« 麺屋一寸星「特製濃厚煮干らーめん」 | トップページ | ニコンミュージアム (2) 産業用機器 »

2015/12/12

ニコンミュージアム (1) カメラ

12月5日、「ニコンミュージアム」に行きました。

ニコンの企業博物館で10月17日にオープンしたようです。
日曜・祝日は休館です (土曜日は基本的に営業)。
場所は、品川駅港南口の品川インターシティーC棟のニコン本社内です。

・品川インターシティーと、A棟に入ったところにあったクリスマスツリー
Dsc_6242 Dsc_6173

C棟は一番奥です。

・C棟の入口
Dsc_6237

どこにあるのだろうかと、ひとまず中に入ってみたらそこにはニコンの受付(この日は土曜日で無人だった)と広いロビーがあり入って良かったのだろうか?と思いましたが、その奥にニコンミュージアムの入口がありました。

・ニコンの受付・ロビーと、ニコンミュージアムの入口
Dsc_6174 Dsc_6175

もしかしてこの31階建てのC棟全てがニコンなの? と思いましたが、他の企業もたくさん入っていました。他の企業に行く人も、このニコンのロビーを通って中に入るのだろうか?

・C棟の入居企業の案内
Dsc_6236

という事で中に入ります。
入場は無料です。

・合成石英ガラスのインゴット
Dsc_6176

・1929年に製造されたレンズと、1935年に精機光学研究所(現キヤノン)に依頼されて作ったカメラ用レンズ
Dsc_6179 Dsc_6183

右の方は、カメラの本体はキャノンが製造して、レンズをキャノンから依頼されてニコンが製造したそうです。
今はライバル会社って感じなので過去にはこんな事もあったのかと驚きました。

・初期のレンズ
Dsc_6185

・ずらりと並んだカメラ
Dsc_6180

・ニコン初の小型カメラ「ニコン Model I」(1948年)と、ニコン初のレンズ交換式一眼レフカメラ「ニコン F」(1959年)
Dsc_6181 Dsc_6178

・ニコン初のデジタル一眼レフカメラ「ニコン E2」(1995年)と、「ニコン D1」(1999年)
Dsc_6190 Dsc_6192

左の「ニコン E2」は富士写真フイルムとの共同開発。

・「ニコン D7100」(2013年)
Dsc_6195

私の使っているカメラでこの記事にある写真を撮影したカメラです。D7100でD7100を撮影。

・過去の報道用のカメラ
Dsc_6198 Dsc_6199

・オートフォーカスの試作機 (1971年)
Dsc_6202

・世界最長距離ズームレンズ (1990年)
Dsc_6203

甲子園での選手の表情を捉えるのを主眼に開発されたとか。

・ガラス素材
Dsc_6205 Dsc_6206

・レンズの原器と研磨
Dsc_6209 Dsc_6208

|

« 麺屋一寸星「特製濃厚煮干らーめん」 | トップページ | ニコンミュージアム (2) 産業用機器 »

博物館・美術館」カテゴリの記事

地域 - 関東 - 東京都」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152359/62839699

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンミュージアム (1) カメラ:

« 麺屋一寸星「特製濃厚煮干らーめん」 | トップページ | ニコンミュージアム (2) 産業用機器 »