カテゴリー「地域 - 関東 - 東京都」の768件の記事

2018/06/03

ももいろクローバーZ結成10周年記念展

6月2日、松屋銀座の8階イベントスクエアで開催されている「~サイリウムが照らす未来~ ももいろクローバーZ 結成10周年記念展」に行きました。

・松屋銀座と記念展の入口
Dsc_2682 Dsc_2673

有料(大人100円)です。中は撮影禁止。

15時頃でしたが入場列ができていてびっくり。
でも10分待ちぐらいで入れました。
最初の所は国立博物館や国立科学博物館の人気特別展もびっくりの全然列が動かない状態でしたが、それ以外はまぁ普通に展示物を見られました。

メンバーごとのコーナーがメインで、歴代主要ライブの紹介、過去グッズの展示、初めての紅白歌合戦出場時の映像コーナー、国立競技場の映像コーナー、GOUNNの衣装、先日東京ドームで行われた10周年記念ライブの映像コーナー、グッズ販売 等がありました。

メンバーごとのコーナー、HPにメンバーの私物とありましたが、純粋な私物はあーりんだけだったように思います。
毎朝たいていの日は弁当2つ持っていくんですかね? と変態の私は思いました。

歴代主要ライブの紹介では、ステージの模型も展示されていました。

紅白歌合戦と国立競技場の映像は感動的でした。
国立競技場は2日目は見に行きました。聖火台に火が灯されていて「おぉっ」と思いました。国立競技場で聖火が見られたのは想い出。
新国立競技場でやる日は来るのかな? その日が5人ではなく4人なのはやや寂しいかな。

当然ながらメンバーごとのコーナーには1月で辞めた緑(有安)のコーナーはありません。
グッズ展示も色別のものは4色のみ。(5人が写っているグッズや写真は普通に展示されています)
有安がいたらメンバーごとのコーナーでは何が展示されていたのだろうなとふと考えました。
仮に今後有安杏果展が開催されることがあっても、ももクロ関連の展示はないだろうし。

会場はあまり広くはなく、展示物もそんなに多くはないですが、
楽しめました。

松屋銀座では、10周年記念とは別に、各所で2014年のももいろクリスマスで使用された人形が展示されていました。

・2014年のももいろクリスマスで使用された人形
Dsc_2675 Dsc_2677
Dsc_2678 Dsc_2681

正面から撮ると反射して自分が写ってしまうので斜めからです。

当然ながら有安の人形はありません。
補完用に探してきました。
Dsc_0566 Dsc_3338

左はタワーレコード渋谷店で展示されたもの、右はももクロ大冒険Ⅲで展示されていたもの。
ももクロ大冒険Ⅲの時に書いたブログを読み返していたら、今回の10周年記念展よりも充実していたかも。写真も撮影可でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/02

タワーレコード渋谷店「有安杏果 ココロノォト」発売記念メッセージノート

タワーレコード渋谷店
「有安杏果 ココロノセンリツ ~feel a heartbeat ~ vol.1.5 ココロノォト 発売記念メッセージノート」、
まだ置いてありました。

・発売記念メッセージノート
Dsc_3310 Dsc_3313

・1つ目のノートの最後のページ
Dsc_3312

3階のアイドルコーナーのスタダアイドルの所にありました。
もしかするとアイドルコーナーに置かれるのは本人的には嬉しくないのかもしれませんが仕方がありません。

永遠に置かれるわけではないと思われるので、渋谷に行く機会があったときにはぜひ。

→ 参照: ココロノセンリツ vol.1.5 ライブBlue-ray (2018/4/8作成)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HMV&BOOKS SHIBUYA「ももクロ渋谷フェスタ」

5月26日、渋谷のHMV&BOOKS SHIBUYAで開催されていた「ももクロ渋谷フェスタ」に寄ってきました。

衣装展4種類、VR体験、過去グッズ販売 等

・ベストアルバム宣伝看板
Dsc_2450

苗字があの娘が2人、名前があの娘も1人いました。

・衣装展
Dsc_2446 Dsc_2448
Dsc_3308 Dsc_3305

VR体験もしました。
あれは顔を左右に動かしたりしないと意味がないんですね。半分ぐらいの時間ずっと前を見ていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/31

ももいろクローバーZ「桃響導夢」 (2) DAY2

ももクロ10周年を記念した「ももいろクローバーZ 10th Anniversary The Diamond Four - in 桃響導夢 -」、
5月23日の2日目のタイトルは「TDFの覚悟」でした。
事前にチケットを買っていました。

客先での打ち合わせ後直帰?で東京ドームに向かう予定だったのですが、打ち合わせが長引いて遅刻しました。
18:30開演の所18:35頃到着。
席がアリーナの正面近くの前から10列目ぐらい、今まで一番の良席でした。
オープニング映像が流れている中、係員の誘導により席に着きました。
着いたとほぼ同時にovertuneが始まり、準備中という事にしてovertuneの新コールを言わずに済みました。
ステージでの火の演出で熱風が思いっきりきて暑いので止めてほしい。
周りを見回すとサラリーマン姿なのは自分ぐらいしかいなかったし場違い感も感じで、なんだかもう帰りたい気分で最初の方は儀式のようにペンライトを振っていました。

で、いつの間にやら気が付いたらそんなことはすっかり忘れてのっていました。

「Z伝説」
昨日は遅刻して見られなかったので、この日初めて見る事になりました。
単に緑の部分が「おっ」に変わったというわけではなく、歌詞やメロディーも一部変わっていました。別の歌だと思いました。
メロディーは今までと同じメロディーから急に違うメロディーに変わったりして、頭では元のメロディーが予告していてそれと違うメロディーが流れてくる事によりややストレスを感じました。

前日に引き続きバンドあり同じメンバーで、古くからももクロに関わっているメンバーばかりででした。
最初のお着換えタイムの時は、バンドメンバーだけでのももクロ曲の演奏がありました。
10列目ぐらいだったので、左側ブースの浜崎賢太さん、佐藤大剛さん、西川進さんの演奏はよく見えました。
バンドメンバーの演奏姿をじっくり見る事は普段はないので、プロの演奏はこんな感じなんだなと感心しながら見ていました。
浜崎さん大剛さんは長い譜面台を使用しているのですが、西川さんは小さい譜面台を使用しているんですね。

着替えて出できた短パン姿が眩しい。

「ゴリラパンチ」
有安メイン曲だったこの曲、やるんですね。
有安パートはあーりん担当で、正直全然だなぁと思ったのですが、
有安のように歌う必要はないし、今後あーりん色に染めていけばよいのではないかと思います。

「労働賛歌」
自分は今日労働してきたのに、そういう煽りがなかったのは残念。

おなじみ松崎しげるさんが登場。
松崎しげるさんが出てくる安心感。
今回の発表は9月末~10月初に2週間ぐらい、ミュージカルをするという事でした。

本編終了後アンコール。
最後から2曲目は前日と同じ「クローバーとダイヤモンド」、
最後の曲は予想通り「あの空へ向かって」でした。
1月21日の新しい青空へ(有安最後のライブ)で聴いた残り4人での「あの空へ向かって」とは違って、素直な気分で聴けました。

今回は、BGMのようなものを除くと全曲バンド演奏だったのかな?

しおりんの挨拶、
> メンバーが変わるとかいろいろなことがあったけど、
> 何かが欠けていたら今のももクロはないと思います。
> だからここに至るまでは必然~

そうです。
今までの歴史があったからこそ今のももクロなんだと思います。
あの娘がいたことを否定しないで嬉しかったです。

夏菜子の挨拶、
> 4人になるってわかったとき、本当に真っ暗になっちゃって、
> 正直どうやって進んでいったらいいのかわからなくなってしまいそうな自分がいました

え、そうだったの!と。
自分が想像していたよりもはるかに有安の抜けた穴は大きかったんですかね。

だからTDF (The Diamond Four 或いは Team Diamond Four) とか言い出す必然があったのかな、他の人のTwitterなんかも見てそう思いました。
自分の見識の甘さや視野の狭さも感じました。
大嫌いだったTDFという言葉、もうTDFでいいやと思いました。

これからもももいろクローバーZを応援していこうと思います。

・2日目の東京ドーム
Dsc_3266

・降ってきた折り紙
Dsc_3268 Dsc_3349

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/30

ももいろクローバーZ「桃響導夢」 (1) DAY1

ももいろクローバーZが2018年5月17日に結成10周年を迎えました。

10年前の5月17日に川崎アゼリア(川崎駅前の地下街)で初披露されたとの事で、この日を結成日としているそうです。(なので本当の所の10周年はそれより前かと思います。)

10周年当日に川崎アゼリアに寄ってみました。
川崎アゼリアは何年か前に大規模改装しているので当時とは違うかと。

・川崎アゼリア
Dsc_3240 Dsc_3238

その10周年を記念したライブ「ももいろクローバーZ 10th Anniversary The Diamond Four - in 桃響導夢-」が東京ドームで5月22日と23日にありました。
5月22日は追加公演でした。

あれ? いまさら気づきましたがこういうタイトルだったんですね。
「The Diamond Four」(TDF) って言い方が正直大嫌い(でした)。
今年の1月まで5人だったし、それより前も何人か在籍者がいたし、それがあっての10周年だと思います。まるで最初から4人しかいなかったような、あるいは過去の在籍者を否定するようなフレーズ。
そして、残った4人(や事務所)も、1月に辞めた有安も、互いに相手のことを触れない、
心苦しい日々でした。(←大袈裟です)
5月22日のチケットはありませんが、5月23日の方は事前に応募して当選してしまっており、行くのが憂鬱になっていました。

そんな感じでももクロから心が離れつつあったのですが、
「クローバーとダイヤモンド」のMVや、5月19日の新宿の街頭ビジョンでの放映(本人達も登場)の生配信を見て、だいぶ心が復活して、5月23日が寧ろ楽しみになってきたり、
よく分からない心情です。

5月23日の方は売り切れでしたが、5月22日の方は席が余っていて当日券があるとか。
5月22日に行く気は全くなく、仕事を定時(18時)で終わっても開演時間の18:30には間に合わないのですが、
前日の夜になぜか
 「当日券があるなら行ってみようか?」
と心が揺らぎました。
心が揺らいだ時点でもう決まったようなもので、
当日仕事で行けなくなるような事態が起こらないように祈りつつ、
幸いにそのような事態は起こらず、
18時の定時で仕事を終えて東京ドームに向かいました。
社にいる時で定時に帰ったのは今年初めてかな? 皆の「どうしたの?」って感じの視線を受けました。

東京ドームに着いたら会場から「Z伝説」が聞こえてきて、「えー」と悲しい感覚になりました。ついにZ伝説やったのか...

当日券売り場に並びます。列の進みは悪いです。
自分の15人ぐらい前だったかに用意していた当日券がなくなったようで、
「席を作るのでしばらく待ってください」との事。
作る???

それなりに待った後、代金(9800円)と引き換えに受け取ったチケットが席番も何も書かれていないこれでした。

・当日券
Dsc_3264

まとめて席に案内しますので並んでくださいとの事で、
案内されたところが1階スタンド正面近くの後ろから1番目と2番目の言ってみれば自由席、ステージはばっちり見えて比較的良席でした。
開演から30分以上経っていました。

客席を見渡すと緑のペンライトが結構いました。
1月21日の有安が去って以来、緑のペンライト(や衣装)は封印しようと心に決めていたのですが、片方は緑にしてしまいました。

DAY1は「10年丸わかりDay ~120曲を1日で聴かせます~」との事でメドレー中心でした。
入ったときにはバンドが居なくて「やっぱりバンドを使うのは辞めるのか」とがっかりしたのですが、後から出てきて、それも旧来からのメンバーばかりのバンドで安心しました。

床が透明な舞台があり、アリーナ客席を客の上を前後に動いています。
そんなに広い舞台ではなく、柵もなければ黄色い白線もなくて、あそこで踊るのは怖いなと思いました。

舞台上の階段の左から3番目の下の方が、MCの時などに緑色のライトで照らせれていてました。自分の席から見るとれにちゃんの右隣に緑の階段。
あぁ (涙)
1月21日の卒業ライブの時にあの娘が「私も一緒に10周年を迎えられると思っていた」と話しいましたが、一緒に迎えられたという事になるのかな? そう解釈する事にします。
 → でも、緑で照らされていた階段、ネットで見ると全然話題になっていないんですよね。幻視だったのかなぁ?~

本編が終わり、アンコール、
 クローバーとダイヤモンド → 怪盗少女
の流れが感動的でした。

「120曲を1日で聴かせます」という事でしたが、実際にやったは80曲ぐらいだったのかな。
開演前に流れていたのも含めて120曲?
そこは忖度してくれとの事。
忖度という言葉を覚えましたね。

来て良かったです。
翌日(5月23日)は開演前に余裕で席に着けるはず。翌日が楽しみです。

・東京ドーム
Dsc_3265

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/12

目黒川の桜2018

今年はさっと咲いてさっと散りました。

・3月24日
Dsc_3018 Dsc_3021

・3月27日
Dsc_3028 Dsc_3029

・3月30日
Dsc_3050 Dsc_3051

・4月2日
Dsc_3085 Dsc_3086

→ 参考: 目黒川の桜2017

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/08

ココロノセンリツ vol.1.5 ライブBlue-ray

宿題やりまぁ~す。

3月28日に有安杏果さんの「ココロノセンリツ vol.1.5」のライブBlue-rayとDVDが発売されました。
ももクロを卒業されてお蔵入りになってしまうのかなと思っていたのですが発売されてよかったです。
元となる公演(10月20日の武道館)は、仕事を有給休暇で休んで行きました。
→ 参考: ココロノセンリツ vol.1.5 (2017/10/29作成)

発売日当日。
なにやら前日にTSUTAYA渋谷店を訪れて痕跡を残してきたようなので見に行ってきました。

・TSUTAYA渋谷店
Dsc_3035 Dsc_3034

別の店で予約していたのでここでは買わず。すみません。

・タワーレコード渋谷店
Dsc_3037 Dsc_3038

ここで買いました。
メッセージノートが置いてありました。
ぱらぱらっとめくってみたら、1ページ丸ごと使ってメッセージを書いている人もいたり。
書かれてた最後のページもそんな感じで、同じページの続きに書くのは忍びなく感じて、次のページに特にこれといって書くことが思いつかず自分でも驚くほどの下手な字で1行だけ書いてみました。
後日、本人がこれを見に来たようです。

という事でライブBlue-ray。

まず思ったのは、
「これを当日生で見られて、この場にいられて幸せだった」です。
運命だとか奇跡だとかそこまでは思いません。
ステージ後ろではない注目されていないステージ横2階のちゅうちゃん席でしたが、
仕事を休んで行ってよかったです。
途中マイクなしで歌う所もありましたが、Blure-rayだと結局はマイクを通した音になるわけで、生で聴いたものとはだいぶ違いました。生で見るには敵いません。

客席を写した所が結構収録されていて、こういうのには映りたくない派なのですが、せっかくなので映っていないかなと探したのですが見つけられませんでした。

アンコールでは、教育、そして逆再生メドレー。
逆再生メドレーの中の「feel a hearbeat」の中の煽りの謎の「3階!」(武道館に3階はない)もそのまま収録されていました。ない階だけあって答えている人少ないです。

アンコールの最後は「Another story」でした。
「Another story」は、Disk2に収録されていたvol.1の大阪のものと、vol.1.5の武道館のもので意味合いが違うように感じました。
大阪では盛り上げ曲、武道館ではそうではない。
たぶん武道館の頃にはももクロを卒業することを少なくとも自分の中では決めていたわけで、最後に持ってきたのは理由があったのかなと。

ダブルアンコールもあり、客と一緒の有安アコースティックギターだけでの「feel a hearbeat」。
Disk2のメイキングで映っていた予定表に載っていたので予定調和だったようです。
ああやって一緒に歌ったのは良い想い出です。
そういえばクレジットに自分が載っていました。
Dsc_3048

会場では「総合プロデュース:有安杏果」って出ましたが、Blue-rayのクレジットにはないですね。

このBlue-rayの良くなかったところ、
・ 開演前のぱんぱいタイムがない (これは著作権料の問題もありしょうがないかな)
・ 本編終了後のアンコール待ち「ももかコール」がなく、アンコールまでの余韻を待つことなく始まってしまう。

おまけの銀テープ、実際のものより小さいなぁと思いましたがパッケージに入れるにはあのサイズに縮小するしかないですね。
銀テープは本物を持っていて、当日会場れは受け取れなかったのですが、翌日に同じ場所であったももクロの「Over 40祭り」で隣の席だった人から貰いました。こういう事ってあるもんだなぁと思って。

最後に、
Blure-rayでは物足りない。
もう一度有安さんの歌声をもう一度生で聴きたいと思いました。

---

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/07

京急の旧羽田空港駅

・穴守稲荷駅の東側
Dsc_1065

穴守稲荷駅の先から京急空港線は地下となり、羽田空港国内線ターミナル駅まで続きます。
かつては地上で旧羽田空港駅まで続いていました。
この写真の反対側を見るといかにも線路跡といった空間があり、駐車場になっていました。
※ その写真を撮っていないという...

旧羽田空港駅までそんなに遠くはなさそうなので、近くの道路を通って行ってみました。

・その先の旧線路の踏切があったと思われる所から見た西側と東側
Dsc_1066 Dsc_1067

さらに先に進みます。
海老取川に突き当たる所、このあたりが旧羽田空港駅と思われました。

・旧羽田空港駅跡と思われる所
Dsc_1071

ここに駅があった頃を見てみたかったです。
羽田空港駅と名乗っていましたが、実際にはここから空港の旧ターミナルまで距離がありました。空港客の利用はほとんどなく、空港までのバスがマイクロバスで細々と運行されたりしていたようです。

・天空橋
Dsc_1069 Dsc_1073

海老取川に架かる橋です。この橋を渡った先に天空橋駅があります。
天空橋駅の由来はこの天空橋のようです。
なんだかかつてここに鉄道が走っていたかのようなタイプの橋ですが、そういうわけではないようです。

・天空橋から見た北側と南側
Dsc_1074 Dsc_1072

橋を渡って天空橋駅へ。
ここから電車に乗って帰りました。

・天空橋駅
Dsc_1077

| | コメント (0) | トラックバック (0)

穴守稲荷駅と穴守稲荷神社

その後、穴守稲荷神社にまだ行ったことがなかったので行ってみました。

・穴守稲荷駅
Dsc_1044
Dsc_1045 Dsc_1046

駅の入口に鳥居がありました。
駅から出るほうが前になっています。

歩いて5分ぐらいで穴守稲荷神社に到着。

・南側の入口の鳥居
Dsc_1051

・狐塚
Dsc_1052

・拝殿前の鳥居と拝殿
Dsc_1053 Dsc_1055

この奥に本殿があるようです。

・奥の宮前の鳥居と奥の宮
Dsc_1056 Dsc_1057

・神楽殿
Dsc_1059

・東側の入口の鳥居と西側の入口の鳥居
Dsc_1058 Dsc_1063

南側、東側、西側に入口と鳥居があります。
南側から入ってきましたが、どうやら西側の入口がメインのようでちょっとした参道もありました。

駅名にもなっているし、大晦日から元旦にかけてここまで終夜運転を行っているので大きな神社なのかなと思っていたのですが、それほど大きくありませんでした。
初詣時期は身動きが取れないぐらい混雑するのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京急蒲田駅 (2018年4月)

先日大鳥居駅に行った時に、京急蒲田駅で久しぶりに下車してみました。

2015年2月以来のようです。
車窓やその他の情報から、駅前広場や高架下にショッピング街(ウィングキッチン京急蒲田)ができたのは知っていたのですが、できてから降りたことがありませんでした。
 → 参考: 京急蒲田駅 (2015年2月) (2015/2/5作成)

・西口
Dsc_1003 Dsc_1022
Dsc_1019

バス乗り場がありますがJR蒲田駅行しかありませんでした。ここから乗る人はあまりいなさそう。

・東口
Dsc_1005 Dsc_1018
Dsc_1011 Dsc_1015

こちらのバス乗り場は羽田空港行、東糀谷六丁目行、森ケ崎行 等。
バスを待っている客は1人ぐらいで、タクシープールや乗り場もありますがタクシーが来る気配がなく、なんだか寂しい雰囲気でした。
旧ホームがあった所がすっぽり空いていましたが、このままなのか或いはビルでも建てるのか?

・東口前の第一京浜(国道15号線) 横浜方面
Dsc_1016

迫力があります。昔はこのトンネルもありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | グルメ・クッキング - そば・うどん・パスタ | グルメ・クッキング - ハンバーガー | グルメ・クッキング - ラーメン | グルメ・クッキング - 丼 | グルメ・クッキング - 駅弁・弁当 | ゲーム | スポーツ | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | 交通 - バス | 交通 - 自動車 | 交通 - 航空機 | 交通 - 船 | 交通 - 街道 | 交通 - 鉄道 | 交通 - 鉄道 - JRその他 | 交通 - 鉄道 - JR九州 | 交通 - 鉄道 - JR北海道 | 交通 - 鉄道 - JR四国 | 交通 - 鉄道 - JR東日本 | 交通 - 鉄道 - JR東海 | 交通 - 鉄道 - JR西日本 | 交通 - 鉄道 - JR貨物 | 交通 - 鉄道 - その他 | 交通 - 鉄道 - イベント | 交通 - 鉄道 - ケーブルカー | 交通 - 鉄道 - モノレール | 交通 - 鉄道 - ロープウェイ | 交通 - 鉄道 - 廃線 | 交通 - 鉄道 - 海外 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 中国 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 九州・沖縄 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北海道 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 北陸 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 四国 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東北 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 東海 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 甲信越 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 近畿 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - その他 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京急 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京成 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 京王 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 小田急 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東京メトロ | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東急 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 東武 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 相鉄 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 西武 | 交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 関東 - 都営 | 住まい・インテリア | 動物園・水族館 | 博物館・美術館 | 地域 - 中国 | 地域 - 九州・沖縄 | 地域 - 全国 | 地域 - 北海道 | 地域 - 北陸 | 地域 - 四国 | 地域 - 東北 | 地域 - 東海 | 地域 - 海外 | 地域 - 甲信越 | 地域 - 近畿 | 地域 - 関東 - その他 | 地域 - 関東 - 千葉県 | 地域 - 関東 - 埼玉県 | 地域 - 関東 - 東京都 | 地域 - 関東 - 栃木県 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - その他 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - 川崎市 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横浜市 | 地域 - 関東 - 神奈川県 - 横須賀市 | 地域 - 関東 - 群馬県 | 地域 - 関東 - 茨城県 | 学問・資格 | 寺・神社・教会 | 心と体 | 心と体 - 痔 | 携帯・デジカメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 経済・政治・国際 | 自衛隊・軍隊 | 芸能・アイドル | 芸能・アイドル - ももいろクローバーZ | 芸能・アイドル - 広末 | 音楽 | ~の旅(2006) | ~の旅(2007) | ~の旅(2008)