« 東京藝術大学美術館 (1) アフガニスタン特別企画展 | トップページ | ココロノセンリツ vol.0 (1) 序章 »

2016/07/03

東京藝術大学美術館 (2) いま、被災地から展

まだ時間があったので、正直あまり興味が沸かなかったのですがせっかくなので東京藝術大学美術館の本館で開催されている「いま、被災地から -岩手・宮城・福島の美術と震災復興-」展も見ました。
こちらは有料(大人800円)です。簡単な図録付きでした。

・東京藝術大学美術館の本館
Dsc_9642

まずは地下2階の展示室へ。
中は結構広いです。ここにこんな広い敷地があったんだっけ?と思いました。

岩手・宮城・福島県内の美術館に収蔵されている、その県出身や在住歴のある人の洋画を中心とした展示でした。これらの県との関係がだいぶ薄い人の作品もいくつかありました。三重県四日市市出身の人の作品もありました。
有名な海外の人の特別展でやる作品は何度も見たことがありますが、それほど有名ではない日本の画家の作品はそういえばほとんど見たことがなかったなと思い、何だか逆に新鮮に感じました。

地下2階の次はエレベーターで地上2階に上がります。

こちらでは震災で被害あった作品を修復したものやその修復作業の様子の展示もありました。
彫刻では一部欠けてしまったものもありました。
海水に浸かってしまったものや泥だらけになったものもあり、こんなに修復できるものなんだなぁと思いました。

全然期待していたのですが、予想外に良い展覧会でした。

美術館の1階の半分は学食になっており、一般の人の利用もできるようでした。
大学のキャンパスの特に芸術学部に入る機会なんて滅多にないので、中を探索してみようかなと思ったのですが、美術館周辺以外は「関係者以外禁止」の看板が立っており、探索できませんでした。

・キャンパス内の地図
Dsc_9624

・キャンパス内の校舎の方向案内
Dsc_9640

「彫刻刀」ならぬ「彫刻棟」。

・音楽学部の入口
Dsc_9635

(完)

|

« 東京藝術大学美術館 (1) アフガニスタン特別企画展 | トップページ | ココロノセンリツ vol.0 (1) 序章 »

博物館・美術館」カテゴリの記事

地域 - 東北」カテゴリの記事

地域 - 関東 - 東京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152359/63861066

この記事へのトラックバック一覧です: 東京藝術大学美術館 (2) いま、被災地から展:

« 東京藝術大学美術館 (1) アフガニスタン特別企画展 | トップページ | ココロノセンリツ vol.0 (1) 序章 »