« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月の15件の記事

2019/11/30

九州2019 (8) タクシー代行 吉松→人吉

吉松から人吉まで「しんぺい号」に乗る予定でしたが、倒木による運転見合わせによりタクシー代行となりました。

「はやとの風」は11:11着で、「しんぺい号」 は11:49発です。
吉松駅の近くにSLが置かれていて展示館もあるようなので乗換待ち時間に見に行こうかなと思っていたのですが、
既に駅前にタクシーか来ていて、到着後慌ただしく乗る感じに。見に行く時間はありませんでした。
人吉まで4台、大畑まで1台だったかな。タクシーの定員いっぱい乗せていました(後部座席は3人)。
人吉タクシーでした(他の会社もいたかも)。人吉側から回送してきたのか? あるいは人吉から代行で人を運んできた帰りなのか?

・吉松駅でのタクシー
Dsc_3489

・タクシーからの風景
Dsc_4525 Dsc_4526

高速道路経由でした。
左の写真の高いところの道路を走っていくのかと思いましたがそこは一般道で、高速道路は低いところをトンネルで抜けていきました。

そんなわけで人吉駅に12時頃到着。しんぺい号は13:08着だったので1時間ぐらい早く着いてしまいました。ちなみにこの後14:38発のSL人吉に乗ります。
メーターは8300円ぐらいでした。
ちなみに鉄道をこの区間のみ利用した場合の運賃は1人760円(乗っていた4人で計3040円)のようでした。
今度は鉄道でリベンジしたいです。

・人吉駅
Dsc_3492 Dsc_3495

「汽車弁当」が気になりました。

・外から覗いた人吉駅構内
Dsc_3497_20191130231601 Dsc_3498

くま川鉄道に乗ってみたいところでしたが、1時間早く着いたとはいえ終点まで行って戻ってくるのは無理そうでした。

・人吉駅前のからくり人形
Dsc_3493

人吉城かぁ~

| | コメント (0)

2019/11/27

九州2019 (7) はやとの風

鹿児島中央駅からは9:26発の特急・はやとの風2号に終点の吉松まで乗車します。

・鹿児島中央駅でのはやとの風
Dsc_3400 Dsc_3405
Dsc_3406

車両はキハ47系。元々は近郊型の気動車でドアは両開きです。
だいぶ改造されていますが、内装も特急車っぽくはないです。

・はやとの風の車内
Dsc_3410 Dsc_3411
Dsc_3412 Dsc_3433

発車します。
空席はまぁまぁありました。

鹿児島貨物ターミナルにステンレス車体のEF81形300番台がいました。
ステンレスの機関車、子供の頃図鑑で見た記憶がよみがえりました。

・EF81形300番台
Dsc_3414

しばらくすると桜島が見えてきました。

・車内から見た桜島
Dsc_3415 Dsc_3430

桜島、すばらしいです。
当初の予定は隼人からの乗車、桜島が見られる区間は通らないはずでした。
ある意味これで良かったのでしょうか?

・沖小島 かな?
Dsc_3428

隼人駅で日豊本線から離れて肥薩線へ、山間部と入ります。

・車内から見た山間部
Dsc_3435

嘉例川駅で8分の休憩があります。
駅舎などを散策します。

・嘉例川駅
Dsc_3436 Dsc_3438
Dsc_3445 Dsc_3446
Dsc_3449 Dsc_3452
Dsc_3441 Dsc_3454

1903年(明治36年)に開業した駅で、駅舎はその時に建設された木造建築。建造116年です。
あぁこれがかの有名な嘉例川駅か... って感じでした。

乗務員の方が頻繁に携帯電話で話しておりなんだろうなと。
この後吉松駅から人吉に向かうしんぺい号に乗る方は乗務員が通るので声をかけてくれとの事。
えぇ~ この後そのしんぺい号にのって人吉に行き、さらに熊本まで行って飛行機で関東地方に帰る予定です。
乗務員に声を掛けたら、吉松~人吉間は倒木のため現在運転見合わせ中との事。
状況が分かり次第再度連絡するとの事でした。
どうしましょう。遅れるのがどれぐらいまでなら関東に戻れるのんだろうか。吉松に着いたらそのまま鹿児島中央駅に折り返してちょっと観光して熊本に戻った方が無難なのかな? と。

・霧島温泉駅
Dsc_3455 Dsc_3456
Dsc_4515 Dsc_4516

その次の、霧島温泉駅でも5分ぐらい停車し、地元によるさつま芋、栗、お茶の振る舞いがありました。
久しぶりに栗を食べました。

・大隅横川駅
Dsc_3460 Dsc_3462
Dsc_3459 Dsc_3463_20191126235301
Dsc_3465 Dsc_3466
Dsc_3467 Dsc_3470_20191126235301
Dsc_3471 Dsc_3475_20191126235301

大隅横川駅でも8分停車します。
嘉例川駅と同様に1903年(明治36年)に開業した駅で、駅舎はその時に建設された木造建築、同じく建造116年です。

こんなに頻繁に長時間停車があると、観光客でない人にとっては迷惑だろうなと思いました。
乗っているのはほぼ観光客のようでしたが。

吉松~人吉間は依然運転見合わせ中で、タクシーによる代行運転を行うとの連絡が入りました。
タクシー... タクシーで間に合うぐらいの人数なのですね。
でも、タクシー代行でもいいので人吉まで行けて熊本経由で関東まで帰れそうなので安心しました。
まぁリベンジしに来ないといけないなと思いました。

・車内から見た霧島山方面
Dsc_3480 Dsc_3482

終点の吉松駅に11:11に到着です。

・吉松駅に到着したはやとの風
Dsc_3484 Dsc_3487

| | コメント (0)

2019/11/24

九州2019 (6) 熊本 → 鹿児島中央

翌日の9月23日、風はなく快晴。
九州最終日の今日こそは予定通りは事が運びそうです。
... とこの時点では信じて疑いませんでした。

・東横インから見た熊本駅
Dsc_3380

・熊本駅付近で路面電車
Dsc_3381

・熊本駅の駅舎と新幹線の改札口前
Dsc_3384 Dsc_3385

まずは鹿児島中央駅まで8:01発のさくら403号に乗車します。

・熊本駅ホームに入線してきた新幹線
Dsc_4486

JR西日本の700系でした。
800系と違って普通の内装です。自由席は3+2の配列。

・車内から見た熊本総合車両所 等
Dsc_4487 Dsc_4488

鹿児島中央駅に8:58に到着。
あっという間に到着してもっと乗っていたい感でした。

・鹿児島中央駅に到着した新幹線
Dsc_3389

・鹿児島中央駅の駅舎内
Dsc_3391 Dsc_3393

・鹿児島中央駅の駅舎
Dsc_3396

鹿児島に来たのは、九州新幹線の八代~鹿児島中央間が開業して間もない頃に来て以来です。
15年も前になるのか... トホホ
前来たときはこの部分にビルはなく、駅に上がる階段とエスカレータが野外にありました。

鹿児島観光をしたい気分になりましたが、この後の予定があります。

| | コメント (0)

2019/11/19

九州2019 (5) 博多 → 熊本

今日は午後早い時間に鹿児島に移動... と思っていたのが17時を過ぎていました。
台風はもう長崎沖に... ということだったので何の心配もしていなかったのですが、
博多駅の新幹線乗り場に向かうと、熊本~鹿児島中央間は強風のため現在運転見合わせ中との事。
次のさくら415号は鹿児島中央行で運行するが、その後2本は熊本止まりに変更するとの事。
危なかった。時間はかかるのかもしれないが鹿児島までは行けるんだなとやや安堵しました。

・博多駅でのさくら
Dsc_3368 Dsc_3369

博多始発で800系6両編成でした。
800系は自由席でも2+2の配置で、後のN700系よりもゆったりしているように感じました。

・800系車内
Dsc_4471 Dsc_4476

・博多総合車両所の横を通過
Dsc_4473

先が詰まっているようで、新大牟田駅で待ち状態になったり。
熊本から先どうなるのか、終点熊本といきなり言ったらそうではないっぽい事を言ったり曖昧な放送で熊本に着きました。
ん... このまま列車で再開するまで待っていてよいものなのか?
外に出てみたら、列車は鹿児島中央行表示のままでしたが、駅員に聞くと折り返し博多行きになるとか。
やがて列車の表示も博多行に変わりましたが、依然列車の中で待っている人もいて、そのうち博多に連れていかれて「うわっ」となるのではないかと心配になりました。その後車内清掃の人が来て案内が行われたようで安心しました。
下に降りてみましたが、払い戻し客の長い列ができていました。
このまま待っていたら再開するものなのか、もう諦めたら方が良いのか? どう判断したらよいものかよくわかりません。
駅員としては責任問題になるので答えられないのでしょうが、会社としてちょっと無責任な対応に感じました。

この後2本は熊本止まりと表示しており、乗ってきた列車は博多折り返しになるということから、たとえすぐに再開できる状態になっても、鹿児島止まりに変更になることはなく、どこかから車両を手配することも難しそうなので3本目になるんだろうなと。
いったん改札を出て、どうしようかなと...。
調べたら駅前の東横インに空室があるようなので予約して、泊まる予定だったホテルにキャンセル料が取られないように詫びと事情説明の連絡を入れて、
改札に戻ったら「次の(3本目の)列車から運転再開しますよ~」だって。いやさっきホテルキャンセルしたばかりだよと...。

結局熊本で泊まり、乗車券等を再開することになって空いた窓口で変えてもらいました。
翌日は「はやとの風」を途中の隼人から乗る予定だったところ、始発の鹿児島中央から乗ることになったので、結果的には良かったのかな。

熊本駅に前来たときは在来線は地上でしたが高架化されており、新幹線下の奥まった裏口的な店舗群も広くなって表店舗な感じになっていて、だいぶ変わったなと思いました。

・熊本駅
Dsc_3377_20191119000601

夕食は熊本駅高架下にあった「火の国 うまや」で「火の国セット」、この他にそばも付きます。
馬刺しが少ししかなく足りなかったので単品で馬刺しをもう1つ頼みました。

・火の国セットと馬刺し
Dsc_4481 Dsc_4482

ホテルに戻り、寝床に着きましたが、高層階で強風でやや揺れたりして怖かったです。新幹線が運転見合わせになるのも納得する強風でした。

| | コメント (0)

2019/11/17

九州2019 (4) 牧のうどん

博多駅に戻ってきて、博多バスセンターの地下にあった牧のうどんで昼食。
16時半頃でした。前日といいこんな遅い時間に昼食は良くないですね。

ごぼう天・丸天にかしわご飯がついたセットを頼みました。

・牧のうどん
Dsc_4466 Dsc_4465

うどんはやわ麺、中麺、かた麺 から選べます。
中麺にしましたが、かた麺にすればよかったかな。中麺でも十分やらか過ぎふにゃふにゃで、あんまり好みではありませんでした。
やかんの中にはスープが入っており、うどんがすぐにスープを吸って減っていくのでその継ぎ足し用との事でした。
最初から十分吸っていてあんまり必要なさそうでしたが、あるなら使わなきゃ精神で無理くりな感じで少し使いました。

かしわご飯はだいぶ美味しかったです。
おなかもだいぶ膨れてしまいました。

| | コメント (0)

九州2019 (3) 福岡市博物館 常設展と企画展

常設展と企画展へ。ここで言う企画展は常設展の料金で見られる企画展です。
特別展の入場券で常設展も見られる博物館が多いですが、ここでは別途料金が必要でした。

常設展へ。
最初に金印がお出迎えです。

・金印
Dsc_4451

本物のようです。
照明の腕の関係でうまく撮影できないので、CGやイラストで。

・金印のCGやイラスト
Dsc_4452 Dsc_4449

・土器
Dsc_3300

・遣唐使関連
Dsc_3302 Dsc_3303

・火縄銃を持ってみよう
Dsc_3308

結構重かったです。
これをかかえて撃つのは大変そう。

撮影禁止のコーナーも結構ありました。
外国(中国や韓国)が関係するところが禁止になっているのかな? と思いました。

・福岡城と福岡藩
Dsc_3321 Dsc_3319

・大砲
Dsc_3327

・西鉄ライオンズ
Dsc_3334

・1989年に開催されたアジア太平洋博覧会(よかトピア) の会場模型
Dsc_3342

この福岡市博物館はテーマ館だったそうです。

・山笠
Dsc_3344

企画展示室へ。

・兜
Dsc_3359

・古の刀剣
Dsc_3347 Dsc_3350
Dsc_3361 Dsc_3362

・西鉄福岡市内線廃止と福岡市営地下鉄開業の資料
Dsc_3353 Dsc_3352

・セブンティーン創刊号
Dsc_3356

以下は無料で見られる場所です。

・福岡市の地図
Dsc_3346

早めに鹿児島に移動するつもりでしたが、15時を過ぎてしまいました。
帰りもバスで今後は博多駅まで。
バスがなかなか来ず、渋滞していて、博多駅に着いたのは16時頃でした。

| | コメント (0)

2019/11/14

九州2019 (2) 福岡市博物館 「侍 ~もののふの美の系譜~ 展」

福岡市博物館へ。
天神から能古渡船場行のバスに乗り、博物館南口バス停で下車。途中高速道路を通りました。

・博物館南口バス停付近からの博物館・福岡タワー方面
Dsc_3290

見た記憶のある風景でした。
以前だいぶ前に福岡タワーに行ったことがあります。
左の建物が博物館なのかなと思いましたが、この写真では見えない右側にありました。

・福岡市博物館の外観
Dsc_3364 Dsc_3292

・福岡市博物館に入ったところ
Dsc_3294

特別展として「侍 ~もののふの美の系譜~ The Exhibition of SAMURAI」が開催されていました。
もののふです。こんなところでモノノフです。

・特別展のマーク
Dsc_3297

いつの間にやらもう12時近く。早めに移動しようと思っていたので特別展も入るかどうか迷いましたが、結局入りました。

刀や鎧・兜等の防具がたくさん展示されていました。
時代ごとに展示されており、鎧・兜等の防具は時代ごとの変化がわかりました。

結構若い女性の方が多く来ていました。片目の双眼鏡を使って刀の刃をじっと見ている人もたくさん。
自分は、刀の刃を見ても「これは良い」とか違いがわかりませんが、わかる人にはわかるのでしょうね。

撮影禁止ですが最後に1つだけ撮影可の鎧がありました。

・鎧
Dsc_3296

| | コメント (0)

九州2019 (1) 有安巡り

9月21日~23日、台風が接近している中、九州に行きました。
9月21日は「宗像フェス 1日目」、こちらは雨が降ることもなく開催されました。2日目は中止になりました。

9月21日は福岡に宿泊、22日は「福岡 -(ゆふいんの森)→ 大分 -(にちりん)→ 宮崎 -(きりしま)→ 国分」と移動して宿泊する予定でした。
21日の寝る前に確認した段階では明日は全区間平常運転される予定になっていたので安心して寝床につきました。

22日の朝起きて確認したら、大分までは行けるものの、それより先は運休との事。
えー... ショックです。
どうしましょう。
九州新幹線や、鹿児島中央~国分の普通列車は運転するようなのなので、そのルートで宿泊先の国分まで行けそうです。
大分までは運転され、大分~小倉の特急も運休ではないのでそちらをぐるっと回って国分に向かおうかとも考えたですが、リスクを考えると止めておいた無難かなと。福岡でどこか観光して午後早めに国分に移動するのが良いのかなと。

そんななわけで、まずは福岡で予定していなかった有安杏果さん聖地巡りに。

・ピンクのポスト (エンジェルポスト)
Dsc_3280_20191113003201

博多駅博多口のKITTE博多前にあります。郵便局関連ビルの前にあるポストなんですね。

・連接バスで天神に移動
Dsc_3283_20191114205401 Dsc_4430
Dsc_4438

最後の写真は天神での博多方面のバスです。
同区間を走る他の路線バスよりも停車バス停が限られています。博多駅から天神まで100円でした。博多駅の乗り場はバスターミナルではなく路上です。

・サックスおじさん
Dsc_3287_20191114210001 Dsc_3288
Dsc_3289_20191114210001

天神の福岡市役所ふれあい広場にありました。

・TSUTAYA 天神ショッパーズ福岡
なかったです。
3階CD/DVD売り場にあったようですが、3階に売り場はなく2階のみでレンタルしかやってなさそうでした。
道重さゆみさんのサインはありました。
Dsc_4439

・タワーレコード 福岡パルコ店
なかったです。
HKT48を卒業した指原莉乃さんへのメッセージコーナーはありました。
Dsc_4440

この後福岡市博物館に行き、
博多駅に戻ってきました。

・HMV&BOOKS HAKATA
ありました。
KITTE博多の中にあります。あぁだからあのピンクのポストだったのね。
Dsc_4464

| | コメント (0)

2019/11/12

多摩動物公園 (6) アジア園 その3

・ムフロン
Dsc_3203

15時半を過ぎました。
多摩動物公園は17時までの営業ですが16時に室内に籠ってしまう動物ある旨の放送もあり急ぎます。

・ヒマラヤタール
Dsc_3207 Dsc_3209

網がある所の撮影は、オートフォーカスでは網にピントが合ってしまったりしますし難しいです。

・インドサイ
Dsc_3211 Dsc_3213

・ニホンジカ
Dsc_3218

・マレーバク
Dsc_3219

・アナグマ
Dsc_3222

・バードゲージ
Dsc_3227 Dsc_3229_20191112002101
Dsc_3230 Dsc_3235

人が檻の中に入る形態になっています。

・インコ
Dsc_3215 Dsc_3216

・ソデグロヅル 等
Dsc_3241

・ニホンザル
Dsc_3245 Dsc_3248

・キジ
Dsc_3249

・昆虫園本館
Dsc_3250_20191112003201 Dsc_3251

昆虫生態園もありますが16時半まででした。
17時の閉演までここで見ようかと思ってたんですけどね。

そんなわけで終了。
振り返ってみると見ていない動物も少しありました。
予想以上に広く起伏に富んな場所で、たくさん動物がいました。
上野動物園よりだいぶ大きいです。
良かったです。

(完)

| | コメント (0)

2019/11/11

多摩動物公園 (5) アジア園 その2

・アジアゾウ
Dsc_3124 Dsc_3126

アフリカゾウの飼育場所と比べるとだいぶ狭いですが、別の場所に広い新飼育場を建設中で一部のゾウはすでに移されているようです。

・トラ
Dsc_3122 Dsc_3129

・ボラネオオランウータン
Dsc_3134 Dsc_3139
Dsc_3147 Dsc_3155
Dsc_3158 Dsc_3164

お食事タイムだったようです。
ピンクのコップに入っているのは甘酒(アルコール分はなし)との事。最初のオランウータンが飲み干してしまって、他のオラウータンも飲みたかったそうでした。中身のないコップを加えてたりしました。
親子で行動しているオランウータン多し。実子でない子供を育てているオランウータンもいるそうで、オランウータン界でもそういうのがあるんですね。

スカイウォークというオランウータン用の綱が高いところに長々と伸びていましたが、11:30からしばらくの間だけ使うようでした。雨の日や冬季や暑すぎる日は休止するようです。

・ユキヒョウ
Dsc_3168

・レッサーパンダ
Dsc_3173 Dsc_3175

・ターキン
Dsc_3177 Dsc_3179

&翼 ... あ、忘れてください。

・シャモア
Dsc_3181

・オオカミ
Dsc_3186

・モウコノウマ
Dsc_3187 Dsc_3189

・ウマ(家畜)
Dsc_3193

括弧の表記は必要なのか?

・ニホンカモシカ
Dsc_3198

・シフゾウ
Dsc_3202

名前はゾウですが鹿のようです。

| | コメント (0)

2019/11/10

多摩動物公園 (4) オーストラリア園

・エミュー
Dsc_3078 Dsc_3074

・アカカンガルー
Dsc_3079 Dsc_3081

続いてコアラ館へ。
 ♪ 多摩はえぇよ コアラがおるがね~
名古屋だけでなく多摩にもいます。(名古屋と多摩以外にもいます。関東では横浜市の金沢動物園にも。)
立派な建物です。オーストラリアから贈られる事が決まった時に誘致合戦があった事も関係するのでしょうか。

・コアラ
Dsc_3083  
Dsc_3090 Dsc_3091
Dsc_3098 Dsc_3104
Dsc_3104_2

かわゆいです。ぬいぐるみみたいです。
親子のコアラもいました。
ぼかし加工しましたが、コアラ向こう側でコアラを見つめている来客者もみな笑顔でよい表情でした。

カンガルーやコアラは袋の中におっぱいがあるそうです。

・ワラピー
Dsc_3108 Dsc_3115

・タスマニアデビル
Dsc_3120

・ワライカワセミ
Dsc_3111

・みはらし広場からの風景
Dsc_3114 Dsc_3113

| | コメント (0)

2019/11/08

多摩動物公園 (3) アジア園 その1

・コウノトリ等
Dsc_3028_20191107234001 Dsc_3035

パンフレットには「コウノトリ」としか書かれていませんが、他の鳥もいます。
動物園界にも格差はあるようです。
網があるのでオートだと網にピントがあってしまったりして撮影むつかしい。

・シロオリックス
Dsc_3036

・グレビーシマウマ
Dsc_3040

・ダチョウ
Dsc_3043

・タヌキ
Dsc_3047 Dsc_3050

どこにいるんだ...って、目立ちません。

・フクロウ
Dsc_3052 Dsc_3059

・フライングゲージ内
Dsc_3064 Dsc_3069

各種鳥がいます。

・トナカイ
Dsc_3072

クリスマスまでもう2か月を切っています。

| | コメント (0)

2019/11/07

多摩動物公園 (2) アフリカ園

多摩動物公園に入場します。

・多摩動物公園の入口
Dsc_2947 Dsc_2950

・パンダ(ランランとカンカン)の剥製
Dsc_2954

1972年に中国から贈られて上野動物園で飼育されていたパンダの剥製です。
ウオッチングセンターで展示されていました。

まずはアフリカ園に向かいます。
現在ライオンの所が工事中で、動物を模ったポールが所々にあったりします。「あぶない! のぼったらだめだゾウ」。

・工事中のポール
Dsc_2957

・昆虫園前のオブジェ
Dsc_2958

昆虫園を見だすと長々と時間が経過して他が見られなくなりそうなので、後回し。

・温室
Dsc_2960

動物のえさを育てているのかな? コアラ用?

やっとこさ動物がいるエリアに到着。
園内は起伏に富んでいて、ここまで来るのに結構な坂を上り下がりました。
ここまだでもうばててしまいました。
ベビーカーを押している人も多々いましたが大変そうです。

・サーバル
Dsc_2965

・チーター
Dsc_2973

・工事中のライオンの飼育場所
Dsc_2964 Dsc_2974
Dsc_2999

この様子だと完成はまだまだ先かな。
元々ライオンバスが運行されており、改修後も運行されることになっています。
広いといえば広いですが、バスに乗るのはちょっとですかね。
現在は囲まれた狭いところで飼育されています。

・現在のライオン
Dsc_2975 Dsc_2978

この日は暑く、みな陰になる所でぐったりと寝転んでいました。たれライオン状態でした。
狭い空間でこうやって慣れてしまうと、完成して広い空間が与えられても走り回らないのではないか? と思いました。

・フラミンゴ
Dsc_2979

・園内でかつて使われていたバス
Dsc_2985

休憩所代わりなのか、園内のあちこちに置かれていました。

・アフリカゾウ
Dsc_2997 Dsc_2998
Dsc_2986 Dsc_2993

広い敷地で飼われています。
国内最高齢の54歳のゾウも飼われているそうです。
この日は敬老の日の前日で、長寿の動物を紹介する掲示が行われていました。

・キリンとペリカン
Dsc_3007 Dsc_3005
Dsc_3012 Dsc_3013

キリンとペリカンが同じ檻の中で飼われています。
キリンは10頭ぐらいいたと思います。こんなにたくさんいるところは珍しいような。結構間近で見られる場所もありました。

・チンパンジー
Dsc_3018 Dsc_3025

広い敷地で遊具もありますが、前の方からは見えない奥の陰になる所で休んでいる人が多かったです。

・ゴリラの手形
Dsc_4321

チンパンジーの舎内にありました。
ゴリラは現在飼われていません。

| | コメント (0)

2019/11/06

多摩動物公園 (1) 多摩センターや多摩モノレール

9月15日、初めて多摩動物公園に行きました。

上大岡から多摩動物公園までどうやって行くのが良いのか、悩ましいです。思い浮かぶどの経路でも距離のわりに時間がかかるし乗換もたくさん。
乗換案内で検索したら、
「上大岡 -(横浜市営地下鉄)→ 湘南台 -(小田急・快速急行)→ 新百合ヶ丘 -(小田急多摩線)→ 多摩センター -(多摩都市モノレール)→ 多摩動物公園」
と、考えもしなかったルートが最短時間で出てきました。小田急の快速急行がキーワードなんですかね。このルートで行きました。

小田急の多摩センター駅、サンリオキャラクターで大々的に装飾されていました。
近くにサンリオピューロランドがあるのでその関係だと思います。

・小田急多摩センター駅
Dsc_3271 Dsc_2924
Dsc_2925 Dsc_2927
Dsc_2930 Dsc_2929
Dsc_2932 Dsc_3270

京王の多摩センター駅も多少サンリオ装飾があるようですが、小田急ほどではないかな? 京王の駅の中には入っていないのでわかりません。

・京王多摩センター駅
Dsc_2933 Dsc_3272

駅周辺の案内板もサンリオ仕様でした。

・駅周辺の案内板
Dsc_2934 Dsc_2935

・多摩都市モノレールの多摩センター駅
Dsc_2937 Dsc_2938

多摩モノレールに乗って多摩動物公園駅で下車

・多摩動物公園駅
Dsc_2945 Dsc_2946

帰りも同じルートで。
帰りは真っ白の車両が来ました。広告ラッピング用の車両で、今は広告主がないので真っ白だったようです。

・真っ白な多摩都市モノレール
Dsc_3259 Dsc_3260

・近くの建物から見た多摩都市モノレールの多摩センター駅
Dsc_3262_20191106224701 Dsc_3267

テーマは「心の旋律」です。

・小田急多摩センター駅のホームから見た多摩都市モノレール
Dsc_3273

| | コメント (4)

2019/11/04

日芸祭

11月3日、日本大学藝術大学の江古田キャンパスで開催されている日芸祭に行きました。

有安杏果さんが16:25〜16:55に学内で放送される「放送9課《芸祭ナビ》」に出演され、食堂などでテレビで見られるとの事。
当初行く気はなかったのですが、生歌も披露されるということで、特に予定もなかったので行きました。

大学の学園祭に行くのは初めてです。
自分は大卒で自分の学部でも学園祭があったのですが、現役時代でも行ったことがなく、単なる休みの日でした。
サークルにも入っていなかったし、このあたりは大学時代の反省点です。

最寄り駅の西武池袋線の江古田駅に到着。

・江古田駅
Dsc_4357

・江古田キャンパス
Dsc_4358 Dsc_4359
Dsc_4361

キャンパスは狭いです。
敷地内に建物びっしり。建物はそんなに高層ではないです。

・視聴会場の1つの学食
Dsc_4360 

学食結構小さいなぁと思いました。
うちの学部(工学部)ではこの4倍以上あったと思います。(その後変わったようですが今は知らないです)
学生数の数が違うのかと思いましが、うちは約4000人で藝術学部は約3000人のようです。そこまで違いはなさそうです。昼食難民が出そうです。人によっては近くにあった日高屋とかに行くのでしょうか? うちは学外近くに店とかほぼなかったですが。
HPもみましたが、売店とか書店もなさそう。今どきの時代は写真学科の学生がフィルムを買いに行く必要はなさそうですが、美術学科の画材とかは。
うちの学部では、実験のレポートは売店で売っている学校特性のロゴとか入ったレポート用紙でないといけないという癒着な決まりがありました。

.... そういう余計な情報はいらないですね

そんなわけで学内を回って、「放送9課《芸祭ナビ》」の時間になったので学食の右側のテレビで見ました。
他の会場ではどうだったのかわかりませんが、ここでは視聴者は15人ぐらいで多くはなかったです。

事前募集による学生からの質問コーナーがありました。
「ももいろクローバーZでの思い出はなんですか」や「ももクロで好きが曲はなんですか?」の質問があって、えーそんな質問するのと、こっちがどきどきしました。ファン的にはちょっと質問できない質問です。
慌ててきょどっとすることもなく(安心)、
前者は、ライブで各地を回ったこと等(だったと思う)と無難に、
後者は、ツヨクツヨクとコノウタと答えていました。

歌披露ということで、アコースティックギターによる弾き語りで「ペダル」と「feel a heartbeet」を歌いました。
特にペダルは良かったと思います。
今年はもう歌を聴くことないかなと思ったので、こうやって聞けて良かったかな。
拍手をしたいところでしたが、そういう雰囲気の場所ではなかったので。

最後に、ももかが選ぶおすすめフード... だったかな、学園祭で販売されているフード4点を試食してその中から1点を選ぶという企画、自作ラーメン研究会の「焼きラーメン」が選ばれました。
「わたし辛いの好きなので~」と自分としては初情報。
帰りに買おうかなと思ったのですが、量のわりに500円するし迷って結局買わなかった情けものです。(笑)

芸祭ナビにはCMや提供もあるようで、地元江古田の商店らしきものが中心でしたがなぜか早稲田ゼミナール(予備校)の提供もありました。受験生っぽい人ほとんど来てないように見えましたが、地元の人っぽいある程度の年齢の人が意外と来ていました。

Dsc_4936 Dsc_4937
Dsc_4945 Dsc_4948

Dsc_4953 Dscpdc_0000_burst20191103165224589 
Dsc_4955 Dsc_4958

学内では有安さん作品も展示されているとのことで、卒業製作のあれと、他4点でした。椅子以外は見たことのある(Twitter等でアップされている)作品でした。
他の卒業生の作品と同様に並べられているわけでもなく特別扱いな感じで、そういうのはどうなのかな? とちょっと思いましたが、
こうやって大きくプリントされているのを見るとよく感じました。
これは、銀座で行われた有安さんの写真でも思いました。
自分は写真撮っても基本パソコンのディスプレイで見るだけで、大きく印刷することなんでまずないからなぁ。スマホで見て良いと思っても、パソコンで大きく見るだけでも結構大きく粗が見えたりするものです。(上の、芸祭ナビの写真もそう)

写真学科の学生さんの写真が展示されているところもみましたが、2年生であっても上手い人は上手いなぁって。
メッセージメモ帳を置いてある人もあって、CP+の御苗場みたいだなぁと思いました。
自分としては、西武秩父線の横瀬駅近くと思われる炭鉱の写真と、航空機が同じ写真に何機も載っている写真(合成写真だと思う)が気になりました。

芸術学部の学園祭は、学科によって違いがあるのかもしれないけど自分自身の作品の披露の場所でもあるのかな。
他の学部の学園祭とはひと味違うのかなと思いました。

・見覚えのある場所卒業
Dsc_4932

・学食
Dsc_4363 Dsc_4368

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »