« 岡むら屋「でら肉めし」 | トップページ | 中銀カプセルタワービル »

2015/12/23

浜離宮

12月20日、初めて浜離宮恩賜庭園に行きました。

江戸時代の代表的な大名庭園で、皇室の離宮であった時代もあったとの事。今は東京都立の公園です。

新橋駅から歩いて大手門橋から入りました。

・大手門橋と大手門橋から見た東京湾方面
Dsc_6276 Dsc_6277
Dsc_6280

・大手門と入場口
Dsc_6282 Dsc_6283

入場料は大人300円でした。

・内堀
Dsc_6286 Dsc_6291

・可美真手命像
Dsc_6294

・北側から見た潮入の池と、池にいる鳥
Dsc_6296 Dsc_6301
Dsc_6304

浜離宮のメインという事になるのでしょうか。
東京の海水を取り入れている池との事。
真ん中に橋が架かっていて、渡れるようになっています。真ん中には茶屋があります。

・橋の上と北西側から見た潮入の池
Dsc_6308 Dsc_6325

・南東側から見た潮入の池
Dsc_6341 Dsc_6344

東京タワーが見える所もありました。

・富士見山の登山口と、富士見山から見た風景
Dsc_6327  
Dsc_6328 Dsc_6329

・新銭座鴨場
Dsc_6312 Dsc_6319
Dsc_6318 Dsc_6316

人気のない陰に隠れるようなところにありました。

1枚目の写真の扉の向こうは2枚目の写真のようになっています。
アヒルを使って鴨等の水鳥を2枚目の溝の所におびき寄せる → 溝の両側に鷹を持って人が並んで逃げる水鳥に向かって鷹を放つ → 鷹が逃げる水鳥を捕まえる
という事のようです。やや野蛮なお遊びのように感じました。
明治以降は、鷹は使わず網で水鳥を捕まえたようです。
3枚目の写真は 水鳥が入ってくるのを確認する場所だったようで、4枚目はその中ののぞき穴から見た池。

・新銭座鴨場の池
Dsc_6321

浜離宮にはもう1つ庚申堂鴨場というのがあり、そちらのほうが大きいです。

・海岸沿い
Dsc_6334 Dsc_6333

向かい側は堤防でそのさらに向こうは東京湾(まだ隅田川?) です。
2番目の写真に写っている船は東京都観光汽船の船。ここで停泊してたんですね。

・水門
Dsc_6360

ここから潮入の池に海水を入れます。

・水門近くから見えたレインボーブリッジ
Dsc_6362

・入港してきた水上バス
Dsc_6364

けたましい警笛音がしてしばらくすると東京水辺ラインの水上バスがやってきました。

・水上バス乗り場
Dsc_6366

東京水辺ラインの他に東京都観光汽船の船も発着します。

・出港していく水上バス
Dsc_6371  
Dsc_6372 Dsc_6373

信号機が付いていたけど点灯していませんでした。
けたましい警笛音はこのためだったのか? 結構見通しが悪い。

・旧稲生神社
Dsc_6377

読み方は「いなぶ」です。

・菜の花畑とビルの隙間の東京タワー
Dsc_6378

・内堀の橋
Dsc_6380

・三百年の松
Dsc_6383 Dsc_6388

昔は向こう側の運河の方にも広がっていたようで枝を切った跡がありました。

・?
Dsc_6389

寒くて紅葉の時期でもない12月、
ガラガラで誰もいないのではないかと思っていましたが、結構人が来ていました。
欧米系の外国人もちらほら見かけました。(アジア系の外国人はほとんど見かけなかった)

|

« 岡むら屋「でら肉めし」 | トップページ | 中銀カプセルタワービル »

交通 - 船」カテゴリの記事

地域 - 関東 - 東京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152359/62924431

この記事へのトラックバック一覧です: 浜離宮:

« 岡むら屋「でら肉めし」 | トップページ | 中銀カプセルタワービル »