« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月の19件の記事

2020/04/25

東村山 (7) 志村けんの木

東村山市?(観光協会?)のパンフレットによると東村山駅の東口に「志村けんの木」があるようなので帰る前に寄ってみました。

木が何本かあってどれが志村けんの木なのかな? 木の前に立て札でも立っているのかと思っていたが立っていなくて????? な感じでした。
ここではないのかな?とネットで調べたら、駅前にある3本の木すべてが「志村けんの木」でした。1本ではなかったんですね。

・志村けんの木
Dsc_6703 Dsc_6704
Dsc_6699

バス停の所に「志村けんの木」の看板もありました。

・「志村けんの木」の看板
Dsc_6700

まさかね。
その後コロナウィルスで志村けんさんが亡くなるとは思いもしませんでした。
なんだかあっけなくあっさりと突然亡くなり、儚い死でした。
ご冥福をお祈りいたします。

(完)

| | コメント (0)

東村山 (6) その他の寺神社

・諏訪神社
Dsc_6657

・熊野神社
Dsc_6678 Dsc_6680

・梅岩寺
Dsc_6682 Dsc_6686
Dsc_6688 Dsc_6691

・白山神社
Dsc_6694 Dsc_6696

右の写真は牛頭天王像。
牛というよりは... 何か見覚えのある顔🤣

・旧鎌倉古道
Dsc_6698

ここにも鎌倉街道があるんですね。
鎌倉街道というと別の横浜から鎌倉に向かう道を思い浮かびます。

| | コメント (0)

2020/04/24

東村山 (5) 徳蔵寺

徳蔵寺へ。

・徳蔵寺
Dsc_6660 Dsc_6662
Dsc_6673 Dsc_6672

境内に板碑保存館があります。
有料(大人200円)です。

・板碑保存館の外観
Dsc_6675

入口は裏側(境内側)です。

・板碑保存館の2階
Dsc_6666

板碑がずらーっと並んで展示されていました。

・板碑保存館の1階
Dsc_6669 Dsc_6670
Dsc_6668

1階は板碑以外のものがいろいろ展示されていました。
3番目の写真は東村山停車場の碑です。

| | コメント (0)

2020/04/23

東村山 (4) 正福寺

続いて正福寺へ。

・山門
Dsc_6612 Dsc_6613
Dsc_6617

・地蔵堂
Dsc_6618 Dsc_6622
Dsc_6625 Dsc_6623
Dsc_6629 Dsc_6631

都内唯一の国宝建造物との事。
室町時代に建立されたそうです。
通常は中に入れませんが年に3回一般公開されるようです。

・本堂
Dsc_6633 Dsc_6644
Dsc_6647 Dsc_6648

2番目の写真のマークはなんだろう?

・鐘楼
Dsc_6636

・十三仏
Dsc_6649

境内から西武遊園地の観覧車が見えて写真を撮ろうと思っていたけど忘れていた...。

隣接して八坂神社があります。

・八坂神社
Dsc_6654

・八坂神社と正福寺の境にある木
Dsc_6655

境内には高い木が多くよく整備されているように感じました。

| | コメント (0)

東村山 (3) 野口製麺所

昼は正福寺の裏手にある野口製麺所で。
自宅を改装した店のよう。門に表札がありましたが「野口」ではありませんでした。(「野口」は地名のよう)

・野口製麺所
Dsc_6017

「東村山地粉肉汁うどん」(820円) を食べました。
セルフで天ぷらとおでんもあり、おでんを1本。

・東村山地粉肉汁うどんとおでん
Dsc_6019 Dsc_6018

| | コメント (0)

2020/04/22

東村山 (2) 大善院

大善院(東村山野口不動尊)へ。

・山門
Dsc_6597

・本堂
Dsc_6598 Dsc_6599

・地蔵堂
Dsc_6607

・築山
Dsc_6601 Dsc_6605

・築山から覗いた本堂
Dsc_6608 Dsc_6609

| | コメント (0)

東村山 (1) 東村山駅

2月11日、東村山に行きました。
「ひがしむーらーや~~ま~♪」だと思い込んでいましたが「ひがしむらやーまー♪」だったんですね。
東村山での脳内BGMは東村山音頭でしたが、まさかね。

・東村山駅のホーム
Dsc_6586 Dsc_6587

東村山駅は現在高架工事中です。
高架の乗り換え通路や駅舎は閉鎖され、仮設の地下道が設けられていました。

西口へ。

・東村山駅の西口
Dsc_6011

東口がメインなのか、西口は店もほとんどありませんでした。

歩きます。

・猿田彦神社
Dsc_6591

・弁天橋
Dsc_6595

・木
Dsc_6596

| | コメント (0)

2020/04/19

六本木ヒルズ (5) スカイデッキ

六本木ヒルズの屋上(スカイデッキ)へ。

別途500円が必要です。
かばん等は持ち込めないので下のロッカーにしまう必要があります。
カメラやスマホは持ち込み可。三脚等は持ち込み不可です。

一旦エレベーターで屋上の1つ下の階まであがります。

・1つ下の階
Dsc_6505

そこから階段で上がると屋上です。

・東京タワー
Dsc_6520 Dsc_6516
Dsc_6529 Dsc_6558

やはり東京タワーは映えます。

屋上はヘリポートになっていて、ヘリポートの周りを歩いていくことになります。

・ヘリポート向かいから見た東京タワー
Dsc_6551

・渋谷・新宿方面
Dsc_6547

羽田空港方面とかも撮影したのですが手振れ等で全く綺麗に撮れておらず。😢
東京タワーはたくさん撮ったので。

六本木ヒルズの屋上、ビルの際まで行けないどころか見えないし、高いところにいる感があまりなくて怖くありませんでした。

(完)

| | コメント (0)

六本木ヒルズ (4) 未来と芸術展

森美術館で開催されている「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命 - 人は明日どう生きるのか」も、天空ノ鉄道物語展の入場券で見ることができたので、ささっとですが見てきました。

・未来と芸術展の入口
Dsc_6495

・ミハエル・ハンスマイヤー「ムカルナスの変異」
Dsc_6498 Dsc_6499

・その他
Dsc_6496 Dsc_6502
Dsc_6500 Dsc_5945

あんまりきっちり見なかったというのも大きいと思いますが、
なんだかよく理解できなかったです。(苦笑)

| | コメント (0)

六本木ヒルズ (3) 東京シティビューからの景色

天空ノ鉄道物語展の外周の会場でもあった東京シティビューの52階スカイガーデンから見た風景です。

・東京スカイツリー方面と眼下の変わった感じの建物
Dsc_6433 Dsc_6431

変わった感じの建物はアメリカ大使館宿舎だそうです。

・東京ゲートブリッジ
Dsc_6428_20200418231501

・東京タワー方面
Dsc_6424_20200418231501

スカイツリーより東京タワーの方が魅力を感じます。

・お台場の西側(元の船の科学館等)と、羽田空港
Dsc_6438 Dsc_6446

・品川方面と、目黒・恵比寿方面
Dsc_6445 Dsc_6453

・眼下のタワーマンション
Dsc_6439

・渋谷方面
Dsc_6477 Dsc_6478

最近できた渋谷スクランブルスクエアが見えます。
そちらの屋上のガラスで囲まれた展望台と同じぐらいの高さなのかな。
行ってみたい気もしますが怖そうです。

・新宿方面
Dsc_6482 Dsc_6484

・国立競技場
Dsc_6489

・池袋方面
Dsc_6493

| | コメント (0)

2020/04/18

六本木ヒルズ (2) 天空ノ鉄道物語展・外周

「外周」へ。
展望室である東京シティービュースカイガーデンで行われているので、この部分はそこに入れる入場券を持っていれば天空ノ鉄道物語展の入場券を買わなくても見ることはできてしまいます。

・段ボールで作られた1号機関車
Dsc_6418 Dsc_6421_20200417222901

1つ目の写真は東京タワーを拭く人なイメージで。ぴんときて撮影位置を移動して狙いました。

・SLのヘッドマークや銘板
Dsc_6420 Dsc_6422
Dsc_6419

・駅名標
Dsc_6423

・私鉄コーナー
Dsc_6443

・鉄道車両のドア映像
Dsc_6448 Dsc_6449

映像で写し出されており、左の場面ではドアを叩くと開く仕掛けになっています。

・青函連絡船関連
Dsc_6455 Dsc_6457

・廃止/開業のヘッドマーク
Dsc_6461 Dsc_6458

・珍しい駅名の駅名標
Dsc_6468

・プラレール
Dsc_6470

・ブタ?と骸骨座席
Dsc_6472 Dsc_6474

映画「未来のミライ」に出てくるそうです。

・アンパンマン列車の座席
Dsc_6475

・各種マーク
Dsc_6476

・東京メトロ
Dsc_6480 Dsc_6488
Dsc_6581

1番目の写真は営団(帝都高速度交通営団)時代のマークです。
3番目の写真は各線の記号とラインカラー。

・天空駅カフェ
Dsc_6583 Dsc_6584

食事する時間帯ではなかったし入りませんでした。

内周は再入場不可でしたが外周は再入場可でした。
段ボールの1号機関車の所で陽が暮れた後はガラスに銀河鉄道の世界が映し出されるとの事なので、陽が暮れた後に行ってみました。

・銀河鉄道の世界
Dsc_6571 Dsc_6575

「天空ノ鉄道物語展」予想外に充実していました。良かったです。
コロナウィルスの影響で休止となりその後再開することなく会期が終わってしまいました。
一度も開催されることがなく会期が終了する展覧会もあるので、開催できただけでもまだ良かったのか?
残念な事です。

| | コメント (0)

2020/04/14

六本木ヒルズ (1) 天空ノ鉄道物語展・内周

1月25日、六本木ヒルズの52階で開催されていた「天空ノ鉄道物語展」に行きました。

・六本木ヒルズ
Dsc_6326 Dsc_6329

3階に上がってチケット購入。
すぐ買えるものかと思っていましたが購入列がありました。
「天空ノ鉄道物語展」の列よりも同じ日に行われていた「未来の芸術展」の方が並んでいる人が多かったです。
外国人観光客も多かったです。

チケットを購入してエレベーターで52階へ。
天空ノ鉄道物語展は、森アーツセンターギャラリーで行われている「内周」と東京シティービュースカイガーデンで行われている「外周」に分かれていました。

まずは内周へ。
入口で硬券が配られます。自分で刻印できるようになっていました。

・刻印する機械と硬券
Dsc_6331 Dsc_6942

・1964年の上野駅
Dsc_6334

夜行列車が多く長距離普通列車があった頃ですね。

・ブルートレイン等のヘッドマーク
Dsc_6341 Dsc_6349

・特急列車に付いていたエンブレム
Dsc_6345 Dsc_6347

・新幹線関連
Dsc_6340 Dsc_6351
Dsc_6352 Dsc_6366

・国鉄 to JR
Dsc_6355 Dsc_6357

国鉄からJRに変わったのはもう33年も前なんですね。

・青函連絡船
Dsc_6369_20200414004801 Dsc_6368

乗った事はありません。

・青函トンネルの駅
Dsc_6371 Dsc_6386

木古内駅以外はもうない駅。
竜飛海底駅は行ったことがあります。ケーブルカーに乗って地上に上がって。

・青函トンネル関連列車のヘッドマーク
Dsc_6383 Dsc_6385 Dsc_6388
Dsc_6374

どれも載ったことがありません。(「海峡」はある)
北斗星なら乗ろうと思えば乗れたと思いますが、乗らずに終わってしまいました。

・ヘッドマークの表裏
Dsc_6379_20200414005801 Dsc_6382
Dsc_6377 Dsc_6381

裏はこんな感じだったんですね。

・トワイライトエクスプレスの原寸大模型
Dsc_6390_20200414230001 Dsc_6391_20200414230001
Dsc_6392_20200414230001 Dsc_6393

木造です。
糸魚川の職人が新潟産木材を使って製作したもの。
この展覧会が終わった後は糸魚川で中に入れる形で展示する予定だそうです。機会があれば行ってみたいものです。

・座席
Dsc_6398 Dsc_6399_20200414230001

・JR7社の駅長制服と、JR5社の新幹線乗務員制服
Dsc_6403 Dsc_6402

・時刻表ライブラリー
Dsc_6404 Dsc_6405
Dsc_6407 Dsc_6411

時刻表がずらーっと展示されていました。圧巻です。
自分の生まれた年月の号をアップで撮っておくべきだったかな。3番目の写真の中にありますが。

・「たちあがろう東北」「がんばろう岡山 がんばろう広島」のヘッドマーク
Dsc_6410

・私の参加する鉄道の未来
Dsc_6414

自分も貼りましたが、なんて書いたんだったかな?

その他、中井精也さんの三陸鉄道の写真展等もありました。

| | コメント (0)

2020/04/12

野毛山動物園 (3) 後編

・鳥類🐤
Dsc_6196 Dsc_6197
Dsc_6219 Dsc_6232
Dsc_6263 Dsc_6288

池に放し飼いしているところもあるのですが、鳥インフルエンザ対策のため鳥はいませんでした。

・フラミンゴ
Dsc_6240

・なかよし広場
Dsc_6260

子供たちが小動物達とふれあいができるコーナーになっています。

・カメ🐢
Dsc_6294 Dsc_6305
Dsc_6307 Dsc_6312

・ヘビ🐍
Dsc_6295

・ワニ🐊
Dsc_6308

・チンパンジー
Dsc_6317

昔からある動物園で網がある所が多く、写真は撮りにくいです。
動物もそんなにいないですが、入場無料で、手ごろに行ける場所ではあります。(坂上がらないといけないけど...バスもあります)

・横浜市電
Dsc_6206 Dsc_6290

(完)

| | コメント (0)

野毛山動物園 (2) 前編

野毛山動物園に入場します。
入場無料です。

年始の企画として「のげくじ」というのがありました。

・のげくじ
Dsc_5810 Dsc_5811

「アオエリマキキツネザル」が出ました。
アオエリマキキツネザルに行ってみました。

・アオエリマキキツネザル
Dsc_5813 Dsc_5830_20200409003101

ラッキーアイテムは園内放送との事。
園内放送がかかった時に何事かとびっくりするぐらいの大きさに鳴いていました。
口喧嘩で勝負...

・トラ🐯
Dsc_6213

・キリン🦒
Dsc_6226 Dsc_6237
Dsc_6236 Dsc_5822

檻の間から首を出していました。

・ダチョウ
Dsc_6287

・フサオマキザルの親子🐒
Dsc_6248

・ペンギン🐧
Dsc_5825 Dsc_6255

・しろくまの家
Dsc_6268 Dsc_6270

昔は飼っていたようですが今はいません。檻の中に入れるようになっていました。

| | コメント (0)

2020/04/05

野毛山動物園 (1) 日ノ出町駅から

1月13日、久しぶりに野毛山動物園に行きました。

最寄り駅の京急の日ノ出町駅で下車します。

・日ノ出町駅上りホームの柱
Dsc_6178

タイルで三浦半島が描かれています。
開業当時に設置されたものと思われます。(開業は1931年)
今と形が違うところもありますね。大黒ふ頭とかあの辺りがないし、金沢区の埋め立て地もありません。

日ノ出町駅の北側にある歩道橋の所に行ってみました。

・日ノ出町駅の北側にある歩道橋から
Dsc_6180 Dsc_6182
Dsc_6184 Dsc_6186

狭い坂を上がります

・狭い坂とそこから見た日ノ出町駅
Dsc_6188 Dsc_6189

さらに上がって野毛山動物園前に到着です。

・野毛山動物園前の歩道橋から見たランドマークタワー
Dsc_6190

・野毛山動物園
Dsc_6192 Dsc_6193

| | コメント (0)

2020/04/04

東京国立博物館 (3) 番外: せとうちグルメフェス

・上野公園の噴水とその先の東京国立博物館
Dsc_6043 Dsc_6044

噴水前の広場では「せとうちグルメフェス」が開催されていました。

・せとうちグルメフェス
Dsc_5751

・牡蠣食べ比べ3種 (1000円!)
Dsc_5795

左から広島、香川、兵庫です。
香川が一番美味しかったかな。

・瓦そば (800円)
Dsc_5796

山口県の名物です。さすがに瓦にはのっていませんでした。
美味しいかったです。
付き汁に付けて食べるとの事、焼きそばとは別物だったんですね。どちらかというと日本蕎麦に近い。

・牡蠣汁 (300円)
Dsc_5798 Dsc_5799

この大鍋から移したものと思われますが小鍋から注いでいました。
牡蠣は大鍋とは別に決まった数を器に入れていたように見えました。大鍋で一緒に煮込んだ方が美味しそうですが均等にすくえないですからね。

(完)

| | コメント (0)

東京国立博物館 (2) その他

・謹賀新年
Dsc_6050

年始だったこともあり「博物館に初もうで」の企画がありました。

・本館階段のいけばな
Dsc_6100

・特集展示「博物館に初もうで 子・鼠・ねずみ
Dsc_6097 Dsc_6095
Dsc_6107 Dsc_6103
Dsc_6101 Dsc_6108

今年の干支「ねずみ」が描かれていたりする作品を集めて展示されていました。

以下は「はつもうで」とは無関係です。

・特集展示「伝説の面打たち
Dsc_6153 Dsc_6151

・特別展「人、神、自然
Dsc_6175

東洋館で開催。
カタールの王族が収集した「ザ・アールサーニコレクション」からの展示でした。
撮影禁止でした。

・伊勢路見取絵図から伊勢神宮内宮と津
Dsc_6157 Dsc_6156

・その他常設展の展示
Dsc_6109 Dsc_6131
Dsc_6129 Dsc_6134
Dsc_6136 Dsc_6147

・工事中の13室
Dsc_6149

不思議な空間でした。

・庭園
Dsc_6160

| | コメント (0)

2020/04/03

東京国立博物館 (1) 特別公開「高御座と御帳台」

1月12日、東京国立博物館で開催されていた特別公開「高御座と御帳台」に行きました。

高御座と御帳台は令和の天皇陛下の即位に伴い10月22日に皇居で開催された「即位礼正殿の儀」で使用されたものです。
天皇陛下がお昇りした方(前から見て左側)が高御座、皇后陛下がお昇りした方(同右側)が御帳台です。
こういうものが一般公開されるものだとは思ってもいませんでした。開かれた皇室や皇室への理解の意味合いもあるのでしょうか。

自分は常設展も見ましたが、「高御座と御帳台」だけ見る方は入場無料で首から札をぶら下げることにより区別していました。「高御座と御帳台」だけの方のみが札をぶら下げるので鞄等に隠せば常設展に入れてしまいそうですが、そのあたりは良心でという事でしょうか。

・本館前
Dsc_6047

本館の特別室での公開で外に並ぶ形式になっていました。
11時頃到着。70分待ちの表示でしたが実際には50分ぐらいでした。

・会場入口
Dsc_5754

入口で立派なカラーのパンフレットがいただけました。
中は撮影可能です。写真を撮ることが目的のようにみんなぱしぱしととっていました。(自分は?)
ガラスで囲まれており、反射してしまうのであまり写しやすい環境ではなかったです。

・前から見た高御座(左)と御帳台(右)
Dsc_6051 Dsc_6062
Dsc_6057 Dsc_6060  

・横から見た御帳台の上の鳥
Dsc_6067

・後ろから見た御帳台(左)と高御座(右)
Dsc_6070 Dsc_6077
Dsc_6074 Dsc_6075

高御座(天皇陛下の方)の方が少しサイズが大きかったです。

別室では衣装や用具の展示もありました。

・衣装
Dsc_6082 Dsc_6084
Dsc_6089

3番目の写真は、天皇陛下と皇后陛下ではありません。

・用具
Dsc_6091 Dsc_6086

単純に年齢だけを考えればもう1回見られる機会があるかもですが、貴重な体験でした。

| | コメント (0)

2020/04/01

四日市 (2) スターアイランドのスパイラルエスカレーター

近鉄四日市駅前にある四日市スターアイランド、スパイラルエスカレーター(曲線のエスカレーター)があります。

このタイプのエスカレータは横浜のランドマークプラザにもありますが、全国的にはそんなにないものと思われます。

・スパイラルエスカレーター
Dsc_5722 Dsc_5723

子の四日市スターアイランド、1988年に開業しましたが2020年2月末に閉店することになりました。

・閉店のお知らせ
Dsc_5724_20200401001201

近鉄四日市駅前、自分が子供の頃はそれなりには賑わっていたのですがだいぶ人通りが少なくなりました。
イオン(当時ジャスコ、古くは岡田屋)の創業店もこの近くにあったのですが、だいぶ前になくなりました。

・駅前の1番街商店街
Dsc_6038

(完)

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »