カテゴリー「地域 - 関東 - 神奈川県 - その他」の192件の記事

2017/08/27

箱根2017 (10) 芦ノ湖遊覧船 箱根園→湖尻

帰宅の時間です。
箱根園から16:15発の芦ノ湖遊覧船に乗って湖尻まで向かいます。

・箱根園ステージとやってきた船
Dsc_7192

箱根園ステージって何だ?

・出航していく船から見た風景と、隣に停まっていた十国丸
Dsc_7196Dsc_7197

箱根関所跡港から乗ったときも同じ船(はこね丸)だったので、変わった感じの十国丸も乗ってみたかったなと思いました。

・船から見た駒ケ岳ロープウエー
Dsc_7201

駒ケ岳ロープウエーに乗った1時間半前は見通しが良かったのですが、靄がかかってしまっていました。

・箱根関所跡港方面
Dsc_7200

結構くっきりと見えました。

湖尻港に向けて進みます。

・樹木園桟橋と、九頭龍神社桟橋
Dsc_7202 Dsc_7207

・すれ違う小田急系列の箱根海賊船
Dsc_7209

・桃源台港や湖尻港
Dsc_7210 Dsc_7213

この船が到着するのは右側の湖尻港です。
奥に箱根ロープウェイが見えました。

乗ってきた船が湖尻方面の最終で、その折り返しの16:30発が箱根関所跡方面の最終でした。
時刻表にもう1本後が載っていたのですが7/31~8/20の運転でした。もう1本後の方にしようかなとも思っていたのですが、後のにしなくてよかった。
もっと遅くても箱根園からのバスで帰れるんですけどね。

・最終が去った後の湖尻ターミナルの船乗り場への入口と桟橋
Dsc_7223 Dsc_7222

・湖尻ターミナル
Dsc_7220

建物の前に伊豆箱根バスのバス停が立っていますが、そこから少し離れた所に箱根登山バスのバス停もちょこんと立っていました。
箱根登山バスは朝7時台のみの運転でした。地元通勤通学客向けでしょうか?

・箱根登山バスの湖尻バス停
Dsc_7221

伊豆箱根バスの16:38の小田原行のバスで帰宅。大涌谷はもう解放時間が過ぎていたので経由せず。箱根湯本駅手前で渋滞していて、1時間20分ぐらいかかりました。(時刻表では約1時間)

小田急の「箱根フリーパス」はいろいろ乗れて良いですが、伊豆箱根鉄道の「箱根旅助け」も悪くないなと思いました。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱根2017 (9) 箱根園水族館 ③ バイカルアザラシ広場

続いてバイカルアザラシ広場
本日最後(15:30から)の「バイカルアザラシショー」が始まるという事なので行ってみました。
(1つ前の記事の淡水館よりも先に見ています)

ロシアのバイカル湖等に生息する淡水のアザラシで、他の種類のアザラシのような凄い演技はできないとの事でした。

・演技前のアザラシ
Dsc_7097 Dsc_7098

ショーが始まりました。
アザラシは4匹おり、飼育員が2人(お姉さんとお兄さん)が出てきて2匹ずつ担当していました。

・開始時
Dsc_7100 Dsc_7101
Dsc_7102

・回る演技
Dsc_7104

・輪を使った演技
Dsc_7107

輪の中に入って移動する演技だったのに外から押してくるアザラシも。

・ビート板を使った演技
Dsc_7111 Dsc_7113

・ジャンプする演技
Dsc_7116

・温泉に入るアザラシ
Dsc_7118

・終了
Dsc_7120 Dsc_7121

10分程度のショーでした。
他のアザラシのショーがどんなものか分からないので何とも言えない部分もありますが、これで十分と思いました。
なんだかわがままそうなアザラシもいましたがそれはそれでよい。
良かったです。楽しめました。

バイカルアザラシ広場の地下にカメの展示室もありました。
ある事自体に気づかない客も少なくない雰囲気。

・カメ
Dsc_7127 Dsc_7128
Dsc_7130 Dsc_7132

ややグロテスクなカメもいました。

20年近く前に行った時の記憶から大したことはなくすぐ見終わってしまう予定でいたのですが、結構充実していて次の予定を遅らせることになりました。
大水槽とペンギンがあることは予想していなかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/26

箱根2017 (8) 箱根園水族館 ② 淡水館

続いて淡水館へ。

・サメ だったかな?
Dsc_7142

・ニジマス、ナマズ 等
Dsc_7143 Dsc_7145
Dsc_7148 Dsc_7149
Dsc_7154 Dsc_7159

ごめんなさい魚の名前が分かりません。

・モトロ
Dsc_7156

・アマゾン川の魚、アホロートル(ウーパールーパー)
Dsc_7165 Dsc_7171

・大きな魚
Dsc_7136 Dsc_7137

・カモ
Dsc_7172 Dsc_7141

この記事を書くまでペンギンだと思っていました。ペンギンって淡水だったかなぁ? と思って。

外にも少しありました。

・白鳥?
Dsc_7178

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱根2017 (7) 箱根園水族館 ① 海水館

使用した切符「箱根旅助け」で1回のみ入場できる箱根園水族館へ。
箱根旅助けは3000円で、箱根園水族館の通常料金は1500円だったりします。

20年近く前に母兄弟の旅行で付き添った時に乗った伊豆箱根鉄道の定期観光バスの見学先に含まれていました。
何だかしょぼかった記憶しかありません。伊豆箱根鉄道も含む西武系列の施設なのでコースに取り入れられてしまっているのだろうなぁと。
「箱根旅助け」に含まれていなかったら入らなかったです。

・箱根園水族館の入口
Dsc_7187

海水館、淡水館、バイカルアザラシ広場がありました。

まずは入場したところにある海水館へ。

・大水槽
Dsc_7070 Dsc_7067
Dsc_7066 Dsc_7068

あら! こんな所に大水槽が。
ウミガメまでいるし。
20年近く前に来た時はありませんでした。
驚きました。

・オープン水槽
Dsc_7071

・サメ
Dsc_7076 Dsc_7081

・ペンギン
Dsc_7185 Dsc_7186

ペンギンまでいました。
2枚目の写真は、突然ペンギンから出てきたのですがうんこ?

・クラゲ、チンアナゴ、伊勢海老、カサゴ、イソギンチャク 等
Dsc_7085 Dsc_7087
Dsc_7086 Dsc_7090
Dsc_7091 Dsc_7094

・熱帯魚
Dsc_7179

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/24

箱根2017 (6) 箱根元宮

駒ケ岳山頂に箱根神社箱根元宮があります。

・箱根元宮
Dsc_7025 Dsc_7042

駒ケ岳ロープウエーの山頂駅からやや離れており階段を上る必要もあります。

・馬降石
Dsc_7044

・拝殿
Dsc_7045 Dsc_7049

賽銭箱は外にはなく、戸を開けて中に入るとありました。

横に昔使っていたものと思われる古い建物がありました。
柵があって行けないようになっています。

・隣の建物
Dsc_7047

・拝殿裏手の石
Dsc_7055

各所に石が積まれていました。
何かいわれがあるのか、来た人が面白がって積んだだけなのか。

・すすきと大涌谷方面
Dsc_7061 Dsc_7062

大涌谷等に歩いて行けるようですが、火山活動の影響で進入禁止になっていました。

この後駒ケ岳ロープウエーで山麓駅(箱根園)に戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/23

箱根2017 (5) 駒ケ岳ケーブルカー跡

駒ケ岳のロープウェーの反対側(東側)にかつて駒ケ岳ケーブルカーがありました。湯の花温泉辺りから登れました。
2005年に廃止されました。
廃止の少し前に乗りに行きました。
ロープウェーの山頂駅から東に向かって歩き、ケーブルカーの山頂駅があったはずの所に行ってみました。

・ケーブルカーの山頂駅があった所に向かう道と山頂駅跡
Dsc_7026 Dsc_7037

開けていた場所があったのでたぶんここだと思います。

・山頂駅跡から見た風景
Dsc_7034 Dsc_7031

右側の写真のコンクリートが残っている所がホーム跡だったのかな?
ほぼ痕跡がなく、ケーブルカーがあったことを知らなければ全く気づかないように思いました。
「大」の時とゴルフ場が印象的な風景でした。

2005年の廃止少し前に行った時の写真が出てきました。

<2005年の駒ケ岳ロープウェイ>
・山麓駅(駒ヶ岳登り口駅)
P8280002 P8280006
P8280008

・行き違い場所
P8280019 P8280011

・山頂駅(駒ヶ岳頂上駅)
P8280013 P8280017
P8280021

霧で何も見えなかったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/20

箱根2017 (4) 駒ケ岳ロープウェー

箱根園から駒ケ岳ロープウェーに乗車します。
元々は伊豆箱根鉄道の運営でしたが、現在は箱根園を運営するプリンスホテルの運営です。

駒ケ岳ケーブルカーが廃止される少し前に乗ったことがあります。その時は 駒ケ岳ケーブルカ → 駒ケ岳ロープウェー と乗りました。

・駒ケ岳ロープウェーの山麓駅(箱根園駅)
Dsc_6988 Dsc_6989
Dsc_6990 Dsc_6993

がらがらだと予想していたのですが、結構並んでいました。もしかして次のは乗れないのではないかと思いましたが、101人乗れることもあって乗れました。
改札口は発車時間直前まで開かず、改札が開いた後観光地によくあるグループごとの写真撮影をやっているので発車が少し遅れました。
手持ちでぱかぱかと撮っていたのできちんと写ってない写真も中にはありそう。
降りてきた後の出口に写真を並べて販売していましたがあまり売れていない模様でした。

・山麓駅でのロープウェイのゴンドラ
Dsc_6994 Dsc_6995

駒ケ岳ロープウェーのHPに載っている写真はライオンズカラーでしたが、実際のゴンドラはライオンズカラーではありませんでした。
車内は座席が少なくつり革があります。通勤列車みたいに密集していました。

・ゴンドラ内から撮影した芦ノ湖
Dsc_6996

山頂駅まで7分、約1.7km、高低差約590mで結構上ります。結構長いのに柱は2つしかありません。

山頂駅(駒ヶ岳頂上駅)に到着。

・山頂駅の駅舎
Dsc_7003 Dsc_7059
Dsc_7004

廃墟みたいな建物です。
3階以上は入れなくなっていました。(3階もトイレのみ解放)
最上階は昔はレストランだったのかな。眺めが良さそうですがあそこに行く勇気は出ない。
ロープウェイの施設と一体化しているように見えて建て替えが難しいのかなと思いました。

・山頂駅付近から見た芦ノ湖
Dsc_7021 Dsc_7009

芦ノ湖の中南部がくっきりと見えました。
こんな見えるとは思っていなかったので感動しました。
前来たときは何にも見えませんでした。(山頂駅付近自体に靄がかかっていた)
天気が良ければ富士山も見えるんでしょうね。

・山頂駅付近から見た元箱根と箱根町
Dsc_7011 Dsc_7012

・山頂駅付近から見たロープウェイ
Dsc_7005 Dsc_7014
Dsc_7016 Dsc_7022

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱根2017 (3) 芦ノ湖遊覧船 箱根関所跡→箱根園

箱根関所跡港から伊豆箱根鉄道が運行する箱根芦ノ湖遊覧船に箱根園港まで乗車しました。

・箱根関所跡港の乗り場
Dsc_6942 Dsc_6940

1枚目の写真の左奥の船は小田急系列の箱根海賊船です。
あちらの海賊船と比べるとどうしても見劣りしてしまいます。

中学の修学旅行は、伊豆箱根鉄道の観光バスだったのに小田急系列の箱根海賊船に乗船しました。全クラス(200人強)同じ船に乗ったような気がします。
母兄弟の旅行のおまけで行った伊豆箱根鉄道の定期観光バスは当然こちらの船でした。

・入港してきた船
Dsc_6950 Dsc_6954

停泊していた船に乗船するのかと思っていましたが、やってきた船に乗船でした。
まぁまぁ大きな船で、屋外の高い方の展望席に陣取りました。
乗客は少ないですがそれなりにはいました。

・離れていく箱根関所跡港と箱根関所跡
Dsc_6956 Dsc_6958

・芦ノ湖の北方面
Dsc_6960

・駒ケ岳と箱根神社
Dsc_6961 Dsc_6968

途中元箱根港に寄港します。

・元箱根港
Dsc_6970

・箱根園港と駒ケ岳ロープウェイ
Dsc_6979 Dsc_6980
Dsc_6984

・箱根園港のスワンボート乗り場に置かれていた廃ゴンドラ
Dsc_6985

これはどこのロープウェイで使われていたゴンドラなんだろう。大きさから少なくとも駒ケ岳ロープウェイではなさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/02

国府津駅

その後、まだ時間があったので一度も降りたことのない国府津駅で降りてみました。

ホームの端の方から海が見えます。
その写真はありませんが...

・国府津駅開業100周年記念碑
Dsc_2151

明治20年は1887年、最近建てられた碑に見えましたが結構前なんですね。

・駅舎と駅前のバス乗り場
Dsc_2152 Dsc_2158

海岸へ...。
どうやって海岸に出られるのか?
通りに出て最初右側(西側)に行ったのですが、一向に海岸に出る道が出現せず。
戻って左側(東側)に行ったらすぐにありました。

・海岸
Dsc_2156

海岸を西湘バイパスが走っています。
海岸に出ている人が入るのですが、ぱっと見では降りられるところが見つけられずどうやって降りたのかな?
離れた所にあるのか? 堤防に縄が括り付けられてぶら下げられている所があったのですがこれを使って降りたのか? お年寄りの方もいたのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早川駅と小田原漁港

石垣山城跡から早川駅へ。
早川駅の近くに小田原漁港があるようなので行ってみました。
小田原漁港は小田原駅から海の方に行ったところにあるわけではないのですね。間に川(早川)があります。

・小田原漁港
Dsc_2133 Dsc_2132

漁港に入口を跨いでいる橋は西湘バイパスの小田原ブルーウェイブリッジです。
左の橋のたもとに見える建物は小田原市公設水産地方卸売市場との事、そっちの方に行ってみました。

市場は一般の人は立ち入り禁止でした。というか、市場はとっくに終わっていました。
この近くに何軒か魚介関係の飲食店がありました。海鮮バーベキュー食べ放題の店もあって食べてみたいなとちょっと思いました。

・市場近くの小田原ブルーウェイブリッジの下
Dsc_2137

・市場近くの埠頭から見た灯台
Dsc_2141 Dsc_2140

「小田原」て書かれた灯台がありました。
釣りをしている人がたくさんいました。

向こう側にも行ってみました。

・向こう側から見た灯台と、向こう側の地面にあったペイント
Dsc_2144 Dsc_2145

早川駅に戻ります。

・早川駅の駅舎とホーム
Dsc_2147 Dsc_2149

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | グルメ・クッキング - そば・うどん・パスタ | グルメ・クッキング - ハンバーガー | グルメ・クッキング - ラーメン | グルメ・クッキング - 丼 | グルメ・クッキング - 駅弁・弁当 | ゲーム | スポーツ | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | 交通 - バス | 交通 - 自動車 | 交通 - 航空機 | 交通 - 船 | 交通 - 街道 | 交通 - 鉄道 | 交通 - 鉄道 - JRその他 | 交通 - 鉄道 - JR九州 | 交通 - 鉄道 - JR北海道 | 交通 - 鉄道 - JR四国 | 交通 - 鉄道 - JR東日本 | 交通 - 鉄道 - JR東海 | 交通 - 鉄道 - JR西日本 | 交通 - 鉄道 - JR貨物 | 交通 - 鉄道 - その他 | 交通 - 鉄道 - イベント | 交通 - 鉄道 - ケーブルカー | 交通 - 鉄道 - モノレール | 交通 - 鉄道 - ロープウェイ | 交通 - 鉄道 - 廃線 | 交通 - 鉄道 - 海外 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 中国 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 九州・沖縄 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北海道 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北陸 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 四国 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東北 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東海 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 甲信越 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 近畿 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - その他 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京急 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京成 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京王 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 小田急 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東京メトロ | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東急 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東武 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 相鉄 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 西武 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 都営 | 住まい・インテリア | 動物園・水族館 | 博物館・美術館 | 地域 - 中国 | 地域 - 九州・沖縄 | 地域 - 全国 | 地域 - 北海道 | 地域 - 北陸 | 地域 - 四国 | 地域 - 東北 | 地域 - 東海 | 地域 - 海外 | 地域 - 甲信越 | 地域 - 近畿 | 地域 - 関東 - その他 | 地域 - 関東 - 千葉県 | 地域 - 関東 - 埼玉県 | 地域 - 関東 - 東京都 | 地域 - 関東 - 栃木県 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - その他 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - 川崎市 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横浜市 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横須賀市 | 地域 - 関東 - 群馬県 | 地域 - 関東 - 茨城県 | 学問・資格 | 寺・神社・教会 | 心と体 | 心と体 - 痔 | 携帯・デジカメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 経済・政治・国際 | 自衛隊・軍隊 | 芸能・アイドル | 芸能・アイドル - ももいろクローバーZ | 芸能・アイドル - 広末 | 音楽 | ~の旅(2006) | ~の旅(2007) | ~の旅(2008)