« 北九州 (4) 折尾駅 | トップページ | 北九州 (6) 若戸渡船 »

2017/10/02

北九州 (5) でんちゃと若松駅

折尾駅から筑豊本線(若松線)で若松駅に向かいます。
直方方面からでんちゃ(DENCHA) がやってきました。

・折尾駅にやってきたDENCHA(BEC819系)
Dsc_8008 Dsc_8011

蓄電池式の電車です。
直方~折尾は電化されているのでその区間で充電し、非電化の折尾~若松間は蓄電池で走ります。
「DENCHA」はDUAL ENERGY CHARGE TRAIN の略との事。TRAINがどこかに行ってしまっていますが。
幼児が「でんちゃ」と言っても間違っていると言ってはいけません。これの事を指しているかもしれません。

発車します。
乗ってる感覚はVVVFの電車って感じしかしませんでした。
烏山線で走っているEV-E301系よりもデザインも含めて洗練されている印象を受けました。
16分で若松駅に到着。

・DENCHAの車内
Dsc_8014 Dsc_8015

・若松駅に到着したDENCHA
Dsc_8016 Dsc_8019

烏山線の終点烏山駅には充電用の架線がありましたが、ここにはありませんでした。距離が短いので必要性がないのでしょうか。

・若松駅のホームと駅名票
Dsc_8017 Dsc_8020

なんか懐かしい感じがしたシンプルな駅名票。

・若松駅構内に置かれていた石炭用の貨車
Dsc_8022

・若松駅の改札口と駅舎
Dsc_8023 Dsc_8024

駅舎内に東筑軒の立ち食いうどんがありました。
小さな駅なのに立ち食いうどんがあるのか。
かしわうどんだっけ。食べようかどうか迷いましたが、この後行く戸畑駅か八幡駅にもあるだろうなと思ってやめました。(ありませんでした)

若松駅の南側に久岐の浜広場がありました。
かつては筑豊で採石された石炭を筑豊本線で若松駅まで輸送してそこから船に載せ替えていたようです。この公園はその跡(若松駅操車場の跡)との事でした。
公園内にだいぶボロボロになったSL 9600形が置かれていました。

・久岐の浜広場
Dsc_8030 Dsc_8029
Dsc_8028

|

« 北九州 (4) 折尾駅 | トップページ | 北九州 (6) 若戸渡船 »

地域 - 九州・沖縄」カテゴリの記事

交通 - 鉄道 - JR九州」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北九州 (5) でんちゃと若松駅:

« 北九州 (4) 折尾駅 | トップページ | 北九州 (6) 若戸渡船 »