« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月の16件の記事

2017/10/29

over.40祭り

10月21日も日本武道館、ももいろクローバーZの40歳以上のファンクラブ会員限定ライブ「over.40祭り」に行きました。

Dsc_2678

前日撮っていなかった玉ねぎの写真も撮影。

・玉ねぎ
Dsc_2680

中に入ると、わらべの「もしも明日が」とかCCBの「ロマンティックが止まらない」とか懐かしい曲が流れていました。
19時半からの開演だったのですが、開演の10分ぐらい前にはみんな席に着いていました。

開演に先立って年配の女性の形のアナウンスによる注意事項等の放送。
うる覚えですが「年齢を考慮して、多めの休憩時間を設けたり...」(客席:えーって雰囲気)、「... いたしません!」(客席:良かった!)。
アナウンスはタレントの人なのかなと思っていたのですが、ファンクラブ会員最高年齢の83歳の方でした。
前3列ぐらいは60歳以上に割り当てられていたようで、最前列の真ん中にその83歳の方が座っていました。
自分の席はステージ真正面のスタンド2階南J列。
60歳以上以外はバラバラなのかなと客席を見渡して思っていたのですが、おおよそは年齢順に前から割り当てられていたようです。
2階J列は後ろの方だったので自分(45歳)より年上の方が多い事になってしまいます。

1曲目は「ピンキージョーンズ」。
40歳以上を考慮して、ハードな曲が続きました。
一番緩やかな曲は「夢の浮世に咲いてみな」かな。

途中おおたわ史絵さんによる40代以上向けの医療講座(ライブの体調管理や加齢臭等)と、
ゲッタマンによる体操がありました。
れにちゃんがおおたわ史絵さんの年齢を聞いて「それは後で」と言われていました。over.40ではない(30代)と思っていたのですが、後で調べたらover.40どころかover.50でした。見えないは。ゲッタマンもover.40でした。

疲れたでしょうとの事で、ハープの演奏による休憩コーナーもありました。れにちゃんが寝転んでいました。

アンコールは働け!との事で「労働賛歌」で終了。

ハードな曲大歓迎でしたが、本当にハードな曲ばかりでやっぱり疲れました。たくさん汗をかきました。
1時間半の短い公演でしたが、これぐらいでちょうど良かった。
楽しい公演でした。

しかし今の40代は元気だなぁと、昔の40代を知らない&自分も40代なのに思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココロノセンリツ vol.1.5

10月20日、日本武道館で開催された有安杏果ソロコンサート「ココロノセンリツ vol.1.5」に行きました。

Dsc_2674

武道館の前を通った事はあるのですが中に入るのは1999年に行った広末涼子さんのコンサート以来です。
終わった後あそこ(昭和館の前)で待ち合わせてニフティの会議室の皆様とオフ会に行ったのを懐かしく思い出しました。

・ももクロメンバーの百田夏菜子さんからの花
Dsc_2675

この花は百田さんからのメッセージなのかな? ももクロ緑であることも忘れないでねと。
百田さんの優しさを感じました。
百田さん以外のメンバーからの花はありませんでしたが、全メンバーが見に来ていたようです。

今回もフォトウォールの企画(各人が撮影した写真を貼る企画)があり、用意してきたので貼りに行きました。
今回のテーマは「ヒカリの声」という事で、3つ候補があり悩みましたがこの写真にしました。

・フォトウォールで貼り付けた写真
Dsc_2000

国分寺市のひかりプラザに展示されている新幹線の試作車961形です。自分が産まれた日の前日に高速度記録286km/hを記録しました。
ヒカリの意味が違うしちょっとふざけてますね。同じような写真は他に2つ見つけました。
過去のvol.0~1.3で実施したフォトウォールの写真も展示されていました。

入場します。
注釈付き指定席(通称「ちゅうちゃん」)で、スタンド2階東のS列。ステージから10度ぐらいで天井にぶら下がっている日章旗の下端と同じぐらいの高さの席でした。ステージを見下ろす形となります。
全体を見渡せるしスクリーンはほぼ横ですが近くてばっちり見えるし思っていたより良い席でした。アリーナの後ろの方とか背が低い人には見えない席よりいいです。
ステージの後ろにも席がありました。その人達向けなのかアリーナの後ろにステージ向きのスクリーンがありました。

開演の5分ぐらい前にかかった曲(本人やももクロの曲ではない)で客の手拍子が始まり、そのまま開演でした。
オープニング映像では赤黄桃紫緑の音符が出てきて集まったようなのですが全く記憶にありません。
バンドの他にオーケストラの人もいました。
最初の曲は「小さな勇気」でした。
事前にブログでペンライト自粛要請があったからかペンライトはポチポチとのみ点いていてプラネタリウムみたいで逆に綺麗でした。
2曲終わった後のMCでペンライト自粛要請があり、ペンライトは1つも点いていない状態になりました。

途中、自分の曲以外に宇多田ヒカルさんの「First Love」と、EXILEZOOの「Choo Choo TRAIN」のカバーもありました。(ももクロ曲はなかったです)
私としては「Choo Choo TRAIN」はZOOです。「銀河鉄道999」はゴダイゴ。
有安さんがEXPG(EXILE関連のダンススクール)に所属していて子供の頃にキッズダンサーとして武道館でEXILEのバックダンサーで踊ったことがあるとの事で、途中から現在のEXPGのキッズダンサーが出てきました。
会場の外にこの武道館で出演した時の衣装が展示されていました。えーというぐらい小さかったです。私ならその3倍の太さが必要そう。その時の衣装の一部が今回の衣装に一部取り付けられているとの事でした。

ももカメラのコーナー、客がタオルを上にあげてステージから撮影するというもの。
ほぼ白タオルが上がっていました。

煽りのコーナー、私は2階&ちゅうちゃん席だったのですが、「2階!」「ちゅうちゃん!」の両方でわーっとやらなければならなく忙しい。「3階!」 (武道館に3階はない)、2階の人が???と思いつつわーってやっていました。

最初はそうでもなかったのですが時が進むにつれ引き込まれていき、まだ終わってほしくない感が。
しかし「ヒカリの声」で本編終了。
なんかやっていない曲が1曲あるような。

アンコールの掛け声「ももか」コールでした。vol.1.0の時も「ももか」コールでした。

アンコール開始。
ドラムも披露した「教育」の後、逆再生メドレー。
なんだか本編よりも逆再生メロデーの方がよく感じました。最後の「小さな勇気」の途中までは演奏なしマイクなし地声でのアカペラでした。
最後は「Another Story」、あそうだ、やっていない曲はこれでした。

アンコールも終わり拍手の中有安さんは退場。
拍手が鳴り止まずそのままダブルアンコールでした。予定調和なダブルアンコールでしたけどね。
ダブルアンコールでは有安ギターだけによる「Feel a heratbeat」で客も歌ってくれとの事で合唱でした。
そういえばこの他にも何曲が客が歌ってくれ部分があったな。
私もスクルーンの歌詞をガン見しながら(すみません)歌いました。
まぁ歌うのも楽しい。右隣の席の人の歌が上手かったです。

今度は本当に終了でした。
エンディング映像が流れて最後に「総合プロデュース: 有安杏果」って出ました。
3時間強の公演でした。

事前のブログでのペンライト自粛要請や度重なる客への要求で正直げんなりしていたのですが、終わって後はそんなのどうでもよくなりました。
良かったです。
参加できてよかった。

「ココロノセンリツは今日で終わりです」と言っていたのが気になりました。何だか芸能界を引退するでもあるかのような言い方でした。
死ぬまで「ココロノセンリツ」を続けて毎年1ずつ上がってvol.80ぐらいまでいくのではなかったのかよ。寂しいです。
ココロノセンリツvol.0からずっと最後に次の公演の発表がされて、何だか追われている感を感じていたので、次の公演の予定発表がなかったのは良かったと思います。充電期間は必要です。
でも何年か後で良いので、じっくりと曲でも作ってまたソロコンサートをやってほしい。一方で自分の曲にこだわらなくても良いようにも思う。
次やるときは「ココロノセンリツ vol.2」として、タイトルを変えずにやってもらいたいです。

---
翌日は同じ武道館でももクロ本体の40歳以上限定ライブ「over.40祭り」がありました。

席に着いたら隣の人に「緑推しの人ですか」と言われ、「はい」と答えたら前日のココロノセンリツでアリーナに向かって放たれていた銀テープを渡されました。
5ちゃんねるで
「銀テープをたくさん掴んだので、明日隣の席の人にを渡す」旨の書き込みに、
「受け取ります」旨と書き込んだのですが、
本当に渡されるとは思ってもいなかったでびっくりしました。
別の人からかもしれないけど、こういう事ってあるもんなのですね。
ありがとうございます。

・銀テープ
Dsc_2681
Dsc_2684 Dsc_2686

---
ココロノセンリツ vol.1.5の1週間後、大分別府ビーコンプラザで開催されたココロノセンリツ vol.0.5の11週間後、仕事で大分に出張に行く機会がありました。
大分市でホテルが空いていなかったとの事で、別府駅前のホテルで宿泊することに。
私の問題ですが、余韻に浸る暇もない出張になってしまいました。
ビーコンプラザ(の展望台)はバスの中からちらっと見えました。

・別府駅
Dsc_2704

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/22

海ほたる

木更津航空祭に行ったあと、久しぶりに東京湾アクアラインの海ほたるに行きました。

海ほたるができてそれほど経っていないころに母と一度行ったことがあります。調べたら海ほたるができたのが1997年12月なので、18年振りぐらいか。東京湾アクアラインができてからもうすぐ20年なんですね。

海ほたるは川崎行のバスしか止まらないので、木更津駅15:50発の川崎行に乗りました。
東京ベイサービスが来ました。東京ベイサービスだけPASMO等ICカードは使えず。

・東京ベイサービス
Dsc_8686

袖ケ浦バスターミナルまでは順調。高速道路が渋滞しているのが見えたので金田バスターミナルまで下道かと思いましたが高速に乗りました。
木更津金田ICで一旦降りて金田バスターミナルまで行って戻ってこないといけないのですが、渋滞で全然進まず45分はかかったかと思います。金田バスターミナルで1人乗車がありました。
海ほたるには定刻では16:21着ですが17:20頃に着きました。1時間遅れです。
もう夕暮れ時でした。

川崎側の展望デッキへ。

・川崎側展望デッキ
Dsc_8690 Dsc_8696

・横浜方面と川崎方面
Dsc_8692 Dsc_8691

夕焼けがきれいでした。

・東京方面
Dsc_8703 Dsc_8697

東京スカイツリーも見えました。

・20周年の旗と、パーキングエリアからの出口
Dsc_8707 Dsc_8709

・北側(船橋や千葉方面)、袖ケ浦方面、君津方面
Dsc_8710 Dsc_8716
Dsc_8718

・木更津側の展望デッキとアクアライン
Dsc_8725 Dsc_8714

せっかくなのでパーキングエリアの中でテレビで見たことがあるような気がする「あさりまん」(360円) を買って食べました。

・あさりまん
Dsc_2583

やっぱり肉まんが一番かなぁと思ってしまいました。

食べ終わって外に出たらもう暗くなっていました。

・暗くなった後の木更津側のアクアライン
Dsc_8735

・暗くなった後の川崎側と展示されているシールドマシンのカッター
Dsc_8749 Dsc_8751

という事で帰ります。

・川崎方面のバス乗り場
Dsc_8755

18:10頃からバス停にいました。次のバスは18:21発。
乗ってきたバスの遅れから想定すると1つ前の17:41発のバスが来るかな思ったのですが来ず。
18:21発のバスが19:10頃来ました。
だいぶ待ちました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/20

第45回木更津航空祭 (4) その他

・各種車両
Dsc_8574 Dsc_8575
Dsc_8578 Dsc_8580

・自衛隊千葉地方協力本部の車
Dsc_8569 Dsc_8570

PR用の車なのかと思いましたがナンバーが付いていません。公道は走れないと思うのですが何のための車なんだろう?

・各種車両
Dsc_8590 Dsc_8596
Dsc_8592 Dsc_8594
Dsc_8599

・野外貯油タンクと給水車
Dsc_8598 Dsc_8593

・庭園
Dsc_8672

・航空資料館
Dsc_8677

館内は撮影禁止でした。
かつて使われたV-107輸送機のVIP仕様をメインに、各種小物や歴史・現在の活動を紹介するパネルが展示されていました。

・一式陸上攻撃機のプロペラと神社
Dsc_8679 Dsc_8681

それでは帰ります。

Dsc_8683

有難うございました!

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/19

第45回木更津航空祭 (3) 航空機展示

航空機展示です。

・AH-64D
Dsc_8622

・AH-1S
Dsc_8612 Dsc_8611
Dsc_8614 Dsc_8617
Dsc_8619 Dsc_8621

銃弾を詰める実演を行っていました。

・EC-225LP (特別輸送ヘリコプター)
Dsc_8609

・OH-6D
Dsc_8607

・CH-47 (輸送機)
Dsc_8635 Dsc_8600
Dsc_8602 Dsc_8603

シートが簡易なものでした。シートベルトも。
このシートはキツイなぁと思いました。
もっときちんとしたシートを用意してあげれば良いのにと思いました。

・LR-1 (連絡偵察機)
Dsc_8637

2016年に引退した連絡偵察機との事。

・LR-2 (連絡偵察機)
Dsc_8639

・UH-60JA
Dsc_8646

・UH-1J
Dsc_8650

陸上自衛隊以外の航空機の展示もありました。

・海上自衛隊のヘリコプター
Dsc_8652

・米軍のヘリコプター
Dsc_8654

・千葉市消防局のヘリコプター
Dsc_8656

・千葉県警のヘリコプター
Dsc_8660

・警視庁のヘリコプター
Dsc_8664

・航空自衛隊のT-7 (練習機)
Dsc_8666

・海上自衛隊のLC-90
Dsc_8668

・航空自衛隊のU-125 (飛行点検機)
Dsc_8534

・海上保安庁のDHC-8-300
Dsc_8538

・無人探査機
Dsc_8583 Dsc_8584

・防衛大学のグライダー
Dsc_8588

あちこちの格納庫には輸送機(CH-47)がたくさん置いてありました。
体験搭乗や地上滑走で使われている機体もあるのでかなりの機数。20機はあったと思います。

・格納庫での輸送機
Dsc_8563

・体験搭乗・地上滑走のヘリコプター
Dsc_8629 Dsc_8632

地上滑走の方、パンフレットには「コースの関係上一部浮上することがあります」と書かれていましたが、10m程度ではありますがずっと浮上しているように見えました。浮上体験と表記すると何かまずいことでもあるのでしょうか?
体験搭乗の方は海ほたるの近くまで行って戻ってくるコースのようでした。

ヘリコプターって一度も乗ったことがありません。一度乗ってみたい気もしますが、何だか怖そうに感じました。

・管制塔と基地の向こうに見える君津製鉄所
Dsc_8545 Dsc_8544

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/15

第45回木更津航空祭 (2) 昼食(焼きそば)

昼になったので「焼きそばでいいかな」と思い飲食店が出展しているコーナーに行きました。

こういう所の出展ってどの店も同じ商品なら同じ値段で割高価格(焼きそばなら500円~600円)であることが殆どだと思うのですが、店によって値段が違い、300円等安い店が多かったです。
また、店によって売るものが違う場合が多いように思いますが、どの店も同じようなものを売っていました。焼きそばとかき氷は7割ぐらいの店で売っていたような気がします。

・焼きそば(300円)と牛串(500円)
Dsc_2581

大盛無料の所もあり、上の写真と同じ容器で繋がっている部分を下に置いて容器の暑さと同じぐらい蓋が開いた状態で詰め込まれて輪ゴムで止められていました。
食べようと思って蓋を開いた時点で焼きそばがドバっと下に落ちてしまうと思うのですが、どうやって食べるんだろう。

9月なのに晴れていて暑く、久しぶりにかき氷を食べました。
10年振りぐらいかもしれない。もっと前かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第45回木更津航空祭 (1) 訓練展示

9月10日、陸上自衛隊木更津駐屯地で開催された「第45回木更津航空祭」に初めて行きました。
航空祭ですが航空自衛隊ではなく陸上自衛隊です。

横浜からアクアラインの高速バスに乗って木更津駅東口へ、西口に移動してそこから臨時バスに乗って木更津駐屯地へ。

・木更津駅西口での臨時バスと、木更津駐屯地の入口
Dsc_8284 Dsc_8286

荷物検査を受けて中へ。

・総合案内板
Dsc_8287

着いたのは10時頃で、訓練展示は始まった頃なのか始まって間もない頃なのか、そんな感じでした。
木更津駐屯地は第1ヘリコプター団が拠点になっているようで、訓練展示はヘリコプターのみでした。ヘリコプターには不要ですが滑走路もあります。

・訓練展示を見る観客
Dsc_8291

殉職された隊員に対する追悼飛行の後、ヘリコプターがやってきて着陸し上層部の人らしき人達が降りてきました。

・やってきたヘリコプターと降りてきた人達
Dsc_8297 Dsc_8300

国旗掲揚・国歌斉唱のあと来賓の挨拶等。ちょっと長かったです。

ヘリコプターの編隊離陸という事で20機ぐらいいたのかな? 少し上昇して待機した後、一斉に飛び立ちました。

・編隊離陸
Dsc_8318 Dsc_8316
Dsc_8321 Dsc_8322
Dsc_8325 Dsc_8328

続いて地上での訓練展示。

・バトントワリング (って言い方でいいのかな?)
Dsc_8335

・ヘリコプターと給油車両
Dsc_8358 Dsc_8371

・消防車
Dsc_8376 Dsc_8378

結構高く飛びますね。

時間は11時頃。パンフレットにヘリコプター地上滑走の整理券を11:15から配布と書いてあったのでこれで終わりかなと思ったのですが、まだまだありました。というかここからがクライマックスでした。訓練展示を見るのを止めないと整理券をもらいに行けません。

・特別輸送ヘリコプター (EC-225LP)
Dsc_8386 Dsc_8395
Dsc_8398

要人輸送用として使用されているようです。

・OH-6D
Dsc_8410 Dsc_8411

・AH-1S
Dsc_8425 Dsc_8428

ヘリコプターってこんな傾いて飛行したり急旋回できたんですね。
固定翼機と違ってヘリコプターは真っすぐな姿勢で飛ばないと墜落するイメージがありました。

・人命救助
Dsc_8433 Dsc_8435
Dsc_8438

・輸送機(CH-47)からの人員降下
Dsc_8448 Dsc_8450

・輸送機での消火活動
Dsc_8457 Dsc_8458

・輸送機からのオートバイ出動
Dsc_8475 Dsc_8478

・輸送機のジープ等の吊り上げ搬送
Dsc_8492 Dsc_8501
Dsc_8505 Dsc_8507

・輸送機からのジープの出動
Dsc_8514

・輸送機に吊り上げて人員移送
Dsc_8521 Dsc_8525

先ほどのはヘリコプターに引き上げてから飛び立っていましたが、こちらは吊り下げたまま飛び立っていきました。
怖い怖い。自分には絶対無理だわ。

・訓練展示終了
Dsc_8530

12時頃に終了しました。
結構もりだくさんの訓練展示でした。

炎天下で2時間いたので9月なのに結構日焼けしました。前週も日焼けしたので8月よりも9月の方が日焼けしたかも。

自分のレンズでは明一杯ズームしてもちっちゃく写ってズームレンズが欲しくなりました。載せてる写真はトリミングしています。

基地の向こう側に見える君津製鉄所と、舛添都前都知事もお世話になったホテル三日月が印象的でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/09

北九州 (12) 北九州空港

小倉駅からバスで北九州空港へ。
南口から乗車したノンストップ便は線路を潜って北口の方に周り、小倉駅北出入口から北九州都市高速に入りました。

・北九州高速道路から見た壁と門司方面の山
Dsc_8263 Dsc_8264

海峡近くにこんな高い山があるのが不思議な感じがしました。

このあと東九州自動車道等を経て苅田北九州空港ICを降りて北九州空港へ。

・北九州空港連絡道路から見た崖と島
Dsc_8265 Dsc_8266

北九州空港に到着。
近くに島があって良い雰囲気でした。

・北九州空港と北九州空港から見た風景
Dsc_8270 Dsc_8278
Dsc_8275 Dsc_8272

19:30発車だったかな? の羽田空港行で帰宅しました。

・飛行機からの風景(千葉房総のゴルフ場と蘇我付近)
Dsc_2562 Dsc_2564

ナイター営業をするゴルフ場なんてものもあるんですね。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/08

北九州 (11) 北九州モノレール

・北九州モノレールの支柱
Dsc_8253

・北九州モノレールの小倉駅
Dsc_8255 Dsc_8257

ここから北九州空港行のバスに乗って、北九州から飛行機で帰ります。

・バス乗り場から見上げた北九州モノレール
Dsc_8261 Dsc_8262

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北九州 (10) 小倉城

まだ帰りの飛行機まで時間があったので小倉城へ。

・行く途中にあったNHK北九州放送局が入居している変わったビル
Dsc_8198

・小倉城の北側のお堀
Dsc_8200

・小倉城の天守閣
Dsc_8202 Dsc_8204

天守閣の中に向かいます。

・大手門跡と、槻門跡
Dsc_8206 Dsc_8207

・天守閣の入口
Dsc_8211

中に入ります。大人350円でした。
中は博物館のような感じになっています。

・1階の小倉城下町のジオラマ
Dsc_8214 Dsc_8215

・太鼓
Dsc_8217

・2階の送り虎と、小倉祗園祭の山車
Dsc_8218 Dsc_8219

3階にからくりシアターがありましたが時間的余裕がないためパス。
4階もパスし5階の展望台へ。

・展望台から見た風景 (西側皿倉山、北側、東側、南側)
Dsc_8225 Dsc_8227
Dsc_8234 Dsc_8223

・展望台から見たしゃちほこ
Dsc_8232 Dsc_8230

普通しゃちほこは一番高い屋根に設置されているような気がしますが、展望台から見下ろす位置にありました。(一番高い屋根にもあります)
2枚目の写真、しゃちほこの写真を撮ろうとカメラを向けたらそれと同時に下の女の娘もこちらにカメラを向けてドラマや映画なら恋に発展しそうな展開に。
もちろん何もありませんでした。
私が先にさっさと写真を撮って隠れました。

・小倉城のゆるきゃら「とらっちゃ」
Dsc_8235

・下から見た天守閣
Dsc_8236

もちろんさっきの女の娘が待っているなんてことはなく。

・旧第十二師団司令部の正門跡と大砲
Dsc_8238 Dsc_8239

明治~大正時代に小倉城跡にあったそうです。

小倉駅に向かいます。

・紫川を跨ぐ橋から見た新幹線と鹿児島本線
Dsc_8246

この少し前に新幹線と鹿児島本線の両方に列車が走っていました。
カメラを取り出すのが遅れてしまい撮影できなかった。
ぜひとも撮りたいところでしたが、列車がくる気配がなく時間的余裕もなかったので諦めました。

・井筒屋に囲まれた所から撮影した小倉城
Dsc_8248

小倉城が電灯に重なっていたのは失敗。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/04

北九州 (9) 皿倉山展望台

皿倉山スロープカーの展望台駅の前に建物があり、2階はレストラン、3階は展望台の入口になっています。

まだ昼食を食べていなかったので2階のレストランで「焼きカレー」(880円)。
味はまぁ.....

・焼きカレー
Dsc_2554

展望台へ。

・北側 (黒崎、八幡、若戸大橋、スペースワールド、女島・男島)
Dsc_8155 Dsc_8153
Dsc_8147 Dsc_8146
Dsc_8161

・小倉方面、関門海峡方面
Dsc_8143 Dsc_8151

あぁあれが我が住む本州か~ 近いなぁと思ってしまいました。ここから関東まではだいぶ遠いですけどね。
九州と本州は入り組んでいて境が分かりにくいです。そうだったのかと思いました。

・北九州空港方面
Dsc_8150

・南側
Dsc_8167 Dsc_8169

池(河内貯水池)が見えました。
九州自動車は見えませんでしたがさらに南側を走っています。
今いる皿倉山は標高622mあるし、門司の方の山も結構高い。何だか不思議な地形のように思いました。

・恋人の聖地
Dsc_8171 Dsc_8176

・テレビ・ラジオの送信塔群
Dsc_8175

函館山なんかもこんな感じで立て並んでいた記憶があります。

・昆虫碑
Dsc_8178

スロープカー・ケーブルカーで下山後、山麓駅のすぐ近くにある高速道路(北九州都市高速4号線)にある高速皿倉山ケーブルバス停から、バスに乗って小倉駅まで向かいました。
時刻表を眺めていたら、時刻表に載っていない福岡から来る砂津行の高速バスが来ました。(別にあったのかな?) ここからでも乗車できるとの事なので乗車しました。
乗車後すぐに次のICで高速を降りてしまい、長々と下道でした。40分ぐらいかかりました。

・高速皿倉山ケーブルバス停
Dsc_8195

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北九州 (8) 皿倉山ケーブルカー・スロープカー

皿倉山ケーブルカーへ。

八幡駅から山麓駅への無料シャトルバスが出ています。
時間より数分遅れてやってきました。降りた人はたくさんいましたが乗車したのは私1人。途中駐車場にも寄るのですが誰も乗ってこず終始1人でした。
山麓駅近くの駐車場が工事中のようでその影響か路上駐車が多く、パトカーが来て取り締まっていました。皿倉山ケーブルカーとしては取り締まれるのはどうなんでしょう?

・山麓駅に到着した無料シャトルバス
Dsc_8094

・山麓駅
Dsc_8095 Dsc_8096

発車した直後でした。
シャトルバスの運転手が何か言っていたのですが、間に合わなくてごめんなさいという事だったのかな。

発車時間が近づき改札です。

・山麓駅でのケーブルカー「はるか」
Dsc_8101 Dsc_8103

流線型の車両です。新しく見えましたが2001年に導入された車両との事。
冷房は付いておらず、駅では外に置かれたスポット式の冷房が窓に向けて置かれていました。
路線上に架線はなく、照明等は蓄電池で補われます。

・車内
Dsc_8105

発車します。
天井は透明になっています。上の方に行くと北九州の街がよく見えました。

・車内から見た風景
Dsc_8108 Dsc_8118

山上駅に到着。
結構長いです。約1.1kmで高低差は440mとの事。

・山上駅に到着したケーブルカー
Dsc_8122

ここからスロープカーに乗り替えです。

・スロープカーの山上駅
Dsc_8123

・スロープカーから見た車窓
Dsc_8125 Dsc_8132

少ししかありませんが椅子は全て海側(北側)を向いています。
北九州の街並みがよく見えて予想以上の絶景でした。

・展望台駅付近から見たスロープカー
Dsc_8139 Dsc_8134

かつてはスロープカーはなく、替わりに同じ位置にリフトがあったようです。
北側にも斜面になっており、リフトの頃はどんな感じなのか想像がつきませんでした。怖そうです。
展望台駅の北側の空間、これはリフトがあった頃の名残なのか?

・展望台駅の北側
Dsc_8183

展望台については次の記事で。

以下は帰りのケーブルカーから。

・ケーブルカーの山上駅の外
Dsc_8186

写真を撮りに行ったら「すぐに発車するので」と急かされました。すみません。

・ケーブルカーのもう片方の車両「かなた」
Dsc_8193

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/03

北九州 (7) 戸畑駅と八幡駅

若戸渡船の戸畑渡場から歩いて戸畑駅へ。
10分ぐらいだったと思います。若松駅から若松渡場よりだいぶ近いです。

・戸畑駅の北口
Dsc_8087

改札口は南口のみ。
地下の自由通路を通って南口に出ます。

戸畑駅の改札を入った所にサボ等が展示されていました。

・戸畑駅のサボ等
Dsc_8091 Dsc_8090
Dsc_8089

戸畑駅からJRに乗って八幡駅に移動。

・八幡駅の駅舎
Dsc_8092

戸畑駅か八幡駅に東筑軒の立ち食いうどんがあるかなと思ったのですがどちらもなく。若松駅で食べておけば良かったかな。両駅とも駅弁は売っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/02

北九州 (6) 若戸渡船

若松駅から海岸沿いに歩いて若戸渡船の若松渡場へ。15分ぐらいかかりました。

・海岸沿いから見えた皿倉山ケーブルカー
Dsc_8032

皿倉山ケーブルカーはこの後行きました。

・若戸大橋
Dsc_8034

高校の数学の教科書にこの若戸大橋の写真が載っていた記憶があります。黒崎側の上空から見た写真だったような気がします。

・弁財天上陸場、こんぞう小屋、石炭荷役こんぞう図の碑、旧古川鉱業若松ビル
Dsc_8040 Dsc_8042
Dsc_8043 Dsc_8044

・やってきた渡船と若松渡場
Dsc_8045 Dsc_8049

対岸まで結構近いです。
もうすぐ出航するというので切符を買って慌てて乗り込みましたが、その次にしてゆっくり探索した方が良かったかな。
昼間は15分間隔での運航です。運賃は大人100円。

・若松渡場での船と出航していく姿
Dsc_8050 Dsc_8056

・船から見た若戸大橋
Dsc_8057 Dsc_8058

・船から見た北方面と、若戸大橋の戸畑側
Dsc_8059 Dsc_8061

若戸→戸畑の航路は、一旦若戸大橋を潜った後再び若戸大橋を潜って戸畑渡場に到着しました。5分もかからないぐらいです。
戸畑→若戸は若戸大橋は潜りません。

・到着した戸畑渡場
Dsc_8062 Dsc_8066
Dsc_8067 Dsc_8084
Dsc_8085

・戸畑側の若戸大橋の下から撮影した戸畑→若松
Dsc_8072 Dsc_8075
Dsc_8076 Dsc_8082

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北九州 (5) でんちゃと若松駅

折尾駅から筑豊本線(若松線)で若松駅に向かいます。
直方方面からでんちゃ(DENCHA) がやってきました。

・折尾駅にやってきたDENCHA(BEC819系)
Dsc_8008 Dsc_8011

蓄電池式の電車です。
直方~折尾は電化されているのでその区間で充電し、非電化の折尾~若松間は蓄電池で走ります。
「DENCHA」はDUAL ENERGY CHARGE TRAIN の略との事。TRAINがどこかに行ってしまっていますが。
幼児が「でんちゃ」と言っても間違っていると言ってはいけません。これの事を指しているかもしれません。

発車します。
乗ってる感覚はVVVFの電車って感じしかしませんでした。
烏山線で走っているEV-E301系よりもデザインも含めて洗練されている印象を受けました。
16分で若松駅に到着。

・DENCHAの車内
Dsc_8014 Dsc_8015

・若松駅に到着したDENCHA
Dsc_8016 Dsc_8019

烏山線の終点烏山駅には充電用の架線がありましたが、ここにはありませんでした。距離が短いので必要性がないのでしょうか。

・若松駅のホームと駅名票
Dsc_8017 Dsc_8020

なんか懐かしい感じがしたシンプルな駅名票。

・若松駅構内に置かれていた石炭用の貨車
Dsc_8022

・若松駅の改札口と駅舎
Dsc_8023 Dsc_8024

駅舎内に東筑軒の立ち食いうどんがありました。
小さな駅なのに立ち食いうどんがあるのか。
かしわうどんだっけ。食べようかどうか迷いましたが、この後行く戸畑駅か八幡駅にもあるだろうなと思ってやめました。(ありませんでした)

若松駅の南側に久岐の浜広場がありました。
かつては筑豊で採石された石炭を筑豊本線で若松駅まで輸送してそこから船に載せ替えていたようです。この公園はその跡(若松駅操車場の跡)との事でした。
公園内にだいぶボロボロになったSL 9600形が置かれていました。

・久岐の浜広場
Dsc_8030 Dsc_8029
Dsc_8028

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/01

北九州 (4) 折尾駅

直方駅から黒崎行に乗って折尾駅で下車、乗り替えて若松駅に行きます。
黒崎行に乗ったので折尾駅は鷹見口の6番線に到着です。

・折尾駅の6・7番線と鷹見口
Dsc_7973 Dsc_7976
Dsc_7978

鷹見口は他の乗り場と離れた場所にあり、乗り替えには一旦改札口を出る必要があります。
簡易ICカード改札口が置かれていましたが、乗り替え客はタッチしないでくれとの事。

・鷹見口を出た先
Dsc_7979

折尾駅は高架化工事中です。
鹿児島本線は元々古くからある高架ですが作り替えるようです。

東口と北口の両方の矢印が書かれており、どっちの方に行ったらよいのか迷いました。
一旦東口に向かいます。

・東口近く
Dsc_7980

やっぱり北口に向かいました。

・北口の駅前
Dsc_7984 Dsc_7983

タクシーやバス乗り場があります。
北口の駅舎は仮駅舎になっていました。
筑豊本線はまだ地上を走っていて踏切があります。踏切の向こう側に行ってみました。

・鹿児島本線の旧高架橋と、むき出しになったレンガ造りの通路
Dsc_7986 Dsc_7988

壊すのがもったいないレンガ造りでした。

北口から入ります。
乗り替え客はICにタッチしたら駄目で有人の改札口を通る必要がありました。

・北口から入った先のレンガ造りの通路
Dsc_7990

いったん鹿児島本線の上りホームに上がってみました。

・鹿児島本線の上りホームから見た旧高架と工事中の若松方面のホーム
Dsc_7992 Dsc_7996

若松方面だけ離れた所になるんだなぁ + 折尾~若松の折り返し運転になるのかなと思ったのですが、そうではないようです。旧高架の所にも高架ホームが作られるようです。
こんな感じになるようです。

- 筑豊本線上り: 若松方面 →
 ホーム
← 筑豊本線下り: 若松方面から直通の直方方面 -
- 鹿児島本線上り: 小倉方面 →
 ホーム
- 鹿児島本線上り: 小倉方面 →
← 鹿児島本線下り: 博多方面 -  (現在は鹿児島本線上り)
 ホーム
- 鹿児島本線上り: 直方方面から直通の小倉方面→  (現在は鹿児島本線上り)
← 筑豊本線下り: 小倉方面から直通の直方方面 - (現在は鹿児島本線下り)
 ホーム

※ 参考: 北九州市:折尾駅周辺連続立体交差事業

直方方面は分かれたままだし、何だかかえって不便になるような気がしなくもありませんでした。

・鹿児島本線の列車
Dsc_7995 Dsc_7994
Dsc_7998

・1番線 (筑豊本線直方方面)
Dsc_8001

この向かいがこの後乗る筑豊本線若松方面の2番乗り場です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »