カテゴリー「地域 - 九州・沖縄」の94件の記事

2017/09/23

北九州 (3) 直方駅

JRの直方駅へ。

・直方駅の駅舎
Dsc_7956 Dsc_7957

・駅前に停まっていたJR九州バス
Dsc_7958

西鉄バスだけでなくJRバスも走っているんですね。

・大関魁皇像
Dsc_7960

昔の英雄かと思ったのですが、調べたら私と同じ1972年生まれの人でした。この年齢でも銅像になるんですね。

直方駅には平成筑豊鉄道も乗り入れており、JRとは別の所が入口でした。

・平成筑豊鉄道の直方駅
Dsc_7969 Dsc_7971

これには乗らず、
JR筑豊本線でひとまず折尾駅まで行きます。

・折尾行の列車
Dsc_7972

2両編成のワンマン列車でした。
筑豊本線の列車はほとんどが直方駅で乗り替えになっていました。この駅から博多方面は4両編成、折尾方面は2両編成が基本のようです。
昔、確か電化されてそれほど経っていなかった頃に乗ったことがあるのですが、その頃はほとんどが乗り換えなしで、小倉から筑豊本線経由で博多まで直通する快速も1時間に1本あった記憶があります。
小倉まで直通する列車も今は朝夕のみになったようで、他は黒崎止まりか若松行になっていました。
昔より退化していて残念な気分になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北九州 (2) 筑豊電気鉄道

9月3日、まずは筑豊電気鉄道に黒崎駅前駅から筑豊直方駅まで乗り通しました。
初乗車です。

黒崎駅前駅はCOM CITYというビルの1階にあります。隣は西鉄黒崎バスセンターがあります。やや複雑な構造でした。

・黒崎駅前駅へ
Dsc_7917 Dsc_7918
Dsc_7919

・黒崎駅前駅のホーム
Dsc_7922 Dsc_7923
Dsc_7925 Dsc_7927
Dsc_7928

改札口はありません。窓口はありましたが土休日は10時からのようでまだ閉まっていました。もしかするとフリー切符の類は10時を過ぎないと買えないのかな?

昼間は12分間隔で筑豊直方行と筑豊中間止が交互に運転されてます。

筑豊直方行の停車していたので乗車しました。真新しい低床の5000形でした。

・5000形の車内
Dsc_7929

発車します。

熊西駅を出てしばらく走った後左にカーブ、直線方向の西鉄北九州線跡が結構くっきり見えました。残念ながら写真はありません。

・希望が丘高校前 (世界遺産遠賀川水源地ポンプ室駅)
Dsc_7933

・楠橋車庫
Dsc_7935

終点の筑豊直方駅に到着。
終始それなりに客は乗っていました。
右側のホームに停車し、運転手が一旦黒崎側の運転台に移動した後、後ろ(黒崎側)のドアから降りる方式でした。

・筑豊直方駅のホーム
Dsc_7937 Dsc_7940
Dsc_7941

すぐに折り返して黒崎方面に走っていきました。

・筑豊直方駅から発車していく列車
Dsc_7944 Dsc_7945

・筑豊直方駅の駅舎
Dsc_7950 Dsc_7952

途中他の車両を見たり乗ることもなくそのまま乗り通してしまって、楽しみ方として失敗したかなと思いました。

ここからJRの直方駅まで、途中営業している店がほとんどないアーケードを通り抜けて行きました。
徒歩10~15分ぐらいだったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/21

北九州 (1) 西鉄イン黒崎

9月2日に宗像フェスの1日目に行きましたが、その夜は西鉄イン黒崎に宿泊しました。
COM CITYの中にあります。フロントは1階ですが客室は9~12階です。
9階に大浴場があります(温泉ではない)。宗像フェスから戻ってきた後、大浴場に行ってすっきりしました。
ちなみに1階には黒崎バスターミナルや筑豊電鉄の黒崎駅前駅もあります。

・客室から見た北側の夜景と朝の風景
Dsc_2535 Dsc_2536

夜見たときはどうなっているのかよく分かりませんでした。

・客室から見た北西側と北東側の風景
Dsc_7911 Dsc_7912

北西側には線路が見えました。三菱ケミカルの専用線のようです。
北東側の遠くに若戸大橋が見えました。

・朝食
Dsc_2538

朝食(無料朝食)は1階のフロント横です。
明太子がドバっと置いてありました。
他にもカレー、パン等いろいろありました。

・COM CITY
Dsc_7916

・JRの黒崎駅の駅舎
Dsc_7915

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/08

2017宗像フェス (2) 本編

ライブ会場はVIP席、A1~2ブロック、B1~B3ブロック、フリーゾーンに分かれており、自分はB1ブロックでした。
VIP、ブロック席、フリーゾーンで料金が違います。
Aブロック以外は終始スカスカでした。

〇 SHISYAMO
少し前まで知りませんでした。20代前半のガールズバンドです。
最初の方はMCを含めて何だかなぁと思いましたが、
バラード曲以後の後半は良かったと思います。

〇 宗像たかべん祭り
SHISYAMOが終わった後、まだ昼食を食べていなかったので隣の「宗像たかべん祭り」の会場で昼食。
現金では購入できず、1000円(100円券が10枚)の食券を買う必要があります。500円券や100円券はなく、1枚でも使ったら払い戻し不可との事。
えげつない商法だなぁと思いました。
100円で売っているのはヤクルトぐらいしかなかったので、余らすケースも少なくなさそう。
使われなかった分は誰の利益になるのだろう?
1000円券を2枚(2000円分)購入し、生ビール(600円)と博多もつ焼きそば(700円)を買いました。博多もつ焼きそばは結構美味しかったです。
残り700円はどうしよう。もう1杯生ビール(600円)を買ったら残りが100円になってつまみが買えないし、1000円券をもう1枚買うと余ってしまいそうなので悩みました。

・博多もつ焼きそば
Dsc_2514

会場自体あまり混んでおらず。
「博多もつ焼きそば」の店は並んでいましたが、全然客がおらず売れてなさそうな店も少なくありませんでした。早くも値引き販売をしている店がありました。
「宗像たかべん祭り」自体は無料でしたが、ライブに来た人以外の客(地元客)はほとんどいなかったように見えました。

〇 HY
昼食を食べている間に始まっていました。
食べ終わった後ライブ会場に行って、フリーゾーンで見ていました。もう半分ぐらい経っていたと思います。
沖縄出身のグループです。何だか他のグループと勘違いしていました。
結構良かったです。最初から見るべきだったなと思いました。
全員ボーカル兼用のようで、ドラムの人の歌が上手いように感じました。

〇 にしおかすみこ
ライブ会場で次の人を待っていたら宗像たかべん祭りの会場から「にしおか~すみこだよ!」という声が聞こえてきたので行ってみました。
まぁ別に面白くなかったですが (ゴメンナサイ)
他に平野ノラさんという方も出演。バブルネタをやっていましたが調べた所38歳、にしおかすみこは42歳で、バブルはにしおかすみこよりもさらに前の世代だよなぁと。
写真を撮っても良いとの事なので撮りました。

・平野ノラ & にしおかすみこ
Dsc_2516

〇 ファンキー加藤
にしおかすみこを見た後トイレに行ってライブ会場に戻ってきたら何だか早くも疲労感を感じてしまいました。
特に興味がないのでフリーゾーンで座って半分寝ながら見ていました。

トイレはライブ会場にはなく、宗像たかべん祭りの会場のさらに向こうの遠くまで歩いて行く必要があり途中階段もあって不便でした。ライブ会場にも用意してくれたらなぁと思いました。

〇 さユり
知らなかった人です。
まだまだ疲労感を感じていたのでフリーゾーンで座ってみていました。
独特の世界観って感じでした。

〇 有安杏果
いよいよです。
もうずっと座っていたい気分を抑えて本来のB1ブロックに向かいました。スカスカ状態で後ろの方であればステージが結構よく見えました。後ろの方ではペンライトとか持っている人が少なくて恥ずかしかったです。
バンドあり(4人)で、ドラムは村石さんではありませんでした。

「Another story」から始まり、「feel a heartbeat」ではエレキギター、
そして「ペダル」では有安さん1人によるアコースティックギターによる弾き語りでした。
弾き語りでは初披露だと思いますがこのために練習したのかな、少し怪しい演奏ではありましたが良かったです。

「裸」「TRAVEL FANTASISTA」「Drive Drive」と続き、最後の曲は「小さな勇気」でした。
最初のイントロ部分はピアノだけの演奏なのですが、日が暮れてきて虫の音と調和していて何だか幻想的でした。虫の音も楽器...みたいな。都会では虫の音は聞こえない。何だか感動しました。

本人の調子も良さそうだったし、結構良かったと思います。
ココロノセンリツ vol.1よりも楽しめた感がありました。

〇 あなごの串焼き
次まで時間があったので食券の残り700円を使うために宗像たかべん祭りの会場へ。
生ビールは超えるのでレモンサワー(400円)と宗像漁協が売っていたあなごの串焼き(300円)を食べました。
これでちょうど700円、食券を余らすことなく消費できました。
あなごの串焼き、美味しかったです。宗像であなごが採れるようです。

・あなごの串焼き
Dsc_2520

あたりはもう暗くなっており、ぼんぼりが点灯していました。昼間通ったときは木になにぶら下げてるんだろう? と思っていましたがそういう事でした。

・ぼんぼり
Dsc_2522

〇 和楽器バンド
最後は和楽器バンドです。一度見てみたかったグループです。
イメージカラーが紫のようで、あぁももクロのペンライトには紫があった。
基本はハードロックな感じで、首を振りながら尺八を吹いたりしていました。
千本桜」もやりました。
太鼓・ドラム対決のコーナーも。
やっぱりすごかったです。
もうすぐ初のシングル曲が発売されるとか。

〇 音楽花火打ち上げ
全てのライブが終わった後の20:30から、出演者の曲を使った花火がありました。
曲に合わせて花火が上がります。

・音楽花火
Dsc_2525 Dsc_2530

「出演者の曲を使った花火」なのに出演者ではないももクロの「Hanabi」がかかった件について。ももクロメンバーカラーに合わせた花火も上がりました。
30分ぐらいありました。
客はそんなには多くなかったし、30分も花火を上げて収支はどうなんだろうと余計な事を思いました。

21時に終了。
帰りのバスは赤間駅行はだいぶ並んでいたのに海老津駅は次のバスに乗れました。
22時には黒崎のホテルに着きました。

最初行かないつもりでしたが来てよかったと、
九州まで来た甲斐があったなぁと思いました。

翌日は少し先の別記事で...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/06

2017宗像フェス (1) 入場まで

9月2日と3日の2日間、福岡県宗像市のグローバルアリーナで「宗像フェス」が開催されました。
最初全然行くつもりはなかったのですが、1日目の9月2日の方に行きました。

9月2日の当日に羽田空港から9:10発の北九州空港行の飛行機(スターフライヤー)で移動。
台風が来ていて飛行機が飛ばなかったらどうしようかと思いましたが、無事飛びました。
羽田空港にスターフライヤー利用者が通れる保安検査場が1つしかなく、通るのに意外と時間がかかりました。

この日の朝は20度未満で寒さを感じるぐらいでした。

・羽田空港
Dsc_2502

羽田空港付近では天候が悪く揺れましたが、そこから離れると晴れていました。
窓際だったため、岐阜、琵琶湖、広島、宮島辺りはよく見えました。

・飛行機から見た雲、琵琶湖、広島、宮島
Dsc_2505 Dsc_2510
Dsc_2511 Dsc_2512

ほぼ定刻に北九州空港に到着。
九州は猛暑というほどではありませんが暑かったです。

・北九州空港
Dsc_7905

ここから黒崎・折尾方面行のバスに乗車。

・黒崎・折尾方面行のバス
Dsc_7906

小倉駅行のバスは満席になっていましたが、黒崎・折尾方面行のバスは空いていました。
黒崎バスターミナルに12時過ぎに到着。黒崎のホテル(西鉄イン黒崎)を予約していたので、一旦ホテルに寄って荷物を預けて12:18発のJRの列車で海老津駅に向かいました。

海老津駅から会場へはシャトルバス。なお、シャトルバスは赤間駅からもあります。
乗客が少なかったからかなかなか発車せず、次の小倉方面からの列車到着まで20分ぐらい待たされてしまいました。海老津駅に停車する列車は約20分間隔なので40分間隔での運行だったのかな? 宗像フェスのHPには15~30分間隔で運行と書いてあっのですが...。
赤間駅からバスの客の方が断然多かった模様です。

バス降り場からライブ会場までまぁまぁ距離がありました。しかも上り坂です。
途中にチケットからリストバンドに交換する場所があります。
ライブに到着したらちょうど13:35からの柳葉魚SHISYAMOが始まる所でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/27

キリンビール 47都道府県一番搾り 甲信越&東海&北部九州詰め合わせセット

キリンビールが発売している47都道府県一番搾りの「甲信越&東海&北部九州詰め合わせセット」を買いました。
350ml入り12本で2200円ぐらいでした。
いつも第3のビール500ml6本のセットを1000円未満で買っている私としては高い。

・甲信越&東海&北部九州詰め合わせセットの外観
Dsc_7899

他は県名なのに(但し長野は旧国名の信州表記)、愛知県だけ名古屋表記でした。

地区ごとに県の位置にあうように並べてみました。

・東海地区
Dsc_7901

実際には三重県と愛知県が接していて岐阜県はその奥になりますが、隠れてしまうのでわざと空けました。

・甲信越地方
Dsc_7902

・北部九州
Dsc_7903

缶を並べるためのだけに他の詰め合わせも買ってしまいそう。

この詰め合わせに含まれるのが北部」九州ではなく北陸だったら、まとめて並べられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/11

大分 (5) 別府ラクテンチケーブル線

雨が上がったこともあり、別府ラクテンチケーブル線に乗りに行きました。

鉄道完乗のネックと言われれているこのケーブルカー、
別府ラクテンチ」という遊園地への輸送用のケーブルカーで、乗車するには遊園地の入園券(大人1300円)が必要です(別途乗り物券は不要)。
現在は遊園地共々岡本製作所が運営しています。

1時間に1本程度バスもありますが、別府駅から20分強歩いて山麓側の乗り場(雲泉寺駅)に行きました。
道路のその先がそのままケーブルカーみたいな感じでした。

・山麓駅(雲泉寺駅)に向かう道からみたケーブルカー
Dsc_2908 Dsc_2910

・山麓側(雲泉寺駅)の駅舎
Dsc_2913

・山麓側に停車中のケーブルカーと車内
Dsc_2914 Dsc_2915

時刻表では毎時00, 20, 40分発の20分間隔での運行ですが、他の客が1組来たのと従業員の移動用のためなのか、その間に臨時運行されました。

・途中のすれ違い
Dsc_2917 Dsc_2919

すれ違う車両に向かって「手を振りましょう」って、向かいの車両には乗務員しか乗っていなかったです。

・山頂駅(乙原駅)に到着したケーブルカー
Dsc_2921

ケーブルカーとしては短い部類に入ると思います。あっという間に着きました。

・山頂駅の屋上から見た別府湾
Dsc_2926 Dsc_2928

良い風景でした。
前日「ココロノセンリツ vol.0.5」が行われたビーコンプラザも見えました。

・山頂駅の屋上から見たビーコンプラザ
Dsc_2927

・山頂駅の屋上から見た見下ろしたケーブルカー
Dsc_2931 Dsc_2933
Dsc_2934 Dsc_2936

なんと、ケーブルカーの山頂駅より高い所に高速道路(大分自動車道)が走っていたりします。
どれぐらい上がるんだろう。

・園内から見た高速道路
Dsc_2939

・園内の大吊り橋
Dsc_2941 Dsc_2943

3mぐらい進んだところで怖くなってきて折り返してしまいました。
向こう側には無料の温泉があったりするのですが(この橋を渡らなくても行けます)。

向こうには行かずに短時間の滞在でケーブルカーに乗って下りました。
その後大分空港までバスで行き、飛行機に乗って帰りました。空港まで結構時間がかかります。
もうなくなってしまいましたが、オーバークラフトに乗ってみたかったなぁ。
別府タワーや別府ロープウェイにも乗ってみたかったですが時間がありませんでした。
そういえば温泉は全く入らなかったなぁ。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大分 (4) 別府地獄めぐりバス

別府駅に行き、亀の井バスの定期観光バス「別府地獄めぐりコース」の11:40発の便に乗りました。

定期観光バスに乗るのは25年振りぐらいで2回目かな?
別府の7ヶ所の地獄を巡るコースで、昔ながらの女性バスガイドさんによる説明付きです。
日本で初めて少女車掌(バスガイド)が乗車した定期観光バスとの事。「少女車掌」という言葉に何だか卑猥な感じがしました。
歴史ある「七五調」による案内もたまにあり、優しい客が多かったのか拍手が起きていました。

バスの到着が遅れているとの事で、発車時間を少し過ぎてから客が乗った状態でバスが到着しました。
1日3便あり、同じバスで回しているようです。バスガイドは予め乗り場に待機していて交代していましたが、運転手は交代なしで休憩なくすぐに出発でした。運転手は見学場所で休憩できるのでOKでしょうか。
バスガイドは20代と思われました。

・別府駅に到着した地獄めぐりコースのバス
Dsc_2815

・途中で撮影した地獄めぐりコースのバス
Dsc_2874 Dsc_2876

今年の10月からこのラッピングされた車両になったそうです。座席のシートカバーが地獄のイラスト? になっていました。

50%以上の2人掛けシートに1人以上埋まる乗車率で、その半分は見た目でもわかる「昨日ココロノセンリツ vol.0.5に行った人」でした。
途中ビーコンプラザの横を通るときに「昨日はももいろクローバーZのコンサートが行われたようです」とガイドさんが話されていました。少し違うのですが...。
見学時にたまたまガイドさんの横になったことがあり「皆さん昨日行かれたのですが? どうでした? 楽しかったですか?」と私は見た目でわからない服装だったのに突然聞かれてしまい、狼狽えて「はい。楽しかったです。」と話の続かないそこで終わってしまうオウム返しをしてしまいました。ももいろクローバーではなく有安杏果ですよーと話すとか、あぁ私は駄目だな思いました。

途中湯けむりが出ているところもあり、別府では最近は保守の手間がかかるので少なくなったが自宅に温泉を引いている家も少なくなくガイドさんの自宅でも引いているとの事。へぇ。

そんなわけで最初の地獄「海地蔵」に到着。
最初に乗客を対象とした集合写真撮影がありました。ガイドさんは写真には入らずそういうものだったのか。
「海地蔵」から出るときに撮影した写真を販売していましたが、買う人はほとんどおらず30人ぐらいいたのにそもそも4枚ぐらいしか写真を並べていませんでした。

ここから5ヶ所の地獄を歩いて回ることになります。はぐれた場合はバスは海地獄ではなく白池地獄の駐車場に停まっているのでそちらに来てくださいって、予習をしてこなかったので白池地獄の駐車場がどこにあるのかわからないよ。ワッペン等はなく、こういう時にはぐれるタイプなのではぐれやしないかと付いていくのに必死でした。

海地蔵
Dsc_2820 Dsc_2827
Dsc_2830

ブルーな湯でした。
品川神社にあった「無事カエル」がここにもありました。地獄に落ちずにはぐれずに無事帰られると良いのですが。

鬼石坊主地蔵
Dsc_2831 Dsc_2836

ちょっと気持ち悪いです。

かまど地獄
Dsc_2838 Dsc_2841
Dsc_2843 Dsc_2845
Dsc_2851

ここはいろいろあります。
途中からこの施設のガイドによる団体ごとの説明あり。「たばこの灰を地獄に吹きかけるにより湯気が上がる」という実演をしていました。このたばこの灰の蓄積により地獄が汚染されることにはないのだろうかと気になりました。
後ろの団体が韓国からの団体で韓国語によるガイドの説明で日本人とは違う感覚の歓声が沸き上がっていました。

鬼山地獄
Dsc_2856 Dsc_2861
Dsc_2863

地獄としては他と比べると大したことがないのか、ワニの飼育がメインでした。

白池地蔵
Dsc_2866 Dsc_2868
Dsc_2871

ここも地獄としては他と比べると大したことがないのか、熱帯魚等魚の展示がメインでした。

この後再びバス移動、最初降っていた」振っていた雨も止み、途中全然見えなかった別府湾も見えるようになりました。

血の池地獄
Dsc_2893 Dsc_2881
Dsc_2886

酸化鉄等によりこの色になっているそうです。

龍巻地獄
Dsc_2896 Dsc_2897
Dsc_2903

30~40分毎に噴き出す間欠泉との事で、噴き出したらバスにお戻りくださいとの事。タイミングによって定期観光バスの終了時間が結構変わりそうですが、近くにある血の池地獄との見学時間で調整しているのでしょうか。
着いて3分ぐらい経って早々と噴き出しました。
ここは地獄という感じは全然しませんでした。

バスに戻って別府駅へ、途中混雑していて結構かかりました。ゆめタウンができて渋滞が増えたとか。
14:35頃に別府駅に到着、次の14:40発の便に乗る人が並んでいました。

普通の一般路線バスで周るのは不便とどこかのサイトに書かれていたのでこれに乗りましが、実際の所、地獄は2地域に集中していて一般路線バスでも30分間隔ぐらいの本数があるようで一般路線バスでの巡回でも良かったかなとは思いました。値段もバスのフリー券を使えば一般路線バスで回る方が少し安いです。
しかし、バスガイドが乗車しており、ゆったりとしたシートで説明が聞けるのもそれはそれで良かったかなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大分 (3) 大分府内城跡

11月27日の大分の朝、この日は残念ながら雨でした。
まずはホテルの近くにあった大分府内城跡に行きました。

・お堀
Dsc_2787 Dsc_2791

・大手門
Dsc_2792

中に入ります。

・城跡内
Dsc_2795

駐車場とか団体用?の臨時駐車場になっていました。

・天守台跡
Dsc_2797

上に上がれましたが、上がる階段の足場が悪く雨が降っていて転んで惨事になりそうな予感がしたので止めました。

・廊下橋の入口と、廊下橋から見た風景と、他から見た廊下橋
Dsc_2800 Dsc_2801
Dsc_2808

お堀を跨ぐ屋根付きの橋です。
1996年に復元したそうです。
橋の外側は神社(松栄神社)でした。

・築城当時の石垣
Dsc_2805

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/07

大分 (2) 食事 (吉野家「博多とんこつ鍋膳」)

大分の夜、
そこでしか食べられないものを... という事で、
吉野家で九州限定の「博多とんこつ鍋膳」を食べました。(苦笑)
いや、本当は大分名物のものを食べたかったんですけどね。22時近くだったし。

・博多とんこつ鍋膳
Dsc_1735

右上の黒いものはマー油でした。溶かすとそうなりました。アクセントになって良い。
左上の漬物は高菜でした。九州は高菜が出てくるんですね。
味の方は、「美味しい」。
関東もこれが良かったなぁと思いました。

ちなみに関東は「横浜デミ牛鍋膳」でした。
デミって何かと思ったらデミグラスソースで...うぅん。

・横浜デミ牛鍋膳
Dsc_1702

大分では「ホテルエリアワン大分」に宿泊、外観は結構古いホテルです。
朝食は九州の名物を出すという事らしく。

・ホテルエリアワン大分の朝食
Dsc_1737

食べ放題です。
並んでいる料理を見てショボいなと思っていたのですが、こうやって並べるとショボくはないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | グルメ・クッキング - そば・うどん・パスタ | グルメ・クッキング - ハンバーガー | グルメ・クッキング - ラーメン | グルメ・クッキング - 丼 | グルメ・クッキング - 駅弁・弁当 | ゲーム | スポーツ | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | 交通 - バス | 交通 - 自動車 | 交通 - 航空機 | 交通 - 船 | 交通 - 街道 | 交通 - 鉄道 | 交通 - 鉄道 - JRその他 | 交通 - 鉄道 - JR九州 | 交通 - 鉄道 - JR北海道 | 交通 - 鉄道 - JR四国 | 交通 - 鉄道 - JR東日本 | 交通 - 鉄道 - JR東海 | 交通 - 鉄道 - JR西日本 | 交通 - 鉄道 - JR貨物 | 交通 - 鉄道 - その他 | 交通 - 鉄道 - イベント | 交通 - 鉄道 - ケーブルカー | 交通 - 鉄道 - モノレール | 交通 - 鉄道 - ロープウェイ | 交通 - 鉄道 - 廃線 | 交通 - 鉄道 - 海外 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 中国 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 九州・沖縄 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北海道 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北陸 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 四国 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東北 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東海 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 甲信越 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 近畿 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - その他 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京急 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京成 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京王 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 小田急 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東京メトロ | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東急 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東武 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 相鉄 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 西武 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 都営 | 住まい・インテリア | 動物園・水族館 | 博物館・美術館 | 地域 - 中国 | 地域 - 九州・沖縄 | 地域 - 全国 | 地域 - 北海道 | 地域 - 北陸 | 地域 - 四国 | 地域 - 東北 | 地域 - 東海 | 地域 - 海外 | 地域 - 甲信越 | 地域 - 近畿 | 地域 - 関東 - その他 | 地域 - 関東 - 千葉県 | 地域 - 関東 - 埼玉県 | 地域 - 関東 - 東京都 | 地域 - 関東 - 栃木県 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - その他 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - 川崎市 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横浜市 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横須賀市 | 地域 - 関東 - 群馬県 | 地域 - 関東 - 茨城県 | 学問・資格 | 寺・神社・教会 | 心と体 | 心と体 - 痔 | 携帯・デジカメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 経済・政治・国際 | 自衛隊・軍隊 | 芸能・アイドル | 芸能・アイドル - ももいろクローバーZ | 芸能・アイドル - 広末 | 音楽 | ~の旅(2006) | ~の旅(2007) | ~の旅(2008)