« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月の20件の記事

2017/09/23

北九州 (3) 直方駅

JRの直方駅へ。

・直方駅の駅舎
Dsc_7956 Dsc_7957

・駅前に停まっていたJR九州バス
Dsc_7958

西鉄バスだけでなくJRバスも走っているんですね。

・大関魁皇像
Dsc_7960

昔の英雄かと思ったのですが、調べたら私と同じ1972年生まれの人でした。この年齢でも銅像になるんですね。

直方駅には平成筑豊鉄道も乗り入れており、JRとは別の所が入口でした。

・平成筑豊鉄道の直方駅
Dsc_7969 Dsc_7971

これには乗らず、
JR筑豊本線の黒崎行にひとまず折尾駅まで行きます。

・黒崎行の列車
Dsc_7972

2両編成のワンマン列車でした。
筑豊本線の列車はほとんどが直方駅で乗り替えになっていました。この駅から博多方面は4両編成、折尾方面は2両編成が基本のようです。
昔、確か電化されてそれほど経っていなかった頃に乗ったことがあるのですが、その頃はほとんどが乗り換えなしで、小倉から筑豊本線経由で博多まで直通する快速も1時間に1本あった記憶があります。
小倉まで直通する列車も今は朝夕のみになったようで、他は黒崎止まりか若松行になっていました。
昔より退化していて残念な気分になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北九州 (2) 筑豊電気鉄道

9月3日、まずは筑豊電気鉄道に黒崎駅前駅から筑豊直方駅まで乗り通しました。
初乗車です。

黒崎駅前駅はCOM CITYというビルの1階にあります。隣は西鉄黒崎バスセンターがあります。やや複雑な構造でした。

・黒崎駅前駅へ
Dsc_7917 Dsc_7918
Dsc_7919

・黒崎駅前駅のホーム
Dsc_7922 Dsc_7923
Dsc_7925 Dsc_7927
Dsc_7928

改札口はありません。窓口はありましたが土休日は10時からのようでまだ閉まっていました。もしかするとフリー切符の類は10時を過ぎないと買えないのかな?

昼間は12分間隔で筑豊直方行と筑豊中間止が交互に運転されてます。

筑豊直方行の停車していたので乗車しました。真新しい低床の5000形でした。

・5000形の車内
Dsc_7929

発車します。

熊西駅を出てしばらく走った後左にカーブ、直線方向の西鉄北九州線跡が結構くっきり見えました。残念ながら写真はありません。

・希望が丘高校前 (世界遺産遠賀川水源地ポンプ室駅)
Dsc_7933

・楠橋車庫
Dsc_7935

終点の筑豊直方駅に到着。
終始それなりに客は乗っていました。
右側のホームに停車し、運転手が一旦黒崎側の運転台に移動した後、後ろ(黒崎側)のドアから降りる方式でした。

・筑豊直方駅のホーム
Dsc_7937 Dsc_7940
Dsc_7941

すぐに折り返して黒崎方面に走っていきました。

・筑豊直方駅から発車していく列車
Dsc_7944 Dsc_7945

・筑豊直方駅の駅舎
Dsc_7950 Dsc_7952

途中他の車両を見たり乗ることもなくそのまま乗り通してしまって、楽しみ方として失敗したかなと思いました。

ここからJRの直方駅まで、途中営業している店がほとんどないアーケードを通り抜けて行きました。
徒歩10~15分ぐらいだったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/21

北九州 (1) 西鉄イン黒崎

9月2日に宗像フェスの1日目に行きましたが、その夜は西鉄イン黒崎に宿泊しました。
COM CITYの中にあります。フロントは1階ですが客室は9~12階です。
9階に大浴場があります(温泉ではない)。宗像フェスから戻ってきた後、大浴場に行ってすっきりしました。
ちなみに1階には黒崎バスターミナルや筑豊電鉄の黒崎駅前駅もあります。

・客室から見た北側の夜景と朝の風景
Dsc_2535 Dsc_2536

夜見たときはどうなっているのかよく分かりませんでした。

・客室から見た北西側と北東側の風景
Dsc_7911 Dsc_7912

北西側には線路が見えました。三菱ケミカルの専用線のようです。
北東側の遠くに若戸大橋が見えました。

・朝食
Dsc_2538

朝食(無料朝食)は1階のフロント横です。
明太子がドバっと置いてありました。
他にもカレー、パン等いろいろありました。

・COM CITY
Dsc_7916

・JRの黒崎駅の駅舎
Dsc_7915

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/19

氣志團万博2017

氣志團万博、今年も9月16日に開催された1日目に行きました。

台風が近づいていてよろしくない天候。
横浜から9:30発のアクアラインのバスに乗って袖ケ浦バスターミナルへ。横浜時点で小雨でした。アクアラインの渋滞で20分遅れでした。
そこから乗り替えて袖ケ浦駅 → 会場 へ。
会場には11:45頃到着。雨は止んでいました。
袖ケ浦駅でのバス乗車と、入場券からリストバンドへの引き換えに去年よりも時間がかかりました。
着いた頃には会場は既にもう人一杯で、去年より出足が早かったのかな? 今年は主役の氣志團が10:30からだったのでその関係もあるのかもしれません。氣志團は見られませんでした。

・袖ケ浦駅での横断幕
Dsc_2590

・会場内の塔
Dsc_2596

・観覧車と房総族のぼんぼり
Dsc_2599 Dsc_2598

・会場から見た東京湾
Dsc_2591 Dsc_2593

薄っすらですが東京スカイツリーも見えました。

〇 東京スカパラダイスオーケストラ

■ 食事
10-FEETは前見たこともありパスして昼食タイム。
トイレが異様に並んでいました。
地元出展の「タベルネ ベッシュ」という店で生ビールと「はまぐりの串焼き」、どこ産かわかりませんが美味しかったです。
本当は別の店でピーナツ入りとかいう焼きそばも食べようかと思っていたのですが、急に販売口が替わったり何だかよくわからない状態になったので止めました。
「やきとり貴田」の焼き鳥がその場で焼いていて煙が漂っていたこともあって美味しそうだったのですが、夕方にしようかな。

・はまぐりの串焼き
Dsc_2597

〇 ももいろクローバーZ
いつになく早い13:50からの出演でした。比較的前の方で見ました。
最初になぜか「We are the world」斉唱。
overtuneを経て、「BLAST!」「サラバ、愛しき悲しみたちよ」「SECLET LOVE STORY」「ココ☆ナツ」「行くぜ!怪盗少女」「コノウタ」で終わりでした。

overtuneの途中でメンバーが盛り上がっているかーとか喋るのはどうなのかな? と思いました。この曲は儀式とかそういうものできっちりとやりたいところ。
サラバ、愛しき悲しみたちよ」での布袋さんとの共演はなし、「SECLET LOVE STORY」での氣志團との共演はなし。
「ココ☆ナツ」は自分が見ていたところの後ろの方でココナツサークルができていました。
「行くぜ!怪盗少女」では謎の網くぐり。
「コノウタ」でもう終わりでした。
「コノウタ」ではセンターステージに出てきて結構近かったです。

なんだかもの足りない感を感じてしまいました。
あと1曲、ツヨクツヨクとかやってタオルを回したかったです。或いは「走れ」とか去年良かった「桃色空」とか。

■ 食事2
はまぐりの串焼きしか食べていなかったので、再び飲食店エリアへ。
星屑兄弟舎という店で「竹岡式ラーメン」を食べました。千葉といったらこのラーメン、(たぶん)食べた事なかったもので。
値段を見たら1000円で悩みましたが並んで食べました。

・竹岡式ラーメン
Dsc_2601

ずらっと並んでいたので仕方ないのかもしれませんが、麺がばりかたみたいな感じで... ってばりかたで食べたことありませんが... ちょっと残念でした。
スープやチャーシューは美味しかったですけどね。
後で調べたら千葉県の店ではなかったみたいです。

SiMは前見たこともありパス。
小雨が降ってきました。
天気予報では18時までは降らないはずだったのですが。

〇 LiSA
後ろの方で頭にタオルを載せて雨をふさいで見ていました。

〇 マキシマム ザ ホルモン
途中で雨に耐え切れなくなりカッパを着ました。カッパを切るのって高校1年生以来のような気がします。
盛り上げ方とかベテランって感じがしました。
ダイスケはんさんがあーりん推しとかで四星級の人に法被を持ってきてもらってきていました。もしかしてあーりんが出てくるのかと思いましたが出てきませんでした。

〇 Dragon Ash
自分の趣向には合わないかなと思いました。

〇 RIP SLYME
「楽園ベイビー」とかやっていました。

■ 食事3
雨が本降りになってきて厳しい状態に。天気予報では降水量1mmだったはずだったのですが。
食べようと思っていた「やきとり貴田」の焼き鳥は止めておこうかとも思ったのですが、生ビールと共に木の下で食べました。
タレと塩があり血圧の事も考えてタレの方を頼みましたが、これが結構すばらしく美味しかったです。
写真は撮る余裕はありませんでした。
木の下でも何でもない所でラーメンを食べている人も結構いて、明らかにラーメンの汁に雨が入っています。

〇 私立恵比寿中学
最初が「サドンデス」という曲で、順に1人ずつ敗れていって最後に1人が残るという。毎回残る人が違うのかな? それに氣志團メンバー(ギターやベースの人も含む)が出てきて一緒に手と足を動かすダンスをやっていました。あのダンスはキツイな。
ももクロの時よりも盛り上がっていました。
トイレに行きたくなって最後の方退散してしまったのですが、「アンコール」の声が聞こえていました。それは無理だろうと。
私立恵比寿中学としてのぁぃぁぃを生で見るのはこの日が最後かな。

〇 布袋寅泰
この日のラストでした。
一度見てみたかった人でした。(あ、2013年の桃神祭で見たか。)
「お互い楽しみましょう」みたいなことを言っていて良かった。
バックバンドも含めて良い音がしていました。
やっぱりベテランは違うなぁと思いました。
ソロデビューした時は歌は下手だったけど今は上手いし。
Poisonやさらば青春の光もやっていました。
気志團の翔さんとの共演もありました。
残念ながらももクロとの共演はなかったです。

〇 クロージングパフォーマンス (気志團)
SMAP×SMAPをもじった「EXPO×EXPO」という事で、SMAPのリズムでOne Night Carnivalを歌ったり。
面白かったです。
ギターやベースの人までこういう事をやるのはいいなと思います。

■ 帰り
という事で無事雨の中終了。
さっさと袖ケ浦駅のバス乗り場に向かいました。数年前と比べると結構スムーズに乗れました。

袖ケ浦駅から袖ケ浦バスターミナルへの最終は21:40と来るときにアナウンスされていました。
袖ケ浦駅に着いたのがちょうど21:40ぐらいで間に合わないかと思ったのですが、まだバスがいました。21:45発車でした。
袖ケ浦バスターミナルから21:53発の横浜行のアクアラインのバスで帰宅。
鉄道(総武線等)で行くのと渋滞していなければ着くのが1時間違ってくるので間に合って良かった。

雨はきつかったですが、
案外雨だも大丈夫かなとある意味自信が付いたかも。
翌日熱を出して寝込むなんてことを心配していましたが、全然大丈夫でした。

でも、晴れの方がいいです。

・帰りのバスから見た本牧ふ頭の夜景
Dsc_2608

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/17

東武野田線 大宮公園駅

帰りは大宮公園駅から東武あーば野田線に乗って大宮駅経由で帰りました。

・大宮公園駅
Dsc_7878 Dsc_7879

最近駅舎が建て替えられたようです。

・60000系
Dsc_7885 Dsc_7888

先頭車両の側面に「TOBU URBAN PARK LINE」戸入っているのは良く感じました。
この形式の車両しか見かけませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉県立歴史と民俗の博物館

大宮公園内にある埼玉県立歴史と民俗の博物館へ。

・南門
Dsc_7842

企画展として「くらべる古美術 -見て考える美術のひみつ-」が開催されていました。(8月31日で終了済み)
現在のものと比べる企画展なのかと思ったのですが、
そうではなく、色とか、同じものを描いた仏像や絵の違いを比べるものでした。
結構良かったです。
撮影禁止でした。

続いて常設展。
1室(旧石器~弥生時代)、2室(古墳時代)、10室(民俗展示室) は一部(主に個人蔵のもの)を除いて撮影可能でした。6室(位牌)もOKだったのかな?

・1室 (旧石器~弥生時代)
Dsc_7843 Dsc_7845
Dsc_7846 Dsc_7848

小学生の身長から如何にも触ってくださいという位置に置かれている頭蓋骨があり、それのみ「手をふれないでください」と書かれていました。

・2室 (古墳時代)
Dsc_7855 Dsc_7857

埼玉(さきたま)古墳に関する展示等。
埼玉古墳は行ってみようかなと思いながら忘れています。

3室~9室は各時代のコーナー、美術展示室です。
埼玉県も武蔵国だったんですね。(横浜市も大部分は武蔵)
埼玉県の成り立ちもあり前身に熊谷県とかあったのか。

・10室 (民俗展示室)
Dsc_7867 Dsc_7865

主に農具を展示していました。
ブロッコリーって埼玉で獲れたんですね。全国第3位とか。

その他無料コーナーとして「ゆめ・体験ひろば」がありました。
野外に「昭和の原っぱ」がありました。

・昭和の原っぱ
Dsc_7868 Dsc_7870
Dsc_7871

雨のためなのか車にはカバーがかけられていました。HPによると「スバル360」だったようです。

雨は止んでいました。
正面口に回ってみました。

・正面口、竪穴式住居
Dsc_7876 Dsc_7874

正面口近くに竪穴式住居もありました。

展示も結構充実していてよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/13

大宮氷川神社 (2) 境内

三の鳥居をくぐって氷川神社の境内へ。

・境内案内図
Dsc_7815

・戦艦武蔵の碑
Dsc_7816

・神楽殿と額殿
Dsc_7817 Dsc_7818

・松尾神社と稲荷神社
Dsc_7819 Dsc_7821

・宗像神社
Dsc_7823 Dsc_7827

池の中の島にあります。

・楼門
Dsc_7828

この門をくぐると拝殿があるエリアです。

・舞殿、祓殿、拝殿
Dsc_7830 Dsc_7831
Dsc_7834

ちょうど拝殿に着いた頃時に雨が降り出し、やがて大降りになってしまいました。
写真でも分かるぐらいの雨です。

・大降り中の拝殿
Dsc_7835

止みそうにないので折り畳みの傘を取り出して雨の中歩き出しました。

・門客人神社と御嶽神社
Dsc_7838 Dsc_7837

・天津神社
Dsc_7839

このあと大宮公園を通って埼玉県立歴史と民俗の博物館に行きました。
雨が降っていたこともあり参道を歩いてきたよりも遠く感じました。実際にはだいぶ短いです。(600mぐらい)
NACK5スタジアムで17時からサッカーJリーグの試合があるようで、大宮公園に年間シート用の並ぶ場所が番号ごとに仕切られて設けられていました。サッカーにも番号順入場の制度があったのか。2時間近く前だったのでさすがに並んでいる人はほどんどいませんでした。
入場無料の小動物園がありましたが、雨が降っていた事もありパスしました。

・大宮公園の池
Dsc_7841

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大宮氷川神社 (1) 参道

8月26日、大宮の氷川神社 (武蔵一宮氷川神社) に行きました。

最初の一の鳥居から参道を歩いてみました。
さいたま新都心駅から東側の線路沿いに少し北に行ったところにあります。

・一の鳥居
Dsc_7768 Dsc_7771
Dsc_7772

鳥居近くに人が集まっていてこんなに観光客が来ているのかと思ったのですが、みな鳥居に目もくれずスマホ画面を見ていました。ポケモンGOか何かなのかな?

・一の鳥居の先
Dsc_7773 Dsc_7777

道の両側に大きな木が植えられていてそれがずっと続いています。
この道だけ別世界な感じです。圧巻な風景でした。
参道といえば道の両側に店が広がっているイメージもありますが全然ありませんでした。

先に進みます。
Dsc_7785

ブラタモリのポスターが貼ってある所がありました。

・ブラタモリのポスター
Dsc_7789

・参道交番前 (大宮駅から東に延びる道との交差部分)
Dsc_7792 Dsc_7794

ここからは広くなり、道路に囲まれた中に参道がある形になっていました。
このあたりは氷川緑地として散歩道のようなものもありました。
夜は夢の力イルミネーションというイベントを開催しているようです。

Dsc_7798 Dsc_7800

・二の鳥居
Dsc_7801 Dsc_7803
Dsc_7805

大宮駅から歩く人の合流地点のようでここから急に人が多くなりました。
氷川神社の近くにあるNACK5スタジアムでサッカーの試合があるようで、そういう感じの服を着ている人も多かったです。

・二の鳥居と三の鳥居の間
Dsc_7810

・三の鳥居
Dsc_7812 Dsc_7813

この鳥居をくぐると氷川神社の境内です。
一の鳥居から2kmぐらいあるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/11

東京国立博物館 (3) その他

・常設展(本館)での屏風
Dsc_7677 Dsc_7755

・その他展示
Dsc_7706 Dsc_7728
Dsc_7717 Dsc_7731
Dsc_7741 Dsc_7742

・本館前
Dsc_7757 Dsc_7759

それでは帰ります。

・上野駅公園口近くの木と東京スカイツリー
Dsc_7762 Dsc_7763

こんな形の木だったんだっけ。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/10

東京国立博物館 (2) びょうぶとあそぶ

本館特別4室と5室で「親と子のギャラリー びょうぶとあそぶ 高精細複製によるあたらしい日本美術体験」というのも開催されていました。(9月3日に終了済み)
キヤノンが関係しています。ヤは大きいヤです。
撮影可能でした。

・「びょうぶとあそぶ」の看板
Dsc_7679

・松林図屏風
Dsc_7683
Dsc_7687 Dsc_7689
Dsc_7691 Dsc_7693

後ろの映像が映し出されました。

・群鶴図
Dsc_7698 Dsc_7700

人が入ってくると白鳥が増え、白鳥を脅かすと飛び立っていくというものでした。
脅かそうという人は少なく、係員の人が脅かしていました。

東京国立博物館としては異様な展示方法でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京国立博物館 (1) タイ展

8月20日、東京国立博物館で開催されていた「タイ ~仏の国の輝き~」展に行きました。(8月27日に終了済み)

・東京国立博物館の入口近くと会場の平成館前
Dsc_7659 Dsc_7663

待ち時間はありませんでした。
平成館は自分が行ったことがあるのは全て反時計回りでの展示でしたが、今回は時計回りでの展示でした。

タイの仏像が多く展示されていました。大型のものが多かったです。
日本の仏像とは顔の表情が違うように感じました。

アユタヤーの所ではきらびやかな金のものが並んでいました。

「ラーマ2世王作の大扉」のみ撮影可能でした。
幅は広くないですが高さが高いです。

・ラーマ2世王作の大扉
Dsc_7664
Dsc_7669 Dsc_7668

彫刻が彫ってあり所々に動物がいました。

・ラーマ2世王作の大扉の裏側
Dsc_7671 Dsc_7673

見事なものでした。
全体的にも良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/08

2017宗像フェス (2) 本編

ライブ会場はVIP席、A1~2ブロック、B1~B3ブロック、フリーゾーンに分かれており、自分はB1ブロックでした。
VIP、ブロック席、フリーゾーンで料金が違います。
Aブロック以外は終始スカスカでした。

〇 SHISYAMO
少し前まで知りませんでした。20代前半のガールズバンドです。
最初の方はMCを含めて何だかなぁと思いましたが、
バラード曲以後の後半は良かったと思います。

〇 宗像たかべん祭り
SHISYAMOが終わった後、まだ昼食を食べていなかったので隣の「宗像たかべん祭り」の会場で昼食。
現金では購入できず、1000円(100円券が10枚)の食券を買う必要があります。500円券や100円券はなく、1枚でも使ったら払い戻し不可との事。
えげつない商法だなぁと思いました。
100円で売っているのはヤクルトぐらいしかなかったので、余らすケースも少なくなさそう。
使われなかった分は誰の利益になるのだろう?
1000円券を2枚(2000円分)購入し、生ビール(600円)と博多もつ焼きそば(700円)を買いました。博多もつ焼きそばは結構美味しかったです。
残り700円はどうしよう。もう1杯生ビール(600円)を買ったら残りが100円になってつまみが買えないし、1000円券をもう1枚買うと余ってしまいそうなので悩みました。

・博多もつ焼きそば
Dsc_2514

会場自体あまり混んでおらず。
「博多もつ焼きそば」の店は並んでいましたが、全然客がおらず売れてなさそうな店も少なくありませんでした。早くも値引き販売をしている店がありました。
「宗像たかべん祭り」自体は無料でしたが、ライブに来た人以外の客(地元客)はほとんどいなかったように見えました。

〇 HY
昼食を食べている間に始まっていました。
食べ終わった後ライブ会場に行って、フリーゾーンで見ていました。もう半分ぐらい経っていたと思います。
沖縄出身のグループです。何だか他のグループと勘違いしていました。
結構良かったです。最初から見るべきだったなと思いました。
全員ボーカル兼用のようで、ドラムの人の歌が上手いように感じました。

〇 にしおかすみこ
ライブ会場で次の人を待っていたら宗像たかべん祭りの会場から「にしおか~すみこだよ!」という声が聞こえてきたので行ってみました。
まぁ別に面白くなかったですが (ゴメンナサイ)
他に平野ノラさんという方も出演。バブルネタをやっていましたが調べた所38歳、にしおかすみこは42歳で、バブルはにしおかすみこよりもさらに前の世代だよなぁと。
写真を撮っても良いとの事なので撮りました。

・平野ノラ & にしおかすみこ
Dsc_2516

〇 ファンキー加藤
にしおかすみこを見た後トイレに行ってライブ会場に戻ってきたら何だか早くも疲労感を感じてしまいました。
特に興味がないのでフリーゾーンで座って半分寝ながら見ていました。

トイレはライブ会場にはなく、宗像たかべん祭りの会場のさらに向こうの遠くまで歩いて行く必要があり途中階段もあって不便でした。ライブ会場にも用意してくれたらなぁと思いました。

〇 さユり
知らなかった人です。
まだまだ疲労感を感じていたのでフリーゾーンで座ってみていました。
独特の世界観って感じでした。

〇 有安杏果
いよいよです。
もうずっと座っていたい気分を抑えて本来のB1ブロックに向かいました。スカスカ状態で後ろの方であればステージが結構よく見えました。後ろの方ではペンライトとか持っている人が少なくて恥ずかしかったです。
バンドあり(4人)で、ドラムは村石さんではありませんでした。

「Another story」から始まり、「feel a heartbeat」ではエレキギター、
そして「ペダル」では有安さん1人によるアコースティックギターによる弾き語りでした。
弾き語りでは初披露だと思いますがこのために練習したのかな、少し怪しい演奏ではありましたが良かったです。

「裸」「TRAVEL FANTASISTA」「Drive Drive」と続き、最後の曲は「小さな勇気」でした。
最初のイントロ部分はピアノだけの演奏なのですが、日が暮れてきて虫の音と調和していて何だか幻想的でした。虫の音も楽器...みたいな。都会では虫の音は聞こえない。何だか感動しました。

本人の調子も良さそうだったし、結構良かったと思います。
ココロノセンリツ vol.1よりも楽しめた感がありました。

〇 あなごの串焼き
次まで時間があったので食券の残り700円を使うために宗像たかべん祭りの会場へ。
生ビールは超えるのでレモンサワー(400円)と宗像漁協が売っていたあなごの串焼き(300円)を食べました。
これでちょうど700円、食券を余らすことなく消費できました。
あなごの串焼き、美味しかったです。宗像であなごが採れるようです。

・あなごの串焼き
Dsc_2520

あたりはもう暗くなっており、ぼんぼりが点灯していました。昼間通ったときは木になにぶら下げてるんだろう? と思っていましたがそういう事でした。

・ぼんぼり
Dsc_2522

〇 和楽器バンド
最後は和楽器バンドです。一度見てみたかったグループです。
イメージカラーが紫のようで、あぁももクロのペンライトには紫があった。
基本はハードロックな感じで、首を振りながら尺八を吹いたりしていました。
千本桜」もやりました。
太鼓・ドラム対決のコーナーも。
やっぱりすごかったです。
もうすぐ初のシングル曲が発売されるとか。

〇 音楽花火打ち上げ
全てのライブが終わった後の20:30から、出演者の曲を使った花火がありました。
曲に合わせて花火が上がります。

・音楽花火
Dsc_2525 Dsc_2530

「出演者の曲を使った花火」なのに出演者ではないももクロの「Hanabi」がかかった件について。ももクロメンバーカラーに合わせた花火も上がりました。
30分ぐらいありました。
客はそんなには多くなかったし、30分も花火を上げて収支はどうなんだろうと余計な事を思いました。

21時に終了。
帰りのバスは赤間駅行はだいぶ並んでいたのに海老津駅は次のバスに乗れました。
22時には黒崎のホテルに着きました。

最初行かないつもりでしたが来てよかったと、
九州まで来た甲斐があったなぁと思いました。

翌日は少し先の別記事で...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/06

2017宗像フェス (1) 入場まで

9月2日と3日の2日間、福岡県宗像市のグローバルアリーナで「宗像フェス」が開催されました。
最初全然行くつもりはなかったのですが、1日目の9月2日の方に行きました。

9月2日の当日に羽田空港から9:10発の北九州空港行の飛行機(スターフライヤー)で移動。
台風が来ていて飛行機が飛ばなかったらどうしようかと思いましたが、無事飛びました。
羽田空港にスターフライヤー利用者が通れる保安検査場が1つしかなく、通るのに意外と時間がかかりました。

この日の朝は20度未満で寒さを感じるぐらいでした。

・羽田空港
Dsc_2502

羽田空港付近では天候が悪く揺れましたが、そこから離れると晴れていました。
窓際だったため、岐阜、琵琶湖、広島、宮島辺りはよく見えました。

・飛行機から見た雲、琵琶湖、広島、宮島
Dsc_2505 Dsc_2510
Dsc_2511 Dsc_2512

ほぼ定刻に北九州空港に到着。
九州は猛暑というほどではありませんが暑かったです。

・北九州空港
Dsc_7905

ここから黒崎・折尾方面行のバスに乗車。

・黒崎・折尾方面行のバス
Dsc_7906

小倉駅行のバスは満席になっていましたが、黒崎・折尾方面行のバスは空いていました。
黒崎バスターミナルに12時過ぎに到着。黒崎のホテル(西鉄イン黒崎)を予約していたので、一旦ホテルに寄って荷物を預けて12:18発のJRの列車で海老津駅に向かいました。

海老津駅から会場へはシャトルバス。なお、シャトルバスは赤間駅からもあります。
乗客が少なかったからかなかなか発車せず、次の小倉方面からの列車到着まで20分ぐらい待たされてしまいました。海老津駅に停車する列車は約20分間隔なので40分間隔での運行だったのかな? 宗像フェスのHPには15~30分間隔で運行と書いてあっのですが...。
赤間駅からバスの客の方が断然多かった模様です。

バス降り場からライブ会場までまぁまぁ距離がありました。しかも上り坂です。
途中にチケットからリストバンドに交換する場所があります。
ライブに到着したらちょうど13:35からの柳葉魚SHISYAMOが始まる所でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/05

鈴鹿・亀山の寺神社 (6) 石薬師寺

最後に鈴鹿市石薬師町にある石薬師寺へ。
真言宗東寺派との事。

国道1号線から離れた旧東海道沿いにあります。
寺の北側で切通しで作られた国道1号線を旧東海道が橋で跨いでいます。
東海道の石薬師宿はこの寺の名前から付いたのかなと思っていましたが、石薬師宿の方が先のようです。

・旧東海道沿いの山門
Dsc_7588

・太子堂と地蔵堂
Dsc_7589 Dsc_7591

・参道?
Dsc_7590 Dsc_7593

よく手入れされていました。

・鍾楼
Dsc_7602

・本堂
Dsc_7594 Dsc_7595

・北側の門
Dsc_7599

・岩佐又兵衛の歌碑
Dsc_7601

以上で終了です。
鈴鹿や亀山にも大きな神社・寺があったのかと知りませんでした。
狭い道が多かったからか案外疲れました。距離も意外とあったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/04

鈴鹿・亀山の寺神社 (5) 加佐渡神社

続いて鈴鹿市加佐渡町にある加佐渡神社へ。

・参道
Dsc_7583 Dsc_7584

坂道で結構長かったです。

・拝殿前
Dsc_7587 Dsc_7586

長~い木が印象的でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴鹿・亀山の寺神社 (4) 荒神山観音寺

続いて鈴鹿市高塚町にある荒神山観音寺へ。
真言宗御室派との事。

・入口
Dsc_7574

・鍾楼
Dsc_7581

・本堂、観音堂、奥の院
Dsc_7575 Dsc_7576
Dsc_7579

・稲荷神社
Dsc_7580

そう言えば聞いた事のある寺。
鈴鹿に住んでいた母方の祖母(既に死去)から聞いた事があったんだか、荒神山行のバスがあったんだか(平田町駅からあったようです)。
まぁまぁ広い寺でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/02

鈴鹿・亀山の寺神社 (3) 石上寺

亀山市和田町にある石上寺へ。
高野山真言宗との事。

途中国道1号線バイパスの交差点を中心に渋滞していました。トラックが多く何でこんな所にトラックが? と思いました。

・伊勢七福神ののぼりと弘法大師像
Dsc_7560 Dsc_7558

・本堂
Dsc_7561 Dsc_7563


Dsc_7565

第壱番から順に像がありました。階段沿いに続きます。

・第壱番、第五十四番
Dsc_7564 Dsc_7569

第五十四番の近くには鍾楼等がありました。

・鍾楼 等
Dsc_7567 Dsc_7571

これで終わりかと思いきや、下がって先がありました。

・第七十八番
Dsc_7573

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/01

鈴鹿・亀山の寺神社 (2) 桃林寺

鈴鹿市小岐須町にある桃林寺へ。

椿大神社の近くです。知りませんでした。
臨済宗東福寺派との事。
この日は祭事なのかな? が行われており地元の人だと思うのですが集まっていました。寺の中でお坊さんが周りながらお経を読んでいました。

・桃林寺
Dsc_7550 Dsc_7551
Dsc_7553 Dsc_7552

本堂前の木が印象的でした。

・門を裏側から見た所
Dsc_7554

茶畑が広がっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴鹿・亀山の寺神社 (1) 椿大神社

8月10日、三重県四日市市の実家に帰ったとき、父が御朱印集めをしており行きたいというので鈴鹿や亀山の寺・神社を自分の運転で周ってきました。

まずは椿大神社へ。
鈴鹿市の山の方(山本町)にある、北勢地方では多度大社と並ぶ割と有名な大きな神社です。

久しぶりでした。
昔は毎年は初詣に来ていました。

・本殿とその近くの木
Dsc_7542 Dsc_7545

車で本殿近くまで来たので下の方は見ず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄道博物館2017 (7) 車両ステーションと帰り

・転車台回転・汽笛吹鳴実演
Dsc_7349 Dsc_7358
Dsc_7360 Dsc_7362

この日はしまじろうが特別出演でした。しまじろうが何者なのかよくわかりませんが。
回転するのはSLではなく電気機関車(EF55形)でした。
やっぱりSLの方が華があるように思いました。

・EF58形
Dsc_7474 Dsc_7476

・0系新幹線 (カットモデル)
Dsc_7489 Dsc_7492

以前より運転室が公開されている車両が増えたような気がします。
というか、以前は運転室が公開されている車両はなかったような。

・新館の建設現場
Dsc_7505 Dsc_7506
Dsc_7503

新館は来年(2018年)の夏に開業予定です。

鉄道博物館駅から埼玉ニューシャトルに乗って帰ります。

・鉄道博物館駅上りホームから見た新館の建設現場
Dsc_7530

やってきたのは2020系、初めて乗りました。斬新なデザインの車両でした。

・大宮駅での2020系
Dsc_7532 Dsc_7535

(完)

| | コメント (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »