« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月の22件の記事

2019/12/29

すみっコぐらし × けいきゅう (3) ラッピング車両

すみっコぐらし × けいきゅう、 ラッピング車両です。
3編成ラッピングされています。

・たべものもぐもぐ号 (イエローハッピートレイン)
Dsc_5244 Dsc_5248
Dsc_5241

・空と海すいすい号 (ブルースカイトレイン)
Dsc_5387 Dsc_5389
Dsc_5388

・すみっコぐらし号
Dsc_5382 Dsc_5380
Dsc_5379 Dsc_5656

今回もバス停がありますが、文字通りすみっコな場所で行きにくいです。
えきめんやのコラボメニューなんかもあります。

ひとまず(完)ですが続きがあるかも...

| | コメント (0)

すみっコぐらし × けいきゅう (2) 上大岡駅と京急百貨店

すみっコぐらし × けいきゅう、たぴおおおか駅(上大岡駅)についてです。

・西口
Dsc_5019

「たぴおおおか駅」です。

・ホームのすみっコぐらし改札口(3階)へのエスカレーター前
Dsc_5902

・すみっコぐらし改札口(3階)
Dsc_5904 Dsc_5903 
Dsc_5906 Dsc_5167 
Dsc_5164 Dsc_5907
Dsc_5911  Dsc_5910

隣接する京急百貨店もすみっコぐらしがあります。

・3階
Dsc_5909 Dsc_5913

・7階
Dsc_5917

・10階のエレベーター前
Dsc_5915

富士山は見えませんでした。

・10階のエスカレーター前
Dsc_5920 Dsc_5919

和幸の前にありました。

・2階の赤のエレベーター前
Dsc_5925 Dsc_5927

あまり目立たない場所にあります。
ホームが見えます。

・1階の3階直通エスカレーター前
Dsc_5930

| | コメント (0)

2019/12/28

すみっコぐらし × けいきゅう (1) 品川駅

11月18日~1月26日の間、京急で「すみっコぐらし×けいきゅう 京急沿線のすみからすみまであそびにいこうキャンペーン」を実施しています。

まずは品川駅。

・品川駅の2番線のホームの上
Dsc_5843

・JRとの連絡改札口付近
Dsc_5160 Dsc_5157
Dsc_5159

| | コメント (0)

靖国神社 (3) 遊就館「機関車C5631号帰還40周年」展

遊就館に入ったところの玄関ホールにC56が展示...奉納されています。

・C56
Dsc_4145_20191227231401 Dsc_4146
Dsc_4171 Dsc_4170

協力者に京王帝都電鉄(現:京王電鉄)が入っている事にこの時は意外に感じていました。

常設展の一角で「機関車C5631号帰還40周年 100歳の元鉄道隊大隊長の泰緬鉄道31の記憶」が開催されていたので見に行きました。

100歳の元鉄道隊大隊長・菅野廉一氏は戦中日本軍の鉄道連帯の大隊長として、タイ~ミャンマーを結ぶ「泰緬鉄道」の建設に携わったそうです。
その建設工事の写真等のパネルが展示されていました。
捕虜も含めて大量の人員を使って415kmを1年3ヶ月で開通させたとの事、事故等により万単位の死者が出たそうです。
自分は(たぶん)見てないですが映画「戦場にかける橋」はこの鉄道が題材だそうです。

遊就館に展示されているC56の31号機、日本で使われて廃車になった単なる蒸気機関車だと思っていたのですが、この泰緬鉄道で使用するために日本から輸出されたものの1両でした。
現地で1970年代に廃車になり、菅野廉一氏らが廃車されたC56に会いに行くビデオも放映されていました。
その後1979年に日本に帰還し、靖国神社に奉納されたそうです。
この他にもう1両44号機が帰還しており、大井川鉄道で現在も動態保存されているそうです。現在は「きかんしゃジェームス号」として塗り替えられているようで、変わった機関車人生です。

菅野廉一氏は戦後京王帝都電鉄に転職したそうで、あぁだから協力者に京王帝都電鉄が入っていたんですね。

こういった歴史は全く知りませんでした。
貴重な展覧会だったなと思いました。

・展覧会で展示されていたC56の47号機の銘板
Dsc_4174

展覧会会場ではこれのみ撮影可でした。
47号機も泰緬鉄道で使用されていたもので、タイで保存されているそうです。

・C56の横に展示されていた泰緬鉄道の地図
Dsc_4182

この地図の赤色部分は現在も運行しており、それ以外は廃車になったそうです。

玄関ホールには大砲や零戦も展示されていました。

・大砲と零戦
Dsc_4168 Dsc_4147

「御創建~現在」展とこの展覧会を見ただけで閉館時間になってしまい、常設展は一部を通り過ぎただけで終わってしまいました。
また来ないとだめですね。
来年の同じ日でしょうか? と思いましたが来年の10月20日は火曜日でした。

(完)

| | コメント (0)

2019/12/25

靖国神社 (2) 遊就館「御創建~現在」展

靖国神社の遊就館に入ります。

25年振りぐらいに入りました。
以前入ったのは大学生の頃、帰省途中に東京に住んでいた伯父夫妻の家に何日か泊まったりしていて、その時に一緒に行きました。
大学卒業後自分は横浜に移住しましたが、その後伯父夫妻は大阪に移住、伯父夫妻の伯母はもう亡くなりました。

・遊就館
Dsc_4144_20191225215701 Dsc_4142

靖国神社 御創立百五十年特別展 後編「御創建 ~ 現在」展が開催されていました。

・「御創建 ~ 現在」展の入口
Dsc_4823

常設展は戦車等が展示されている大展示室以外は撮影禁止でしたが、この特別展は撮影可でした。

・特別展会場
Dsc_4163 Dsc_4164

・展示物
Dsc_4151 Dsc_4152
Dsc_4160 Dsc_4161

靖国神社の歴史に関する展示です。
戦中や戦争の少し前(太平洋戦争)にできたのかなと思っていたのですが、明治時代の少し前からあったんですね。
勉強になりました。
前期はどんな展示だったのだろう。前期も見たかったなと思いました。

皇族や内閣総理大臣の靖国神社参拝の歴史年表の展示もありました。
小泉さんの時は結構来てたんですね。
靖国神社の参拝、悪い事だとは思わないしどちらかというと推進派ですが、神社がこれをアピールするのはどうなんだろうな? とちょっと思いました。

結構じっくり見てしまったので時間の方が...、遊就館の閉館時間は早くて16:30までなのです。

| | コメント (2)

2019/12/24

靖国神社 (1) 靖国神社

武道館に行った後、近くにある靖国神社に参拝してきました。
去年も同じ日に行ってます。

・靖国神社
Dsc_4127_20191224004101 Dsc_4128
Dsc_4129_20191224004101 Dsc_4131
Dsc_4135 Dsc_4137
Dsc_4140

第一鳥居 (2番目と3番目の写真) はでっかいです。

その後遊就館へ。それについては次の記事へ。

この日は例大祭で、遊就館から出てきた時は能舞台の所で郡上踊りをやっていました。

・郡上踊り
Dsc_4194

踊っている人のほとんどの顔がみな真顔で、淡々と踊っている感じでした。こういうものなんでしょうね。

・おしゃれなカフェ
Dsc_4841

政治家の饅頭とか売っていた昔ながらの土産物屋が並んでいたところはおしゃれなカフェに代わっていました。
なんか違うと思いました。

・夜の靖国神社
Dsc_4216

| | コメント (0)

2019/12/23

武道館2019

2019年10月20日、2017年の同じ日に武道館で開催された有安杏果さんの「ココロノセンリツ vol.1.5」から2周年でした。
この日は別の所に行こうと思っていたのですが、思い立って予定を変更して武道館へ。
脳内BGMは有安さんがフォーク村で歌った「大きな玉ねぎの下で」です。

武道館は現在東京オリンピックに関連して改修工事中です。

・武道館近くの江戸城の堀
Dsc_4079 Dsc_4083

・武道館に向かう田安門の手前側
Dsc_4088

・田安門の間から見た武道館
Dsc_4091

・田安門の奥側と門の上のしゃちほこ
Dsc_4092 Dsc_4093

門の上にしゃちほこが載ってたんですね。
いままで全く気付いていませんでした。
TEAM SHACHI (チームしゃちほこ) が武道館で公演した時はこのしゃちほこに歓喜が沸いてみんな写真を撮っていたりしたのでしょうか?

武道館!

Dsc_4112

ででん。

・武道館
Dsc_4099 Dsc_4102
Dsc_4110

壁をぶち抜いていたりして結構大々的に改修していました。

横に武道館の併設施設っぽい建物も建てられていました。

・武道館の横の建物
Dsc_4111

・田安門近くの高燈篭と武道館
Dsc_4122 Dsc_4125

・夜の高燈篭と武道館
Dsc_4244

| | コメント (0)

2019/12/21

令和元年自衛隊観艦式 フリートウィーク (4) その他

・てるづき・あさゆき
Dsc_4076 Dsc_3888

この2艘も一般公開されていましたが、終了時間になり見られませんでした。
1枚目は帰りに撮影したもの。

・魚雷
Dsc_3884

・こいずも
Dsc_3914

「いずも」の模型ですが文字が「こいずみ」に空見してしまいました。小泉氏はここ横須賀の選挙区。

・港内クルーズで使われていた船
Dsc_3918 Dsc_3926
Dsc_3965 Dsc_3966

30歳までの年齢制限がありましたが、それより年上に見る人の方が多いぐらいに見えました。
30歳までというのは、入隊の勧誘目的だったりするのでしょうか?

・奥に停まっていた船
Dsc_4027 Dsc_4037

右側の91番は迎賓艇「はしだて」で、賓客を招いての式典とかそういう目的で使用される船のようです。
どれぐらい使われているものなんでしょうね。

・横須賀駅付近からの風景
Dsc_4078

翌週の観艦式の本番は、台風の影響で中止になってしまいました。

(完)

| | コメント (0)

令和元年自衛隊観艦式 フリートウィーク (3) いかづち・はたかせ・はるさめ

一番奥のいかづち・はたかせ・はるさめ へ。

・いかづち・はたかせ・はるさめ
Dsc_4056

・いかづきの後部から
Dsc_4016 Dsc_4017

・はたかぜの後部から
Dsc_4019

後ろにもミサイルがあります。こういう艦艇もあるんですね。

・はるさめの後部から
Dsc_4023 Dsc_4025

・はるさめの前部から
Dsc_4031 Dsc_4032

はるさめは艦橋が見学できました。

・はるさめの艦橋と艦橋から見た風景
Dsc_4036 Dsc_4038

・はたかぜの前部から
Dsc_4046 Dsc_4048

はたかぜは後ろにもミサイルがありましたが、前にも大きいのが2つありました。

・いかづちの前部から
Dsc_4052 Dsc_4049

・いかづちの降り口付近
Dsc_4054

ありがとうございました!

| | コメント (0)

2019/12/19

令和元年自衛隊観艦式 フリートウィーク (2) こんごう・ちょうかい・さみだれ

奥のふ頭へ。

・奥で停留している艦艇
Dsc_3919 Dsc_3921

・こんごう・ちょうかい・さみだれ
Dsc_3931

まずはこの3艇を見学します。
こんごうから乗船して順番に渡っていく形式になっていました。

・こんごうの後部
Dsc_3940 Dsc_3944

・ちょうかいの後部
Dsc_3950 Dsc_3947

・さみだれの後部
Dsc_3959 Dsc_3953
Dsc_3954 Dsc_3958

・さみだれの下から見た艦橋辺り
Dsc_3971 Dsc_3976_20191219231601

艦橋も見学できました。
久しぶりの艦橋でした。結構待ちました。

・さみだれの艦橋
Dsc_3980_20191219232801 Dsc_3981
Dsc_3982 Dsc_3985_20191219232801

・さみだれの前部
Dsc_3989

・ちょうかいの前部
Dsc_3993

ちょうかいも艦橋が見学できました。

・ちょうかいの艦橋と艦橋付近から見た風景
Dsc_3996 
Dsc_4001 Dsc_3999

・こんごうの前部から見た風景
Dsc_4013

| | コメント (0)

2019/12/15

令和元年自衛隊観艦式 フリートウィーク (1) 潜水艇こくりゅう

令和元年自衛隊観艦式フリートウィークのイベントとして10月5日と6日に横浜と横須賀基地で艦艇等の一般公開がありました。
そのうち10月6日の横須賀基地に、なにやら潜水艦が一般公開されているとの事なので行きました。
久しぶりの自衛隊イベントと横須賀基地でした。

・横須賀基地の入口
Dsc_3878 Dsc_3881
Dsc_3883

さっそく潜水艦こくりゅうへ。

・前から
Dsc_3890 Dsc_3892

・横
Dsc_3894

結構高く飛び出ています。

・後ろの方
Dsc_3912 Dsc_3900

・後ろから
Dsc_3917

見学は潜水艦の上を通り抜けるコースです。
さすがに中には入れませんでした。

・見学
Dsc_3899 Dsc_3903  
Dsc_3902 Dsc_3905

潜水艦は隙間のない鉄板で覆われているものと思っていましたが、上部に隙間が通っていました。
潜水時にはこの中に水が入っている行くと思います。
逆に何かを排出するためにこういう隙間が必要なのでしょうか?

・一般公開が終わった後の後片付け中のこくりゅう
Dsc_4062

・航行中の他の潜水艦
Dsc_4041 Dsc_4064

動いている潜水艦を見たのは初めてだったと思います。
潜水艦の上に乗務員が立った状態で航行していました。
柵などはありません。ライフジャケットを付けているとはいえ怖いなと思いました。

| | コメント (0)

2019/12/12

野島 (4) 野島掩体壕 等

野島を時計回りに回って帰りました。

野島にちょっとした砂浜があります。

・砂浜がある辺りから見た八景島方面
Dsc_3837  

・野島掩体壕跡
Dsc_3838_20191211234901

結構大きいです。こんなところにこんなのがあったのかとびっくりしました。
戦時中の戦闘機を隠しておく壕で、100機格納可能との事、山の向こう側まで貫通しているそうです。
完成後すぐに終戦になり実際には使われなかったそうです。
野島には航空機が飛べそうにないしどうやって運ぶのだろうと思いましたが、向かいの追浜に海軍の飛行場がありその当時は橋が架かっていたそうです。日産のテストコースはその跡との事。

・対岸の追浜
Dsc_3840

結構近いです。

・海との境
Dsc_3844

満潮なのかもしれませんが海と陸の差が5cmぐらいしかありませんでした。
こんなに上まで上がってきて大丈夫なんですかね。台風とかの時に危なそうに思いました。

・野島の平潟湾側(陸側)
Dsc_3847 Dsc_3848
Dsc_3851

横浜市内にこんなところがあった事を知らずびっくりしました。
平潟湾を渡る橋があり、3番目は渡った先の向かいから撮影したもの。

・平潟湾を渡る橋から見た金沢八景方面
Dsc_3855

・平潟湾を渡るシーサイドライン
Dsc_3864 Dsc_3865

・シーサイドラインの金沢八景駅の仮駅
Dsc_3871

駅舎に上がっていく階段はまだ残っていました。
そのうち撤去されるのでしょうね。

(完)

| | コメント (0)

2019/12/11

野島 (3) 野島公園展望台

野島公園の展望台へ。
海岸沿いと同じ高さに展望台が立っているのかなと思っていたのですが、丘というか山になっていてその上にあります。
急坂をだいぶ上がる必要があり疲れました。
海抜57mだそうです。

・展望台
Dsc_3829

意外と高い展望台で構造的に怖く感じましたが上りました。

・展望台からの風景
Dsc_3823 Dsc_3826
Dsc_3821 Dsc_3817_20191211225501
Dsc_3820 Dsc_3824
Dsc_3816_20191211225501 Dsc_3815

時間順ではありません。
3番目の写真八景島(シーパラダイス)。
4番目の写真にうっすらと見える橋は東京湾アクアラインです。見えるものなんですね。
5番目の写真は追浜にある日産自動車のテストコース。地図で見たことはありましたがこんな感じなんですね。追浜は横須賀市で間に川(運河?)がありますが、すぐ近くでした。

展望台のベンチに座って、寝ていたわけではなかったはずなのですが気づいたら1時間ぐらいいたようであれ? って感じで陽が落ちてきていました。

| | コメント (0)

野島 (2) 旧伊藤博文金沢別邸

野島の野島公園内にある旧伊藤博文金沢別邸へ。
初代内閣総理大臣の別荘です。
現在は横浜市の所有です。

・旧伊藤博文金沢別邸
Dsc_3770 Dsc_3801

室内に入れます。入場無料です。

・調理場
Dsc_3776_20191211220401

・中庭みたいな感じの所
Dsc_3778

・客間
Dsc_3780 Dsc_3782

窓から八景島が見えます。
これは良い風景でした。
食器が置かれているのがまた良い味を出している思ったのですが、ここで有料で茶菓子を味わえるそうで前食べた方の残骸だったようです。この後係の人が片付けに来ていました。

・居間
Dsc_3790 Dsc_3792

縁側に座ってぼんやり海を眺めていたい気分でした。

・風呂と便所
Dsc_3796 Dsc_3798

外には庭園もあります。

・庭園
Dsc_3804

| | コメント (0)

2019/12/10

野島 (1) シーサイドライン

9月29日、横浜市金沢区にある野島に行きました。
金沢八景の東側にある島です。
まずは金沢八景駅からシーサイドラインで野島公園駅に向かいます。
野島公園駅自体は野島にはありません。橋を渡った先が野島です。

シーサードラインの金沢八景駅は長らく30年仮駅でしたが、3月31日から京急の駅近くの本駅に移転しています。
京急の改札口もそれより前の1月26日から隣接する橋上駅に移行しています。

・高架上の京急とシーサードラインの金沢八景駅
Dsc_3710 Dsc_3711

京急の方のビルはまだ建設中です。
1階の建設中の囲いにこんなイラストがありました。

・京急のイラスト
Dsc_3712

・1階から見たシーサードラインの仮駅だった所
Dsc_3715

・1階から見たシーサードラインの駅舎
Dsc_3720

・シーサイドラインの駅内
Dsc_3722 Dsc_3723

本駅になってからシーサードラインに初めて乗りました。
最前席を確保しました。1駅ですが。

・金沢八景駅での最前席
Dsc_3727

・金沢八景駅の仮駅を通過
Dsc_3730 Dsc_3731

野島公園駅に到着

・野島公園駅
Dsc_3735

・野島公園駅から見た野島、野島に向かう橋、野島から見た野島公園駅
Dsc_3736 Dsc_3738
Dsc_3740

野島への橋はあまり長くありません。運河みたいな幅です。

・野島の西端辺りから見た海
Dsc_3744 Dsc_3748
Dsc_3749

2番目の写真の遠くに見える煙突は、木更津とか君津の工場なのだろうか?

波の近くまで降りられたので行ってみました。

・波
Dsc_3761 Dsc_3762

| | コメント (0)

2019/12/08

EXPERIENCE Vol.1 DAY3

11月23日、幕張メッセイベントホールで開催された「EXPERIENCE Vol.1」のDAY3に行きました。

「ダイナミックプライシング」というAI技術を活用し、需要と供給に応じて価格を変動させる仕組みを使用との事。
発売当初はYahoo!チケットで高額販売してたようです。
同じ日に幕張車両センターで一般公開(マリフェス)があり、同じ幕張でも離れていますがこれに行った帰りに行こうかな? と思ったりしていたのですが、チケットぴあから販売メールが来て、思い出してそこで6900円(+手数料)で買いました。
しかし、どうやら全然売れていなかったようでそれまでは6900円より安かったらしく、その後Yahoo!チケット見たら6900円より安い値段で売っているし、当日券は3500円 → クーポン利用で2000円にまで安くなり、さらに無料モニターの募集も行っていました。
なんだか6900円で買ったのがばかばかしい。
6900円ならまだよい方でしょうね。発売当初に勝った人は数万円だったりするのかな?
EXPERIENCE自体の興味も失せてしまいましたし、この日は雨だったのでもう行くのは止めようかとも思いましたが、行きました。

・幕張メッセ
Dsc_5016 Dsc_5017

幕張メッセに来るのは、ももクロの有安さん卒業ライブのライブビューイング以来かな。
本会場はホールでしたが、急遽行われたライブビューイングが今回の会場のイベントホールでした。

そんなわけで入場。アリーナ席の比較的後ろの方でした。
客席は満席ではなかったですが、ガラガラというわけでもありませんでした。

16:00開演で15:50頃入りましたが、もうオープニングアクト中でした。
オープニングアクトは開演前にやるものだったのですね。
と思いましたが、16:00になってもオープニングアクトは終わらず、16:30から本編でした。

本編1組目はポルカドットスティングレイ
女性ボーカルを中心とするバンドです。
知らなかったグループでしたが、良かったです。
4曲目とかギターの特徴的な演奏が気になりました。
MCはボーカルがメインでたまにベースも入ってきて、しかしギターとドラムは参加せずな変わった感じでした。

2組目は大原櫻子さん。
見るのは初めてです。
彼女はダンスもするんですね。というかダンス曲がメインでした。
楽屋では玉井さんと話がはずんでいたりしたのでしょうか?

3組目はSilent Siren
以前黒フェスで見たので2回目です。
その時に印象に残っているタオル回し曲はやらなかったです。

4組目はLittle Glee Monster
見るのは初めてです。一度見てみたいなと思っていたのでこのイベントに行くきっかけの1つでもありました。
生バンドありでした。タオル回し曲のようなものもあるんですね。
やっぱり上手いです。
平原綾香さんもカバーしているJupiterが特に感動的でした。
Little Glee Monsterさんはペンライトは緑なのかな? 客席に緑のペンライトがちらちら付いていました。おぉ久しぶりの緑! ...と。
自分の持っているペンライトも緑が点くのでカバンから出して点けようかと迷いましたが点けませんでした。
良かったです。

5組目最後はももいろクローバーZ
バンドはなしでした。オープニングアクトを除くと唯一のバンドなし。
overtune後、このイベントの値段に関する格差のお詫びのような朗読があり、高く買ってしまった人への還元を主催者ではなくももクロに発表させるのか? あそこの事だからでPay Payの推進も狙ってPay Payのポイント(ってあるのかな?)で還元? とか思ったんですが、
そういうものではなく後ろからあーりんが高いキャスターに乗ってアリーナ内を巡回しました。overtune後1曲目は「あーりんは反抗期」、この日はあーりんのももクロ加入11周年との事でした。
通路側から3番目の席だったので、とっても近くで見られました。近くでメンバーで見るのはなぜかあーりん率が高いです。
衣装は半分背広な.. スーツではなくあくまで背広な感じのstay GoldのPVで来ていた曲。stay Goldも客前では初披露との事で歌いました。あの曲は、まじめにペンライトを振ると、X Japanの「紅」のドラム演奏みたいで... ドラムを叩いたことはありませんが結構ハードです。
その他に、Link Link、猛烈宇宙交響曲無限の愛、The Diamond Four、ツヨクツヨク 等。
久しぶりのももクロ(8月のももクロマニア以来)で。アップテンポな曲ばかりで久々でもあり結構疲れましたが、良かったです。

DAY3は21時終了予定と告知されていましたが、ちょうど20時に終わりました。1時間前倒しです。トリだからと言って特別長いわけではなかったです。
早く終わった方が経費は削減できるからなのかな? 時給払いのアルバイトなら1時間分節約です。
今回は演者間の切り替わり時間が短かったです。10分ぐらい。フェスで行う楽器の音声チェックとかマイクのチェックもほぼありませんでした。あれはなくても大丈夫なものなのか? あるいは別の場所でやるのか? Yahoo!革新の技術ではなくても大丈夫なものなのな?
客としては演者間の待ち時間は短い方が良いのですが、あんまり短いとトイレタイミングがなくなってしまいます。

なんらかんらで演者のパフォーマンスはどれも良かったし行って良かったと思いました。

| | コメント (0)

2019/12/07

映画「最高の人生の見つけ方」

10月14日、私の出演作でもある映画「最高の人生の見つけ方」を観に行きました。

Dscpdc_0001

がんによる余命宣告され、同室になった吉永小百合さん演じる普通の主婦・幸恵と、天海祐希さん演じるホテルチェーン社長のマ子が、12歳の少女が残した?おくすり手帳に書かれた「死ぬまでにやりたいことリスト」を実現していくという物語です。

続きを読む "映画「最高の人生の見つけ方」"

| | コメント (0)

九州2019 (13) 熊本空港から帰宅

帰りは熊本空港から飛行機で羽田に帰ります。

熊本駅からバスで熊本空港へ。
約1時間かかります。
新幹線に乗って博多駅で乗り換えて福岡空港に行くのと大きくは変わらなさそうです。

途中、桜町バスターミナルに寄るとの案内放送。
新しくそういうバスターミナルができたのかな? と思ったら元の熊本交通センターを建て替えてできたバスターミナルでした。
桜町って言われてもよそ者にはどこかわからないぞ? と思いました。

・桜町バスターミナル
Dsc_4585 Dsc_3696

熊本空港に到着。

出発まで時間があったので展望デッキに行ってみました。

・展望デッキのネオンと展望デッキからの風景
Dsc_3699 
Dsc_3704 Dsc_3701

・ターミナルビル内にあったYS-11のシミュレーター
Dsc_3698

定刻より遅れて出航。

・出航してすぐの機内から見た熊本
Dsc_4588

その後雲に覆われて地上は見えなくなりました。

・到着少し前の機内から見た幕張メッセ辺りと東京ゲートブリッジ
Dsc_4592 Dsc_4594

出発が定刻より遅れたこともあり、羽田空港に着いたのは22時頃でした。

2日目の予定(博多 -(ゆふいんの森)→ 大分 → 宮崎 → 国分)が台風の影響で全区間乗れず、
3日目の吉松→人吉もタクシー代行になり乗れませんでした。
リベンジしたいところです。

(完)

| | コメント (0)

2019/12/05

九州2019 (12) SL人吉 後編

ようやく昼食も食べ終わり落ち着けると思ったら、坂本駅で休憩です。
もう休憩はいいよ~ という気分に正直なりました。

・坂本駅の駅舎
Dsc_3649 Dsc_3650

・坂本駅でのSL人吉
Dsc_3652

坂本駅では特急「かわせみ やませみ」とのすれ違いがありました。
「かわせみ やませみ」から「SL人吉」に折り返しで乗り換えてくる勇者? がいました

・坂本駅での「かわせみ やませみ」
Dsc_3661

客室乗務員から「飴」が配られました。

・飴
Dsc_4580

八代までまだまだ先かなと思っていたのですが、もうだいぶ近くまで来ていたようで、九州新幹線の高架橋が見えて「あれ?」となりました。
早く感じました。

・九州新幹線の高架橋と肥薩おれんじ鉄道の高架橋
Dsc_3668 Dsc_3669

・並走する車
Dsc_3670

こういうのは無視した方がよろしいのでしょうか?

九州新幹線と接続する新八代駅で降りた方も多かったようです。

・新八代駅近くの新幹線と在来線を結ぶ線路
Dsc_3672

九州新幹線が博多まで開業する前は、ここをリレーつばめが走って新幹線ホームの向かいで発着して乗り換えていたんですよね。

車内を散策してみました。

・SL人吉の車内
Dsc_3674 Dsc_3677
Dsc_3678 Dsc_3679

・最後尾から見た風景
Dsc_3682

八代~熊本 間は鈍足に感じました。
公害の関係であまり速度が出せないのでしょうか?
普通列車で40分の所、新八代しか停まらないのに50分かかりました。

・車内から見えた熊本総合車両所に停まっていたフリーゲージトレインの試験車両
Dsc_3684

これは今後どうなってしまうのかな?

熊本駅に17:14に到着。

・熊本駅でのSL人吉
Dsc_3689

隣には特急「A列車で行こう」が停まっていました。

・A列車で行こうと、A列車で行こうとSL人吉の並び
Dsc_3685 Dsc_4582

SL人吉は八代側にディーゼル機関車が連結され、これに引かれて熊本車両センターに戻っていくようでした。

・SL人吉に連結されたディーゼル機関車
Dsc_3693

・熊本駅の駅舎
Dsc_3695

9時間ぶりに熊本駅に戻ってきました。

| | コメント (0)

2019/12/04

九州2019 (11) SL人吉 前編

人吉駅から14:38発の快速「SL人吉」に終点の熊本駅まで乗車します。
JR九州の他のD&S列車は特急ですが、これは快速で座席指定席820円のみ。他のD&Sより経費がかかりそうなのに他のD&Sより安いです。

昼食は結局、駅前の「汽車弁当」と看板が挙がっていた店(人吉駅弁やまぐち)で「鮎寿司」(1100円) を買って車内で食べることとしました。

・人吉駅でのSL人吉を牽引する8620形蒸気機関車
Dsc_3578 Dsc_3587_20191204213301
Dsc_3591_20191204213301

・SL人吉の客車
Dsc_3581 Dsc_3583
Dsc_3573

3両編成での運行、両端の車両には展望室がありフリースペースとなっています。
自分は最後尾の1号車でした。

・人吉駅でのホーム側から見た改札口
Dsc_3594

のれんみたいになっていました。

時間になったので発車します。

・発車するSL
Dsc_3597

この煙の量は確かに公害になりそうだなと思いました。
SLの本格的な列車に乗るのはだいぶ前に真岡鉄道で乗って以来の2回目だと思います。

昼食にします。
2号車に売店があり2種類のビール(小町麦酒)が売っていました。その内の1つを買ってきました。

・鮎寿司と小町麦酒
Dsc_4557 Dsc_4559

九州最終日なので昼間からビールも良いでしょう。
という事でTwitterでつぶやいたりして食べ始めたら一勝地駅に到着して10分の休憩という事なので中断。
ちなみにこの「鮎寿司」、付け合わせがほんの少し付いてはいますが、他の物を食べたいなという気分になりました。2面に下ろしたものが2つありが1個で良くて別のおかずが欲しい。
もう1つ「栗めし」というのも売っていたのですが、そっちの方が良かったのかな?

・一勝地駅の駅舎と顔出しパネル
Dsc_3607 Dsc_3610

・一勝地駅前の球磨川
Dsc_3605_20191204220301

・一勝地駅でのSL
Dsc_3611 Dsc_3614_20191204220301

発車します。

ビールはなくなりましたが昼食を食べ終わらないうちに白石駅に到着。ここでも8分間の休憩があります。

・白石駅でのSL人吉
Dsc_3618 Dsc_3620

ここで普通列車との行き違いがありました。
この普通列車、1両編成でもそんなに乗っていませんでした。

・白石駅の駅舎
Dsc_3623_20191204221301 Dsc_3624_20191204221301

白石駅停車中に3号車のSLと連結している方の展望室を除いてきました。

・3号車の展望室
Dsc_3627

SLが真ん前に見えてこれはこれで良いかもです。

2号車の売店でもう1つのビールを買ってきました。

・小町麦酒2種
Dsc_4568

瀬戸石駅と鎌瀬駅の間で球磨川第一橋梁により球磨川を渡ります。
最後尾の展望室に行ってみました。

・展望室からの風景
Dsc_3630 Dsc_3632

・球磨川第一橋梁
Dsc_3638_20191204225101 Dsc_3640

1つ目のスマホは知らない人のスマホです。意図した撮影ではなかったです。

・球磨川
Dsc_3645

| | コメント (0)

2019/12/03

九州2019 (10) 人吉鉄道ミュージアム

・人吉駅の格納庫
Dsc_3562

なかなか風情のある格納庫、
この格納庫の横に人吉鉄道ミュージアムがあります。
MOZOCAステーション868という名前がついています。MOZOCAはこのあたりの方言で「小さい」「かわいい」 を指すそうです。

・人吉鉄道ミュージアムの建物
Dsc_3563

展望デッキからは格納庫や人吉駅が見えます。

・展望デッキから見た格納庫
Dsc_3566_20191203004801 Dsc_3567

SL人吉は入線に向けて準備中でした。

・展望デッキから見た人吉駅
Dsc_3568_20191203004801

・ミニトレイン
Dsc_3569_20191203004801

館内をめぐって外に出てくるという珍しい形になっていました。

・館内の展示物
Dsc_3570 Dsc_3571

あんまり大した展示物はありません。
文字通りMOZOCAでした。
すぐに見終わり、これだったら人吉城から素直にバスに乗ってきても問題なかったかなと思いました。

展望デッキで待っていたらSLが入線してくる姿が見られましたが、まだ昼を食べていなかったのでどこか素早く食べられる場所はないかなと探したり。

| | コメント (0)

2019/12/01

九州2019 (9) 人吉城

人吉城!

人吉駅からどれぐらいかかるのだろう? 珍しく観光案内所で聞いてみました。
徒歩だと25分。
人吉周遊バスじゅぐりっと号で近くまで行けて(最寄りは新町バス停)、同じ路線のバスでSL人吉の出発時間までに戻って来れそうだったのでそれに乗って行きました。
でも、その帰りの時間に乗ると、駅近くにあった人吉鉄道ミュージアムに行く時間がないかなと。かといって今から行くとバスの発車までに戻って来れそうにありません。

・じゅぐりっと号
Dsc_3500

新町バス停で下車。ほとんどの客がここで降りるのかなと思っていましたが、降りたのは自分1人でした。

・新町バス停付近から見た多門櫓等
Dsc_3503_20191201003401 Dsc_3502

期待が膨らむ風景でした。
橋を渡って向こうへ。

・多門櫓
Dsc_3507_20191201004201 Dsc_3508
Dsc_3510

中も入れました。鎧などが展示されていました。

・人吉城の模型
Dsc_3512

・歴史の広場
Dsc_3518

この横に人吉城歴史館がありましたがあとにします。
新町バス停からもう結構歩いています。

・相良護国神社
Dsc_3520_20191201194601 Dsc_3521

石垣に囲まれた階段があったのでここが城跡の入口かなと思いましたが神社でした。ここからは上がれませんでした。

琢磨川沿いに入口がありました。

・案内図
Dsc_3529_20191201200301

・入口の武者返し石垣
Dsc_3524 Dsc_3527
Dsc_3530

上の屋根みたいになっているところが武者返しです。

・水ノ手門
Dsc_3531

川からの入場口。舟で来てここから上がったそうです。

・堀合門
Dsc_3532

御下門跡から本丸の方に上がります。

・本丸への階段
Dsc_3535 Dsc_3536_20191201204601 Dsc_3538

険しい階段です。
予想外。帰りの時間もあるのでゆっくりと上るわけにもいきません。

・三の丸辺りと、脇に見えた二の丸への階段
Dsc_3539 Dsc_3540

神秘的なその階段は遠回りになるので上らず、通りの階段で上へ。

・二の丸
Dsc_3542

・本丸への最後の階段
Dsc_3543

やっと本丸に着きました。

・本丸
Dsc_3544 Dsc_3547

左は階段側からの写真、右は奥から階段側の写真です。

・本丸からの風景
Dsc_3546

眼下に見えるのは琢磨川です。
舟が見えました。「琢磨川くだり」というのがありその舟のようです。

下ります。

・二の丸から見た三の丸等
Dsc_3551_20191201224101 Dsc_3552

下の部分から高さがあります。
この広いところに下に降りたかったのですが、近くに降りれるところはなかったので、時間の関係もありパス。

御下門跡まで下ります。
奥にもいろいろあるようでしたが、時間の関係でパス。
やっぱり人吉鉄道ミュージアムを見たいなと思って、バスの時間まで待つと見る時間がなさそうなので歩いて人吉駅に向かいました。

・水の手橋から見た琢磨川
Dsc_3556

結構広い川です。
前日の台風の影響なのかしれませんが水量が多かったです。

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »