« 北海道2020 (5) サッポロビール博物館 | トップページ | 北海道2020 (7) 札沼線 石狩月形まで »

2020/05/08

北海道2020 (6) 札沼線 石狩当別まで

2月23日、いよいよ札沼線に乗車します。
初乗車です。

北海道医療大学~新十津川間は5月6日に廃止予定でした。
廃止される区間の内、終点の新十津川駅まで行くのは1日1往復のみです。(浦臼~新十津川間が1日1往復)
いつ行こうかなと迷っていたのですが、
・前年の石勝線夕張支線のように増発運転の情報がないので、廃止直前でも1日1往復のままで満員で立席どころか乗り切れないかも
・3月は別の用事が (結果的になくなりましたが)
との事から、雪で運休になった時のバッファも考えて2月の3連休に行きました。
こういう事言っちゃいけないかもしれないけど、その後コロナウィルスで廃止が早まったし、外出するのはよろしくない状況になり、この時期に行ったのは結果的には正解でした。

1日1往復の新十津川駅行の始発かつ最終列車は石狩当別駅発で、それに乗り継ぐには札幌駅6:58発の列車に乗る必要があります。
満杯で座れなかったりするのも嫌だったので、その1本前の6:39発の列車に乗ることにしました。
久しぶりの早起き。
ビジネスホテルの無料朝食がまだ食べられない時間帯です。

朝起きたら暴風雪警報が出ていました。
もしかすると運休なのかなとスマホで調べてみましたがその情報は見つけられず、外も暴風雪って感じの様子ではなく、とりあえず札幌駅へ。
列車は普通に動いていました。

・前日に撮影した札幌駅でのありがとう札沼線
Dsc_6879

・札幌駅
Dsc_6880 Dsc_6889

6両編成で乗った号車は空いてました。

・車窓
Dsc_6890 Dsc_6132

雪国の風景。
道路の淵は高い雪ですが道自体はまぁまぁ除雪されている状態。屋根はそういう仕組みがあるのか雪があまり積もっていない家が多かったです。

北海道医療大学駅までは今は電化されています。
昔は非電化で50系客車を改造した気動車も走ってたんですよね。

7:18に石狩当別駅に到着、7:45発の新十津川駅に気動車に乗り換えです。
乗換列車は既に到着していて乗車できる状態でした。
通常は1両編成と思われますが2両に増結されていて、余裕で窓側席に座れる状態でした。右側に座りました。
その次の列車で来ても全員余裕で座れる状態でした。

・石狩当別駅での新十津川行
Dsc_6896 Dsc_6894
Dsc_6898 Dsc_6900
Dsc_6892

先頭車両には学研都市線という、廃止される区間には現実に即していないように感じるサボが刺さっていました。

発車します。

|

« 北海道2020 (5) サッポロビール博物館 | トップページ | 北海道2020 (7) 札沼線 石狩月形まで »

地域 - 北海道」カテゴリの記事

交通 - 鉄道 - 廃線」カテゴリの記事

交通 - 鉄道 - JR北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北海道2020 (5) サッポロビール博物館 | トップページ | 北海道2020 (7) 札沼線 石狩月形まで »