« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月の15件の記事

2018/01/28

有安さんに関するその後

先日噂の渋谷のHMV&BOOKS SHIBUYAに寄ってきました。

Dsc_2905 Dsc_2905_2
Dsc_2904 Dsc_2907

本物なのかどうかはわかりません。
身長160cmの私で緑の枠の上のところまでしか届かないぐらいでした。
身長148cmらしい彼女は、背伸びしたら何とか届くのかな。
ちなみに黒のペンは置いてなかったです。
汚い字で「ももか ありがとー」とだけ書いてきました。
これでやっときっちりと「ありがとう」と言えた気分。

サインもありました。
Dsc_2909 Dsc_2903

---
有安の後輩のブログを見ていたのですが、
有安の背中を見ていたんだなぁと思って嬉しくなりました。

・ばってん少女隊 上田理子さん
https://ameblo.jp/but-show/entry-12346598349.html

・私立恵比寿中学 真山りかさん
https://lineblog.me/ebichu/archives/13170880.html

・私立恵比寿中学 安本彩花さん
https://lineblog.me/ebichu/archives/13170850.html

・欅坂 高瀬愛奈さん
http://www.keyakizaka46.com/s/k46o/diary/detail/13612

欅坂は後輩ってわけではないけど、
特に上田さんの「プロっていうものを間近で魅せてくれる先輩」って所が気にかかりました。
見せてくれるだけではなく魅せてくれるなんだね。

---
私は、心配していたショック感というのもあまりなく、寧ろすがすがし感を感じたりして。
気分はもう通常に戻っている感じ (かな?)

有安はももクロ辞めて良かったんじゃないかなって気がしてきています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/25

ももいろクローバーZ 2018 OPENING ~新しい青空へ~

1月21日に開催されたももいろクローバーZ「2018 OPENING ~新しい青空へ~」、
有安杏果さんがももいろクローバーZとして最後に出演するライブでありやす。

〇 開催まで
幕張メッセ7~9で開催される公演、チケット当落は1月18日の13時発表で残念ながら外れました。

しかしながら幕張メッセイベントホールでライブビューイングを行うとの事で1月20(前日)の12時からチケットぴあ(セブンイレブンのマルチコピー機やネット)で先着順で発売。
何とでも当てたい!と思い、12時の10分ぐらい前から他に客が来ないことを祈って申し訳なく恥ずかしく思いマルチコピー機を占領して1つ前の画面まで進めて待機し、12時1秒ぐらい押したら買えました。名前を入力する所で手が震えて五十音順に並んでいる中のどこにムがあるのか一瞬探せませんでした。
こういう体験は初めてでした。
ライブビューイングではありますが、卒業を見届けることができる事になって大変嬉しかったです。今年のおみくじの「末吉」はここで使ってしまったか。末吉より大きいような気がするが大吉ではないです。

という事で1月21日の当日。

〇 当日
・会場の幕張メッセと会場案内図
Dsc_2875 Dsc_2876

グッズの「5色のタオル」が記念に欲しいなと思っていたのですが、自分が行った時間は売り切れでした。
後日通販で販売するようなので通販で買おうかな?

本編は17時からですが、ライブビューイングでは16時から挨拶がありました。
その模様はここにあります。
https://twitter.com/momowgp/status/954972296434786304
入金流れ分の本会場へのアップグレードあるとの事で、当たったら嬉しいなと思いましたが外れました。

・ライブビューイング会場のロビーに飾られていた有名人からの花の一部
Dsc_2891 Dsc_2881
Dsc_2886 Dsc_2888

宛名が有安杏果様だったり、ももいろクローバーZ様だったり、5人のももいろクローバーZへだったり、ばらばらでした。

予定通り17時に開演。
最初はovertune。ここで「ももか」って叫ぶのは今日が最後か?

続いて最初の歌は「Z伝説」でした。
私がももいろクローバーZを知るきっかけになった曲です、「なんだこれは?」って。撮影場所が横浜のコットンハーバーです。
歌詞に名前が入っているので4人では歌いづらいしこれが最後でしょうか。或いはグリーンの所は「あっ」に変えるのか? ブールの所は1箇所だけどグリーンは何箇所もあるからな。
「新Z伝説」でも作るんですかね。

映像見ていると、やっぱり本会場で見たかったなぁと思いました。

何曲か経ってから気付いたのですが、この衣装はもしかして「2014年の紅白歌合戦で着るはずだった衣装」かな?
有安本人はインフルエンザにかかり出られませんでした。その後紅白に選べれることはなく。
やっぱり違うかなと思ったのですがやっぱりそうだかな。上半身は違うような気もしたが下半身は確かにあれだったような。
米さんのTwitterによるとその時の衣装だそうです。
 → https://twitter.com/YONESAN12
有安のリクエストだったようで、最後に着る機会があって良かったです。
あの衣装は、その年のももいろクリスマスの時に「衣装にメッセージを書こう」(というか塗りつぶそう)の企画があり、自分も塗りつぶしました。
その時の写真です。
Dsc_0075

4人では歌いずらいそうな曲を中心に続きました。
なぜだか前半の最後「words of the mind」が、最も「あぁこれはもうみられないんだな」と思いました。

その衣装替えがあり後半へ。
「モノクロデッサン」が後半の最後でした。
このあとアンコールでのクライマックスと思っていましたが、
何だか卒業セレモニーが始まりました。
「えぇっ」っと、早いよ。まだ1時間半しかたっていない。(公演予定2時間ってなってたけど)
まだあれもやっていこれもやっていないし。

有安から各メンバーへのメッセージ、
各メンバーから有安へのメッセージ の順だったかな。
ライブビューイング会場では話し声が特に夏菜子の話し声が聞きづらく、最初の方よく聞き取れずに「薬教えあって?」って聞こえて、?どこか体が悪いのかな? 教え合ってじゃなくて医者に診て処方してもらった方がと心配になりましたが「口内炎の薬」の話だったようです。
夏菜子は「10周年は一緒に迎えたかった」と。

そして、サプライズで...という事で、
残る4人と観客により有安への「ありがとうのプレゼント」の合唱か!と思いましたが、
有安に捧げる新曲「新しい青空」でした。
歌詞はよく聞き取れなかった。少しだけ「ありがとうのプレゼント」を挟みました。

最後に有安が、
「10周年は5人で迎えられると思ってました。でも4人のこれからのためにこうするしかなかった。」
と。無念さを感じさせる発言。
えっつ? どういう事?
残るメンバー4人も「えっ?」って感じの表情。
「アイドル生活8年間を」と、本人からはあまり口にしないような気がする「アイドル」という言葉も使いました。

アイドル色を排してソロ音楽活動を行なった結果、
ももいろクローバーZとしての活動に身が入らなくなってしまったのか?、
本人はそのつもりではなくても周りからはそう思われていたのか、
元からですがバラエティ等ではほとんど喋らず他の4人と比べると異質のメンバーです。
今年5月にももクロ10周年を迎えるにあたって、
「自分はももクロメンバーとしてふさわしくないから身を引く」という事なのか?、
或いは誰か(あの人)に「中途半端な気持ちなら辞めてくれ」と言われたのか?

最後に「卒業することに後悔はありません」と明言し、
本人も涙って感じではなくくむしろすがすがしい笑顔で、
そんなに持てないだろうというぐらいの量の花を持たされて、
結構あっさりと去っていきました。

アンコールで「ももかコール」をしたかったなぁとか、
「ありがとうのプレゼント」をみんなで大合唱したかったなぁとか、
なんだか「ありがとう」とお礼をはっきり言えなかったのが心残りです。
「お疲れ様です」とは言いたくなかったが、「ありがとう」は言いたかった。

4人が残り、しばらくして松崎しげるさんが登場。
「10周年記念で東京ドーム公演が決定」の発表でした。
これはここで発表する事ではないだろうと。
まぁでも、本当はモモクリで発表する予定だったのだろうし、今日を逃すと発表する機会がないのも確か。
有安が辞めていなかったら「えぇっやったぁ絶対行く」と何としてでも行ったと思いますが、
開催日が水曜日だったこともあり「いかなくていいかな」と思いました。行ったら空しく感じる気しかしませんでした。

最後に4人で「あの空へ向かって」でした。
あらかじめ最後は4人での「あの空へ向かって」だろうと予想し、それが相応しいと思っていました。
しかし、自分は有安が見守る中の4人の「あの空へ向かって」を予想していたのですが、
なんだか有安が追い出された中の「あの空へ向かって」に感じてしまいました。
あぁこれは残る4人の事を思うとペンライトを緑にしてはいけないなと思い、
適当に他の色に変えて、そしたら持ってたペンライトの2本の内1本がちょうど電池切れになりました。あぁこのペンライトも今日で終わりなのかなぁと。心なくペンライトを振りました。
有安が卒業した後の4人も応援していこうと思っていたしできると思っていたのですが、何だかそういう気分になれませんでした。

最後に映像が流れて終了です。
その映像が、有安がなるべく写っていない過去の映像を切り取って編集したと思わるものでした。何だこういうことするかなぁと。
4人でのアンコールはなかったです。アンコールがなくて助かりました。

何だか有安への罰ゲームのようにも感じもしましたが、これが社会というものか。
有安はその罰ゲームを受け入れなければいけないものとして受け入れて、それがあの笑顔だったのかな。強いな。
そういえば自分も退社するあの人に冷たくあしらったかなと反省しました。

だいたいタイトルが「2018 OPENING ~新しい青空へ~」ですし、
有安卒業コンサートいうよりは、
4人での始動に向けてのコンサート。
まぁでも運営から見たら辞めていく人なんて知った事じゃないし、
今後残りの4人でやっていかなければならないし、有安が抜けた分は特に音楽面では大きくそれを埋めていかないといけないだろうし。
そういうものかな。

終わった後、ももクロから有安がいなくなったという寂しさが襲ってくるのではないかと不安だったのですが、
そういう思いはほとんどなく、モヤモヤ感だけが残りました。
もしかして寂しさを感じさせないための作戦だったのかな?

予め予告があったのでが、
FCの推し設定がライブ終了後に箱推しに変更されました。
それだけでなく、公式HPの写真からも有安が居なくなり、元から4人で活動しているかのような図柄に。
(事務所では対応できない画像とか、過去のものは残っています)
せめて1/21 23:59.999999 までは残してくれても良いのになと思いました。
一刻も4人体制に気持ちを切り替えてというのは分からなくないのですが。

有安本人のブログは、
ライブ終了後に最後の更新があるのかと思っていたのですが、
ライブ開始5分後に最後の更新がアップされれていました。あらかじめ書いていてマネージャーか誰かにアップしてもらったものと思われます。
事務所に交渉したのか有安誕生日の3/15までは残って、その後消えるようです。

ありがとうございます。
> TwitterやInstagramとかをやってみたいなーと思ってます!
とあるので、その時はよろしくお願いします。

とりあえず当選している「バレンタインイベ裏」は行きたいと思います。ペンライトの電池も交換します。
時が解決するのか、他界してしまうのかわかりません。
「バレンタインイベ裏」で自分がどう感じるか次第だと思います。

時間も時間なので以上です。
またなんか書くかもしれません。
※ 意見には個人差があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/20

ももいろクローバーZ「BLAST!」衣装展 +α

ワーレコード新宿店で開催されているももいろクローバーZ「BLAST!」衣装展に行ってきました。

7階のエレベーター前にありました。

・BLAST! 衣装
Dsc_2866

マネキンの高さがメンバーの身長に合わせて違っているんですね。

・周りの展示
Dsc_2868 Dsc_2869
Dsc_2863

8階にもなんかあると書いてあったので行ってみました。

・8階での展示
Dsc_2870 Dsc_2872

6人時代のサインが飾ってありました。
あるのを知らなかったのでびっくりしました。

せっかくなので、買うつもりのなかった「夏のバカ騒ぎ2017」のBlu-rayを買って帰りました。

---
21日の卒業ライブは外れてしましました。
急遽隣のイベントホールでライブビューイングがあるようで1/20 12時からチケットぴあで先着順で発売。なんとか当てたいところ。今年のおみくじは「末吉」だったのでここで小さな幸せを当てたいところです。 - 小さな幸せではないか...
なお、外れてもAbema TVで生中継されることが決まっているのでそこは諦めます。

有安さんの脱退、
最初は 「後ろ向きの引退」 だと思っていたのですが、
最近は 「前向きの卒業」 なんだと思っています。
 ※ 卒業なんていう良い響きに変えたまやかしの言葉は使いたくないのですが、本人がそういうので敢えて卒業とします。

先日の「JUNK 山里亮太の不毛な議論」で(まだRadikoタイムフリーで聴けます)
> 自分が成長させるために今回決めたので、今回この卒業を
と話されていました。

また最近のブログで、
2017/10/21 : わたしにはこれから先いいことばかりじゃなくて辛いこととか嫌なこととかもたくさんあると思うけど
2018/1/3 : 2018年もいろいろな事があると思うけどいつでもどんなときも有安杏果らしさを常に忘れず頑張っていくね!!
2018/1/7 : 今年はこのだるまさんみたいに転んでも転んでも何回でも起き上がって頑張ろーと思ってますっ٩( ü )و

ももクロだけでなく事務所も辞めてしまいます。
温もりのももクロや周りがサポートして豪華なバンドや会場を用意してくれる環境を排し、
辛いであろう道を敢えて選んだのかなと思っています。
「自分は本当に音楽が好きなのだろうか」という自問もあるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/16

有安杏果さんがももいろクローバーZを脱退

1月15日の昼食、大戸屋で期間限定の「たっぷり野菜と和出汁の酒粕鍋定食」を頼み、スマホでmixiニュースを見ながら食べていました。
ページを最新に更新したところ、有安杏果ももいろクローバーZ脱退の記事が。
「えぇぇっつ」と。
過疎り気味のmixiでこのニュースへのつぶやきが気付いて開いた時点でもかなりありました。(最終的には1500件超)

1月21日のライブで脱退し、事務所からも契約解除になるとの事。
「1月21日に何かあるんだっけ? 最近あまり追ってないしな」 と、
いずれにしろ申し込んでいないので行けません。
10月のソロコンの次の日のover40祭が最後に生で見るライブになってしまったのかなと、ももクリは行かなかったし、もう生で見ることができないことに悔いを感じました。

ももクロメンバーが40歳やさらに歳をとってもあの5人で、途中結婚や産休等による休業期間があるにしても続いていくんだろうなと、何となく思っていました。

このニュースを見たのが昼食をほぼ食べ終えた頃で良かったなと思いました。
平静を装って会計をすまし、
午後からの仕事は意外にも普通にできました。

10月のソロコンサート、「ココロノセンリツは今日が最後」旨話しておりました。
さらに最後の挨拶が何だか引退でもするかのような感じで気になっていたことを思い起こしました。
その後1週間経ってもそういう発表がなかったので安心していました。
たぶんあの時には脱退する事が決まっていた(或いは決めていた)んでしょうね。
あのソロコンに対する力の入れようとわがままぶりはこういう事だったのかと、今になって納得しました。あの時のわがままぶりに私は反発していましたが、結果的にはあれで良かったんだと思います。
 → 参考: ココロノセンリツ vol.1.5 (2017/10/29作成)

そのあと知ったのですが、1月21日のライブの観客はこれから募集するようで(*この記事をアップ頃には応募は終了しています) 少し安堵しました。
さらに後の帰宅途中に知ったのですが会場は幕張メッセ7~9との事で、これなら当たるかな。まぁ当たらなかったとしても仕方ないと現実として受け止めます。

帰宅後19時からのふんどしはもう終わっていたので(後から見ました)、
21時からのAbemaPrimeを見ました。5人全員で出演。

有安が抜けた後も私はももクロを応援していけるかなぁと。
正直自信がないです。なってみないとわからない。
ももクロを応援することを失いたくないなぁという思いもあり.ます。というか、誰かを応援するという事を失いたくない気持ち。これからはまた鉄道ファンに専念しようかなと。
昔広末涼子さんへの興味を失ってしまった後の空白期間みたいな。(あ、広末さんごめんなさい)
今からまた別の人を応援するのも何だかやりたくない気持ちもあり。
嫁さんでももらうか(笑い)
  - 嫁さんではなくて奥さんですね。(嫁は息子の妻)

AbemaPrimeで、しおりんだったかれにちゃんだったか「この4人になる事は現実として受け止めないといけないし、応援してほしい」旨。
音楽面では有安の役割は大きかったと思いますし、残された4人は正直不安でしょうね。越えなければいけないハードルは高いと思います。(そういう意味では辞める有安は気楽なものです)
この言葉を聞いてこれからも応援してあげないといけないなと思ったし、応援できるようなグループになって欲しい。

AbemaPrimeで最後有安が申し訳ありませんだったかそんな感じで深々とお辞儀し、それに倣って真剣な表情(特に夏菜子)で他のメンバーも。
なんだか不祥事を起こした会社の謝罪会見のようなお辞儀でした。

辞めた後の有安は何も決まっていないようで決まっていない日々を過ごしたいとの事。

ココロノセンリツvol1.5で新曲はなかったでしょ。
本当は作るつもりでいたがどうしても作れなかったのかなぁと。もしかしてそういう事により普通の生活を送ってみたい..と思ったのかな。
実際の所大学も行ったりブログなんかを見ても案外普通の生活を送っていていろいろ経験していて、私の方がずっと普通の経験をしていないように思います。

何も決まっていない日々は、有安にそれができるのかなぁと。
定年を過ぎた人ならともかく、それは逆に大変な事なのではないかと。
毎週月~金の決まった時間に働き、土日は休んですっきりというのが案外楽なのではないかな。
規則正しい生活って何も決まっていないと逆にできないように思うし、「ももかいつまで寝てるのよ、いい加減に起きなさい!」ってももかママの声が浮かびました。

これからどうやって過ごしていくのか?
いつしかどこかで例えば路上でギターを弾きながら歌っている姿を思い浮かべました。
♪スタートラインに立って...
ってね。
これからが有安さんのリ・スタートラインなんでしょうか。

せっかくなので昼食を食べながら上げようと思っていた「たっぷり野菜と和出汁の酒粕鍋定食」の写真を上げます。
Dsc_2853

※ これを読んで不快な思いをされる方もいそうですがこのままアップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/14

鈴鹿・津の寺神社 (7) 円光寺

最後に津市河芸町上野にある円光寺へ。

・円光寺
Dsc_0490 Dsc_0489
Dsc_0488 Dsc_0487

裏の駐車場から降りてきましたが下から上がってくるのが正式だったみたいです。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴鹿・津の寺神社 (6) 津観音

津市大門にある津観音へ。

・津観音
Dsc_0480 Dsc_0484
Dsc_0482 Dsc_0483

小さいですが五重塔もありました。
隣に資料館がありましたが閉まっていました。

近くに大門商店街がありましたがだいぶ廃れていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴鹿・津の寺神社 (5) 高田本山専修寺

別の日に津市一身田の専修寺へ。
浄土真宗高田派の本山です。

・山門と唐門
Dsc_0447 Dsc_0477

・境内案内図
Dsc_0445

・如来堂と御影堂の並び
Dsc_0475

左が如来堂、右が御影堂です。
結構大きな建物です。
どちらも中に入れます。御影堂では法話が開催されていました。
どちらも2017年11月28日に国宝に指定されたとの事。

・如来堂
Dsc_0474

・御影堂
Dsc_0449 Dsc_0468

・進納所
Dsc_0451

進納所は御朱印の受付にもなっていました。

・鍾楼
Dsc_0453

・大玄関
Dsc_0456

・歌碑
Dsc_0464

行っていないのですが奥にもいろいろあったようです。

1月3日だったのですが参拝客は意外と少なかったです。
唐門の前にあった駐車場に止められました。

1月9~16日にお七夜報恩講が行われるそうです。
30年ぐらい前に家族+親戚で来たことがあります。遠い所に駐車し、多くの参拝客がおり、露店も並んでいました。その時がお七夜報恩講だったのかな?
精進料理みたいなものを食べた記憶があるのですが、お七夜報恩講のページに載っている「お非時」だったのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴鹿・津の寺神社 (4) 府南寺

続いて鈴鹿市国府町の府南寺へ。

・府南寺
Dsc_0395 Dsc_0399
Dsc_0398 Dsc_0397

2つ目の写真の門(仁王門)の中に金剛力士像がありました。府南寺のHPによると運慶作のようで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴鹿・津の寺神社 (3) 洞水寺

続いて鈴鹿市小社町の洞水寺へ。
近くに工事中の新名神高速道路があり、鈴鹿山脈に近く山に雪が積もっているのが見えました。

・洞水寺
Dsc_0391 Dsc_0390
Dsc_0389

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴鹿・津の寺神社 (2) 円満寺

続いて鈴鹿市長沢町の長澤山円満寺。

・円満寺
Dsc_0384 Dsc_0385
Dsc_0386

無人でした。
御朱印は予め紙に書かれていたものが置かれていたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴鹿・津の寺神社 (1) 泰応寺

年末年始に実家に帰ったとき、父が御朱印集めをしており行きたいというので鈴鹿や津の寺・神社を自分の運転で周ってきました。

鈴鹿市伊船町にある泰応寺へ。

・泰応寺
Dsc_0383 Dsc_0380
Dsc_0382

「人間一生のびざかり」ですよ。
庭がどこかの京都の寺のように綺麗にならされていたのが印象的でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/13

国立科学博物館 (2) その他

日本館1階の企画展示室では「南方熊楠 -100年早かった智の人-」展が開催されていました。
南方熊楠は1867年に生まれた植物の研究者だったそうです。
研究というよりは情報収集・分析に富んでいたようです。
イギリスに留学していたときは図書館の書物を多量に書き写していたとか。根気がありますね。

・南方熊楠展の入口
Dsc_0345

・南方熊楠展の展示物
Dsc_0349 Dsc_0354
Dsc_0356 Dsc_0359

・GoogleならぬKumagle
Dsc_0360

日本館地下1階の多目的室では「地衣類 -藻類と共生した菌類たち-」も開催されていました。

・地衣類展
Dsc_0361
Dsc_0362 Dsc_0364

常設展も少し見てきました。
シアター36〇を見た後、この前ほぼ素通りした地下3階へ。

・青色LED(発光ダイオード)
Dsc_0365 Dsc_0367

日本の科学系のノーベル賞受賞者のコーナーがありました。
結構受賞されている方がいらっしゃったのですね。

・月の石
Dsc_0375 Dsc_0374

小さいです。
小学生ぐらいの頃(30年以上前)ナガシマスパーランドで春に夏はプールの更衣室になる所で開催された宇宙博でもっと大きな月の石を見て触った記憶もあるのですが、勘違いしているのかなあ...。隕石だったのか?

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/11

国立科学博物館 (1) 古代アンデス文明展

12月23日、国立科学博物館で開催されている「古代アンデス文明展」に行きました。

・古代アンデス文明展
Dsc_0291

一部を除き撮影可でしたがWeb等への掲載は許可が必要との事でした。

アンデス文明は南米のペルーあたりの高原での16世紀まで続いた文明です。
「文字を持たなかった」との事であまり記録が残っていないとの事。
文字は日本でさえ5世紀ぐらいからあったようで進化の違いを感じます。
マチュピチュの遺跡なんかも15世紀のもののようです。

主に土器が展示されていました。
動物や人間を模ったものが多かったです。
18禁な握っている土器が1点ありました。(特に囲いなどはなく他の土器と同様に普通に置かれました)

金製品の製造も盛んだったようですが、スペイン統治後に溶かされて奪われてしまいあまり残っていないそうです。

変形させた頭蓋骨やミイラの展示もあり、その部分は撮影禁止でした。

良かったです。
待ち時間なしで中も他の企画展と比べると空いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/08

ジョイナスの森彫刻公園

横浜高島屋の屋上にあるジョイナスの森彫刻公園に行ってみました。

・屋上から見たムービル方面
Dsc_0278

元相鉄ムービルです。今は109シネマズ関連。

・高島屋のマーク
Dsc_0288

・彫刻
Dsc_0281 Dsc_0282
Dsc_0284 Dsc_0287

・神社
Dsc_0289

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/07

大相鉄展

12月17日、横浜髙島屋の催会場で開催されていた「いま、むかし、みらい 大相鉄展」に行きました。
相鉄グループが創立100周年との事で初めて開催したそうです。
入場無料です。
結構人が来ていて混雑していました。

・入口
Dsc_0234 Dsc_0237

入口で記念の硬券がもらえます。その先の改札口で鋏を入れてもらえました。

・6000形の模型
Dsc_0236

最初に相鉄の歴史に関するパネル展示があり、この部分は撮影禁止でした。
横浜駅の昔の写真等過去の写真も展示されており、懐かしいと昔話に花を咲かせている声が聞こえました。
相鉄の歴史がよく分かり、相鉄のこの展覧会に対する力の入れようを感じました。

・相鉄社員が作った相鉄沿線のジオラマ
Dsc_0238 Dsc_0239
Dsc_0244 Dsc_0245

0系新幹線も。よく情景を示しているなと思いました。

・運転手の持ち物
Dsc_0251 Dsc_0252

・女性運転士による運転シミュレーターのデモンストレーション
Dsc_0254

後ろで客が並んで見ていて終わったら拍手喝采でした。
こうやって見られて運転するのは緊張するしやりにくいだろうなと思いました。

・昔の行先板・駅名票等の展示
Dsc_0259 Dsc_0261
Dsc_0264 Dsc_0266

・ヘッドマーク
Dsc_0269 Dsc_0270

・つり革
Dsc_0271

・座席
Dsc_0277

・バスの行先表示機
Dsc_0275

偶然にもこの記事が今年の最初の記事になりました。
今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »