« 鎌倉2016-2 (5) 海蔵寺 | トップページ | 鎌倉2016-2 (7) 寿福寺 »

2016/02/10

鎌倉2016-2 (6) 英勝寺

続いて英勝寺へ。

海蔵寺から鎌倉駅に戻る道の途中にありました。道の向かい側はJR横須賀線です。

・通用口
Dsc_6869

ここが入口です。惣門からは入れません。
拝観料300円です。
後で調べたら英勝寺は現在鎌倉で唯一の尼寺との事。拝観料を払う窓口にいた女性はもしかするとお坊さんだったのだろうか?
中は順路が設定されてました。

・鐘楼
Dsc_6851

変わったタイプの鐘楼でした。

(たぶん)野生のリスがいました。

・リス
Dsc_6850

・三霊社権現
Dsc_6855

U字の形の洞窟になっていてこの右側にもう1つの出口があります。通り抜けできました。

・山門と仏殿
Dsc_6854 Dsc_6859

山門の入口側はすぐ近くに建物が立っていて、自分のカメラとレンズでは真正面から山門全体を撮影することができませんでした。
仏殿は戸は閉まっていましたが、戸の上半分は開けることができます。中に立派な本尊が置かれていました。

・唐門
Dsc_6862

この奥に建物があります。
建物の中に金ぴかのものが見えて神輿かな?と思っていたのですが、徳川光圀によって建立されたと言われている重要文化財にも指定されている祠堂という建物だったようです。建物の保護のために建物で覆われているようです。中尊寺の金色堂みたいなものです。

・竹林と書院
Dsc_6863 Dsc_6864

寺(通用門)から出て鎌倉駅方面へ。惣門がありました。

・惣門
Dsc_6870

こちらが正門です。
通用口からではなくここから入ってみたかったなと思いました。

| |

« 鎌倉2016-2 (5) 海蔵寺 | トップページ | 鎌倉2016-2 (7) 寿福寺 »

お出かけ - 寺・神社・教会」カテゴリの記事

地域 - 関東 - 神奈川県 - 鎌倉市と江ノ島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉2016-2 (6) 英勝寺:

« 鎌倉2016-2 (5) 海蔵寺 | トップページ | 鎌倉2016-2 (7) 寿福寺 »