« 岡本太郎氏のパブリックアート | トップページ | ココロノセンリツvol.1.5 から1周年 »

2018/10/16

東京都美術館「おべんとう展」

9月15日、東京都美術館で開催されていた「BENTO おべんとう展 - 食べる・集う・つながるデザイおべんとう展」に行きました。

・おべんとう展の入口
Dsc_0325

最初のコーナは撮影禁止で、昔の様々なお弁当箱の展示。
今の弁当箱よりも凝ってました。
たしか江戸時代の、お酒を入れる所がセットにあったお花見用?のお弁当箱もありました。

梅干しで酸化する弁当箱。
自分もいつも梅干し入り弁当でしたが、弁当箱は酸化していなかったような気がします。

世界各国の弁当箱の展示もありました。

・マライエ・フォーゲルサン氏のコーナー
Dsc_5226 Dsc_5228

音声ガイドの機械をお借りし(別料金不要)、各ブースを周るものでした。

小山田徹氏が幼稚園児の息子のために作るキャラ弁の写真コーナーもありました。
小学生の娘が原案を出しそうです。
毎日よく作れるなぁと感心。
じっくりと1点ずつ見ていきました。
キャラ弁だとタンパク質のものが少なくなり、栄養バランス的にはどうなのかなとも思いました。

Dsc_5232

なかなか面白い試みの展覧会だなと思いました。

|

« 岡本太郎氏のパブリックアート | トップページ | ココロノセンリツvol.1.5 から1周年 »

博物館・美術館」カテゴリの記事

地域 - 関東 - 東京都」カテゴリの記事

コメント

私もこの展覧会を観に行きました。
小山田氏のお弁当は、毎日続く努力に感心させられました。

投稿: yama-kei | 2018/10/16 06:24

> yama-keiさん
自分もです。

投稿: やいゆえ横浜住民 | 2018/10/17 00:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京都美術館「おべんとう展」:

« 岡本太郎氏のパブリックアート | トップページ | ココロノセンリツvol.1.5 から1周年 »