« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月の21件の記事

2015/10/31

麺や来味「新潟地鶏 醤油らぁ麺」 (京急百貨店大新潟展)

京急百貨店で開催されている「大新潟展」のイートインコーナーで、新潟市から出展している麺や来味の「新潟地鶏 醤油らぁ麺」(860円) を食べました。

Dsc_0823

具だくさんでドバっとネギが乗っていたりしていて見た目は美味しそう。
具(特にチャーシュー)は美味しかったのですが、麺やスープは特にこれといって..と正直思ってしまいました。

レディースセットというのがあり、中身は担々麺+αなのですが、男の人で他のでいる人が何人かいました。
今回の「大新潟展」では、どのイートンコーナーでも共通で(中身は違う)「レディースセット」と「ほろ酔いセット」があるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マクドナルド「チーズたまごダブルマック」と「クラシックフライ」

マクドナルドで期間限定の「チーズたまごダブルマック」(400円)と「クラシックフライ バーベキュー&チェダーチーズソース」(330円) を食べました。

・チーズたまごダブルマック
Dsc_0821 Dsc_0822

普通に美味しかったです。

・クラシックフライ バーベキュー&チェダーチーズソース
Dsc_0820

昔食べた「クラシックフライ」のような、ウエンディーズを恋しくなるようながっかり感はなかった。

近所のマクドナルドは、改装されて受け取りカウンターができていました。
「レジで注文すると受付番号が書かれたレシートが渡される → 受け取りカウンターの上のディスプレイに商品の用意ができたらその番号が表示されるので受け取りに行く」というシステムです。
受け取りカウンター前に特に広い待ちスペースはありませんでした。注文の受け付け速度に調理が追いつけないと受け取りカウンター前に人がどんどん滞留することになってしまいますが、どうなんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リンガーハット「かきちゃんぽん(みそ)」

先日、リンガーハットで今年も販売されていた季節限定の「かきちゃんぽん(みそ)」のレギュラーサイズ(961円) を食べました。890円と書いてあったので890円払おうとしたら... 外税表示でした。

Dsc_0817

去年よりもレベルダウンしたような気がします。
牡蠣は4個→3個に減りました。

玉ねぎだけ他と炒め具合が違っていて、黒くなっていました。どうやって調理するのだろう?予め玉ねぎだけ別に痛められたものを混ぜるのか?

リンガーハットのHPによると、使っている味噌は「北海道・東北」「東日本」「西日本」で違うそうです。食べた店は「東日本」なので「八丁みそ+3種類の特製ブレンドみそ」との事。薄い感じのあまり味が目立たない味噌でした。他の地区の味噌はどうなんだろう。

<参考>
→ 去年のリンガーハット「かきちゃんぽん(みそスープ)」 (2014/10/20作成)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2015/10/24

大腸のポリープ切除と痔

以前から貧血と痔があり、
肛門科の病院(個人病院)で、大腸の内視鏡検査を受けました。

大腸の内視鏡検査は3回目。
事前の食事制限は前受けたときは検査の前日だけだったような気がするのですが、3日前から制限を言われました。
自炊ならよいのだろうけど、コンビニ・スーパーや外食だと禁止のものが大抵含まれていて(特にネギ)困りました。野菜は駄目だという事なので野菜ジュースなら良いのかなと思って飲んだのですが、野菜ジュースはもっとよろしくなかったようでした。

前日の夜に下剤を飲んでそれから検査までは断食。下剤を飲んでから朝までに5回ぐらいも排便しました。

朝8時から水で薄めたニフレック(大腸の洗浄剤) 2リットルを2時間かけて飲みます。前受けたところでは病院で実施でしたが、今回受けたところは病院にそういうスペースがなく自宅でやらなければならないこと。前受けたときは検査の直前まで何度も便意が襲ったので、病院に行くまでに我慢できなくなるなんてことが起こらないか不安でした。(病院まで徒歩10分ぐらいですが)
前受けたときは飲んですぐに何度も便意が来て排便したのですが、今回はあまり来ず出も悪く、3回目の時点でからもう水しか出てこない状態。昨夜飲んだ下剤による排便でもう出てしまったと解釈して良いものなのか? 不安になりました。

検査時間が近づき、途中で便意が来るといけないのため 念のためトイレで無理に排便をして病院へ。
病院についたら「便の状況を確認するからトイレに行って排便して、流さずに看護婦を呼んでくれ」との事。
えっ! もう出ないよ。気張ったら出てほしくない少しの血と、一応便も出たのかな。看護婦に確認したら「うぅん、濁っているのでまだ駄目かな」って、ええっ。
「とりあえず検査着に着替えてください」との事で、その後検査を待つまでに、もう1回か出ないかやってきてくれとか。そう言われトイレに行くとプレッシャーがかかってかえって出なくなったいして。「自分はこういう事も出来ないのか」となんだか惨めな気分になりました。
結局「まぁいい」という事で検査に。

検査室(兼出術室?)に入り、注射をされて、検査開始。
肛門が少し痛く、まだ入っていないのかな? と思っていたら、「終わりました」との事。

検査しばらくベットで休み、着替えて診察室へ。
「6mmのポリープが1個あり、除去しました」との事。
前受けたときは「きれいですね」と言われたので、ポリープがあるとは思いもしていませんでした。
病理検査に出すので、2週間後ぐらいに結果を聞きに来てくれとの事。
ポリープを切除した場合は1~2週間食事・飲酒制限や運動制限があります。
除去しなかった場合は当日は制限があるものの、次の日からは特に制限なし。我慢していた食事や酒が飲める & その日は3連休の最初の日で次の日その次の日に出かけるつもりでいたのですが(次の次の日は米軍横須賀基地での空母公開に行くつもりでいた)、諦めざるを得ませんでした。3連休が家で過ごす休養の日になってしまいました。
その日の夜、おそらく麻酔が切れたからだと思うのですが肛門が強烈に痛くて痛くて、次の日も痛くて、3連休だったのはそう考えると幸いでした。

ポリープ除去後の食事制限は、除去した所の傷口の出血を防ぐためのようです。
何が大丈夫で何が駄目なのか...よくわからない。インターネットで調べてみると、制限期間もその時に食べたものの幅も結構あり、出血&手術は絶対避けたかった事もあってかえって悩む事になってしまいました。いつまでも制限するわけにはいかないので、どれぐらいから解禁していってよいのかなというのも。
検査後しばらく排便がなく不安になりました。その後出るようになりましたが、お酒を控えているのが影響するのか普段と排便のリズムが違うように感じています。(普段の方が悪くて、お酒が問題を引き起こしていたのかなと思わなくもなく)

2週間後の土曜日に病理検査を聞きに病院へ。結果は良性でした。ほっ。
ほっておくと癌化する場合があるとの事なので、結果的にはポリープが見つかって除去したのは良かったのでしょうね。

痔の方は入院して手術した方が良いと言われていたので、手術ができる別の肛門科専門病院(その医者の出身病院)の紹介状を書いてもらいました。
以前別の病院で紹介状を書いてもらった時は2000円ぐらいしたような記憶がしたのですが、750円(250点) でした。出身病院だから安いなんてことはないと思うのですが。
その病院は土曜日の午後もやっていて「まだ間にありますよ」との事なので、行きました。

痔の手術をすることになる(予定の)病院へ。
肛門科専門病院なので、あの人もそうなのかな、あの女の人も? とぼんやり思いながら結構待って診察。
やはり入院して手術をした方が良いとの事で、7~10日の入院が必要との事。手術自体は入院2日目に行うようで、その後の回復状況により入院期間が前後するようでした。

その後、別の場所・係により入院の説明(決れる人は入院日の予約も) がありました。
自分は仕事上相談なしで長期休暇を決められる立場ではないので説明だけ聞きました。
入院日の予約は後日電話で可能でした。何か月か先まで予約で埋まっているわけでなく近日でなければ割と希望通り予約が取れるようだったので安心。但し、12月中後半はもう予約で埋まっているとの事。私はそんな時期にやりたくありませんが、埋まっているとなるとその時期にやるとう選択肢がなくなるのでそれはそれでよかったか。

費用はベット代や食事費なども込みで約12万円(3割負担の場合)。思っていたよりも安かった。
しかし、部屋をアップグレーとした場合は追加料金が必要で個室の場合1泊27000円。10日でその値段ではなく1日でその値段。1泊27000円ってそこそこ高級なホテルの値段のような、そんな値段のホテルに泊まったことはないです。寝ていて喚いたりするようなので個室の方がよいのだけどその値段は...。

その後会計をして終了。
この病院ではずいぶん待ちました。診察を待つのはしょうがないかなと思うのですが、その後の入院の説明を受けるまでの待ち時間が診察待ちより長かった(ような気がします ~心理的な要素でそう感じただけかもしれませんが)。説明を受けるブースでは空席期間が長く、それまでの病院内での手続き作業に時間がかかっていたようでした。
病院に入ってから終わるまで約3時間かかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/23

バスフェスタ2015

空の日のあと、バスの日のイベント「バスフェスタ2015 in TOKYO」へ。

会場は代々木公園ケヤキ並木 (NHKと代々木体育館の間にある通り)。
最寄り駅は渋谷(または原宿)なので、羽田空港国際線ターミナルからバスに乗って渋谷まで行きました。
まだ通ったことのない首都高速中央環状線(山手通りの地下を通っている道路) を通るものと思って楽しみにしていたのですが、従来の都心環状線経由でした。渋谷付近の出入口の位置の関係でそうなっている模様です。

・立川バス「すみっコぐらしバス」
Dsc_5373 Dsc_5375
Dsc_5386 
Dsc_5377 Dsc_5379
Dsc_5380 Dsc_5381

すみっコぐらし」というキャラクターがあるようで、車内もそのキャラクター満載でした。

・神奈川中央交通「代燃車 三太号」
Dsc_5384 Dsc_5388
Dsc_5389 Dsc_5391

戦中に石油代用燃料として薪を使用したバスを復元したものです。(当時のものそのものではありません)
運転席に座っているおじさんが、ずっと手を挙げてポーズをとっていたりして「よく続けられるな」と思いました。

・東武バスセントラル「スカイツリーシャトル」
Dsc_5395 Dsc_5393

上野~浅草~東京スカイツリー 間で運転されている車両で、上野に行くとよく見かけます。中はこんな感じだったのか。

・はとバス「ピアニシモⅢ」
Dsc_5396

・西武バス「バスフェスタ2015バスのデザインコンテスト国土交通大臣賞受賞作品ラッピングバス」
Dsc_5399 Dsc_5398

・関東バス「都内最後の三扉車」
Dsc_5405

だったそうなのですが、それに気づいておらず、ドアのない方しか見ておらず写真もなし。

・神姫バス「プリンセスロード号」
Dsc_5408

兵庫県のバス会社で、新宿・渋谷~神戸・姫路 間の夜行バスの車両。今朝到着して今夜戻る車両でしょうか?

・元三重交通「いすゞボンネットバス」
Dsc_5410 Dsc_5412

現在はNPO法人日本バス文化保存振興委員会の所属。
三重交通塗装なのに土浦ナンバーで違和感を感じました。

・日の丸自動車興行「スカイダック」
Dsc_5415 Dsc_5416
Dsc_5419 
Dsc_5420 Dsc_5422

亀戸辺りを走っている水陸両用バスです。
車内が結構汚れ・痛んでいて、バスの車内というよりもトラックの荷台のような様相でした。

・バスキャラ大集合
Dsc_5403

京王バス以外はどれがどこの会社のバスキャラなのか見分けられませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/22

空の日フェスティバル2015に行った時に見た東京モノレール

空の日フェスティバル2015に行ったときに見た東京モノレールです。

・ポンジュース前
Dsc_5305 Dsc_5349
Dsc_5353 Dsc_5356

航空機及び空港車両展示の会場入口付近のモノレールが地下から地上に出てくる所にて。
2番目の写真はポケモンラッピング車、3番目の写真は2014年に新製された10000形。

その後、天空橋駅から東京モノレールに乗って羽田空港国際線ビル駅へ。

・羽田空港国際線ビル駅ホームからみた東京モノレール
Dsc_5366 Dsc_5367
Dsc_5369

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/21

羽田空港空の日フェスティバル2015 航空機及び空港車両展示

10月3日、羽田空港空の日フェスティバル2015の「航空機及び空港車両展示」に、4年振りに行きました。
場所は天空橋駅近くの旧整備地区の南端の所でした。
いつからかあの辺りのレイアウトが変わりました。
空の日だけあってかこの日は青空が広がっていました。

・会場の入口
Dsc_5344

・会場の全景
Dsc_5308

予想外にショボい...。
展示は航空機2機と、事業用車4台のみでした。
4年前に来たときは航空機も事業用車もたくさんいたのですが。

・消防車と除雪車
Dsc_5314 Dsc_5317

・滑走路に埋まっている灯器を清掃する車
Dsc_5319

・灯器いろいろ
Dsc_5321 Dsc_5322
Dsc_5324 Dsc_5325

・滑走路に埋まっている灯器とその断面
Dsc_5326 Dsc_5327

・海上保安庁の航空機
Dsc_5329

・国土交通省の飛行検査用航空機
Dsc_5339

・会場から見えた空港内
Dsc_5336 Dsc_5338

カンタス航空のB747が泊まっていました。旅客用は日本の航空会社からはなくなったけど、海外の航空会社から羽田空港に来てたんですね。あ、政府専用機がB747だったか。

・会場から見えた羽田空港最古のT101格納庫
Dsc_5346

4年前はこの格納庫の中で国立科学博物館所有のYS-11が展示されていました。
前はこのあたりは格納庫等の建物が並んでいた記憶がありますが、 この格納庫だけぽつんと残っているような感じでした (少し大げさですが)。

・会場から見えたリムジンバス(東京空港交通)の車庫
Dsc_5306

前はここにバスの車庫はなかったはず。

会場内に場違いな感じのコスプレをした人がそれなりにいました。
隣で開催されていた「国際都市おおたフェスティバルin「空の日」羽田」の案内図に「コスプレ受付」があったので、そこから流れてきたようです。

・「国際都市おおたフェスティバルin「空の日」羽田」の会場入口
Dsc_5362

航空機及び空港車両展示の会場以上にコスプレは場違いな感じで、こっちの会場内ではコスプレの人を見かけませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/18

JRバス三里塚駅(跡)

航空科学博物館の帰り、

航空科学博物館からやや離れた博物館入口バス停まで歩き、芝山千代田駅の手前で曲がって第6ゲートから空港内に入ってしまうバスに乗って成田空港第2ターミナルへ。
空港の貨物や整備施設が並んでいるのだろうかと? 前から気になっていました。

道路を曲がり第6ゲートへ。ゲートの所で停止して検問を受けるもの(バスの中に係員が入ってきて身分提出書の提示等が求められる) と思っていましたが、ありませんでした。廃止されてたんですね。
第6ゲートの所で道路は2手に分かれます。片方は空港内部の貨物や整備施設の中に入るようでしたが、バスが向かったもう片方は単に入るところが手前にあるだけでした。途中、「空港内部の道」「ゲート内の道(乗ったバスが通った道)」「空港外の道」のそれぞれ片側1車線の道が3並列で並んでいるところがあり、不思議な光景でした。

その後、JR成田駅まで行き、
行きと同じ高速バスで帰るためにJRバス多古本線に乗って三里塚バス停まで。高速バスの三里塚公園バス停の先でバスから少し見えました。

・三里塚バス停
Dsc_5291 Dsc_5292
Dsc_5293

バス停前の建物に「JRバス 三里塚駅」と書かれた文字が消されていました。
元々はバスの駅だったようです。
建物は閉まっていましたが、昔は窓口や待合室があったのかな。
宿直室らしき部屋は見えました。

高速バスの三里塚公園バス停へ。
その横に公園があります。住宅地の中にある単なる公園がこれが三里塚公園なのかな? と思って見たら「三里塚第一公園」でした。地図を見るとこれとは違うところに「三里塚記念小園」というのがあり、その中には旧宮内庁下総御料牧場に関して展示する「三里塚御料牧場記念館」があるようでした。

・三里塚第一公園の中にあった恐竜すべり台
Dsc_5294

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成田空港 空と大地の歴史館

航空科学博物館の敷地内に「成田空港 空と大地の歴史館」がありました。
前回2002年に来たときはありませんでした。
何が展示されているのかな? と思って行ってみることに。

・成田空港 空と大地の歴史館
Dsc_5220

成田空港開港時に発生した「成田闘争」の歴史に関する展示でした。
航空科学博物館とは別組織で、NAA(成田国際空港株式会社)の運営でした。

成田空港がある場所は主に宮内庁下総御料牧場と、元々は県有地で戦後沖縄出身者や満州からの引き揚げ者による開拓された地との事。開拓時に争いがあり、調停により沖縄出身者と満州からの引き揚げ者で場所割がされたようです。

成田空港の建設がこの地に決まると開拓者である農民を中心に反対運動が起こります。
最初は社会党と共産党がこの反対運動を支援していたそうですが離脱し、代わりに新左翼が支援・介入し、過激化して機動隊と衝突するようになっていったようです。
成田空港開港直前に管制塔占領事件が発生し、管制塔の機械を壊されて開港が2ヵ月延期されました。その他に京成スカイライナーの車両が放火されたりもしました。

当初の単なる農民による建設反対運動から、目的が変わっていったように感じました。
反対派・機動隊側共に何人か死者も出ています。
何のためにこの闘いを。何のために死んでいったのか。
展示物を見ていていて何だか悲しくていたたまれない気分になりました。
こういう闘いは、もうあっちゃいけないように感じました。

辺野古移設の反対派とか、この前の安保法案反対デモとか、これと同じような匂いを感じました。
これが成田闘争のように過激化していかなければよいなと思いました。

本体の航空科学博物館よりもこっちの方が見た甲斐がありました。
結構長居してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/17

航空科学博物館 (5) 野外展示物

航空科学博物館の野外展示物です。
たくさん航空機が置かれています。

・セスナ 196 (元朝日新聞「朝風」)
Dsc_5236

・三菱重工 MU-2
Dsc_5238

・富士重工業 FA-300
Dsc_5242

・日本航空機製造 YS-11
Dsc_5275 Dsc_5245

中も入れました。

・YS-11の機内
Dsc_5247 Dsc_5246
Dsc_5249

一度も(飛行中に)乗ることはありませんでした。
自衛隊ではまだ現役の機体があります。

・シコルスキー S-62
Dsc_5255

・アエロスパシャル ピューマ
Dsc_5258

・カモフ 26
Dsc_5262

ソビエト製です。

・セスナ 411 (元中日新聞「おおたか」)
Dsc_5263

・ムーニー M20
Dsc_5265

・リアジェット 25B
Dsc_5266

・ビーチ バロン (元朝日新聞「明星」)
Dsc_5270

・セスナ 421 (元朝日新聞「金星Ⅱ」)
Dsc_5271

新聞社の社用機だった機体の展示が多いです。

・セスナ 175
Dsc_5277

・ロビンソン R-22
Dsc_5279

・エアロコマンダー 680
Dsc_5102

・空港の事業用車両 (たぶんコンテナを牽引する車と、航空機を牽引する車)
Dsc_5243 Dsc_5284

・レーダーと、灯器
Dsc_5288 Dsc_5237

| | コメント (0) | トラックバック (0)

航空科学博物館 (4) 3~5階

続いて3階。
3階には西棟の屋上を利用した展望台があり、成田空港を離着陸する飛行機が眺められます。

・3階屋上から見た南部貨物地区
Dsc_5182

・離陸する航空機 (中国南方航空)
Dsc_5184 Dsc_5186

・アリタリア-イタリア航空
Dsc_5180

・ジェットスター
Dsc_5191

中央棟のみ5階建てになっており、4階はレストラン、5階は展望展示室です。

トイレ(小)に行き手を洗おうとしたが水が出ない。まいった。
やがて放送が入り「現在館内が断水している」との事。4階のレストランは臨時休業になってしまったようでした。

5階の展望展示室へ。
5階は成田空港が見渡せる展望室になっており、離着陸する航空機を説明するガイドがいます。座って外を見ている(待ち構えている?)人がたくさんいました。

・5階から見た離陸する飛行機と南部貨物地区
Dsc_5198 Dsc_5204

・5階に置かれた管制卓
Dsc_5194 Dsc_5203
Dsc_5206 Dsc_5207
Dsc_5208

たくさん置かれていました。

・5階から見た野外展示物
Dsc_5209

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/15

航空科学博物館 (3) 2階

続いて2階。

・B747の主翼の端の部分
Dsc_5149 Dsc_5147

・戦前の旅客機MC-20の操縦風景の模型
Dsc_5152

・航空機の模型いろいろ
Dsc_5156 Dsc_5157
Dsc_5158 Dsc_5160

2階の奥(東棟)はNAA(成田国際空港株式会社)のコーナーと、企画展示のコーナー?でした。

・成田空港のジオラマ
Dsc_5168 Dsc_5174

2番目の写真の右下の「航空科学博物館」と書いてあるところが今いる場所です。

・地球儀
Dsc_5171

その他エココーナー等。
あまり目を引く展示はありませんでした。

企画展示コーナーでは「人力飛行機 ~日本での初飛行から50年~」を開催していました。

・日本記録を達成した機体を分解したもの
Dsc_5164 Dsc_5165
Dsc_5166

日本記録は2005年に日本大学理工学部航空研究会が記録した49.172kmで飛行時間1時間48分12秒との事。
この段階まで来ると、技術的にはまだまだいけても、操縦者の体力の限界に達していたりするのでしょうか。疲れたからといって休んだら墜落してしまいますし。
ちなみに世界記録は115.11kmで飛行時間3時間54分59秒との事です。

航空科学博物館の主たる展示コーナーはここまで。歴史コーナーのようなものはないに等しいです。
意外と大したことなかったなというのが正直なところです。所沢の航空発祥記念館の方が充実していたような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/14

航空科学博物館 (2) 1階

館内に入ります。

・入口に展示されている航空機エンジン
Dsc_5105 Dsc_5104

入場料は大人500円です。

・ロールスロイスの航空機エンジン
Dsc_5107

入ったところにシミュレータ等の整理券の配布受付があります。
その中に「747セレクション41 機内ツアーガイド」(500円) がありました。外からも見えたB747カットモデルの中を見るツアーです。次は約2時間後の14:30の回が空いており、食事して一通り見終わったぐらいに丁度なりそうな時間だったので「せっかくなので参加してみようかな」と思いました。その時は受付には誰も並んでいませんでした。トイレに行きたかったのでその前にトイレにいて戻ってきたら受付に列ができており、並んでいる途中で係員が出てきて14:30の回に「満席」の札を付けました。
がっくり。しまった...。その次の時間まで待つのは長すぎるので諦めました。

・B747のカットモデル
Dsc_5111 Dsc_5110

館内側(有料エリア) から見たもの。
「747セレクション41 機内ツアーガイド」に参加すると中に入れたはずです。

・B747非常確認板 (の訳でよいのかな?)
Dsc_5113

B747のカットモデルとは別の展示物です。

・DC-8シミュレータの外観
Dsc_5213

体験するには整理券と100円が必要です。(体験していません)

展示室の中へ。

・航空機エンジン
Dsc_5116 Dsc_5127

・航空機のタイヤ
Dsc_5125 Dsc_5126

「車のタイヤと比べて大きいでしょ!」という意図で展示しているものと思われますが、バスや大型トラックのタイヤもこれぐらいあるし、飛行機の大きさを考えると寧ろこんなに小さくでも大丈夫なんだなと思いました。

・B747のコックピットのガラス
Dsc_5132

特に厚くはありません。

・YS-11(左) とB747(右) の実物大断面図
Dsc_5133

・機内のギャレー(食事や飲料を用意するところ) いろいろ
Dsc_5135 Dsc_5134

・機内のモックアップ
Dsc_5137

・コックピットのモックアップ
Dsc_5139

木村拓哉さん主演のテレビドラマ「グッドラック」の撮影で使用されたものとの事。

・客室乗務員の人形と制服
Dsc_5141 Dsc_5142

階段を上がって2階に上がります。

・階段の途中にあるB747のコクピットの模型
Dsc_5145

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/12

航空科学博物館 (1) 行き

9月23日、成田空港の近くにある「航空科学博物館」に行きました。

芝山鉄道が開通してまもない頃に行って以来、調べてみたら芝山鉄道の開通が2002年だったのでそれ以来です。
バスの本数とか少なくて不便なところでしたが、何かを調べていた時に、東京駅から冨里・匝瑳方面への高速バスが航空科学博物館に寄るようになったことを知り、行きました。

東京駅から11時発の航空博物館前行きに乗車。
空いてました。
このバスは京葉道路経由でした。千葉方面のバスは10回ぐらいは乗っているけどすべて湾岸線経由で、京葉道路経由は初めてでした。湾岸線が渋滞しているから迂回なのかなと思ったけど、湾岸線からと合流するところで10分後に発車する波崎行のバスと出会いました。

ほぼ定刻通り12:20頃に航空博物館前に到着。
航空博物館前まで行ったのは2人のみでした。

・到着した航空博物館前のバス乗り場
Dsc_5094

バス乗り場は航空科学博物館の裏手(北側)にありました。

・道路からバス乗り場に入るところに飾られたセスナ機
Dsc_5095

・館外から見たB747のカットモデル
Dsc_5097 Dsc_5100

・航空科学博物館の建物
Dsc_5257

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/07

しながわ水族館 (6) しながわ区民公園

品川水族館があるしながわ区民公園についてです。

・水族館があるエリアの北端から
Dsc_5085

・首都高の鈴ヶ森入口から本線への道路が高架で走っている道の下の地下道の絵
Dsc_5086

品川区立鈴ヶ森中学校の生徒が描いた絵が描かれていました。
上大岡の京急線と鎌倉街道が交わるところに書かれている南高校の学生が描いた絵よりも上手いと思った。

・動物を模った遊具等
Dsc_5088 Dsc_5089

・しながわ区民公園の中央口から入ったところにあるモニュメント
Dsc_5090

90度回転させた写真ではありません。

中央口を出たところに京急の立会川駅があるのかな? と思っていたのですが、中央口からまぁまぁ離れていました。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しながわ水族館 (5) アザラシ館

別棟にあるアザラシ館です。
本館と渡り廊下でつながっていますが、この日は混雑緩和のためかいったん外に出る必要がありました。

・アザラシ館の外観
Dsc_5066

・アザラシ館の1階から

Dsc_5072 Dsc_5074
Dsc_5069 Dsc_5076

1階は本館のトンネル水槽のように水槽の中のトンネルの中から見る形になっています。

・アザラシ館の2階から
Dsc_5077 Dsc_5079

2階は上から見る感じ。

この2階でアザラシショーが行われるようですが、30人ぐらいで一杯になりそうな狭さでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/06

しながわ水族館 (4) イルカショー

入館して30分ぐらい経った15:30の回のイルカショーの客席は満杯だったのですが、水族館の本館を一通り見た後の16:30回は立席スペースがまだ空いていたので、せっかくなので見ました。

・イルカショーの会場
Dsc_5029

狭いです。
先日行った京都水族館の3分の1もないかも。
狭くてびっくりしました。

時間になり開始。

Dsc_5031 Dsc_5032
Dsc_5038 Dsc_5039
Dsc_5044 Dsc_5049
Dsc_5052 Dsc_5054
Dsc_5057 Dsc_5060
Dsc_5062 Dsc_5063

なかなかよい瞬間的な写真が撮れたかも。

1991年開館のしながわ水族館。
飼育員もイルカもベテランって感じで息が揃っていて見事な演技、王道のイルカショーって感じがしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/05

しながわ水族館 (3) 地下1階

薄暗い階段を下りて地下1階へ。
地下1階と名乗っていますが、実際のところ1階が2階で、地下1階が1階のようなものです。(地下1階の出口を出たところは地平)

・トンネル水槽
Dsc_4911 Dsc_4915
Dsc_4919 Dsc_4924
Dsc_4929 Dsc_4946
Dsc_4948 Dsc_4950

水槽の中のトンネルを人が抜ける形になっています。
それほど大きな水槽ではないのですが、なかなかのものでした。
4つ目の写真のウミガメの下の方のカメは偽物です。

・冷たい海の魚たち
Dsc_4935 Dsc_4941

・クラゲたちの世界
Dsc_4955 Dsc_4959
Dsc_4960 Dsc_4962

・海の宝石箱
Dsc_4964

・世界の大河から
Dsc_4978 
Dsc_4970 Dsc_4973
Dsc_4968 Dsc_4976

ここだけ異質な雰囲気でした。

・珍しい魚たち
Dsc_4984 Dsc_4985
Dsc_4981 Dsc_4988
Dsc_4991 Dsc_4996
Dsc_4999 Dsc_5008

1番目と2番目の写真(同じ魚)は顔が泉谷しげるさんに似ていると思いました。
3番目の写真はピラニア。
4番目の写真は電気ウナギで発電量が表示されます。ずっと電圧が流れていたのに撮影したタイミングは 0V で、逆に珍しいのかも。
7番目の写真は最近人気らしいチンアナゴ。

・アシカ "海のライオン"
Dsc_5011

・共生水槽
Dsc_5016

・イルカの窓
Dsc_5019

イルカショーをするプールの下のようですが結構小さいです。

・シャークホール (サメ)
Dsc_5023 Dsc_5024

顔の部分に迫力がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/04

しながわ水族館 (2) 1階

まずは1階。

・東京湾に注ぐ川
Dsc_4853 Dsc_4855
Dsc_4856 Dsc_4862

・東京湾の干潟と荒磯
Dsc_4867

・品川と海
Dsc_4870

・ムサシトヨミ
Dsc_4876

・ペンギンランド  (アザラシペンギン)
Dsc_4884 Dsc_4881

結構狭い。
先日行った京都水族館と違って、狭いプールの中をえっというぐらい早い速度で元気に泳いでいました。

・群れを作る魚たち
Dsc_4892 
Dsc_4893 Dsc_4896
Dsc_4898 Dsc_4900

最初の写真はいわしで反時計回りでぐんぐん回っていました。

・東京湾に棲む生物たち
Dsc_4903 Dsc_4906
Dsc_4910

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しながわ水族館 (1) 入場

9月22日、品川区立のしながわ水族館に行きました。

最寄り駅は京急の大森海岸駅。
地図で見ると大森海岸駅のほぼ東約200mにあるのですが、ビルやマンションの壁があり、北に約300m行って門を入って戻る必要があります。

・しながわ水族館の門(水族館口)
Dsc_4842

・門を入った先のしながわ区民公園
Dsc_4845 Dsc_4843
Dsc_4846

かれこれ20年ぐらい京急線を利用しているのですが、想像していた様子と違っていました。
ビルやマンションの向こう側には運河があり、それに沿って細長い形のしながわ水族館が門の近くまで建っているのかと思っていました。
公園になっていたのか...。この公園は運河を埋め立てたそうです。

・入場口と入場券売り場付近
Dsc_4848 Dsc_4849

大人1350円です。
品川区在住・在勤・在学者割引があり800円と結構割引率が高いです。

・入場したところ
Dsc_4850

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/01

東急 電車とバスの博物館 (5) 図書コーナー

イベント館の中に図書コーナー(ライブラリー) があります。

Dsc_076図書コーナー7

これは酷い!
誰がこんなことをしたのか悲しくなりました。

車両や駅舎なら塗り直し等で修復する事も可能でしょうが、書籍はそういうわけにはゆきません。一生このままでしょう。
誰かからの寄贈の本も並べてあったような記憶がありますが、寄贈したものがこのようにされたら寄贈したほうはたまったものではない。

図書コーナーは日曜日・祝日のみの営業で、鉄道研究会に入っていそうな雰囲気の高校生らしき人が2人受付にいました。(鉄道ファンを読んでたし)
本館には東急のOBっぽい従業員が何人かいましたが、イベント館はこの受付の高校生のみ。もしかするとかつては平日も営業で無人で、その時にやられてしまったのか?

図書コーナー、子供の頃に親(父)に買ってもらって何度も読んでいた記憶がある本がいくつかあり懐かしく感じました。実家のどこかに(というかあそこに)今もあると思います。
読みだすと1日過ごせそうでした。1日では足りないかな。

電車とバスの博物館、楽しめました。
リニューアルは、期待してよいのかどうかわからない。

(完)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »