« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月の21件の記事

2020/05/31

目黒川の桜2020

2020年の目黒川の桜です。

Dsc_6348 Dsc_6356 
Dsc_6520_20200531190101 Dsc_6533
Dsc_6857_20200531190101 Dsc_6867
Dsc_6884 Dsc_6897
Dsc_6914 Dsc_6922_20200531190101

順に3月11日、13日、16日、19日、23日、26日、30日、4月2日、6日、8日。
この後在宅勤務という事になり、今年はここまでです。
例年は観光バスで来る団体客なんかもいて賑わうのですが、今年は静かでした。

Dsc_6921

| | コメント (0)

北海道2020 (20) 帰り

それでは帰ります。

北海道博物館からバスで新札幌駅へ。
新札幌駅から快速エアポートで新千歳空港へ。

・新札幌駅での快速エアポート
Dsc_7424

新千歳空港に到着。
飛行機の出発までまだ少し時間があったので国際線に向かう通路の所を覗いてきました。

・ハローキティ ハッピーフライト
Dsc_7428

・ドラえもん わくわくスカイパーク
Dsc_7430

・ルイス チョコレートワールド
Dsc_7434

それでは羽田に向かって出発します。

・羽田に向かって出発
Dsc_6260_20200531180901 Dsc_6263_20200531180901
Dsc_6264

飛行機が雲の上に上がるときれいな夕陽が。

・飛行機から見た夕陽
Dsc_6268_20200531180901 Dsc_6270_20200531180901
Dsc_6273 Dsc_6276

夕陽が付いてくるような感じで45分ぐらいずっとこんな感じの状態が続いていました。
幻想的な綺麗な風景でした。

やがて暗くなり、夜景が見えてくるようになって羽田空港に到着。
楽しい旅でした。

・羽田空港の到着前と到着後
Dsc_6279 Dsc_6286

(完)

| | コメント (0)

北海道2020 (19) 北海道博物館

道立の北海道博物館へ。

開拓の村から徒歩10分ぐらいと思われましたが、坂がある中雪が積もっているし念をもってバスで移動しました。2分ぐらいで210円。

・北海道博物館前
Dsc_7339 Dsc_7341

1階は北海道の歴史に関する展示でした。

・マンモスとナウマンゾウ
Dsc_7343 Dsc_7346

・土器
Dsc_7350 Dsc_7353

北海道では弥生時代はなかったそうです。

・蝦夷地時代の船の模型等
Dsc_7356 Dsc_7358

元々北海道ではアイヌ民族の方が暮らしていたようですが、本土から移り住む人もでてきて、やがてアイヌ民族の人は本土の人(松前藩等)から支配されて移住地域や文化的なもの等迫害されるようになっていったそうです。
日本でもこういう歴史はあったんですね。
何だか考えさせられました。

明治時代になると蝦夷地は北海道の名前となり、開拓使により本土から移り住む人で開発されていきました。
アイヌの人たちはさらに迫害されたようです。

・アイヌ民族の家と衣装
Dsc_7367 Dsc_7370

ここまででもうだいぶ1時間強かかってしまっていました。
帰りの飛行機の時間があるので足を速めます。

2階は近代の北海道の文化に関する展示です。

・昔の北海道の鳥瞰図のレプリカ
Dsc_7397

これの本物が前日に行った北海道立近代美術館の「北海道151年のヴンダーカンマー展」で展示されていました。(そちらでは撮影禁止)

・ニシン漁の用具
Dsc_7374 Dsc_7376

・スキー靴
Dsc_7384

・炭鉱で使われたバッテリーカー
Dsc_7378

・大正時代の客車の模型と、「はまなす」のヘッドマーク
Dsc_7389 Dsc_7390

「はまなす」のヘッドマーク、今回北海道に来た3日間の間に、北海道鉄道技術館、北海道立近代美術館の「北海道151年のヴンダーカンマー展」、ここと、3回も見ました。結構たくさん残っているのでしょうか?

・定山渓鉄道の銘板やマーク
Dsc_7394 Dsc_7404

・北海道のみやげ物
Dsc_7391

・ヰセキトラクターとトヨタパプリカ
Dsc_7399 Dsc_7401

・キューピーちゃんと鉄人28号
Dsc_7407

・札幌オリンピック関係
Dsc_7408

・動物の剥製
Dsc_7414 Dsc_7415

入口の展示を見て「別に来なくてもよかったかな」(北海道でなくてもありそうな展示で)と思ったのですが、特に北海道の歴史の展示が良かったです。勉強になりました。

・百年記念塔
Dsc_7418

| | コメント (0)

2020/05/30

北海道2020 (18) 北海道開拓の村 山村群と昼食

最後に山村群。

・森林鉄道機関庫
Dsc_7310 Dsc_7321
Dsc_7313 Dsc_7320
Dsc_7312 Dsc_7318

なんと、森林鉄道で使用されていた機関車等も保存されていました。
機関車は大夕張営林署で使用されていたもののようです。
良いものが見られました。

・旧平造材部飯場
Dsc_7322

その他に炭焼小屋もあったようです。

昼食は開拓の村食堂で「ヤン衆定食」(820円)を食べました。

・ヤン衆定食
Dsc_6228

丼は鮭昆布めしです。

北海道開拓の村はこれで終わりです。
思っていたよりも広く充実していました。
良かったです。
時間の関係で急ぎ足や見ていないところも一部あり。帰りの飛行機をもっと遅い時間にすればよかったかな。或いは北海道博物館を取りやめるべきだったか。なんだか中途半端に残してしまった感があります。
雪のない季節はまた違った感じだったりするのかな?

| | コメント (0)

2020/05/28

北海道2020 (17) 北海道開拓の村 市街地群 その3

市街地群に戻ってきました。

・旧札幌拓殖倉庫
Dsc_7299

・旧広瀬写真館
Dsc_7229 Dsc_7305

・旧札幌農学校寄宿舎
Dsc_7308

目玉な雰囲気で中にいろいろありそうでしたが、入ると長くなってしまいそうなので時間の関係でパス。

・旧札幌師範学校武道場
Dsc_7323 
Dsc_7325 Dsc_7324

広い道場でした。

・旧近藤染舗
Dsc_7328

・旧来正旅館
Dsc_7098 Dsc_7331 

| | コメント (0)

2020/05/27

北海道2020 (16) 北海道開拓の村 農村群

続いて農村群へ。

・旧山本消防組番屋
Dsc_7252

・旧若狭家たたみ倉
Dsc_7253

・旧ソーケシュマベツ駅逓所 の1つ目の建物
Dsc_7254 Dsc_7256

・旧ソーケシュマベツ駅逓所 の2つ目の建物
Dsc_7260 Dsc_7259
Dsc_7262 Dsc_7264

開拓時代(明治~昭和初期)に北海道独自の駅逓という荷物の運搬や郵便・宿泊を行う制度があり、その拠点だったようです。
1つ目の建物は馬を飼育する建物で、何やら音がするなとよく見たら本物の馬がいてびっくりしました。
馬車鉄道や馬そりで使う馬と思われます。コロナの影響により運休中で、ずっとこの中にいたら鈍ってしまいそうです。

・馬そりと格納庫
Dsc_7261 Dsc_7266

こうやって置いてあるのを見ると乗ってみたかったです。馬車鉄道の車両はこの格納庫に閉まってあるのか?

・旧田村家北誠館蚕種製造所
Dsc_7269 Dsc_7270
Dsc_7271 Dsc_7272

蚕の養殖をしていた家です。

・旧農商務省滝川種羊場機械庫
Dsc_7275

中には入れませんでした。

・旧納内屯田兵屋
Dsc_7277

・旧山田家養蚕板倉
Dsc_7280

・旧岩間家農家住宅
Dsc_7278 Dsc_7279

・旧河西家米倉
Dsc_7281

・旧樋口家農家住宅
Dsc_7288 Dsc_7289

・旧信濃神社
Dsc_7282 Dsc_7286

恐る恐る参道を.. 滑って転びました。
長野県諏訪地方の出身者が中心となって開拓された地にあったそうです。

・旧小川家酪農畜舎
Dsc_7292 Dsc_7294

ザ・北海道ってイメージのサイロです。

・旧菊田家農家住宅
Dsc_7298

その他、開拓小屋があったようですが、時間の関係でパス。

この後の予定を考えると時間が迫ってきました。
地図に農村群と山村群を短絡する道路が載っていて通れるのかな?どうなんだろう? と思いましたが除雪されておらず通れませんでした。そりゃそうか。ぐるっと戻る必要がありました。
通れないところは園内の各所に設置されている案内図に案内図に×印でもマグネットかなんかで示してくれるとありがたいなと少し思いました。

| | コメント (0)

2020/05/19

北海道2020 (15) 北海道開拓の村 市街地群 その2

再び市街地群へ。

・旧浦河公会堂
Dsc_7190

・旧渡辺商店
Dsc_7191 Dsc_7192

雑貨店だったそうです。

・旧山本理髪店
Dsc_7194 Dsc_7196

指はご愛嬌で。

・旧島歌郵便局
Dsc_7231 Dsc_7232

・旧札幌警察署南一条巡査派出所
Dsc_7197 Dsc_7199

・旧開拓使工業局庁舎
Dsc_7200 Dsc_7206

・旧小樽新聞社
Dsc_7212 Dsc_7218
Dsc_7213 Dsc_7216

いたずらしたり自分の名前の印を持ち帰る人がいるのが、注意書きが張り巡らされていました。

・旧三〼河本そば屋
Dsc_7220

左側に書いてある東横?ってのが気になりました。

・旧武井商店酒造部
Dsc_7223

・旧近藤医院
Dsc_7224 Dsc_7225
Dsc_7226 Dsc_7228

最後の写真は手術室。無菌ルームというわけでもなく普通の部屋でした。

・旧武岡商店
Dsc_7234 Dsc_7235

・旧大石三省堂支店
Dsc_7237 Dsc_7238
Dsc_7240 Dsc_7241

本屋なのか思いましたが菓子製造販売業でした。
最後の写真のは一丁焼き用ですね。

・旧太田装蹄所
Dsc_7244 Dsc_7245

・旧藤原車橇製作所
Dsc_7188 Dsc_7248

・旧本庄鉄工場
Dsc_7250 Dsc_7251

| | コメント (0)

2020/05/18

北海道2020 (14) 北海道開拓の村 漁村群

漁村群へ。

・旧青山家漁家住宅
Dsc_7161 Dsc_7167
Dsc_7164 Dsc_7163

大きな家です。

奥の方の建物は除雪されおらず行けませんでした。
ですが、村内のたいていの所は除雪されていて行けるようになっています。
毎朝開村前に除雪作業をするのか? 大変そうだなと思いました。

・廊下
Dsc_7169 Dsc_7175
Dsc_7173 Dsc_7177

中にニシン漁で使用された船が展示されていました。
船を収容したり、ニシンを一時的に収蔵するのに使われたようです。
北海道では昔は山ほどニシンが採れたんですよね。

・旧秋山家漁家住宅
Dsc_7168 Dsc_7183
Dsc_7185 Dsc_7186

・雪で埋まった池
Dsc_7182

冬以外は池の周りを歩いたりできるようです。

・旧土谷家はねだし
Dsc_7159 Dsc_7179

| | コメント (0)

北海道2020 (13) 北海道開拓の村 市街地群 その1

それでは園内を巡ります。

たいていの建物は中も入れるようになっていて、その建物に関係するものが展示されているところも多いです。
江戸東京たてもの園とか明治村のような施設です。

・旧開拓使札幌本庁舎
Dsc_7090

移設ではなく再現したもののようです。
中には研修室等があるようでした。

・旧浦河支庁庁舎
Dsc_7097 Dsc_7110
Dsc_7103 Dsc_7107
Dsc_7108 Dsc_7114

最後の写真のこたつって足がほとんど入らないけどこういうものなのかな? 正座して入って膝の所だけ温まる感じなのか? 掘りごたつ?

・旧手宮駅長官舎
Dsc_7115 Dsc_7117

・旧開拓使爾志通洋造家
Dsc_7120 Dsc_7121

・旧福士家住宅
Dsc_7124 Dsc_7129

・旧松橋家住宅
Dsc_7134 Dsc_7135
Dsc_7140 Dsc_7138

もうすぐひなまつりという事で雛壇も展示されていました。

・旧有島家住宅
Dsc_7142

・旧北海中学校
Dsc_7144 Dsc_7153
Dsc_7145 Dsc_7146
Dsc_7147 Dsc_7152

教室もありました占領されていたため写真はありません。

・旧龍雲寺
Dsc_7156 Dsc_7158

9:30頃到着したのですがこの時点でもう10:30。全体の数から比べるとまだ少ししか見ていません。
北海道博物館との共通入場券を買ったし、帰りの飛行機の時間もあるのでこのペースで見ていたらまずいなと、ペースを速めました。

| | コメント (0)

2020/05/17

北海道2020 (12) 北海道開拓の村 入場

最終日の3日目は北海道開拓の村とその近くにある北海道博物館に行きました。

まずは北海道開拓の村へ。
札幌駅から函館本線下り方面の森林公園駅へ、そこからバスで行きました。

・札幌駅
Dsc_7074

JR北海道の札幌辺りの車内の自動放送は、朝は「おはようございます」って入るんですね。

森林公園駅に到着、反対側を特急ライラックが通過していきました。

・森林公園駅を通過していく特急ライラック
Dsc_7077 Dsc_7078

開拓の村へのバスは駅の南側です。
改札は北側のみで高架下を通って北口に出ます。

・森林公園駅の南側
Dsc_7079

・森林公園駅の南側のバス乗り場
Dsc_7080 Dsc_7081

昨日降ったものと思われる雪が沢山積もっていました。
JRバス(ジェイ・アール北海道バス)であることに意外に感じました。JRバスによる都市や都市近郊の一般路線は全国的にはあまりないと思います。

バスに乗車し、開拓の村に到着。

・開拓の村に到着後のジェイ・アール北海道バス
Dsc_7083

・入口の旧札幌停車場
Dsc_7082 Dsc_7335

入口に建っていること建物は旧札幌停車場で1908年(明治41年)~1952年(昭和27年)に使われてた駅舎を再現したものとの事です。(移設ではありません)
この中に入場券売り場等があります。
北海道博物館との共通入場券が売っていたのでそれを買いました。

・旧札幌停車場の室内
Dsc_7087 Dsc_7333

・園内側から見た旧札幌停車場
Dsc_7094

・園内に入ったところと案内図
Dsc_7088 Dsc_7092

夏は馬車鉄道、冬は馬そりが園内を走っているようですが、コロナウィルスの関係で運休していました。

| | コメント (0)

北海道2020 (11) 北海道立近代美術館 北海道151年のヴンダーカンマー展

今日はこのあとどうしましょう。
大倉山ジャンプ競技場と札幌オリンピックミュージアムに行こうかなと思っていたのですが、部分運休の影響で1時間強遅くなってしまったし、外は吹雪でバス停からやや歩かなければいけないようだったので行くのはちょっと。
前日行った北海道鉄道技術館の展示物に「北海道立近代美術館で開催中の北海道151年のヴンダーカンマー展に貸出中」になっているもの何点かあり、それを思い出しました。
地下鉄の西18丁目駅から近そうだったのでそこに行ってみることにしました。

思っていたよりも駅からやや距離がありました。
アイスバーンな歩道でやや怖かったです。

・北海道立近代美術館
Dsc_7053 Dsc_7058

「北海道151年のヴンダーカンマー展」に入ります。

・北海道151年のヴンダーカンマー展の入口
Dsc_6173

「北海道」「学問」「炭鉱」「鉄道」「祝祭」をテーマに、博物館と美術家の融合みたいな展示でした。
どちらかというと博物館メインなのかな、顕微鏡とか標本が並べられている中に少し美術品みたいな。
北海道あんまり行ってないのになぜか行った事のある博物館所蔵の出品が多かったです。夕張市石炭博物館とか北海道大学総合博物館とか。
前日行った貸出中だった北海道鉄道技術館所蔵のものもありましたが、なぜかここからの作品のみ所蔵の記載がありませんでした。(作品リストの冊子には記載あり)
昔の北海道の鳥瞰図の展示がありおぉっと思いました。洞爺湖等各湖が大袈裟な描画でしたけどね。
なかなか良かったです。

常設展の「近美コレクション」も見ました。
こちらは撮影可でした。
中に螺旋階段があり2階も展示室になっています。

・近美コレクション
Dsc_7059 Dsc_7060
Dsc_7067 Dsc_7068

床への反射コレクションみたいな写真になってしまいましたが、
・友田コレクション 西洋版画の名品
・追悼 松樹路人展
・瀧川嘉子展
・学芸員選出の1点をみてほしい
が開催されていました。
ルオーの版画とか良かったです。

・北海道立近代美術館の2階から見た外
Dsc_7070

まだまだ雪が。
帰ります。

・道路
Dsc_6182_20200517004901

道の端に除雪した雪が高く積もっていて雪国だなと思いました。

・札幌駅前のイルミネーション
Dsc_7072

宿泊先は札幌駅近くなので札幌駅に戻ります。
夜はエスタの10階にあった回転寿司で食べて本日は終了です。
もう1歩な感じはしました。北海道ではあら汁は味噌仕立てではなくてこういうものなの?

・回転寿司
Dsc_6184_20200517005601 Dsc_6187

この日はこれで終わりです。

| | コメント (0)

2020/05/16

北海道2020 (10) 札幌ら~めん共和国 幸村

13:30頃に札幌駅に到着、昼食にします。

バスターミナルの上のエスタ10階にある「札幌ら~めん共和国」に行きました。
以前14年前に入ったことがあります。

・札幌ら~めん共和国
Dsc_7050 Dsc_7049

どの店にしようか。あんまり並ぶのも嫌だし...。

幸村という店で「味噌ラーメン」を食べました。

・幸村「味噌ラーメン」
Dsc_6170

読み方は「さちむら」ではなく「ゆきむら」なんですね。
食べている内にだんだん深みが出て美味しくなっていく感じでした。
ラーメン食べて汗かきました。室温も高めでした。

昨日も今日も暑かったり寒かったりです。
外はだいぶ寒いけど、室内は結構暖かかったり、差があって体がおかしくなりそうです。
防寒性がものすごく高い服装は持っていないしもう1枚着込んだ方が良いのか? と寒さに不安だったのでしたが、着こまなくて良かったかもでした。

| | コメント (0)

2020/05/14

北海道2020 (9) 札沼線 帰りと北海道医療大学駅

新十津川駅10:00発の石狩当別行、始発兼最終列車で戻ります。

行きは東側の席に座りましたが、帰りは西側の席に座りました。
行きの東側からの風景はほぼ平野でしたが、帰りの西側は山脈がありました。車窓は西側の方が良いかもです。

・車窓
Dsc_6999 Dsc_7001
Dsc_7003 Dsc_7004
Dsc_7006 Dsc_7011

だんだんと吹雪いてきました。

北海道医療大学駅に11:18に到着。
ここで乗り換えてもその次の石狩当別駅でも札幌方面へは同じ列車に乗ることになるのでここで乗り換えました。
北海道医療大学駅がどんなものなのか見たいというのもありました。
まぁまぁの人数が降りました。

・北海道医療大学駅での下車した気動車
Dsc_7015 Dsc_7020
Dsc_7017

新十津川からの列車は乗客を降ろしてもなかなか発車せず、遅れて石川当別方面に発車していきました。

・発車後のホームから見た新十津川方面と駅名標
Dsc_7027 Dsc_7029

北海道医療大学駅は無人駅ですが自動改札機が設置されていました。
自動改札機は常に空いた状態で、切符の券売機は食券販売機みたいなタイプのものが自動改札口を入った先に設置されていました。

・切符の券売機
Dsc_7030

・札幌方面のみ線路が繋がっているホーム
Dsc_7023

札幌行は11:29発のはずですが、時間を過ぎても列車がやってきません。
おかしいな?? と思っていたら放送が流れました。11:29発の列車は車両故障の影響で北海道医療大学~石狩当別間を運休するとの事。その次の12:06発も運休し、次は12:45発になるとの事。
えーーー。
1時間待ちです。
大学の休校日であり大学関係者以外の利用者はほとんどいなさそうな雰囲気だったので、適切な正しい運休方法なのかもしれませんが...
新十津川からの列車にそのまま石狩当別まで乗っていれば、その先の列車に乗り継げたという事ですよね。それならそのまま降りずに乗っていたのに先に言ってほしかったなと思いました。(新十津川からの列車の近くで撮影していた人は慌てる雰囲気で乗り込んでいたので、もしかすると乗務員からその人たちにだけにはアナウンスがあったのか?)

しょうがないので無人駅の改札口をいったん出て(よく考えると違法なのかも)、辺りを見回してみましたが、外は結構吹雪いているし出歩くのはよろしくない感じ。そもそも駅の近くは大学しかなさそうでした。
改札口の外は大学の校舎?や連絡通路と繋がっており、コンビニと学食らしきものがありましたが、この日は日曜日で閉まっていました。暖房も入ってないです。

・北海道医療大学駅と繋がっている校舎
Dsc_7035 Dsc_7037

・外
Dsc_7038 Dsc_7034

右の写真はバスターミナルの用地なのかな?

・学食らしきものとセイコーマート
Dsc_7033 Dsc_6165

ちょうど昼時であのザンギ定食を食べたかったな。
そんなに広くはない学食でしたが、他の場所にも学食があるのかな?
セイコーマートは閉店していましたが、勝手に流れる仕組みになっているのか有線放送らしきものが中から流れていました。

札幌行の前に下りの浦臼行が来るようなので見てきました。
先ほど乗ってきた列車の折り返しですが、乗ってきた列車と違って結構ガラガラのように見えました。

・浦臼行列車
Dsc_7042

タクシーを呼んでいて移動した人もまぁまぁいるようで、いつのまにか人数が減ってました。

列車がやってきました。

・やってきた札幌行列車
Dsc_7044

・Uシート
Dsc_7045 Dsc_7047

札沼線内で利用する場合は指定席料金は不要との事なのでUシートに乗りました。
首都圏の普通列車のグリーン車よりハイグレードで、特急車両の普通席よりもシートピッチが広いぐらいにも感じました。
これはお得車両です。

| | コメント (0)

2020/05/10

北海道2020 (8) 札沼線 新十津川まで

石狩月形駅を9:40に発車、終点の新十津川駅に向かいます。

・車窓
Dsc_6945 Dsc_6946
Dsc_6948 Dsc_6951

結構雪が降って積もっています。
ホームから道路まで歩いた形跡のない駅もありました。多量に雪が一度に降ったのか、或いは何日も利用者がいないのか、どうなんだろう?

終点の新十津川駅に9:28に到着。
折り返し乗車する人も車内で待つことはできず、いったん車内に出る方式になっていました。
運転手以外に本社の社員っぽい人も乗っていましたが、ワンマン運転で先頭車両の前のドアのみが開いてそこから下車します。
乗車券を記念に持ち帰りたい人はドアから出た先で別の係員により無効印を押すとの事。あ、そうか! 札幌駅の券売機で金額のみ入った乗車券を買って乗車しましたが、駅名入りの乗車券を買った方が良かったんですね。

・新十津川駅に到着した列車とその先
Dsc_6957 Dsc_6958

元々はこの先留萌線の石狩沼田駅まで線路が伸びていましたが1972年に廃止されました。

・駅名標
Dsc_6960

・ホームから見た駅舎
Dsc_6969

・ホームから見た雪ダルマと飾り?
Dsc_6968 Dsc_6965

・残り日数等の掲示
Dsc_6970 Dsc_6974
Dsc_6975

この時点では5月6日までの運転でしたが、コロナウィルスの関係で急遽という形で4月17日に早まりました。
実際にはラストランまであと54日でした。
仕方ないこととはいえ、こういう形で終焉してしまったのは非常に悲しいです。

・時刻表
Dsc_6972

1日1本です。
時間的に通勤通学で使える時間ではありません。

・駅舎内
Dsc_6985 Dsc_6984
Dsc_6983

札沼線終着駅到着証明書が貰えるようなので貰いました。あと、記念入場券を買いました。
駅の窓口の方等何人か社員らしき人が来ていましたが、廃止に向かう運転にあったってこの1往復のために札沼線じゃない移動手段でここに来ていたんですかね?

・終着駅到着証明書と記念入場券
Dsc_6994

・外から見た駅舎や駅前
Dsc_6981 Dsc_6978
Dsc_6980

地元の自治体によるものなのかよくわかりませんが、外に記念グッズを売るプレハブが設置されていました。

折り返しの10:00発の列車で戻ります。

・列車
Dsc_6990 Dsc_6992

・新十津川駅の整理券
Dsc_6156_20200510231601

発車時に地元の人?による見送りがありました。
帰りは右側(新十津川駅ではホームと反対側)に座ったのでしばらく気づかなかったのですが、左側に座った方で外に手を振っている方が大勢いたので何事か? と立ち上がってみたら、一瞬だけ見えました。

| | コメント (0)

2020/05/08

北海道2020 (7) 札沼線 石狩月形まで

石狩当別駅を7:45発に発車、次の北海道医療大学駅より先は廃止になります。
廃止になる区間ですが、右側には片側2車線の道路がしばらく続いていました。

・車窓
Dsc_6911 Dsc_6912
Dsc_6913 Dsc_6916

結構雪が降ってきました。
自分にとっては見慣れない雪国の風景でうぉーっとなりました。

石狩月形駅に8:20頃に到着、列車交換のため20分待ちで8:40発でした。
その分石狩当別駅の発車を遅らせればよいように思いましたが、近くに高校があったので通学輸送の関係なのでしょうか? (でもそれだと反対側からも早く来ないとだめですね)

・石狩月形駅のホームと駅名標
Dsc_6934 Dsc_6936

・ホームから見た新十津川方面
Dsc_6919

・ホーム側から見た駅舎
Dsc_6937 Dsc_6922

・駅舎内
Dsc_6931 Dsc_6923
Dsc_6925 Dsc_6932

窓口は営業していました。
駅員の制服ではありませんでした。列車が到着するときにホームにいて到着後に駅舎に向かっていった方だったような気がします。
Wikipediaによると運転取り扱い要員の方が窓口も兼任していたようです。

・外から見た駅舎と駅前
Dsc_6927 Dsc_6929

対向の列車がやってきました。

・対向の列車
Dsc_6940

発車します。

| | コメント (0)

北海道2020 (6) 札沼線 石狩当別まで

2月23日、いよいよ札沼線に乗車します。
初乗車です。

北海道医療大学~新十津川間は5月6日に廃止予定でした。
廃止される区間の内、終点の新十津川駅まで行くのは1日1往復のみです。(浦臼~新十津川間が1日1往復)
いつ行こうかなと迷っていたのですが、
・前年の石勝線夕張支線のように増発運転の情報がないので、廃止直前でも1日1往復のままで満員で立席どころか乗り切れないかも
・3月は別の用事が (結果的になくなりましたが)
との事から、雪で運休になった時のバッファも考えて2月の3連休に行きました。
こういう事言っちゃいけないかもしれないけど、その後コロナウィルスで廃止が早まったし、外出するのはよろしくない状況になり、この時期に行ったのは結果的には正解でした。

1日1往復の新十津川駅行の始発かつ最終列車は石狩当別駅発で、それに乗り継ぐには札幌駅6:58発の列車に乗る必要があります。
満杯で座れなかったりするのも嫌だったので、その1本前の6:39発の列車に乗ることにしました。
久しぶりの早起き。
ビジネスホテルの無料朝食がまだ食べられない時間帯です。

朝起きたら暴風雪警報が出ていました。
もしかすると運休なのかなとスマホで調べてみましたがその情報は見つけられず、外も暴風雪って感じの様子ではなく、とりあえず札幌駅へ。
列車は普通に動いていました。

・前日に撮影した札幌駅でのありがとう札沼線
Dsc_6879

・札幌駅
Dsc_6880 Dsc_6889

6両編成で乗った号車は空いてました。

・車窓
Dsc_6890 Dsc_6132

雪国の風景。
道路の淵は高い雪ですが道自体はまぁまぁ除雪されている状態。屋根はそういう仕組みがあるのか雪があまり積もっていない家が多かったです。

北海道医療大学駅までは今は電化されています。
昔は非電化で50系客車を改造した気動車も走ってたんですよね。

7:18に石狩当別駅に到着、7:45発の新十津川駅に気動車に乗り換えです。
乗換列車は既に到着していて乗車できる状態でした。
通常は1両編成と思われますが2両に増結されていて、余裕で窓側席に座れる状態でした。右側に座りました。
その次の列車で来ても全員余裕で座れる状態でした。

・石狩当別駅での新十津川行
Dsc_6896 Dsc_6894
Dsc_6898 Dsc_6900
Dsc_6892

先頭車両には学研都市線という、廃止される区間には現実に即していないように感じるサボが刺さっていました。

発車します。

| | コメント (0)

2020/05/07

北海道2020 (5) サッポロビール博物館

北海道鉄道技術館を出て歩いていくと...

Dsc_6849

なんか呼ばれているみたいです。
苗穂駅の近くにサッポロビール博物館があります。
行ってみました。

・サッポロビール博物館
Dsc_6852 Dsc_6854

観光客がたくさん来ていました。
コロナウィルスの影響で2月25日から休館する旨の表示がありました。
北海道で増えだした頃でしたが、その頃は「休館までする必要なんてあるのかな?」っと大袈裟な対策に思ってました。

プレミアムツアー(有料: 500円で試飲付き)もありましたが本日はすべて満席との事だったので、自由見学です。
3階に上がって始まります。

・窯
Dsc_6857 Dsc_6858

1965~2003年まで麦汁を煮沸するために使用していた窯のようです。

・用具
Dsc_6859 Dsc_6860

サッポロビールの主に札幌工場に関する歴史の展示が中心でした。
元は1875年に設置された官営で、その後1886年に札幌麦酒として民営化されたそうです。
この場所(建物)は元は製糖工場で、1903年にビール工場に転用されたとの事、1965年までこの場所で製造されていたそうです。

1906年に日本麦酒醸造(エビスビール)、大阪麦酒(アサヒビール)と合併し、1949年にアサヒビールと分割されたようです。
エビスビールがサッポロビールから発売されているのはそういう経緯からだったんですね。

・ビール瓶
Dsc_6866 Dsc_6872
Dsc_6875

・過去の広告
Dsc_6868 Dsc_6876

いろいろ勉強になりました。

1階にビールが飲めるコーナーがあります。
うーん、しょうがないなので飲んでみました。
3種飲み比べセット800円を選びました。おつまみ付きでした。

・3種飲み比べセット
Dsc_6121

左からサッポロ生ビール黒ラベル、サッポロクラシック、開拓使麦酒です。
味の違いはあんまりわかりませんでした。(苦笑)

結構疲れていたこともあり、長々とTwitterを見たりつぶやいたりしてまったりしてしまいました。
北海道は外は寒いけど、室内は暖房がきつくて暑いぐらいです。東京の室内より暑いように感じました。

そんなに飲んでないはずだけど酔い感が。
外に出たらもう暗くなっており、雨が降ってました。雪ではなかったです。

・夜のサッポロビール博物館
Dsc_6878

この日も翌日も札幌駅近くのホテルで宿泊です。
博物館前から札幌行のバスが出ていたのでそれで行きました。

| | コメント (0)

2020/05/06

北海道2020 (4) 北海道鉄道技術館 屋内・後編

屋内の後編です。

・各種機器のカットモデル
Dsc_6788

・台車
Dsc_6790 Dsc_6791

・711系コーナー
Dsc_6793 Dsc_6794

・SLコーナー
Dsc_6796 Dsc_6798
Dsc_6801 Dsc_6803
Dsc_6806

・運転所コーナー等
Dsc_6807 Dsc_6811
Dsc_6810 Dsc_6815

・工場の歴史コーナー
Dsc_6819 Dsc_6823
Dsc_6824 Dsc_6826
Dsc_6827 Dsc_6829

・鉄道模型
Dsc_6767

予想以上に充実していました。
いろいろ残しているんですかね。
行って良かったです。

| | コメント (0)

2020/05/05

北海道2020 (3) 北海道鉄道技術館 屋内・前編

屋内へ。
アルファコンチネンタルエクスプレスがあっておぉー! となりました。

・アルファコンチネンタルエクスプレスの前頭部
Dsc_6831 Dsc_6832
Dsc_6833

リゾート列車の元祖のような車両です。
キハ56系の改造で、1985年~1995年まで主にトマム・サホロリゾートへのスキー列車で使用されました。当初は時刻表には載っていなかった記憶。
乗ってみたかったですね。
その後北海道ではいろいろリゾート列車用車両が作られました。外に展示されていたニセコエクスプレスもその1つで、それらの紹介コーナーもありました。
現在残っているリゾート列車用車両はノースレインボーエクスプレスのみのようです。

・リゾート列車関連
Dsc_6757 Dsc_6754
Dsc_6753

・キハ82の前頭部
Dsc_6750 Dsc_6748

・D51の前部分
Dsc_6747

・旭山動物園号
Dsc_6837

キハ183系の旭山動物園号専用車は2018年に廃車になりました。

・幕式のヘッドマーク
Dsc_6761 Dsc_6762 Dsc_6765

・機関車に付けるヘッドマーク
Dsc_6769 Dsc_6770
Dsc_6771 Dsc_6774
Dsc_6775 Dsc_6778
Dsc_6779

たくさんありました。

・除雪車の模型
Dsc_6772 Dsc_6776

・国鉄時代の道内工場銘板
Dsc_6773

・特急車両のエンブレム
Dsc_6780

・北斗星車両の銘板やエンブレム
Dsc_6782 Dsc_6786
Dsc_6785

ずらーっと大量に。
JR北海道が所有していた全車両ってわけではないのかもしれませんが、こんなにたくさん残していることに驚きました。JR東日本の方の車両はどうなんだろう?
JR北海道の心意気を感じました。これは見ものです。

| | コメント (0)

北海道2020 (2) 北海道鉄道技術館 屋外

北海道鉄道技術館の最寄り駅の苗穂駅に到着。

・苗穂駅
Dsc_6723 Dsc_6724

・苗穂駅前の自由通路から見た苗補工場
Dsc_6725

北海道鉄道技術館は苗穂工場内にあります。
駅から徒歩15分との事でした。

・苗穂駅の北口前
Dsc_6091_20200505171901

雪が。
道路(歩道)は苗補工場までアイスバーン状態で、こういう道には慣れていなかったので怖かったです。転ばないようにそろそろと歩きました。

苗補工場に到着。

・苗補工場の入口
Dsc_6730 Dsc_6732
Dsc_6731 Dsc_6847

北海道鉄道技術館、開いていました。
守衛で名前等を書いて入ります。
入場は無料です。
工場内は北海道鉄道技術館以外の場所も撮影可との事でした。

・工場内
Dsc_6734 Dsc_6738

・停まっていたキハ281系
Dsc_6845 Dsc_6735

展示車両ではありません。
車体が結構傾いていました。振り子式だと傾斜がある所に置くとそれ以上に自然に傾くのかな?

・ニセコエクスプレスと苗穂工場の駅名標
Dsc_6742 Dsc_6745

保存されてたんですね。
ニセコエクスプレスの裏手に観光向け?な「苗穂工場」の駅名標があるのも見えました。

・D51
Dsc_6844

・キハニ5000形
Dsc_6842

この2両は苗穂工場に入って右手にあります。帰りに見ました。

キハニ5000形、短いです。大型バスと比べた小型バスのような。
1929年(昭和4年)に製造された機械式ガソリン車だそうです。

・北海道鉄道技術館の建物
Dsc_6739 Dsc_6740

明治時代に倉庫として建設されたレンガ造りの建物でそれを転用しています。工場内最古だそうです。
それでは中に入ります。

| | コメント (0)

2020/05/04

北海道2020 (1) 行き

2月22日~24日、北海道の主に札幌に行きました。

札沼線の5月6日に最終運行となる予定だった区間(北海道医療大学~新十津川) を乗るのが主目的でした。
  → その後、コロナウィルスの関係で最終運行日は4月17日に早まりました。

まずは羽田空港から新千歳空港へ。

・羽田空港
Dsc_6069

出航します。

・羽田空港から出航
Dsc_6076

東京ディズニーランド等見えました。

・飛行機から見た風景
Dsc_6078 Dsc_6079
Dsc_6081 Dsc_6082_20200504185601

雲の中へ。
その後雲から出て雪山が見えてきました。
綺麗でした。

再び深い雲の中へ。新千歳空港の直前までずっとその状態でした。

・新千歳空港に到着
Dsc_6083 Dsc_6085
Dsc_6716

実際に札沼線に乗るのは翌日の2月23日です。東京からだと当日移動では全く間に合いません。
さてこの日はこれからどうしましょう。決めていませんでした。

まずは空港ターミナルで昼食を、
とどこにしようか探していたら、路面電車が置かれているところがありました。レプリカのようです。

・路面電車(レプリカ)
Dsc_6717

昼食はフードコートにある松尾ジンギスカンで「ジンギスカン定食」を食べました。
フードコートなので、調理されたものが出てきます。

・ジンギスカン定食
Dsc_6088

ジンギスカン定食を食べながら今日はどうしようかと、スマホで調べました。
そうすると、
今日は「北海道鉄道技術館」の開館日ではありませんか!
前から行きたかったところです。
毎月第2・第4土曜日の13:30~16:00に開館。
今は13時頃。最寄り駅は苗穂駅(札幌駅の1つ手前)です。
昼食をゆっくり食べているところではなかった。

フードコートの隣に「エアポートヒストリーミュージアム」があったのでささっと見ました。

・エアポートヒストリーミュージアム
Dsc_6720 Dsc_6721

新千歳空港駅から快速エアポートに乗車、苗穂駅は快速は止まらないので新札幌駅で普通に乗り換えです。

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »