« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月の22件の記事

2016/02/17

富士急行2000系最終日 (8) 河口湖駅ラストランセレモニー

富士急行2000系、河口湖からは16:49発のフジサン特急12号が最後の定期営業運転でした。

・河口湖駅の改札前の発車案内
Dsc_7199

種別が「ありがとう 2000系 旧165系」になっていました。

・2000系の方向幕
Dsc_7202 Dsc_7203

フジサン特急12号の出発に合わせてラストランセレモニーがありました。
実際にはこの折り返しの大月17:57発の15号が最後です。
ラストランセレモニーはホームの大月寄り展望席付近で実施。報道陣と一部の客以外は見られませんでした。

発車時間が来て駅長?の合図で発車していきました。

Dsc_7213 Dsc_7215
Dsc_7216 Dsc_7221
Dsc_7223 Dsc_7225
Dsc_7226 Dsc_7227
Dsc_7229 Dsc_7231

午前中は晴れていたのですが、雪が降る中大月に向けて発車していきました。
これはどう捉えたらよいのか。お祝いでしょうか?

・河口湖駅に留置されている8500系
Dsc_7234

この日引退した2000系に替わってこの車両が走り出すことになります。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/15

富士急行2000系最終日 (7) 吉田のうどん

富士山駅駅ビルの地下のフードコートにあった「麺'ズ 冨士山」で吉田のうどんの「肉うどん」(500円) を食べました。
吉田のうどんを食べるのは初めて。

Dsc_1015

うぅん。
硬くてコシが強い。
うどんを食べている気がしない。
自分的には好みではありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士急行2000系最終日 (6) 富士山駅での2000系

15:08に富士山駅に到着。
富士山駅では「2000系運転台見学イベント」が14:00~16:00 (受付は15:30終了) で開催されていましたが、もう受付が締め切られていました。

富士山駅駅ビルの地下で吉田のうどんを食べ(これは別の記事で)、6階(屋上)の「富士山展望デッキ」へ。富士山はもう見えず。
富士急の線路が見える方向へ。

・富士山駅駅ビルの屋上から見た2000系
Dsc_7148

展望席の所の屋根が錆びていました。

・富士山駅駅ビルの屋上から見た富士急ハイランド・河口湖方面
Dsc_7152

河口湖・大月寄りの踏切の所に行ってみました。

・踏切から見た富士山駅
Dsc_7159

・踏切近くから見た2000系の展望席じゃない方の先頭車
Dsc_7162 Dsc_7161

前面幕が「ありがとう」になっていました。午前中に乗ったときは「特急」だったのですが。

・踏切付近から見た「富士登山電車」
Dsc_7164

ホームへ。

・ホームでの「富士登山電車」(右)と「ホリデー快速富士山」(左)
Dsc_7167

・ホリデー快速富士山
Dsc_7166 Dsc_7169

雪が降ってきました。

・2000系さよならキャンペーンの横断幕と記念写真用のパネル
Dsc_7178 Dsc_7171

・2000系
Dsc_7177 Dsc_7180
Dsc_7181 Dsc_7182

撮影しに屋根のないところに行きましたが、少しいただけで雪が大量に付着。東京で降る雪と違うなと思いました。

・河口湖駅に向かって回送していく2000系
Dsc_7185

この後河口湖駅で16:49発のフジサン特急12号に合わせてラストランセレモニーがあります。
次の16:21発の河口湖行き普通で向かいます。

・6000系 (元JR205系)
Dsc_7190 Dsc_7193

元JR205系です。中はJR時代と同じかと思っていましたが、床が木製に改造される等されていました。

・車内から見た検収庫前に止められている部品取り用の169系
Dsc_7196 Dsc_7195

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/14

富士急行2000系最終日 (5) 下吉田駅

河口湖で長居してしまった。
河口湖発14:28発の普通に乗って下吉田駅へ。

・乗車した1200系 (元京王5000系)
Dsc_7093

「LAST RUN 2000系」のヘッドマーク付きでした。

下吉田駅に到着。
ここには「下吉田ブルートレインテラス」があり寝台客車等が展示されています。
改札を出て展示されているところに行こうとしたら入れず。改札内にありました。

・14系寝台客車
Dsc_7098 Dsc_7110

前面の幕は「富士」、側面の方向幕は「特急富士 西鹿児島」でした。
14系寝台客車自体は「富士」で使用されていましたが、ここに置かれている車両自体は「富士」で使用された実績はないようです。
車内も入れました。

・14系寝台客車の車内
Dsc_7102 Dsc_7103

寝っ転がっている人..はまぁ良いと思いますが、シェーバーで髭を剃っている人がいました。なんだか寝台列車で迎えた朝みたいな雰囲気でしたが、しかしなんでここで髭を剃る!? 常軌を逸しているように思いました。

寝台列車は寝台の状態では一度しか乗ったことがありません。(「さくら」に乗りました)
現在運転されている「カシオペア」「はまなす」は今年3月で廃止されてしまうし、普通の寝台列車に乗る機会はもうなさそうです。(と思ったが「サンライズ出雲・瀬戸」があったか)

・貨車
Dsc_7114

・貨車 ワフ1、ト104、ワフ2
Dsc_7117 Dsc_7116
Dsc_7115

ワフの方は車内も入れました。

・ワフの車内
Dsc_7121 Dsc_7123

電車が貨車を牽引していたそうです。貨物輸送は1978年に廃止されたとの事。

・下吉田駅の駅舎やホーム
Dsc_7127 Dsc_7128
Dsc_7132

水戸岡デザインだそうです。

下吉田駅の側線に事業用車も置かれていました。
富士急行でもマルタイがあるんですね。

・マルタイ
Dsc_7131

・ホームから見た14系寝台客車
Dsc_7134

すっかり曇り空に。
位置的に晴れていればこの後ろに富士山が見えそうです。富士の後ろに富士山とか、見られずに残念。

15:01発の普通で富士山駅へ、「トーマスランド号」でした。

・下吉田駅に到着するトーマスランド号
Dsc_7135 Dsc_7136

・トーマスランド号の車内
Dsc_7137 Dsc_7138

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士急行2000系最終日 (4) カチカチ山ロープウェイ

カチカチ山ロープウェイへ。富士急行の直営のようです。

・河口湖畔駅 (山麓側)
Dsc_7047 Dsc_7048

ガラガラですぐ乗れるかと思っていたのですが、混んでいて乗るまでに25分ぐらいかかりました。ロープウェイはピストン輸送していました。
ここでも外国人が7割ぐらい。中国人も欧米人もいます。外国人の定番スポットなのでしょうか? びっくりしました。

・河口湖畔駅の乗り場と乗り場から見上げたロープウェイ
Dsc_7049 Dsc_7054

・ゴンドラ内から見た河口湖
Dsc_7058

河口湖が見えて結構綺麗でした。

・富士見台駅 (山頂側)
Dsc_7062 Dsc_7064

・展望台から見た富士山
Dsc_7067 Dsc_7071

だいぶ雲が多くなってきました。
富士山ってだいぶなだらかな山なんだなと思いました。特に東側はなだらかな裾野が広がっています。だから裾野という地名もあるのかな。

・展望台から見た富士急ハイランド
Dsc_7068

・展望台から見た河口湖
Dsc_7078 Dsc_7083

結構な絶景。
来た甲斐がありました。

・たぬき茶屋と、たぬきとうさぎのオブジェ
Dsc_7085 Dsc_7074

この山(天上山)が太宰治版の「かちやま山」の舞台になったことから、「カチカチ山」という事になったようです。かちかち山に出てくるたぬきとうさぎがカチカチ山ロープウェイのマスコットのようになっていました。

・うさぎ神社とかわらけ投げ
Dsc_7072 Dsc_7075

・天上の鐘
Dsc_7084

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/13

富士急行2000系最終日 (3) 河口湖遊覧船

まだ時間がありせっかく来たので、サクサクっと河口湖を眺めよう & カチカチ山ロープウェイに乗るうと思って河口湖駅から歩いて河口湖に行きました。徒歩15分ぐらいでした。

・河口湖
Dsc_7006

思っていた以上に綺麗でした。
遊覧船(アンソレイユ号)が冬は運休かと思っていましたが運航していました。
遊覧時間20分でそれほど長くはなくもうすぐ発車時間、カチカチ山ロープウェイとのセット券も売っていたので、乗るつもりはなかったのですがせっかくなので乗ってみました。
乗客の7割ぐらいが外国人でした。

・遊覧船乗り場と遊覧船
Dsc_7010 Dsc_7011

2階の屋外の所に行きました。
停まっているうちは良かったのですが、走り出したら寒い寒い。早々もう引き返してよいよという気分になりました。

・遊覧船から見た河口湖
Dsc_7018 Dsc_7024
Dsc_7026 Dsc_7032

4つ目の写真の島は鵜の島です。この辺りで折り返します。奥の方までは行きません。

・遊覧船からみた富士山
Dsc_7031 Dsc_7036

河口湖から見る富士山も良い。富士山駅付近にいたときは頂上付近に雲がかかっていなかったのにだんだんと雲がかかってきました。

・船着き場に戻る時の遊覧船から見た河口湖
Dsc_7039 Dsc_7041

・船着き場到着直前の遊覧船から見たカチカチ山ロープウェー
Dsc_7043 Dsc_7045

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士急行2000系最終日 (2) 河口湖に到着した2000系

フジサン特急5号は河口湖駅に到着。

・河口湖駅ホームでの2000系
Dsc_6948 Dsc_6949
Dsc_6952 Dsc_6956
Dsc_6962 Dsc_6963

車体のイラストが面白いです。
向かい側に元小田急RSEの8000系のフジサン特急が停まってました。
8000系は2000系と比べると普通の特急車でつまらない車両だな思っていたのですが、こう見ると悪くない。

奥にはホリデー快速富士山幕のJR189系と、2000系引退後に富士山ビュー特急として使用される元JR東海371系の8500系が停まってました。8500系の車体の色は真っ白でしたがこれから色を塗るのかな? 内装は仕上がっているのかどうか分かりませんでした。

・189系と8500系
Dsc_6960

ホーム外から撮影する方がよく撮れそうなので、駅を出て2000系が見える所に移動しました。

・富士山と2000系
Dsc_6968 Dsc_6971

自分でいうのもなんだがいい感じの写真が撮れた。

・8000系と2000系
Dsc_6976

大月側の踏切の所へ。

・踏切の近くから見た8000系と2000系
Dsc_6978

留置線の車両も撮影。

・留置線の車両
Dsc_6983 Dsc_6981
Dsc_6980

ホリデー快速富士山の前面幕いいなぁ。

富士山を背景に写真を撮ろうと思い、撮れる位置に移動してフジサン特急2000系の発車を待ちます。
少し遅れて発車しました。

・発車していく2000系
Dsc_6990 Dsc_6991
Dsc_6993 Dsc_6995

傾いているしもう一歩か。

・2000系が去った後の8000系
Dsc_6996

・駅前に置かれている富士山麓電気鉄道(富士急行の前身)のモ1形
Dsc_6998

・河口湖駅の駅舎
Dsc_6965 Dsc_7001

左の写真は駅到着後に撮影した写真で、折り返しのフジサン特急に乗車するための列ができていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/12

富士急行2000系最終日 (1) 大月→河口湖 2000系乗車

2月7日、富士急行のフジサン特急で使用されている2000系の営業運転最終日との事で、乗りに行きました。

2000系は元JR165系のジョイフルトレイン「パノラマエクスプレスアルプス」で、JRでの引退後富士急行が購入して「フジサン特急」として運転されてきました。
富士急行に来てから15年、パノラマエクスプレスアルプスに改造されてから29年、一般車として製造されたのが48年。結構な年数で165系で最後まで残った車両でした。

大月10:47発のフジサン特急5号に乗車するべくJRで大月駅に向かいます。
10:37に大月駅に着く特急かいじ101号が便利だったのですが、それに乗ると大月駅での撮影タイムがないし座れないかもしれないので、それより前の10:25に大月駅に着く普通列車で行きました。
乗り換え時にトイレに行ったことが原因なのかもしれませんが、車内はもう満席で座れませんでした。(展望席がある1号車は事前予約可能な着席整理券が必要で、もうだいぶ前に売り切れていました。)

2000系に乗るのはJR時代も含めてこの日が初めてでした。

・大月駅での1号車
Dsc_6901 Dsc_6907

・1号車のサボ
Dsc_6903

他の号車もさようなら用のサボが刺さっていました。

・2号車
Dsc_6908

・3号車
Dsc_6913 Dsc_6909

・2号車の車内
Dsc_6914 Dsc_6915

ドアは各車両1ヶ所のみ。ドア付近に人が集まりすぎていましたが中の座席があるところの通路はそれほどでもありませんでした。
シートピッチがやたら広い。座席の前のスペースに人が立っても座っている人は窮屈にならないぐらいの広さ。富士山が見えるときにそこに入って富士山の写真を撮っている外国人の人がいました。

河口湖に向けて発車。

・発車してまもなく右手に見えた富士山
Dsc_6918

どの辺りだった忘れたのですが車掌から左手に富士山が見えますの案内があり、富士山が見えました。みんなカメラやスマホで写真を撮っていました。

・左手に見えた富士山
Dsc_6924

・次は富士山です
Dsc_6926

車内放送も「次は富士山」「まもなく富士山に到着します」で、何だか富士山そのものに着くかのようでした。実際には富士山駅に到着で富士山の頂上はまだだいぶ先です。

・富士山駅での富士山
Dsc_6931 Dsc_6932

青空でほとんど雲がかかっていない綺麗な富士山。何だか感動的な美しさでした。

・富士急ハイランドと富士山
Dsc_6940

何かの鉄骨が思いっきりかぶってしまっていたのが残念。

・河口湖駅到着直前の富士山
Dsc_6941

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/02/11

らーめん弘「弘豚新味」

昨年の11月、横浜市上大岡の以前「一力」というラーメン店があったところに「らーめん弘」というラーメン店がオープンしました。
遅ればせながら入店し、「弘豚新味 + 味玉」(計650円) を食べました。
店内は改装されていました。

Dsc_0998

店の看板が豚を前面に押し出しているし「弘豚新味」って商品名だったので大きなチャーシューでもドカッと入っているのかな期待していたのですが、小さなチャーシューがちょこっとのっているだけでテンションが下がってしまいました。
隣の人が食べていたチャーシュー麺(+250円) はたくさんチャーシューが入っていました。

チャーシューも全体的にも別に悪くはないけどなんだかもう一つもの足りない感じ。

11月に開店したばかりなのに「新味」って新味じゃないのはあったのか? と思ったのですが、あった(今も販売している)ようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉野家「トマト牛鍋膳」

吉野家で1月14日に新発売された「トマト牛鍋膳」(630円) を食べました。
替わりに「牛チゲ御膳」が無くなったようです。

Dsc_0996

卵はついていません。
うぅん、やっぱり普通の牛すき鍋の方が良いかな。(今期の「牛すき鍋」は食べたことないけど)
昔はしば漬けだったかが付いていて箸休めになったが、付かなくなったようで飽きてくる感もありました。

牛は沢山入っていました。
野菜は少ない。うどんや豆腐の方が多いぐらい。うどんや豆腐はなくても良いのでその分野菜を増やしてくれた方が嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鎌倉2016-2 (9) 巽神社

最後に巽神社

鎌倉駅に向かう途中にありました。

・鳥居と本殿
Dsc_6890 Dsc_6893

・大木
Dsc_6891

歩き疲れました。
それではうちに帰ります。

・大船方面から見た鎌倉駅のホーム
Dsc_6895

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鎌倉2016-2 (8) 八坂大神

続いて八坂大神へ。

寿福寺のすぐ近く(鎌倉駅方面)にあります。

・入口の鳥居
Dsc_6887

・鳥居と本殿の間の大木 (前からと後ろから)
Dsc_6888 Dsc_6885

石畳の両側に同じような感じで広がっていて趣を感じました。

・本殿
Dsc_6883

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/10

鎌倉2016-2 (7) 寿福寺

続いて寿福寺へ。

英勝寺から少し鎌倉駅方面に行ったところにありました。

・惣門と惣門を入った先
Dsc_6871 Dsc_6874

・中門とその奥の仏殿
Dsc_6881 Dsc_6879

・鐘楼と庫裏
Dsc_6876 Dsc_6877

仏殿がある辺りは入れませんでした。
大きな寺なのに寺の人は誰もおらず、御朱印をもらいに来たがもらえずに残念そうに帰っていく女性の方がいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鎌倉2016-2 (6) 英勝寺

続いて英勝寺へ。

海蔵寺から鎌倉駅に戻る道の途中にありました。道の向かい側はJR横須賀線です。

・通用口
Dsc_6869

ここが入口です。惣門からは入れません。
拝観料300円です。
後で調べたら英勝寺は現在鎌倉で唯一の尼寺との事。拝観料を払う窓口にいた女性はもしかするとお坊さんだったのだろうか?
中は順路が設定されてました。

・鐘楼
Dsc_6851

変わったタイプの鐘楼でした。

(たぶん)野生のリスがいました。

・リス
Dsc_6850

・三霊社権現
Dsc_6855

U字の形の洞窟になっていてこの右側にもう1つの出口があります。通り抜けできました。

・山門と仏殿
Dsc_6854 Dsc_6859

山門の入口側はすぐ近くに建物が立っていて、自分のカメラとレンズでは真正面から山門全体を撮影することができませんでした。
仏殿は戸は閉まっていましたが、戸の上半分は開けることができます。中に立派な本尊が置かれていました。

・唐門
Dsc_6862

この奥に建物があります。
建物の中に金ぴかのものが見えて神輿かな?と思っていたのですが、徳川光圀によって建立されたと言われている重要文化財にも指定されている祠堂という建物だったようです。建物の保護のために建物で覆われているようです。中尊寺の金色堂みたいなものです。

・竹林と書院
Dsc_6863 Dsc_6864

寺(通用門)から出て鎌倉駅方面へ。惣門がありました。

・惣門
Dsc_6870

こちらが正門です。
通用口からではなくここから入ってみたかったなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/06

鎌倉2016-2 (5) 海蔵寺

続いて海蔵寺へ。

化粧坂切通しを下りて住宅街を下がり、左に曲がって山の方に向かっていくとありました。

・山門
Dsc_6816

・山門を入った所から
Dsc_6821

なかなか良い雰囲気です。よく整備されているように思いました。

・仏殿、本殿、庫裏、鐘楼
Dsc_6828 Dsc_6823
Dsc_6836 Dsc_6837

庫裏の屋根は茅葺でした。

本堂の脇に道があったので行ってみたら、岩肌を削って像などが置かれているところと、きれいに整備された裏庭がありました。裏庭の中には入れませんでした。

・岩肌を削って像などが置かれている所と、裏庭
Dsc_6825 Dsc_6826

続いて十六の井へ。
ここだけ拝観料100円が必要です。山門と本殿の間に無人の拝観料を入れる箱が置かれていました。(十六の井の前にはありません)
住宅の裏道みたいなところを通り、トンネルを抜けた先にありました。

・十六の井に行く道
Dsc_6830

・十六の井
Dsc_6835 Dsc_6833

井戸は実際にはもっと暗いです。

寺の入口前の道路の向かいに底脱の井もあります。

・底脱の井
Dsc_6818

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鎌倉2016-2 (4) 源頼朝像と化粧坂切通し

葛原岡神社の近くの源氏山公園の中に「源頼朝像」があります。

・源頼朝像
Dsc_6811

この後、海蔵寺に行くために公園から化粧坂切通しへ。

・化粧坂切通し
Dsc_6812

「えっ! これが道? ...」
どう考えても危ないしだいぶ迷いましたが、慎重に下りました。

Dsc_6814

この状態の道は短区間で、すぐに住宅が並んでいる普通の道に出ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鎌倉2016-2 (3) 葛原岡神社

続いて葛原岡神社へ。

銭洗弁財天 宇賀福神社のトンネルを戻り、さらに坂を上ります。
坂の下から銭洗弁財天までよりも、そこからの先の方が長くて急でした。
銭洗弁財天で引き返す人が大多数のようで、そのためなのか坂道沿いの電柱に「縁結びの神社」の貼り紙がたくさん貼られていました。

・神社の入口
Dsc_6801 Dsc_6802

・男石と女石
Dsc_6808

・合鎚稲荷社
Dsc_6803

・本殿
Dsc_6806 Dsc_6805

「縁結び」が売りのようで、ハート形の絵馬まで。何もそこまでしなくてもと思いました。

葛原岡神社は後醍醐天皇の忠臣として鎌倉幕府倒幕に活躍した日野俊基卿をお祀りする神社との事で、近くに「日野俊基卿墓」もあります。神社とは別管理のようです。

・日野俊基卿墓
Dsc_6797 Dsc_6799

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/05

鎌倉2016-2 (2) 銭洗弁財天 宇賀福神社

続いて銭洗弁財天 宇賀福神社へ。
洞窟にある湧水でお金を洗うと増えると伝えられているそうです。

佐助稲荷神社から石の道標があったところまで戻り、山の方へ向かいます。
「銭洗弁財天道」の道標の所からは急坂。ゲッと思いました。

・「銭洗弁財天道」の道標と坂道
Dsc_6773

坂道の途中に銭洗弁財天 宇賀福神社への入口があります。
坂を上る距離は思ったほどの長さではありませんでした。

・入口
Dsc_6775

トンネルの中を入っていくと神社があります。

・トンネルを抜けた先の鳥居群
Dsc_6778

・奥宮がある洞窟、本宮、社務所
Dsc_6780 Dsc_6779

拝観料は不要ですが、「短いロウソク + 線香 + 銭洗用のざるの貸し出し」のセットが100円でそれが拝観料の替わりのような形になっていました。

あまり興味はありませんでしたが、せっかくなので洗ってみました。

・銭洗場所と銭洗
Dsc_6785 Dsc_6783

こんな所でもケチさが出たのか洗ったのは3枚(700円)だけ。しかも元々結構綺麗でした。
1000円札を洗っている人が多かったですが、札を洗うと乾かすのが大変なので止めました。

・銭洗場所に掲げられていた看板
Dsc_6787

銭洗以外もあります。

・上之水神宮
Dsc_6788

・一条の滝と下之水神社
Dsc_6792

滝は人工のように見えました。

・土産物店
Dsc_6794

神社の前に土産物店が数店並んでいました。

「♪お金は大事だよ」という事なのか、この日行った寺院の中で圧倒的に賑わっていました。
神職の人もたくさんいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/04

鎌倉2016-2 (1) 佐助稲荷神社

1月31日、またまた先週に続いて鎌倉に行きました。
今回は鎌倉駅西口エリアを周りました。

・鎌倉駅西口
Dsc_6747

最初は佐助稲荷神社へ。
鎌倉駅西口から西に向かって歩くとトンネルがありました。

・鎌倉駅西口のトンネル
Dsc_6748

さらに歩き、右に曲がって、計約1km、佐助稲荷神社に向かう道との交差点に「佐助稲荷道」とかかれた石の道標がありました。

・佐助稲荷道の石の道標
Dsc_6750

左に曲がってしばらく行くと佐助稲荷神社の入口が見えてきました。

・佐助稲荷神社の入口前と、入口前の社務所
Dsc_6751 Dsc_6752

神社の手前に社務所がありましたが無人でした。
これとは別に、神社内の拝殿近くに有人の授与所がありました。

・入口
Dsc_6754 Dsc_6756

・拝殿への道
Dsc_6758 Dsc_6760

鳥居や幟がずらーっと並んでいました。それぞれに奉納者が書いてあります。
新しいものも古いものもあり。
もしかすると、年々増えていっているのかな?

・拝殿
Dsc_6761

目立ちませんがここからさらに少し上ったところに本殿があります。

・本殿
Dsc_6764

・古い稲荷群と、霊狐泉
Dsc_6763 Dsc_6768

いたるところに狐の置物が置かれていました。大雨が降ると流されそうな場所に置かれているものもあり。授与所で小サイズの場合で1500円で授与していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/02

マクドナルド「名前募集バーガー」+「マックチョコポテト」

マクドナルドで期間限定の「名前募集バーガー」(390円) と「マックチョコポテト」(330円) を食べました。

・名前募集バーガー
Dsc_0989 Dsc_0992

名前募集中で採用されるとバーガー10年分相当の現金1423500円が1名に、応募者全員にマックフライトポテト(S,M,Lのいずれか) が貰えるとの事。

「名前募集バーガー」で注文が通じました。
レシートは「ナマエボシュウバーガー」になっていたし、調理場に置いてあった食材が入った段ボール箱に「名前募集バーガー」になっていました。
もう「名前募集バーガー」でえぇじゃないか?
「名前募集バーガー」で応募してみました。「Twitterで応募」で応募してみましたが、Twitterのアカウントを聞かれず本当に応募されているのかどうか...。
バーガーは、「I'm loving it.」とだけ書かれていた白い箱に入っていました。

写真では見えませんがマッシュポテトのような感じのものが入っています。
見た目はそんなに美味しそうに見えなかったけど、食べてみると結構美味しかった。

・マックチョコポテト
Dsc_0993 Dsc_0994

最初に食べて思ったのは「あまーい」。
チョコレートってこんなに甘かったっけ。
まずいわけではないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がら屋「醤油ラーメン」

横浜市の戸部にある「がら屋」で「味付玉子入り(醤油)らーめん」(750円) を食べました。

Dsc_0983

味玉とチャーシュー、水菜、岩海苔が入っていました。
この溶けそうで溶けない岩海苔が良い。この岩海苔が麺やスープと旨くマッチしていました。
麺やスープ自体も良い。
結構美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鎌倉2016 (7) 成就院と由比ヶ浜

続いて成就院

極楽寺坂切通しの極楽寺駅側と長谷駅側に入口があります。
長谷駅側から来たのですが、長谷駅側は裏口っぽかったので、極楽寺駅側まで行って入りました。

・極楽寺駅側の入口
Dsc_6706 Dsc_6707

・山門
Dsc_6708

・本堂
Dsc_6713

・なでかえる
Dsc_6714

他にも像が立っていますが、最近設置されたのかこれだけ真新しかったです。

・山門近くから見た由比ヶ浜
Dsc_6720 Dsc_6710

夕暮れ時という事も相まってなのか、絶景でした。
こんな景色が待っているとは思ってもいませんでした。「おぉお!」と思いました。

・長谷駅側の入口
Dsc_6722

成就院から見えた由比ヶ浜に行ってみました。

・由比ヶ浜に出る道
Dsc_6725

・由比ヶ浜
Dsc_6727 Dsc_6729
Dsc_6734 Dsc_6732

まぁまぁな荒波。寒い日でしたがサーフィンをしている人もいました。

・由比ヶ浜から見る大島?
Dsc_6746

江ノ島にしては遠いし、地図で見るとこの方向にある島は大島のみ。
こんなところから大島が見えるのか。でも、冬だと東京から富士山が見えることもあるので見てもおかしくはない。

(完... でも近々「鎌倉2016-2」があります。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »