsc_0270_20231205004601

鳥肉のハマケイって今もある焼き鳥とか売っているハマケイなのかな?

・1600型
Dsc_0253_20231205003101 Dsc_0257_20231205003101 
Dsc_0256_20231205003101 Dsc_0258_20231205003101

4枚折り戸です。

・花電車 (10型無蓋電車)
Dsc_0277_20231205005201 Dsc_0281_20231205005201 
Dsc_0282_20231205005201

市電が廃止された昭和47年に運行された花電車を模したものとの事。使われている市営地下鉄の車両は当時のものではなく最新の形式ですが。
この花電車は12月10日まででその後は元の単なる無蓋電車としての展示に戻るそうです。

・写真スポット
Dsc_0136_20231205010501

| | | コメント (0)

2020/10/26

寒川 (3) 寒川支線跡

寒川駅で下車

・寒川駅東口の像
Dsc_9099

・寒川駅の橋上駅舎から見た海老名方面
Dsc_0205_20201026220001

かつてはこの寒川駅から西寒川駅へ相模線西寒川支線が走っていましたが、1984年に廃止されました。
上の写真の左側の空いているところは西寒川支線の跡地のようです。
行ってみます。

400mぐらい進むと併行していた所から分かれるところがありました。

・西寒川方面に分かれるところ
Dsc_9106 Dsc_9107

廃線跡の道路との間に「ゲート広場」がありました。

・ゲート広場
Dsc_9108 Dsc_9112

ゲート広場を抜けると、廃線跡を利用した遊歩道(一之宮緑道)になっていました。

・廃線跡の遊歩道
Dsc_9114 Dsc_9120

地面には所々プレートが埋まっています。

まぁまぁ歩くと車輪が置かれてその先に線路がひかれているところに出ました。

・車輪と線路
Dsc_9122 Dsc_9124

このあたりは「一之宮公園」となっています。

・一之宮公園の駅名標
Dsc_9128_20201026224101

・線路
Dsc_9127 Dsc_9130

・線路の終端
Dsc_9134 Dsc_9135

・その先の車輪
Dsc_9136

・勾配の標識?を利用した広告?
Dsc_9139

線路がなくなった後も遊歩道は続きます。

・遊歩道
Dsc_9140 Dsc_9141

八角広場に到着。
この場所が西寒川駅跡です。

・八角広場 (西寒川駅跡)
Dsc_9142 Dsc_9144
Dsc_9146_20201026230201 Dsc_9149

・一之宮緑道の案内図
Dsc_9145

八角広場に寒川駅行のバス停があり、時刻表を見たら先ほど出たばかりでした。この日は休日で1時間毎に運転で当分ありません。
反対側がどうなんだろうな? と思いながら、その後少し先まで貨物線が走っていたようなので何かの残っているのかなと進んでいたら、両方向共にバスが通り過ぎました。
ゲゲッっ。寒川駅行は遅れていたようでした。
ちなみに貨物線の形跡は見つけられませんでした。

先に行くと相模川を渡る橋があるようなのでそのあたりまで行けばたくさんバスがあるような気がして進みました。
すぐ横を相模川が走っているのですが、堤防に上がれるところがなかなかなくてようやく上がれました。

・相模川
Dsc_9153

橋の所まで思っていたよりも遠かったです。
スマホでバスを調べてみたが、この橋を通るバスはなかったです。
八角広場の前の路線よりも向こう側の通りを走るバスの方が早いようなので行ってみたら、両方向とも目の前で通り過ぎた(平日の時刻を見ていた?)。
八角広場の前の路線が走るバス停まで戻って、八角広場近くで見た1時間後の茅ヶ崎駅行のバスに結局乗る事になりました。
路線バスの旅Zの気分になりました。先のバスに乗り継げるかと長距離歩いたが結局後のバスに乗るという。この前の北海道での斜里でそのパターンがありました。

帰りのバスの途中に「ジャスコ前」というバス停がありました。
バス停の前にはイオンがありました。
ジャスコ → イオン になったのはだいぶ前のような。(7年前のようです)

・茅ヶ崎駅でのバス路線図 ジャスコ前
Dsc_0229_20201026233001

(完)

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お出かけ - 動物園・水族館 お出かけ - 博物館・美術館 お出かけ - 城 お出かけ - 寺・神社・教会 お出かけ - 植物園・植物 アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング グルメ・クッキング - そば・うどん・パスタ グルメ・クッキング - ハンバーガー グルメ・クッキング - ラーメン グルメ・クッキング - 丼 グルメ・クッキング - 駅弁・弁当 ゲーム スポーツ ニュース パソコン・インターネット ファッション・アクセサリ 交通 - バス 交通 - 自動車 交通 - 航空機 交通 - 船 交通 - 街道・道 交通 - 鉄道 交通 - 鉄道 - JRその他 交通 - 鉄道 - JR九州 交通 - 鉄道 - JR北海道 交通 - 鉄道 - JR四国 交通 - 鉄道 - JR東日本 交通 - 鉄道 - JR東海 交通 - 鉄道 - JR西日本 交通 - 鉄道 - JR貨物 交通 - 鉄道 - その他 交通 - 鉄道 - イベント 交通 - 鉄道 - ケーブルカー 交通 - 鉄道 - モノレール 交通 - 鉄道 - ロープウェイ 交通 - 鉄道 - 廃線 交通 - 鉄道 - 海外 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 中国 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 九州・沖縄 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北海道 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北陸 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 四国 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東北 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東海 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 甲信越 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 近畿 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - その他 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京急 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京成 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京王 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 小田急 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東京メトロ 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東急 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東武 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 横浜市営 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 相鉄 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 西武 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 都営 住まい・インテリア 地域 - 中国 地域 - 九州・沖縄 地域 - 全国 地域 - 北海道 地域 - 北陸 地域 - 四国 地域 - 東北 地域 - 東海 地域 - 東海 - 静岡県 地域 - 海外 地域 - 甲信越 地域 - 近畿 地域 - 関東 - その他 地域 - 関東 - 千葉県 地域 - 関東 - 埼玉県 地域 - 関東 - 東京都 地域 - 関東 - 栃木県 地域 - 関東 - 神奈川県 - その他 地域 - 関東 - 神奈川県 - 川崎市 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横浜市 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横須賀・三浦・葉山 地域 - 関東 - 神奈川県 - 鎌倉・逗子・藤沢 地域 - 関東 - 群馬県 地域 - 関東 - 茨城県 学問・資格 心と体 心と体 - 痔 携帯・デジカメ 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 経済・政治・国際 自衛隊・軍隊 芸能・アイドル 芸能・アイドル - ももいろクローバーZ 芸能・アイドル - 広末 芸能・アイドル - 有安 音楽 ~の旅(2006) ~の旅(2007) ~の旅(2008)