« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月の32件の記事

2017/07/31

青梅 (2) 青梅鉄道公園 前編 (SL)

青梅鉄道公園へ。
18年ぶりの訪問です。
JR東日本関連の博物館でSLを中心に展示されています。
青梅駅から坂をだいぶ上がります。バスはないので歩いて上がるしかありません。

・青梅鉄道公園
Dsc_6739 Dsc_6710

・東側のSL群
Dsc_6671 Dsc_6735

・110形蒸気機関車
Dsc_6665 Dsc_6660

1871年製造の英国ヨークシャーエンジン社製です。
新橋~横浜間の日本初の鉄道開業に伴い輸入された車両の1つです。
車体がカットされています。

・5500形蒸気機関車
Dsc_6666 Dsc_6651

1897年製造の英国ベイヤーピーコック社製です。

・2120形蒸気機関車
Dsc_6638 Dsc_6643
Dsc_6659

1905年製造の英国ノースブリティッシュ社製の車両です。
運転室への入口と運転席が狭いです。昔の人の体系ならこの狭さで十分なのかな?

・9600形蒸気機関車
Dsc_6646 Dsc_6650
Dsc_6648

1913年製造。

・8620形蒸気機関車
Dsc_6641 Dsc_6645
Dsc_6652

1914年製造。

・SLの脇にある腕木式信号機と色灯信号機
Dsc_6669

・C11形蒸気機関車
Dsc_6682 Dsc_6684
Dsc_6692

1932年製造。

・D51形蒸気機関車
Dsc_6679 Dsc_6675
Dsc_6677

1940年製造。

・E10形蒸気機関車
Dsc_6683 Dsc_6686
Dsc_6689

1947年製造です。珍しいタイプのSLのように思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/30

青梅 (1) 青梅駅

7月2日、青梅に行きました。

青梅駅で下車。
青海駅周辺では昭和レトロを打ち出しており、青梅駅もそうでした。

・駅名票
Dsc_6630

・待合室
Dsc_6749 Dsc_6750

・改札口とホームを結ぶ地下道
Dsc_6632 Dsc_6631

両側に映画の広告が貼られていました。
ホーム側は左も「鉄道員」右も「鉄道員」でした。(同名の別の映画です)
右側の高倉健さん主演の方の看板は、映画の撮影場所でもあった北海道の幾寅駅近くの「みなみ富良野情報プラザ」にあった看板を思い出しました。そこの看板と少し違います。
 参考: → 北海道旅行記(3) 幾寅駅(映画「鉄道員」ロケ地) (2006/4/11作成)

・駅舎
Dsc_6746

工事中でした。

この後青梅鉄道公園に行きました。

・青梅鉄道公園に行く道から見た青梅駅構内
Dsc_6741

12両編成対応の工事中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京急品川駅の発車標

京急品川駅の発車標が6月中旬から7月中旬にかけて新型に置き換えられました。

6月初めに備考欄に並び枠の表示されるようになり。並び枠以外の情報は表示されなくなりました。

・旧発車標での並び枠の表示
Dsc_2236

6月10日頃から「青枠」の表示のみ倍角に

・旧発車標での青枠のみ倍角表示
Dsc_2245

昔のワープロみたいで懐かしい気分に。
倍角って出せるものなんですね。

これが続くのかと思っていたのですが...。
6月15日頃にJR乗り換え改札前の発車標が取り外され、替わりに小さいのが台車に載せられて置かれました。

・取り外されたJR乗り換え改札前の発車標
Dsc_2259

6月20日頃にJR乗り換え改札先の発車標が新しい液晶式のものに取り換えられました。

・新型のJR乗り換え改札先の発車標
Dsc_2278

備考欄の青枠は黄色表示でした。このタイプなら青色で表示できそうだけど。

この後順次新型に置き換えられていきました。
JR乗り換え改札前の発車標が一番最後でなかなか設置されなかった。

・工事中のJR乗り換え改札前の発車標
Dsc_2323 Dsc_2325

新型の発車標いろいろ

・新型の発車標: JR乗り換え改札前後と1番線
Dsc_7284 Dsc_7272
Dsc_7275 Dsc_7279

JR乗り換え改札口前と改札を入った先の発車標の下り方面は、「全列車」と「羽田空港方面専用」の2つ設置されました。
「横浜・横須賀中央方面」と「羽田空港方面」ではありません。羽田空港行は両方に重複して表示されます。
「横浜・横須賀中央方面」と「羽田空港方面」できっちり分けた方が便利なのではないかと、横浜方面利用者の私は思います。

JR乗り換え改札口前は、備考欄がなくなってしまいました。
不便に感じます。
次の快特が発車時刻と共に都営線からと泉岳寺・品川始発のどちらかを確認して、場合によってはJRの改札内で時間潰したりとか、そういうのができません。

方面表示が前は「羽田空港・京急川崎・横浜・浦賀・三浦海岸方面」だったのが、
「羽田空港・横浜・横須賀中央方面」に変わりました。

・新型の発車標: 2・3番線
Dsc_7270 Dsc_7271

前は2番線と3番線で共有していたのですが、分離されました。
ウィング号が発車する時間帯はこんな感じで表示されます。分かりやすくて良いのではないかと思います。

Dsc_2378

・新型の発車標: 1階の改札口前
Dsc_7280

新型の液晶式、輝度が高めです。
私的には、従来のLED式の方がくっきりしていて見やすいように感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/29

八景島 (10) シーパラダイスタワー

最後のアトラクション「シーパラダイスタワー」に乗っていました。
上に上がっていって展望するものです。600円でした。

・シーパラダイスタワーの外観
Dsc_6608

・シーパラダイスタワーからの風景
Dsc_6618 Dsc_6620
Dsc_6612 Dsc_6613
Dsc_6624 Dsc_6614
Dsc_6615 Dsc_6617

順に、住友重機機工業の工場や猿島、日産の試験場、野島、八景島駅、みなとみらい方面、ブルーフォール、眼下の水族館

ブルーフォール、シーパラダイスタワーと同じぐらいの高さまでありこっちはガラスや壁に囲まれているがあっちはむき出し。
Fukuちゃんが乗りたがってたけどこんなの私には無理だは...。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八景島 (9) ふれあいラグーン

続いて「ふれあいラグーン」へ。

・ふれあいラグーンの入口
Dsc_6580

イルカや魚に触れるコーナーがあります。
「うみファーム」と同様に最初に注意点等を受ける部屋がありました。
客や動物に病気が感染することを防ぐため、手を洗うコーナーでこの部屋を出た後と動物に触れた後に洗ってくれとの事で、一応洗いました。

・ホエールオーシャン
Dsc_6581 Dsc_6582

イルカに触っても良いみたいで飼育員のマイクプレイの元、客がプールの淵で手を出したりしていました。
触ってはいけない部位もあるようですが、基本的には触って大丈夫なものなのですね。
カメラが濡れると困るので遠巻きに。

八景島シーパラダイスには「アクアミュージアム」「ドルフィンファンタジー」「ふれあいラグーン」にそれぞれイルカがいます。合計20匹ぐらいいたのではないかと。逆に、魚はそんなにはいない印象。
施設間のイルカの入れ替えはあるのだろうか? ある場合どうやって入れ替えるのだろうかと思いました。

魚に触れるコーナーもらしきものもありました。

・アザラシ
Dsc_6584 Dsc_6591

・ペンギン
Dsc_6589 Dsc_6600

多量にいました。
上越市立水族博物館のペンギンを建て替え工事のため一時的にここで飼育しているようです。

・セイウチ
Dsc_6598

・施設内から見たジェットコースター
Dsc_6585

八景島のアクアリゾーツは以上で終わりです。

入場したのは14:30頃でしたが見終わったのは18:15頃でした。
水族館は早く営業が終わる所が多いように思いますがここは20時ぐらいまで営業しているようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/27

八景島 (8) うみファーム

続いて「うみファーム」、海育をテーマとしているそうです。
昔はヨット置き場だったような気がします。

・うみファームの入口
Dsc_6570

最初に注意点等を受ける部屋があります。
受けた後に中に入れます。

・フィッシングスクエア
Dsc_6572

魚釣りコーナーです。
アジが釣れるようです。別途釣り料金が必要。
釣った魚は持ち帰りはできず、「からっとキッチン」という所で1匹190円でから揚げ等に調理しでもらってこの場で食べる必要があるようです。
HPには「捕まえた魚はすべて食べていただきます。」と強い口調で記載されていました。
食べている人がたくさんいて、ビールなんかも売っていて美味しそうでした。

釣りはお触り程度に施設の池でます釣りを1回やったことがある以外は全くやったことがありません。
子供の頃とか、本格的にやるのは無理としてもこういう所で体験するのも良いかもしれないなと、過去を振り返って思いました。

・船 (おおわだ2)
Dsc_6568

「からっとキッチン」で調理してもらったものの食事場所として係留されているようです。
昔は「ぷかり桟橋(みなとみらい)~八景島シーパラダイス」の航路で使用されていたようです。さらに前は神戸市の船だったとか。
今も動くのかな?

・サブマリンリサーチ
Dsc_6573 Dsc_6575
Dsc_6576

船の下に窓があって海中が見られるようになっている船です。
かつてどこかで使われていたものと思われます。三崎港でこれと同じタイプの船が運行されていますがそこの中古かどうかは不明。
海がだいぶ濁っていてよく見えませんでした。

・オーシャンラボ
Dsc_6577

餌をあげたり眺めたりそんな感じのゾーンになっています。
海がかなり汚れていて水深50cm先でも見えないくらい。
陸に近づくほど酷い事になっていました。
桟橋等がある影響で波によって綺麗な水が来ず、浄化されないのかなぁと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/26

八景島 (7) ドルフィンファンタジー

続いて「ドルフィンファンタジー」へ。
20年ぐらい前に母・妹と来た時はなかったような気がします。

・アーチ水槽
Dsc_6555 Dsc_6556
Dsc_6558 Dsc_6565

バンドウイルカ 2匹とタカベ等がいます。
しばらく見ていても飽きません。

・円柱水槽
Dsc_6562 Dsc_6563

イロワケイルカ 2匹のみ。
アーチ水槽と比べると寂しいです。

水槽の上から見るとどんな感じなんだろうと思いましたが、上からは見られませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八景島 (6) アクアミュージアム 後編

・マコンブ
Dsc_6464

昆布出汁は出ているのだろうか? なんて考えました。

・ハナキンメ
Dsc_6469

・クラゲ
Dsc_6473 Dsc_6479

・マダコ
Dsc_6480

美味しそうだと思ってしまった。

・サメ
Dsc_6487

・カサゴ、イソギンチャク
Dsc_6504 Dsc_6505

・何か?
Dsc_6498 Dsc_6510

・ウミガメ
Dsc_6532

・アリゲーターガー、ナマズ???
Dsc_6545 Dsc_6548

・カピバラ
Dsc_6553

八景島シーパラダイスのHPに載っている写真と比べたりしましたが、どれに当たるのかよく分からないもの多数。
魚名が間違っているものがあるかもしれません。
ごめんなさい。

「アクアシアター」ではしんかい6500から撮影した深海に関する作品を上映していたので見ました。別料金(500円)が必要です。
ちょっと眠たくなってしまいました。
全天周型の劇場なのですが上映していたのは普通サイズの映像でした。スクリーンが丸い分僻んでいて反ってマイナスでした。全天周の一部分だけに写していたので気にならないぐらいの僻みではあります。

・アクアミュージアムから見た東京湾
Dsc_6535

向こうに見える陸は房総半島です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八景島 (5) アクアミュージアム 前編

アクアミュージアムはアクアリゾーツ(水族館)のメインの建物です。
途中でアクアスタジアムでのショーを見に行ってしまいましたが、入口の所まで戻ってくることができました。

・アクアスタジアムの建物
Dsc_6291

・あじさい祭関連の展示
Dsc_6415

アクアホールでは「ウミウシ」が展示されていました。

・ウミウシ
Dsc_6298 Dsc_6303
Dsc_6304 Dsc_6307

・はじまりの木
Dsc_6311

・アザラシ
Dsc_6315 Dsc_6317

・ペンギン
Dsc_6419 Dsc_6441

・ホッキョクグマ
Dsc_6421

・セイウチ
Dsc_6431 Dsc_6434
Dsc_6427 Dsc_6454

ちょうど餌よりタイムでした。
自然界ではきっとこの姿勢で餌は食べないよな。

・大水槽
Dsc_6450 Dsc_6457
Dsc_6449 Dsc_6458

エイ、サメ等いろいろいます。
そして多量のイワシ。約5~7万匹いるそうです。(八景島のHPの中でもページによって数値が違っていました)。
これが魚屋に並んだらどれぐらいになるんだろうと思ってしまいました。
1匹100円としたら... そんなにはいかないな。

・イワシ
Dsc_6460 Dsc_6520
Dsc_6523 Dsc_6527

1日に何回か「スーパーイワシイリュージョン」というのが開催されています。
いわしの習性を利用したショーだと思います。
どうしてこうなるのかと思って調べてみた所、餌により制御するようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/25

八景島 (4) ももくろちゃんZぐーちょきSEAぱーてぃー

「あじさい祭り」スタンプラリー全制覇の特典を使い、アクアリゾーツ(水族館)に割引価格で入場しました。
ここに入るのは20年振りぐらいかな。母と妹で入った事があります。

・「ももくろちゃんZぐーちょきSEAぱーてぃー」の看板
Dsc_6292

ももくろちゃんZぐーちょきSEAぱーてぃー」はイルカショー... だと思っていたのですがイルカ以外も出演しました。
水族館の中を一部見て、開演時間が迫ってきたのですっ飛ばして、会場の「アクアスタジアム」へ。

・アクアスタジアムそばのプールで泳ぐイルカ
Dsc_6326

準備運動なのかシロイルカの方は3頭が間隔を置いて同じところをぐるぐると回っていました。

・アクアスタジアム
Dsc_6328

時間になり始まりました。

ももくろちゃんZは最後にビジュンに映って客席のみんなと「やっぱノリノリ!」を踊る程度だと思っていたのですが、進行役でした。
曲は6曲ぐらい流れたかと思います。
曲に合わせて海の動物達が演技します。
あじさい祭りの所で聞こえていた「ゴールデンヒストリー」はこの内の1曲でした。

以下ネタバレ注意。

続きを読む "八景島 (4) ももくろちゃんZぐーちょきSEAぱーてぃー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/24

八景島 (3) あじさい祭り

第17回 八景島あじさい祭」が開催されていました。

この日は最終日の前日でしたが、まだまだあじさいは大丈夫そうでした。
スタンプラリーも実施しており、全て押すとアクアミュージアム(水族館)の入場料が割引になる特典もありました。

丘の広場に上がっていきます。

Dsc_6221 Dsc_6224
Dsc_6230 Dsc_6235
Dsc_6241 Dsc_6244
Dsc_6245 Dsc_6247

丘の上に来ました。

・丘の広場
Dsc_6260 Dsc_6266

・丘の広場から見えた海の公園・金沢八景方面
Dsc_6262

これはバラかな?
Dsc_6270 Dsc_6271

何やら水族館の方から「ゴールデンヒストリー」が。

丘の広場から下がります。

Dsc_6276

園内を走るシートレインが丘の上を走るルートに変更されて運転されていました。

Dsc_6283 Dsc_6288

・センターハウス前のハートのあじさい
Dsc_6289

あじさいは綺麗でした。
八景島にはこんな所もあったのか。

スタンプラリーは全て制覇しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/23

八景島 (2) 八景島駅

八景島駅に到着。

・八景島駅から発車していく列車と、ホームから改札口に向かう階段
Dsc_6207 Dsc_6208

・八景島駅
Dsc_6211

・八景島駅前にあった飲料水の自動販売機
Dsc_2287

飲料水の他にCDも売っていました。
CDも冷やされているのかな? と思いましたが、CoolとHot兼用の自販機があるぐらいだからそんなわけないか。

・八景島の案内図
Dsc_6212

・八景島駅前に停まっていた周遊バス
Dsc_6213

八景島駅自体は八景島にはありません。

・八景島に渡る八景大橋
Dsc_6215

| | コメント (2) | トラックバック (0)

八景島 (1) 金沢八景駅

6月24日、八景島に行きました。
金沢八景駅で京急から横浜シーサイドラインに乗り換え。

横浜シーサイドラインの駅を京急線の駅の近くまで延伸する工事中でした。
元々この位置まで建設する計画でしたが、再開発事業がまとまらず現在の位置で1989年に仮開業しています。仮開業してから29年経った1998年度にようやく完成する見込みです。
京急の駅舎もこれに合わせて橋上化されます。

・京急のホームから見たシーサイドラインの工事現場
Dsc_6195

・京急の仮駅舎
Dsc_6197 Dsc_6199

仮改札口が手前と奥の2ヶ所に分かれていました。どちらも入場・出場の両方が可能です。

・京急の奥の仮改札口付近から見たシーサイドラインの工事現場
Dsc_6200

・向こう側から見た京急の駅側
Dsc_6201

・シーサイドラインの現在の駅との結合部分
Dsc_6203

現在の軌道と延伸先の軌道の間に現在のホームに出入りするための通路があります。
軌道を繋げる工事が必要ですがその時どうするのだろう? 運休するのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大賀の郷 3万本のひまわりフェスタ 2017

7月23日、今年も横浜市の上大岡東で開催されている「大賀の郷 3万本のひまわりフェスタ」に行きました。

Dsc_7265 Dsc_7245
Dsc_7251 Dsc_7247
Dsc_7240 Dsc_7252

願い事が書かれた短冊がかかっているひまわりも。
Dsc_7244

反対側は裏側です。太陽の方をむいちゃいますからね。中にはこっちを向いているひまわりもありますが。
Dsc_7263

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココロノセンリツ vol.1 東京公演

7月20日、東京国際フォーラム ホールAで開催された有安杏果ソロコンサート「ココロノセンリツ ~Feel a heartbeat~ vol.1」に行きました。

東京・名古屋・大阪で計5回公演されたこのソロコンサート、この日は最終日です。他の日は行っていないので私にとっては最初でした。

前日の彼女のブログで「グッズのTシャツ」(主に白)や「白タオル」を要求(お願い)されて、「本人がそういう事言うかなぁ」となんだかがっかりしました。ももクロでは緑色担当なのです。
そんなくすぶりがある中で会場に向かいました。
19時開演で16時頃に行きました。

・会場入口
Dsc_2385

グッズ販売列に並び30分ぐらい待って買いました。
白Tシャツと白タオルを買いました。

このソロコンサートでは客が撮影して持ってきた写真を貼るコーナーがあります。本人が日大芸術学部写真学科卒業でその絡みです。
会場ごとにテーマがあり、東京では「Another story」との事。
という事で写真を用意してきました。
鉄道写真という、何となく場にそぐわないような気がするジャンルの写真で、特に身内が引いてしまいそうなコメント付き。載せるがどうか迷いましたが載せます。

Dsc_2383

この前青春ツアー島根に行く途中で岡山駅で見たもの。
同じ形式(115形)で色違いです。片方は元々の湘南色、片方は黄色。黄色は経費削減のために単色に塗り替えられたものです。
Another story といっても色が違うぐらいであまり違いはありません。
元東急の地方私鉄の車両とか、そっちの方がだいぶ違うので良かったのかな。

ブログに公開した写真は編集画面に表示される数値を信用すると約19000枚あるのですが、ネット以外の大衆の目に触れる所で見せたのは今回が初めて感慨深いものがありました。
途中のMCで貼られた写真をテレビカメラで写して紹介するコーナーがありました。何の注目もされていませんでしたが存在自体は確認できたので、今回のコンサートが映像化されたら残るのかな?
この貼った写真ってどうなるのかな? 捨てられずに有安さんの元で保存されるのなら嬉しいです。

何だか話がそれてしまいましたが...
19時の開演までまだ時間があり、東京国際フォーラムの中にある相田みつを美術館に行ったり、皇居の方まで歩いて行ったりしました。

開演時間が近づき入場。
席は前から12列目でした。ももクロ関係では今までで一番前かも。
舞台までは平面の位置で、座っているときはばっちり見えるのですが、この近さでも客が立つと他の人頭であんまり見えませんでした。
座って聞きましょうタイムがあるのですが、このタイムがもっと長ければなと思いました。

客はグッズTシャツが半分以上ではありましたが、ももクロの緑Tも多く、会社帰りのサラリーマン姿の人や全然関係ない服装の人もいました。
有安の願いかなわずってところでしょうか。
近くに部長って感じの人や、60歳を超えてそうなおじいさんも見かけました。

19時過ぎ、会場で流れてる曲の曲調が替わり、客の手拍子で1曲終えた後、開演しました。
強目は有安ピアノ...じゃなくてキーボードの弾き語りにより「ありがとうのプレゼント」でした。
これがあることを知らなければ感動したと思いますが、他会場での公演内容をネットで読んで知っていたもので...、初心者の演奏って感じで特に感動はしませんでした。
今年から始めたようで実際に初心者です。 自分は有安さんより弾けないけど。

「教育」ではドラム演奏あり、村石さんはタンバリン担当でドラムは叩いていませんでした。

「Drive Drive」はタオル回しタイム。
その後だったか別のタイミングだったか忘れましたが、客にタオルを上げさせて客席をももカメラで撮影するコーナーがありました。
前日のブログはここで客席が真っ白なタオルで埋まって絵になる写真が撮れること事を期待して言ったのではないかと思うのですが、あまりよろしくない反響が多かったからか、その事には一切触れずそそくさと撮影してあっという間に終わりました。
白タオルを持っていない人はタオルを上げるのを自粛している感じ。黄色の玉井タオルを上げてアピールしている人も中にはいました。
前でタオルを高く上げている人がおり、私はそのタオルに隠れて間違いなく写っていません。

「色えんぴつ」は新作という事。白の色えんぴつがいつまでたっても尖ったままで使われる心に刺さるという詩。グロテストな映像が写されていました。
白の色えんぴつって自分の場合どうだったかなぁ、間違えて書いたときにそれを消すために使っていたような気がします。

バンドメンバーがいなくなり、休憩映像コーナーかと思いきや、自費で高い値段で買ったという高いアコースティックギターを使って独りで「ペダル」を披露。

その他何曲かあり本編終了でした。

途中、10/13に仙台サンプラザホールで、10/20に日本武道館でソロコンサートを開催する旨の告知ありました。
このソロコンサートが Vol.1.5になるのか、vol.2になるのか、別タイトルになるのかは不明。
共に金曜日で嬉しくないですが、10/20の方は当たったら行こうかな。ちなみにその翌日には同じ場所で40代以上限定ライブがあったりします。
10/20の発表時に、武道館での日大全学部合同卒業式の時に撮影したと思わる写真が映し出されました。という事は合同卒業式にも行ったのかな。周りに人が入る気配がなくやや不自然には感じました。

「ももか」コールのアンコールが続いた後アンコール。

「Another story」の後、
この日披露した曲の「逆再生メドレー」。
「小さな勇気」の所はマイクなしのアカペラでした。
「Drive Drive」はテンポが速くてタオルを回すので精一杯でした。これがもっと長く続いたら無理。
最後の「ありがとうのプレゼント」の一部は客も交えた合唱。
今回の公演でこの逆再生メドレーが一番良かったように感じました。

「逆再生メドレー」の中で、中途半端な形でにバンドメンバー紹介がありました。
もっときっちりと紹介してあげたらよいのになと思いました。
vol.0.5の時と比べるとバンドとの一体感はあまり感じなかったです。

ここで神妙な面持ちで皆様に報告があると。
ソロ活動をしてきて何とかと話だし、もしかして「ソロ活動に専念するためにももクロを脱退します」というのだろうかと、かなり焦りました。
内容は「ソロアルバム発売」で、ももクロ脱退でなくて本当に良かった。

最後に「心の旋律」で終了。スクリーンに有安が撮影した写真が写されていて、曲に集中できませんでした。

歌が終わった後、有安はそそくさと退場。
拍手が鳴りやまない中再び出てきました。「ダブルアンコール」ってやつでしょうか。
予定調和なのかな? でも、他の会場でも歌が終わったとそそくさと退場してそのまま終わったようです。

ダブルアンコールでは、何をしようかと。「写真!」、「それもうやった」。
自分のアコースティックギターを使って弾き語りをするのでみんなも一緒に歌ってと。

何が良いかについて、客席からは「あの空に向かって」の声が多かったです。他に「ゴリラパンチ」とか。ゴリラパンチはアコースティックギターでは無理だろう。
最終的には有安がやりたい曲をという事で「feel a hearbeet」をすることになりました。
ギター弾き語りができたんですね。
スクリーンに歌詞も出せるという事で、有安ギター演奏でみんなで「feel a hearbeet」を歌いました。
マイクなしで挨拶して終わり、本当に終わりでした。

正直なところ vol.0.5の方が良かったかなぁと思いました。
今回は全曲ソロ曲で時間の埋め合わせの意味もあったのかもしれませんが、MCが長かった。話題が豊富で長くなるのでなく、校長先生の挨拶のように単に話が長かったです。

・曲の途中で上から降ってきた銀テープ
Dsc_2395

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/22

東武百貨店池袋店 鉄道フェスタ

6月18日、東武百貨店池袋店で開催されていた開店55周年記念「鉄道フェスタ」に行きました。

・ももクロ号ヘッドマーク
Dsc_6153 Dsc_6154

4月8日と9日に富士見市で開催された「ももクロ春の一大事2017 in 富士見市」に関連して東武東上線の車両に取り付けられていたヘッドマークです。
ヘッドマークというか、シールでした。
シールだとショボいな...。
富士見市在住歴のある有安さんのみサイン付きのものが別途展示されていました。

・ももいろクローバーZ駅に掲げられていた看板
Dsc_6152

実際に取り付けられていたときの写真はこちらです。
Dsc_1971

有料エリアへ。全て無料だと思っていました。
大人800円でした。
SL「大樹」関連がメインでしょうか。

・涼風花さんが書いたSL「大樹」の題字
Dsc_6156

・各種ヘッドマーク等
Dsc_6158 Dsc_6157
Dsc_6159 Dsc_6160
Dsc_6161 Dsc_6162
Dsc_6163 Dsc_6171

・SL関連
Dsc_6176 Dsc_6177

・鉄道模型
Dsc_6181 Dsc_6192

その他にSL「大樹」の映像コーナー、石炭入れ体験コーナー、写真等。

800円取るほどの価値はなかったように感じました。無料で良いかも。
客も少なかったです。

・販売コーナーの駅名票
Dsc_6193

いくらだったか忘れましたが結構な値段でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/21

雅叙園 (2) 百段階段と坂本龍馬展

土佐から来たぜよ!坂本龍馬展」へ。

高知県立坂本龍馬館の収容品が展示されています。坂本龍馬館がリニューアル工事のため休館中で、その間に行われる巡回展の会場の1つとの事。
桂浜の手前にあるあそこですね、15年前に行ったことがあります。
♪よっちょれよっちょれよっちょれよ

雅叙園の百段階段に隣接する客室を展示場として使っていました。
ブラタモリなんかで見て、展覧会ではなく百段階段を見たかったというのが正直なところです。
假屋崎省吾の世界に行かないと見られないのかなと思っていたのですが、いろいろ展覧会をやっていてそれ以外でも入れたようです。
一部展示物を除き撮影可でした。

・展覧会会場の入口
Dsc_6146

エレベーターに乗って上がります。

・エレベーター
Dsc_6145

渡り廊下を渡ります。途中に靴を脱いで袋に入れるところがあります。スリッパはないので靴下のまま周ることになります。靴下を履いていない人は裸足でもOKなのかな?
渡り廊下を渡った先が百段階段です。
百段階段に隣接した客室が展示場になっており、そこは畳です。

・百段階段
Dsc_6091 Dsc_6140

おお、これが百段階段か。
改装されていて古い感じではありませんでした。

・十畝の間と、坂本龍馬が住んでいた家の模型
Dsc_6096 Dsc_6098

各部屋に映像コーナーがあり、ナレーターは武田鉄矢さんでした。海援隊つながりでしょうか?

・漁樵の間
Dsc_6103 Dsc_6108
Dsc_6105

天井や柱を掘って彫刻になっています。
これは凄い。この部屋が一番すごかったです。
1935年に建てられたようで、よく今までこれが維持できているなぁと思いました。
こんな部屋に泊まったら落ち付かず眠れそうにありません。

・草丘の間と、刀
Dsc_6114 Dsc_6112

・先に部屋がない所
Dsc_6118

かつてはこの先に部屋があったのかな?

・静水の間
Dsc_6119

・星光の間
Dsc_6121 Dsc_6123

・清方の間
Dsc_6129 Dsc_6126

坂本龍馬が殺害されるシーンの影絵が上映されていました。

・百段階段の一番上
Dsc_6130

あれ? 99段しかない。
この先の部屋との間にもう1段あるのかと思いましたが、ありませんでした。
100段階段は99段だった。トリビアです。

・頂上の間
Dsc_6135 Dsc_6132

ソフトバンクの宣伝やソフトバンク会長の孫正義を称えるかのようなコーナーで「なんじゃこりゃ?」と思ったら、この展覧会の主催がソフトバンクグループ(と高知県立坂本龍馬館) でした。
あぁ、そういう事か。

・頂上の間から見た外
Dsc_6133

いつの間にか雨が...それも大雨。

百段階段はまぁそんなものかと思いましたが、漁樵の間はすごかった。一見の価値があると思います。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/16

雅叙園 (1) 館内

6月18日、ホテル雅叙園東京 (旧名:目黒雅叙園) の百段階段で開催されていた「土佐から来たぜよ!坂本龍馬展」に行きました。
20年以上目黒で勤めているのですが雅叙園に入るのは初めてでした。

・雅叙園の入口
Dsc_6072 Dsc_6076

・入口近くにある「お七の井戸」
Dsc_6075

百段階段に行く前に館内を探索。

・館内
Dsc_6090 Dsc_6087
Dsc_6088 Dsc_6083
Dsc_6086

・庭
Dsc_6085

物凄く豪華なイメージがあるので入るのに緊張しました。
そこまで豪華ではないように思いました。
見た目は豪華でも雰囲気はそれほどでもない感じ。
正装じゃなくても全然大丈夫な感じで、正装している人の方が少なかったです。

・復元トイレの入口
Dsc_6148

中に川が流れていて橋が架かっています。個室は豪邸みたいな扉が付いていて中も広かったです。
ここだけ別次元のように感じました。

隣接してアルコタワーとアルコタワーアネックスがあります。
アルコタワーアネックスに向かう入口があり、エスカレーターを介して目黒駅と同じ高さの所に出られるようになっていました。急な行人坂を上り下りしなくても入れたんですね。
アルコタワーアネックスにはAmazonの日本法人の本社があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無呼吸症候群 (2) CPAP

重症の無呼吸症候群との事で、CPAPという機器を使った治療をすることになりました。

鼻に呼吸器のようなものを付けて寝ます。
機器から空気が送り込まれます。これにより気管支を拡げるの事。送り込まれるのは普通の空気です。(酸素ではありません)
機器のレンタルも含めて3割負担で月当たり約4500円です。案外安いように思いました。
鼻に合うマスクを選んでもらい、使い方等を教わり、機器の持ち帰りでした。

・外泊する時や風邪を引いている時はしなくても構わない (無理しない範囲で)
・お酒を飲んだ時でもやって構わない
等。
お酒を飲んでも良いのか、助かった!

機器は帝人ファーマの製品です。
・無呼吸の回数等も計測できる
・SDカードが入っており、使用履歴が記録される。
  → 診察時にそれを抜いて持ってきてくれとの事。
・表示パネルが付いている (タッチパネルではない)
・携帯電話の通信網を使って帝人ファーマに各種データが送られる
   → 表示パネルにアンテナマークが表示されており、DoCoMoと表示されている所や、飛行機モードに切り替えるメニューがありました。何だこれはと思って説明書を見たら携帯通信を使って各種データが帝人ファーマに送られる旨記載がありました。どうせなら病院にも送ってくれればと思いました。それならSDカードを持っていかなくても済む。

最近の医療機器は進んでいるんだなぁと、今まで医療機器を使ったことがないのに思いました。
「帝人ファーマに各種データが送られる」は事前に説明と承諾があり、場合によっては拒否できる必要があるように思いました。携帯使用料はこちら側にはかかりません。

その後この機器を1ヶ月以上使っているのですが、未だに慣れません。
元々鼻通りが悪いという事もあるのか、
途中で目が覚めたり、
苦しく感じで「とりあえず外してみよう」と外した後そのまま朝まで寝てしまう事がしばしば。
最初の頃は「シュー」っという爆音で目が覚めたりしていたのですが、マスクから空気が漏れているとこうなるようです。
マスクをきつく締めると出ないようですが、それでも横を向くと漏れてしまったり、今一歩漏れないようにするコツが分かりません。
ホースで機器と繋がれているのであまり動くことができず元々寝相が悪いもので。

先日CPAP使用後初めて診察に行きました。
SDカードを読み取り機に差し込み、パソコン?の画面に履歴を表示させていました。グラフ化して表示されます。英語表記のソフトでした。
病院のPC(サーバー?)に履歴がコピーされるようにもなっているようです。

長く使えている日もあるし、今の季節は暑いし仕方ないかなぁと。
このまま続けてくださいとの事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無呼吸症候群 (1) 検査

足のむくみがあるので大病院で診ていただいた所、
足のむくみとは関係なさそうですが無呼吸症候群の可能性があるかもしれないという事で、検査が出来る別の病院に行きました。
 

まず最初に、自宅で1晩寝てできる簡易検査があるとの事でやりました。
寝るときに機械を指に挟んで測定する検査です。血液中の酸素濃度を測るようです。
検査が終わった後、何日以内だったかに機械を返却しに行けない場合は郵送してくれとの事なので送りました。
 

翌週、検査結果を聞きに診察へ。
「無呼吸症候群の可能性がある」との事で、本格的な検査をすることになりました。1晩病院に入院しての検査です。
医師の口調が「ほぼ確定」でした。
その病院は1日当たり3人だったか4人だったかの検査が可能で休診日や翌日が休診日の場合は不可、1ヶ月半ぐらい先まで埋まっていました。その場で予約はせずに別の係の方から説明だけ聞きました。

・19時までに夕食を食べて病院に来てください
・翌朝6時頃の終了で、パンとコーヒーの用意がある
・検査着の用意はないのでパジャマを持ってくる必要がある
・顔に何か塗るらしく、検査後にシャワーが可能。シャンプーやタオルの用意はある

寝てする検査なので寝ないと検査になりません。
私は案外眠れないタイプなので、眠れなかったらどうなるのかと聞いてみた所、「そう心配される方は意外とすぐ寝ますよ」と。どうしても眠れない場合は睡眠導入剤(マイスリー)を飲んでいただくとの事。以前市販の睡眠改善剤を飲んで気分が悪くなったことがあったので不安を感じました。(その時以外飲んだことはありません)

・定時退社だと入院する病院に19時までに到着する事は不可能
・入院日に休むとゆっくり寝てしまって肝心の時に眠れなくなりそう
・疲労してしまって翌日まともに仕事することはできるのだろうか?
と思い、金曜日入院でその日は仕事は早退することとしました。
 

そして検査入院当日。
この日はプレミアムフライデーの日、うちの会社にはそのような制度はないので「ひとりプレミアムフライデー」(早退)でした。いつもそうなのかプレミアムフライデーだからなのか帰りの電車が案外混んでいました。
夕食はどうしようかと、刺激があるものを食べてトイレに何度も行きたくなったらよろしくないので、無難そうな崎陽軒の駅弁を買ってきて食べました。
余裕があったはずだったのですが、結構慌てて行きました。

受付で医療費(14000円弱)を先払い。
翌日に「パンとコーヒーの用意がある」と言っていたのでもしかして1日分の食事代が含まれるのかと思っていましたが含まれていませんでした。サービスのようです。個室しかないのですが差額ベット代もありませんでした。

入院前に医師の診察がありました。
普通ならこの検査で「無呼吸症候群」と診断されたら後改めてCPAPを使った検査をするようなのですが、もう1回検査するのは時間も無駄なので、途中からCPAPを使って効果があるかどうかを確認する検査に切り替えるとの事。
CPAPは無呼吸症候群だった場合に治療で使う機器で、鼻に取り付けて空気が送り込まれます。これにより気管支を拡げるようです。
やっぱり無呼吸症候群は確定なのかなと思いました。

診察後部屋に案内されました。
着替え等準備が終わったら看護師を読んでくれとの事、この後体にセンサーが取り付けられて検査開始となります。
センサー取り付け中も含めて携帯電話は禁止です。部屋にテレビがありましたが、センサー取り付け中も使用禁止との事で、いつ使うのか? 結局一度も使いませんでした。眼鏡を置くところがなく、テレビを退かしてテレビが置いてある机に置きたかったです。

準備が終わったので看護師を呼び、センサーの取り付けが始まりました。
頭に脳波を測るらしきもの取り付けられた後りんごを包むようなネットが被されました。その他マイクみたいなものや、心電図っぽいもの等いろいろ取り付けられました。
モニター室というのがありそこから測定状態が監視できるようで、いろいろ指示されながらセンサーの反応や調整が行われました。私が変な人間なのかこういうのはなかなか上手くいかない。何度もやり直されたりセンサーを取り替えられたり、ちょっとさしょうしん... じゃなかった羞恥心(しゅうちしん)を感じました。
やっとのことで調整が終わり、電灯が消されて検査開始です。

21時頃なのかな? 時計がなく携帯等も使えないので何時だったのか不明なのですが、普段こんな早い時間には寝ません(普段は1時ぐらい)。センサーを取り付けられていたとき寒かったので冷房を上げてもらったのですが、布団を被った後は逆に暑くなってきました。
眠れません。

トイレにも行きたくなってきたので看護師を呼んでトイレに行き、ついでに冷房を下げてもらいました。
センサーの再取り付けになるのかなと思ったのですがそれは必要ありませんでした。
各センサーが体の絵が描かれた板に繋がっており、そこから本体に1本のケーブル繋がっていました。センサーは取り付けたままで、板から本体の間の1本だけを取り外してトイレに行くことができました。

トイレから部屋に戻った後も、やはり眠れません。
寝ているかどうかセンサーで分かるのかな? 時間が経った後、看護師がやってきて「睡眠導入剤を飲みますか?」と。飲みました。
その後眠れました。

途中で起こされ、CPAPを取り付けました。

早朝、看護師に起こされました。
センサーが取り外されます。
取り外された後ベットから起き上がる時に少しふらっとしました。睡眠導入剤がまだ効いているのかな?
シャワールームに行き、顔や髪の毛を洗います。
部屋に戻って、身支度をして終了です。
結果はすぐには分かりません。別の日に結果を聞きに行く必要があります。
準備?に1時間ぐらいかかるので診察終了時間の1時間前までに来てくれとの事。ん、やっぱり無呼吸症候群は確定なのかな?

システム関連(ソフトウェア)の仕事をやっているので、この検査装置はどういうシステムになっているのか気になりました。
ベットの後ろを見ると、フィリップスと書かれたタワー型のPCっぽいもの(たぶんこれ)が置かれてました。
そこから体の絵が描かれた板に接続されており、裏側にはLANケーブルがどこかに繋がっていました。
モニター室とはLANケーブルで繋がっているものと思われました。
測定結果はどこに保存されるのだろう? LANケーブルの先のサーバーで一括保存することも可能と思いますが、タワーPCっぽいのが置かれているという事はここに保存されるのかな? リスクを考えるとその方が良いかもしれません。
こういう計測データは、1秒間隔で計測したとしても想像以上の結構な量になります。
ソフトウェアの不具合で結果が保存されていなかったりしたら.. と何だかそんな事を考えて我が身の思いでゾッとしました。

そんなわけで終了。
待合室にコーヒーとパンが置かれていましたが、コーヒーは好きじゃないし、置かれていたパンがショボい市販のものだったのでパスしました。

駅前のマクドナルドがもう空いていたので(というか24時間営業だった)、朝マックメニューを食べて帰りました。

家に帰って何かやって、眠くなってきたので寝て起きたら昼でした。何だかぐっすり眠った感がありました。
この日は大宮での鉄道イベントがあったので行こうかなと思っていたのですが無理でした。
 

翌週結果を聞きに病院に行きました。
重症の無呼吸症候群でした。
無呼吸自体は殆どなかったのですが、低呼吸が多量にありました。
CPAPを付けているときの計測結果ではだいぶ改善されていました。
血中の酸素濃度が低く、多血症の原因かもしれないとの事でした。
 

ちなみに足のむくみは、各科で色々診てもらいましたが原因は分からず放置中です。
どの医者も「困ったなぁ」という反応をされてしまいました。
多血症も含めてそれほど危険性はないレベルとの事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/14

板橋区赤塚 (7) 松月院

東京大仏の東側の道を南(下赤塚駅方面)に歩いていったら、萬吉山松月院という大きな寺がありました。

県道との松月院前交差点付近から参道が続いています。
境内に幼稚園があります。

・松月院
Dsc_6058 Dsc_6050
Dsc_6056 Dsc_6051
Dsc_6055 Dsc_6053

松月院前交差点近くのバス停から赤羽行のバスに乗って帰りました。
徳光さんらと逆方向かな?

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/13

板橋区赤塚 (6) 赤塚植物園

続いて板橋区立の赤塚植物園へ。
東京大仏(乗蓮寺)の入口からバッティングセンターを横目に進むとありました。

・赤塚植物園の入口
Dsc_6021

・案内図
Dsc_6022

そんなに広くはありません。
季節柄なのかあんまり咲いてなくて残念でした。

・赤塚植物園内
Dsc_6023 Dsc_6032
Dsc_6035 Dsc_6039

道路を挟んで向こう側にもありました。

・道路を挟んだ奥の赤塚植物園内
Dsc_6046 Dsc_6047

奥の方は住宅のすぐ隣だったりしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

板橋区赤塚 (5) 東京大仏(乗蓮寺)

東京大仏がある乗蓮寺へ。

・乗蓮寺の入口
Dsc_5988

閉門は16:00で、入門は15:45までとの事。徳光さんのバス旅では16:00直前に走って入っていたので入門時間を超えていたような...。
私自身も入ったのは15:30の少し前で危なかったです。

・山門
Dsc_5992

・本殿とその横の池
Dsc_5999 Dsc_5997

・東京大仏
Dsc_6003 Dsc_6007

ものすごく大きくはないです。
1977年建立。テレビでも言っていましたが徳光さんより若いです。徳光さんどころか私(1972年生まれ)よりも若い。
大仏の中に入れたりはしません。

・各種像
Dsc_6005 Dsc_6009
Dsc_6008 Dsc_6010

なんかいろいろありました。

・多宝塔と鍾楼
Dsc_6014 Dsc_6018

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/12

板橋区赤塚 (4) 板橋区立美術館

続いて板橋区立美術館へ。

・板橋区立美術館
Dsc_5985 Dsc_5986

板橋区立郷土資料館と同様に該当する種別を自分でカウンタを押す機械が設置されていました。

小規模な美術館です。
この日は「館蔵品展 絵画は告発する」展が開催されていました。
企画展によっては有料のようですがこの企画展は無料でした。
館所蔵の作品を展示するもの、小さい公立の美術館ですが所蔵品が沢山あるんですね。
良かったような記憶がありますが、もう忘れてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

板橋区赤塚 (3) 赤塚城跡

板橋区立郷土資料館の横の細い道を上がって行ったら赤塚城跡がありました。

・赤塚城跡
Dsc_5981 Dsc_5982

特に何もありませんでした。
小机城址と似た雰囲気。

・隣?の梅園
Dsc_5984

梅の実を獲らないでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

板橋区赤塚 (2) 板橋区立郷土資料館

西高島平駅から約15分歩いて板橋区立郷土資料館へ。
赤塚溜池公園の中にあります。

・溜池?
Dsc_5956 Dsc_5957

釣りをしている人が大勢いました。
釣れるのかな?

この溜池の向こう側に板橋区立郷土資料館があります。

・板橋区立郷土資料館の入口
Dsc_5959

入場は無料です。
入ると、「子供」「大人」「シニア」だったかな? 交通調査等で使用するカウントする機械が3つ置いてあり自分で該当する所を押すようになっていました。

1階は常設展で、撮影禁止でした。
この手の博物館でよくある感じの展示でした。
板橋区には加賀藩の広大な下屋敷があったそうです。

2階は企画展の会場で「Yes Nohgu!」と題した農具の企画展で、農具が沢山展示されていました。こちらは撮影可でした。

・Yes Nohgu!
Dsc_5962 Dsc_5963

裏手の屋外にも展示がありました。

・旧田中家住宅
Dsc_5979 Dsc_5975

・納屋
Dsc_5966 Dsc_5970

・井戸、消防ポンプ車
Dsc_5971 Dsc_5964

この資料館は農業に強いのかな?
室内よりも屋外の展示の方に魅力を感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

板橋区赤塚 (1) 西高島平駅

6月10日、東京都板橋区の赤塚にある各所に行きました。
徳光さんの路線バスの番組(たぶん再放送)で赤塚にある東京大仏に行っているのを見て知らなかったので興味を持ちました。

まずは三田駅で都営三田線に乗って終点の西高島平駅へ。

・三田駅の西高島平側にあった「この時間は下の4番線から列車は発着していません  3番ホームをご利用ください」の看板
Dsc_5937

三田線が三田止まりの時代に使っていたものなのかなぁ~。
なんでまだ置いてあるんだろう。

三田駅から約45分で西高島平駅に到着。
結構かかります。
こっちの方まで来るのはかなり久しぶり。

・西高島平駅に到着した列車とホームの先
Dsc_5938 Dsc_5942

かつてはこの先和光市まで延ばして東武東上線に乗り入れる計画があったようです。

・ホームから見た北側にあるトラックターミナル
Dsc_5943

・ホーム下のコンコース
Dsc_5945 Dsc_5947

ホームは相対式で2つありますが、昼間は片方しか使用しないようで使用しない方は入れないようになっていました。

・改札を出た先にあったスリーマート
Dsc_5949

ファミリーマートではありません。
駅付近にはこの店と飲食店が2店ぐらいしかありませんでした。

・西高島平駅の駅入口
Dsc_5950

駅の近くに美園2丁目という交差点があります。首都高5号線や新大宮バイパスと高島通りが交わっており4階層になっています。

・美園2丁目の交差点とその歩道橋から見た西高島平駅
Dsc_5955 Dsc_5953

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/09

京急ファミリー鉄道フェスタ2017 (3) 保存車両・特修工場他

・保存車両
Dsc_5841 Dsc_5803

デ1形、デ51形です。

・デハ230形の図面
Dsc_5806

川口市の青木町公園で保存されていたこの車両が京急に帰ってくるそうです。
晩年は存在な扱いをされていたようですが「川口市へのお礼メッセージ」で嫌味なメッセージはなかったのかな?

・グループ別無災害競争
Dsc_5808

第3グループで1~2ヶ月前に何かあった?

・特修工場
Dsc_5809 Dsc_5810
Dsc_5811 Dsc_5815

・銀1000形と...
Dsc_5819

・2100形のシート
Dsc_5824 Dsc_5826

・三菱電機とシーメンスのVVVF制御装置
Dsc_5829 Dsc_5832

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京急ファミリー鉄道フェスタ2017 (2) 旧1000形

・旧1000形
Dsc_5769 Dsc_5797
Dsc_5801 Dsc_5843

旧1000形です。
前年までは敷地の端に悲しい感じで放置されていたのですが、綺麗に整備されました。
事前応募で「旧1000形撮影」が募集されていましたが、当選していなくても見られました。
当選していればホームの所から近くで見られますが、中に入れるわけではなく、そんなに大きなメリットはなさそうに思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/02

京急ファミリー鉄道フェスタ2017 (1) 事業用車・車両撮影コーナー他

5月28日、京急ファインテック久里浜事業所で開催された「京急ファミリー鉄道フェスタ2017」に今年も行きました。

・京急久里浜駅からのシャトルバス
Dsc_5727

シャトルバスに乗って会場に到着。

・事業用車
Dsc_5729 Dsc_5734
Dsc_5736 Dsc_5746

・バス
Dsc_5742 Dsc_5743
Dsc_5745

・部品等販売
Dsc_5754

隣に佐川急便の宅配便の受付場所があるのですが、それを利用せずこの椅子を自力で持ち帰っている人を何人か見かけました。
事業所前の道路でこれを置いて待っていたりしたので、親とか家族に車でここまで来てもらうのか? ある意味ルール違反のような気がしますが...。
結構重そうでした。

・正面方向幕実演
Dsc_5758 Dsc_5766

前年はLEDの車両(銀1000形)でやっていて意味がない感じでしたが、
800形リバイバル塗装車でやっていました。
こういうのは普通の回転する幕のやつでやらないとね。

・車両撮影コーナー
Dsc_5768
Dsc_5778 Dsc_5786
Dsc_5791

今年も信号三兄弟など。並びが信号と違うけど。
イエローハッピートレインは、扉も黄色に変わっていました。

・救援車
Dsc_5783

・筋肉トレーニングコーナー
Dsc_5773

前より器具が増えて充実していたような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/01

山陰 (16) 近畿味めぐり弁当

帰りの新幹線では京都駅で買った駅弁「近畿味めぐり弁当」(980円) を食べました。

・近畿味めぐり弁当
Dsc_2213 Dsc_2215

近畿地方各県のものが入った弁当だとか。
三重県が入っていないのは正しい!

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山陰 (15) スーパーはくと

鳥取駅から16:54発の「スーパーはくと12号」に乗って帰ります。

・鳥取駅でのスーパーはくと
Dsc_5660

席はここ。

・自分の席
Dsc_5662

1番前、5号車の1A席でした。
一昨日のサンライズ瀬戸に乗る前に「念のため指定席を取っておいておいた方が良いかな」と自動券売機でシートマップを出したらここが空いていたので取りました。
展望型でない貫通型の先頭車両が使われる場合もあるようですが、無事展望型の車両が来ました。
特急でこういう展望席に座ったのは初めてでした。

1A席は運転手や運転台の関係で案外見えづらく、隣の空いていた1B席に座って前を見たりしていました。1D席が一番良いかも。

・先頭車両からの風景
Dsc_5666

・智頭駅と智頭急行の看板
Dsc_5668 Dsc_5669
Dsc_5671

ここからは智頭急行です。運転手も替わりました。

・途中の風景と大原駅
Dsc_5676 Dsc_5680

・途中の風景と佐用駅
Dsc_5681 Dsc_5682

佐用駅はJR姫新線との接続駅です。
大原駅では誰も乗ってきませんでしたが、佐用駅ではまぁまぁ乗ってきました。

・途中のトンネル
Dsc_5687

トンネルも多いです。

・上郡駅
Dsc_5691 Dsc_5693

ここで智頭急行は終わり、JR西日本に戻ります。

・姫路駅
Dsc_5697

18:27に姫路駅に到着。
日本海側(鳥取)から瀬戸内側(姫路)まで約1時間半、結構早いです。
ここで新幹線に乗り換えるのが関東地方への最短ルートですが、このまま終点の京都まで乗りました。

・明石海峡大橋 (舞子駅の手前)
Dsc_5701 Dsc_5703

・三ノ宮駅辺りでの阪急電鉄との並走
Dsc_5706

日が暮れてしまいよく見えなくなってきました。
姫路までは速かったのですが、それから先は速度を落として走行している場合が多かったです。
大阪では5分も停車。
新大阪から先は5号車は私1人でした。新大阪までの運転でも良いように感じました。
20:06に京都に到着。

・京都に到着したスーパーはくと
Dsc_5712

京都で新幹線に乗り換えて帰宅。
スーパーはくとと新幹線の乗り換え、姫路が大半で新大阪で乗り換える人も少しはいるだろうけど、京都で乗り換えるのはごく少数でしょうね。
姫路で乗り換えていたら新横浜に21:34に着いていましたが、京都乗り換えだと22:14着です。

今回初めて島根県と鳥取県に行きました。
これでまだ行っていない県は沖縄県だけになりました。
沖縄県は敷居が高い。
私の生涯経県値

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »