カテゴリー「地域 - 東海」の253件の記事

2020/04/01

四日市 (2) スターアイランドのスパイラルエスカレーター

近鉄四日市駅前にある四日市スターアイランド、スパイラルエスカレーター(曲線のエスカレーター)があります。

このタイプのエスカレータは横浜のランドマークプラザにもありますが、全国的にはそんなにないものと思われます。

・スパイラルエスカレーター
Dsc_5722 Dsc_5723

子の四日市スターアイランド、1988年に開業しましたが2020年2月末に閉店することになりました。

・閉店のお知らせ
Dsc_5724_20200401001201

近鉄四日市駅前、自分が子供の頃はそれなりには賑わっていたのですがだいぶ人通りが少なくなりました。
イオン(当時ジャスコ、古くは岡田屋)の創業店もこの近くにあったのですが、だいぶ前になくなりました。

・駅前の1番街商店街
Dsc_6038

(完)

| | コメント (0)

2020/03/31

四日市 (1) 近鉄四日市駅のパタパタが...

近鉄四日市駅の発車案内、長らく25年ぐらい「パタパタ」が使われていたのですが(それより前は幕式でした)、
年末(2019年)に実家に帰った時に見たら液晶に変わっていました。

近鉄名古屋駅等がだいぶ前に液晶に変わる中変わらなかったのでこのままずっと変わらないものと思っていたのですが、変わっていてびっくりしました。

・近鉄四日市駅のパタパタ → 液晶
Dsc_2646 Dsc_5645_20200331234901

ちなみにパタパタは京急川崎駅のホームにまだ残っていたりします。

| | コメント (0)

2020/03/29

津の寺神社 (6) 津観音

最後に津観音(恵日山 観音寺大宝院)へ。

・津観音
Dsc_6010 Dsc_6008_20200329232001
Dsc_6016

近くに商店街があります。

・大門商店街 飲食店街
Dsc_6014

今も営業している店は少なそうな雰囲気。かつてはにぎわったのでしょうか?

(完)

| | コメント (0)

津の寺神社 (5) 香良洲神社

続いて香良洲神社へ。
「からす」と読みます。
今は津市ですが旧香良洲町にあります。

・入口
Dsc_6000

・正殿と旧正殿
Dsc_6002 Dsc_6003_20200329172101

正殿の隣に同じぐらいの大きさの敷地がありました。
伊勢神宮のように式年遷宮があるようです。

・小香良洲社
Dsc_6004

・御馬屋
Dsc_6005

お馬さんがいました。(偽物)

| | コメント (0)

津の寺神社 (4) 賢明寺

続いて青瀧山千手院賢明寺へ。

・仁王門
Dsc_5992

立派な門です。

・本堂
Dsc_5993

・鐘楼等
Dsc_5996 Dsc_5997

| | コメント (0)

津の寺神社 (3) 久居八幡宮

続いて久居八幡宮へ。
2019年12月31日までは野邊野神社という名前だったようです。

・久居八幡宮
Dsc_5985 Dsc_5984
Dsc_5987 Dsc_5982

| | コメント (0)

津の寺神社 (2) 寶珠山大観音寺

榊原温泉口駅の近くにある寶珠山大観音寺へ。

子供の頃から隣のルーブル彫刻美術館と共に三重テレビでのCMでお馴染みです。(もしかすると今はもうやってないのかもしれませんが)

・大観音寺の入口
Dsc_5940

有料(800円)でルーブル美術館との共通割引入場券もありました。

・仏足下駄、護病身代わり観音、やる気達磨、にっこりお福、観音霊泉、がん封じ神獣白澤
Dsc_5941 Dsc_5971
Dsc_5970 Dsc_5942
Dsc_5965 Dsc_5966

・七福神霊場
Dsc_5948 Dsc_5950

写真は2つですが7つあります。

・百観音霊場と四国八十八ヶ所お砂踏み霊場の入口
Dsc_5943 Dsc_5956

足形の下に各霊場の砂がひかれたていてそれを踏んでいくものです。
百観音の方であれば百個あり、入口に100個分の5円玉と両替できるようになっていました。

・御本尊
Dsc_5949 Dsc_5968
Dsc_5955 Dsc_5958 Dsc_5964

大きいです。33mあるそうです。

・仏手
Dsc_5963

・天狗・河童大明神等
Dsc_5960

その他にもいろいろあります。
なんていうか、そういう寺です。

・お宝蛙
Dsc_5979 Dsc_5978

これもCMで使われていた記憶。

前にルーブル彫刻美術館があります。
ルーブル美術館の作品の型をとって作成したレプリカが展示されているようです。
時間の関係で入りませんでした。

・ルーブル彫刻美術館前
Dsc_5981 Dsc_5980

| | コメント (4)

2020/03/28

津の寺神社 (1) 榊原地蔵寺

1月4日、父が御朱印集めをしていて両親と津の寺神社を周ってきました。

まずは榊原地蔵寺へ。
榊原温泉の方面にあります。

・榊原地蔵寺
Dsc_5939

・山門
Dsc_5935 Dsc_5936

山門の2階に鐘がありました。鐘楼を兼ねているようです。

・本堂
Dsc_5937

誰もいませんでした。
御朱印の紙も置いてなかったです。

| | コメント (0)

2019/10/09

愛知の寺神社 (7) 萱津神社

あま市の萱津神社へ。

川の近くで川の向こうは名古屋市か?と思っていたのですが清須市でした。
漬物の神社として知られており、香の物祭があるそうです。
こういう神社もあるんですね。
日本武尊が関係し、香の物発祥の地とされているそうです。

・萱津神社
Dsc_2163 Dsc_2162
Dsc_2155 Dsc_2156
Dsc_2161 Dsc_2159
Dsc_2164 Dsc_2160
Dsc_2153

(完)

| | コメント (0)

愛知の寺神社 (6) 大徳院

甚目寺の道路挟んで向かいにある大徳院へ。

・大徳院
Dsc_2152 Dsc_2150
Dsc_2151_20191009003501

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お出かけ - 動物園・水族館 お出かけ - 博物館・美術館 お出かけ - 城 お出かけ - 寺・神社・教会 お出かけ - 植物園・植物 アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング グルメ・クッキング - そば・うどん・パスタ グルメ・クッキング - ハンバーガー グルメ・クッキング - ラーメン グルメ・クッキング - 丼 グルメ・クッキング - 駅弁・弁当 ゲーム スポーツ ニュース パソコン・インターネット ファッション・アクセサリ 交通 - バス 交通 - 自動車 交通 - 航空機 交通 - 船 交通 - 街道 交通 - 鉄道 交通 - 鉄道 - JRその他 交通 - 鉄道 - JR九州 交通 - 鉄道 - JR北海道 交通 - 鉄道 - JR四国 交通 - 鉄道 - JR東日本 交通 - 鉄道 - JR東海 交通 - 鉄道 - JR西日本 交通 - 鉄道 - JR貨物 交通 - 鉄道 - その他 交通 - 鉄道 - イベント 交通 - 鉄道 - ケーブルカー 交通 - 鉄道 - モノレール 交通 - 鉄道 - ロープウェイ 交通 - 鉄道 - 廃線 交通 - 鉄道 - 海外 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 中国 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 九州・沖縄 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北海道 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北陸 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 四国 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東北 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東海 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 甲信越 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 近畿 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - その他 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京急 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京成 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京王 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 小田急 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東京メトロ 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東急 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東武 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 相鉄 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 西武 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 都営 住まい・インテリア 地域 - 中国 地域 - 九州・沖縄 地域 - 全国 地域 - 北海道 地域 - 北陸 地域 - 四国 地域 - 東北 地域 - 東海 地域 - 海外 地域 - 甲信越 地域 - 近畿 地域 - 関東 - その他 地域 - 関東 - 千葉県 地域 - 関東 - 埼玉県 地域 - 関東 - 東京都 地域 - 関東 - 栃木県 地域 - 関東 - 神奈川県 - その他 地域 - 関東 - 神奈川県 - 川崎市 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横浜市 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横須賀市 地域 - 関東 - 神奈川県 - 鎌倉市と江ノ島 地域 - 関東 - 群馬県 地域 - 関東 - 茨城県 学問・資格 心と体 心と体 - 痔 携帯・デジカメ 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 経済・政治・国際 自衛隊・軍隊 芸能・アイドル 芸能・アイドル - ももいろクローバーZ 芸能・アイドル - 広末 芸能・アイドル - 有安 音楽 ~の旅(2006) ~の旅(2007) ~の旅(2008)