« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月の25件の記事

2015/05/31

啜磨専科「冷やしラーメン」

横浜の上大岡にある啜磨専科に久しぶりに行きました。

この店のメインであるつけ麺にしようかと思っていましたが、期間限定の「冷やしラーメン」(900円) が発売されていたのでそれにしました。

Dsc_0519

バジルオイルと恐らく揚げニンニク脂がかかっています。
麺はそうめんのような白い細麺で、ラーメンというよりは特殊な汁のそうめんを食べているような感覚でした。
メンマはもうちょっと量が欲しい。

凝っていてこれはこれで美味しいのですが、久しぶりに来たので王道のつけ麺にすればよかったかなと思ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩父の旅 (3) 三峯神社

三峯神社バス停から三峯神社へ。

・三峯神社への上り口と三峰山の案内図
Dsc_2081 Dsc_2082

三峯神社の本殿まで徒歩15分と書かれていて「げっ」と思いましたが、急な坂(階段)は最初の部分のみで、後は比較的ならだかな坂でした。
そのだいぶ前に鳥居があり、徒歩15分はあくまでも本殿までの時間のようです。

・鳥居
Dsc_2086

この写真を撮影していたら、後ろから「ももかが~」という声が聞こえてきて何事かと思って後ろを振り向いたら、ももクログッズのギャラパー(パーカー) を着た3人組ぐらいがいました。
その他にもももクロのTシャツを着た人を1人見かけました。
去年(2014年)の桃神祭のオープニング映像の撮影地がこの三峯神社だったのでその関係でしょうか?
折しも、この前日に今年の桃神祭の会場(7月31日と8月1日に静岡県袋井市のエコパスタジアム) が発表されていたようで。自分はこの日のこの鳥居に来る少し前の店で頼んだそばが来るのを待っているときにスマホで見て知りました。

で、この記事を書くためにだいぶ前に買った桃神祭のBDの封を開けて(苦笑)、オープニング映像を確認して、なんだかそのままDisk1を最後まで見てしまい & 今年も見に行きたいなと思ってしまいました。

・随身門
Dsc_2091 
Dsc_2093 Dsc_2092

・途中の分かれ道
Dsc_2096

・拝殿の下
Dsc_2097 Dsc_2098

・拝殿
Dsc_2099 Dsc_2106

最近塗り替えられたのか建物の上の方が見事な色彩で塗られていました。
拝殿手前の左右にある大木は手を当てると後利益があるようで当ててみました。

本殿は、拝殿の建物の奥にあったようです。

・手洗い場と休憩所
Dsc_2108 Dsc_2109

休憩所は年季が入っていますが綺麗に磨かれて整備されていました。

・神楽殿
Dsc_2111

桃神祭のオープニング映像ではここで舞っていましたね。

・境内にある宿泊施設(興雲閣)とコーヒー店
Dsc_2101

神社直営なのか、あるいは神社の関連会社の運営なのかな?
興雲閣には日帰り入浴可能で、レストランもありました。
その他に、土産物屋もありました。

・摂末社
Dsc_2114 Dsc_2115

各地の神社が並んでおり、最初の写真は大きなものは伊勢神宮のもの。

・日本武尊像に上がる所と日本武尊像
Dsc_2117 Dsc_2119

・遥拝殿に上がる坂と遥拝殿と遥拝殿から見た風景
Dsc_2121 Dsc_2122
Dsc_2123

東京が見えるとかそういうわけではありません。

・熊出没注意
Dsc_2127

そういえば三峰ロープウェイの乗り場があったのはどこだったのかなぁと思いながら、バス停の方に降りて行ったら、その場所を示すようなイラスト図がありました。
なんとなく随身門は見た事があったような気がしたのですが、鳥居は見た記憶がなく、そういう事だったのかな。

・みつみねトレイルラン
Dsc_2129

三峰神社バス停15:45発のバスに乗車。
西武池袋駅17:00頃到着でそのまま帰宅。行ったのは三峯神社だけでした。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/30

秩父の旅 (2) 三峯神社へのバス

西武秩父駅からは西武観光バスによる三峯神社行の急行バス三峯神社へ。

西武秩父駅に着いたのが11:50頃で、次の三峯神社行は12:15発。
まだ時間があったので、トイレに行ったり商店街をうろついたりして時間を過ごしてて12:05頃にバス停に行ったら長い列ができていました。
三峯神社まで75分とあり、この長い時間をしかも山岳路線をずっと立っているのは嫌だなと思ったのですが、座席数の多いバスが来て待っていた人全員がちょうど座れるぐらいでした。
途中の三峰口駅から乗車する人は座れないなと思っていたのですが、三峰口駅の近くに別のバスが待機していて2号車として三峰口駅からの客を乗せていました。
途中ですれ違った反対方向や帰りのバスも2台以上出していて、その辺りは臨機応変に対応しているようでした。

・西武秩父駅での三峯神社行バス
Dsc_2075

・国道から三峰口駅に入る所の橋の上から見た下流
Dsc_0488

三峰口駅では駅前をいったん通り過ぎて、折り返し所で折り返して再び戻ってきました。

大滝というバス停の近くに三峯神社の鳥居が見えました。
どうやら、2006年に金属疲労の判明により休止しそのまま廃止された三峰ロープウェイの乗り場に向かう道の入口だったようです。
もうかなり10年以上前に三峰ロープウェイに乗ったことがあるのですが、思い出せず、まだカメラを持ち始める前だったのか写真も見つけられませんでした。

・秩父湖のダム
Dsc_0491 Dsc_0492

ダムの上を通って三峰神社に向かいます。

5月16日にテレビ東京で放送された土曜スペシャルの「街道歩き第15弾 秩父往還」で、茨城ゴールデンゴールズの片岡安祐美さんがこの辺りを歩いていました。
このダムの所まで来るだけでも結構な上り坂で自分では無理かもと思いました。
さらにここから三峯神社まで歩くかどうか迷っていましたが、行かなくて正解だったと思います。ここからもだいぶ上るし、道が狭くて見通しが悪い所も多くて歩くのは歩くのは危険。

そんなわけで約75分かけて三峯神社バス停に到着。

・三峯神社バス停
Dsc_2079 Dsc_2135

バス停は駐車場の片隅にあり、三峯神社の本殿まで徒歩15分とありました。
西武秩父駅から三峯神社まで930円。よく考えると池袋から西武秩父よりも高いです。
バスが何台か待機しており、多客時の増車に対応しているようでした。

以下は帰りに撮影した写真。

・三峯神社~秩父湖バス停間の木々の隙間から見えた秩父湖
Dsc_0498

・秩父湖のダムを通るところとダムから見た上流
Dsc_0499 Dsc_0501

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩父の旅 (1) 西武秩父へ

5月23日、親戚から西武の株主優待券(どの区間でも1乗車できる)を2枚貰ったので、
最も値段が高いであろう秩父に行ってきました。

池袋駅から10:30発の特急「ちちぶ」に乗車。
特急料金は別途必要です。
池袋から西武秩父までは76.8kmで運賃780円 + 特急料金640円、特急で約1時間20分。
秩父は東京からだいぶ遠い山の中というイメージがあるのですが、東京から小田原や小山よりも近いぐらいでした。

・池袋駅での特急「ちちぶ」
Dsc_2062 Dsc_2065
Dsc_2067

以前は特急専用の改札口(自動改札機あり)が別にあったのですが、なくなっていました。

2人掛け座席にほぼ1組が埋まっているほどよい乗車率で発車しました。

飯能で進行方向変わりますが、誰も座席の向きを替えません。
2人掛け座席にほぼ1組が埋まっている状態で、後ろの席の人は熟睡中でもあり、自分だけ向きを替えるわけにはいきませんでした
特急料金払っているのに後ろ向きは嫌だなぁと思いました。
ちなみに、帰りも同じ状態でした。

横瀬車両基地では、保存車両と思われる車両がシートに包まれて置かれていました。

・横瀬車両基地
※ 帰りに撮影した写真です
Dsc_0506

横瀬辺りでは西側にセメント用に削られた山が見えます。

・削られた山
Dsc_0486

西武秩父駅に到着。

・西武秩父駅に到着した特急「ちちぶ」
Dsc_2068

西武秩父駅では特急専用改札(手動のみ)がありました。

・西武秩父駅
Dsc_2072 Dsc_2071
Dsc_2074

ちなみに、
帰りに武蔵丘車両基地に黄色の6000系が停まっているのが見えました。(写真なし)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/29

舞台「幕が上がる」ライブビューイング

5月24日、舞台「幕が上がる」千秋楽のライブビューイングに行きました。
ももいろクローバーZ他出演。
ライブビューイングの開催は千秋楽のみ。
本会場は、他の日も含めて買えなかった。
(その割に、何日分も買えた人が少なくない模様)

会場はいつものTOHOシネマズ川崎。
音楽のライブではないので観客は少ないかと思っていたのですが、ライブ時と同様の2スクリーン使用でした。(ライブでは1スクリーン使用の場合もある)

0場といって、開演前から舞台の幕が開いていて一部の役者が出て来て演技? をするそうなのですが、映画館の中に入ったらその0場が上映されていました。1年生役の坂倉花菜さんが何かやっていました。

開演時間になり、1年生役の伊藤沙莉さんと顧問の先生役のムロツヨシさんが出て来て「本編開始」だと思っていたのですが、これもこの日だけの0場だったようです。ムロツヨシはゲストでその後は出てきませんでした。
そんなわけで始まりました。

舞台の練習風景を演じる舞台。
百田さんが演劇部の演出担当で、他の出演者が演技担当です。
練習している舞台は宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」をベースにしたもので、
「銀河鉄道の夜」の話も大きく端折りながら進んで行く。
最後は、「銀河鉄道の夜」のエンディングの練習風景で終わり。
それを映画館で見るという、こんがらがってくる状態でした。

「銀河鉄道の夜」は、大学の一般教養の国語の先生が宮沢賢治の研究をしている人で、
たぶんその時の授業で読んだり感想文を書いて提出したりしているのですが、
うろ覚えで、かつ舞台は大きく端折りながら進んで行くので、
分かったような分らなかったような、やや消化不良状態になりました。

途中、演出担当の百田さんが考えたセリフを中西さんが話せないというシーンあり、
「演出家は、演者にその人が言いたくないセリフを言わせなければならない」
「演者は、自分が言いたくないセリフを言わなければならない」
旨がありました。
警察官とか消防官とか自衛隊員とかはそういう仕事(時には自分の安全を犠牲にしなければらない) なので大変だなと思っていたのですが、
役者という仕事もそういう側面もあるのかと、今まで考えた事もなく、ジーンときました。
何の仕事であれ、多少なりともそういう側面はあるものですが。

で、その理由は中西さんが東日本大震災で当時岩手の盛岡に住んでおり、自分の所では人的被害はなかったが、三陸の方から避難してくる人が大勢いて、ボランティアとして参加して、自分は4月に父親の転勤で他県に引っ越ししたけど...。
「逃げたと言われて辛かった」という事かと思ったけど、そういう事ではない模様。
実際に身の回りの人が命を落としたのならそうだけど、停電以外ほとんど被害のなかった所に住んでいて、そこまで思うものなのかな??? と思いました。

舞台が終わり、3回目のカーテンコールで客室後方の上からの映像に変わり、サイリウムの嵐が。
何だか不自然な展開で ??? と思っていたのですが、入場時にサイリウムが配られてスタッフの指示によりペンライトを灯けるよう要請があるようです。

千秋楽という事で、出演者による挨拶が1年生役から順にありました。
高城れにちゃんが「西条美紀役のがるるです」(がるるは役の上でのあだ名) と自然に自己紹介して、会場や他の出演者が(笑) となりましたが。れにちゃんは「何で笑っているの?」って感じになり「高城れにです」って言うのよと他の人に言われたりして、笑ってしまいました。
その後、後の3人もわざと同じ事をやったが、次の1人まででやめておいた方が良かったです。

そんなわけで終了。
「幕が下りる」事なく「幕が上がったまま」終了しました。

今まで見た事のある演劇が全て大物演出家によるものでベテラン俳優も混じる大人数のもの。
そんな事もあり、生ではなく映像で見たという事も大きいともいますが、それらに比べると演者の迫力とかいろんな面も含めてもう一歩に感じました。

伊藤沙莉さんの演技が良かった。
ドラマ「女王の教室」で、子供なのに酒焼けしているような声が低い子です。
今も声は低くハスキーな感じですが、その当時よりは声が高く綺麗な声になっていたように感じました。

ももクロはこれからどう進むのか?。
元のライブアイドル中心に戻るのか、
これからは映画や舞台もやるのか。テレビドラマにも進出するのか。
どうなんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/28

マクドナルド「ベジタブルチキンバーガー」

マクドナルドで、新商品?の「ベジタブルチキンバーガー」を食べました。

Dsc_0516 ベジタブルチキンバーガー

小っちゃい。

はんぺんみたいなパティーが入っていました。
味は結構美味しい。マクドナルドの普通のチキンのバーガーより美味しいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/18

あすなろう&近鉄四日市駅

近鉄内部・八王子線は、4月1日から四日市あすなろう鉄道に移管されました。

近鉄が無責任に廃止を掲示した(支援しないなら廃止するぞって脅した!)って感じで何様だと思いましたが、何はともあれとにかく存続できて良かったです。
Wikipediaによると「あすなろう」は「明日ナロー」という事みたい。(ナローはナローゲージ(線路の幅が762mm)の事)

・東口から見たあすなろう四日市駅
Dsc_2044

近鉄時代からそうですが、名古屋線と湯の山線のホームがある所から一旦改札を出て、道路(中央通り、連絡跨線橋もあります)を挟んだ先にあります。

・あすなろう四日市駅
Dsc_2048 Dsc_2054
Dsc_2052 Dsc_2051

近鉄時代は自動改札口が設置されていたのですが、撤去されていて手動の改札口になっていました。
自動改札口の運用は負担になるのかな。
ICカードを導入すればよいのになと思いました。

・近鉄四日市駅構内の四日市あすなろう鉄道の案内
Dsc_2059

元々名古屋線・湯の山線の乗り場からは一旦改札口を出る必要がありました。

・近鉄四日市駅のパタパタ式発車案内
Dsc_2057

もはや首都圏では見かけることのなくなったパタパタ式。
... と思ったが、京急川崎駅では今もこの方式だったか。
25年ぐらい取り換えられていないものと思います。(その前は幕式でした)
近鉄名古屋駅は液晶式に替わってしまいましたが、いつまでこれが使われることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/17

なばなの里 (3) イルミネーション

イルミネーションが始まる19時まで待ちます。

人が増えてきて結構な混雑に。
1万人ぐらいいそうな雰囲気でこんなに人が来るものだとは思っていませんでした。

・光のトンネル「華回廊」
Dsc_1999 Dsc_2001

ぞろぞろと人の波が。
結構長い。200mとの事。
ずっと同じイルミネーションで変化がないので、正直飽きてきました。

・ナイアガラの滝
Dsc_2012 Dsc_2017
Dsc_2010

巨大なスクリーンって感じでした。
このスクリーンに花火も写っていましたが、解像度が悪いようでぎざぎざの花火でした。
スターウォーズのテーマ曲が流れていたので、スターウォーズを見ていないので分らないけど、何らかのストリーに沿ったものと思います。
スケールが大きいだけでそれ以上のものは... と思ってしまいました。

・展望台から見た夜のアンパンマン
Dsc_2020

昼間も見ましたが、夜見てもすばらしい。

・お花畑
Dsc_2024 Dsc_2025
Dsc_2026 Dsc_2027

緑色ですが、緑路系統の範囲内でときおり色が変わります。
単調な「華回廊」よりも良かったです。

・鏡池
Dsc_2035 Dsc_2036

・鏡池の先
Dsc_2037

・出口付近
Dsc_2040

イルミネーションを見終わった人がぞろぞろ出てきます。
車で来たので、長島町を出るまでに渋滞してだいぶ時間がかかるかなと思っていたのですが、なんの渋滞もなくてあっさりと出られて高速道路(東名阪)経由で四日市の実家に到着。行きの方が混んでいました。

イルミネーションは「ただ単に規模がでかいだけ」のように感じてしまったのが正直なところもう一歩な感じ。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なばなの里 (2) ベゴニアガーデンとバラ園

ベゴニアガーデンとバラ園へ。
両施設共通の別料金(1000円)が必要です。

ベゴニアガーデンは温室内でベゴニア等が育てられている施設、
バラ園はベゴニアガーデンの先にある野外の施設です。

・ベゴニアガーデンのその1
Dsc_1931 Dsc_1933
Dsc_1937 Dsc_1939

ベゴニアガーデンの半分まで行った所に、野外のバラ園に出るところがあります。
前来た時(何年か前の1月)は閉まっていました。

・バラ園
Dsc_1950 Dsc_1955
Dsc_1961 Dsc_1963

・ベゴニアガーデンのその2
Dsc_1967 Dsc_1969

・ベゴニアガーデンの最後の水面の所
Dsc_1977 Dsc_1976
Dsc_1980 Dsc_1982

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なばなの里 (1) 野外の花

5月5日、両親と三重県桑名市長島町のなばなの里に行きました。
今年はウインターイルミネーションがゴールデンウィークまで(5/10まで)延長開催でした。

16時頃着きましたが、イルミネーションの点灯は19時からで日没時間に合わせているようです。
それまで園内の花を見ました。

・入口近く
Dsc_1888

・池とその周り
Dsc_1925 
Dsc_1897 Dsc_1899

・花ひろば
Dsc_1904 Dsc_1917
Dsc_1922

4月下旬までチューリップ祭りを行っていたようなのですが、終了していました。
チューリップを抜いた後が跡が残っている場所があったりして(葉の部分だけが残ってた)、人によってそういう風にされてしまったチューリップが可哀想に思いました。

展望台の前部分。
Dsc_1905

展望台に上がってみている人が沢山いたので行ってみることに。
Dsc_1911 Dsc_1913

なんと、花で作ったアンパンマンの絵で見事でした。
ナガシマスパーランドの隣に名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パークがあるので、その関係でしょうか。(運営会社がなばなの里と関係がある)

・鏡池
Dsc_1987

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/12

大山 (6) 大山阿夫利神社

阿夫利神社駅から大山阿夫利神社の下社へ。

・阿夫利神社駅からほぼ平面を歩いた先にある茶屋群
Dsc_1863

結構な人出。
ケーブルカーに乗ってくる人だけではなく、歩いて登ってくる人や、行きは歩きで帰りはケーブルカーという人も多いようです。

・茶屋から見た阿夫利駅神社
Dsc_1865

えっつ階段という気分になりました。
階段を上り阿夫利駅神社の下社へ。

・阿夫利神社
Dsc_1881 Dsc_1871

・頂上登山口
Dsc_1868 Dsc_1870

阿夫利神社の本社は山の上にあります。
登山口前には「入山祓所」がありました。

拝殿の脇に「大山名水入口」の看板があり、行ってみました。

・大山名水
Dsc_1875 Dsc_1876

建物に下のスペースで大山名水が竜の口から流れていました。
この前の所でペットボトルの「大山名水」が200円で売られており、よく見ると中身は空で容器だけ。容器だけ買ってここで自分で水を入れる方式のようです。
水にしては高いけど買おうかなと思いましたが、売り場に誰もおらず、呼ぶのも面倒だったので諦めてしまった。

・大山阿夫利神社の下社から見た相模湾
Dsc_1879 Dsc_1880
Dsc_1874

江の島も見えてなかなかの絶景でした。

この後ケーブルカーで下山、混雑していました。
ケーブルカーでは、後ろに「神崎」と書かれたおそろいの法被を着た集団の中に「押しボタンを何度も押して遊ぶ(少し酔った)大人」がいて、不愉快でした。
神崎の「崎」が「前」でなくてよかったなと思いました。

大山ケーブルのバス停では長い列。
伊勢原駅行直行の臨時バスが運転されていて、それに乗って帰りました。

大山ケーブルは5月17日から運休となり、10月1日から新型車両・設備で運行が再開される予定です。
運行再開後しばらくは紅葉の季節でもあり混雑するのかなぁ~

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大山 (5) 阿夫利神社駅

大山ケーブルの大山寺駅を発車して上に向かいます。

・大山寺駅発車直後
Dsc_1849

終点の阿夫利神社駅に間もなく到着。
ドアの前で駅員が待機していました。

・阿夫利神社駅到着直前
Dsc_1851 Dsc_1853

・阿夫利神社駅のホームから見た風景
Dsc_1856

ホームの向かい側には何もなく、相模湾がよく見えてなかなかの絶景でした。

・阿夫利神社駅の駅舎
Dsc_1860

・駅舎近くから見たホーム等
Dsc_1858 Dsc_1882

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/11

大山 (4) 雨降山大山寺

大山ケーブルカーの大山寺駅から歩いて大山寺に行きます。
狭い道ですが整備されており、それほど歩くことなく大山寺前に着きました。

途中、みかん畑なんかで使用するようなタイプのレールが引かれている所が。
どうも、大山ケーブルカーの資材運搬用に引いたもののようです。
大山ケーブルカーでは、車両の取り換えの他にレールや枕木の取り換えもするそうです。

Dsc_1823

駅からの細い道を出ると、本堂に向かう「正面参道」と「らくらく参道」の分かれ目が。

・「正面参道」と「らくらく参道」の分かれ目
Dsc_1825

上に見えているのが大山寺のようで、明らかにすぐに行けそうな「らくらく参道」の方に心が牽かれましたが、思い直して正面参道の方へ。
正面参道の入口までは近かったですが、正面参道が...

・正面参道
Dsc_1826

長くて急な階段。
途中で休憩して後ろを振り返ってしまうと怖くて震えそうなので、がんばって一気に上りました。
帰りはらくらく参道にしました。

・上から見た正面参道
Dsc_1830

・本堂
Dsc_1831

・かわら投げ道場
Dsc_1832

屋根に載せる瓦を投げるのかと思いましたが、小さい丸い陶器を投げるようでした。
自分はやりませんでした。

その後大山寺駅に戻りましたが、ケーブルカーが発車するところで次の列車まで時間がありました。「恋結びのベルまですぐ↑」みたいな感じの表示が(正しい文面失念)あったので行ってみることに。
すぐではなく、割と危険な階段でしたが。

・十一面観音
Dsc_1840

・恋結びのベルとその付近から見た風景
Dsc_1842 Dsc_1843

「恋結びのベル」は、結びたい相手は現在いませんが、とりあえず鳴らしてみました。
恋結びのベルの近くからは相模湾が見え、江の島も見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/10

大山 (3) 大山寺駅

大山ケーブルカーには、ケーブルカーの行き違いをする所に駅があります。
それが大山寺駅です。
途中駅が存在するケーブルカーは他にも存在しますが(箱根登山ケーブルカー等)、行き違いをする所に途中駅があるのは日本ではここだけとの事。

・車内から見た大山寺駅
Dsc_1791 Dsc_1792

大山寺駅で降ります。
大山寺駅で降りるには車内に設置されている押しボタンを押す必要があります。
ドアは手動で、乗務員がドアを開けにきました

・東側ホームから見た風景
Dsc_1796 Dsc_1800
Dsc_1801 Dsc_1803

・駅の跨線橋から見た山側と海側
Dsc_1804 Dsc_1805

・西側ホームの駅名票と時刻表
Dsc_1807

ケーブルカーの特性上、行き違いをする所では上りと下りでホームが別れているのではなく、車両によって別れています。
大山寺駅の場合、緑色の車両は西側ホーム固定、赤色の車両は東側ホーム固定。
時刻表にはどちらのホームから出発するかの記載はなく、また乗り場を案内する表示機もありません。
この日は案内人がいて乗車する客にどちらに向かうかを聞いてホームを案内していましたが、いない日はどうするの? と思いましたが、線路の間にケーブルがあるかどうかで判別てきますね。ケーブルがある方のホームは次は上り、ない方は次は下り。

・西側ホームから見た風景 その1
Dsc_1818 Dsc_1821

その後大山寺に行き、戻ってきました。

・西側ホームから見た風景 その2
Dsc_1845 Dsc_1846

・大山寺駅の駅舎
Dsc_1838

新緑の季節で緑の具合が綺麗でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大山 (2) 大山ケーブル駅

大山ケーブルカーの大山ケーブル駅に到着。
大山ケーブル駅は、大山ケーブルカーの下側の駅です。

・大山ケーブル駅の駅舎
Dsc_1776

・駅前の根之元神社
Dsc_1774

・駅の外から見た発車して行くケーブルカー
Dsc_1779

・駅舎内
Dsc_1775 Dsc_1780

駅舎内では写真パネル展「大山ケーブルカー 50年の軌跡」が開催されていました。
ケーブルカーの車両は道路が狭くて駅まで持ってこれないため、川に線路を敷いて少しずつ引き上げて搬入したとか。

車両が駅に着く少し前に改札開始。
ケーブルカーはどこでも、車両が駅に到着後全員が降りて全員が改札口を通った後、改札口で乗る人の改札を始めるものと思っていましたが、そうではありませんでした。

・ホームから見たケーブルカーの車両
Dsc_1782 Dsc_1785

・ケーブルカーの車内
Dsc_1788

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大山 (1) 大山ケーブル駅まで

神奈川県の大山ケーブルカーで現在使用している車両が5月17日引退するとの事なので、4月29日に乗りに行ってきました。

相鉄の横浜駅で「丹沢・大山フリーパス A」を購入、これで大山ケーブルカーも乗車可能です。
横浜駅から相鉄線で海老名駅まで、海老名駅で小田急線に乗り換えて伊勢原駅へ。

・伊勢原駅前の大山阿夫利神社の一の鳥居
Dsc_1756

ここから神奈川中央交通の伊10系統に乗り、終点の大山ケーブルバス停へ。
昼間は約20分間隔の運転で、10分ぐらい前にバス停に到着しましたが、それなりの列ができていました。発車が近づくにつれて列が長くなっていきましたが、全員乗れる範囲でした。

狭い道を走って行きます。
ほぼ全員が大山ケーブルまで行くものと思いましたが、途中で降りる人も結構いました。
途中大山駅という鉄道の駅も待合室も他の路線も何もないバス停がありました。
大山ケーブルのバス停に到着

・大山ケーブルバス停
Dsc_1758

大山ケーブルのバス停は、大山ケーブルカーの大山ケーブル駅の駅前ではありません。
途中「こま参道」という土産物屋や豆腐料理屋が並ぶ階段のある道を通って駅に向かいます。

・大山ケーブルのバス停から見た登り口とその付近
Dsc_1761 Dsc_1763
Dsc_1764

・こま参道
Dsc_1767 Dsc_1769

・雲井橋
Dsc_1770

この雲井橋を渡ってもう少し行くと大山ケーブルカーの大山ケーブル駅がありました。
自分の足では徒歩約20分、だいぶ疲れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鮪市場「まぐろちらし丼」

海老名駅の相鉄の改札前にあった鮪市場小田急海老名駅店で「まぐろちらし丼」(610円) を食べました。
この店、夜は立ち飲み屋になるようです。

Dsc_0439

まぐろ、ねぎとろ、小柱、甘海老、ししゃもっこが入っています。
610円でこれは満足。
美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バーガーキング「テリヤキワッパー」

バーガーキングで期間限定の「テリヤキワッパー」を食べました。
ゴールデンウィークスペシャルでMセット1050円のところ970円だったので。1000円以下なら食べようという気分になりました。

Dsc_0451 Dsc_0452

玉ねぎが小さい...

この前食べた「ロデオワッパー」と比べると値段が高いわりにボリューム感はなく、味も「ロデオワッパー」の方が好みでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニコニコ超会議2015

4月26日、ニコニコ超会議2015に行ってみた。

ニコニコ超会議に行くのは初めてです。
この日は特に用事はなく、面白そうなので行ってみました。
会場は幕張メッセ

海浜幕張駅から人がぞろぞろ。
幕張メッセ前の歩道橋を降りた所に人がたくさん並んでいてその列が流れておらず、「当日券を買うのにこんなに並んでいるのか。どれぐらい待つのだろう。」と思いきや別の列でした。
前売り券を買っている人が多いのか当日券は並ばずに変えました。
並んでいたのはコスプレに着替えるために並んでいる人だった模様。

入場口へ。
幕張メッセの西側の駐車場の所にやたら広い並び場所があり、ずらーっと並んでいて、必要以上に並び場所が長いこともあって入場するまで1kmぐらい歩いたような気がします。
11時半頃に到着して40分ぐらい並んで入場できました。

・入場口
Dsc_0416

・建物に入った所の飾り
Dsc_1664

幕張メッセの全館使用で、今まで自分が幕張メッセに行った中では一番の人出のように感じました。

・鳥取県出展の鬼太郎
Dsc_1665

・ニコニコ動画のコメントが印刷されてくるシステム
Dsc_1669

・超遭遇スポット
Dsc_1671

国立科学博物館の協力のようです。

・超演奏してみた
12時から「エビ中が在日米陸軍軍楽隊ロックバンドとコラボ」とあったので行ってみました。
入場したのが12時過ぎていてもうやっていましたが、エビ中(私立恵比寿中学)だけでやっていてあれ? と思って見ていましたが、途中で米軍バンドが出てきました。
米軍バンドの演奏で「ハイタテキ」等2曲を披露。
結構良かったです。ももクロよりレベルが上のように感じでしまいました。

あちこちにステージがあり、音がぼわーとなっていました。
歌っているときはよいですが、トークの時は他からの音が混じって聞き取りにくい。

・ニコニコ町会議
Dsc_1675

メリーゴーランドのように周ります。
動力は人力で、押す人と車に乗る人の列がありました。

・超運動場
Dsc_1677

テレビゲームでの試合です。

・超プロレスリングと超!ギネス記録チャレンジ
Dsc_1688 Dsc_1693

「超!ギネス記録チャレンジ」では、1分間に何回踏み台昇降ができるかというチャレンジをやっていました。

で、超プロレスリングの方から「場外乱闘」との事でこっちにやってきて、何回踏み台昇降ができるかにチャレンジ!
Dsc_1697 Dsc_0418

踏み台昇降は、途中でばてていました。
何ていうか「お笑い」です。
本気で戦うのではなく、客を楽しませる事が主眼って感じ。
プロレスってあんまり好きじゃなかったけど、これを見て少し面白さを感じでしまいました。

・向谷実Produce!超鉄道
Dsc_1684 Dsc_1700

「阪急電鉄」のステージイベントを観覧。
元運転手なのかな? ブレーキの掛け方の話とかしていて、関西人の特色なのか話の端々にお笑い要素があり面白かった。
後半「アンケクイズ」というのがあり、二択から正解と思いうものをニコニコ動画の視聴者は投票し、見学客はあっていると思う方の指を上げる。
皆どう考えて正解が明らかなクイズで、真面目に正解を挙げる人が案外多くて「ノリが分かっていない」とかなんとか。
楽しいステージイベントでした。
Dsc_1701

その他に「西武×京急」のステージイベントも観覧。
クイズコーナーメインで、客が1人選ばれて、「これは西武と京急のどちらか」というのを、黄色と赤の旗のどちらかを上げて答えるというもの。
「阪急電鉄」のイベントと比べると面白さに欠ける。
両方とも鉄道会社の広報の方の他に、向谷実さん、スーパーベルズの野月さん、ホリプロマネージャーの南田さん、フリーアナウンサーの鈴木順さんの出演でした。
Dsc_1713 Dsc_1719

・超階段
Dsc_1705

JALの飛行機から降りるタラップを使った階段。
羽田空港の第2ターミナルができる前はたまにあり、時間がかかるので「げっ」という気分になりましたが、できてからは経験なし。
降りた所のゲートの所でアメリカ横断ウルトラクイズの機内ペーパーテスト後の到着地のようにたまにブザーが鳴ったら面白いなと思いました。

・ニコニコ超年表
Dsc_1709

自分は2100年1月1日に死亡する予定です。

・痛Gふぇすた出張編 in ニコニコ超会議
Dsc_1729 Dsc_1754
Dsc_1751 Dsc_1753

・日本うんこ学会
Dsc_1730

まじめな展示のようでした。

・段ボール製
Dsc_1732

バスはドアが開きます。

・映画「パトレイパー 首都決戦」
Dsc_1736 Dsc_1737

映画に出てくる巨大警察ロボットがデッキダウンするというので撮影。
Dsc_1741 Dsc_1742
Dsc_1744 Dsc_1746

本物っぽいナンバープレートが付いていたので公道を走れるのかも。

まぁ、そんな感じです。
自分にはよく理解できないものも少なくありませんでしたが、楽しいイベントでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/03

東京国立博物館 (3) 東洋館

東京国立博物館では特別展に行った後、いつもは日本館を見るのですが、久しぶりに東洋館に行ってみました。

Dsc_1586

久しぶりというか2回目で、リニューアルしてからは初めてです。
国立博物館の他の場所よりも人少な目でした。

Dsc_1605 Dsc_1610
Dsc_1613 Dsc_1626
Dsc_1629 Dsc_1631
Dsc_1632 Dsc_1636
Dsc_1642 Dsc_1646

地下の東南アジアとインドの展示が結構良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/02

東京国立博物館 (2) 庭園

この日4月19日は春の庭園開放の最終日でした。
この日の東京国立博物館の閉館時間は18時まででしたが、庭園は16時まで。時計を見たら15時50分頃で慌てて行きました。

Dsc_1598 Dsc_1587
Dsc_1588 Dsc_1591
Dsc_1592 Dsc_1594

時間的に奥まで行くことはできず、早回りで内周を周って時間切れ。
新緑の季節で綺麗でした。

今回の画像は、JPEG形式ですが画像サイズの割にファイルサイズが大きい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京国立博物館 (1) インドの仏展

4月19日、東京国立博物館で開催されている特別展「コルカタ・インド博物館所蔵 インドの仏 仏教美術の源流」に行きました。

ポスターが、インパクトがあって気になっていました。

平成館ではなく表慶館での開催でした。
表慶館での特別展は初めて行きました。特別料金が必要です。
平成館と比べるとだいぶ狭く、詰め込んで展示してある感じでした。

Dsc_1651 Dsc_1581

石像の展示が中心でした。
仏陀(釈迦)の誕生から始まり...
すみません、忘れてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/01

東京じゃんがら「九州じゃんがら」

JRの上野駅構内の3階にできた東京じゃんがらで「九州じゃんがら 半熟味玉子・めんたいこ入り」(950円) を食べました。
NREの運営で、九州じゃんがらと提携した店です。

Dsc_0403 Dsc_0404

紅しょうがと辛子高菜入れ放題でした。
辛子高菜はそんなに辛くありませんでした。

Dsc_0405

九州じゃんがらは10年以上前に原宿の店で食べた事があります。
トッピングを何も頼まなかったからなのか店員の愛想が他の客と比べて悪く、あまりいい印象がありませんでした。味も美味しくは感じなかった。
そんな事もあり遠ざかっていた店。

ちなみにその間に裁判沙汰となった水戸の「元祖じゃんがらラーメン」は行ったことあり。

今回食べましたが、美味しかったです。
「めんたいこ」は、この量でおそらくチューブに入ったやつで150円。特に入っていたからどうというのは感じずなくても良かったなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

えきめんや「牛すじわさび菜うどん」

京急の駅にある駅そば・うどんのえきめんやで期間限定の「牛すじわさび菜うどん」(470円) を食べました。
品川店では出汁は関東風と関西風が選べますが、関東風で。

Dsc_0436

わさび菜って初めて食べたような気がします。
わさびのようにツンとした辛さがするのかなと思いましたが、全然しませんでした。ただの葉っぱって感じでした。

最後に出汁を飲む。
少し辛くて唐辛子を入れ過ぎたのかなと思っていたのですが、今考えるとそれがわさび菜の辛さが染み出たものだったのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らあめん花月嵐「嵐げんこつらあめんゴースト」

らあめん花月嵐で期間限定の「嵐げんこつらあめんゴースト」(740円)を食べました。

Dsc_0437

前行ったときは次回予告のチラシに、佐村河内守さん作のゴーストだった新垣隆さんがキャンペーンボーイみたいな感じで載っていて「何やってるの?」と思いましたが、
現在発売中のチラシやポスターから新垣隆さんが消えていた。
あれ?

嵐げんこつらあめんゴーストは背脂多過ぎな感じ。
食べていてそろそろ飽きてきなぁと思い、ふと卓上に置いてある「激辛壷ニラ」を入れてみたら、これが良いアクセントになって美味しかったです。もっと最初から入れればよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »