« 小樽と札幌 (9) 小樽市総合博物館本館 ディーゼル機関車 | トップページ | 小樽と札幌 (11) 小樽市総合博物館本館 気動車 »

2019/09/07

小樽と札幌 (10) 小樽市総合博物館本館 除雪車

続いて除雪車。
8両展示されていました。
北海道ならではなのか、除雪車がこんなに展示されている所は他にはないのではないかと思われます。

・キ600形
Dsc_1194 Dsc_1195 
Dsc_1197

大正時代に米国で製造されたロータリー式除雪車。
渦巻き状の所で雪を取り込んで遠くに吹き飛ばすようです。

・キ700形
Dsc_1184 Dsc_1186

・キ700形750番台
Dsc_1185 Dsc_1187

大正~昭和初期に製造されたジョルダン式除雪車。
横に付いている羽のようなものを拡げて線路の周囲を除雪するようです。
750番台は後に近代化改造工事を受けたもの。

・キ800形
Dsc_1192 Dsc_1199

昭和初期に製造されたマックレーン式除雪車。
除雪によって左右に貯まった雪の壁を崩して線路側に落とすもので、落とした雪は別のロータリー式除雪車で遠くに飛ばすようです。

・キ1500形
Dsc_1219 Dsc_1221

戦時中に製造された複線用のラッセル式除雪車。元は木製で後に鋼鉄製に改造されたようです。
線路上の雪を左側(対向の線路がない方)に描き分けるようです。

・キ100形
Dsc_1228 Dsc_1220

戦時中に製造された単線用のラッセル式除雪車。元は木製のキ400形で後に鋼鉄製に改造されたようです。
線路上の雪を左右両側に描き分けるようです。

・DD14形
Dsc_1249 Dsc_1253

1970年から製造されたロータリー式除雪のディーゼル機関車。
従来ロータリー車とマックレーン車と2両の組み合わせて除雪していたのを1台で賄うようにした車両のようです。

・DD15形
Dsc_1250 Dsc_1252

1962年から製造されたラッセル式除雪のディーゼル機関車 。

除雪車はどの車両のきれいに整備されて保存展示されいました。
(他の種類の車両は必ずしもそうではない)

|

« 小樽と札幌 (9) 小樽市総合博物館本館 ディーゼル機関車 | トップページ | 小樽と札幌 (11) 小樽市総合博物館本館 気動車 »

博物館・美術館」カテゴリの記事

地域 - 北海道」カテゴリの記事

交通 - 鉄道 - JR北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小樽と札幌 (9) 小樽市総合博物館本館 ディーゼル機関車 | トップページ | 小樽と札幌 (11) 小樽市総合博物館本館 気動車 »