« 東急東横線の渋谷~代官山の旧線跡 (2016年11月) | トップページ | 大分 (1) 行き »

2016/12/04

ココロノセンリツ vol.0.5

11月26日、大分県別府市のビーコンプラザで開催されたももいろクローバーZ有安杏果のソロコンサート「ココロノセンリツ ~Feel a heartbeat~ vol.0.5」に行きました。
7月のvol.0に続く有安2回目のソロコンサートです。
vol.0も行きました。 → 参考: ココロノセンリツ vol.0 (1) 序章ココロノセンリツ vol.0 (2) 本編

行きは新幹線 + 在来線特急(ソニック) で行きました。
大分駅近くのビジネスホテルを予約したので一旦大分まで行ってホテルにチェックインしてカメラを置いて別府に戻りました。
別府駅からビーコンプラザへはバスで行きました。

Dsc_1725 Dsc_1727

会場は体育館のような長方形でした。
花道やステージはなし、ステージには幕が下りていました。
自分の席はスタンドの最後尾に近い席でしたがステージを含めて会場を見渡せました。

開演の少し前にアリーナ席の方では歓声が、幕の向こうにスタンバイしているのが見えたのでしょうか。
18時に開演、1曲目は横浜アリーナでのvol.0と同じように幕が下りて「Feel a heartbeet」で始まりました。

1曲目: feel a heartbeat (オリジナル)
2曲目: Catch Up  (オリジナル)
3曲目: Another story (オリジナル)

次は、過去を振り返るコーナーとの事で、

4曲目: 小さきもの (林明日香さん)
5曲目: Peace loving people (絢香さん)
6曲目: 星間飛行 (ランカ・リーさん)

vol.0と同様に自身がPVに出ている「小さきもの」を歌いました。
vol.0と比べてもかなり良かったかと思います。vol.0はスクリーンに映りだされたPVの方に目が行っていて歌の方はよく覚えていなかったりするのでそう思ったのかもしれません。こういう歌い上げる歌は上手いですね。

「星間飛行」はスクリーンの左半分にPower Age時代に石丸電気で歌っている姿が、右半分に現在歌っている姿が映し出されていました。Power Age時代の映像は1番で終わったけどそれより後は素材がないのかな?

7曲目: words of the mind (m.o.v.e)
8曲目: コノウタ (ももいろクローバーZ)
9曲目: 白い風 (ももいろクローバーZ)
10曲目: ペダル (オリジナル)
11曲目:裸 (オリジナル)
12曲目:未来へススメ (ももいろクローバーZ)

「未来へススメ」ではスタンドを含めて客席の通路を回るとか。
自分の席のすぐ後ろが通路だったのでここに来るのかと思いましたが、来ませんでした。さすがに一番後ろの通路までは来ないか。

ここからはアンプラグドコーナーという事で、座ってくださいとの事。どこまで座ってくださいだったかは忘れました。

13曲目: To be with you (Mr. Big)
14曲目: Your Song (エルトンジョン)

「To be with you」では vol.0と同様に4小節ぐらい客も歌ってくれとの事。スクリーンが小さくて字がよく見えませんでした。

15曲目: 心の旋律 (オリジナル)

オリジナルよりもアコースティックなアレンジでの披露でした。
かなり良かったです。
終わった後拍手が長く続いていました。

16曲目: 小さな勇気 (オリジナル)

今回初披露する有安が作詞作曲した新曲です。編曲は河野伸さん、ドラマの音楽とかよく作っている方ですね(世界を中心に愛をさけぶとか白夜行とか)。
MCで「今までは自分の事ばかり曲を作ってきたな」と思って、これからは人のために作っていきたいとの事でこの曲を作ったそうです。有安さんにそんな事できるのかなぁと、何だか押しつけがましい歌になってしまわないかと気になりました。歌は今まで通りのスタンスでいいような気がします。歌以外の事は他の人の事をもっと考えた方が良いと思います。

17曲目: 愛されたくて (オリジナル)
18曲目: 教育 (ももクロソロ曲)
19曲目: ゴリラパンチ (ももいろクローバーZ)

20曲目(本編ラスト): Drive Drive (オリジナル)

「Drive Drive」はタオル回し曲で、あぁグッズのタオル買わなかった。フェースタオルしか持っていないし。タオルの端が手のデザインになっていて隣の人とタオルを手を握っているかのようになるようになっているそうな。
スタンド席から見るとグッズの白いタオルがアリーナ席でぐるぐる綺麗に一斉に回っていて圧巻でした。
あぁタオル買えばよかったと後悔しました。

この後アンコール、通常は「アンコール」コールがかかりますが「ももか」コールがかかっていました。

21曲目: 黒い週末 (ももいろクローバーZ)

舞台の枠で囲まれていたところからドラムセットと共にグッズのTシャツに着替えた有安さんが上がってきました。
ドラム演奏しながらの歌で、バンドメンバーのドラムの村石さんはドラムから離れて横に出てきてタンバリン?を叩いていました。vol.0では村石さんとのツインドラムだったような気がします。

この後... だったと思いますが、客と記念写真を撮るとの事でもう一度タオルを拡げてくれと。
あぁタオル持っていない。
寂しそうにしていたのが見えたのか、隣の人が「小さな勇気」をもって声をかけてくれてタオルの片方を持たせてくれました。嬉しかったです。ありがとうございます。
その時の写真が有安のブログに載っていましたが、解像度が低くて全然わかりませんでした。

22曲目: ハムスター (オリジナル)
23曲目(ラスト): ありがとうのプレゼント (ももクロソロ曲)

「ありがとうのプレゼント」は、最後に少しだけバンド演奏なし・マイクなしの地声での部分がありました。
結構聞こえました。8月の代々木体育館でのフォーク村でのマイクなしの時よりも聞こえました。
ちょっと感動的でした。

最後のMCで「歌でみんなの柱になりたい」旨話していました。
今も柱になっていると思いますけどね。

有安が舞台から退場した後、スクリーンで「ココロノセンリツ vol.1」開催の発表がありました。
いつまでもvol.1に昇格せず、次は vol.0.75、その次はvol0.875 かと思っていましたがいよいよvol.1に昇格するんですね。
来年の6~7月に東名阪で行うそうです。東名阪自動車道で行うのではありませんよ、東京・名古屋・大阪の3ヶ所で行うそうです。
という事で終了。

vol.0の焼き直し感はありましたが、良かったです。
vol.0よりも歌が上手くなっていたように思いました。バックバンドの演奏も良かったです。
MCとかよく練られているなと思いました。言い方によってはあざとい。
別府まで来た甲斐がありました。
vol.1も東京公演が木曜日(7月20日)というのがネックですが是非行きたいです。

帰りは翌日、飛行機で定刻では19:10発の羽田行のJALで帰りました。
機長からの挨拶で、お帰りのビジネスマンの皆さん等に「ココロノセンリツをお楽しみされた皆さん」とありました。
また、「小さな勇気」がどうのこうのと。「小さな勇気」は昨日発表された新曲です。
※ 「私たちも小さな勇気を持って皆様の柱となるよう~」だったようです。
どこからネタを仕入れてくるのか、JALにそういう部署でもあるんですかね。驚きました。

ココロノセンリツ以外の大分は別の記事で。

|

« 東急東横線の渋谷~代官山の旧線跡 (2016年11月) | トップページ | 大分 (1) 行き »

音楽」カテゴリの記事

地域 - 九州・沖縄」カテゴリの記事

芸能・アイドル - 有安」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ココロノセンリツ vol.0.5:

« 東急東横線の渋谷~代官山の旧線跡 (2016年11月) | トップページ | 大分 (1) 行き »