« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »

2023年9月の5件の記事

2023/09/27

東京都庁

・新宿駅西口
Dsc_0959_20230923232201

新宿の小田急百貨店は閉店して解体中なんですね。

・モード学園コクーンタワーや隙間から見えた東京都庁
Dsc_0961_20230923232201 Dsc_0962_20230923232201

というわけで、SOMPO美術館での山下清展を見たあと、東京都庁に久々に行ってみました。

・LOVE
Dsc_0986_20230923232801

歩いていたらインスタ?なんかでたまに見かけていたオブジェが突然現れれてびっくり。こんなところにあったんですね。東京アイランドタワー前です。

・新宿住友ビル
Dsc_0990_20230923234101 Dsc_0995_20230923234101

右は三角広場、ちょっとしたライブイベントをするのに良さげなスペースでした。

・ビル
Dsc_0998_20230923235601 Dsc_0005_20230923235601

・新宿住友ビルと東京都議会議事堂の間から見た都庁第一本庁舎
Dsc_0001_20230924000201

・東京都議会議事堂
Dsc_0006_20230927010001

近道ですし東京都議会議事堂の中を通り抜けたい気持ちでしたが閉まってました。

・都庁第一本庁舎
Dsc_0010_20230924000901 Dsc_0012_20230924000901

おおっ! でんって感じです。

・都庁第二本庁舎
Dsc_0013_20230924000901

第一庁舎に入ります。
東京都庁に入るのは15年ぶりのようです。
1990年に完成したようでもう30年以上経っているんですね。

展望台へ。

・北展望台の案内
Dsc_0014_20230924001401

北展望台は現在コロナワクチンの接種会場になっていました。接種する人以外は入れません。

・南展望台への入口
Dsc_0015_20230924001901

手荷物検査がありました。
エレベーターに乗って展望室へ。

・展望室内
Dsc_0018_20230924002701 Dsc_0036_20230924002701

もっと広かったような記憶がありました。
これがあの都庁のおもいでピアノか!ピアノは16時まででもう営業を終了していました。利用の説明を見ると「営利目的での演奏及びその撮影はできません。」とありました。という事はYoutubeへの投稿は禁止?🤔

以下展望台からの風景です。

・新宿
Dsc_0016_20230927000401 Dsc_0029_20230927000401 
Dsc_0028_20230927001001 Dsc_0031_20230927000401

・東京スカイツリー
Dsc_0023_20230927001301

・代々木公園、国立競技場
Dsc_0032_20230927001601 Dsc_0040_20230927001601

代々木公園結構大きい。ここだけ緑の固まりです。

・都庁第二庁舎、新宿パークタワー
Dsc_0044_20230927003301 Dsc_0046_20230927002001

・首都高速
Dsc_0049_20230927002501 Dsc_0050_20230927002501

・西方向
Dsc_0048_20230927002001 Dsc_0051_20230927003501

・セントラルパークタワー
Dsc_0058_20230927003801

入居者の好みでブラインドを上げたり下げたりしているだけだと思いますが、何だか絵になっている風景でした。

・北棟
Dsc_0057_20230927004001

展望室より上の部分、窓の部分はハリボテな感じですが、あの円柱の中はどうなっているのかな?

東京タワーはよくわかりませんでした。

そんなわけで終了です。

・第一庁舎の案内図
Dsc_0065_20230927004501

| | | コメント (0)

2023/09/23

SOMPO美術館「生誕100年 山下清展」

7月8日、東京新宿にあるSOMPO美術館で開催されていた「生誕100年 山下清展 -百年目の大回想」に行きました。

・SOMPO美術館
Dsc_0965_20230919234301 Dsc_0969_20230923182401 
Dsc_0970_20230923182401 Dsc_0972_20230923182401

SOMPO美術館は損保ジャパンの関連財団が運営する美術館で、損保ジャパン本社ビルの前にあります。
行った当時はビッグモーターとそれにまつわる損保ジャパン騒動が始まるまででした。(ビックモーターの問題はその頃でも一部では言われていました)

入場します。
3階から5階が展示室になっています。(2階はミュージアムショップ)

・エレベーター前
Dsc_0974_20230923183501 Dsc_0975_20230923183501

企画展は撮影禁止です。

山下清氏については裸の大将もほぼ見ておらず、弥生軒で一時期働いていた事ぐらいしか知りませんでした。
1922年(大正11年)生まれで、3歳の時の病気の後遺症で軽い言語障害・知的障害だったとの事。
最初は普通の学校に行っていたようですが、その後知的障害者施設の八幡学園に入園し、そこでのちぎり紙細工の実習?で才能が開花したようです。
18歳の時に初めて学園を脱出して裸の大将の題材になっているような放浪生活がはじまったとの事。戻って来たりまだ脱出したりを15年繰り返したそうです。
裸の大将のドラマでは旅先で絵を書いた事になっているようですが、実際には旅先ではほとんど絵を書いておらず、戻ってきてから記憶を頼りに描いたとの事。記憶する能力がすごかったようです。
放浪の時の日記では「夕食をもらいに行きました」とあり、買いに行きましたの事を指しているのかなと思いましたが、本当に無料でいただけないか交渉に行ってたんですかね、自分からするとなかなか勇気がいるように思います。

初期は貼絵がメインだったようで、ぱっと見ではわからなかったが眼鏡を外して近寄って見ると確かに細かく紙が貼ってあってでこぼこしてます。😯
これは根気がいりそうです。
古い切手をちぎって貼ってある作品もあって切手代がもったいないなとか思いました。

その他ペン画などもありました。

ヨーロッパ旅行の絵、
東海道五十三次の作品もありました。

若くして49歳の時に脳出血により亡くなったそうです。
もっと生きていたら、さらにいろんな作品を残せていたのかな。

山下清展、結構よかったです。

最後に山下清展とは無関係のSOPMO美術館所有作品の展示があり、これは撮影可でした。
ゴッホの「ひまわり」も。

・東郷青児「望郷」、グランマ・モーゼス「さあ、ボートに乗りに行こう」
Dsc_0978_20230923194401 Dsc_0980_20230923194401

・ゴッホ「ひまわり」
Dsc_0981_20230923194701

| | | コメント (0)

2023/09/13

中村川 (2) 後編

続きです。

・三吉橋とその付近
Dsc_0866_20230906001801 
Dsc_0867_20230906001801 Dsc_0868_20230906001801

三吉演芸場、そして石鹸工場発祥の地跡の万世子供の遊び場です。

進みます。

・中村川
Dsc_0870_20230906004001 Dsc_0872_20230906004001
Dsc_0876_20230906004001 Dsc_0878_20230906004001

2番目の写真、高速道路での非常時はあのぐるぐる階段を下りないといけないのかと想像すると怖いです。
3番目の写真、カーブが美しい。太陽の位置の関係なのか反射した河面のカーブの方が先に曲がっています。

・亀の橋から見た首都高速と石川町駅
Dsc_0889_20230906005001 Dsc_0892_20230906005001

・石川町駅前歩道橋の北側から見た石川町駅
Dsc_0896_20230906011901 Dsc_0895_20230906011901

・西之橋
Dsc_0905_20230906012601

・ロープを留め置く所(ビット)
Dsc_0910_20230910212601

このあたりまで船が入ってくる事もあるのかな?

・その先
Dsc_0914_20230913225401

・中華街入口(朱雀門)
Dsc_0916_20230913225401

中華街は20年ぐらい入った事がないです。

・元町・中華街駅あたり
Dsc_0918_20230913230001 Dsc_0920_20230913230001 
Dsc_0922_20230913230001

・元町・中華街駅の東の高い橋から
Dsc_0925_20230913231001 Dsc_0926_20230913231001

・山下橋から見た横浜マリンタワー等
Dsc_0929_20230913231301 Dsc_0931_20230913231501

さらに下流へ。

・重機とガンダム
Dsc_0935_20230913232201 Dsc_0936_20230913232201

・河口
Dsc_0934_20230913233201 Dsc_0939_20230913233101 
Dsc_0941_20230913233101 Dsc_0946_20230913233101

「すき!」は自分で書いたわけではないです。

・河口付近の草むら
Dsc_0947_20230913233501

もしかするとこういう草むらにヒアリとか潜んていたりするのかなと、恐怖を感じました。

(完)

| | | コメント (0)

2023/09/04

中村川 (1) 前編

6月24日、横浜市を流れる中村川のそばを上流から下流まで歩いてみました。

中村川は蒔田公園のところで大岡川から分離し、東京湾に流れる川です。
大岡川が埋め立てられた吉田新田の北側に対して、中村川は南側な感じです。

まずは京急の南太田駅で下車。

・南太田駅
Dsc_0796_20230903215201

近くのDonDon商店街も含めて、昔(25年前とか)はもっと賑わっていた記憶があります。

・南太田駅から歩いた分岐点
Dsc_0798_20230903220001

・大岡川と中村川の分岐点
Dsc_0799_20230903220301 Dsc_0804_20230903220301

どちらに流れるのか量を調整するわけではないのかな?

・鎌倉街道を跨ぐ吉野橋
Dsc_0805_20230903220901 Dsc_0810_20230903220901

・吉野橋から見た下流
Dsc_0809_20230903221901

昼食はちょっと逸れて旭川ラーメン「ぺーぱん」で「醤油ラーメン」(850円)を食べました。

・ぺーぱん
Dsc_7329 Dsc_7330_20230903222701

昔から有名な(有名だった)店ですが始めてきました。
なるほど美味しい。

戻ります。

・神7
Dsc_7332

・堀割川との分岐点
Dsc_0821_20230903233601 Dsc_0830_20230903233601 
Dsc_0833_20230903233601 Dsc_0837_20230903233601

堀割川も人工的に作った川で根岸の方に流れます。

・堀割川と交わるところの向こう側
Dsc_0840_20230904224001

首都高速の阪東橋出入口に向かう道。
ここは昔は運河で今の横浜大通り公園のところにあった運河に繋がっていたようです。

・川のほとりの市大附属市民総合医療センター
Dsc_0841_20230904230001

何回か来たことがあります。

・浦舟水道橋
Dsc_0847_20230904230701 Dsc_0858_20230904230701 
Dsc_0852_20230904230701 Dsc_0863_20230904230701

赤い橋。
現存する道路橋としては日本最古のピン結合のプラットトラス橋だそうです。

・神奈川県埋蔵文化財センター
Dsc_0850_20230904231401

浦舟水道橋の南側にあります。
古い建物。
今は使われてなさそうで、奥にやや現代風の建物もありそちらがメインのようでした。

浦舟水道橋の北側には南区役所があります。
ここでしばしトイレ休憩です。💩

| | | コメント (0)

2023/09/02

流山 (6) 流鉄 幸谷駅・小金城趾駅・馬橋駅

流鉄のフリー切符買ったにも関わらず片道しか乗ってないし、もう少し乗りましょう。

武蔵野線の新松戸駅で下車。

・新松戸駅
Dsc_0753_20230901002001

新松戸駅の近くに流鉄の幸谷駅があります。
すぐ前ではないがそれほど遠くはない。

・幸谷駅前の踏切
Dsc_0755 Dsc_0756_20230901003001 
Dsc_0758_20230901003001

駅の向こう側は川で、向こう側には橋はなくこの踏切を渡らないと駅に行けなさそうでした。

・幸谷駅の駅舎と改札口
Dsc_7304 Dsc_0764_20230901003601

・幸谷駅のホーム
Dsc_7305_20230901004401 Dsc_0765_20230901004401

「若葉」がやってきました。
次の小金城趾駅まで乗車しました。
この駅では列車のすれ違いがあります。

・小金城趾駅のホーム
Dsc_0766_20230901005201 Dsc_0767_20230901005201 
Dsc_0768_20230901005201

・小金城趾駅の駅名標と駅舎
Dsc_0772_20230901005501 Dsc_0774_20230901005501

駅入り口の駅名表記は立て看板のみな感じ。
以前は隣接して県営住宅があり駅と一体化していたようです。

小金城趾に行こうかと思っていましたが、もう陽が暮れてきており行かずに次の列車で引き返しました。

・小金城趾のホーム
Dsc_0776_20230901010301 Dsc_0778_20230901010301

・若葉の車内のつり革
Dsc_0780_20230901010601

つり革も緑でした。

馬橋駅に到着。

・馬橋駅
Dsc_0781_20230902192401 Dsc_0785_20230902192401 
Dsc_0788_20230902192401 Dsc_0786_20230902192401 
Dsc_0790_20230902192401

流鉄はPASMO等ICカードは未対応で自動改札機もありません。(自動券売機はあり)
全駅有人駅のようですが、コロナ対策もあるのか改札口にいなかったりしてました。

(完)

| | | コメント (0)

« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »