« 第29回平兵衛まつり (1) 前編 | トップページ | ひかりプラザ »

2016/10/23

第29回平兵衛まつり (2) 後編

・車内快適性シミュレータ
Dsc_1950 Dsc_1639

走っているかのような車内を体験できるシミュレーターです。
以前ブラタモリだったかでタモリさんが乗っていたやつです。
研究施設なので体験っていうのは目的外かな。これでどういう形状のつり革が持ちやすいか等の研究をしたそうです。
1組12名で約5分、事前の整理券が必要なのかと思いましたが並べばよいという事でそれほど長い列ではなかったので並んで体験しました。

新幹線を模した車内です。窓の向こうにスクリーンがあり映像が流れます。
これが不思議なことに本当に走っているような感覚がしました。
加速感や減速感も感じます。
5分ぐらいだったら良いですが、長時間乗っていると気持ち悪くなってきそうでした。
外から見た感じでは、加速時は車体を後ろに傾け、減速時は前に傾けているようでした。

・耐久性試験装置
Dsc_1952

雨が降ったり紫外線を浴びさしたりできるそうで、リニアのコイルの耐久テストで使用されているそうです。

その他にも、撮影禁止でしたがパンタグラフの試験装置等もありました。

・架線
Dsc_1958

自分はやっていませんが架線を触る体験をやっていました。

・展示されていたわけではない試験車両
Dsc_1947 Dsc_1956

本館1階でもいろいろな展示がされていました。

・信号のしくみを見てみよう
Dsc_1969

・乗って体験、超電導
Dsc_1972

浮いています。小学生まで(だったかな?)はこの上に乗れました。
自分が乗ったら接地しちゃうかも。

・プラレールと鉄道模型
Dsc_1981 Dsc_1966
Dsc_1974 Dsc_1978

その他にもいろいろありました。
社員が撮影した写真展もありました。日本信号のイベントでは社員が撮影した鉄道写真だけだったのですが、ここでは鉄道写真は少なくモデル撮影会で撮影した人物写真までありました。え、こういうところでこういう写真を展示しちゃうの? と思いました。

・ロビーに置かれていたリニアML002の超電導コイル模型
Dsc_1986

・本館入口近くに置かれていた鉄道総研の敷地の模型
Dsc_1983

もうちょっと技術的なものを見たかったような気もしましたが、
楽しいイベントでした。

(完)

|

« 第29回平兵衛まつり (1) 前編 | トップページ | ひかりプラザ »

交通 - 鉄道 - その他」カテゴリの記事

交通 - 鉄道 - イベント」カテゴリの記事

地域 - 関東 - 東京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152359/64384473

この記事へのトラックバック一覧です: 第29回平兵衛まつり (2) 後編:

« 第29回平兵衛まつり (1) 前編 | トップページ | ひかりプラザ »