« 横浜美術館 (3) 周辺 | トップページ | 三渓園 (1) 外苑 前編 »

2019/10/11

ももクロくらぶxoxo バレンタイン DE NIGHT だぁ~Z! 2019 (1) 裏

※ この記事は2月に作成して非公開にしていたものです。映画「最高の人生の見つけ方」の公開が開始されたのでプロミスは解除されたものとして公開します。

2月9日、横浜アリーナでニッポン放送のラジオ番組「ももクロくらぶxoxo」のイベント「バレンタイン DE NIGHT だぁ~Z! 2019」の「裏」がありました。

去年と違う面持ちで向かう横浜アリーナ。
去年は有安さん脱退後の初のライブイベント(チケットは脱退発表前に買っていた)で、行くのは止めようかとも思ったけどそれは良くないなと思い、ももクロに行くのはもうこれが最後になるのかなと思って憂鬱な気持ちで電車に乗っていました。
でも、終わった後は行ってよかった、これからも応援しようとなりました。
行って良かったです。

今年も同じ人の違った出来事で憂鬱な気分で行きました。

Dsc_1481

席はアリーナFの2列目。
ステージはとっても近いのですが、椅子に座った状態でステージは80度ぐらいの方向。高さがステージと同じで、他の客の頭が縦に並ぶ状態で意外と見にくかったです。

そんなことで15:30に開演。
今回は「映画」がテーマで、映画「最高の人生の見つけ方」の日本リメーク版の撮影を会場で行うとの事。
映画の出演者の吉永小百合さん、天海祐希さん、ムロツヨシさんが来ていました。
余命宣告された吉永さん演じるxxxが、天海演じるコンサル会社の社長と、その秘書役のムロツヨシさんと共に、
「死ぬまでにやりたいことをやる」事の1つとしてももクロのライブに来るという設定でした。

① 「怪盗少女」をやっている最中に入場して席に着く
② MCでの70代!の呼びかけに天海さんが1人「はーい」と声を掛け、いや私じゃないんですこの人(吉永さん)が
③ 一緒に踊りませんかという事で吉永さんらがステージ「走れ」を一緒に踊る
④ EXシーン

そんなシーンを撮影するとの事。
観客の皆さんは俳優として、カメラを見たり、①で入ってくる吉永さんらを見て反応しないでくれとの事でした。

②は10代(うぇーぃ)、20代(うぇーぃ)多いねぇ、30代(うぇーぃ)、40代50代は飛ばして、60代(うぇーぃ) いますね。次はさすがにいないかな70代(しーん) と思ったら天海さんが「はーい」てな感じでした。
40代・50代を飛ばしたのは、その層で一番歓声上がると都合が悪いからなんですかね? (笑) 実際に...。
本当に70代の人は70代の所でうぇーぃってやらないでくれとの事。試しにって事でやったら何人かいました!

③はセンターステージで。
実際に吉永さんと天野さんはステージ上でペンライト振ってました。
吉永さんって実際に70代なのに、ペンライト振れるものなんですね。
このシーンは角度的に自分も映っているかもと思って、俳優として頑張りました!
まぁでも距離があったのでぼやけているだけかな。
カメラの角度を変えて、との事で2回やりました。
ムロさんは、あれ映画で映るのかな?

④は何だったかよく忘れたけど360度展周カメラ? がステージ上に設置されてライブ模様撮影。
位置的に映ってそうでした。

一度こういうのに映ってみたいなぁと生きた証ってわけではないですがちょっと思ったりしました。

途中、吉永さん・天海さん・ムロさんを交えたインタビューコーナーがありました。
NHKの「プロフェッショナル」の撮影も来ているとの事でした。
設営準備中、プロフェッショナルの「ポン」と音が鳴るので誰か答えてくれとの事で、れにちゃんがやりました。
れにちゃんの答えは「モノノフ」。
ほほー。私達はある意味プロフェッショナルなんですかね!

今年は寸劇コーナーとかお笑いコーナーはありませんでした。
ライブは多めって事になるのかな。

本編最後に吉永さん・天海さん・ムロさんも出てきて挨拶等。

吉永さんの事正直あんまり知らないけど年取ってても美しいなぁと思ったし、挨拶の内容なんかも人間味を感じました。
天海さん背が高くでスレンダーで美しいなと思ったし、今後モノノフになるのかな?
ムロさんは特に何も思わなかったです(笑)。

アンコールは「青春賦」1曲で終了。

ここで終わりかなぁと思ったら本会場限定で続きがありました。
②のシーンをカメラの位置を変えて撮影したいの事。
2回やったんだったかな?
途中で後ろのエキストラの方が変わったけどそれは別に構わないのかな?

設営準備に時間がかかるとの事で、その間にももクロと柿原アナのトーク。
プロフェッショナルの「ポン」に対して他のメンバーもやるとか。
夏菜子さんの「ポン」に対して「プロミス」って答えてえぇなんでここで消費者金融の会社名を言うの? と凍り付きましたが、単に「約束」という意味でした。

映画の撮影は、カメラ1台に対して何人もスタッフが付き、高所台(そこまで高くはない)に載っている人は安全対策のためなのかヘルメットを被っていました。
映画ってこうやって撮影するものなんだな、セリフを間違えたわけではなくても同じシーンを何回も撮るものなんだなと。
映画撮影に興味を沸きました。

最後に撮影に協力してくれたお礼なのか「走れ」のフルバージョンを披露して終わり。

満足度の高いイベントでした。
今年も、行ってよかった、これからも4人を応援しようという気になりました。

Dsc_1482

「ももクロくらぶxoxo」の提供が昨年9月にロッテ → 太田胃散 に変わりました。
今年は裏でもプレゼントがあるとのいう事で、

Dsc_1483

太田胃散!、太田胃散キャラクターパッケージのポッキー(非売品)、ぬいぐるみ、名刺。
今までのロッテよりもお金がかかってそうです。
特にぬいぐるみとか、今日は約12000人の客がいたようなので12000個作らないといけないし。これらが1つの袋に入っていて、袋詰めするだけでも大変そうだなと思いました。

|

« 横浜美術館 (3) 周辺 | トップページ | 三渓園 (1) 外苑 前編 »

地域 - 関東 - 神奈川県 - 横浜市」カテゴリの記事

芸能・アイドル - ももいろクローバーZ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ももクロくらぶxoxo バレンタイン DE NIGHT だぁ~Z! 2019 (1) 裏:

« 横浜美術館 (3) 周辺 | トップページ | 三渓園 (1) 外苑 前編 »