カテゴリー「地域 - 関東 - 東京都」の827件の記事

2019/10/01

日本科学未来館「マンモス展」

7月23日、Zepp東京で開催されたPop Step Zeppを見に行く前に、日本科学未来館で開催されている『マンモス展 その「生命」は蘇るのか』に行きました。
同業者も結構来ているのかと思いましたが、全く見かけませんでした。(あれ?)
平日だけあって空いていました。

・日本科学未来館
Dsc_3614 Dsc_3619

左の写真は裏側のゆりかもめから撮影した車両です。

・ジオコスモス
Dsc_3621

あの高い所にある通路に恐怖を感じました。
後で勇気を出してあそこを渡ってみようと近くまで行ったのですが、止めました。

・マンモス展の入口
Dsc_3622

原則的には撮影可でした。

・マンモス
Dsc_3623 Dsc_3624
Dsc_3625 Dsc_3626

マンモスの骨など展示されていました。

・マンモスの頃に生きていた他の動物
Dsc_3633 Dsc_3634

マンモスは像と同じ起源を持つそうです。
マンモスは絶滅しましたが、絶滅理由には諸説があるとの事。
永久凍土により埋もれていたものが良い状態で発掘するケースも多いそうで、発掘作業のビデオも流されていました。

この企画展の目玉として、冷凍されたマンモス等が展示されていました。

・冷凍マンモス
Dsc_3637 Dsc_3638
Dsc_3639 Dsc_3642

2番目の写真は仔ウマです。
愛知万博でも展示されたらしい「ユカギルマンモス」も展示されていましたが、撮影禁止でした。

冷凍庫に入れられて展示されています。
コストがかかるそうで、マンションの費用と比べて何とかと書かれていましたが、具体的には忘れてしまった。
これを搬入・搬出するときはどうするのだろう? と思いました。

最後にマンモスを復活させようプロジェクトの紹介がありました。
発掘されたマンモスからゲノムを取り出してそれを人工的に育ててマンモスを復活させようというもの。
なんだか怖いなと冒涜だな思いました。
古代から復活して暴れる映画の世界を思い浮かべました。
止めておいた方が良いように思います。

・ユカギルマンモスの模型
Dsc_3644

| | コメント (0)

2019/08/28

小樽と札幌 (1) 東京 → 函館

7月13日~16日の4日間、3連休と有給休暇1日を利用し、7月15日の有安杏果さんのPos Step Zeppツアー札幌公演を観に行くのを兼ねて北海道に行きました。

札幌に宿泊するつもりでいましたが、7月13日と14日は自分が見たときにどこも開いておらず、余市のホテルを予約しました。

自宅がある横浜から北海道(余市)まで鉄道で行きました!

・東京駅でのはやぶさ11号
Dsc_0954 Dsc_0957
Dsc_0948

まずは東京駅から9:36発の「はやぶさ11号」新函館北斗行に乗車、終点まで乗ります。
乗ったのはグランクラスではなく普通席です。

・朝食
Dsc_3238

品川駅の百千で買ったおにぎりと、キオスクで北海道フェアという事で売っていたハスカップのいろはす。
おにぎりは、神奈川のしらす、宮城の牛タン♪、北海道のじゃがバター。
先取りです。

・新幹線車内から
Dsc_3240 Dsc_3242

・仙台PIT前通過
Dsc_3244

Pos Step Zeppツアーの仙台公演はここで行われます。

・新幹線車内から
Dsc_3246 Dsc_3250

青函トンネルに近づいてきました。
青函トンネルの前後を含めた新中小国信号場~木古内駅間は貨物列車も走れるよう1435mmの新幹線用と、1067mmの在来線用の三線軌条になっています。

・三線軌条
Dsc_3256

青函トンネルに入りました。

・青函トンネル内
Dsc_3258

何も見えません。
正直なところつまらないです。

北海道に突入。

・新幹線から見た函館山
Dsc_3262

こうやってみると函館山は結構高いです。そこだけずぼんと盛り上がっています。

13:34に新函館北斗駅に到着。
やや肌寒かったです。

・新函館北斗駅の新幹線ホーム
Dsc_0960

このまま札幌方面に向かえばよいのですが、未乗区間を残さないために一旦函館駅まで行きました。

・新函館北斗駅の在来線コンコース
Dsc_0961

・新函館北斗駅での快速「はこだてライナー」
Dsc_0965 Dsc_0967
Dsc_0968 Dsc_0969

はこだてライナーは3両編成。
10両編成のはやぶさは結構席が埋まっていたので3両で足りるのか? と思ったのですが、全員座れているわけではないけど3両で十分でした。

・はこだてライナー車内の路線図
Dsc_0970

意外と複雑です。
函館に向けて13:47に発車します。

・五稜郭機関区
Dsc_0971 Dsc_0972

車内から見えました。
JR貨物の機関区で、青函トンネルで使用される電気機関車や、北海道内で使用されるディーゼル機関車がたくさん止まっていて気分が上がりました。
あんまり掃除しないのか汚れた車両が多かったです。

そんなわけで14:02に函館に到着。

・函館駅のホームと0kmポスト
Dsc_0976 Dsc_0977

・新函館北斗駅に停車しない列車の案内
Dsc_0983

七飯行きは新函館北斗より手前の駅までの列車、それ以外は藤城支線を通る列車です。
藤城支線に乗ってみたいなと思いました。
北海道新幹線が開業するまでは下りの特急は藤城支線経由でいくらでも乗れたんですけどね。それまでに札幌方面まで鉄道で行った事はなく(函館はある)、乗らずに終わりました。

・函館駅の駅舎
Dsc_0978

| | コメント (0)

2019/08/26

皇居(江戸城跡) (6) 平川門~大手門の外周

平川門を出て、堀の外を周って大手門まで行って帰りました。

・平川門~大手門
Dsc_0885 Dsc_0888
Dsc_0892 Dsc_0893
Dsc_0895 Dsc_0898

・和田倉壕と和田倉噴水公演のオブジェと和田倉橋
Dsc_0898 Dsc_0902
Dsc_0907

この日はだいぶ歩きました。

(完)

| | コメント (0)

2019/08/25

皇居(江戸城跡) (5) 皇居東御苑・後編

皇居東御苑の続きです。

・緑の泉
Dsc_0810

・本丸跡
Dsc_0809 Dsc_0814

・展望台からの風景
Dsc_0812 Dsc_0811

白鳥壕に接しています。
結構高いです。

坂を下りて二の丸の方へ。

・皇居正門石橋旧飾電燈
Dsc_0820

・二の丸庭園
Dsc_0825 Dsc_0831
Dsc_0837 Dsc_0838

本丸がある方は歴史のエリアで、こちらの方は自然のエリアみたいな感じでした。

・諏訪の茶屋
Dsc_0841

・都道府県の木
Dsc_0846 Dsc_0849 Dsc_0850

左から神奈川県のイチョウ、三重県の神宮スギ、宮崎県のフェニックス。
宮崎県だけ他の違ったタイプのものでした。(沖縄はリュウキュウマツで普通)
複数県で同じ場合もあるんですね。東京都、神奈川県、大阪府は共にイチョウでした。

・白鳥壕と汐見坂
Dsc_0855 Dsc_0856

展望台は左の写真の他より少し高くなっている出っ張った所でした。

平川門から出て帰ります。

・天神壕や平川壕
Dsc_0866 Dsc_0868
Dsc_0873

結構入り組んでお堀があったんですね。

・平川門
Dsc_0874 Dsc_0876
Dsc_0883

東京にこんな所があったの事を知りませんでした。
東京周辺にもう25年ぐらい住んでいますが、まだまだ初心者だなと思いました。

| | コメント (0)

2019/08/24

皇居(江戸城跡) (4) 皇居東御苑・前編

大手門から入って皇居東御苑へ。

ここは一般に公開されている場所で、開演日・開演時間内であれば自由に入れます。
入る時に荷物検査があります。
また、入った先でプレートを渡すので出るときにそれを渡す必要があります。
どんなものだったか忘れたのですが意外となくしてしまいそうなどこにしまっておこうか困る大きさのもので、なくしたらどうなるんだろう? と思いました。

・大手門
Dsc_0758 Dsc_0761
Dsc_0762

角にしゃちほこが置かれていました。どこかの建物上に乗っかっていたものなのかな?

・園内図
Dsc_0764

休憩所で少し休憩して進みます。
この日は天候はいまいちの予報でしたが晴れてきて暑かったです。

・同心番所
Dsc_0767

・百人番所前の広場
Dsc_0768 Dsc_0772

・百人番所
Dsc_0770 Dsc_0775

・大番所
Dsc_0776

東京の真ん中にこんなものが残っていたことを知らなかったので、結構な驚きでした。

東御苑の中、結構起伏があります。
皇居の中は平坦なのかと思っていました。

・富士見櫓
Dsc_0780

皇居参観で見た富士見櫓の裏側です。
中は入れませんでした。

・富士見多聞
Dsc_0782 Dsc_0783
Dsc_0786

ここは中に入れました。
外は見にくいです。

・石室
Dsc_0791

・天守台と天守台から見た風景
Dsc_0794
Dsc_0799 Dsc_0806

そんなに広くはないように思いました。
江戸時代の1657年に明暦の大火で焼失した後、再建はされなかったそうです。

・天守台から見た武道館
Dsc_0803 Dsc_0804

武道館が見えました。
ここでこうやってみると「またここでやってくれないかなぁ」と思わざるをえませんでした(笑)。数十年後でもいいからね。

・あじさい
Dsc_0807

| | コメント (0)

2019/08/22

皇居(江戸城跡) (3) 皇居外苑

皇居外苑(皇居外側の南東側)あたりを見ていきます。

桔梗門から南の方向へ。

・坂下門
Dsc_0721 Dsc_0725

・坂下門の手前から見た正門方面
Dsc_0723

写真で見るとそんな広く見えませんが、実際には広くただただ広がっている感じで、向こうまで行くの大変だなぁという気分になりました。

・坂本門付近から見たら堀
Dsc_0729

皇居の堀って真っすぐ(四角形)なのかと思っていましたが、結構ジグザクしていました。
向こう側は長和殿前の広場だと思うのですが、結構高いです。

・大手町方面
Dsc_0732

・二重橋
Dsc_0737

これが二重橋です。
1つ前の投稿で写していたところです。
昔は高さが高く縦に二重(二段)になっていたので二重橋と呼ばれたそうです。

・正門鉄橋とその向こうの正門
Dsc_0739 Dsc_0741

これは二重橋ではありません。

・手前の正門鉄橋と奥の二重橋
Dsc_0743

さらに南に行くと桜田門があったようですが、気づかずに戻りました。

・巽櫓
Dsc_0747
Dsc_0751 Dsc_0753

桔梗門と大手門の間の角にあります。

・大手門に向かう途中から見た大手門
Dsc_0754

・大手門の入口から見た巽櫓方面
Dsc_0759

| | コメント (0)

2019/08/21

皇居(江戸城跡) (2) 皇居参観・本編

それでは見学です。

・元枢密院庁舎とその前の通り
Dsc_0620

・桔梗門あたりのマークの付いた石垣
Dsc_0621

・富士見櫓
Dsc_0629 Dsc_0632

こういうのがあった(残っていた)んですね。
知りませんでした。

・蓮池濠
Dsc_0634 Dsc_0703

蓮がいっぱいでした。
向こうにビルが建っていることも含めて幻想的に感じました。

・宮内庁庁舎
Dsc_0636

この日は土曜日なのでお休みです。
皇居の中に庁舎があったんですね。

・坂下門の内側
Dsc_0640

この先坂を上ると宮殿の長和殿前です。
皇居の中には意外にも坂がありました。

・長和殿前への坂
Dsc_0639

・長和殿
Dsc_0641 Dsc_0642
Dsc_0646 Dsc_0654

年始等に皇族方が出てきて手を振る場所です。
テレビのニュースで見ると3階ぐらいの所に立って手を振っているように思っていたのですが、中2階ぐらいて結構低いです。
あぁここなのかと感激的でした。
この前の広場も広く、ここでライブをやったら何人ぐらい入れるんだろうなぁと考えました。(ごめんなさい)

・二重橋との間の門
Dsc_0656

これを抜けると二重橋があります。

・二重橋から見た正門鉄橋と大手町方面
Dsc_0664 Dsc_0670

よく誤解されているようですが、この写真を撮っている場所が二重橋で、写真に写っている橋は正門鉄橋です。

・二重橋から見た伏見櫓
Dsc_0667 Dsc_0672

・二重橋から見た宮殿側の門
Dsc_0673

ここで折り返しです。

・長和殿前から見た富士見櫓
Dsc_0680

ビルに囲まれたているように見える富士見櫓。
いただけないという方も多いと思いますが、これはこれで良いように思いました。

ここで左に折れて山下通り方面へ。

・長和殿の横
Dsc_0683 Dsc_0687

・山下通りの警察官詰所と下に向かう坂
Dsc_0688 Dsc_0691

・石垣と乾門方面
Dsc_0692 Dsc_0693

乾門方面の通りは、毎年春に一般公開されているようです。

・富士見櫓
Dsc_0701

再び富士見櫓が見えてきました。
この先桔梗門を出て皇居参観は終了でした。

・桔梗門と、桔梗門付近からの大手町方面
Dsc_0716 Dsc_0717

以上で終了です。
14時50分頃終了でした。

皇居参観ができるとは知らず、皇居の中がこんな感じになっていたとは知らず、江戸城跡が残っているとは知らず。
なんだか行って良かった感が大きいです。
これは、一生に一度は見ても良いのではと思いました。

| | コメント (0)

2019/08/20

皇居(江戸城跡) (1) 皇居参観・開始まで

6月8日、皇居(旧江戸城跡)に行きました。

大手町駅を降りて桔梗門方面へ。

・和田倉壕
Dsc_0607

皇居では皇居参観が行われており、中に入ることができます。
そういえば江戸城跡行ったことないなぁと思っていて調べたときに初めて知りました。
原則として日曜と月曜日を除いて午前・午後の2回開催。(夏季は午後の回は休止)
各回とも事前予約枠200人と当日枠300人。
事前予約枠はずっと満席だったで、この日の午後の回の当日枠狙いで行きました。
13時受付開始ですが、12時半から整理券を配布するとの事。
着いた頃には整理券配布は始まっていた時間でずらっと並んでいました。
もしかすると入れない? と思いましたが、整理番号243番でなんとか入れました。危なかったです。

・整理券
Dsc_0613

・並び列と入口の桔梗門
Dsc_0610 Dsc_0612
Dsc_0614

13時から受付開始ですが、整理券を貰ったらそのまま並んで続けて受付みたいな感じでした。
整理券の裏は名前や電話番号を書くところがあり、筆記用具を持っている方は予め書いてくれとの事。筆記用具持っていなかったので書けませんでした。
日本人は身分証明書(運転免許証等)の提示、外国人はパスポートの掲示が必要です。
桔梗門から入りますが、これらは入る前の確認で、整理券の裏に名前など書いてない状態でもOKで名前の照合なし。
桔梗門に入った後で荷物検査もありますが、そんなに厳格な検査ではありませんでした。
なにか悪さをしようと思えばできてしまいそうで、こんなに緩い感じで大丈夫なのかな? と思いました。

最初に窓明館という休憩所に入り、13時半の開始まで待機します。(ビデオが流されています)
隣に売店があり、皇居グッズの購入も可能でした。

・窓明館
Dsc_0616

開始にあたって説明。
言語ごとに案内人がおり、言語ごとにその案内に付いて見学していく方式。必ずしも母国語に従う必要はなく、日本人が英語コースに行っても良いそうです。
日本語、英語、中国語、韓国語、そしてこの日はタイからの団体客があるとの事でタイ語がありました。
日本語コースは最後の出発。
外国人観光客が結構多かったですが、それでも日本語は一番の大所帯。
大音量のスピーカーで案内するわけではなく、案内人のガイドは案内人の近くにいないと聴こえない状態でした。

| | コメント (0)

2019/08/17

Pop Step Zepp ファイナル (東京4日目)

有安杏果さんのPop Step Zeppツアー、8月14日のZepp Tokyoが最終日で、行きました。

行きのゆりかもめでは今日も最前席が確保できました😅。

・ゆりかもめの最前席から
Dsc_3969 Dsc_3970
Dsc_3976 Dsc_3979

この日のみスタンディングで整理番号は500番台。
どう考えても最前は無理です。
4公演行きましたが札幌の109番が一番若かったです。

・Zepp Tokyo前
Dsc_3980

17:45頃到着。(18時開場、19時開演)
この会場前は、東京公演の1日目・2日目は少し余裕がある感じでしたが、この日はぎっしり埋まっていました。また、1~300番までと、301番以降で待機場所が仕切られていました。

整理番号順に入場が始まります。

自分の整理番号になって入場。
後ろの方に一段高くなっている場所があります。その先頭は埋まっていましたが、2列目は空いていたので背の低そうな人の間を確保しました。
結果的に良い場所だったと思います。
ステージから遠く演者の表情までは見えませんが、ステージ全体が見渡せました。
今まで気づいてなかったですが照明はこんな感じになっていたのかとか分かりました。

そんな感じで予定通り19時に開演。

メニューはご当地ソング(会場限定ソングと言うべきなのかな?)を除いて7月22日の東京1日目と同じでした。
ご当地ソングは斉藤和義さんの「歌うたいのバラッド」でした。

前日の公演(行ってない)のセットリストは最後が「小さな勇気」の弾き語りで間違えて泣いて泣き言を言ってやり直したらしく、その事で(自分が)始まる前から不安で緊張感がありました。
この日は途中で「小さな勇気」の弾き語りがあります。
客も大丈夫かなぁと見守るような雰囲気の中で始まり、ほぼ弾き間違いはなく無事終了し、安堵な雰囲気😌。
リベンジできたと言って良いのではないでしょうか。

新曲のダンス曲の「Last Scene」と「Do you know?」、東京1日目でも見たのですが自分の席からは一部分しか見えずしゃがんだりしてなんだこのス〇〇〇〇ダンスみたいなのは.. と思ったのですが、
今回は全体が見えて全然違う印象、良かったです。
東京1日目でこのように思ってしまったことに深く反省しました。

そんな感じで、ジャズ風アレンジのコーナーなんかあり本編終了。

アンコールはおなじみの逆再生メロディーと、「夏想い」で終了でした。

この日もココロノセンリツ最終日のように予定調和のダブルアンコールがあるのかな? と。
アンコール後の拍手は鳴り止まず。
「本日の公演は全て終了です」のアナウンスが4回ぐらいありましたが、それでも鳴り止まず。アナウンスの声がだんだん半笑いになってました。もう本人が出てこないと収拾がつかないような感じに。
アナウンスしなくなったな... と思っていたらしばらくして本人がステージに出できました。
今回はダブルアンコールは本当に用意していなかったようで、
アコギで「Feel a heatbeat」の、全部! という客の声もありましたが無理のようで一部分のみ、客も交えて歌いました。
もう帰ってしまった客には悪いけど、本編とは違うはみ出し配信のようなこの雰囲気はいいなぁと。至福の時に感じました。

アンコールのMCで「ポジ子」宣言がありました。「もっとポジティブになろう」と。
ダブルアンコールで「辛い事もあるかもしれないけど~」と言い出したら客席から「ポジ子」の声援が飛び出して言うのを止めさせるみたいな。
みんな有安さんのことを想っているんだなぁと感じた瞬間でした。

そんなわけで本当に終了。

・物販コーナーのサインと宗像フェスからの花
Dsc_3984 Dsc_3985

今年3月のサクライブ、チケットは当たらずテレビでしか見ていないので本当の所は違うかもしれませんが、正直なところあんまり良く感じませんでした。Pop Step Zeppツアーのチケットもあんまり売れておらず、1公演辺りではサクライブに行った人すら下回っているようで、不安でした。
それが札幌公演で安心感に変わり、
東京1日目・2日目でさらに良くなり、最終日では最高な感じ。
今回のツアーで今後の方向性とか固められたんじゃないかかな。
今後も応援していこうと思いました。

恐らくあの出来事がなかったらPop Step Zeppツアーはどの公演も満席御礼状態だったのではないかと思います。
でも、今回の状況で新たに気付いた事も恐らくあるだろうし、危機感も感じたりして、かえって一生懸命になったのかも。
長い目で見ると今回の状況は良かったのではないかなと、金銭面は別としてポジ夫は思います。

次回公演の発表もありました。
来年の3月に「サクライブ2010ツアー」を8箇所で開催するとの事。
楽しみです。
Zepp札幌の時のMCでは(今回の動員数の関係から)しばらく札幌ではできそうにない雰囲気の事を言っていたように感じたのですが、Zepp札幌でもありました。
土曜日の公演(広島と仙台)もあり、この日は仕事を休まなくても行けそうです。
今回は札幌以外は各会場2日ずつありましたが、次回は1会場1日ずつ。今回の実績に合わせたんですかね。
しかし、9月の宗像フェスの後は翌年の3月までありません。長いなぁ待ちきれないなぁと思いました。
その間何するんだろう。創作活動?

今のところサクライブに行った人しか聞けていない「サクラトーン」、サクライブ2010ではやるのかな?

| | コメント (0)

2019/08/03

Ginza Sony Park

銀座ソニービル跡のGinza Sony Parkへ。

野外ではSony Aquarium 2019と題して水槽が置かれていました。

・Sony Aquarium 2019
Dsc_2039_20190802233401 Dsc_2054
Dsc_2056_20190802233401 Dsc_2066

3番目の写真はサメ、4番目の写真はナポレオンフィッシュと河豚🐡。

沖縄の美ら海水族館からやってきたそうです。
屋外にあり直射日光が当たります。水は冷やすとしてもガラスは暑くなりそうで魚は大丈夫なんですかね。特殊なガラスで中は全く暑くならないのかな?

銀座ソニービルの上は取り壊されていましたが、地下は残っていて「WALKMAN IN THE PARK」という展覧会が開催されていました。

・地下への入口
Dsc_2074

地下に下りる階段の上には屋根はなく、排水溝っぽいものも見つけられませんでした。
雨が降った時に雨水が一斉に地下に流れたりしないものなのだろうか? と思いました。

・SONYのロゴ
Dsc_2080

・WALKMAN IN THE PARK
Dsc_2078 Dsc_2084
Dsc_2083 Dsc_2089

ウォークマン40周年との事です。
25年ぐらい前にカセットテープタイプのものを買った事がありました。
どんな感じのものだったかなぁ?
MDはカセットテープよりも先になくなりましたね。
今はこういう用途の役割はウォークマンからスマホに変わった感じですね。

銀座その他。

・銀座和光と有楽町マリオン
Dsc_2046_20190802235501 Dsc_2049

・有楽町駅の軒下
Dsc_2094

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング グルメ・クッキング - そば・うどん・パスタ グルメ・クッキング - ハンバーガー グルメ・クッキング - ラーメン グルメ・クッキング - 丼 グルメ・クッキング - 駅弁・弁当 ゲーム スポーツ ニュース パソコン・インターネット ファッション・アクセサリ 交通 - バス 交通 - 自動車 交通 - 航空機 交通 - 船 交通 - 街道 交通 - 鉄道 交通 - 鉄道 - JRその他 交通 - 鉄道 - JR九州 交通 - 鉄道 - JR北海道 交通 - 鉄道 - JR四国 交通 - 鉄道 - JR東日本 交通 - 鉄道 - JR東海 交通 - 鉄道 - JR西日本 交通 - 鉄道 - JR貨物 交通 - 鉄道 - その他 交通 - 鉄道 - イベント 交通 - 鉄道 - ケーブルカー 交通 - 鉄道 - モノレール 交通 - 鉄道 - ロープウェイ 交通 - 鉄道 - 廃線 交通 - 鉄道 - 海外 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 中国 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 九州・沖縄 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北海道 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北陸 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 四国 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東北 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東海 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 甲信越 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 近畿 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - その他 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京急 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京成 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京王 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 小田急 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東京メトロ 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東急 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東武 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 相鉄 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 西武 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 都営 住まい・インテリア 動物園・水族館 博物館・美術館 地域 - 中国 地域 - 九州・沖縄 地域 - 全国 地域 - 北海道 地域 - 北陸 地域 - 四国 地域 - 東北 地域 - 東海 地域 - 海外 地域 - 甲信越 地域 - 近畿 地域 - 関東 - その他 地域 - 関東 - 千葉県 地域 - 関東 - 埼玉県 地域 - 関東 - 東京都 地域 - 関東 - 栃木県 地域 - 関東 - 神奈川県 - その他 地域 - 関東 - 神奈川県 - 川崎市 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横浜市 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横須賀市 地域 - 関東 - 群馬県 地域 - 関東 - 茨城県 学問・資格 寺・神社・教会 心と体 心と体 - 痔 携帯・デジカメ 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 植物園・植物 経済・政治・国際 自衛隊・軍隊 芸能・アイドル 芸能・アイドル - ももいろクローバーZ 芸能・アイドル - 広末 芸能・アイドル - 有安 音楽 ~の旅(2006) ~の旅(2007) ~の旅(2008)