« 川越 (10) 時の鐘 | トップページ | 川越 (12) 蓮馨寺 »

2018/05/20

川越 (11) 川越まつり会館

続いて「川越まつり会館」へ。

川越市立の施設で、川越氷川祭(川越まつり)の山車等が展示されています。
川越氷川祭は毎年10月に開催される祭りで、各町が所有している山車を曳き回すそうです。

・会所の展示
Dsc_1506

各町が会所というものを設けるそうです。

メインの展示室で20分毎に川越氷川祭の映像がスクリーンに6分間映し出されます。
その後係員による展示されている山車を含めた生解説がありました。
映像はいまいちよく理解できなかったのですが、その後の生解説は分かりやすく川越氷川祭りの魅力を感じました。
映像と生解説のため、普通に展示物が見られる時間が少ないのは難点ではあります。

・山車
Dsc_1519 Dsc_1518
Dsc_1511 Dsc_1509

29台ある山車の中から2台が入れ替わりで展示されているそうです。
行った日は西小仙波町・素戔嗚尊と末広町・髙砂でした。

3段になっており、1番上に人形があります。
上下に2段式でスライドするようになっていて、人形が一番下の段に収まるようになっているそうです。
結構立派な山車です。

・作りかけの山車
Dsc_1502 Dsc_1503

発注者が途中で亡くなり、未完成のままになったそうです。

山車を1台製作するのに約1億3000万円するそうです。
電車1両より少し高いぐらいかな。
1台作るのに具体的な数字は忘れたけど少なくとも1年はかかるようで、
まぁそんなものだろうなと思いました。

・2階の展示コーナー
Dsc_1521

結構良かったです。
前の通りは観光客で賑わっていましたが、ここに入る人はあまりいない様子です。
もったいないなと思いました。

| |

« 川越 (10) 時の鐘 | トップページ | 川越 (12) 蓮馨寺 »

お出かけ - 博物館・美術館」カテゴリの記事

地域 - 関東 - 埼玉県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川越 (11) 川越まつり会館:

« 川越 (10) 時の鐘 | トップページ | 川越 (12) 蓮馨寺 »