« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月の24件の記事

2015/11/29

一品香「感謝"還暦"60周"麺"」

横浜を中心に展開している一品香で期間限定の創業60周年記念メニュー「感謝"還暦"60周"麺"」(850円) を食べました。
このメニューを注文の方に限りプラス60円で餃子三個付きだったのでこれも頼みました。

Dsc_0864

エビワンタン入りのタンメンです。

スープは、この店名物の「絶品たんめん」と同じスープではなく、たぶんラー油が入ったスープでした。うぅん、私好みではない。普通の絶品たんめんと同じスープの方が良かった。
絶品たんめんは美味しいです。

エビワンタンは、海老をすりおろしたものではなく、海老がそのまま入っていました。海老はぷるんとしていてこれはこれで美味しいけど、海老と皮が食べるときに分離してしまってワンタンの意味がないような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田名バスターミナルと愛川バスセンター

相模原市ふれあい科学館に行った帰り、
そのまま素直に行きと同じ経路で戻るのもつまらないので、
バスで「ふれあい科学館前 → 田名バスターミナル → 箕輪辻 -(徒歩)→ 愛川バスセンター → 海老名駅西口」と移動し、海老名駅から相鉄線で帰りました。

・相17: ふれあい科学館前 → 田名バスターミナル
行きと同じ相模原駅~水郷田名の路線で移動。バス停2つ分のみで100円でした。
ICカードを使って田名バスターミナルで乗り換えする場合は100円引きになるとの事で、実質ただでの移動でした。

・田名バスターミナル
Dsc_6168 Dsc_6170

まぁまぁ広いバスターミナルで、待合室とトイレがあります。窓口はありませんでした。

6つ乗り場があり8方向に路線がありました。
最も多い路線でも20分間隔で首都圏としてはバスの本数はそれほど多くなく、客もまばらで、施設を持て余している感じでした。

・田01: 田名バスターミナル → 箕輪辻
田名バスターミナル~半原の路線。
しばらく行くと坂を下がって相模川を渡り、再び坂を上って箕輪辻に到着。

箕輪辻からは徒歩で愛川バスセンターへ。
5分もかからないようなすぐ近くでした。
愛甲郡愛川町にあります。この辺りは初めて来ました。

・愛川バスセンター
Dsc_6171

バスセンターというよりは、バスの転回場でした。
バス停のポールが1か所に3つ立っていました。
転回場に停まっているバスのドアが開いているが「あれは乗っていいのか?」
乗るのが正しかった。バス停のポールの前で待っていたら他の路線に乗るものと思われて置いていかれたかもしれません。

・海01: 愛川バスセンター → 海老名駅西口
ずっとほぼ平地で、愛川バスセンターに近い辺りにも住宅団地があり、途中工業団地の中を通ります。
工業団地のところまでは起きていたのですが、その後爆睡してしまい、起きたら海老名駅西口でした。40分ぐらいかかったようです。

海老名駅西口のバス停、小田急の西口の階段を下りて道路を渡った所にあるバス停に到着するのかと思っていましたが、移転したようで、着いた所からJRのホームとららぽーと海老名が見えて ? となりました。
ららぽーと海老名は小田急とJRの中の駐車場の所にできたのかと思い込んでいましたが、JRの駅の西側(小田急側から見るとさらに奥) でした。
小田急~JRの間は結構距離があるし(200m以上)、ちなみに乗る予定の相鉄線は小田急の隣です。
小田急や相鉄利用者からしたら、こんな遠いところに停まるのは困るなと思いました。
東京への通勤は、JRは本数が少ないですが上手く時間が合えば、JR海老名 → 厚木(JR/小田急乗り換え) → 小田急海老名  → 新宿 の経路をとった方が楽かもしれないなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相模原市ふれあい科学館 (2) いきものタイムトラベラー

特別企画展として「いきものタイムトラベラー」が開催されていました。(11月29日まで)
「テレビや新聞などの影響で、世間の人気者になった生き物たちが大集合!」との事。

・いきものタイムトラベラーの会場
Dsc_6160

・ミドリガメ
Dsc_6161

・オオアオシダトカゲ
Dsc_6148

・エリマキトカゲ
Dsc_6150

流行りましたね。
どこだったか忘れたけど見に行った記憶が。

・イグアナ
Dsc_6152

・人面魚
Dsc_6155

・スッポンモドキ
Dsc_6158

・フクロウ
Dsc_6139

・チンアナゴ
Dsc_6140

・ベルツノガエル
Dsc_6141

・ヒョウモントカゲモドキ
Dsc_6142

中々面白い展示でした。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/11/25

相模原市ふれあい科学館 (1) 常設展示

11月22日、「相模原市ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら」に行きました。

相模原市の西の方(旧津久井郡の方ではない)にあります。
相模原駅から神奈川中央交通の相17系統水郷田名行きに乗車。それまで平地(台地)だったのが急に急な坂を下りて最寄りバス停のふれあい科学館前に到着しました。相模川の近くにあり、川の近くだけが低くなっている地形のようです。この辺りは初めて来たのでこの地形に驚きました。

・相模原市ふれあい科学館の建物
Dsc_6026

・園内のモミの木
Dsc_6166

大人300円です。
2014年にリニューアルされたとの事で、イマドキな水族館でした。科学館要素はほとんどかったような。
相模原市立ですが、新江ノ島博物館と同じ会社(江ノ島マリンコーポレーション)が指定管理者になって運営しているとの事。
リニューアルまではどんな感じなのか、むしろその頃に来たかったように思いました。
そんなに大きくはありません。

・アユ水槽
Dsc_6029

・マンスリー水槽
Dsc_6036

・マンスリー水槽の近く
Dsc_6037 Dsc_6038
Dsc_6033

・タツノオトシゴ 他
Dsc_6039 Dsc_6041

・相模湾水槽のカサゴ 他
Dsc_6046 Dsc_6088

・流れのアクアリウム
この水族館のメイン展示です。
相模川の河口から上流までを展示しており、それぞれの水槽が段差を付けて上流に向けて上がっていくように設置されていました。

Dsc_6050 Dsc_6053
Dsc_6058 Dsc_6063
Dsc_6065 Dsc_6069
Dsc_6076 Dsc_6082

・坂道お魚観察水槽
ドーナツ型の水槽で、ドーナツの中に入れるようになっています。坂になっていて水が流れています。
ドーナツ状の水槽がわかる写真を撮っていなかった。

Dsc_6096 Dsc_6102
Dsc_6103

・両生類水槽
Dsc_6091 Dsc_6093
Dsc_6094 Dsc_6107
Dsc_6109

ややグロテスクでした。

・タナゴ水槽
Dsc_6120 Dsc_6136
Dsc_6138

・湧水と小川のアクアリウム
野外にあり、200円で餌を買って魚にやることができます。

Dsc_6129 
Dsc_6122 Dsc_6127
Dsc_6132 Dsc_6128

水槽にたくさん魚がいて、飢えているのか餌をやろうとしている所に多量に魚が集まってきて取り合い状態でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/11/22

はまりんフェスタin川和2015 (4) 日吉本町・東山田エリア

◎ 日吉本町エリア
・バス・地下鉄不用品販売
Dsc_5924

◎ 東山田エリア
バスのコーナーでした。
Dsc_5925

昨年の新羽車両基地より場所が狭い関係だと思いますが、今年は並べてあるだけに等しかったです。

・バスと綱引き
Dsc_5943

・横浜市営バスの貸切専用車
Dsc_5941 Dsc_5934

・63系統の側面方向幕
Dsc_5944

調べてみたら、63系統は汐見台ストア前発のものが平日朝に2本(片方向のみ)あるけど、この幕の洋光台1丁目発のものは既に廃止されていました。

◎ 北山田エリア
パンフレットでは「レール切断ショー」等が書かれていたけど、雨で中止されたのかも。

◎ 川和町エリア
横浜環状道路のPRや、清掃車の展示等。

◎ 都築ふれあいの丘エリア
飲食コーナーでした。
なぜかファミリーマートの肉まんに行列。蒸すのに時間がかかるので、販売休止 → 販売 → 売り切れて販売休止 の繰り返しのようでした。

このエリアを中心に、各駅の駅長軍団(全員ではない)がタスキをかけて写真撮影に応じていました。湘南台駅管区の駅長は女性でした。

こんなところです。
雨だったのが残念でした。

・徒歩客用のゲート
Dsc_6008

川和町駅までの道の車両基地の反対側は横浜市内なのに畑が拡がっていました。横浜市内は山はたくさんあるが田んぼや畑はあまりない。

・ららぽーと提供の会場からららぽーと横浜への無料バス
Dsc_6010

・川和町駅近くから見た会場方面
Dsc_6012

・川和町駅での日吉行列車
Dsc_6017

これに乗って帰りました。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/11/20

はまりんフェスタin川和2015 (3) センター南エリア

◎ センター南エリア
屋根のある検修庫内です。
この日は小雨だったこともあり、このエリアは賑わっていました。

・列車操作体験の車両
Dsc_5962

・ズーラシア号 (地下鉄LED行先表示メッセージ)
Dsc_5964 Dsc_5967
Dsc_5998 Dsc_6001

行先表示機に好きな文字列を表示してもらえるようでした。

・ズーラシア号の車内
Dsc_5970 Dsc_5974
Dsc_5976 Dsc_5977

・ズーラシア号の側面
Dsc_5980

・ズーラシア号の台車上の車上リニアモーター部分
Dsc_5986 Dsc_5988

このぎざぎざの所が車上側のリニアモーターだと思います。

・車両間の連結部分と、先頭の連結器部分
Dsc_5989 Dsc_5996

・バスLED式行先表示器に名前を出そう
Dsc_6004 Dsc_6006

2番目の写真のLED幕は「2016 あけましておめでとう」、依頼者は来年の年賀状でこの画像を使うつもりなのでしょうか?

・救援車
Dsc_6007

検収庫を出たところに置かれていた車両の方向幕が「救援」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はまりんフェスタin川和2015 (2) 日吉・高田・中山・センター北エリア

はまりんフェスタin川和では、横浜市営地下鉄グリーンラインの各駅名を付けたエリアに分かれて展示されていました。
それぞれのエリアに横浜市営バス仕様のバス停のポールがバス停名部分に例えば「日吉」といった感じでエリア名が入れられて置かれていました。
日吉に横浜市営バスは来ませんが...。

◎ 日吉エリア
留置線と物販でした。
川和町駅からの特別列車が到着したのもこのエリア。

・留置線
Dsc_5910  
Dsc_5921 Dsc_5914

グリーンラインはリニアモーター方式です。1番目の写真の真ん中に写っているのは地上側のリニアモーターです。浮きません。
BGMはPerfumの「リニアモーターカー」...じゃなかった。「リニアモーターガール」だった。ずっと「リニアモーターカー」だと思っていました。

・留置線の先の川和町駅方面
Dsc_5916 Dsc_5917

◎ 高田エリア
保守用車両の展示が主でした。

Dsc_5923 
Dsc_5927 Dsc_5933
Dsc_5931 Dsc_5932

4番目の写真は建築限界測定車両との事。

◎ 中山エリア
保守用車両と各種受付ブースが主でした。

Dsc_5947 Dsc_5948
Dsc_5950

なぜ3番目の写真の保守用車両だけ緑色なのだろう?

◎ センター北エリア
休憩用テントが主ですが、留置線等も見えます。

・洗車体験の車両
Dsc_5955 Dsc_5958

気がついたらもう洗浄機に入っていた。洗浄機に入る前のザーッと出ているところが撮影したかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/11/16

はまりんフェスタin川和2015 (1) 特別列車

1月14日、横浜市交通局の川和車両基地で開催された「はまりんフェスタin川和2015」に行きました。

川和車両基地は横浜市営地下鉄グリーンラインの車両基地です。
上永谷、新羽でのイベントに入ったことがありますが、川和でのイベントに行くのは初めてでした。

この日は病院に行く予定があり、病院に行ったあと行くつもりでした。
早く起きれず、着くのは終了近くの時間になってしまうかなと思っていたのですが、病院に行ったところ幸か不幸か病院が「学会出席のため休診」で、余裕で着けました。
病院は、薬切れとかそういうのではありませんでした。

会場最寄りの川和町長に着くと、11:30発の川崎車両基地への特別列車の発車間際でした。

・川和町駅に停車中の特別列車
Dsc_5876 Dsc_5877

・発車していく特別列車
Dsc_5880

旅客用ホームの隣にある、乗務員用の小さなホームから発車していきました。

一旦改札を出て、12:05発の特別列車の乗り場へ。

・特別列車の乗り場へ
Dsc_5883 Dsc_5884
Dsc_5887

駅東側の高架下が待機場所になっていました。
時間が来て、3番目の写真に写っている入口から中へ。

・乗務員ホームへの階段
Dsc_5888 Dsc_5889
Dsc_5890

・乗務員ホーム
Dsc_5891 Dsc_5893

ものすごく狭いわけではないですが、やはり狭いです。

時間になり、川和車両基地に向けて発車。
ほどなく川和車両基地に到着。

・到着前
Dsc_5899 Dsc_5901

・運転席のモニター
Dsc_5902

「仕業 000」になっていました。

・川和車両基地に到着した特別列車
Dsc_5905 Dsc_5904

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/11/15

幸楽苑「『司』らーめん」

幸楽苑で「『司』らーめん」(561円) を半チャーハンセットで食べました。

Dsc_0857

ノーマルでもチャーシューが5枚入っていました。
結構美味しい。
具の乗せ方も含めて良く研究して作られたラーメンなのかなと思いました。

半チャーハンもおいしかった。

「中華そば 290円」はもうありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上大岡のクリスマスイルミネーション2015

2015年の上大岡のクリスマスイルミネーションです。

Dsc_0856 Dsc_0854

Dsc_0855

3番目の写真はカミオのクリスマスツリーで、あの人形は10周年の時からあります。

<参考>
2014年
2013年
2012年
2011年

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京スカイツリー (11) おみやげ

東京スカイツリーに売っていた海洋堂制作のフィギュアを買いました。
何が出るか分からないやつで、東京スカイツリーではなく、東京都庁第一庁舎、東京タワー、.国会議事堂、.浅草寺雷門 が出る可能性もあります。
東京スカイツリーに行ったのに東京スカイツリー以外が出るとがっかりなので、念のため2個買いました。

Dsc_6023

2つとも東京スカイツリー (色は違う)。
なんだ、1つは東京スカイツリーじゃない方が... と思ってしまいました。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/11/14

東京スカイツリー (10) 夜の外観

すみだ水族館を出てきたらもう空は暗くなっていました。

・東京スカイツリータウンの4階外の真下近くから
Dsc_5847

せっかくなのでスカイツリーの周りを歩いてきました。

・西側から
Dsc_5852 Dsc_5855

・南側の北十間川
Dsc_5853

川の中に噴水があり、ライトアップされていました。

・南側から
Dsc_5862

・東側から
Dsc_5866

東京スカイツリーのライトアップ、時間により変化することは変化します。「紫」と「白」と「なし」が繰り返されるような感じ。左半分紫とか下の方紫とか。「なし」が結構長くて点くのを待ったりしました。
ライトアップとしてはそんな大したことないなと思いました。

東京スカイツリー建設時に「川に反射したスカイツリーがうつる」という事で話題になった所があったのを思い出し、自分も行ったことあるのですが、ちょっと遠いですが行ってみました。

・西十間橋から
Dsc_5867 Dsc_5869

川が汚れているのか、全然きれいに反射していませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京スカイツリー (9) すみだ水族館・後編

・ペンギン
Dsc_5733 Dsc_5813
Dsc_5793 Dsc_5795

すみだ水族館の最大の見物でしょうか。すみだ水族館で一番の広いスペースにたくさんペンギンがいました。
以前見た同じ経営の京都水族館のペンギンと比べてだいぶ元気。
陸で立ってじっとしているペンギンもいれば、水の中で元気に泳いでいるペンギンもいていろいろでした。

1番目の写真で客がじっと見ているのはペンギンではなくあの岩の向こう側のオットセイだったりする。

・オットセイ
Dsc_5812 Dsc_5778
Dsc_5823

激しく泳ぎ回っていてうまく写せなかった。

・東京大水槽
Dsc_5789 Dsc_5729
Dsc_5792

そんなに大きくはありません。京都水族館の大水槽の方が大きい。
サメも入っていました。

・名前は忘れたけど
Dsc_5818 Dsc_5819

・江戸リウム (金魚)
Dsc_5831 Dsc_5838
Dsc_5835 Dsc_5837

・期間限定「蜷川実花×すみだ水族館 クラゲ万華鏡トンネル」
Dsc_5801 Dsc_5803
Dsc_5806 Dsc_5807

そんなに大きくない水槽の後ろに影響ディスプレイが設置されててそこに映像が映し出されているのか何個かでした。
でっかい水槽だったら見物かもしれないけど、どうってことない展示だと自分は思いました。
最後の写真に写っている人影はわたくし(初登場?)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/11/13

東京スカイツリー (8) すみだ水族館・前編

東京スカイツリータウンの5・6階にある「すみだ水族館」も行きました。
4階からエスカレータで上がって」5階の入口から入ります。
京都水族館と同じ経営との事。

・4階の水族館に向かうエスカレーターと、5階の入口
Dsc_5656 Dsc_5657

大人2050円でした。

・自然水景
Dsc_5661 Dsc_5662
Dsc_5667 Dsc_5674

・クラゲ
Dsc_5675 Dsc_5679
Dsc_5683 Dsc_5686
Dsc_5690 Dsc_5695
Dsc_5696 Dsc_5714

5番目の写真のクラゲは「タコクラゲ」との事。

・アクアギャラリーの魚たち
Dsc_5698 Dsc_5700
Dsc_5705 Dsc_5721
Dsc_5736 Dsc_5750

2番目の写真に写っているのはパンではありません。

・サンゴ礁コーナーの魚たち
Dsc_5752 Dsc_5764
Dsc_5768 Dsc_5770
Dsc_5771 Dsc_5772

2番目の写真の大量のチンアナゴはちょっと気持ち悪かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/11/10

東京スカイツリー (7) 天望デッキ

東京スカイツリーの天望デッキ(350m)です。

・江戸一目図屏風
Dsc_5640

・眼下の東武伊勢崎線
Dsc_5643

天望回廊と比べるとだいぶ低い。
さらっと見て終わりにしました。

・ガラス床
Dsc_5655

東京スカイツリーにもありました。
高低差のあるエスカレータは怖いけど、こういうのは案外大丈夫だったりする。

その後エレベーターで下に降りました。
残念ながら、上りと同じ号基に当たりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京スカイツリー (6) 天望回廊

東急スカイツリーの一般の人が一番上まで行ける「天望回廊」です。地上約450mです。

周りに高い建物がないこともあって、広く遠くまで見えます。
東京タワーの特別展望台よりも断然広くて、小さいですがトイレもあります。

・天望回廊
Dsc_5560

こんな感じで反時計回りで外周を周りながら徐々に1つ上の階に上がっていく形になっています。

・隅田川の上流側
Dsc_5559 Dsc_5634

左側の写真の中央左側の広がっているところはJR貨物の隅田川駅です。
上流側の隅田川が蛇行しているのが分かりました。

・東武伊勢崎線と京成押上線が交わるところ
Dsc_5554

・ほぼ直下のとうきょうスカイツリー駅と東側の留置線
Dsc_5572 Dsc_5557

・浅草
Dsc_5630 Dsc_5571
Dsc_5563

・新宿副都心や東京ドームと、上野やその奥の池袋
Dsc_5629 Dsc_5632

・東京タワー
Dsc_5628 Dsc_5628_2

・両国
Dsc_5579

・隅田川の下流側
Dsc_5586 Dsc_5583

横浜方面や羽田空港はよく判別できませんでした。

・新木場・東京ゲートブリッジ方面
Dsc_5589 Dsc_5599

・千葉方面と、東京ディズニーリゾート
Dsc_5603 Dsc_5597

・葛飾区や千葉内陸方面
Dsc_5620

くねくねしている川は中川です。元々は写真も真ん中に写っている荒川の本流だったんですよね。

・直下の東京スカイツリーイーストタワー
Dsc_5606

こう見えても31階建ての結構な高層ビルです。
太さがあるので、六本木ヒルズの展望台の直下に見える細長い高層マンションほどのインパクトはありませんでした。

・東武亀戸線
Dsc_5611

・首都高速堀北JCT方面
Dsc_5621 Dsc_5623

・天望回廊の上の階から見た下の階
Dsc_5618

なかなかの期待以上の風景で、来た甲斐がありました。
天気が良く真昼間だったらもっと遠くまではっきりと見えたはず。横浜や富士山もよく見えるものと思われました。
天望回廊までいく価値は大いにあったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/11/08

東京スカイツリー (5) 展望台へ

整理券の時間になったため、当日入場券売り場へ。

・入場券売り場の入口近くに置いてあったモニュメント等
Dsc_5531 Dsc_5532
Dsc_5534

・チケット売り場
Dsc_5537

真ん中の展望デッキ(350m) までで大人2060円です。
今調べたら事前予約の場合は大人2570円。事前予約の方が510円も高いのか。事前予約の場合は長々と並ぶ必要がないメリットはあります。

チケットを買ったらすぐに乗れるわけではなく、エレベーター待ちもありました。
エレベーター乗り場前には、荷物検査と金属探知機のゲートがありました。空港のような厳格な検査ではありませんでした。

・エレベーター乗り場
Dsc_5540 Dsc_5542

展望デッキまでのエレベーターは4基ありそれぞれ内装が違うとの事。自分が乗ったのは「秋」でした。エレベーターに窓はなく、外は見えませんでした。

展望デッキ(350m)に到着。
並び始めてから展望デッキに着くまで50分ぐらいかかりました。

・展望デッキ(350m)からの風景
Dsc_5545

日没になってしまうといけないので、あまり見ずに上の天望回廊(450m) へ。
天望回廊へは別料金(大人1030円) がさらに必要です。
こちらは5分ぐらい並んで乗れました。天望回廊まで行く人は案外少ないのね。

天望回廊までのエレベーターは、奥の方は屋根がガラスになっており、ドアのところは窓になっていました。

・天望回廊までのエレベーター
Dsc_5547 Dsc_5550

1つ目の写真、ガラスに反射して写っている乗客の顔がみんな上を見上げていてなかなか良い写真なのではないかと思いました。

・帰りに写した天望回廊までのエレベーターの窓
Dsc_5638

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京スカイツリー (4) 千葉工業大学東京スカイツリータウンキャンパス

東京スカイツリーイーストタワーの8階に千葉工業大学東京スカイツリータウンキャンパスもありました。

実質的には千葉工業大学のPR館なのかな? 入場無料です。
館内案内図に「千葉工業大学」とあるけど入れない区域もあったので、学生や教授らが使う施設もあるのかもしれませんが不明です。

大学受験時に千葉工業大学を受験しようかと思っていたのですが、実際に進学した大学と受験日が同じで、どうしようか迷って結局実際に進学した大学の方を受験して合格しました。
もしこの時に千葉工業大学を受験していたら、その後の人生が今とは違っていたのかな? と思いました。
たぶんもし受験して受かっていたら、他大学の合格状況を考えるとたぶん千葉工業大学に進学していたと思います。千葉工業大学は希望していた情報工学科があったのですが、いった大学には当時はなく「含まれる」つもりで電気工学科に行きましたが実際のところは...。もし千葉工業大学にいていたら、逆に「コンピューターはもう嫌だ」と思って他分野に就職していたかもしれないし、卒業後実家に戻っていたかもしれないし。
どちらか良かったのかは一概には言えません。現状を受けて入れてますよ。

前置きが長くなってしまいまいたが、

・レスキューロボット
Dsc_5487

事故後の福島第一原子力発電所で使用されているそうです。

・魔法のカード ON THE FLY PAPER
Dsc_5489 Dsc_5488

頭上にカメラとセンサーが設置されていました。
カードに穴が開いており、これにより判別しているとの事。
全てを自作で開発するのは無理ですが、画像認識は既にある技術で、他社製の技術を組み合わせて作れば実現するのはものすごく難しいわけではないかもしれないなと想像しました。

・火星探査船操縦シミュレーター
Dsc_5490 Dsc_5492

・実物大マクロスF
Dsc_5493

なんかすごいものが置いてありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京スカイツリー (3) 郵政博物館

東京スカイツリーイーストタワーの9階にある「郵政博物館」へ。
オフィスビルにテナントとして入居しているような形です。

元々は大手町にあった「ていぱーく」(逓信総合博物館)の一部門として「郵政資料館」がありました。(他にNTT関連の展示がありました)
「ていぱーく」は2013年に閉館となり、郵政部門のみ東京スカイツリーイーストタワー内に移転して2014年に開館しました。

ていぱーく時代よりだいぶ規模が縮小されていました。3分の1ぐらいでしょうか。
切手収集コーナーは存続していましたが、ポストがずらーっと並んでいるような圧巻する展示はなくなっていて少し残念に感じました。

・郵政博物館の入口と東京スカイツリー形のポスト
Dsc_5450 Dsc_5448

・電話の交換台と電話機
Dsc_5460 Dsc_5463

当初は電話事業もやっていたそうです。

・昔の郵便輸送用のリヤカー(でいいのかな?)と、原付バイク
Dsc_5456 Dsc_5462

・昔の郵便局のカウンター
Dsc_5457

どこだったかの郵便局で実際に使われていたものを移設したものです。

・昔の郵便局の仕分け台
Dsc_5461

大学生の頃(20年ぐらい前)に年末年始の深夜に郵便局でアルバイトしたことがあって、こういう感じの台(金属製の棚でしたが)で仕分け作業をやりました。その郵便局は当時は51から始まる郵便番号の地域区分局で、全国から集まった郵便物をここから詳細な郵便番号(当時は最大5桁)に分けるのが主な作業でした。

・昔の配達時に使用した衣装や道具
Dsc_5466 Dsc_5470

2つ目の写真の「赤乙」「白乙」が、最初ふんどしに見えてしまいました。(郵便物を入れる袋です)

・日本最初の郵便はがき
Dsc_5479

最初は2つ折りだったとの事。

・軍事郵便
Dsc_5478

父方の祖父が軍人で満州に行っていたそうなのですが、祖母との間で軍事郵便を使っていたのかなぁ?

・郵便物の鉄道輸送関連
Dsc_5474 Dsc_5476

昔は東京駅と東京中央郵便局が地下で繋がっていてその間をトロッコで郵便物が輸送されていたんですよね。

・郵便ポストいろいろ
Dsc_5451 Dsc_5480
Dsc_5469 Dsc_5481

ていーぱーく時代は同じところにずらりと並べてられていたのですが、各所に分散されて置かれていました。

切符コーナーは健在。
ちらっと見ましたが、日本のコーナーでは引き出しの表のタイトルと中に貼ってある切手が全然あっていなくてどうなのかと。確か、「ドラえもん」のタイトルの所にはドラえもんの切手はなく愛・地球博の切手が貼ってあったり。
ご意見箱があったら指摘しようと思ったのですが、ご意見箱をあるかどうかを確認する事自体を忘れて退館してしまった(苦笑)。

<参考>
ていぱーく (1) 郵政資料館 (2013/9/8作成)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/11/07

東京スカイツリー (2) 昼の外観

東京スカイツリーのチケット売り場へ。

「整理券配布中」旨の表示がありました。
12時半ぐらいだったのですが、配布していた整理券は2時間後の「14:30~15:00」でした。
指定された時間にチケット売り場に並び、さらに1時間ぐらい並んで展望台まで行けるとの事。
開業からだいぶ経っているし夏休みやGWではないので「がらがらですぐ乗れるもの」ぐらいに思っていました。
2時間も待つとは思ってもいませんでした。

インターネット予約やセブンイレブンでの事前発売制度があり、あらかじめ日時指定しておくとそれほどは待たなくても入れるようでした。(エレベーター待ちは必要です)
外国人専用チケットカウンターもありましたが、長い列ができてはいましたが、日本人と比べればそれほど待たなくても入れるのかも。

・近いところから見上げたスカイツリー
Dsc_5434 Dsc_5443

2番目の写真の下に写っている丸いものはプラネタリウム「天空」の屋根です。

・隣のスカイツリーイーストタワーに反射した東京スカイツリー
Dsc_5441

時間を持て余したので、スカイツリータウン内にある「郵政博物館」に行ったりして。(これについては別記事で)
それでも時間が余っていたので、スカイツリーの周りを周ってみました。

・スカイツリー南側の北十間川
Dsc_5500 Dsc_5497

「飛び込み禁止」の表記が。飛び込む人がいるのか???

・南側の正面あたりからと、西側から
Dsc_5503 Dsc_5509

・再び真下から
Dsc_5530 Dsc_5529

外階段らしきものが見え、エレベーターが止まったらあそこを下りてくることになるのかなと思うとぞっとしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/11/06

東京スカイツリー (1) とうきょうスカイツリー駅

11月1日、東京スカイツリーに初めて行きました。
正確には建設中に見に行ったことがあります。開業後は初めてです。

泉岳寺方面から都営浅草線に乗ってきました。
浅草駅に着く前に「東武線が前日の踏切事故により押上~曳舟間が運休中で他もダイヤが乱れている」旨のアナウンスあり。どう考えてもこのまま東京スカイツリーのもう1つの最寄り駅である押上までこのまま乗ったほうが確実で早いし近いしだったのですが(浅草駅での都営~東武の乗り換えも結構距離がある) 、とうきょうスカイツリー駅で降りてみたかったので、浅草駅で東武線に乗り換えました。

・浅草の吾妻橋交差点から見た東京スカイツリー
Dsc_5423

東武の浅草駅の改札を入ったものの、普通列車は全然列車が来ず長時間待ちました。
次の発車は5番線からの区間快速でとうきょうスカイツリー駅にも止まるとの事なのでそちらに移動。確か89分遅れで発車のアナウンスがありました。

・隅田川を渡る東武線の橋から見た東京スカイツリー
Dsc_5425

ほどなくとうきょうスカイツリー駅に到着。

・とうきょうスカイツリー駅のホームと、ホームから見た曳舟方面
Dsc_5428 Dsc_5427

ダイヤが乱れており、上り線ではスペーシアが前の列車の発車を待っていました。

・駅名票
Dsc_5430

駅名が長いからなのか、駅名票も横に長かったです。
業平橋駅時代にはなかった高架下への階段が増設され、東口も開設されましたが、それほどは変わっていないなと思いました。
垢ぬけた感じにはなっておらず、業平橋駅時代と意外と雰囲気が変わっていないように感じました。

・東口の改札口
Dsc_5432

結構分かりにくかったのですが、この前のエスカレータを上がって、左に曲がって、あれこれいくと東京スカイツリーのチケット売り場に辿り着けます。

・とうきょうスカイツリー駅の正門口
Dsc_5513 Dsc_5516
Dsc_5515

こちらが業平橋時代からあった改札口ですが、だいぶ様相が変わっていました。

・とうきょうスカイツリー駅前バス停に止まっていた都営バス
Dsc_5519

東京スカイツリーのイラストも入ったバスでした。

・第2東武館
Dsc_5511

東京スカイツリー建設中は、1階の3区間シャッターが下りている中の真ん中の所に「東京スカイツリーインフォプラザ」という名のPR館がありました。

・夜のとうきょうスカイツリー駅
Dsc_5849

<参考>
東京スカイツリー 現在高さ398m (2010/6/6作成)
東京スカイツリーとその周辺 (4) 業平橋駅 (2011/1/13作成)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケンタッキーフライドチキン「焼きチーズハンバーグサンド」

ケンタッキーフライドチキンで数量・店舗限定の「焼きチーズハンバーグサンド」(単品の場合で490円) を食べました。

最寄りの店は前回のハンバーガーは販売対象外だったのですが、調理機器を導入したのか今回は対象に含まれていました。

Dsc_0848 Dsc_0849

なんか、逆さに入っていたしチーズ(でいいのかな?)まみれになっていました。

お味の方は、ふっくらしたハンバーグで、同じくふっくらしていたロッテリアの「とろ~り月見の肉厚ハンバーガー」は美味しく感じなかったけど、こっちは美味しかった! なかなかの出来ではないかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/11/03

マクドナルド「ビッグブレックファスト」

マクドナルドで朝食メニューの「ビッグブレックファスト」(ドリンクセットで500円) を初めて食べました。

Dsc_0824 Dsc_0825

イングリッシュマフィン、ポークパティ、スクランブルエッグ、塩・こしょう、イチゴジャム、ハッシュドポテトが付きます。
写真ではスクランブルエッグは別に盛ってあったのに、ポークパティの上に載っていました。

マーガリンが欲しいなぁとか、ケチャップが欲しいなぁとか思ってしまいました。

スクランブルはどうやって作るのかな? やや硬めのスクランブルエッグでした。

これはこれで悪くないけど、ソーセージエッグマフィンと卵の調理方法の違いとチーズがない事以外はさほど変わらず、ハッシュドポテト代を除いてもソーセージエッグマフィンの方が値段が安いので、ソーセージエッグマフィンで良いかなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンエツフーズ「越後のもち豚丼」 (京急百貨店大新潟展)

京急百貨店で開催されている「大新潟展」のイートインコーナーで、長岡市から出展しているサンエツフーズの「越後のもち豚丼」(864円) を食べました。

Dsc_0845

これは美味しかった。
もちもちとした上品な味でした。
卵と柴漬けもアクセントになって良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »