« みなとみらいのロープウェイ建設工事 | トップページ | 横浜トリエンナーレ2020 (2) プロット48 »

2020/08/31

横浜トリエンナーレ2020 (1) 横浜美術館

8月15日、「横浜トリエンナーレ」(ヨコハマトリエンナーレ) に行きました。

3年に一度開催される現代美術の展覧会、
今年はコロナの関係でどうなるのかなと思っていたのですが、
いつの間にやら始まっていました。

今年は横浜美術館をメインに、プロット48と一部は日本郵船歴史博物館で開催。
横浜美術館では日時指定の事前予約制で予めネットで予約・購入する必要があります。入場時は、購入時にメールで送られてくるURLをスマホで開いて見せるか、自分で印刷してそれを見せることになります。
プロット48は時間は問わないが横浜美術館の予約をした日のみ入場可、
日本郵船歴史博物館はチケット掲示で後日でも入場可です。

・横浜美術館
Dsc_8622_20200830200901 Dsc_8625

中に入ります。
検温がありました。

・ニック・ケイブ氏の作品「光の中の怖いもの」
Dsc_8627 Dsc_8662

きらきらキラキラ。

・竹村京氏の作品
Dsc_8630

・ロバート・アンドリュー氏の作品
Dsc_8632_20200831225301

水が噴き出して塗料を洗い流して文字が出てくるという事のようです。

・岩井優氏の作品
Dsc_8641

・金氏徹平氏の作品
Dsc_8643

・キム・ユンチェル氏の作品
Dsc_8644

・エリアス・シメ氏の作品
Dsc_8645 
Dsc_8647 Dsc_8648

半導体素子の廃材を使った作品です。
3枚目の写真は2枚目の写真をズームしたものです。
これはなかなか良いなと思いました。

・エヴァ・ファブレガス氏の作品
Dsc_8651_20200831230401

・タウス・マハチェヴァ氏の作品
Dsc_8652

・インゲラ・イルマン氏の作品
Dsc_8653_20200831231201

・ツェリン・ツェルバ氏の作品
Dsc_8658

・オスカー・サンティラン氏の作品
Dsc_8660_20200831231201

・佐藤雅晴氏の作品
Dsc_8661_20200831231201

コンセントです。

・青野文昭氏の作品
Dsc_8665_20200831231901 Dsc_8664

・メイク・オア・ブレイク氏の作品
Dsc_8667_20200831232401

アートギャラリー2での開催。見落とさないようにしましょう。
横浜にある3つの橋(打越橋、水道橋、フランス橋) の鉄でできた模型です。
入口で横浜港の海水が入ったスプレーを受け取るので橋に1吹きしてくださいとの事。鉄が錆びていく様子を表現する芸術だそうです。
決して橋以外のところには吹かないようにとの事でした。

・ジャン・シュウ・ジャン氏の作品
Dsc_8669 Dsc_8670

旧レストランでの開催。会場マップを見なければ気づかなかったと思います。
映像作品です。係員から奥に作品で使ったものが展示されているのでいかがですかとお誘いがありました。1組ずつの入れ替えのようです。
中に入ると旧調理室にカニ等。
作品がどうのこうのというよりも調理室にこういうのが置かれているのが何ともシュールで、昔かここでコックさんが料理を作っていたんだなぁとしみじみと思いました。
ちなみにここで食べたことはないです。

|

« みなとみらいのロープウェイ建設工事 | トップページ | 横浜トリエンナーレ2020 (2) プロット48 »

お出かけ - 博物館・美術館」カテゴリの記事

地域 - 関東 - 神奈川県 - 横浜市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« みなとみらいのロープウェイ建設工事 | トップページ | 横浜トリエンナーレ2020 (2) プロット48 »