« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月の41件の記事

2018/06/29

鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア2018 (3) JR東日本 前編

・モーター展示
Dsc_2292 Dsc_2298
Dsc_2299 Dsc_2300

車両展示広場へ。

・全体
Dsc_2348 Dsc_2357

・DD51形
Dsc_2347 Dsc_2356

・EF64形
Dsc_2350 Dsc_2362

・EF64形1000番台
Dsc_2352 Dsc_2363

・EF64 1023国鉄色復活記念
Dsc_2353

今年の試乗会は651系でした。
かつて常磐線「スーパーひたち」で使われていた車両、現在は高崎線等で使われています。
大宮のイベントは何回も来ていますが早く来ないので一度も試乗会に乗ったことがありません。
来年こそは早起きしないと  ←たぶん早起きしません

・試乗会の651系
Dsc_2365

・ペットボトルの蓋で作った185系湘南色
Dsc_2366

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア2018 (2) JR貨物

JR貨物のエリアです。
名曲・JR貨物社歌は流れていませんでした。

・EH500形 その1
Dsc_2312

・EH500形 その2
Dsc_2323 Dsc_2328

・EF65形 その1
Dsc_2310

・EF65形 その2
Dsc_2343

・EF65形 その3
Dsc_2334 Dsc_2336
Dsc_2342

展示されていたのは2形式だけでした。

・鉄道模型
Dsc_2320

JR貨物だけあって機関車多めでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/27

鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア2018 (1) 入場と昼食

5月26日、「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」に行きました。
JR東日本の大宮総合車両センターと、同じ敷地内にあるJR貨物の大宮車両所が主会場です。さいたま市も関連しています。

・主会場の入口
Dsc_2279

入った所はJR東日本各支社の出展コーナーで、
秋田支社からはリゾートしらかみの木製の模型が展示されていました。

・リゾートしらかみの模型
Dsc_2287 Dsc_2284
Dsc_2280

なかなか見事でした。
五能線は、リゾートしらなみができる前(たしか)に一度乗ったことがあります。

まずは社員食堂で昼食。
ジャンボきつねうどん(550円) を食べました。

・ジャンボきつねうどん
Dsc_3280

別にそんなジャンボではないなと思いました。それに厚さは薄いです。
この揚げ、スーパーで売っているのを見たことがあるような気がしました。

各支社の出展コーナーで長野支店が売っていたわさび豚まんも食べました。

・わさび豚まん
Dsc_3281

わさびはそれほどでもなく鼻にツンとはきませんでした。
中は普通の美味しい豚まんでした。

・食堂から見たカットモデルが置かれている広場
Dsc_2289

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月26日 渋谷駅の線路切り替え工事

渋谷駅の山手貨物線(湘南新宿ライン・埼京線)の線路切り替え工事に伴い、
5月26日と27日の22時頃まで湘南新宿ライン・埼京線の大崎~新宿間が運休になりました。

5月26日、「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」に行く時に様子を見てきました。

・横浜駅
Dsc_2255 Dsc_2257
Dsc_2261 Dsc_2262

北口のコンコースでは、湘南新宿ラインの行先案内は消灯していました。
普段は存在しない「大崎行」の表示です。
これに乗車、列車は空いてました。

・大崎駅
Dsc_2269 Dsc_2271
Dsc_2272

大崎駅から山手線で新宿駅まで移動。

・新宿駅
Dsc_2275 Dsc_2277

コンコールの行先案内、埼京線・湘南新宿ラインの南方向と成田エクスプレスは消灯していました。
中央線は遅れていたのかな?

「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」を楽しんだ後、帰りも湘南新宿ライン経由で帰りました。

・大宮駅
Dsc_2423

渋谷のヒカリエの上の方の階から工事現場を見てみました。
北行の線路上に台車を付けて橋桁が載っていました。どうやらそれを横にスライドさせて南行の線路として使うようでした。
東京メトロ銀座線の線路も以前と変わっていました。

・渋谷のヒカリエから見た工事現場
Dsc_2428 Dsc_2430

近くで見てみました。

・橋桁工事現場
Dsc_2441 Dsc_2443

将来的には東急東横線のホームがあった所に湘南新宿ライン・埼京線のホームが移動します。
東急にとってはJRに客を奪われて痛手になりそうな気がするのですがどうなんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/24

京急ファミリー鉄道フェスタ2018 (4) その他

・800形
Dsc_2114 Dsc_2117
Dsc_2119 Dsc_2120

「ローレル賞」のヘッドマーク付きで、「急行 川崎-小島新田」の幕を出していました。800形は6両編成なのでこの幕の区間(大師線)は運転できないでしょうね。
800形もそろそろ引退しそうです。

・800形と1500形の並び
Dsc_2127

・800形の近くで使われていたカバー? とおじさんのヘルメット
Dsc_2130 Dsc_2132

・旧1000形花電車
Dsc_2160 Dsc_2172
Dsc_2183

・保存車両 (デ1形とデ51形)
Dsc_2173 Dsc_2179

・車両機器
Dsc_2194 Dsc_2198
Dsc_2200 Dsc_2205

・230形の機器
Dsc_2210 Dsc_2213
Dsc_2214 Dsc_2217

川口市の青木町公園で保存されたものを京急が譲渡を受け、2019年に移転する京急の新本社で展示される230形の部品です。
展示するにあたって整備しているようです。

・特修工場
Dsc_2229 Dsc_2233
Dsc_2236 Dsc_2242

先日引退したはずの2000形が入場していて「再整備してどこかに売却されるのだろうか?」と思ったのですが、解体作業だったようです。

・休憩所の入口
Dsc_2136

その他、食堂では120周年パネル展が開催されるなどしていました。

いつもよりも見どころが多かったように思いました。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京急ファミリー鉄道フェスタ2018 (3) 車両撮影

車両撮影コーナーへ。

・全体
Dsc_2137

・信号3兄弟 (普通の2100形 + 600形ブルースカイトレイン + 1000形イエローハッピートレイン) と、
  1500形京急120年の歩み号 + 1000形 + 800形
Dsc_2155 Dsc_2142

・京急120年の歩み号
Dsc_2150 Dsc_2153

・2000形
Dsc_2134 Dsc_2141

先日引退した2000形です。ブルーリボン賞のヘッドマークを付けていました。

・救援車デト15
Dsc_2159 Dsc_2161

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/23

京急ファミリー鉄道フェスタ2018 (2) 特殊車両やバス

それでは展示へ。

・バス (京浜急行バス)
Dsc_2088 Dsc_2102

「運転手募集」のラッピングバスが来ていました。こんな大々的なラッピングバスがあるんですね。
左側のリムジンバスの車両は前面の行先を表示する所に「磯村勇斗」とこの広告のイメージキャラクターを務めている方の名前を表示していました。

・バス (川崎鶴見臨港バス)
Dsc_2100

・特殊車両
Dsc_2079 Dsc_2084
Dsc_2093 Dsc_2103

特殊車両の後ろには廃車になった800形や2000形が置かれていました。

・800形
Dsc_2105

・2000形
Dsc_2086

毎年思うのですがここから見た後ろの山の緑がきれいです。

・敷地外から見た2000形
Dsc_2246 Dsc_2250

これは帰りに撮影したものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京急ファミリー鉄道フェスタ2018 (1) 入場と昼食

5月20日、京急の久里浜工場で開催された「京急ファミリー鉄道フェスタ2018」に今年も行きました。

行きに乗った列車は2100形のノルエコラッピング車でした。

・2100形 ノルエコラッピング車
Dsc_2074 Dsc_2076 Dsc_2075

京急久里浜駅に12時15分頃到着。
ここから無料シャトルバスで会場に向かおうと思っていたのですが、この時間なのに乗るまで40分だったかかかるというので歩いていきました。歩いても20分ぐらいで着きます。

・会場入口
Dsc_3248

去年来たときは「京急ファインテック 久里浜事業所」でしたが、
「京浜急行電鉄 久里浜工場」に変わっていました。
直轄に変わったのかな?

まずは食事。

・観音崎京急ホテルのカレーライスと、京急ストアの焼きとうもろこし
Dsc_3249 Dsc_3250

カレーライスは500円で、観音崎京急ホテルSPASSOの500円割引券が付いてきました。使えばただ飯です。
行かないですけどね...

焼きとうもろこしは何だか懐かしい。
見るからに美味しそうで、普段こういうものはあまり食べないのが誘惑に負けて食べました。
実際に美味しかったです。

京急は今年で創立120周年ですが、京急ストアは85周年だそうです。

・京急ストアは創立85周年
Dsc_2245

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JAMSTEC横須賀本部一般公開2018 (5) 隣の埠頭

JAMSTECの隣の埠頭に自動車運搬船が泊まっていました。
近くに日産自動車の工場があるのでその関係だと思います。

・フェニックス
Dsc_1963 Dsc_1993
Dsc_2057

「よこすか」見学中にやってきました。
以前みたブラタモリの名古屋港?の回を思い出しました。

・フェニックスの積み下ろし風景
Dsc_2068 Dsc_2071

どうやらトレーラーの頭の部分だけ入っていき、荷台部分と連結して出てくるみたい。

・デイブレイクス ベル
Dsc_2061 Dsc_2063

帰りのバスを待っていたら出航していきました。
貴重なシーンを見られたような気がします。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JAMSTEC横須賀本部一般公開2018 (4) その他

「海洋工学実験場」へ。

・「おとひめ」と「MR-X1」
Dsc_1999 Dsc_2001

・多目的実験水槽
Dsc_2013

・ブイ
Dsc_2005 Dsc_2022

海に浮かべた観測するもの。
右の写真は外に放置されていたもの。

・高圧実験水槽棟
Dsc_2019 Dsc_2020

・テニスコートで行われていた「"でっかい"深海魚、大集合!」
Dsc_2023 Dsc_2024

Dsc_2026 Dsc_2028

触って良いとの事で触ってみましたが、ごわごわした感じで気色悪かったです。

・潜水シミュレータ棟
Dsc_2038

・多目的プール棟
Dsc_2040

「南部潜り・海女デモンストレーション」との事でしたが、プールサイドで写真撮影に応じていました。しかも海男。
残念でしたがずっと潜っているわけにもいかないだろうし仕方ないか。

・海洋科学技術館
Dsc_2042 Dsc_2052

常設の展示室で、ここで展示されているしんかいは実物大模型です。

時間がなく最後の方は急ぎ足になりました。
終了時間の16時いっぱいまでいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/22

JAMSTEC横須賀本部一般公開2018 (3) よこすか

深海潜水調査船支援母船「よこすか」の船内が一般公開されていました。
「しんかい6500」の母船でもあります。

・外観
Dsc_1943 Dsc_1910
Dsc_1953 Dsc_1912

乗船まで20分ぐらい待ちました。

・操舵室と操舵室から見た船首
Dsc_1959 Dsc_1956
Dsc_1961

・会議室、居室、食堂
Dsc_1970 Dsc_1972
Dsc_1974

・格納庫やクレーン
Dsc_1983 Dsc_1984
Dsc_1985 Dsc_1996

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/20

JAMSTEC横須賀本部一般公開2018 (2) しんかい6500

潜水調査船整備場では、「しんかい6500」等が展示されていました。
本物です。

・しんかい6500
Dsc_2055 Dsc_1894
Dsc_1906

そんなに丈夫な船体には見えません。マニピュレータはむき出しです。
こんなので6500mも潜れるもんなんだなぁと思います。

・しんかい6500の窓と沈む時に使う重り
Dsc_1891 Dsc_1890

重りは浮上するときに置いてきます。使い捨てです。

・うらしま
Dsc_1884 Dsc_1888

大きいですが無人潜水機です。

・BMS (海底設置型掘削装置)
Dsc_1878

海底を掘る機械です。

「無人探査機整備場」へ。

・かいこうMk-IV
Dsc_1920 Dsc_1922

・かいこう7000
Dsc_1928 Dsc_1925

・ハイパードルフィン
Dsc_1937 Dsc_1933

・海底地震計
Dsc_1929

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/17

JAMSTEC横須賀本部一般公開2018 (1) 入場と昼食

5月12日、JAMSTEC(海洋研究開発機構) 横須賀基地本部で開催された施設一般公開に6年ぶりに行きました。

追浜駅から無料送迎バスあり。
11時半頃駅に到着したのですが乗るための長い列がベアリングデッキの上までできていて45分ぐらい待ちました。
6年前に来たときはこんなに待たなかったような気がします。

・追浜駅での送迎バス
Dsc_1869 Dsc_1871

到着。

・本館前
Dsc_1872

まずは食堂で食事。
「ちきゅう(ドライカレー)」(600円) にしました。

・ちきゅう
Dsc_3220

ひき肉をカレー粉で炒めたものが載っています。
見た目は貧祖に思いましたが、これが結構美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/16

鈴鹿・津の寺神社2 (20) 福善寺

最後に鈴鹿市土師町の福善寺へ。

・福善寺
Dsc_1853 Dsc_1854
Dsc_1855 Dsc_1850

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴鹿・津の寺神社2 (19) 高山神社

続いて津市丸之内の高山神社へ。「こうざんじんじゃ」と読むようです。

・高山神社
Dsc_1844 Dsc_1848
Dsc_1847 Dsc_1845

駐車場の7割ぐらいは月極駐車場として貸しているようで、参拝客が停められる所は限られていました。月極の方は1台辺りの幅が狭くて停めにくそうに見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴鹿・津の寺神社2 (18) 四天王寺

続いて津市栄町の四天王寺へ。

・四天王寺
Dsc_1835 Dsc_1837
Dsc_1839 Dsc_1842
Dsc_1838 Dsc_1843

光の当たり具合が良かったのか植物の緑がきれいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴鹿・津の寺神社2 (17) 密蔵院

続いて津市大谷町の密蔵院へ。
津駅の西口に近い位置にあります。

・密蔵院
Dsc_1833 Dsc_1827
Dsc_1829 Dsc_1830

奥の山にも敷地が広がっていました。
広い寺でしたがそれらしき窓口もありましたが無人でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴鹿・津の寺神社2 (16) 護願寺

続いて津市中河原の護願寺へ。

・護願寺
Dsc_1823 Dsc_1824
Dsc_1825

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴鹿・津の寺神社2 (15) 地蔵院

続いて津市中河原の地蔵院へ。

・地蔵院
Dsc_1820 Dsc_1821

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/13

鈴鹿・津の寺神社2 (14) 福満寺

続いて津市北丸之内の福満寺へ。

街の中にあり寺というよりもお屋敷のような作りでした。

・福満寺
Dsc_1815 Dsc_1819
Dsc_1817 Dsc_1818

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴鹿・津の寺神社2 (13) 大神宮寺

続いて津市納所町の大神宮寺へ。

・大神宮寺
Dsc_1814 Dsc_1813
Dsc_1805 Dsc_1806

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴鹿・津の寺神社2 (12) 千福寺

続いて津市大里睦合町の千福寺へ。

・千福寺
Dsc_1801 Dsc_1803
Dsc_1802

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴鹿・津の寺神社2 (11) 仲福寺

続いて津市大里窪田町の仲福寺へ。

・仲福寺
Dsc_1795 Dsc_1797
Dsc_1798

無人で予め紙に書かれた朱印が置かれていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴鹿・津の寺神社2 (10) 妙福寺

鈴鹿市徳居の妙福寺へ。

・妙福寺
Dsc_1791 Dsc_1794
Dsc_1793

カーナビ頼りで来たのですが、寺の裏の軽自動車でもいっぱいいっぱいの道を案内されて冷や汗ものでした。運転技術を磨きに来たんじゃないんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴鹿・津の寺神社2 (9) 東日寺

翌日、
津市芸濃町椋本の東日寺へ。

・東日寺
Dsc_1783 Dsc_1784
Dsc_1789

門の2階は鍾楼になっていました。
無人で予め紙に書かれた朱印が置かれていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴鹿・津の寺神社2 (8) 福楽寺

続いて鈴鹿市稲生塩屋の福楽寺へ。
ここも高野山真言宗でした。

・福楽寺
Dsc_1776 Dsc_1777
Dsc_1781 Dsc_1780
Dsc_1779

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴鹿・津の寺神社2 (7) 慈恩寺

続いて神宮寺のすぐ近くにある鈴鹿市稲生西の慈恩寺へ。

・慈恩寺
Dsc_1772 Dsc_1774
Dsc_1775

本堂の建物が1つ前の神宮寺とほとんど同じでした。
どちらも高野山真言宗のようでその関係なのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/12

鈴鹿・津の寺神社2 (6) 神宮寺

続いて鈴鹿市稲生西にある神宮寺へ。

・神宮寺
Dsc_1765 Dsc_1766
Dsc_1768 Dsc_1767

鈴鹿サーキットのレース場から車の音が結構大きく聞こえていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/11

鈴鹿・津の寺神社2 (5) 林光寺

続て鈴鹿市神戸の林光寺へ。
神戸ですが先ほどの3つの寺院とは少し離れています。

・林光寺
Dsc_1756 Dsc_1758
Dsc_1757 Dsc_1759
Dsc_1761 Dsc_1762

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/10

鈴鹿・津の寺神社2 (4) 神戸宗社

続いて鈴鹿市神戸にある神戸宗社へ。

龍光寺、慎福寺、神戸宗社は隣り合ったところにあります。
神戸の読み方は「かんべ」です。「こうべ」や「ごうど」ではありません。

・神戸宗社
Dsc_1744 Dsc_1748
Dsc_1738 Dsc_1739

神社内に背の高い木が2本あり、印象的でした。
この日はみどりの日でした。

・神戸宗社内の木
Dsc_1749 Dsc_1741

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴鹿・津の寺神社2 (3) 慎福寺

続いて鈴鹿市神戸の東王山 慎福寺へ。

・慎福寺
Dsc_1729 Dsc_1736
Dsc_1728 Dsc_1732

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴鹿・津の寺神社2 (2) 龍光寺

続いて鈴鹿市神戸の龍光寺へ。門には龍光禅寺と書いてありました。

あたりに寺や神社が集まっています。
街並み保存なのか前の道はそんな感じの舗装がされていました。

・総門
Dsc_1718 Dsc_1719

・元横綱大鵬の碑
Dsc_1720 Dsc_1721

・本堂
Dsc_1724

・鍾楼
Dsc_1726

・三門
Dsc_1737

大きな寺でしたが無人でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴鹿・津の寺神社2 (1) 阿白賀神社

ゴールデンウイークに実家に帰ったとき、父が御朱印集めをしており行きたいというので鈴鹿や津の寺・神社を自分の運転で周ってきました。

まずは鈴鹿市須賀の阿白賀神社へ。

・阿白賀神社
Dsc_1716 Dsc_1715
Dsc_1714

無人でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/09

京急カラーの横浜シーバス

山下公園をちょこっと散歩してそろそろ電車で帰ろうかなと思っていたら京急カラーのシーバスがやってきました。

・やってきた京急カラーのシーバス
Dsc_1660 Dsc_1662

急遽乗りました!

ポートサービスが運航するシーバス、山下公園から直通の横浜駅行もありますが、この京急カラーはピア赤レンガ倉庫、みなとみらい経由の横浜駅行でした。横浜駅まで700円です。

・山下公園乗り場
Dsc_1663 Dsc_1665
Dsc_1666 Dsc_1667

船内も京急カラーです。

・船内
Dsc_1675 Dsc_1676
Dsc_1704

・船内からの風景
Dsc_1673 Dsc_1677
Dsc_1678 Dsc_1684
Dsc_1687 Dsc_1690
Dsc_1696 Dsc_1697

久しぶりに乗りましたが海から見るみなとみらいの風景も良いなと思いました。

途中でJR高島(貨物)線の鉄橋を潜ります。結構ギリギリな感じです。

・高島線を潜る所
Dsc_1698 Dsc_1700

横浜ベイクォーター前の横浜駅東口に到着。

・横浜駅東口
Dsc_1706 Dsc_1709

2018年4月7日から1年間の予定で運航するようです。
シーバスHPの時刻表にこの船で運転する便が載っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山下公園

横浜都市発展記念館に行ったあと、そのまま素直に帰ろうかと思いましたが、まだ時間があったのでちょっくり山下公園に寄ってみました。

・氷川丸
Dsc_1631 Dsc_1643

ガーデンネックレス横浜」との事で花で彩られていました。

・ガーデンネックレス横浜
Dsc_1639 Dsc_1629
Dsc_1637 Dsc_1657

・横浜マリンタワー
Dsc_1649

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/07

横浜都市発展記念館「伸びる鉄道、広がる道路」展

4月30日、横浜都市発展記念館で開催されている「伸びる鉄道、広がる道路 ◤横浜をめぐる交通網◢」展に行きました。

Dsc_1623

横浜の鉄道や道路の歴史に関する展覧会でした。

もう1ヶ月以上前なのでだいぶ忘れてしまったのですが...

鉄道では古くは鉄道開業時や桜木町・横浜駅の遍歴等。
高島(貨物)線って大正時代(1917年)からあったんですね。戦後ぐらいに思っていました。
横浜市電に関する展示。
京急、東急、相鉄等私鉄に関する展示。

道路では首都高速や第三京浜。
東急が計画していた東急ターンパイク(渋谷~江ノ島)の展示もありました。

だいぶ忘れてしまっているのにこういう事を言うのもなんですが、
見ごたえがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/06

川崎市市民ミュージアム (2) その他

・館内のモニュメント
Dsc_1590 Dsc_1566

常設展は入場無料です。

・常設展
Dsc_1592 Dsc_1596
Dsc_1599 Dsc_1601
Dsc_1589 Dsc_1611

・野外展示
Dsc_1619 Dsc_1618

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/03

川崎市市民ミュージアム (1) 中井精也鉄道写真展「ゆる鉄」ワールド

4月29日、川崎市市民ミュージアムで開催されている「中井精也鉄道写真展 笑顔あふれる「ゆる鉄」ワールド」に行きました。

・写真展の入口と、川崎市市民ミュージアムの真ん中にあった0系新幹線の写真。
Dsc_1569 Dsc_1576

撮影可能(SNSもOK)でした。

「1日1鉄」のコーナーは、中井精也さんが自身のブログ「1日1鉄」で毎日公開している写真を集めたものでした。

・「1日1鉄」良かった作品
Dsc_1571 Dsc_1570
Dsc_3189 Dsc_3188

1つ目の「もはや鉄道写真ではない」写真がお気に入りでした。
やっぱりプロは違うなぁと思いました。

「夢と希望の三陸鉄道」は三陸鉄道に関するコーナーでした。東日本大震災関連です。
中井さんは再開時の式典に行かれたそうで、また国鉄から三陸鉄道に転換されたときも行ったそうです。
今年のCP+で「地元の人にとっては2回目の開業のようなもので」みたいなことを言われていたのを思い出しました。

「DT moment」は東急田園都市線に関する展示。
このコーナーは入場無料でした。

・中井精也さん想い出の品
Dsc_1573 Dsc_1574

関連展示として、「鉄道模型ジオラマ展示」、「川崎ヒストリー展 ~川崎の鉄道~」がありました。共に入場無料です。

・鉄道模型ジオラマ展示
Dsc_1583 Dsc_1588

「川崎ヒストリー展 ~川崎の鉄道~」は、川崎市内の鉄道の歴史に関する展示で、見ごたえがありました。このコーナーは撮影禁止でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ももいろクローバーZ結成10周年記念展

6月2日、松屋銀座の8階イベントスクエアで開催されている「~サイリウムが照らす未来~ ももいろクローバーZ 結成10周年記念展」に行きました。

・松屋銀座と記念展の入口
Dsc_2682 Dsc_2673

有料(大人100円)です。中は撮影禁止。

15時頃でしたが入場列ができていてびっくり。
でも10分待ちぐらいで入れました。
最初の所は国立博物館や国立科学博物館の人気特別展もびっくりの全然列が動かない状態でしたが、それ以外はまぁ普通に展示物を見られました。

メンバーごとのコーナーがメインで、歴代主要ライブの紹介、過去グッズの展示、初めての紅白歌合戦出場時の映像コーナー、国立競技場の映像コーナー、GOUNNの衣装、先日東京ドームで行われた10周年記念ライブの映像コーナー、グッズ販売 等がありました。

メンバーごとのコーナー、HPにメンバーの私物とありましたが、純粋な私物はあーりんだけだったように思います。
毎朝たいていの日は弁当2つ持っていくんですかね? と変態の私は思いました。

歴代主要ライブの紹介では、ステージの模型も展示されていました。

紅白歌合戦と国立競技場の映像は感動的でした。
国立競技場は2日目は見に行きました。聖火台に火が灯されていて「おぉっ」と思いました。国立競技場で聖火が見られたのは想い出。
新国立競技場でやる日は来るのかな? その日が5人ではなく4人なのはやや寂しいかな。

当然ながらメンバーごとのコーナーには1月で辞めた緑(有安)のコーナーはありません。
グッズ展示も色別のものは4色のみ。(5人が写っているグッズや写真は普通に展示されています)
有安がいたらメンバーごとのコーナーでは何が展示されていたのだろうなとふと考えました。
仮に今後有安杏果展が開催されることがあっても、ももクロ関連の展示はないだろうし。

会場はあまり広くはなく、展示物もそんなに多くはないですが、
楽しめました。

松屋銀座では、10周年記念とは別に、各所で2014年のももいろクリスマスで使用された人形が展示されていました。

・2014年のももいろクリスマスで使用された人形
Dsc_2675 Dsc_2677
Dsc_2678 Dsc_2681

正面から撮ると反射して自分が写ってしまうので斜めからです。

当然ながら有安の人形はありません。
補完用に探してきました。
Dsc_0566 Dsc_3338

左はタワーレコード渋谷店で展示されたもの、右はももクロ大冒険Ⅲで展示されていたもの。
ももクロ大冒険Ⅲの時に書いたブログを読み返していたら、今回の10周年記念展よりも充実していたかも。写真も撮影可でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/02

タワーレコード渋谷店「有安杏果 ココロノォト」発売記念メッセージノート

タワーレコード渋谷店
「有安杏果 ココロノセンリツ ~feel a heartbeat ~ vol.1.5 ココロノォト 発売記念メッセージノート」、
まだ置いてありました。

・発売記念メッセージノート
Dsc_3310 Dsc_3313

・1つ目のノートの最後のページ
Dsc_3312

3階のアイドルコーナーのスタダアイドルの所にありました。
もしかするとアイドルコーナーに置かれるのは本人的には嬉しくないのかもしれませんが仕方がありません。

永遠に置かれるわけではないと思われるので、渋谷に行く機会があったときにはぜひ。

→ 参照: ココロノセンリツ vol.1.5 ライブBlue-ray (2018/4/8作成)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HMV&BOOKS SHIBUYA「ももクロ渋谷フェスタ」

5月26日、渋谷のHMV&BOOKS SHIBUYAで開催されていた「ももクロ渋谷フェスタ」に寄ってきました。

衣装展4種類、VR体験、過去グッズ販売 等

・ベストアルバム宣伝看板
Dsc_2450

苗字があの娘が2人、名前があの娘も1人いました。

・衣装展
Dsc_2446 Dsc_2448
Dsc_3308 Dsc_3305

VR体験もしました。
あれは顔を左右に動かしたりしないと意味がないんですね。半分ぐらいの時間ずっと前を見ていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »