« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月の25件の記事

2015/06/28

羽田空港国際線旅客ターミナル

その後、久しぶりに羽田空港国際線旅客ターミナルへ。
国際線旅客ターミナルが増築されてから初めて来ました。

・江戸舞台
Dsc_2594

これは前からありました。
この後は前はなかったと思います。

・おこのみ横丁
Dsc_2595

・はねだ日本橋
Dsc_2596 Dsc_2597
Dsc_2598

本物の日本橋の2分の1のスケールとの事。

・はねだ日本橋から見た下の出発ロビー
Dsc_2600

高くて結構怖い。

・はねだ日本橋を渡った先の茶屋
Dsc_2603

茶屋は営業していませんでした。

・絵馬のコーナー
Dsc_2605 Dsc_2607

絵馬は自販機で500円で売っていました。

・フライトシミュレーターコーナー
Dsc_2609

展望デッキへ。

・展望デッキから見た国際線旅客ターミナルの増築された部分
Dsc_2620

・展望デッキから見た東京湾アクアラインの風の搭
Dsc_2650

・展望デッキから見た飛行機いろいろ
Dsc_2610 Dsc_2611
Dsc_2615 Dsc_2618
Dsc_2622 Dsc_2637
Dsc_2642 Dsc_2643
Dsc_2649 Dsc_2651

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京急 平和島~六郷土手の連続立体交差事業の現状

京急の平和島~六郷土手間 と 京急蒲田~大鳥居間 の連続立体交差事業、立体化自体は2012年12月に完了していますが、まだ工事は残っています。

もうだいぶ前からだったと思いますが、平和島駅近くと六郷土手近くの立体化の付け根の部分について、歪曲していたのが直線になりました。
6月20日に、その部分を中心に見てきました。

<六郷土手駅>
・下りホームから見た品川方面の付け根の部分
Dsc_2537

電車が写っているあたりが付け根だったと思います。
以前は線路の付け替え工事の関係で左(北側) に歪曲してから本来の線路に戻る形でしたが、直線になりました。

参考:
京急蒲田駅周辺の上り線高架化直前 (1) 六郷土手・雑色・京急蒲田 (2010/5/5作成)

・おまけ (上りホームの川崎寄りから撮影した、六郷土手駅を通過する列車、多摩川等)
Dsc_2541 
Dsc_2542 Dsc_2543
Dsc_2544 Dsc_2546

<平和島駅>
・上りホームから見た横浜方面の付け根の部分
Dsc_2548 Dsc_2555

以前は右(北側) に歪曲してから本来の線路に戻る形でしたが、直線になりました。
歪曲していた部分の下に行ってみました。

・歪曲していた部分の下
Dsc_2576 Dsc_2561
Dsc_2564 Dsc_2567

歪曲していた部分は撤去作業中でした。

・平和島と大森町駅間にある運河から
Dsc_2572 Dsc_2574

参考:
京急蒲田駅周辺の下り線高架化 (1) 平和島駅 (2012/11/5作成)
京急蒲田駅周辺の上り線高架化 (5) 梅屋敷・大森町・平和島 (2010/5/24作成)
京急蒲田駅周辺の上り線高架化直前 (2) 糀谷・梅屋敷・大森町・平和島 (2010/5/6作成)

この場所から隣の大森町駅が見えたので、歩いて行ってみました。

<大森町駅>
・大森町駅とその付近
Dsc_2579 Dsc_2580
Dsc_2581 Dsc_2583

高架下の旧線路は撤去され、すっぽりと空いていました。
この高架下のスペースはどうするのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/27

餃子の王将「海鮮かき揚げラーメン」

餃子の王将上大岡京急店で「海鮮かき揚げラーメン」(580円) を食べました。
店舗限定商品だと思います。

Dsc_0556

かき揚げを揚げているようで、出てくるまで王将としては時間がかかりました。

海老・イカ等が入ったかき揚げに塩ダレがかかっています。
この塩ダレのおかげなのか、ゲロい組み合わせではなく、普通に食べられました。
かき揚げは原型をとどめていませんが、普通にかき揚げして食べたら他と比べてもそこそこ良いレベルに行きそうな雰囲気がしました。

かき揚げは、やっぱりうどんの方が合うかな。

この後店を出て、駅の改札口前に行ったら「生餃子半額セール」との事で専用の売り場が出来て列が出来ていました。
先着8000人前限定とか。それだけ売れるのかな。

あぁさっき餃子も食べてしまった。
昼も夜も餃子を食べるのはどうかと思ったので、買いませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らあめん花月嵐「鉄板イタめしネギ塩味」

らあめん花月嵐で期間限定の「鉄板イタめしネギ塩味」(570円) を食べました。

Dsc_0554 Dsc_0555

赤色のものは桜海老でした。
豚が入っていないなと思ってよく見たら「ネギ塩豚味」ではなくて「ネギ塩味」でした。豚は付かない。

量が多くて苦しかったが、美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/18

らあめん花月嵐「彩夏」

らあめん花月嵐で季節限定の冷し中華そば「彩夏」(740円) を食べました。

Dsc_0545

ももクロのあーりん(佐々木彩夏さん) とは関係ないようです。

Dsc_0546

彩夏だけあってか?、太麺で麺多めでした。

見た目が茶色チックであまり美味しそうに見えなかったのですが、これが意外と美味しかった。
肉味噌が良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/16

三浦半島2 (4) 荒崎

長井バス停で乗りかえて荒崎バス停へ。
先週に引き続いての荒崎。
先週は荒崎バス停で折り返しましたが、この日は荒崎公園まで行きました。

先週よりも霞んでおり、この日は江ノ島は見えませんでした。

・荒崎バス停近くの案内図
Dsc_2531

・荒崎公園の駐車場
Dsc_2530

公営と思われる駐車場は1日1000円。
この手前に1日500円の民営の駐車場があり、そっちに結構車が流れていました。

・どんどんびき
Dsc_2497

水が透き通っていてとてもきれい。
行ったことないけど沖縄の海かと思いました。

・展望デッキからの風景
Dsc_2500 Dsc_2498

・十文字洞前から見た弁天島
Dsc_2502

ここからは岩礁の上を歩くルートに。

・弁天島近く
Dsc_2507 Dsc_2508

ここまで来るだけでも結構危険な感じでしたが、
これより先に進むのは危険すぎて自分の運動能力を考えると海に落ちる等した場合に助かりそうにないので引き返しました。
この時の潮の満ち引き状態は分かりませんが、干潮であれば進めるのかもしれません。

・弁天島の手前から振り返った風景
Dsc_2510

続いて高台にある夕日の丘へ。

・夕日の丘からの風景
Dsc_2520 Dsc_2523

荒崎バス停に戻り、長井バス停でこの日は横須賀駅行のバスに乗り、途中の横須賀中央駅で京急に乗り換えて帰宅しました。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三浦半島2 (3) 神奈川県立近代美術館 葉山館「ムルロ工房と20世紀の巨匠たち」展

その後、「神奈川県立近代美術館 葉山館」へ。

新逗子駅から逗12系統の海岸周りの葉山行バスに乗車し、三ヶ丘・神奈川県立近代美術館前バス停で下車。
途中狭い道もある路線で、座れないぐらい乗っていました。

・神奈川県立近代美術館 葉山館
Dsc_2481 Dsc_2483

全然というわけではありませんが、あまり人がいませんでした。

この日は「ムルロ工房と20世紀の巨匠たち」展が開催されていました。

ムルロ工房は、かつてフランスのパリに存在したリトグラフを制作する工房で、
画家が制作した作品を、ムルロ工房の刷師により印刷物として仕上げていたとの事。

版画のように彫るのかなと思って作品を見ていたのですが、最後にリトグラフの製作過程を紹介するコーナーがあり、違いました。
板面に油性の物を使って絵を描き、その後液剤を塗って化学反応させて、油性で描かれていた部分はインクが載りやすくなり、そうでない部分はインクを弾きやすくなるそうです。
それにインクを載せて紙を重ね合わせて印刷するようです。

自分としては、シャガールの作品の特に色使いが良かったです。
よくわからずに見に行ったのですが、意外な発見でした。

美術館の海側に、展望台があります。
展望台と言いながら、美術館の建物より低い地にありました。

・美術館に併設するレストラン
Dsc_2485

・展望台からみた海岸
Dsc_2487 Dsc_2486

目の前は一色海岸で、海の家の建設中でした。

・葉山館野外のオブジェ
Dsc_2489 Dsc_2490

その後、三ヶ丘・神奈川県立近代美術館前バス停からバスに乗って葉山バス停へ。
そこで乗り換えて長井バス停へ。
葉山バス停の前は、葉山御用邸で、警察官が何人か警備していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/15

三浦半島2 (2) 麺屋二郎「かさね味」

昼は、新逗子駅南口近くにあった麺屋二郎で食べました。

新逗子駅南口近くで他に店が見つけられませんでした。
あの「ラーメン二郎」とは全く関係のない、鹿児島豚骨ラーメンの店でした。

頼んだのは、「かさね味 煮玉子のせ」(850円)。

・かさね味 煮玉子のせ
Dsc_0544

チャーシューはとろんとしているし、煮玉子も。
スープとネギと揚げ生ねぎともやしのバランスも良い。
美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三浦半島2 (1) 新逗子駅

次の週の6月13日、またもや京急の「三浦半島1DAYきっぷ」を買って三浦半島の方に行きました。

今回はまずは京急逗子線の新逗子駅へ。

・六浦駅の上りホームの線路
Dsc_0543

京急逗子線の金沢八景駅~神武寺駅の手前の間の上り線は、金沢文庫~金沢八景間にある総合車両製作所(元の東急車輛)で制作された車両のJRへの搬入関係で、3本のレールが引かれており、JRの1067mmと京急の1435mmの両方が走れるようになっています。

1067mmの方が外側に寄っており、その関係で途中の六浦駅の上りホームは京急の車両とホームの間に隙間が広く空いている。
という事だったと思っていましたが、
六浦駅の前後で1067mmの線路は外側から内側に移るようになっていました。
これにより、六浦駅の上りホームは隙間が空かなくなっていました。

神武寺の手前で1067mmの線路とお別れをし、新逗子駅へ。

・新逗子駅のホームと新逗子駅の南口
Dsc_2479 Dsc_2480

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/14

三浦半島 (6) 荒崎

三崎口駅に戻り、バスで荒崎へ。
漁村地帯です。この辺りは横須賀市なんですよね。

・荒崎バス停とその付近から見た海
Dsc_2468 Dsc_2469

途中道路が渋滞していたこともあり、荒崎についたのは17時過ぎ。
浜辺で宴会をしている地元住民はいましたが、観光客の姿はなく、時間が時間なので「別の日にまた来よう」と思ってこの日は荒崎には行かずに戻りました。

バスの車内から江の島が見えた事を思い出して、長井寄りへ。

・熊野神社
Dsc_2474

・熊野神社からみた江の島方面
Dsc_2476 Dsc_2477

この後バスで長井バス停まで戻り、
そこから逗子行のバスに乗り換えて新逗子駅バス停で下車し、京急逗子線に乗って帰りました。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三浦半島 (5) 城ヶ島

城ヶ島へ。
前いつ来たのか覚えていないぐらい久しぶりに来ました。

・城ヶ島のバス停
Dsc_2408

・バス停近くの商店街
Dsc_2409 Dsc_2411

城ヶ島灯台に向かう道を途中で西に折れて海岸へ。

・城ヶ島京急ホテルの北側の岩礁
Dsc_2412 Dsc_2414
Dsc_2418 Dsc_2416
Dsc_2421

波の方向と強さの関係だと思いますが、もの凄く尖った岩礁ができていました。

・城ヶ島京急ホテルの南側辺り
Dsc_2423 Dsc_2424

房総半島が見えました。

・灯台南側の最東の建物あたりから見た風景
Dsc_2426 Dsc_2428
Dsc_2429

馬ノ背洞門が見えました。(上の1つ目の写真の穴が空いている岩です)
事前に何だったかのHPで存在は知っていて、遠そうなので止めておこうと思っていたのですが、見た目ではそんなに遠そうには見えず、標識でも確か1kmぐらいだったので行きました。

高台に別に道があったようですが、海岸を歩くコースは決まった道はなく岩礁を上を歩いて、場所によっては目の粗い砂浜を歩いてで、歩きにくくて距離の割に疲れました。
この日は晴れでしたが、雨の日や波の高い日は滑って転ぶ恐れもあり行くべきではないです。

・馬ノ背洞門に近い所と、振り返った風景
Dsc_2434 Dsc_2439

・馬ノ背洞門
Dsc_2443 Dsc_2445

・馬ノ背洞門の上
Dsc_2451

・ウミウ展望台から見た風景
Dsc_2453 Dsc_2454

この後、城ヶ島公園の前に出て、城ヶ島公園には入らずに下のバス停に向かいました。
せっかくなので、城ヶ島公園にも行った方が良かったかな。

・下に降りた所の白秋碑前バス停前の木
Dsc_2458

・白秋碑苑
Dsc_2459

・下から見た城ヶ島大橋
Dsc_2461

このすぐ左に白秋碑があったようですが、気づかず。
2つ前の白い石が白秋碑だと思っていました。

この後、白秋碑前バス停からバスて三崎口駅へ。
席はすべて埋まっていた三崎口駅行きが到着。途中の三崎港バス停には長い列が出来ていて、満員状態で三崎口駅に着きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三浦半島 (4) 城ヶ島渡船 白秋

三崎港から城ヶ島まで城ヶ島渡船「白秋」で向かいます。
三崎港側は三崎フィッシャリーナウォーフ うらり内です。

・うらり
Dsc_2379

・うらり内の「白秋」の乗り場
Dsc_2380 Dsc_2382

愛称の「白秋」は北原白秋から来ているようです。北原白秋氏作詞した「城ヶ島の雨」という歌があるそうです。

土休日のみ運転で、時刻は特に決まっておらず随時運転。
なかなか船が来ず、時刻も決まっていないので「もしかして来ないのではないか」と思っていたらやって来ました。

・やってきた白秋
Dsc_2385 Dsc_2387

小さな古めの船です。
定員17名(乗員含む) と船体に書かれていましたが、安全のためなのか幼児を含めて12名 (+乗員2名) までしか載せていませんでした。(積み残しがありました)
そのため、船内は余裕がある状態。
運賃は300円で、発車後客室内で乗員に支払う方式でした。

・船内
Dsc_2391

・船内から見た風景
Dsc_2392 Dsc_2395

城ヶ島大橋も見えました。

三崎港と城ヶ島は300mぐらいしか離れておらず、5分もかからないうちに到着。

・城ヶ島中央乗船場
Dsc_2400

・城ヶ島から見た三崎港側の乗り場
Dsc_2403

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三浦半島 (3) 立花「三食丼セット」

シーボニヤ入口バス停から、ちょうど良い時間に城ケ島行バスがあったのでそれに乗って三崎港バス停で下車。

昼食は、立花という店でランチメニューの「三食丼セット」(1100円) を食べました。

Dsc_2377

三食丼は何だったか忘れたけどまぐろ2種の漬けとイカ。
量は少し少ないけどどれも美味しかったです。

付け合せはありきたりの切り干し大根。
これがまぐろを使った料理だったらポイントが高かったな。
コーヒーゼリー付きでした。

箸入れの紙にまぐろの種類ごとの説明が書いてありました。
縦書きで左から右への書き順。
かつて横書きは右から左に書いていたけど、縦書きで左から右に書いていた時代はあったのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/13

三浦半島 (2) 小網代の森

小網代の森」へ。

三崎口駅から三崎港方面へのバスで2つ目の引橋バス停近くが入口で、小網代の森は小網代湾まで続きます。
貴重な自然を残すため、神奈川県により管理されているとの事。

・引橋バス停近くの入口
Dsc_2293 Dsc_2295
Dsc_2297 Dsc_2298

中に入ります。

Dsc_2308 Dsc_2310
Dsc_2315 Dsc_2317
Dsc_2324 Dsc_2326
Dsc_2331 Dsc_2334

後半の方はすすきが広がっていました。

・小網代湾が見えるところ
Dsc_2337 Dsc_2340

寄り道してアカテガニ広場へ。

・カニ
Dsc_2347 Dsc_2348
Dsc_2353 Dsc_2355

結構うようよといました。
色が赤ではないのでアカテガニではにかもしれませんが、小さなカニが沢山いました。
砂浜に穴が掘られており、穴から出てきたり入ったりしていました。

・えのきテラスの木
Dsc_2361

ところどころ、こういう日立の樹のような雰囲気の木もあります。

シーボニヤの方へ。

・再び小網代湾
Dsc_2362 Dsc_2366
Dsc_2374

・白髭神社
Dsc_2369 Dsc_2370
Dsc_2371

この後、シーボニヤ入口バス停へ。

地図でみた感じでは引橋バス停からシーボニヤ入口まで2.5kmぐらいでしょうか。もっと歩いた感覚はありますが。
小網代の森内はほとんど坂はありませんが、入口と出口に坂があります。
自然保護のため途中トイレがないとの事で不安でしたが、大丈夫でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三浦半島 (1) 三崎口駅

6月7日、京急の「三浦半島1DAYきっぷ」を買って、久しぶりに三浦半島(三崎)の方に行ってきました。

まずは京急の終点の三崎口駅へ。

・三崎口駅のホームの先とホーム
Dsc_2286 Dsc_2288
Dsc_2290

・三崎口駅の跨線橋から見た横浜方面
Dsc_2292

三崎口駅は小高い丘の上にあり、南方向(三崎方面)も北方向(逗子方面)も坂を下ります。

・三崎口駅の駅舎
Dsc_2467

・三崎口駅前の国道から見た線路の先
Dsc_2465

この後、三浦半島1DAYきっぷのポスターでも宣伝されている「小網代の森」に行きました。
京急線の油壷への延伸が計画されていましたが、それを実現するには「小網代の森」の自然を壊してその中を通る必要があり、それを京急が宣伝するのも変な気がします。
諦めて方針転換したのか?
油壷まで伸ばしても意義は小さく、三崎港あたりまで伸ばさないと意義はないような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/06

吉野家「ベジ牛」

吉野家で「ベジ牛」(650円) を食べました。
ベジ丼はタンパク質のものがなくて栄養バランス上健康によくなさそうなので、ベジ牛を。
肉とかよく食べる方が長生きするという研究結果もあるようなので。(NHKのクローズアップ現代とテレビタックルで見た)

Dsc_0528

メニューの写真より牛部分が少ないぞ。

ベジの方、塩味で予想外に美味しかった。
塩味が高血圧の自分にとって健康上良いかどうかは疑問だが、
これと一緒に牛も食べると美味しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

てんや「真鯛といかのかき揚げ天丼」

てんやで期間限定の「真鯛といかのかき揚げ天丼」(830円) を食べました。

Dsc_0527

・真鯛といかかき揚げ
・カツオのすり身大葉包み揚げ
・海老
・なす
・れんこん
・いんげん
が入っていました。

「真鯛といかかき揚げ」は、真鯛の存在感はあまりなし。

「カツオのすり身大葉包み揚げ」は、大葉に包まれてツナマヨ状のものが入っていました。
天ぷらなのにあのツナマヨの食感そのもので揚がっていない。
なんでこうなるのと思いましたが、食べたことないけどアイスクリームの天ぷらと同じような理論なのかな?
美味しゅうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JRの久里浜駅前の花畑

京急ファミリー鉄道フェスタの会場からのシャトルバスに乗って京急久里浜駅前に到着。
着いたところがJRの久里浜駅に近い場所で、JRの駅前に花畑が広がっていました。

Dsc_0515 Dsc_2281

前からこの場所に花畑があったんでしたっけ?
綺麗でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京急ファミリー鉄道フェスタ2015 (6) その他

・ヴィンテージ仮台車
Dsc_2164

・運転台撮影コーナーの車両
Dsc_2201 Dsc_2204
Dsc_2266

京急車両による(京成線で完結する)特急 上野行は昔実在したようですが、アクセス特急 京急川崎-小島新田 はありえないです。

・保存車両
Dsc_2208 Dsc_2210

保存車両の車内は公開したりしなかったり。今年は非公開でした。

・京急と台湾鉄路管理局の友好鉄道協定関連
Dsc_2216 Dsc_2217

・社員食堂
Dsc_2218

「気まぐれ丼」が気になります。
ちなみにこの日は「気まぐれ丼」はありませんでした。というか社員食堂は営業していませんでした。

・グループ別無災害競争
Dsc_2269

一瞬2ヶ月前に災害があったのか!と思いましたが、2015年上半期スタートの数値でした。

・けいきゅん
Dsc_2272

・ポンポンアートでけいきゅん
Dsc_2273

・帰りのバス
Dsc_2276

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/05

京急ファミリー鉄道フェスタ2015 (5) 特修工場と主工場

・特修工場全体
Dsc_2234

・特修工場に入場中の都営5300形
Dsc_2219 Dsc_2221

・特修工場に入場中の白い京急2100形
Dsc_2231 Dsc_2228
Dsc_2232

白いのは塗装を落としているからですが、
基本の赤 → ブルースカイトレイン → イエローハッピートレイン
ときて、次はホワイトもいいかもね。
ホワイトピュアトレイン とか。

続いて主工場へ。

・謎の2000形
Dsc_2235

運転席前の赤枠は何なのか?
事故により運転席前のガラスだけ補修したのか、あるいは運転手の安全性高めるための試験用なのか?

・2000形の2扉クロスシート時代のファイナルラストラインのヘッドマーク付き
Dsc_2240

・パンタグラフ
Dsc_2242

・側面表示機等
Dsc_2245 Dsc_2246
Dsc_2249

・昔使用されていたワイパーカバーの2101
Dsc_2250

・マスコン
Dsc_2254 Dsc_2252

・車両の牽引車
Dsc_2263

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/04

京急ファミリー鉄道フェスタ2015 (4) 車両撮影コーナー

車両撮影コーナーは去年と同じような顔ぶれでした。

・車両撮影コーナーのほぼ全体
Dsc_2170

・800形 + 1500形 + 2000形と、
 信号三兄弟の新1000形イエローハッピートレイン + 2100形ブルースカイトレイン + 600形
Dsc_2187 Dsc_2178
Dsc_2191

・銀1000形とけいきゅん行先幕
Dsc_2183 Dsc_2176

平日は毎日京急に乗っていますが、
このけいきゅんイラスト入りの方向幕は初めて見たような気がします。

・救援車
Dsc_2197

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京急ファミリー鉄道フェスタ2015 (3) 特殊車両とバス

・特殊車両(保守車両)
Dsc_2140 Dsc_2145
Dsc_2146 Dsc_2149
Dsc_2152 Dsc_2154
Dsc_2160 Dsc_2161

昨年までは特殊車両が置かれている所の間のスペースに行くことが可能でした。もっと間近で、また奥に置かれている廃車された旧1000形が見られました。

・バス
Dsc_2151

京急の空港バスが後ろのエンジンルームを開けて展示されていました。
その他に2台展示。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/02

京急ファミリー鉄道フェスタ2015 (2) まぐろラーメンとカレータコ焼き

まずはお食事タイム。
会場を入った所の駐車場に飲食コーナーがあり、京急関連や沿線関連の店がいくつか出展していました。

・飲食コーナー
Dsc_2142

・三崎まぐろラーメン
Dsc_0508

前から食べたいと思ってました。
500円で、小ラーメンの量です。
受け取る時のまぐろの何だったかを使ったラー油を入れるかどうか聞かれたので入れました。
なんだかラー油の味メインになってしまいましたが、美味しかったです。
まぐろを刻んだものも入っています。

・たこ忠のカレータコ焼き
Dsc_0514

これは帰りに、同じく前から食べたいと思っていたので食べました。
タコ焼き食べるのいつ以来だろう...。
カレーの味は少ししました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京急ファミリー鉄道フェスタ2015 (1) 入場

5月24日、京急ファインテック久里浜事業所で開催された「京急ファミリー鉄道フェスタ2015」に行きました。

京急久里浜駅から無料のシャトルバスに乗って会場へ。
会場から少し離れた所に到着し、そこから歩いて会場です。

・ローソン近くから見た旧1000形
Dsc_2137

ついでに撮影。
会場の保線展示の奥の方からも見られるかと思っていたのですが、今回は奥の方には入れなくなっていて見られませんでした。

・会場入口
Dsc_2139

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/01

ロッテリア「海鮮バーガー」

ロッテリアで、いつの間にかメニューに追加されていた「海鮮バーガー」を、オニオンフライセット(760円) で食べました。

Dsc_0521 Dsc_0524

いか・えび・かにが入っているとの事。
ふっくらしていて、海老バーガーよりだいぶ美味しかった。

で、この記事を書くために過去の記事を見ていたら、
> ロッテリア「海老カツバーガー」 (2015/1/12作成)
包み紙が同じで、もしかして同じやつ?

続いて「オニオンフライ」。
Dsc_0522

モスバーガーと違ってそこそこ量が入っていました。
美味しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »