« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月の19件の記事

2018/04/30

横浜美術館 (2) コレクション展と谷保玲奈展

横浜美術館では「コレクション展」と「谷保玲奈展 -共鳴」も開催されていました。

・コレクション展
Dsc_1349 Dsc_1350
Dsc_1352 Dsc_1358
Dsc_1359 Dsc_1367

作品のクレジットを見ると、自分で自分の作品を寄贈している作品がたくさんありました。
こういうのもありなんですね。こういう所に寄贈したら自分で保存するよりも大切に保存してくれるだろうし、ありがたいことかもしれない。

・谷保玲奈展
Dsc_1370 Dsc_1371

ダイナミックでした。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜美術館 (1) ヌード展

4月15日、横浜美術館で開催されている「ヌード NUDE -英国テート・コレクションより」展を見に行きました。

・横浜美術館前
Dsc_1339

英国テートの所蔵作品により国際巡回している展示会との事。
エロティシズムとかそういうわけではありませんでした。
とはいえ18禁な作品はあります。
年齢制限はなく、両親と一緒に小学生ぐらいの女の子が来ているのを見かけましたが、男のいちもつを見てどう思うのだろう? と思いました。お父さんのものを見慣れてるので何ともなかったりするのかな?

ロダンの「接吻」のみ撮影可能でした。

・ロダンの「接吻」
Dsc_1347 Dsc_1345
Dsc_1348

3枚目の写真、おっぱいを吸っているのかと思っていたが顔の向きからそうではないか。

人体表現、
エロとかそういうものではない、
なにか感じるものがありました。
予想以上に良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浦賀の渡し (2) 叶神社

浦賀の渡しの西渡船場、東渡船場それぞれの近くに叶神社があります。

・西側の叶神社
Dsc_1281 Dsc_1271
Dsc_1273 Dsc_1278

・東側の叶神社
Dsc_1300 Dsc_1301
Dsc_1302 Dsc_1305

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/29

浦賀の渡し (1) 本編

4月8日に浦賀の渡し(浦賀渡船) も初めて乗りました。

浦賀港の沖合と奥の中間あたりで西側と東側を結ぶ市営の渡船です。
実際の運行は民間に委託しているようです。
7:00~18:00まで随時運航(但し12:00~13:00は昼休み)。
片道大人200円です。

・浦賀どっく跡あたりから見た浦賀の渡し
Dsc_1261

・西渡船場あたりから見た東渡船場
Dsc_1265

・西渡船場
Dsc_1269 Dsc_1268
Dsc_1282

乗り場には呼び出し用ブザーが付いています。
滅多に乗る人はいないのではないかと思っていたのですが、結構頻繁に往復していました。
一見さんは乗りにくい雰囲気なのかなと思っていましたが、そうでもなかったです。

・西渡船場にやってきた渡船
Dsc_1283 Dsc_1285

乗船します。
乗務員は1人で、桟橋に着いてもロープと括られていませんでした。
自販機はなかったし運賃はどうやって払うんだと思ったら、船に運賃を入れる箱が置かれており、そこに自分で入れる方式でした。

出航します。

・船内から見た風景
Dsc_1287 Dsc_1288
Dsc_1289

東渡船場に到着して客を降ろした後、船はすぐに引き返していきました。

・引き返していく船
Dsc_1290 Dsc_1292

この写真をみて気づいたのですが、後ろにプロパンガスが載っています。
動力源はガスだったりするのか?

・東渡船場
Dsc_1295 Dsc_1297

| | コメント (0) | トラックバック (0)

YOKOSUKA軍港めぐり (3) 新井掘割水路

長浦漁港から新井掘割水路を通って汐入の乗り場に戻ります。

新井掘割水路は人工の水路で、吾妻倉庫地区とはもともと陸続きだったそうです。
1854年に現在とは別の所に水路が完成し、1889年に現在の水路は1889年に完成したそうです。 → 参照
結構前からあったんですね。
ここを一度通ってみたかったので念願がかないました。

・新井掘割水路の長浦港側
Dsc_1152 Dsc_1177

本島側(右側)に線路っぽいのがあるのが気になります。
かつてはJRの田浦駅の方に繋がってたようで田浦駅辺りは線路はなくなっていますが、航空写真を見てもこの辺りはまだ残っているように見えます。

・新井掘割水路通行中
Dsc_1179 Dsc_1181
Dsc_1183 Dsc_1184

・新井掘割水路の両側を結ぶ船乗り場
Dsc_1190 Dsc_1185

・新井掘割水路を抜けた後
Dsc_1189

・海上自衛隊の吉倉地区
Dsc_1194 Dsc_1202

汐入ターミナルに戻ってきました。

・乗ってきた船と、乗り場から見た潜水艦「せいりゅう」
Dsc_1225 Dsc_1226

乗車券に印字された番号の下3桁により賞品が当たる企画がありました。
30人に1人ぐらい当たるそうで自分は外れましたがその次の番号の人が当たっていました。
おしいなぁ。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/26

YOKOSUKA軍港めぐり (2) 長浦港

長浦港にやってきました。
ここには海上自衛隊の船越地区もあります。

・吾妻倉庫地区
Dsc_1140
Dsc_1141 Dsc_1147

長浦港の南側にあります。
日米共同使用で使用目的は非公開との事。
タンカーが泊まっているし、燃料貯蓄庫としては使っていそうです。

・北側の追浜方面
Dsc_1142 Dsc_1175

左の写真は横須賀市のリサイクルセンター。
右の写真は住友重機械工業の造船所、奥に日産の工場やJAMSTECの研究所もあります。

・海上自衛隊の船越地区
Dsc_1156 Dsc_1171
Dsc_1170 Dsc_1166
Dsc_1160 Dsc_1161
Dsc_1163

5104, 5105, 5106 : 海洋観測艦
6102 : 試験艦
404 : 潜水艦救難艦
名無し : 除籍された元潜水艦救難艦
463 : 掃海母艦
304, 305, 606: 掃海艦
YO~ : 支援船

・海上保安庁の横須賀会場保安部
Dsc_1162

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/19

YOKOSUKA軍港めぐり (1) 米軍とか

4月8日、初めてYOKOSUKA軍港めぐりに乗りました。

トライアングルが運行する横須賀港の米軍や海上自衛隊が集まる付近を巡る遊覧船です。
汐入のショッパーズプラザに汐入ターミナル(乗船券売り場)があり、その近くに乗り場があります。

トライアングルのサイトで事前予約が可能です。
前日に見たら最終便以外は満席で「直前では駄目なのか」と思ったのですが、
当日分も各便100枚程度あり当日の電話予約も可能という事で、電話して13時発の便を予約しました。なるべく出航の15分前に受付で発見してくださいとの事。
20分前に到着しましたが、13時以降の便はまだ空席があり受付でも直接購入できる状態でした。

・汐入ターミナル
Dsc_1082

乗船は、予約に関係なく乗り場に先に並んだ順でした。
まだ発車まで時間があるしどうしようと持っていたのですが、
はとバスの団体客がやってくるのが見えたので慌てて並びました。
もう既にだいぶ並んでいました。

1つ前の便が戻ってきました。

・入港してきた軍港めぐりの船
Dsc_1085 Dsc_1089

あまり大きな船には思えませんがこれでも250人乗れるようです。
出航の5分前から乗船可能、立席でしたがなんとか上の階に行けました。
出航。

・出航
Dsc_1096

船内ではその日の停泊している船にあわせた生解説があります。

※以下は戻ってくるときに撮影した写真も含まれます。

・米軍の2号・3号ドック
Dsc_1216

・海上自衛隊の潜水艦「せいりゅう」
Dsc_1212 Dsc_1214

先日就航したばかりで、本格運用が始まると船名と機体番号は消されるとの事。
今しか見られない貴重な風景だそうです。

・海上自衛隊の潜水艦
Dsc_1203

こちらには船名も機体番号もありません。

・米軍の宿泊艦
Dsc_1206

前からずっとここにいます。

・米軍のイージス艦
Dsc_1102 Dsc_1204

おっと。米軍の空母「ロナルド・レーガン」がいました。

・米軍の空母「ロナルド・レーガン」
Dsc_1114 Dsc_1119
Dsc_1125 Dsc_1131

米軍の空母、何回か見ているしあの甲板の上に乗った事はあるのですが、真正面から見るのは初めてかも。
 参考: → 米軍横須賀基地「第3回グランドイルミネーション」 (5) ジョージ・ワシントン 甲板 (2009/12/9作成)

・船尾から見た米軍方面と吾妻倉庫地区
Dsc_1130 Dsc_1137

・横須賀消磁所
Dsc_1136

機雷に反応しないよう船舶の磁気を消すための施設で海上自衛隊と米軍の共同施設だそうです。
向こうに見えるのは千葉方面。

・東京方面 かな?
Dsc_1143

スカイツリーが見えるみたいなことを言っていたような気がするのですがよく分からず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/15

大岡川の桜2018 (2) 蒔田公園~日ノ出町

蒔田公園からさらに下流へ。

・蒔田公園~黄金町
Dsc_0928 Dsc_0942
Dsc_0950 Dsc_0951
Dsc_0959 Dsc_0958

・黄金町~日ノ出町
Dsc_0965 Dsc_0963
Dsc_0968 Dsc_0969
Dsc_0975 Dsc_0977
Dsc_0980 Dsc_0983
Dsc_0987 Dsc_0993
Dsc_0994 Dsc_0996

後ろに京急が写るのもいい感じ。
黄金町~日ノ出町間は花より男子...じゃなかった花より団子って感じでした。弘明寺あたりも出店が並んでいますが何となく雰囲気が違います。

このあたりで終わりにしました。
4kmぐらいあったのかな? 2時間かけて歩きました。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/14

大岡川の桜2018 (1) 弘明寺~蒔田公園

3月31日(土曜日)に大岡川の桜を見に行きました。

もうだいぶ散っていました。
前週の土日はまだ早そうでしたしなかなかベストタイミングに撮影できません。
今年はさっと咲いてさっと散ったような気がします。
京急の弘明寺駅で降ります。

・弘明寺駅近くの桜と弘明寺観音入口の桜
Dsc_0822 Dsc_0829

・弘明寺商店街
Dsc_0832 Dsc_0833

弘明寺商店街の途中で大岡川と交じっています。
ここから大岡川を下流に向かって歩きます。

・弘明寺~井土ヶ谷橋あたりの桜
Dsc_0835 Dsc_0842
Dsc_0851 Dsc_0855
Dsc_0856 Dsc_0873
Dsc_0876 Dsc_0883
Dsc_0897 Dsc_0899

川に桜の花びらの大群が押し寄せてきました。
どうしてこうやってまとまってしまうのか? 重さの関係で理論的なものがあるのでしょうか?

・桜の花びらの大群
Dsc_0904 Dsc_0906
Dsc_0909 Dsc_0910
Dsc_0911 Dsc_0914

蒔田公園に到着しました。

・蒔田公園の桜と、去年開催された全国緑化よこはまフェアの開催記念花壇
Dsc_0918 Dsc_0920

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/12

目黒川の桜2018

今年はさっと咲いてさっと散りました。

・3月24日
Dsc_3018 Dsc_3021

・3月27日
Dsc_3028 Dsc_3029

・3月30日
Dsc_3050 Dsc_3051

・4月2日
Dsc_3085 Dsc_3086

→ 参考: 目黒川の桜2017

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/11

浦賀駅の木目調の駅名票

ドック前バス停に行くために浦賀駅で降りた所、ホームの駅名票の1つが木目調になっていました。
 → 参考: 京急のニュースリソース「湘南電気鉄道(黄金町~浦賀・湘南逗子(新逗子)駅間)開業88周年を記念して「黄金町」「浦賀」「新逗子」の駅名看板を特別装飾いたします。」

・木目調の駅名票
Dsc_1235 Dsc_1236

・ホーム
Dsc_1231

・駅の入口
Dsc_1239

・駅前の絵
Dsc_1309 Dsc_1242

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リラックマ15周年×京急120周年 (6) 京急久里浜駅

京急久里浜駅 (京急リラッ久里浜駅) へ。

・東口
Dsc_1316 Dsc_1315

西口は普通でした。

・駅名票
Dsc_1319 Dsc_1318
Dsc_1320 Dsc_1321

・ホームの階段の所
Dsc_1325 Dsc_1326

ホームの発車標が前はパタパタ式だったと思うのですが品川駅と同じタイプの液晶式に変わっていました。
三崎口方面は1枚でした。

・ホームの発車標
Dsc_1329 Dsc_1330

京急のリラックマ関連、これで全6箇所周り終えました。(葉山アリーナ辺りは除外するものとして)

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リラックマ15周年×京急120周年 (5) ドック前バス停

4月8日、「リラックマ15周年×京急120周年」の残りの2つに行って来ました。

まずは「ドック前」(ドックマえ) バス停へ。
ドックは浦賀ドックの事です。2003年に閉鎖しておりもう操業していません。
浦賀駅から久里浜方面への2つ先のバス停です。

・ドック前バス停
Dsc_1251 Dsc_1250
Dsc_1248

・浦賀ドック跡
Dsc_1253 Dsc_1255

浦賀ドックの先の海が絶景でした。
向かいの房総半島も見えました。

・浦賀ドックの先の海
Dsc_1256 Dsc_1257

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/08

ココロノセンリツ vol.1.5 ライブBlue-ray

宿題やりまぁ~す。

3月28日に有安杏果さんの「ココロノセンリツ vol.1.5」のライブBlue-rayとDVDが発売されました。
ももクロを卒業されてお蔵入りになってしまうのかなと思っていたのですが発売されてよかったです。
元となる公演(10月20日の武道館)は、仕事を有給休暇で休んで行きました。
→ 参考: ココロノセンリツ vol.1.5 (2017/10/29作成)

発売日当日。
なにやら前日にTSUTAYA渋谷店を訪れて痕跡を残してきたようなので見に行ってきました。

・TSUTAYA渋谷店
Dsc_3035 Dsc_3034

別の店で予約していたのでここでは買わず。すみません。

・タワーレコード渋谷店
Dsc_3037 Dsc_3038

ここで買いました。
メッセージノートが置いてありました。
ぱらぱらっとめくってみたら、1ページ丸ごと使ってメッセージを書いている人もいたり。
書かれてた最後のページもそんな感じで、同じページの続きに書くのは忍びなく感じて、次のページに特にこれといって書くことが思いつかず自分でも驚くほどの下手な字で1行だけ書いてみました。
後日、本人がこれを見に来たようです。

という事でライブBlue-ray。

まず思ったのは、
「これを当日生で見られて、この場にいられて幸せだった」です。
運命だとか奇跡だとかそこまでは思いません。
ステージ後ろではない注目されていないステージ横2階のちゅうちゃん席でしたが、
仕事を休んで行ってよかったです。
途中マイクなしで歌う所もありましたが、Blure-rayだと結局はマイクを通した音になるわけで、生で聴いたものとはだいぶ違いました。生で見るには敵いません。

客席を写した所が結構収録されていて、こういうのには映りたくない派なのですが、せっかくなので映っていないかなと探したのですが見つけられませんでした。

アンコールでは、教育、そして逆再生メドレー。
逆再生メドレーの中の「feel a hearbeat」の中の煽りの謎の「3階!」(武道館に3階はない)もそのまま収録されていました。ない階だけあって答えている人少ないです。

アンコールの最後は「Another story」でした。
「Another story」は、Disk2に収録されていたvol.1の大阪のものと、vol.1.5の武道館のもので意味合いが違うように感じました。
大阪では盛り上げ曲、武道館ではそうではない。
たぶん武道館の頃にはももクロを卒業することを少なくとも自分の中では決めていたわけで、最後に持ってきたのは理由があったのかなと。

ダブルアンコールもあり、客と一緒の有安アコースティックギターだけでの「feel a hearbeat」。
Disk2のメイキングで映っていた予定表に載っていたので予定調和だったようです。
ああやって一緒に歌ったのは良い想い出です。
そういえばクレジットに自分が載っていました。
Dsc_3048

会場では「総合プロデュース:有安杏果」って出ましたが、Blue-rayのクレジットにはないですね。

このBlue-rayの良くなかったところ、
・ 開演前のぱんぱいタイムがない (これは著作権料の問題もありしょうがないかな)
・ 本編終了後のアンコール待ち「ももかコール」がなく、アンコールまでの余韻を待つことなく始まってしまう。

おまけの銀テープ、実際のものより小さいなぁと思いましたがパッケージに入れるにはあのサイズに縮小するしかないですね。
銀テープは本物を持っていて、当日会場れは受け取れなかったのですが、翌日に同じ場所であったももクロの「Over 40祭り」で隣の席だった人から貰いました。こういう事ってあるもんだなぁと思って。

最後に、
Blure-rayでは物足りない。
もう一度有安さんの歌声をもう一度生で聴きたいと思いました。

---

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/07

京急の旧羽田空港駅

・穴守稲荷駅の東側
Dsc_1065

穴守稲荷駅の先から京急空港線は地下となり、羽田空港国内線ターミナル駅まで続きます。
かつては地上で旧羽田空港駅まで続いていました。
この写真の反対側を見るといかにも線路跡といった空間があり、駐車場になっていました。
※ その写真を撮っていないという...

旧羽田空港駅までそんなに遠くはなさそうなので、近くの道路を通って行ってみました。

・その先の旧線路の踏切があったと思われる所から見た西側と東側
Dsc_1066 Dsc_1067

さらに先に進みます。
海老取川に突き当たる所、このあたりが旧羽田空港駅と思われました。

・旧羽田空港駅跡と思われる所
Dsc_1071

ここに駅があった頃を見てみたかったです。
羽田空港駅と名乗っていましたが、実際にはここから空港の旧ターミナルまで距離がありました。空港客の利用はほとんどなく、空港までのバスがマイクロバスで細々と運行されたりしていたようです。

・天空橋
Dsc_1069 Dsc_1073

海老取川に架かる橋です。この橋を渡った先に天空橋駅があります。
天空橋駅の由来はこの天空橋のようです。
なんだかかつてここに鉄道が走っていたかのようなタイプの橋ですが、そういうわけではないようです。

・天空橋から見た北側と南側
Dsc_1074 Dsc_1072

橋を渡って天空橋駅へ。
ここから電車に乗って帰りました。

・天空橋駅
Dsc_1077

| | コメント (0) | トラックバック (0)

穴守稲荷駅と穴守稲荷神社

その後、穴守稲荷神社にまだ行ったことがなかったので行ってみました。

・穴守稲荷駅
Dsc_1044
Dsc_1045 Dsc_1046

駅の入口に鳥居がありました。
駅から出るほうが前になっています。

歩いて5分ぐらいで穴守稲荷神社に到着。

・南側の入口の鳥居
Dsc_1051

・狐塚
Dsc_1052

・拝殿前の鳥居と拝殿
Dsc_1053 Dsc_1055

この奥に本殿があるようです。

・奥の宮前の鳥居と奥の宮
Dsc_1056 Dsc_1057

・神楽殿
Dsc_1059

・東側の入口の鳥居と西側の入口の鳥居
Dsc_1058 Dsc_1063

南側、東側、西側に入口と鳥居があります。
南側から入ってきましたが、どうやら西側の入口がメインのようでちょっとした参道もありました。

駅名にもなっているし、大晦日から元旦にかけてここまで終夜運転を行っているので大きな神社なのかなと思っていたのですが、それほど大きくありませんでした。
初詣時期は身動きが取れないぐらい混雑するのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京急蒲田駅 (2018年4月)

先日大鳥居駅に行った時に、京急蒲田駅で久しぶりに下車してみました。

2015年2月以来のようです。
車窓やその他の情報から、駅前広場や高架下にショッピング街(ウィングキッチン京急蒲田)ができたのは知っていたのですが、できてから降りたことがありませんでした。
 → 参考: 京急蒲田駅 (2015年2月) (2015/2/5作成)

・西口
Dsc_1003 Dsc_1022
Dsc_1019

バス乗り場がありますがJR蒲田駅行しかありませんでした。ここから乗る人はあまりいなさそう。

・東口
Dsc_1005 Dsc_1018
Dsc_1011 Dsc_1015

こちらのバス乗り場は羽田空港行、東糀谷六丁目行、森ケ崎行 等。
バスを待っている客は1人ぐらいで、タクシープールや乗り場もありますがタクシーが来る気配がなく、なんだか寂しい雰囲気でした。
旧ホームがあった所がすっぽり空いていましたが、このままなのか或いはビルでも建てるのか?

・東口前の第一京浜(国道15号線) 横浜方面
Dsc_1016

迫力があります。昔はこのトンネルもありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/01

リラックマ15周年×京急120周年 (4) 森が丘バス停

上大岡駅から京急バスに乗って森がお丘バス停 (森が丘バス停)へ。
バスターミナルの2番乗り場からの発車で1時間に5本程度の本数があります。
森が丘まで約10分です。

・森が丘バス停
Dsc_1080 Dsc_1079

バスを降りて撮影の準備をしていたら乗ってきたバスがリラックマの装飾付きで慌てて撮影しました。

・リラックマ装飾付きのバス
Dsc_1078

反対側のバス停は普通のバス停でした。

この森が丘、
上大岡駅から来る方はバスの本数も多く距離も近いて便利なのですが、
上大岡駅に行く方は
・森が丘循環 (この先ですぐ上大岡方面に戻るので早い): 1時間に1本
・汐見台循環 (片循環で20分ぐらいがかかる): 1時間に3本
・磯子方面との往復 (森が丘から見ると逆方向で早い): 1時間に1本
と案外不便。
森が丘循環は次まで30分ぐらいあるしどうしようかなぁと。
反対側のバス停に見に行ったらすぐにやってくる時間だったのでそれに乗って帰りました。
滞在時間5分未満でした。

あとは「京急久里浜駅」と「ドック前バス停」が残っています。(ドック前は浦賀です)
リラックマとかああいうキャラクターものを集めたりしないし特に興味はないのですが、
こうなったら残りの2つも行かなきゃという気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リラックマ15周年×京急120周年 (3) 大鳥居駅

4月1日、大キイロイ鳥居駅 (大鳥居駅) に行ってきました。

・ホームの駅名票
Dsc_1024 Dsc_1027

・西口の駅舎
Dsc_1036 Dsc_1041

大胆に装飾されていました。
大鳥居駅には東口もありますがこちらは通常通りでした。

・大キイロイ鳥居バス停 (大鳥居バス停)
Dsc_1032 Dsc_1034

大鳥居バス停は乗り場が4つあるようですが、羽田空港方面の乗り場のみ変えられていました。
イラストがある方は車道を向いており近くで撮るのは無理です。反対側の歩道からしか撮影できません。ズームレンズがないときれいに撮るのは難しそうでした。
車道に出て撮影するのは危ないので絶対に止めましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »