« 富岡製糸場 (2) 旧韮塚製糸場 | トップページ | 富岡製糸場 (4) 富岡製糸場 後編 »

2023/10/14

富岡製糸場 (3) 富岡製糸場 前編

いよいよ富岡製糸場に入場します。

・入口
Dsc_0126_20231013001801 Dsc_0129_20231013001801 
Dsc_0130_20231013001801

入口の前の建物は東置繭所、繭を貯蔵していた建物です。現在は1階部分が富岡製糸場に関する展示施設になっています。

・東置繭所
Dsc_0134_20231013002701 Dsc_0139_20231013002701 
Dsc_0145_20231013002701 Dsc_0149_20231013002701

・社宅
Dsc_0148_20231013003201 Dsc_0160_20231013003201 
Dsc_0150_20231013003201 Dsc_0152_20231013003201

位の高い人向けの一戸建で、別の場所に一般社員向けの集合住宅もありました。

・ブリュナエンジン(復元機) 動態展示
Dsc_0164_20231013004401 Dsc_0167_20231013004401

蒸気で動きます。

・西置繭所
Dsc_0169_20231013004901 Dsc_0170_20231013004901

展示施設になっていますが、東置繭所の展示と内容がダブっているように思いました。

富岡製糸場は1872年(明治5年)に官営で操業、官営だったのは最初の方だけだったようで1891年に民間に払い下げられ三井系 → 横浜の三渓園でおなじみの原三渓氏率いる原合名会社 → 片倉工業 と推移し、1987年まで操業していたそうです。
労働環境の推移の展示もあり、官営時代は緩やな高待遇の勤務体系だったようですが、民間への払い下げ後時に三井系の時代は1日12時間労働で休みは日曜日のみとかブラック企業な勤務体系だった時期もあったようです。
建物は創業時から変わっていませんが、中の製造施設は技術の発展に合わせて随時変えていたようです。最初の方は女性従業員がずらりと並んでな感じだったようですが、最後は機械の監視がメインの仕事のような感じに見えました。

・西置繭所の2階
Dsc_0175_20231014010201 Dsc_0183_20231014010201 
Dsc_0187_20231014010201 Dsc_0188_20231014010201

・鉄水溜
Dsc_0181_20231014011401 Dsc_0194_20231014011401

ちょっと忘れてしまいましたが鉄製の大きな水槽は当時珍しかったそうです。

・乾燥場
Dsc_0171_20231014012001

工事中で入れませんでした。

| |

« 富岡製糸場 (2) 旧韮塚製糸場 | トップページ | 富岡製糸場 (4) 富岡製糸場 後編 »

お出かけ - 博物館・美術館」カテゴリの記事

地域 - 関東 - 群馬県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 富岡製糸場 (2) 旧韮塚製糸場 | トップページ | 富岡製糸場 (4) 富岡製糸場 後編 »