« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月の19件の記事

2016/08/31

ヨコスカサマーフェスタ2016 (6) その他

陸上自衛隊、航空自衛隊からの展示もありました。

・陸上自衛隊からの視察用オートバイ、軽装甲機動車、高機動車
Dsc_0564 Dsc_0566
Dsc_0568

この他にヘリコプターも来ていたのですが、見に行く前に飛び立って帰って行ってしまいました。

・航空自衛隊のPAC3
Dsc_0572

・領土対策室
Dsc_0575

竹島や尖閣諸島について展示されていました。

・会場から見えた自衛隊の他の船
Dsc_0585 Dsc_0591
Dsc_0586 Dsc_0625

・会場から見えた米軍の空母 ロナルド・レーガン
Dsc_0744 Dsc_0680

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/30

ヨコスカサマーフェスタ2016 (5) いずも

続いて護衛艦「いずも」、6月のYYのりものフェスタで見学したばかりなので手短に。

・後ろから見た外観
Dsc_0593 Dsc_0700

・格納庫から見た甲板に上がるエレベーター
Dsc_0735

・甲板の両端から
Dsc_0741 Dsc_0751

・甲板に置かれていたヘリコプター
Dsc_0752 
Dsc_0753 Dsc_0754

6月のYYのりものフェスタでは格納庫内で展示されていました。
「IZUMO」のマークは片側だけだったんですね。

・艦橋の上のレーダー
Dsc_0755 Dsc_0757

「いずも」の幟も上がっていました。

・格納庫内での「いずも」の幟
Dsc_0767

格納庫のエレベータがある方とは逆の端に「ラッパ演奏展示」(だったかな?) とありました。
毎時0分から行うとの事。
あと10分ぐらいで始まる時間だったので待ってみました。
0分になっても始まらず。あれ?
5分頃、エレベーターが降りてきて人が歩いてきてちょうどこの位置に達するぐらいから始まりました。

・ラッパ演奏
Dsc_0770 Dsc_0771
Dsc_0775

20人ぐらい出てきて何かダイナミックに曲を演奏するのかと思っていましたが、
日々の起床時間や昼食時間に吹くラッパを演奏するというものでした。

そういえば、以前よりも女性の自衛官の人が増えたように感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/28

ヨコスカサマーフェスタ2016 (4) しらせ

続いて砕氷艦(南極観測船)の「しらせ」です。

・外観
Dsc_0578 Dsc_0583
Dsc_0599 Dsc_0618

隣の「たかなみ」「てるづき」よりも大きいです。「いずも」よりは小さいと思います。

・乗船口
Dsc_0667

乗船します。

・コンテナ
Dsc_0671

・ヘリコプター甲板
Dsc_0681

・南極の石と氷
Dsc_0675 Dsc_0691

・船首のクレーン
Dsc_0694

長い階段を上がって艦橋へ。

・艦橋
Dsc_0702 Dsc_0703
Dsc_0704 Dsc_0708

・平成13年(2001年)に最大53度傾いたとか
Dsc_0706

今の2代目しらせは2009年就役とあるので、初代しらせでの出来事かな。
こんなに傾いてよく転覆しないものです。

階段を降りて乗務員の生活区域へ。

・理容室
Dsc_0714

・隊員の部屋
Dsc_0716 Dsc_0717

左の写真の方は位が高い人の部屋です。

・タロ
Dsc_0720

タロとジロのタロと関係あるのかどうかは不明。

生活区域の途中で2つにルートが分かれていました。右ルートに進みましたがどちらの方がよかったのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨコスカサマーフェスタ2016 (3) てるづき

続いて護衛艦「てるづき」、
隣の「たかなみ」との間に橋がかけられていてそれを渡って移動します。

・「てるづき」に移動する橋と、その橋から見た船の隙間
Dsc_0611 Dsc_0616

・船尾のヘリコプター甲板と、ヘリコプターを載せる台
Dsc_0617 Dsc_0622

「ヘリコプターを載せる台」は「たかなみ」と形状が違っていました。

・燃料補給管
Dsc_0627

・前の部分と後ろの部分の間の隙間
Dsc_0630

「しらせ」の長い階段を上がっていく人々が見えてげっと思う。あそこを上る事になるのか。

・主砲 (右の写真は隣の「たかなみ」から撮影したもの)
Dsc_0636 Dsc_0657

・主砲の弾
Dsc_0646

「ダイキン工業」とありました。エアコンがメインだと思いますが、軍事用の弾も作っていたんですね。

・船首
Dsc_0641

・船首から見た艦橋
Dsc_0640

・水上発射管
Dsc_0632 Dsc_0648

・外観
Dsc_0732

「たかなみ」「てるづき」共に船内の公開はありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨコスカサマーフェスタ2016 (2) たかなみ

まずは護衛艦「たかなみ」、
隣の「てるづき」と一緒に見学する経路になっていました。

・「てるづき」(左)と「たかなみ」(右)
Dsc_0598

・乗船口
Dsc_0600

・船尾のヘリコプター甲板
Dsc_0606

・ヘリコプターを格納庫に出し入れするときに使用する操作室とヘリコプターを載せる台
Dsc_0601 Dsc_0613

ここから隣の「てるづき」に移ります。その後「たかなみ」に戻ってきます。
「てるづき」については次の記事で。

・船首の主砲 (左の写真は隣の「てるづき」から撮影したもの)
Dsc_0643 Dsc_0656

・船首
Dsc_0660

・船首からみた艦橋
Dsc_0658

・向かいの「しらせ」から見た艦橋
Dsc_0669

・向かいの「しらせ」から見た「たかなみ」とその奥の「てるづき」
Dsc_0697 Dsc_0696

「たかなみ」と「てるづき」とは似ていますが違う所もありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/27

ヨコスカサマーフェスタ2016 (1) 入場と食事

8月6日、海上自衛隊横須賀地方隊で開催された「ヨコハマサマーフェスタ2016」に行きました。

・ベニー公園からみた会場と、会場の入口
Dsc_0558 Dsc_0559

荷物検査や金属探知機による検査を受けて入場します。

・入ってすぐの待ち時間案内と、会場案内
Dsc_0561 Dsc_0582

艦艇は、護衛艦のいずも、たかなみ、てるづき、南極観測船のしらせの4隻でした。
いずもは6月にYYのりものフェスタ2016で乗ったばかりで、しらせも何回か乗ったことあり。てるづきは調べたら2013年に乗っていた。たかなみは初めてのようだがこのタイプの船は何度も乗ったことがあり、正直期待外れなラインナップでした。
待ち時間の表示がありませんがどの船も待ち時間なしでした。

この他に、ヘリコプターや車両展示もありました。
3年前に来た時にあった海上自衛隊第2術技科学校オープンスクールへの無料送迎バスがなくなっていて寂しく感じましたが、今年は別の日(9月10日)に開催されるようです。

昼の時間になっていたのでまずは昼食。

・防衛弘済会のカレーライスと、別の店のタン塩串
Dsc_1489 Dsc_1490

この日は暑い日で、暑い日のカレーは暑い。
カレーライスは、防衛弘済会と、CoCo壱番屋と、もう1つ名前を忘れたけど出展していましたがどこが美味しいのだろう。名前を忘れたけどが一番行列ができていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/24

世界鉄道博2016

7月31日、パシフィコ横浜展示ホールAで開催されている「世界鉄道博2016」に行きました。

・会場入口
Dsc_0354

大人1500円です。
並ばずに入れました。

最初にプロローグとして世界各国の鉄道の紹介があります。路線図もありました。

○ ZONE-1 世界鉄道模型コレクション
Dsc_0356 Dsc_0357
Dsc_0361 Dsc_0367
Dsc_0377 Dsc_0386
Dsc_0402 Dsc_0420
Dsc_0432 Dsc_0439

世界各国の車両の模型がずらーっと展示されていました。
そういえば昔図鑑で見た記憶がある車両もあったり、このコーナーは圧巻でした。

○ ZONE-2 世界の鉄道物語
「ヨーロッパ」「アメリカ」「日本」の3つに分けて、原鉄道模型博物館所蔵を主に大型の模型を走らせていました。

・ヨーロッパ
Dsc_0455 Dsc_0456
Dsc_0459 Dsc_0464

・アメリカ
Dsc_0482 Dsc_0483
Dsc_0484 Dsc_0486

・日本
Dsc_0497 Dsc_0505
Dsc_0502 Dsc_0507

500系新幹線は高速で走らせていました。

○ ZONE-3 シャングリラ鉄道
「シャングリラ鉄道」って名前から、原鉄道模型博物館の大型模型を巨大レイアウトで走らせているものとかと。ZONE-2はその前準備みたいなコーナーで結構良かったので期待が高まりました。

ところが、
原鉄道模型博物館とは何の関係もないNゲージを、何の飾りもない単調なレイアウトを走らせているだけでした。
ただ単にでかいだけ。
がっかりでした。
まぁ、現実的には無理なのかな。
だったら「シャングリラ鉄道」なんて名前を付けるなよと思いました。

Dsc_0513 Dsc_0515
Dsc_0520 Dsc_0538

○ ZONE-4 鉄道ワンダーランド
Dsc_0549 Dsc_0545

その他に、ドクターイエローなどのミニトレインの乗れるコーナー(別途料金必要)、塗り絵コーナー(別途料金必要だったかな?) 等があります。
お子様向けコーナーですが、そんなに大したものはないように思いました。

物販コーナーもあります。

ZONE-1, 2は良かっただけに、他はちょっと残念な感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/21

生田緑地 (3) 藤子・F・不二雄ミュージアム

川崎市藤子・F・不二雄ミュージアムへ。

入場は発売枚数制限ありの完全予約制になっており、ミュージアムではチケットが買えません。ローソンで事前に購入する必要があります。
入館時間の指定があり、10時、12時、14時、16時から選択可能です。指定した時刻の30分後までに入場する必要があります。
この日は土曜日でだいぶ前から予約していないと入れるわけないかと思っていたのですが、前日に見たら遅い時間の指定はまだチケットが余っており、当日の午前中にローソンで16時からのチケットを購入しました。

・藤子・F・不二雄ミュージアムの外観
Dsc_0309 Dsc_0330

場所は向ヶ丘遊園モノレールの向ヶ丘遊園正門駅があった辺りになるのかな?
隣の敷地の柵の隙間から向ヶ丘遊園の大階段跡も見えました。

・向ヶ丘遊園の大階段跡
Dsc_0333

16時からの入場券でしたが、バスの関係で15時半頃に着いてしまいました。
入場口前に16時からの入場者の待機列ができていました。
16時まで待たなければいけないのかと思っていましたが、15時45分から入場が開始されました。
数十人ずつ入り、係の人の説明を受け、その後無料の音声ガイドの貸出を受けます。
大人用、子供用と、各種外国語用が用意されています。
入場料大人1000円で音声ガイド付きは、この手の施設としてはかなり安いように思いました。他は音声ガイドだけでも500円ぐらいします。
館内での写真撮影は禁止でした。

最初は常設展示。
藤子・F・不二雄が描いた漫画の原画やアニメの映像、漫画の作り方の展示等。
藤子・F・不二雄氏の仕事机を再現した所もありました。頭上に巨大な本棚があって鉄道模型なんかも置かれていました。

2階には企画展示室もあり、開館5周年企画として「ドラえもん名作原画展 ミュージアムセレクション」が開催されていました。
「ドラえもん」は、小学館の「小学x年生」の全ての学年用にそれぞれその年に合わせた作品が連載されていたようです。(今調べたら小学3年生以後は今は存在しないんですね)
音声ガイドは企画展も対応しており、音声ガイドを聴きながら漫画を1つずつ読んでいたら結構時間が過ぎていました。入場時に沢山いた客も少なくなっていました。

藤子・F・不二雄氏の日常生活のコーナーもあります。
藤子・F・不二雄氏って娘が3人いたのか...。

「Fシアター」ではオリジナル短編作品が見られます。1人1回限りで音声ガイド引き換え時に同時に渡される硬券を見せる必要がります。
上映されていたのはキテレツ大百科&ドラえもん「コロ助のはじめてのおつかい」です。
そんなに面白くなかったかな?
上映後、ドラえもんの道具が使われました。天気の良い日限定だそうです。

3階はレストランと屋上になっています。屋上には藤子・F・不二雄作品のオブジェが展示されていました。

・屋上の藤子・F・不二雄作品のオブジェ
Dsc_0314 Dsc_0315
Dsc_0328 Dsc_0325
Dsc_0320 Dsc_0322
Dsc_0324

「のび太の恐竜」、小学校低学年の頃だと思いますが、母と妹で映画館に見に行きました。
なぜか最後の方で泣いてしまって、テレビで放映されたときも泣いてしまって、母に怪しまれたのを思い出しました。

3階の「藤子屋」で売っていたどら焼きを買いました。

・どら焼き
Dsc_1465

210円です。広島県のもみじ饅頭なんかも作っている業者の製造でした。

藤子・F・不二雄ミュージアム、結局2時間半ぐらいいました。
思いのほか良かったです。
ドラえもん世代(っていつの世代になるのか? 自分は1972年産まれ) は楽しめるかも。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生田緑地 (2) 岡本太郎美術館「鉄道美術館展」

久しぶりに川崎市岡本太郎美術館へ、10月10日までの予定で企画展「鉄道美術館展」が開催されています。

・岡本太郎美術館の入口
Dsc_0262 Dsc_0264
Dsc_0266

・入口・カフェテリア前のオブジェ
Dsc_0263

入場します。

まずは常設展、椅子のある所を除いて撮影禁止でした。
前行った時もそうでしたが、岡本太郎の魅力を感じてしまいます。
なんか好きです。

・常設展の撮影可の椅子の所
Dsc_0267 Dsc_0270

この手の椅子って他の場所でも見たことがありますが、たくさん作られているのですかね? 複製が可能?

「鉄道美術館展」は、ジオラマ展示部分は撮影可でした。
常設展撮影可で企画展撮影不可のパターンは多いですが、常設展撮影不可で企画展撮影可は珍しい。

岡本太郎氏の作品は岡山駅の壁画関連等少しはありましたが、大半は別の人の作品でした。
鉄道資料の展示コーナーもあり、美術館ではなく博物館的な展示も。鉄道資料は撮影不可でした。

・鉄道美術館の展示
Dsc_0273 Dsc_0276
Dsc_0285 Dsc_0286
Dsc_0287

・ピンポン玉の展示
Dsc_0282

壁の間にピアノ線が貼られており、端の昇降機で上げられたピンポン玉がピアノ線を伝って降りてくるという展示です。
しばらくぼーっとピンポン玉を見ていても飽きないという、癒しの空間でした。

・壁一面に貼られたプラレールの線路
Dsc_0290 Dsc_0293

繋がっているようで微妙に繋がっていない模様。面白いです。

鉄道の映像(市販のDVD?)を流しているコーナーもありました。

・出口付近の東京オリンピック/札幌オリンピックの参加記念メダルと、ここにもあった椅子
Dsc_0298 Dsc_0300

・野外にある母の塔
Dsc_0302

岡本太郎美術館を後にします。

・岡本太郎美術館に向かう途中にある神秘的な奥の池
Dsc_0260

・生田緑地内に置かれているSL(D51)と客車(スニ42)
Dsc_0253 Dsc_0305

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/20

生田緑地 (1) 藤子・F・不二雄ミュージアム線のバス

7月30日、生田緑地にある岡本太郎美術館藤子・F・不二雄ミュージアムに行きました。

まずは岡本太郎美術館へ。
登戸駅から川崎市営バス藤子・F・不二雄ミュージアム線の生田緑地行に乗車。途中の藤子・F・不二雄ミュージアムまでは10~15分毎にありますが、生田緑地まで行くのは1時間に1本程度しかありません。

・登戸駅でのバス
Dsc_0246 Dsc_0248

バスの降車ボタンがパーマンでした。

・バスの降車ボタン
Dsc_0249

生田緑地のバス停は、入口の東口ビジターセンター前でした。
東口ビジターセンターって前あったかなぁ?

・生田緑地に到着したバス
Dsc_0250

ここから歩いて岡本太郎美術館へ。
それについては次の記事で。

岡本太郎美術館に行った後、再び藤子・F・不二雄ミュージアム線に乗って藤子・F・不二雄ミュージアムへ。
行きと同じバスが来て残念。

・藤子・F・不二雄ミュージアムでのバス
Dsc_0311 Dsc_0313

藤子・F・不二雄ミュージアムでの登戸駅行のバス乗り場は、生田緑地から来る便と始発の便で乗り場が違いました。
始発の次の便が停まっていました。

藤子・F・不二雄ミュージアムについては次の次の記事で。

・藤子・F・不二雄ミュージアムでの帰りのバス
Dsc_0340

川崎市営バスのHPによると、藤子・F・不二雄ミュージアム線の専用車は4台あるようで、全車見たことになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桃神祭2016 2日目

8月13日と14日の2日間、日産スタジアムで「桃神祭 2016 ~鬼ヶ島~」が開催されました。
1日目は実家に帰っていたので行かず、14日の2日目だけ行きました。

1日目は2ちゃんねる等では酷評が多く、特に音響が悪くてよく聞こえなかったという人が多かったようで、なんだか憂鬱な気分で会場に向かいました。
1日目は高木ブーさんが出演したらしくそれはそれで見たかったかも。

Dsc_1533

入口で認証、出てきたチケットはアリーナCでした。
日産スタジアムでは初のアリーナでした。アリーナは前からM, C, Z だったはず。真ん中らへんという事は背の低い自分は全然見えない可能性高く、スタンドの方が良かったなと思う。
自分の席へ、
外周の花道の近くの席だったのは幸いでした。
まだ席に着いている客は少なく、この状態ではステージも見えてなかなか良い風景。
ステージのモニタでこの前の有安ソロコンココロノセンリツの映像を流していました。
あまり見ている人がいなくて、落ち着いて見られる会場の雰囲気でもありませんでした。
音は普通に聞こえたので、音響は大丈夫かな?
周りを見渡すと荷物を鞄ごとビニール袋で丸ごとくるまっている人が結構いて、ここは濡れる席なのだろうか? 鞄を丸ごとくるめる大きさのビニール袋は持っていなかったので、スマホだけビニール袋にくるまって鞄に入れました。
その後トイレに行って混んでいて、開演直前戻ってきて、ほどなく開演。
今年も祭りがテーマという事で、いくつかの祭りの団体の人もステージで盛り上げました。

始まってみんなが立つと、ステージは全然見えませんでした。反対側にあるサブステージも見えません。ステージ横にモニターがあるのですが、低い位置に設置されていてモニターさえ人の頭の間から見るような形で、あぁやっぱりスタンドの方が良かったな。
そのかわり、何回かあった外周の花道に来たときだけはよく見えました。

音響は、良くはなかったけど思っていたほど悪くはありませんでした。どういうわけだか曲によって差があり悪い曲もありました。

放水する曲が何曲かありました。放水回数はそんなに多くない。去年や一昨年はばんばん放水していた印象が。
少し水がかかりましたが、荷物をビニール袋でくるまなければならないほどではありませんでした。場所にもよるようです。
メンバーが花道で放水銃で放水する時間もあり、客の放水リクエストが凄かったです。放水銃では私のところまでは届かなかった。

曲は、1つ前に発売されたアルバム「AMARANTHUS」「白金の夜明け」収録曲が多かったです。
9月に発売される新曲「Hanabi」と「ザ・ゴールデン・ヒストリー」の披露もありましたが、特に印象には残りませんでした。

アンコール後、「ザ・ゴールデン・ヒストリー」をうたった後で松崎しげるさん出てきて、次の「ももいろクリスマス」の日程と会場の発表ありました。
真夏のクリスマス? といった下りで最初スパリゾートハワイアンズかと思いましたが、幕張メッセでした。12月23日と24日の2日間開催。
たぶんあそこは平面だし、ステージが見えない予感が。
幕張メッセは予想もしていませんでした。

アンコールの最後から2曲目は「行くぜ! 怪盗少女」で途中でバンドメンバーの紹介があり、最後の方で歌に合わせてステージの後ろで花火が上がりました。綺麗でした。
これが最後と思いきや、もう1曲「キミノアト」で終わりでした。

2ちゃんねる等での1日目の酷評を読んで憂鬱でしたが、2日目は良かったのではないかと思います。
この前の GIRL'S FACTORY や フォーク村 の方がもっと良かったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/10

坂崎幸之助の第2回ももいろフォーク村デラックス

8月3日水曜日、国立代々木競技場第一体育館で開催された「坂崎幸之助の第2回ももいろフォーク村デラックス」に行きました。

こちらは19時開演、仕事を定時に終われば間に合うので前々からチケットを買っていました。
入場口はこの日も北門、やや出遅れてしまい、18:50頃に席に着きました。
席はアリーナC3ブロックでした。
スタンド2階席は誰もおらず、アリーナでもちらちら空席があったりして寂しい感じ。
なぜか自分の前の列は端の方に2~3人座っている以外は誰も座っていませんでした。
2日前の「GIRL'S FACTORY」と比べてもおっさん率が高い。

席に着い頃には前座?でがくや姫(坂崎さんと木根尚登さん)が歌っていました。
19時少し前にももクロが登場し、19時に本編スタート。

1曲目はかぐや姫の「青春」、2曲目はほぼ坂崎さんと木根さんだけでももクロの「泣いてもいいんだよ」。

○ 和田アキ子さん × ももクロ
最初のゲストは和田アキ子さん。
ここからはドラムやベースやエレキギターを含むバンド演奏ありでした。フォーク村なのに全体の7割ぐらいでバンド演奏がありました。
最初の曲は「古い日記」でしたが、歌い始める前から和田さんの「あの頃は~ "はぁ!"」の煽りが。なんだかみんな立ちたそうな雰囲気でしたが、みんな終始おとなしく着席して聴いておりました。
有安さんとのコラボもありました。和田アキ子さんが有安ソロ曲を聴いたそうでその話もありました。

○ 宇崎竜童さん × ももクロ
浜の女(横浜出身の女)の高城れにさんとの「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」等ありました。セリフの所で高城さん曰く「竜ちゃん」って宇崎さん内心起こっているのだはないかと思いましたが、テレビで見たら笑っていたので安心。
「買物ブギ」という曲では客が「おっさんおっさんおっさんおっさん」と言うそうで、そういえばこの日はおっさん率が高かったです。

○ コアラモード. × ももクロ
ももクロと「七色シンフォニー」。

○ コアラモード. × 新山詩織さん × ももクロ
コアラモードあんにゅさん + 新山さん + 玉井さんのギター3人娘で、新山詩織さんの「恋の中」と、「デイドリームビリーバー」セブンイレブンのCM曲ですね。

○ コアラモード. × 新山詩織さん × TOMOMIさん × ももクロ
SCANDALベースのTOMOMIさんがスペシャルゲストとして登場。
コアラモードあんにゅさん + 新山さん + TOMOMIさん + 玉井さんで「タイムマシンにお願い」、良かったです。

○ 加藤いづみさん × miwaさん × ももクロ
加藤いづみさんと百田さんと途中からmiwaさんも加わりPRINCESS PRINCESSの「世界でいちばん暑い夏」、懐かしい。

○ miwaさん × ももクロ
「いつか君が」はバンド演奏ありで普段のももクロだいぶと変わらない感じで、みんな座っていましたがペンライトの振る方が普段と同じで薄めのコールもかかかっていました。

miwaさんの途中の長くなりそうなトークの時にずっと行きたかったトイレに行きました。
そしたら、miwaさんと有安でmiwaさんの「つよくなりたい」。あぁタイミングを誤った。トイレから出てきたらmiwaさんが熱唱していて、miwaさんこんなに歌上手かったんだと思いました。

そして、miwaさんと玉井さんで橘いずみさんの「失格」。以前百田さんと有安さんは歌ったことがあります。
玉井さんはこの歌えるのかな?と思ったのですが、これが素晴らしく良くて、玉井さんってあんな歌い方も歌えたんだなぁと、終わった後長い拍手が続きました。
自分としてはこの日一番のやんややんやでした。
玉井さんのミュージシャンとしての可能性を感じました。

○ 西川貴教さん × ももクロ
百田さんと「HIGH PRESSURE」を歌いました。

○ TM NEvolution (小室哲哉さん × 木根尚登さん × 西川貴教さん)
TM NETWORK と T.M.Revolutionが合体して「TM NEvolution」として「Get Wild」。

○ TM れにlution (小室哲哉さん × 木根尚登さん × ももクロ高城さん)
西川さんはいないので「TM れにWORK」が正しいのではないかと思うのですが。
「Self Control」を歌いました。高城さんは歌う前にとても緊張していましたが、特にスローテンポの部分について上手く歌えていたのではないかと思います。

○ 小室哲哉さん × マークパンサーさん × ももクロ
ここからはglobe曲。
佐々木さんと「DEPARTURES」、有安さんと「Feel Like dance」を歌いました。

その後いきなりTRFのDJ KOOさんが出てきて「EZ DO DANCE」をほんの少し「EZ DO DANCE」のフレーズまでいかずにかけて、一瞬で去っていきました。

○ 津田英佑さん × ももクロ
百田さんと津田さんでアナ雪の「とびら開けて」を歌いました。
百田さんの8/9のブログに婚姻届の写真が載っていましたが、お相手は津田さんでしょうか?
津田さんの「おかしな事言っていい 僕と結婚してくれ」のプロポーズに、「もっとおかしな事言っていい もちろん」と答えていましたから。

○ ももクロ
まずはGo!Go!GUITAR GIRLZのコーナーで、ドラムが出てきて他の人はギター、有安さんはドラムを叩きました。歌は「好きさ 好きさ 好きさ」。
有安さんの8/3のGIRL'S FACTORYに関するブログによるとピエール中野さんにドラムスティックをいただいたそうで、「近々使う時が」とありましたが、2日後で本当に近々でした。

「ここからは立っていいぞ」との事。
まずはももクロ「走れ」、普段のライブと変わらない。暗転もありました。

○ 篠原ともえさん × ももクロ
続けてALFEEの「ROCKDOM」、小室哲哉さんも出てきてコーラス席の隣でコーラスしていました。最後の方で篠原ともえさんが乱入。
最後に篠原ともえさんの「くるくるミラクル」。ちょうど歌い終わった頃に22時になり、スピーカーからの音が切れました。これが放送された最後の曲。
終了後篠原さんがマイクを持って何か話しているけど聞こえない。
22時以降は音が出せない規制があるようです。

○ 放送終了後
他の多くの出演者も出てきて、マイクなしのアカペラと生ピアノで「上を向いて歩こう」「あの素晴らしい愛をもう一度」を、レギュラーメンバーだけで「七色のスターダスト」を歌いました。
聞こえづらくはあったけど、案外聞こえるものです。
最後の2小節ぐらいは「ここからはみんなで」との事で、会場が観客も含めて一体感のある大合奏になりました。
なんだか感動的で、この瞬間に立ち会えたのはうれしかったです。

最後、百田さんだけが少し先に退出し、その後「私たち今会えるアイドル 週末ヒロインももいろクローバーZ」の掛け声などをやって終わりでした。
百田さんが先に退出したのは自宅の浜松に帰るのに間に合わないからなのかな? と思ったのですが、時刻表を見たら浜松まで行く新幹線の最終が出た後で間に合わず、先に退出といっても2~3分の違いでしかないのですが何だったのだろう。

という事で閉演。
至福な気分で帰ることができました。
良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/09

GIRL'S FACTORY 16 DAY3

8月1日月曜日、国立代々木競技場第一体育館で開催された「GIRL'S FACTORY 16 DAY3」に行きました。

18時開演で、この日は出勤日で定時でも18時まで仕事があるので行かないつもりだったのですが、3日ぐらい前に見たらチケットがまだ売っていて、やっぱり行きたくなったので買いました。22時閉演なので4分の3ぐらいは見られそうです。
2年前はすぐ売り切れで隣の第二体育館でライブビューイングをやっていたぐらいだったんですけどね。

18時に退社し原宿駅へ。
原宿駅近くの原宿門から入れるのかと思いきや、NHKに近い北門からしか入れませんでした。体育館の入口も建物西側の渋谷口から。
遠い。10分以上はロスしたかと。
帰りは原宿門から出られました。

買ったチケットが席番号の入っていない引換券だったので当日券売り場で引き換え、スタンド2階の南Dブロックの後ろの方の結構高い位置にある席でした。
何だか席番号順に渡しているっぽく、自分の2つ前の席番は来たばっかりの雰囲気、1つ前の人は自分が席に着いた後しばらくすると着替えた様子で来ました。次の席番の人もしばらくして来ました。

席に着いたのは18:45頃だったと思います。「七色のスターダスト」を歌っている最中でした。
ももクロはそれまでの時間は出てきていなかったようです。
DAY3はほぼももクロの日かと思っていましたが、私立恵比寿中学やしゃちほこやたこやきレインボーの人もいて、スターダストアイドル全員集合みたいな日でもあったようです。

その後、スターダストアイドル間やゲストとのコラボや一部ソロコーナーが延々と続き、正直長いと思いました。
ももクロ本体でのパフォーマンスは20:45頃からでした。
ももクロ本体でのパフォーマンスの合間に、コラボ・ソロコーナーの構成をやった方が良かったように思いました。

コラボ・ソロコーナーでは、有安さんソロ曲「心の旋律」が武部聡さんピアノ1本での演奏でありました。
有安ソロ曲は、2日後の「フォーク村」で「心の旋律」をやるかもしれないな、仮にGIRL'S FACTORYでやるとしたら「feel the heartbeet」かなと思っていたので意外。
聴かせる歌で、いろんな人に聴いてもらうという意味ではこの選択は良かったのか。だれけ気味になってきていた会場の雰囲気が引き締まったように感じました。

その後は、チームよつば(有安、私立恵比中のぁぃぁぃ(廣田あいかさん)と安本彩花さん、しゃちほこの坂本遥奈さんのユニット)で、綾香さんの「みんなの空の下」。
ぁぃぁぃがタモリ倶楽部の時とは違う声でえらく声を張り上げていて、それに負けじと有安も、最初はそうでもなかった安本さんまで声を張り上げだしてきて、女の闘いって感じがしました。

次はてんかすトリオ(有安、私立恵比中の柏木ひなたさん、しゃちほこの伊藤千由李さんのユニット)で、1曲目の「Puzzle」はいまいちに感じましたが、2曲目の「永遠のトリニティー」はこれまた良かったです。

そうして暖まった中でovertuneから始まったラストの「ももいろクローバーZ」。
バンドのドラムとは別にもう一つドラムセットが出てきてもしかして有安さんが叩くのかと思いましたが、違いました。ゲストのピエール中野さんが叩きました。
ピエール中野さんと電気グルーブのピエール瀧さんを混同していて、あれ? ピエール瀧さってドラムだったっけ? ラップ担当じゃなかったっかな ドラムもできたのかな? 見た目がだいぶ違うような気もするなと、帰りにスマホで調べるまでずっと思っていました。

今回はももいろクローバーZの曲を提供した人が一緒に演奏するという企画のようで、

(1) GOUNN  (しほりさん + 提供したわけではないけどピエール中野さん)
(2) マホロバケーション (ピエール中野さん)
(3) 希望の向こうへ (佐藤晃さん)
(4) 空飛ぶ!お座敷列車 (佐藤晃さん + 車掌役でぁぃぁぃ)
(5) デモンストレーション (清竜人さん)
(6) イマジネーション (清竜人さん)
(7) 白金の夜明け (横山克さん)
(8) D'の純情 (横山克さん)
(9) 上球物語 (横山克さん)
(10) 空のカーテン (横山克さん)
(11) JUMP!!!!! (横山克さん)

「JUMP!!!!!」は、時計を見たら21:50頃で「まだまだいくぞー」って何回もJUMPを繰り返して最後に大きなJUMPだったのでこれが最後の曲かなと思いました。
そしたら、「あと2曲行きます」との事で、

(12) Chai Maxx ZERO (横山克さん)
(13) Chai Maxx (横山克さん)

で最後でした。
「Chai Maxx」では他の出演者もみんな出てきて、
後ろでピエール中野さんがエアードラムをやっていて目がそっちに行きました。
ちょうど22時で終了でした。

楽しかったな。
来てよかったと思いました。
ももクロ本体は久しぶり(4月以来)でしたし、すがすがしい気分になりました。

ペンライト2本持ってきていたのですが、2本とも序盤で電池切れっぽい症状が起こりました。スイッチを押しても色が切り替わらなかったり、しばらくすると消えたり、スイッチを押しても消えなくなったり。スイッチを押しても消えないのは、点灯しているよりも切る制御をするための必要な電圧(電流?)の方が大きくてそれが足りなかったという事なのかな?
途中から完全に点かなくなってしまって、点かないペンライトを振るのは何だか寂しかったです。かといって振らないのもそれはそれで寂しかったり。
そろそろ危ないかなと思ってはいたのですが、1本切れてももう1本あるから大丈夫だろうと油断していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/07

551蓬莱「豚まん」

京急百貨店の上大岡サマーフェスタで551蓬莱が出店していたので、初めて「豚まん」を買って食べました。
2個入り340円、1個単位では売っていませんでした。

Dsc_1496 Dsc_1498

からしが付いていて、そういえば関西では豚まんにからしを付けて食べるんだったか。
からしを付けて食べましたが、確かに合いました。

他の豚まん(肉まん)と比べて特別な違いは感じませんでしたが、普通に美味しかったです。

売り場の横で3~4人ぐらいの人が豚まんの生地への肉詰め作業を行っていました。
京急百貨店の社員の応援ではなさそうで、大阪から551の社員が来て作業しているのかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

G麺7「昆布出汁醤油つけめん」 (京急百貨店上大岡サマーフェスタ)

京急百貨店の開催されている「上大岡サマーフェスタ」のイートインコーナーで、500mぐらい離れた所から出展しているG麺7の「昆布出汁醤油つけめん」(981円) を食べました。

Dsc_1495

麺が入っている器の方にもそうめんのように水が入っています。
つゆの器は大きくて並々とスープが入っており、豚バラ肉がたくさん入っていました。
つけ麺ですがつけ麺っぽくありません。
貼ってあった写真ではバラ肉が入っているようには見えず、もう1つ「こがしネギ豚バラ塩そば」というメニューがあったのですが、一瞬こっちと間違えられたのかと思いました。

食べてみると、美味しい。
つけ汁はまだたくさん残っているのに、麺はすぐなくなっていってしまってもっと麺が食べたいと思いました。
豚バラも美味しい。
つゆの中に「ん? これはワンタンの皮なのか?」と思って食べてみたら、モッツァレラチーズでした。

麺の方に青菜? のようなものが入っているのですが、箸で掴めない形状で、レンゲでも水も一緒に入ってきてしまってなかなかうまくすくえず、綺麗に全部食べ切れませんでした。

もう1つの「こがしネギ豚バラ塩そば」も食べてみたいなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界貿易センタービルの展望台

浜松町の世界貿易センタービルの展望台、そういえば言ったことがなかったなと思い行きました。
40階建てで今となってはこれより高いビルがたくさんあるし、大人620円もします。

・世界貿易センタービルの入口
Dsc_0187

チケットを買い、エレベーターで40階の展望台に向かいます。

・40階のエレベーターを降りた先
Dsc_0241

ここから少し階段を上がったところが展望台です。

・展望台の中
Dsc_0199

もしかすると誰もいないのかなと思っていましたが、意外と客は入っていました。外国人観光客もいました。

・東京タワー
Dsc_0197 Dsc_0198
Dsc_0210

・東京スカイツリー
Dsc_0212

東京スカイツリーよりも東京タワーの方がいいなぁ。

・新橋方面
Dsc_0195 Dsc_0214

・浜離宮方面と旧芝離宮
Dsc_0213 Dsc_0220

浜離宮は間に高層ビルが建っていてよく見えませんでした。

・お台場とその向こうの房総半島方面
Dsc_0216 Dsc_0218

・ゆりかもめ
Dsc_0227

・東京モノレールや品川方面のJR
Dsc_0236 Dsc_0226

・品川方面
Dsc_0235 Dsc_0239

・首都高都心環状線の一ノ橋方面
Dsc_0230

・スカイチャペルクリスタル
Dsc_0238

展望台の一部がチャペルになっていて時間によっては通り抜けできません。
エレベーター乗り場に通り抜けできない時間帯が掲示されていました。

あまり期待していなかったのですが、東京タワーやお台場、眼下のJRや東京モノレールが見られて結構良かったです。東京タワーからは東京タワーは見えませんし。

・エレベーター
Dsc_0242

なんと、全ての階にボタンが付いていました。
最近の高層ビルは、このエレベーターは1階と20~30階用とか決まっていてそれ以外の階はボタン自体が付いていないような気がします。
途中階の押したら止まるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/06

旧芝離宮恩賜庭園

7月24日、浜松町駅の東側にある旧芝離宮恩賜庭園に行きました。

・入口
Dsc_0131

入場料150円を払って中に入ります。

真ん中に池があり、反時計回りで1周しました。
周りのビルが池に反射しているのが印象的でした。

・入った所(北西側)~西側から
Dsc_0136 Dsc_0143
Dsc_0145

・大山と大山の頂上から
Dsc_0148 Dsc_0149

大山と名付けられた高くなっている所がありあした。

・南側から
Dsc_0156

・東側から見た東京モノレールや東京タワーや世界貿易センタービル
Dsc_0178 Dsc_0159
Dsc_0165 Dsc_0169
Dsc_0179 Dsc_0183

4番目の写真に東海道新幹線も写っています。

・旧取水口
Dsc_0173 Dsc_0176

現在は淡水ですが、以前はここから海水を取り入れていたようです。

旧芝離宮恩賜庭園を出ます。

・旧芝離宮恩賜庭園と線路の間の空間
Dsc_0127

かつては東京貨物ターミナルからここまで(さらに前は汐留まで)線路が伸びていて、カートレインの発着場として使用されていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京急リラックマトレイン

先日、京急リラックマトレインに遭遇しました。

Dsc_1485

でっかいラッピングがされていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大賀の郷 3万本のひまわりフェスタ

横浜市の上大岡東で開催されていた「大賀の郷 3万本のひまわりフェスタ」を見に行きました。

◎ 7月23日
この日がメインイベントだったようですが、まだまだ全然咲いていませんでした。
残念!
天気が悪い日が多かったからでしょうか、この日は関東地方ではまだ梅雨が明けていませんでした。
何年前だったか忘れましたが、ひまわりフェスタの時にはもう散っていた時もありました。

Dsc_0125 Dsc_0126
Dsc_0122

◎ 7月31日
この日は見頃な感じでした。

Dsc_0341 Dsc_0350
Dsc_0345 Dsc_0349

BGMは「タイヨウノウタ」(雨音薫さん(沢尻エリカさん))。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »