« 立山黒部アルペンルート (3) 立山高原バス | トップページ | 立山黒部アルペンルート (5) 立山トンネルトロリーバス »

2018/08/15

立山黒部アルペンルート (4) 室堂

トロリーバスに乗る前に室堂を散策しました。
ホテル併設の駅ビル?(室堂ターミナル)を3階まで上がると外に出られます。

・バスで来た方向
Dsc_3273 Dsc_3274

雪が貯まりやすい場所があり、それがあの雪の壁の所のようでした。

・周りの山
Dsc_3280 Dsc_3277

壮大な風景。
これを見ただけでも来て良かったと思いました。

・室堂平周辺案内図
Dsc_3282

Dコースがいいかなと思いましたが、遠いかな。とりあえず進みました。

・散策路からの風景
Dsc_3286 Dsc_3287

山もいいけどそれを囲む雲もいい感じだなぁ。

そんなに歩かずにミクリガ池が見えるところにたどり着きました。

・ミクリガ池
Dsc_3294

おぉっ。池が青々していて反射で空がうつっていました。
雪がなかったらそんなにすごい景色ではないだろうし、かといって雪が多いと池自体雪で埋まっているだろうし、ちょうどよい時期に来たのかな? と思いました。

これだけ見られれば十分でもうここで引き返しても良いかなと思ったのですが、向こうまでものすごく遠くはなさそうだったのでせっかくなので行ってみました。

・ミクリガ池
Dsc_3298 Dsc_3302

・地獄谷やエンマ台から見た風景
Dsc_3301 Dsc_3308
Dsc_3307 Dsc_3305

このまま来た道を引き返す方が違いようでしたが、同じ道を引き返すのはつまらないし周回コースにはミドリガ池というとっても気になる名前の池があったので周回コースにしました。

・西側から見たミクリガ池と北方向
Dsc_3311 Dsc_3310

・ミドリガ池
Dsc_3317 Dsc_3318
Dsc_3322

ミクリガ池と違ってこちらはまだほとんど凍ったままでした。

・一の越山荘方面
Dsc_3323

この後トロリーバス等を経由してあそこに行くことになるのかな? と思いましたが違いました。(もっと奥まで一気に行きます)

・立山室堂山荘辺りから室堂ターミナル方面に向かう道
Dsc_3328

え? 除雪されておらず雪道。
観光客が結構来ていましたが雪の上を歩いても案外溶けないものなんですね。

バスで室堂に着いたときは寒く感じたのですが、日差しが強く夏の服装でも歩くと汗をかくぐらい。
立山黒部アルペンルートの「服装と持ち物アドバイス」のページを見て念のため長袖の服も持ってきたのですが、自分としては不要でした。
夏服で雪の上を歩く事になるとは考えもしていませんでした。そもそも、雪がまだ残っている事自体予想していなかった。

周回コース、約1時間で回りました。案外距離があり坂も多くて結構疲れてくたくたでした。

・室堂ターミナル
Dsc_3330

|

« 立山黒部アルペンルート (3) 立山高原バス | トップページ | 立山黒部アルペンルート (5) 立山トンネルトロリーバス »

交通 - バス」カテゴリの記事

地域 - 北陸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立山黒部アルペンルート (4) 室堂:

« 立山黒部アルペンルート (3) 立山高原バス | トップページ | 立山黒部アルペンルート (5) 立山トンネルトロリーバス »